日本とウルグアイの「架け橋」に選ばれました!

地球の反対側にある、南米のウルグアイ。
日本からは一番遠い国の一つですが、実は、日本とウルグアイの友好関係には長い歴史があり、2021年には、国交樹立100周年を迎えました。

そのウルグアイから、驚きのニュースが届きました!

つい先日、国交100周年を記念して、在ウルグアイ日本大使の眞銅大使が、桜の植樹式に参加しました。
その桜を植えた場所というのが、なんと・・・

当店の人気蔵元「ボデガ・ガルソン」!

オーナーのアレハンドロ・ブルゲローニ氏が大使をお迎えし、植樹式の後には、ワイナリー併設のレストランでウルグアイの伝統料理と共に、ボデガ・ガルソンのワインと、日本酒を楽しみました。

ヴィノスやまざきがボデガ・ガルソンと出会ったのは、今から約5年前。
そのあまりに濃厚でパワフルな味わいに、全員が「これはすごい・・・!」と驚きました。

40時間近くかけて、飛行機を何本も乗り継いで現地を訪問し、そこで目にした大自然と調和したワイン造りは、本当にすばらしかったです。

でも、ワイン産地としては全くの無名のウルグアイワインが、本当に売れるのか?
最初は、お隣アルゼンチンまで運んでコンテナを混載し、輸入を始めました。

それから5年間かけて、店頭や色々なイベントを通じて知っていただき、少しずつリピートしてくださるお客様も増え、今ではコンテナ単位で発注するほどの人気ワインになったのです。

※2018年の来日イベント「蔵の祭典」の様子

ヴィノスを通じて出来たこうした日本のお客様との絆もあって、今回、日本とウルグアイの国交100周年を象徴する場所に、ボデガ・ガルソンが選ばれたのだと思います。

植樹式の後、大使に実際にお楽しみいただいたワインは、ガルソンのトップワイン「バラスト」。

濃厚ながら、濃いだけでなく滑らかで、ボルドーのグランヴァンをも彷彿とさせる味わいです。
在庫はごくわずかのみなので、ぜひ手に入れてください。

もちろん、一番人気の「タナ・レセルバ」もお忘れなく!
彼らのフラッグシップであるこの濃厚赤ワインは、「蔵の祭典セット(アメリカ&南米)」でもお楽しみいただけます。

ウルグアイは日本から一番遠いだけあって、コンテナの輸送にも一番日数がかかります。
今、次のコンテナが日本に向かっていますが、あまりの人気に、もしかしたら一時品切れになってしまうかも・・・!?ぜひお早目にお願いします!

そして、大使にお楽しみいただいた日本酒は、ヴィノスの本店がある静岡の銘酒「喜久酔 純米大吟醸 藤枝山田錦」。

地元米を使った蔵元こだわりの一本で、優しい香りに、酸がおだやかで米の甘みを感じる、上品でバランスのよいお酒です。

静岡本店で少量のみの取り扱いとなりますが、ぜひ本店にお越しの際は、お手に取ってみてください。
お待ちしております。

南米買付隊 福井

【プロフィール紹介】
静岡県出身。JSAソムリエ。きき酒師。
ヴィノスやまざきの新卒第1期生として入社。先代・山崎巽の最後の教え子として、商人魂と日本酒の知識を学ぶ。 有楽町店店長、店舗スーパーバイザーを歴任した後、上海店の立ち上げにも携わる。情熱は人一倍で、美味しいワインがあると聞けば、欧州やアメリカの山奥だけでなく、 南米や南アフリカなど地球の裏側まで足を運ぶ、その情熱とフットワークの軽さはヴィノスでNo.1。

新着読み物

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック
食卓を彩る食材たち

夏野菜とたのしむワイン時間① 枝豆アンチョビガーリック

夏野菜が店頭に並びはじめましたね。 カラフルな季節のお野菜とワインを合わせて楽しめる簡単レシピのご紹介...

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?
イベントのお知らせ・レポート

ワインとチーズの人気No.1ペアリングとは!?

先日、ヴィノスやまざき流山おおたかの森店で蔵直ワイン×チーズのペアリングを楽しむイベントを開催しました。...

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!
蔵直ワイン物語

イタリア、スペイン…問題児が最愛のワインに!

ワインの直輸入を開始し、ワインは産地や生産者のブランドではなく、造る人の姿勢なんだと現地を訪問して気が付...