ガルソン アルバリーニョ レセルバ 2022
ガルソン アルバリーニョ レセルバ 2022
ガルソン アルバリーニョ レセルバ 2022
ガルソン アルバリーニョ レセルバ 2022
ガルソン アルバリーニョ レセルバ 2022
※画像はイメージとなります。実際の商品と年号やラベルが異なる場合がございます。
商品コード:u01-02
マイナー産地×品種ですが、正直味わいに自信があります。

ガルソン アルバリーニョ レセルバ 2022

GARZON ALBARINO RESERVA
SALE2,980(3,278円 税込)
同一商品12本購入で10%引き
29ポイント進呈
数量 29ポイント進呈

クール便は別途200円(税別)を頂戴致します。

産地

ウルグアイ マルドナド県

品種

アルバリーニョ

蔵元

ボデガ・ガルソン

タイプ

白ワイン

味わい

コクあり

サイズ

750ml

テイスティングコメント

桃や柑橘のような芳醇な香りで、フレッシュ感とミネラル感が豊かなワイン。酸味とまろやかさのバランスが取れた味わいです。

おすすめポイント

Point

1.世界が認めたウルグアイのトップワイナリー

今や世界中のワインテイスターが注目する生産者がこのガルソンです。

新興生産地であるウルグアイのトップワイナリーとして、「ニューワールド・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀新世界ワイナリー)2018」や、「World's Best Vineyards 2019」で第二位に選出されています。

Point

2.サステイナブルな栽培で自然なぶどうの特徴を表現

非常に困難と言われる、サステイナブル認証「LEED」を北米以外で初めて取得した彼らは、環境に配慮をしつつ、そのテロワールをしっかりと表現したワイン造りを行っています。

Point

3.ゆっくり楽しむならこの白ワイン

心地よくフルーティーな酸味、桃や柑橘系を思わせるフレッシュな味わいと、時間が経ち温度が上がるとグっとコクが増して飲みごたえのある味わいを楽しめる一本はゆっくり楽しむ白ワインに最適です。

このワインは、2017年に世界的なワインコンクールでもベスト南米白ワインに選ばれた逸品です。

蔵直®ストーリー

ウルグアイのイメージをくつがえした、世界に誇る新星ワイン

南米ウルグアイでワイン造りを行うボデガ・ガルソン。専門誌でも高い評価を数多く獲得し、著名なワインジャーナリストが次々と訪問するなど、近年ますます注目を浴びています。

最初は「ウルグアイのワインは、本当に受け入れられるのか?」と、誰もが半信半疑でした。
試飲をしてみると、確かに美味しいしクオリティも高い。彼らの十八番のタナ種を使った濃厚でコクのある赤ワインは、牛肉消費量世界一の国にふさわしい、肉料理にぴったりな味わい。
しかし、ワインの産地としては日本では全くの無名…さらに、調べてみると、ヨーロッパや南アフリカよりもさらに遠く、ウルグアイから日本に到着するまで、船便で2カ月以上もかかることが分かりました。

そこで、最初は試しに少量だけ輸入し、当店の試飲イベント『蔵の祭典』でお披露目をしました。
ブースにお客様が来てくださるだろうか?そんな不安をよそに、ボデガ・ガルソンのブースは長蛇の列に!
最近では「あのウルグアイのワイン、美味しかったよ!また買いに来たけどまだありますか?」という声も多数いただくほど。
今では大人気ワインとなり、コンテナ単位で輸入できるようになったのです。

オーナーのアレハンドロ・ブルゲローニ氏は、南米を代表する経済人で、ワインをこよなく愛しています。ワインへの情熱から、彼の出身地であるアルゼンチンの他にも、カリフォルニアのナパ・ヴァレー、イタリアのトスカーナなど、世界中の銘醸産地のワイナリーに出資しています。

その彼が自ら開拓したのが、ウルグアイのガルソン地区。この土地こそが、世界の銘醸地を知り尽くした彼が見つけた「ワイン造りに最適な土壌」だと言います。「ウルグアイで本当に世界クラスのワインが出来るのか?」という周囲の声を押し切ってまで、この土地の可能性を信じて始めたガルソン。今や世界トップクラスのワイナリーに成長し、ワイン専門誌『ワイン・スペクテイター』において、ウルグアイ初の世界TOP100ワインに選出されるなど、今後もますます注目される蔵元です。

ご注文にあたり

※輸入状況や在庫の関係上、ヴィンテージ(年号)に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。

※クール便のご指定無く、輸送中や受け渡し後に起こった液漏れ、中身や外装を含めた劣化等による返品・交換等は、お受け致しかねますのでご了承お願い申し上げます。品質を保つためにも、ご理解、ご協力頂ければ幸いです。

関連キーワード

ヴィノスやまざきの特長

  • 創業1913年。お客様の求めるものを、自らの足で農家に仕入れに行き、お届けします。

  • 産地やブランドにとらわれず、 本当に美味しいワインを、手頃な価格で。

  • 蔵元とは、親戚のようなお付き合い。 すべての方に、ワインのある豊かな生活を。