プレミアムワインですが、実はコストパフォーマンスが一番高いかもしれません・・・

現在ご案内しているワインフェアのちらしを作っていた時のこと。

「このワインを、本当にこの価格でご案内していいのか?」

そう反対の声が上がったワインがバルチュス2014です。

今ではボルドーの5大シャトーよりも高い評価を得るまでになった蔵元、シャトー・ド・レイニャックが造るトップワイン。

濃厚なのに本当に滑らかで、ふだんボルドーの数万円クラスの高級赤ワインを召し上がるお客様からも、「5大シャトーを買うより、バルチュスを選ぶ」とご支持をいただくほど・・・

そんなプレミアムワインも、ご自宅での時間に楽しんでいただけたら・・・と、最終的には反対の声を押し切って、通常12,800円のところを9,800円(税別)でご案内できることになりました。



反対の声を上げたのは、ヴィノスやまざきの買付総長こと、種本会長。

ヴィノス1のヴィノスワインコレクターであり、おそらくヴィノススタッフの中で「バルチュス」を最も長年飲んできたのも種本会長です。

本日はそんな会長に、「バルチュス」について訊くことにしました。

種本 均 ~プロフィール紹介~
ヴィノスやまざきの買付総長で、代表取締役会長。静岡市出身。ふだんは経理・財務など管理部門を統括しているが、実はワインのプロでもあり、南アフリカや南米など地球の裏側まで、数々のワイン産地を巡ってきた。日本酒にも詳しく、静岡県内の酒蔵を自らの足でまわって開拓し、オリジナルの日本酒など商品開発も支えてきた影の立役者。



― 「バルチュス」との出会いは、いつですか?

そうだね・・・「バルチュス」の初ヴィンテージが2002年だから、2005年くらいかな? 蔵元を訪れた際に、オーナーのヴァテロさんが、「新しいワインを造ったから、ぜひ試飲してほしい」と出してくれたワイン、それが「バルチュス」だった。


― いち早く教えてくれたんですね。口にしてみて、どう思われましたか?

濃密だけれどもそれだけではない、とても滑らかで、すっと体に入ってくる・・・そんなワインだと思ったよ。

レイニャックでは通常、柔らかな風味のぶどう品種メルロに、渋みが強くてパワフルなカベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドして造っている。でも「バルチュス」だけは、メルロ100%で造るから、より滑らかなんだ。


― なるほど、蔵元のトップワインだけれど、ただ濃くて力強いだけではないのですね。

そうだね。
ボルドー地方の中でもトップクラスのメルロ種の高級ワインと一緒に、ブラインド・テイスティング(銘柄を目隠しして行う試飲)をしたのだけれども、その時、買付隊メンバーの半分以上が「バルチュス」の方が美味しいと手を上げたのを、よく覚えているよ。
それで、すぐに予約をしよう、という話になったんだ。生産量が少ないからね。

実は、その時の初ヴィンテージ2002年が、あと一本だけ取ってある。
若い時には果実味が濃密で、でも長年熟成すると、さらに複雑味と深みを増すワインだから・・・

若いうちからも楽しめて、けれども熟成もできる。
そのように造っているワインだと、ヴァテロさんも話していたよ。


― ご自宅で、どのように楽しむのがおすすめですか?

ぜひ大ぶりのグラスで、ゆっくりと楽しんでほしいですね。香りと味わいが、本当に違うので。 開けてからしばらくすると、熟した果実や、樽の香りがどんどん広がって・・・ その感動を、ぜひご自宅で感じていただけると嬉しいです。

ふだんは冷静な種本会長ですが、「バルチュス」への熱い思いに、この特別価格に反対した気持ちも分かる気がしました。

私も改めてこのワインを飲みたくなったので、今飲むために一本、そして熟成させるために一本、用意したいと思います。

え、一本じゃもの足りない・・・そんな方は、6本セット(一本あたり8,800円になります)で、手に入れていただくのがおすすめです。

通販部 本島

【プロフィール紹介】
2010年ヴィノスやまざき入社。学生時代はほとんどワインを飲まず、ヴィノスやまざきの開発した甘口&低アルコール赤ワイン「ソレイユ」に衝撃を受けて入社。広尾店店長、商品部にて輸入業務を担当した後、現在はWEB・マーケティングを担当。JSAソムリエ、SAKE Diploma、WSET Level3。WSET Diploma受験中。

新着読み物

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック
食卓を彩る食材たち

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック

夏野菜が店頭に並びはじめましたね。 カラフルな季節のお野菜とワインを合わせて楽しめる簡単レシピのご紹介...

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?
イベントのお知らせ・レポート

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?

先日、ヴィノスやまざき流山おおたかの森店で蔵直ワイン×チーズのペアリングを楽しむイベントを開催しました。...

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...