絞り込み項目

在庫有無

Category カテゴリから選ぶ

リエトヴァレイ

南アフリカの古豪が造る、高評価辛口ワイン

今から10年以上前、日本で南アフリカのワイン産地としての魅力が認知されるよりも前、ヴィノスやまざき買付隊は現地を訪問しました。「まだまだ無名の産地ですが、家族経営の小さな造り手たちが、素晴らしいワインを造っています。ぜひこちらを訪れて、南アフリカワインを知ってください。」という1本の電話で、美味しいワインがあるのであれば行かねばと決心し、現地に向かいました。こうして出会った蔵元の一つが、リエトヴァレイでした。

1864年から続く、南アフリカ最古の家族経営蔵元の一つ。ロバートソン地区では最初のワイナリーとして設立されました。150年以上の歴史を持ち、同地域のワイン生産の指導者的立場にあります。以前はミュスカデルから造られる甘口ワインで有名でしたが、6代目にあたる現在の造り手は辛口ワインで高く評価されています。地元スーパーにも卸す手頃な価格のワインから、数々の受賞を果たすプレミアムワインまで、幅広いラインナップを手掛ける蔵元です。

ロバートソン地区は、内陸のため気温は高く、夏は40℃以上に達します。そのため、ぶどうのフレッシュさを保ち酸化を防ぐため、他の地域よりも早い、午前2~3時には収穫をスタートします。午前10時には気温が上昇するため、夜明け前に収穫を終了するという徹底ぶりです。夜間には南西から涼しい風が吹き、明け方は霧が発生するため、昼夜の寒暖差が生まれ、ぶどうに酸を与えます。
さらに、蔵元が所有する砂質の畑はもっとも痩せた土地にあり、根が地中深くまで伸び、様々なミネラルや成分を吸収し、ワインに複雑な味わいをもたらしてくれます。代々受け継いできたこの土地で、伝統と最新技術を駆使しながら、家族の味を守り抜いています。

3件あります

並べ替え:

3件あります