「お魚と赤ワイン」はNGって本当?スタッフで徹底検証しました!

皆さまは、ワインを何と一緒に楽しんでいますか?

レストランでワインを選ぶ時には、ソムリエにおすすめを聞く方も多いかもしれません。
しかし、最近ではご自宅でワインを飲まれる方も多いはず。
その時、お料理とワインの相性はどうしても気になるものです。

「お肉だったら、赤ワインかな。」
「お魚は白ワイン?」
など、なんとなくのイメージで決めていませんか?

ワインはたくさんの種類があり、それぞれ異なる味わいです。
食べ物との組み合わせを、さらに深めて考えてみると、さらに美味しい発見があります!

そこで、本日は「魚だけど赤ワイン!」にチャレンジ。
今が旬の「初ガツオ」に合う赤ワインを、スタッフが実際に合わせて検証しました。

■合わせるポイントは?

えっ、お魚に赤ワイン?
そう思われるかもしれませんが、実はカツオのような赤身の魚は、意外にも赤ワインが合うのです!

お魚に合わせる赤ワインを選ぶ時、気を付けるポイントは1つ:「渋みの少ない赤ワインを選ぶこと」
赤ワインの渋み成分であるタンニンが魚の脂と結びつくと、金属っぽい生臭さを生み出してしまいます。

■おすすめ1:某国空会社ビジネスクラスにも搭載!?のフレッシュなピノ・ノワール

そこでまず選んだのは、渋みが少ないぶどうの代表品種「ピノ・ノワール」。

高級ワインが多いピノ・ノワール・・・ですが、今回は家飲みに毎日気軽に楽しめる、手頃な価格のピノ・ノワールと合わせて実食しました。検証(詳しくはこちらの結果、おすすめのワインがこちら!

テラマター・ピノ・ノワール

フレッシュなベリーの香りにあふれ、酸味は抑え目。
酸味の強いものが多いピノ・ノワールですが、このワインには、ふくよかさもあります。

シンプルにお醤油でも良いのですが、ややタンニンを感じるので、食べ方はたたき(ねぎを散らして和風に)がベスト!その他にも、にんにくをつけた場合もばっちり合いました。

このワイン、過去には数千本の中から狭き門を潜り抜け、日本航空のビジネスクラスにもオンリスト。1,000円台と手頃ながら、実力派の一本です。

「美味しいピノ・ノワールは高くて、なかなか毎日は楽しめない・・・手頃で美味しいものは見つけられないだろうか?」そんな思いでたどり着いたのが、地球の裏側チリにある、テラマターでした。

彼らのワインは、チリではめずらしい100%エステート(自社畑)。
手頃な価格でも、ぶどうを買い集めて造るのではなく、自分たちでぶどう栽培から行っているので、安定した質と味わいのワインをお届けできるのです。

■おすすめ2:イタリアの有機農園が造る!オーガニックのまろやか赤ワイン

次に選んだのは、こちらの一本。

ラ・セルヴァ・テルツォ

オーガニックのぶどうから造られ、このワインも渋みが少なく、するすると飲めてしまいます。
フレッシュながら軽すぎず、ややタンニンも感じるので、たたきにすると、香ばしい風味とマッチ。オリーブオイルと塩こしょうで洋風にしても、美味しく楽しめました。

このワインを造るのは、イタリアの銘醸地トスカーナで、有機栽培に取り組むラ・セルヴァ農園。

トスカーナの中でも、沿岸部のマレンマ地区にあり、今では多くの有名ワイナリーも進出する注目産地。ですが、彼らが畑を開墾した当時は、周囲に畑も家もなかったため「セルヴァ(=野生の大きな森)」と名付けたのだそう。創業当時から、ぶどうや野菜をオーガニックで手造りしていて、地元の方に販売してきました。

ふだんあまり注目されることがなかったワインですが、実は、当店で10年以上のロングセラー。
カツオとの意外なペアリングで、今回、新しい楽しみ方を発見することができました。

■まとめ

ポイントは、「渋みが少ない赤ワインを選ぶ」に加えて、「何風」に食べるかにもかかっているようです。

お醤油の代わりに、塩とオリーブオイルで味付けてみると、ワインとの相性がさらに良くなります。

当店のロングセラー「ペトラリア」のオリーブオイルは、それだけで調味料になる、まるでエキスのようなオリーブオイル。エキストラバージンオリーブオイルの中でも最上位クラスの酸度でありながら、チリ産なので、とにかくお手頃価格。ぜひお試しください。

最後に、楽しみ方のワンポイント。
お刺身は冷たいままいただくお料理なので、ワインも少し冷やすのがおすすめです。
ワインを冷蔵庫で30分くらい冷やすと、少しひんやりとして、ワインの味わいも引き締まります。

初夏の陽気の日も増えてきました。
美味しい料理とワインのペアリングで、体に気を付けて、元気に頑張っていきましょう!

たまプラーザ店 女子チーム

たまプラーザテラス店
アクセス:東急田園都市線「たまプラーザ」駅直結
電  話:045-905-0805
営業時間:10:00~21:00
(※短縮営業中、テイスティングバーは休業中)

新着読み物

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!
いまイチオシのワインたち

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!

本日、7月20日(土)にヴィノスやまざきの夏の風物詩「夏ヌーヴォー2024」が解禁します!   ヌーヴォ...

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?
買い付けブログ

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?

アルゼンチン買い付け2軒目は、あのビニャルバ!! ついに、上陸です。憧れのビニャルバ! 彼らが造る「マル...

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ
蔵直ワイン物語

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ

「ボルドーの有名産地ではなく、無名でも美味しいワインをお届けしたい…」 そんな想いで、ボルドーの無名産地...