「赤ラベル」と「青ラベル」はどう違う?スタッフ全員で徹底的に飲み比べました!

こんにちは。
たまプラーザ店の神宮司です。

ヴィノスやまざきでは「手頃で美味しいワインはないの?」というお客様の声に応えたいと、産地やブランドではない、手頃で美味しいワインを探してお届けしてきました。そのきっかけとなったのが、今から約30年前に出会った、当時は無名だったフランス・ラングドック地方の小さなぶどう農家シャトー・レゾリューです。

その彼らが造る2つの看板ワイン、いつも店頭で見かける30年来のロングセラーワイン赤ラベルと、時折入荷してはすぐに完売してしまう青ラベル・・・

「味わいは、実際どう違うの?」
「青ラベルは上級版と言われても、正直よく分からない・・・」

こうしたお客様の声にお答えするべく、スタッフ全員で両者を試飲し、徹底解剖を行いました!

まずは赤ラベル

グラスに注ぐと、明るいルビー色。
そして香りは、華やかでジューシーで、とてもフレッシュ!ラズベリーやカシスのような、ギュッと詰まった果実味が広がって、元気なフルーティーさがどんどん溢れ出てくるようです。

スタッフからも、次々とコメントが飛び出しました。
「ジューシー!」
「まろやか」
「嫌な渋みがなくて、飲みやすい」
「エレガントな果実感」


食事とのペアリングでは、万能さを発揮してくれそうです。
チキンやポークなどのお肉料理もいいですが、ぜひおすすめしたいのが・・・お好み焼き!

ソースには、トマトやたまねぎ、りんごなどの、野菜や果物がふんだんに使われています。
それらから引き出された自然な甘味や酸味は、意外にも赤ワインと相性がいいのです。

一方、シャトー・レゾリューのトップワインである青ラベルはどうでしょうか?

「赤ラベル」よりも色が濃く、紫がかった色合いです。
グラスをまわすと、粘性もしっかり見受けられ、ぶどうが完熟していて糖度が高いことが分かります。

香りには、さらにはっきりとした違いが!
熟したブルーベリーのような果実感。すみれの芳醇な香りや、ハーブのようなスーッとした香り、さらに樽の香りも・・・。収穫量を抑えて凝縮したぶどうから造るので、厚みのある味わいで渋みも感じますが、飲み口はとてもなめらかです。

スタッフのコメントでも、好評価!
「上品で華やかな香り」
「ボリューム感もあって、濃厚!」
「複雑味がすごい」


より濃厚な青ラベルと合わせるなら、普段より少し特別なお料理を用意するのもおすすめです。

牛肉だけでなく、鴨やラム肉のような、しっかりとお肉の旨みを感じる赤身のお肉が好相性。
塩コショウだけのシンプルな味付けはもちろん、少しハーブで香り付けすると、さらによく合います。

お魚料理なら、脂がのったサーモンなどの上に、香草とパン粉を合わせたものを乗せてグリルすれば、このワインの味わいにも負けません。

■まとめ

蔵直第一号「レゾリュー」のロングセラーワイン、赤ラベル青ラベルを改めて飲み比べてみましたが、それぞれ異なる味わいと魅力があります。

赤ラベルは家飲みでも美味しいワインが飲みたい時や、カジュアルにみんなでワイワイする時に。
青ラベルは、少し落ち着いた週末のゆったりとしたディナーや、おうちで映画鑑賞のお供に・・・。

シーンやお料理に合わせて、ぜひお楽しみください。
皆様のご自宅での時間を、レゾリューのワインで彩ることができれば幸いです。


新着読み物

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!
いまイチオシのワインたち

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!

本日、7月20日(土)にヴィノスやまざきの夏の風物詩「夏ヌーヴォー2024」が解禁します!   ヌーヴォ...

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?
買い付けブログ

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?

アルゼンチン買い付け2軒目は、あのビニャルバ!! ついに、上陸です。憧れのビニャルバ! 彼らが造る「マル...

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ
蔵直ワイン物語

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ

「ボルドーの有名産地ではなく、無名でも美味しいワインをお届けしたい…」 そんな想いで、ボルドーの無名産地...