Category カテゴリから選ぶ

シュヴェリエ・ド・マルゴー

ワインのプロも納得!ワインの銘醸地マルゴー村の特注ワイン

数年前から私たちが取り組み始めたちょっとユニークなワインがあります。それが、カリフォルニアのナパ・ヴァレーで造られる、通称「匿名ワイン」プロジェクト。 提供元は明かすことは出来ませんが、ナパ・ヴァレーの銘醸畑のぶどうを使用したワインを、ブランド名ではなく、イニシャルを冠したワインとしてリリースしています。 その希少性とユニークさも相まって、お客様の口コミで広がり話題となりました。

そして、「この次は、ワインの本場とも言われるフランスのボルドー、その中でも銘醸村のワインを、納得の味わいと価格でお届けしたい!」
そんな思いからスタートした新しいプロジェクトが、この「シュヴァリエ・ド・マルゴー」です。


ボルドーの銘醸産地の中でも、特に有名ワインが集まる地域の一つ、マルゴー地区。 マルゴー村を中心とする5つの村だけがこの名前を名乗ることが出来ます。 一番有名なワインは、5大シャトーの一つとしても数えられる「シャトー・マルゴー」。 世界トップレベルのワインを筆頭に、数万円クラスの数々の格付けワインが点在しています。


今回、このワインを造り上げるのに私たちに力を貸してくれたのが、マルゴー村の有名シャトーで10年以上醸造を経験したエリック氏。 この地域を知り尽くした、この道30年以上のベテラン醸造家と共に造り上げました。 そんな彼が厳選したマルゴー村のシャトーのぶどうを使用。 ぶどうの提供元は彼らが長年信頼を置いているマルゴーの実力派シャトーとのことですが、契約があるため、その入手元については明らかにしてくれませんでした・・・ しかし、通常ではこの価格でマルゴー産のぶどうを手に入れることは困難だそう。
彼らの長年のネットワークと信頼のおかげで、今回何とかぶどうを調達することが出来ました。


メルロ種とカベルネ・ソーヴィニヨン種を最適な割合でブレンド。フレンチオーク樽で9カ月に渡り熟成することで、 果実の柔らかさを残しつつも、ほど良い渋味、奥行きのある味わいに仕上げました。熟したダーク色の果実を思わせる香り。凝縮した濃厚な果実味に熟成樽やスパイスの風味が溶け込み、柔らかい渋味が調和した味わいです。

1件あります

並べ替え:

1件あります