ヴィノスやまざきの父の日は凄いらしい!?(ワイン編)

先日のヴィノスLIVEで多くのご視聴いただき、リアルタイムで色々なご質問やワインの感想など伺うことができて楽しい時間となりました。

前回のブログでは、6月18日(日)父の日ギフトで日本酒をご紹介しましたが、今回はワイン編

ヴィノスやまざきは、1994年からワインの直輸入を開始

お客様に手頃な価格で美味しいワインをお届けしたいという想いから、現地を訪問し蔵元から直接買付する蔵直(くらちょく)便で世界中を駆け巡っています。

近年では、蔵元と共にワインと作り上げ大人気ワインが誕生しました。

そんな、蔵元とパートナーのお付き合いをさせていただく中で、今回父の日にお勧めしたい蔵直🄬ワインBEST3紹介!

1位 スタディ・イン・ブルー2018(カルフォルニア・ナパヴァレー)

ヴィノスLIVEで紹介後、翌日店舗で購入いただいたと聞きちょっと話題の赤ワイン

もともとオークションワインとして出品していた樽を買付け、ヴィノスやまざき用に作っていただいたワイン。

え!?オークションワインと聞くと、数万円が当たり前…過去には数千万円という価格がついたほど高級ワインが多いのですが、出品前に樽で購入することでお客様に特別な価格でご案内することができます。

果実の凝縮感を感じながらも洗練された酸味とのバランス、余韻も長く幸せな気分にさせてくれる味わいです。

ウォーターストーンの女性醸造家、ローリーさんが手掛けブレンド比率や熟成期間などこだわり抜いた渾身の逸品

2位 アルカス・アルバリーニョ(ポルトガル・ミーニョ)

こちらもヴィノスLIVEで紹介し、インパクトあるボトルにコメント殺到!

一度見たら忘れないですが、味わいも凄い!

輝きのある黄金色で、トロピカルな南国系フルーツやミネラル感もありシーフード料理と合わせたくなる味わいです。

ポルトガルに買付けにいって数千キロも車を走らせ、諦めかけていたその時に出会ったアルカス。

現地で飲んでその場で買付交渉したほど美味しく、特にこのアルバリーニョは私も一押しです。

ボトルのインパクトだけではない、味わいも抜群です。

3位 ガルソン エクストラ・ブリュット(ウルグアイ)

今や世界のワイン評論家も注目するガルソン。

ワイン専門誌で世界TOP100ワインに選出されただけでなく、日本でもラグジュアリーホテルや星付きレストランにもオンリストしているワインとして話題です。

今回、ご紹介するスパークリングは、ワイナリーに併設しているレストランやウルグアイ国内でほとんどが消費される秘蔵の逸品。

ヴィノスやまざきとはパートナーだからと特別に分けていただきました!

シャンパン製法で作られ、キメの細かい泡立ちで上品な果実味を感じ、シャンパン以上のポテンシャルの高さを感じさせる辛口スタイルのスパークリング。

普段とは一味違う新しい発見をいただきたいと、父に日ギフトにランクイン!

今回の父の日BEST3のワインを店舗でもご紹介したいと思い、緊急企画「テイスト・オブ・父に日BESTワイン」を明日から開催します。

6月10日(土)・11日(日)

バーカウンター併設店舗にて、3種類1,000円(税込)

是非、一度テイスティンしていただきながら父に日ワインをセレクトしてみてはいかがでしょうか?

ご来店お待ちしております!

また、毎週開催しているヴィノスLIVE(次回予告:6月14日(水)20時~21時/参加方法は、ヴィノスやまざき公式LINEにて告知)、色々な方をご紹介いただき来週もご視聴ください。

福井

静岡県出身。

米国ワインエデュケーター協会認定CSWワインスペシャリスト、JSAソムリエ、きき酒師。ヴィノスやまざきの新卒第1期生として入社。先代・山崎巽の最後の教え子として、商人魂と日本酒の知識を学ぶ。

有楽町店店長、店舗スーパーバイザーを歴任した後、上海店、銀座店の立ち上げにも携わる。

情熱は人一倍で、美味しいワインがあると聞けば、欧州やアメリカの山奥だけでなく、 南米や南アフリカなど地球の裏側まで足を運ぶ、その情熱とフットワークの軽さはヴィノスでNo.1。

新着読み物

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック
食卓を彩る食材たち

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック

夏野菜が店頭に並びはじめましたね。 カラフルな季節のお野菜とワインを合わせて楽しめる簡単レシピのご紹介...

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?
イベントのお知らせ・レポート

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?

先日、ヴィノスやまざき流山おおたかの森店で蔵直ワイン×チーズのペアリングを楽しむイベントを開催しました。...

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...