【食いしん坊Cookブログ】食べ出したら止まらない!?ワイン好きのためのチーズ&バジリコクッキー


朝晩の涼しさから、少しずつ秋らしさを感じるようになってきましたね。
食欲の秋には「ワイン×チーズ」の王道の組み合わせが食べたくなりますが、チーズがそのまま食べるだけだとなかなか全部食べきれない・・・そんな声を頂戴することもあります。

そこで!
本日のCookブログでは、チーズを使ったアレンジレシピをお届けいたします。
ご紹介するのは、ワインに合う簡単オシャレな「ボーフォール・エテとバジリコのクッキー」のレシピ。
一見難しそうに見えて、実は混ぜて切って焼くだけ♪
大人から子どもまで一度食べはじめると止まらない、やみつきになってしまう味わいです・・・!

今回使ったチーズは、当店直輸入の「ボーフォール・エテ」。
ボーフォールは、フランスの中でも、スイスとの国境に近いアルプスの山岳地帯サヴォワ地方で造られる、「チーズのプリンス」とも呼ばれるハードチーズです。

フランス語で「夏」を意味する「エテ」。
ボーフォールの中でも、この「エテ」を名乗ることができるのは、6~10月にかけて放牧された牛の希少なミルクを使ったものだけです。

一年の半分が雪に閉ざされるサヴォワ地方では、牛たちは短い夏の間だけ放牧され、緑の牧草や花を食べて過ごすため、この時期のミルクは栄養価も豊富で、濃厚・・・
ナッツのような香りや深いコクと旨みは、そんな夏のミルクから生まれる「エテ」ならではの味わいなのです。

そんな「ボーフォール・エテ」に合うワインは、同じくナッツのような風味を感じる、樽熟成したシャルドネの白ワインがぴったり!
お料理×ワインのマリアージュのヒントはこちらから>>

そして、リッチで濃厚な樽熟成のシャルドネの白ワインといえば・・・
店頭で根強い人気を誇るロングセラーワインが、こちらの一本です!

アルタム・シャルドネ

完熟トロピカルフルーツの風味に、はちみつやバニラのニュアンス、しっかりと感じる樽の香り。
目隠しして飲んだら、まるでブルゴーニュの白ワイン!?と思わせてくれるような、ゴージャスでリッチな味わいです。
本日ご紹介したチーズクッキーと一緒に合わせると、ワインの樽の香りに、チーズとバターの風味が絶妙にマッチして、たまりません・・・!

通常、これくらいボリューム感のあるシャルドネの白ワインを、フランスのブルゴーニュ地方やカリフォルニアのナパ・ヴァレーなどの有名産地で探すと、一本5000円は下りません。
手頃な価格で、こうした有名産地のワインにも負けない味わいのワインを見つけられたら・・・
その思いで、世界各国を探してたどり着いたのが、チリのぶどう農家が造るこの「アルタム・シャルドネ」でした。

このワインを造る蔵元「テラ・マター」は、当店の直輸入第一号チリワインの蔵元。
まだチリワインが日本で今ほど知られていなかった15年以上前に出会い、パワフルな味わいながら、手頃な価格に驚いて、チリワインの直輸入に踏み切るきっかけとなった蔵元です。

買付隊が飛行機で20時間以上かけ、現地を訪問してさらに驚いたのは、彼らのワイン造りへのこだわり。

大量生産のワイナリーも多いチリではめずらしく、100%自社畑のぶどうを使用。
しかも、ワンランク上のシリーズである「アルタム」は、銘醸地区の中でもさらに単一区画のぶどうを使用した、通常ではありえないほどのこだわりをもって生み出されるワインだったのです・・・!

少し涼しくなってきて、濃い目のコクがあるワインが恋しくなってきたこの季節にぴったりの一本です。

来週の連休はご自宅でのんびり・・・という方は、ぜひチーズクッキーづくりと、こちらの「アルタム・シャルドネ」をあわせてお楽しみくださいね!

新着読み物

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!
いまイチオシのワインたち

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!

本日、7月20日(土)にヴィノスやまざきの夏の風物詩「夏ヌーヴォー2024」が解禁します!   ヌーヴォ...

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?
買い付けブログ

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?

アルゼンチン買い付け2軒目は、あのビニャルバ!! ついに、上陸です。憧れのビニャルバ! 彼らが造る「マル...

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ
蔵直ワイン物語

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ

「ボルドーの有名産地ではなく、無名でも美味しいワインをお届けしたい…」 そんな想いで、ボルドーの無名産地...