食卓にブルゴーニュの風をお届けします!


4月も終わりに近づき、新緑の気持ちの良い季節になってまいりましたね!
外出はなかなか難しい状況ですが息抜きに窓を開けて、太陽の光や気持ちの良い風の中で深呼吸をすると気持ちがリフレッシュします。

皆様の食卓にもそんな気持ちの良い風を運んでくれるワインを、昨年フランスのブルゴーニュを訪れて見つけて参りました!

“ブルゴーニュ”といえば高級産地として知られ、「ロマネ・コンティ」や「ジュヴレ・シャンベルタン」など有名ワインが多く生み出されています。

品質が高く、世界的な人気も高いため価格もそれ相応の物が多い産地。なかなかデイリーワインでは楽しめない、というお声も多く聞かれます。



1800年代からワイン造りを行う老舗蔵元「メゾン・トラミエ」はそんな高級産地ブルゴーニュでぶどう栽培・ワイン造りを行い、バリューラインから高級ラインまで幅広いワインを手掛けています。

昨年8月末にトラミエのぶどう畑を実際に訪ねた際もさんさんと降り注ぐ太陽とカラッと乾いた爽やかな風が畑を駆け抜けており、健康的で実のしっかり詰まった素晴らしいぶどうが育っていました。



そんなトラミエが手掛ける人気シリーズが『ロンシエール』。
かつてブルゴーニュではヴィンテージの違いによる出来、不出来の差が大きかった為、品質を安定させる為に、南仏のぶどうをブレンドしていたそうです。

ワイン法が整備されてからは地名を名前につける為ブレンドされる事は少なくなっていましたが、150年以上の歴史と実績を持つトラミエが昔のレシピを再現し、ワイン法に縛られずその年の良質なぶどうを選りすぐり造ったのがコストパフォーマンス抜群のロンシエールです。

すでにデイリーワインとして人気の『ロンシエール』のワインですが、ワンランク上のロンシエールが飲みたい!というお声があり、この度『ロンシエール・プレミアム』が誕生致しました!

通常の『ロンシエール』のワインと同様その年の良質なぶどうを使用しますが、赤はピノ・ノワール100%、白はシャルドネ100%を木樽で熟成させることで奥行きのある旨みを引き出した1本。デイリーな価格で本格的なブルゴーニュの味わいをお楽しみいただけます。



『トラミエ・ロンシエール・プレミアム・シャルドネ』

シャルドネを100%使用し、木樽で熟成を施しました。シャルドネ特有のミネラル感を持ちつつ、酸や果実のバランスの良いこの時期にぴったりな1本です。



『トラミエ・ロンシエール・プレミアム・ピノ・ノワール』

65%木樽熟成を施したものをブレンドすることで重くなりすぎず、旨みがありつつエレガントさも感じられる1本。華やかなベリーの香りは気分を明るくしてくれます。

よりプレミアムなワインがお楽しみになりたいというお客様には、実はもっと特別なワインをご用意しております。
それがこちらの「オスピス・ド・ボーヌ」シリーズ。


「オスピス・ド・ボーヌ」は二コラ・ロラン夫妻が、自らの所有するぶどう畑をその病院に寄付し、その畑のぶどうからワインを造り、販売した利益で病人に無料で治療を施こすために造られたブルゴーニュでも歴史あるシリーズ。

ワインのクオリティも非常に高く、世界中のワイン関係者が毎年チャリティーの意味合いも持つこのオークションに参加しています。

「メゾン・トラミエ」のローラン氏はその実績から、当店買付隊とともにそのオークションに参加し、全ての樽を試飲した上で落札しているのです!

そんなオスピス・ド・ボーヌのワインを本当に数本ですが、ご用意がございます。
ご希望のお客様はヴィノスやまざき通信販売部へご連絡下さいませ。
TEL 0120-740-790



通常のタイプは軽く冷やして、さっぱりとした旬野菜や魚介とともに。
プレミアムは火を入れた和食などに合わせて。
そして、オスピス・ド・ボーヌは記念日や大切な日のディナーに。

外出が控えられるこの時期、皆様の食卓に爽やかなブルゴーニュの風をお届けするトラミエのワインをぜひお楽しみください。

ヴィノスやまざき買付見習い
田川

新着読み物

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック
食卓を彩る食材たち

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック

夏野菜が店頭に並びはじめましたね。 カラフルな季節のお野菜とワインを合わせて楽しめる簡単レシピのご紹介...

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?
イベントのお知らせ・レポート

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?

先日、ヴィノスやまざき流山おおたかの森店で蔵直ワイン×チーズのペアリングを楽しむイベントを開催しました。...

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...