店頭インタビュー!① あなたの家飲みワイン、教えてください!

ここ一年で、外食の機会が減り、ワインも「家飲み」がすっかり定着してきました。

家でワインを飲みたいけど、種類がたくさんありすぎて選べない・・・
そんな方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ヴィノスやまざきのお店でお買い物をされているお客様に、店頭インタビューを実施!
お気に入りの家飲みワインと、その理由を教えていただきました。

まずは、新静岡セノバ店をご利用のお客様。
ちょうどお手に取っていたワインが・・・シャトー・レゾリュー青ラベル

「赤ワインから、ワインにのめり込んでいきました。
そして、ヴィノスやまざきで初めてこの赤ワインを飲んだ時の感動を、今でも覚えています。
それ以来、家のセラーに必ず1本キープしています。
限定入荷で、いつもある訳ではないのがより魅力的です!」


シャトー・レゾリュー」は、ヴィノスやまざきの蔵直第一号の蔵元。

「本当に手頃で美味しいワインをお届けしたい」と探し求めた結果、当時は全くの無名だったフランス・ラングドック地方のこの蔵元に出会い、その味わいに衝撃を受け、借金をしてまで仕入れた・・・
そんなヴィノスやまざきの原点。

いつも定番で人気の赤ラベルと、古木のぶどうを使ったより凝縮感のある青ラベルがあり、どちらも25年以上のロングセラーです。

次に伺ったのは、武蔵小杉店のお客様。
お気に入りの家飲みワインとして教えてくださったのが・・・プティ・レゾリュー赤

プティ・レゾリューは、「レゾリューのワインを千円台前半でお届けしたい」と、蔵元にお願いしてオリジナルで造ってもらったデイリーワイン。

「もともとシャトー・レゾリューの赤ラベルも青ラベルも好きで、同じ蔵元のワインがさらに手頃な価格で楽しめると、こちらのワインをお選びいただきました。

立川店をご利用のお客様も、同じくレゾリューがお好きでよくご利用いただいているとのことで、この日はプティ・レゾリューの白を選択。
予想以上のレゾリュー人気に、私たち取材班も少し驚きました・・・!

「千円台でも果実味がぎゅっと詰まってバランスの良いワインが多いので、いつも家飲みワインはヴィノスさんで買っています。」と、嬉しいお声をいただきました。

最後にご紹介するのは、関西の神戸店から。
家飲みだったら絶対これ!と持ってきてくださったのが・・・シャトー・レグラーヴ白

飲みやすくてコスパがいい
通年よく飲む大好きなワインですが、気温も上がってきたので、より一層美味しく飲んでいます。」


と、嬉しいお声をいただきました。

フランス、ボルドー地方の小さな農家の親子が造る、こちらのワイン。
先日のブログこちらから)でも、エキュート品川店の人気No.1ワインとしてもご紹介させていただいた、全国のお客様から根強い人気のワインです。

教えてくださった皆様、本当にありがとうございました!

小さな無名の造り手のワインでも、こうして長年のヒット商品になったのは、味を分かってくださるお客様がいらして、楽しんでくださるからこそ。

28年前に、現社長がお客様が本当に喜んでくださるワインを、手頃な価格でお届けしたいと、銀行に飛び込み、借金をして直輸入をしたのが、これらのワイン。
お客様の喜んでくださるお顔を拝見すると、どんな苦労も吹き飛びます。

フランスは霜による被害、カリフォルニアは山火事、生産者も価格を上げざるを得ないところに、昨今のコロナ禍での、物流費の高騰・・・
このお買い得価格を維持することは、時には経営会議で激論になることさえありますが、ヴィノスやまざきは、お客様の笑顔のために、リーファーコンテナ、定温倉庫、すべてのコストを削減することなく、現在の価格レベルを維持していきたいと考えております。

これからも、さらに手頃でさらに美味しい家飲みワインをお届けできるよう、全社一丸となって取り組んでまいります。

皆様も、お気に入りの家飲みワインを、ぜひ「#ヴィノスやまざき」でシェアして教えてくださいね!

ヴィノス取材班

新着読み物

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック
食卓を彩る食材たち

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック

夏野菜が店頭に並びはじめましたね。 カラフルな季節のお野菜とワインを合わせて楽しめる簡単レシピのご紹介...

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?
イベントのお知らせ・レポート

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?

先日、ヴィノスやまざき流山おおたかの森店で蔵直ワイン×チーズのペアリングを楽しむイベントを開催しました。...

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...