星条旗に想いを馳せて


明日7月4日は、アメリカ合衆国の独立記念日です。

約240年前の1776年のこの日、イギリスから独立する「独立宣言」を採択した日として、「Independence Day(独立記念日)」に制定されています。

実は、例年在日アメリカ大使館での「アメリカ独立記念日」をお祝いするパーティーでは当店のカリフォルニアワインをご用意させていただいています。

「なぜヴィノスやまざきのワインが…?」

そこには我々ヴィノスやまざきとカリフォルニアワインには長く深い歴史があるからなのです。

そんな私たちヴィノスやまざきとカリフォルニアワインの出会いは約25年前にカリフォルニアワイナリーへの視察に訪れたことが始まりでした。
まだ今ほどカリフォルニアワインが有名ではなかったのですが、現地で飲んだワインの品質の高さに驚き、我が子のように大切にぶどう造りを行う生産者に出会ったことで、日本への直輸入を決意します。

以降、様々なワインを輸入していく中で多くのお客様にカリフォルニアワインのご支持をいただき、遂にはストーンヘッジ・メリタージュが弊社で9年連続人気No,1赤ワインになるなど、ヴィノスやまざきとカリフォルニアワインは切っても切れない関係に発展してきました。
ワインを通じて日本と米国の架け橋としての活動。その功績が認められ、2015年にはカリフォルニアワインの啓蒙に貢献したことで、ワイン業界初の「Hall of Fame(ホール・オブ・フェイム)」の称号を頂きました。
また、先述の「ストーンヘッジ・メリタージュ」をオリジナルで造っているストーンヘッジワイナリーから、「Hall of Fame(ホール・オブ・フェイム)」を記念したワイン「トロフィー・プレミアム」が完成したことは、とても感慨深いものがあります。
滑らかなカベルネ・ソーヴィニヨンのシルキーでいてたっぷりとしたボリューム感。
このワインを初めて現地で試飲した買付隊は、余りの美味しさに言葉を失ったといいます。

それもそのはず。
このワインはナパ・ヴァレーの中でも、「アトラスピーク地区」という山間のサブアペレーション(小地区)のぶどうを使用しています。
標高が高く日照量に恵まれるため、昼夜の寒暖差が大きく、生育期間が長くなるこの地区のぶどうは、ナパ・ヴァレーの中でも、濃厚で複雑な味わいに仕上がると言われています。

そんなアトラスピークの、小粒で凝縮したカベルネ・ソーヴィニヨンを使用していただき、さらに12カ月の長期樽熟成を行って仕上げているのです。

こだわり抜いたこのワインは、おそらく売値で10,000~15,000円はするだろう…と思いました。
が!日本での発売金額を知り驚きました!
造りてである「ストーンヘッジ・ワイナリー」に確認したところ…

「これは、私たちからの、ワイナリーだけでなくアメリカ合衆国からのお祝いなんだよ。」
と、言っていただいたのです!

近年価格の高騰化が著しくも、根強いファンの方に支えられているカリフォルニアワイン。
その由縁は、もちろん上質なワインを作り続けている醸造者たちの努力と試みにあると共に、アメリカのワインマーケティングの手腕にもあることは確かです。

ですが、私たちは“美味しくて手頃な”、また“本当の意味でコスパの高い”ワインを仕入れることの難しさ、大切さを、身をもって実感しています。

これからも、たくさんのワインとお客様との出会いのきっかけになれるよう、ヴィノスやまざき社員一丸となって取り組んでまいります。

例年では、独立記念日に行われる盛大なイベントに、たくさんのワインで乾杯がされています。
今年は、アメリカ、日本国内ともにたくさんの困難がありますが、また来年、ワインを片手にお互い笑顔でこの日を迎えられることを願って・・・「Cheers!(乾杯)」

ヴィノスやまざき一同

新着読み物

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!
いまイチオシのワインたち

オーストラリアから夏ヌーヴォー(新酒)が到着しました!

本日、7月20日(土)にヴィノスやまざきの夏の風物詩「夏ヌーヴォー2024」が解禁します!   ヌーヴォ...

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?
買い付けブログ

南米買付秘話② 南米で出会ったボルドーワイン!?

アルゼンチン買い付け2軒目は、あのビニャルバ!! ついに、上陸です。憧れのビニャルバ! 彼らが造る「マル...

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ
蔵直ワイン物語

<ボルドー編>ピンチを救ってくれたシャトーたち ②シャトー レグラーブ

「ボルドーの有名産地ではなく、無名でも美味しいワインをお届けしたい…」 そんな想いで、ボルドーの無名産地...