赤ワインが苦手だった私を変えた一本

大変お待たせいたしました!
人気のため一時品切れとなっていた赤ワインマホニー ピノ・ノワールが、店頭に到着しました。

実は入社当時、私は赤ワインが苦手でした。
しかし入社してから半年後、そのイメージを一気に変えるワインに出会います。

それが、このマホニー ピノ・ノワールでした。

もともと甘党の私は、辛口のワインが苦手で、ドイツワインのような甘口が好きでした。
しばらくして辛口の白ワインも飲むようになりましたが、どうも赤ワインは苦手。

特に、苦手だったのが「ピノ・ノワール」というぶどう品種の赤ワイン。
リーズナブルなものは、味が薄くて、酸味が強い・・・奮発して少し高いものを飲んでみても、やはり味の薄さと酸味が気になって、美味しいと感じられませんでした。

転機は、当時勤務していたお店の店長の一言。
夕食のローストビーフに合わせるワインを探していたところ、「マホニー」をこう紹介されたことでした。

「ピノ・ノワールが良いよ。苦手と言っていたけど、これは違うから飲んでみて。」

帰宅後、半信半疑でコルクを抜き、グラスに注いだ瞬間でした。
華やかな赤い果実の香りが、心地良く私を包み込んでくれたのです。

ローストビーフを口に頬張り、期待を胸に、いざ口にすると・・・

「えっ・・・美味しい!」と思わず口に出ました。

果実のしっかりとした味わい。
心地よい酸味が舌を包み込み、刺激し、楽しませる。
余韻も長く、ゆったりとした時間が流れました。

おつまみのローストビーフはあっという間に無くなり、追加を買いに出かけたほど。

このマホニー ピノ・ノワールは、私が初めて赤ワインを「美味しい」と思った、忘れられない一本になったのです。

実は、蔵元のオーナーであるフランシス・マホニーさんは、地元カリフォルニアの名門大学と共同でピノ・ノワールの研究を行うなど、「カリフォルニアのピノ・ノワールの権威」として知られるぶどう農家。

1本数万円するようなワインを造る有名ワイナリーも、そのぶどうを買い求めるほどです。

今年からラベルが新しくなりましたが、変わらない美味しさを届けてくれました。
ピノ・ノワールがお好きな方はもちろん、苦手という方も、是非お試しくださいませ。

佐々木

【プロフィール紹介】
2016年入社。甘口のドイツワインがきっかけでワインの世界へ。ヴィノスやまざき渋谷店で白ワイン「ジボー・ソーヴィニヨン・ブラン」に出会い、辛口でも果実味たっぷりの美味しさに驚き、入社を決意。ルミネ北千住店、ルミネ立川店で店長を経験し、現在は目黒事務所勤務。自称ヴィノス1の甘党。甘口ワインのことならお任せください。(もちろん辛口も!)

新着読み物

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック
食卓を彩る食材たち

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック

夏野菜が店頭に並びはじめましたね。 カラフルな季節のお野菜とワインを合わせて楽しめる簡単レシピのご紹介...

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?
イベントのお知らせ・レポート

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?

先日、ヴィノスやまざき流山おおたかの森店で蔵直ワイン×チーズのペアリングを楽しむイベントを開催しました。...

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...