ヴィノスやまざきたまプラーザ店 スタッフダイアリー

2013年3月アーカイブ

贈り物にはシャンパーニュ☆

こんばんは、たまプラーザテラス店の渡邊です。

ラジオ局FMサル―スでワインやスポーツを取り上げる人気番組「JOG・NAVI」の今日は最終回。

 

P3311261.JPG

 

本日の「ワイン塾コーナーのテーマは「シャンパン」。

スパークリングワインの中でひと際、華やかな印象を持つシャンパンの特徴や造り方、歴史をお話させて頂きました。

あまり知られていませんが冷涼な土地でブドウ栽培が難しいなか、手間と工夫で最高級スパークリングの

地位を確立したシャンパンは他の産地異なるルールが沢山あります。

シャンパンがお好きな方はお調べ頂いても面白いかもしれません。

私のオススメは『シャンパーニュから始まるスパークリングワインの世界 斎藤研一・著』です。

 

P3311262.JPG

 

P3311260.JPG

 

もともとワインをあまり飲まなかったという小林さんですが、このコーナーをきっかけに今では

毎週ボトルを開けるようになったと伺いました!(昨年はヌーヴォーケース買いも・・・)

パーソナリティの小林さん、出演の時はいつもいつも盛り上げて頂き、本当にありがとうございました!

 

P3311263.JPG

 

春は新たな出会いと別れのある季節、節目にはシャンパンのプレゼントもお薦めです。

ヴィノスやまざきのシャンパン(ハーフもご用意しております)はコチラから

 

クロ・マヌー旋風!

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です。

東京パーティーは大いに盛り上がりましたが、続いて今日も巻き起こりました!

クロ・マヌー旋風!!!

 

P3301227.JPG

 

最初はデビット氏の掛け声で「1、2、3、サンテー!」

最高樹齢150年(まずあり得ません!)のブドウ樹、5大シャトーと同じ醸造、

それ以上に小さな樽で発酵させる小仕込み、などなど情熱から来るこだわりで造られた

ワインは「美味しい!」の一言。

 

P3301250.JPG

 

複雑味、余韻の長さ、しなやかなタンニン(渋み)、どれをとっても格付けグランヴァンクラス!

お客様の反応からも格付けグランヴァンが席巻するボルドーワインの業界において、

小さな小さな畑から造り始めたワインがワインの世界を変えていこうとしているのを感じました。

 

P3301255.JPG

 

会が終わった後も、サインボトルやデビット氏とのお話で長蛇の列に!

本日残念ながら予定が合わなかった方に朗報です、続く蔵直ボルドー旋風は、明日もまだまだ続きます!

他店舗の明日のイベント情報はコチラから

皆さんこんばんは!

3月29日はワイン業界にとってまさに記念となるイベントが各地で催されました!!

その1つが

「第14回世界最優秀ソムリエコンクール 東京大会」の決勝!

3年に1度開催されている世界一のソムリエを決める大会!

日本では18年ぶりに開催され1995年東京大会では現A.S.I会長 田崎真也氏が

チャンピオンに輝き話題となりました。

今年は世界55カ国から57名が参加し繰り広げられました。

結果、スイス代表 パオロ・バッソ氏が優勝!!

普段ワインの仕事をしている方でも、なかなかサービス力、ブラインドでのワインの

判断が難しいのを痛感しているだけに、世界の頂点を目指す憧れの人々。

東京で2回目の開催されるのも誇らしい限りですね。

 

 

さて、最初にお伝えした通り記念のイベント、まだまだございます!

なんと言っても

ヴィノスやまざきの100周年特別企画

 

20130324_01.jpg

 

「匠の蔵直®5大シャトーお披露目ワイン試飲会in東京会場]

 

本日たまプラーザ店の渡邊店長も会場へ!

先程、店長より「本当に皆さんに喜んでいただいて、盛り上がり、生産者も楽しそうで、とっても良い会だったよ!!」

と連絡があったところです。

 

詳しい盛り上がり情報はきっと店長より明日以降のブログで紹介があると思いますが

今日のイベントに用事があったり、様々な理由でお越しいただけなかったお客様!!

まだまだ、あきらめるのは早いです!

 

来日中の生産者が週末に様々な店舗へ来店を予定しています!

 

マヌ~1.JPG

 

もちろん、今回はたまプラーザ店にもメドックの年末大ブレイクしたあのクロ・マヌーの生産者が来店致します!

3月30日(土)15時たまプラーザ店店内で開催!

会費は500円

残り数名となりますが、是非一人でも多くのお客様と生産者が触れ合って楽しんでいた頂きたい!!と

思いますので、是非是非皆さまの参加をお待ちしております!

お申込みはコチラ TEL045-905-0805

 

そして、明日は・・・とのお客様も日曜日、月曜日まで各店舗、地域で繰り広げられる

イベントを是非チェックしてみてください!!イベント情報は コチラクリック♪♪

 

 水野

 

ワインセミナー最終回(まだまだ続きます!)

こんばんは、たまプラーザテラス店の渡邊です。

今日は昨年度の10月から始めました東急ワインセミナーの最終回でした!

最後は復習の総まとめと言う事でシャンパンや、ボジョレー、ラングドックなど

キーワードやテイスティングでの産地・品種当てをおこないました。

そしてもちろんスペシャルワインも登場・・・

 

P3281226.JPG

 

ボルドーのメドック格付け3級に位置するマルゴー村のグランヴァン「シャトージスクール」。

マルゴー村らしい、繊細で上品な香りとバランスは流石!

そしてその隣に並ぶ刺客ワインこそが・・・

 

P3281222.JPG

 

シャトー・ド・ペノティエ モンペイル グランヴァン 2008

 

メドック格付けの最上位である1級に選ばれる5大シャトーの1つ

「シャトームートンロートシルト」の醸造長を務めたパトリック・レオン氏が南フランス

ラングドックの土地で手掛ける格付けを越えたワインがモンペイル。

1600年代から続く歴史あるシャトーでは、南フランスとボルドー品種の栽培とブレンドが

認められた個性をしっかり持ったワインを輩出しています。

※  なんでも有名な評論家であるヒュー・ジョンソン氏もボルドーワインに南フランスのブドウを

   使用していた昔のボルドーワインを今も高く評価しているそうです。

   今ではワイン法によりブレンドは難しくなっているためカバルデスは非常に恵まれた土地と言えます。

ただ濃厚さだけが目立つ南フランスワインと異なりバランスも持ち合わせたこのワインは、

飲み比べてもジスクール以上との声が多数でした。

 

P3281220.JPG

 

そして格付けボルドー以上のクオリティを目指しているのはラングドックだけではありません。

もちろん同じボルドー地方からも格付けを超越したワインが登場してきています。

その中でも小さな区画で5大シャトーと同じ造りを行っている話題の生産者が・・・ クロ・マヌー

3/30(土)にクロ・マヌーから生産者がたまプラーザテラスにやってきます。

生産者の情熱を伝える試飲会を開催致します、是非ご参加くださいませ!

詳細はコチラから

 

フレンチと和の匠

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です。

本日はたまプラーザ駅から2駅行った所にある宮前平の素敵なお店をご紹介します。

宮前平駅を降りて歩くこと5分、木々に囲まれた素敵な洋館が。

それが「和と洋の融合」を心から愉しめる

 

P3271216.JPG

 

茶寮游旬さん

(詳細はお店の名前をクリック)

P3271211.JPG

門構えを一見すると純和風のお店、ウエイティングスペースではなんと

御抹茶をたててくれるんです!

「ほっと」心を落ち着かせてから御食事を召し上がって頂こうという、「もてなし」の気持ちから。

 

P3271214.JPG

テーブルに活けられた樹花は庭から直接調達しており、自然と四季を感じられる

幻想的な空間を演出してくれます。

 

P3271210.JPG

 

お食事は丁寧に造られたフレンチ!和のテイストも取り入れた優しい味付け、

こだわりの食材を使いながらも、お箸でも食べられる癒しのコース料理をお楽しみ頂けます。

「斉藤シェフ」は本場フランスで修業した本格派フレンチを日本人向けにアレンジする匠です。

私も何度か頂いていますが、食材の味わいを活かした繊細な味わいに癒されました!

もちろん相性ピッタリのワインのリストもご用意しております。

 

お食事で、ムードで、ワインで、人柄で癒されたい方に是非オススメです。

お客様からの「これが旨い!」

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です!

本日はヴィノスやまざきの長年のお客様がバーカウンターにお越し下さいました。

そこでバーカウンターから今日のNO1を御推奨頂きました!

 

P3261202.JPG

 

メニューの中から悩んでお選びになったのは・・・

 

P3261204.JPG

 

マルケサート ストラディス ロッソ 2009

頂いたお薦めコメントは

「木なり果物のよーく熟した香り、まろやかでたっぷりした味わい、

              コストパフォーマンス考えたらサシカイア以上だね!」

 

コメントに出てきたサッシカイアとは?そしてその味わいはいかに?

気になる方はワイン名をクリック、又はたまプラーザ店バーカウンターまでお越し下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

 

目にも美味しいマリアージュ

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です。

そろそろ夜桜でワインを楽しもうと考えていた方もいらっしゃると思いますが、

本日は残念ながら雨が降ってしまいましたね。

しかし明日は天気予報で晴れ!

そこで今日は春に色で合わせるマリアージュをご提案します。

 

P3251197.JPG

 

ショーウィンドウに飾っていたお花屋さんからお譲り頂いた桜と、

ロゼワインを並べていたのですが昨日満開になりました!

実際に並べてみると色合いがきれいなのが分かります。

目で見て、味覚で楽しむお花見、今週が狙い目です!!

 

私のオススメロゼワインはオーストラリアの家族経営蔵元の

手掛ける優しい甘味のロゼ・スパークリング。

エタニティ ドルチェット・ロゼ(写真右)

日本の四季をワインと共にお楽しみ下さい。

バーカウンター祭(フェスタ)

こんばんは!

今日はバーカウンターから写真を1枚ご紹介します。

「1.2.3・・・サンテー!!!」

P3241194.JPG

今日はバーカウンターを楽しく活用して下さった4名の皆さまをご紹介させて頂きます。

最初は貴腐ワインを飲もうといらしたのですが、まずは赤ワインでしょう?

ということで シャトームーランオーラロック 2009 (ワインの説明はコチラをクリック)

飲んでいただいたところ「香りが良い」「まろやかで濃いね」とご好評。

そこで3/29の 『あの』イベント をご紹介したところその場でお申込み!

ワインラバーの皆さまの心を射止めたイベントが気になる方は コチラ をクリック! 

 

まさにワイン祭り(フェスタ)!!!

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です。

今日は100周年記念ワインフェア第1弾で「匠の蔵直5大シャトー」の新着ワインや

20店舗オープン記念のパートナー蔵元からの御祝ワインのリリース初日!

 

P3231168.JPG

 

15時開催のワインフェスタでは年末以上のお客様にご参加頂きました!

まずは春の御祝シャンパンでいつもの「サンテー!」

 

P3231182.JPG  P3231180.JPG

 

店内の後からもわざわざ、お話を聞いて頂いた皆さま、誠にありがとうございます。

まるでお祭りのようにお客様も一緒に盛り上げて頂きました。

いつも以上に賑やかに進行させて頂いた本日のフェスタで30名以上のお客様の

驚きの声を頂いたのは写真(右上)のワインでした。

手元を拡大してみましょう!!

 

P3231187.JPG

シャトー・ド・ペノティエ シャルドネ 樽熟成

 

南フランスのカバルデスの古豪として知られるペノティエが造るシャルドネはとにかく

完熟ブドウから来るタップリした果実味と樽熟成からくるバニラやローストナッツの贅沢な

香りをもつグラマラスぜリッチな味わいのワイン。

もちろんお客様から驚きの声を頂いたのは、テイスティングの時と価格発表の時です。

このワインが気になるという方はワイン名をクリックお願いします。

 

明日も活気あふれるたまプラーザテラス店で御来店お待ちしております。

只今潜入捜査中・・・!

ブログをご覧の皆さま、こんばんは・・・

今日はたまプラーザに世界各国から謎の荷物が届いたというWタナベ氏からの

リークをたよりにヴィノスたまプラーザ店で潜入取材を行っております。

 

P3221164.JPG

 

これはボルドーで最も高価な価格で取引されているCHペトリュスと

並び立つ評価を得たCHムーラン・オーラロック!このワイン美味しいいんですよね。

 

P3221167.JPG

 

あれっ!?!? ヴィンテージがいつもと違うような・・・

何とボルドーの最も偉大な年とも呼ばれる2009年!これはスクープです!!!

すぐ飲む用と熟成用の2本が購入必須なワインですね。

続いて店内中央まで慎重に進んでいくと、何やら包装紙の丁寧に包まれたモノが。

 

P3221162.JPG

 

これはあやしい・・・空けてみると!

これは余りの人気に売り切れていたナパ・ヴァレーのモンスターカベルネ!

 

P3221163.JPG

 

ウォーターストーン・カベルネ・ソーヴィニョン リザーヴ

ブラインドテイスティングであのオーパスワンに勝利したカベルネ・ソーヴィニョンの

さらにプレステージのカベルネ。いったいどこまで美味しいのでしょうか?

 

明日は私もご紹介したワインの美味しさを身をもって取材したいと思います。

更に詳しい情報を得たいという方は明日10:00オープンのたまプラーザ店までお急ぎください!

 

記者 ワタナB

春色ワインで乾杯!

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です!

もうすっかり春ですね!昨日から近くの公園で咲き始めた桜を目指す

道中に立ち寄って下さるお客様に沢山ご来店頂きました。

 

P3201153.JPG    P3201152.JPG

暖かな陽気もあってたまプラーザ「テラス」店自慢の「テラス席」でワインを楽しむお客様も♪

 

今日は春分の日スペシャルということで当店では春に美味しい

ワイン6種類をワンコイン¥500で楽しめるテイスト・オブ・ヴィノスを開催致!

人気を博したのが桜のピンクと合わせてきれいなロゼの甘口スパークリング・・・

 

P3201156.JPG   P3201154.JPG

 

エタニティ ドルチェット スパークリング

 

東オーストラリアの家族経営生産者が手掛ける優しい甘味とブドウの自然な甘い香りの

スパークリングは、飲む人をとわないお花見の人気NO1.☆

お花見の前には是非お立ち寄りくださいませ。

ワインになること間違いなし!!!

 

春と「あの」ワインを待っていました!

こんにちは!たまプラーザテラス店の渡邊です。

 明日はいよいよ春分の日ですね、暖かくなるのが早い今年はもう桜が咲き始めていますね!

先日開催したナパ・ワイン試飲会inたまプラーザテラス!

 

P3091095.JPG

 

蔵直ナパワインのウォーターストーンワイナリーからやってきた造家ニクラス・ゾーンを迎え

開催したブラインド・テイスティング。

ウォーターストーンが、最も有名なナパワイン「オーパス・ワン」に劇的勝利を納めました!

 

P3191148.JPG

 

そんな彼らのワインは白、ロゼ、グランヴァン(僅かです)まで全てが高品質。

しかし、何かが足りない・・・

そうです、ナパワイン試飲会の結果を受け、ウォーターストーンの代表格でもある

ウォーターストーン カベルネ・ソーヴィニョン ナパ・ヴァレー

がイベント当日に完売してしまい入荷待ちをしていたのです。

3/22までの特別価格もご用意しております。

次回のワインフェア前のご来店をお待ちしております!

 

風が吹くと思いだす

こんばんは、たまプラーザ店の渡邊です。

本日外出された方はご存じかと思いますが春一番の突風がすごかったですね。

 

P3181144.JPG

 

夏になると日陰をつくってくれる樹木も大きくしなっており風と共に春の訪れを感じます!

あれ?そういえばこの光景、ワイン畑でも見たような気が・・・

DSC08707.JPG

 

写真左の木が西から東に大きく傾いているのがおわかりでしょうか?

風向きとこの青い太陽で生産地が分かった方はカリフォルニア・ワインのスペシャリストです。

プロのソムリエでも名前を知らない秘境、スースン(原住民の言葉で西の風)ヴァレーは

西風の影響により果実味ときれいな酸を持つバランスよいブドウの銘栽培地。

 

DSC08710.JPG

 

強い風は厳しさだけでなく、乾燥した気候から健全なブドウをもたらしてくれます。

当店自慢の生産者の1つ レッジウッド・クリーク は厳しい基準をクリアし保全農法の

認証をもつスースンヴァレー筆頭の農家。有名ワイナリーが彼らのブドウを求め

高品質なワインが生み出されています。

彼らが販売用ぶどうを除いた僅か2割の最高のブドウで造るのが レッジウッド・クリーク

の名を冠したワイン達、飲めばわかるその上品さ。

個人的には暖かくなってきたのでキリッとしたソーヴィニョン・ブランが今一押しです。

是非お試しください。

「季節」の変わり目

こんばんは!たまプラーザ店の渡邊です。

今日は連日の暖かな天気もあってか、いつも以上にお子様連れのお客様で

いっぱいのたまプラーザテラスでした!

 

P3171139.JPG

 

本日の当店人気ワインコーナーはコクありの白!!!

早いもので私がたまプラーザのお店へ来て、もう1年になりますが

たまプラーザ店で、コクありの白ワイン部門で不動の家飲み人気のワインがあります。

本日はそちらのワインをご紹介させて頂きます。

 

P3171138.JPG

テラマター アルタム シャルドネ

 

テラマターはチリの銘醸地として名高いマイポヴァレーに1996年に新設されたワイナリーです。

イタリアの最新の醸造設備を揃えながらも、ブドウは有機栽培も取り入れた手造りで丁寧におこなうことで

伝統と新技術を兼ね備えて品質を追及しています。

アルタム=「頂点」を意味するこのキュヴェは単一畑畑から造られます。

シャルドネは白ブドウの銘醸地として知られるカサブランカ・ヴァレーから用い

フレンチオークで8カ月熟成させるフランスの高級ブルゴーニュワイン顔負けの贅沢な造り!

しかも世界TOP100バリューワイナリーにチリで唯一選出されているように

デイリーワインとしても楽しめる嬉しいワインなんです。

白ワインはサッパリしていてあまり・・・というお客様にこそ季節の変わり目に

トライして頂きたい1本です、ぜひお試し下さい。

 

 

特注ボルドーの魅力!

こんばんは!たまプラーザ店の渡邊です。

今日は土曜日、というわけで恒例のワインフェスタを開催しました。

テーマは現在当店の買い付け隊が訪れている「実力派・南仏&ボルドー」

 

P3161129.JPG

 

まずは本日語らせて頂く「ヴィノス・オリジナル・スパークリング」で サンテ!!!

スパークリングワインと言うと真っ先に思い浮かぶのがシャンパンと言う方が

多いかと思いますが本日ご用意したのはクレマン。

シャンパンと同じく1本1本の瓶の中で泡をつくっていくという非常に手間のかかる

工程をへて造られています。

現地フランスでも高級なシャンパンに変わり自宅用スパークリングとして定着しているそうです。

そんな競争激しいクレマンのなかで2年連続金賞を獲得しているのが・・・

 

P3161136.JPG

 

マルキ・ド・オー クレマン・ド・ボルドー

 

しかも、拡大してみると・・・

 

P3161137.JPG

 

当店のオリジナルラベル!

バイヤー自らが交渉まで行い納得できる味わいに仕上げてもらっています。

1年の洞窟内での熟成をへてきめ細かい泡と溢れる果実味は

シャンパンとはまた違った魅力がお楽しみいただけます!

 

そして、ボルドーと言えばたまプラーザのお客様に大きな発表が!

少量生産かつ品質の高さで知られている5蔵のボルドー生産者が来日します。

3/29(金曜日)には品川にてお披露目試飲会を開催致します。

めったにないチャンスです!

 

ご興味がある方はコチラをクリック

 

 

 

歴史が変わり、プレステージへ!

こんばんは!たまプラーザテラス店の渡邊です。

 

今日は金曜日ということもありバーカウンターが多いに賑わいました、

御来店ありがとうございました!!

 

P3151127.JPG

 

するとお客様の間で何やら話が盛り上がっており、

伺うと「渋谷つながるプロジェクト」の最終日で渋谷駅まで行かれたとの事でした。

たまプラーザ店をご利用の皆さまはもちろんご存知かと思いますが、これまでの

東横線渋谷駅とは代わり地下で副都心線に直結する切り替えの日が今日!

明日から日常生活はとっても快適になることは間違いありません。

 

ワインにも長い歴史を持ちながら今なお進化する造り手がいます!

その1つが・・・

 

ペノティエのシャトー.JPG

シャトー ド ペノティエ

 

1600年代からの歴史を持ち、なんと10代に渡りワイン造りに徹している古豪のワイン生産者。

南フランスでボルドー系品種と地場品種のブレンドを認められている稀有なテロワールを

活かし唯一無二、それでいてエレガントなワインを造り続けています。

しかし、2007年にボルドー1級のCHムートン・ロートシルトの醸造長であるパトリック・レオン氏

をコンサルタントに招き今なおグレードアップを続けています。

明日のワインフェスタではペノティエの真髄とも言えるワインをご用意して皆さまの

ご来店をおまちしております。

 

ワインフェスタは3/16(土)15:00スタート

参加費は無料 ※ご予約でテイスティンググラスでお楽しみいただけます。

ご予約はhttp://v-yamazaki.jp/event_festa/entry.html

新たな発見!

皆さんこんばんは!

今日はホワイトデイ・・・気のせいか男性のお客様が多くご来店いただいたような気がします☆

昔はクッキーが定番でしたが、

「女性へのワインをプレゼントする風習が出来てきたのかなぁ」と

カウンターで常連のお客様ともお話しましたが、少し嬉しい1日となりました。

 

さて、その常連のお客様が気付いた意外なマリアージュをご紹介いたします。

 

 

メニュ.JPG

 

現在テイスティングコーナーではワイン9種類お試しいただけますが、ページをめくると

 

 

食後酒.JPG

 

Digestif?食後種?リストが増えたのをご存知ですか?

 

海外でも食事の後に楽しむ食後種。甘口のリキュールや貴腐ワイン、蒸留酒など

最後を締めくくる1本。だからこそお気に入りの1本を購入したい!

そんなお客様からのリクエストもありスタート。

 

グラッパ.JPG

本日のお客様はワインを楽しまれた後に「マルケサート・グラッパ」を

選ばれたのですが、ワインと一緒にご注文いただいたチーズの盛り合わせの1つ

「コンテ30ヵ月熟成」と偶然合わせてみたところ!!!

 

Buono!!! (イタリア語で美味しい!!)

 

グラッパはトスカーナ・銘醸ワイン産地ボルゲリ地区のサシカイアのブドウ農園で造られるぶどうの搾りかすから

造られ、樽で18カ月熟成された贅沢な1本。

 

マリアージュ.JPG

 

干しブドウのような香りと樽の風味が、熟成30ヵ月からくる濃厚なお味噌のような

味わい、程良い塩みを包みこんでチーズが甘くもさえ感じます!

私もグラッパとチーズ・・・あまり試したことがありませんでしたが、感動のマリアージュです!!

こうやってまたひとつ偶然の出会いにマリアージュの世界広まります♪

是非皆さまも新しいマリアージュと出会いにヴィノスやまざきに足を運んでみませんか?

水野

 

 

 

春の香りを楽しみませんか?

皆さんこんにちは!

今日も澄んだ青空に小春日和の1日。

たまプラーザは緑も多く当店のお店の前の沈丁花も咲き始め

時々風にのって店内にも素敵な香りがほんのりと・・・

 

沈丁花.JPG

 

実は先日テイスティングコーナーで最近ワインを飲み始めたという

お客様から

「ワインを表現する方法が分からないけれど良い方法がないか」

 

そんなご相談を受けたのですが、ワインを始めると1度は感じる事かもしれませんね。

私も昔はなかなか表現する香りが見つからず苦戦したものです。

 

ノート2.JPGノート.JPG

 

そんなお客様にまずご提案したのがオススメのグッズ

テイスティングノート

色調や香りの表現するワードが書いてあり、その中から選んで〇をつけていくもの。

1冊終わる頃にはあんな表現があったなぁと、ソムリエ並みのコメントが出来てくるはず!

 

そして、次に隣に座られたお客様から素敵なアドバイス!

「並行して日々の生活の中で香りを意識してみるのもオススメですね。」と。

果物や野菜、花や樹木、自然のありとあらゆる香りをワインの世界も楽しくなるかもしれません。

ちなみに今日みつけた沈丁花の香り。=南フランスのヴィオニエ種を使った「プティプロ・ヴィオニエ」を連想!

そんな感じでしょうか!

最初にご質問されたお客様からも「なるほど!!改めて香りを意識したことがなかった・・・」

 

そんな話をしていた時のお客様に大人気だったワインが

 

ベルデホ.JPG

 

ジュリマー・ヴェルデホ

 

オーストラリア・パースヒルズで8人のブドウを造るスペシャリストの元気な年配の方々が

完全有機栽培を実践している生産者!

 

?ウエスタンレンジのオーナーと地元の有志たち.jpg

 

オーストラリアの厳しいオーガニックの認証団体NASAAの認証も取得!

このパースヒルズは朝晩の冷え込み、日中の日照量の多さから、寒暖の差があり、

ヨーロッパを連想させる素晴らしいワインをつくりあげています。

 

 

このジュリマー・ヴェルデホはスペインを代表する白ブドウ品種ヴェルデホ種を

オーストラリアで栽培して造っている大変珍しい1本。

新緑の若葉やハーブ、ライムの様な青々しい香り。

お客様からは

「新茶のような繊細な苦みを感じる」

 

「昔遊んだ竹林の香り」

 

本当にソムリエさん顔負けの素敵な表現も飛び交いました!

はっきり言ってビックリ!!テイスティングノートには載っていない素敵な表現☆

そして料理は・・・・と話はすすみます!

ハーブを使った料理、生春巻やパッタイなどのアジアン料理、

 

春の野菜「ふきのとう、芽キャベツ、たらの芽などの天ぷらとか合いそうね!」

 

と話はマリアージュへと話は皆さんの意見から素敵なマリアージュへと膨らみ

私自身もとても勉強になったひと時でした。

 

お1人のお客様の一言の素朴な質問から広がったカウンターでの談議。

是非、皆さんも春の香りを意識しながらワインライフ楽しんでみませんか!!

 

水野

 

 

 

 

「青」の表現

こんばんは、たまプラーザテラス店の渡邊です。

本日はラベルからワインを当てていくクイズ大会を開催します!

 

まずこの写真からご覧ください!    ヒント1

aoi.JPG

青いですね、しかし空ではありません。

これで分かったら真のヴィノスやまざきマスターです。

 

続いて拡大写真!

3中間.JPG

ここでもうお分かりになった方は超ヴィノス通、もしくは

プレミアム・ナパ・ヴァレーオークションの落札者に違いありません

キャップ109.JPG

キャップシールまで鮮やかな青で彩ったコチラのワインは・・・

ボトル.JPG

 

ウォーターストーン スタディ イン ブルー

 

先週の土曜日に来店したニクラス・ゾーンの実家でもあるウォーターストーンワイナリーが

誇るプレミアムワインです。その名前と鮮やかなボトルデザイン、そしてももちろん味わいは

ジャズ・トランペットの奏者として知られるマイルス・デイヴィスの「カインド・オブ・ブルー」に影響を受けたもの。

先日のテイスティングイベントに参加されたお客様からの

「ブルーベリーみたいな香りがする」

という鋭いテイスティングコメントに表されるように完熟して濃厚な青色をした

カシス、ブルーベリーと言った青色果実の濃厚な香りがいつまでも感じられる1本。

実はナパヴァレーの特別なオークション用に造られた秘蔵ワインでほとんど出回っていないワインなのです。

 

たまプラーザ店舗にも残すところあと僅か、ジャズを聴きながらワインはいかがでしょうか?

癒しのチアーズワイン!

こんばんは!たまプラーザ店の渡邊です。

週末は土曜日のニクラス登場ナパワイン試飲会に始まり多くの

お客様のご来店誠にありがとうございました!!

そして、まもなくに迫った3/14(ホワイトデー)。

本日は女性も大好きな、疲れを癒し応援(チアーズ)してくれるチアーズなワインをご紹介します!

それは・・・

 

P3101104.JPG

 

ウエストエンド リッチランド モスカート

 

モスカートは皆様も食用のブドウでお馴染みのマスカット。

ウエストエンド・エステートが手掛けるこのワインは、オーストラリアの満点の太陽を

一身に受け完熟したマスカットから造られています。

水色の爽やかなボトル通り、マスカットの甘い香りが立ち上がりシュワッとした微発泡が

締めてくれるゴクゴク飲んだら元気いっぱいになるワインです!

暖かくなってきた今からの時期に、ちょっとしたギフトにご自宅にご利用下さい。

 

P3101105.JPG

 

(明日のための栄養補給??ワインはモスカートに決まり!!)

衝撃のたまプラーザ・テイスティング!!!

こんばんは、渡邊です。

本日はたまプラーザ店でパリテイスティングではなく

「たまプラーザ・ナパワイン・テイスティング」を開催致しました!!

 

乾杯.JPG

パリティスティングとは1976年にアメリカ独立200周年を記念して開催された

フランスのブルゴーニュ、ボルドーのトップワインと、まだ無名だったカリフォルニアワイン達の

ブラインド(どれが何のワインか分からない)テイスティング。

フランスの名テイスターが審査員をつとめましたが、結果はカリフォルニアワインが

1位と言う結果に!!!

何度かリターンマッチが行われていますがカリフォルニアワインが全て勝利しています。

 

2本.JPG

その結果、価格が急沸したナパ・ヴァレーのワイン、その代表格と言える

「オーパス・ワン」(市場価格¥30,000前後)と、

バリューな高品質ナパワインを造ることをモットーとする我らが蔵直ナパ

「ウォーターストーン・ワイナリー」のブラインド対決を行いました。

 

ニクラスコメント.JPG

2つのワインを飲み比べる醸造家ニクラス・ゾーン、同じオークヴィル地区のブドウを

使用している2つのワインはプロでもその違いを捉えるのが難しいレベル!

 「絶対3万円の方が美味しく感じると思ったのに、全然わからない!」

というワインを良く飲みつけた常連のお客様の言葉に表されるように審査は非常に難しいものに・・・

さあ!この2本のワイン、そのどちらが審査員の支持を得るのでしょうか???

勝利の女神がほほ笑んだのは・・・・

 

勝ち.JPG

 

ウォーターストーン カベルネ・ソーヴィニョン ナパ・ヴァレー

 

「丸みがあって柔らかい」「香りがより華やか」「複雑味を感じる」

といった特徴が決め手となり、結果は大差でウォーターストーンの勝利。

そして拍手が響く中、ニクラスから嬉しいプレゼントが!

 

ニクラスサービス.JPGスタディ.JPG

 

ウォーターストーン スタディ・イン・ブルー 

 

選ばれたワイナリーしか出品出来ないプレミアム・ナパヴァレー・オークションで

数万円の価格が付き、ワイン評価誌でも93ポイントと共に

「高額カルトワインと並ぶしびれるほど美味しいワイン」というコメントをもらったモンスターワイン。

 

パリ・テイスティングならぬ「たまプラーザ・テイスティング」は大好評につき

また開催したいと考えています。それ以外のイベントも本ブログやメルマガで情報発信

して行きますので是非ご参加ください!! 

 

信州から赤揃えが再び!!!

こんばんは、たまプラーザテラス店の渡邊です。

本日の昼過ぎ、たまプラーザ店の外から「ドンッ!!!」と響く太鼓の音が

聞こえてきました!

この音は去年聞き覚えのある太鼓?!

見に行くと小さなお子様中心に多くの方々が集まっています。

IMG_1584.jpg

 

そうです、信州上田観光協会から今年も真田陣太鼓の皆さまがやってきました!!

(昨年のブログ参照)

 

IMG_7637.jpg

 

真田幸村と言えば戦国時代に活躍した有名な武将で、現代でも非常に人気があります。

お洒落でも知られており赤揃えの鎧が有名だそうです(イベント主催の方々に伺いました)

そこで、ヴィノスやまざきからもオシャレな赤を身に纏うワインをご紹介いたします!

 

P3081065.JPG

 

シャトー レゾリュー 赤ラベル

 

真田幸村ファンにとって赤と言えば真田かと思いますが、長いヴィノスワインファンの皆さまにとっては

赤と言えばやっぱりレゾリュー赤ラベル、ですよね!?

20年以上前の直輸入ワイン第1号として未だにTOPクラスの人気を誇るレゾリューは

当時はまだ無名だった南フランスのコルビエール地区のワイン。

ボルドーの高級ワインばかり輸入されていた当時、当店のバイヤーが惚れこみ

その場で買い付けてきたコチラのワインは濃さがありながら、野暮ったさがなくエレガント!!!

是非1度お味見下さい。

 

たまプラーザ店ならではのテラス席が気持ち良い季節☆

皆さんこんばんは!

今日も暖かくとっても気持ちの良い1日となりましたね。

週末までこの天気が続くようです。

 

IMG_5993.jpg

桜はまだですが梅は今週満開のようです。

 

今日みたいに良い天気だとお花見気分と外でのお酒を楽しみたくなるのは

私だけでしょうか?

 

たまプラーザ店では店内のテイスティングコーナーもありますが

外にもテーブル席があるのをご存知ですか?

 

テラス席.JPG

 

寒い時期や暑さが厳しい季節にはなかなかご利用されにくいかもしれませんが・・・

これからの季節はとっても気持ちが良いですので、普段店内のテイスティングコーナーご利用の

お客様も是非テラス席、お試しくださいね。

 

 

さて、今日はそんな外飲みにもオススメのシャンパンをご紹介いたします。

 

ミラン.JPG

 

ミラン トラディション ブラン ド ブラン ブリュット

 

シャンパーニュ地方の特級村"オジェ村"で100年間続くブドウ栽培農家。

高級シャンパン「クリュッグ(約3万円)」にもブドウを卸していた歴史を持つ蔵元なのです。

ブドウの品質はもちろん最高品質!ブドウはシャルドネ種にこだわり、

ブラン・ド・ブラン(白ブドウのみ使用したシャンパンのことを言います)ならではの

繊細でエレガントなシャンパンは現地でも高い評価を受けています!

では、特級のブドウ100%+クリュッグも使われていた最高の品質のブラン・ド・ブラン

と言えば高額シャンパンを想像しますが、このトラディションは4,280円とかなりお買い得☆

もちろん、熟成期間も24カ月熟成されていて、当店スタッフも一押しのとっても綺麗で華やかなシャンパンなのです!

 

美味しさと手頃な価格とで人気の1本☆来週9日からのテイスティングメニューにオンリスト予定です!

たまプラーザでは犬を連れたお客様も多いので、是非散歩の途中のお客様もテラス席で美味しいシャンパンで

一休み、楽しむのもオススメです!

外の気持ちの良い春風を感じながら解放感溢れるワインライフの季節スタートです☆

 

水野

 

テラス散策レポート パート2

こんばんは、たまプラーザテラス店の渡邊です。

本日はたまプラーザテラスにある素敵なお店を紹介するテラス散策レポートの第4弾!

ご紹介するのは同じゲートプラザのご近所でもある

P3061057.JPG

「ナチュラルハウス」さんです!!

野菜や加工食品まで安全安心のオーガニック食材の専門店として

30年の歴史を誇るナチュラルハウスさん。

P3061058.JPG

 

店長オススメはホワイトデーにもピッタリのフェアトレードのチョコレート!

もちろんオーガニックです、こだわりの品揃えは流石ですね!

 

ちなみに当店でも只今、有機栽培のワインをご紹介中なんです!

花柄のラベルが可愛らしい、ちょっとしたギフトにも人気なのは・・・

P3061060.JPG

 

サン・フローリー シャルドネ

南フランスのリムーの奥地でから探しだした有機栽培の生産者「サン・フローリー」

標高300Mにある畑は、地中海から拭きつける風により健全な状態を保ち、無理なく

有機栽培の完熟ぶどうを収穫することが出来ています。

ラベルにある花は「ひなげし」。咲き始めると冷害がないという言い伝えから取ったそうです。

柔らかくて自然な味わいは料理を選ばずお楽しみ頂ける1本です、是非お試しくださいませ。

今月は醸造家として!!

こんばんは!たまプラーザ店の渡邊です。

先月に開催した「家族で一緒に英会話」ワインフェスタで英会話講師としても活躍してくれた

カリフォルニアのナパヴァレーで注目されるウォーターストーンワイナリーのニクラス。

 

P18.JPG

 

今週末はプライドを掛けたプロの醸造家として「ナパワイン試飲会」に登場します」!!

 

P3051055.JPG

ナパ・ヴァレーで最も有名とも言われる「あの」ワインと、

 

P3051056.JPG

ニクラスの育ったウォーターストーンの蔵直ナパワインとのブラインド(目隠し)での直接対決です!!

審査員は参加者の皆さま!

お申込みは先着30名様までとさせていただきます、ぜひご参加ください。

ご予約はコチラから

日時:3/9(土) 15;00?16:00

参加費:¥1500(スタンディング・テイスティンググラスでご提供いたします)

ハットトリックへナイスパス!!

こんばんは、たまプラーザテラス店の渡邊です。

 

いきなりですが、「凄かったですね!感動しました!!」

 

深夜のTVにかじりついて見ていたのは私だけではないはずです。

プレミアリーグのマンチェスターUで活躍するサッカー選手の香川選手が

見事ハットトリックを決めました!

怪我も乗り越え達成した快挙に嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

(写真はイメージです)

 

しかしシュートを決めた香川選手はもちろん最高なのですがシュートに繋がるパスも大切ですよね!

本日はハットトリック(3本のゴール)にちなんで、

オーストラリアのニューサウスウェールズ州の家族経営生産者からセレクトしました・・・

 

P3041053.JPG

 

ウエストエンド・エステート 3ブリッジス シラーズ

 

大手ワイナリーが多い地区において品質を第一に家族で経営を貫くウエストエンドは

2010年ジャパンワインチャレンジでBESTオーストラリアワイナリーに選出されるほどの実力派!

3ブリッジスは樽発酵、樽熟成(なんと26ヶ月)を施した贅沢な造り。

その生産量のおよそ半分は自家用で消費してしまうという生産量の少なさです。

 

そのワインをアシストするのは、マンチェスターUがあるプレミアリーグと同じく

イギリス(イングランド)で有名な、

 

P3041052.JPG

 

スティルトン(ブルーチーズ)!

 

陶器(ポッド)にしっかりと詰められたスティルトンは栗の様な香ばしさ、甘味とコクが感じられます。

それだけで食べてもチーズ好きにはたまりませんが、コクのある3ブリッジス・シラーズと

合わせるとワインの美味しさへナイスなアシスト!!

ワイン好きで、サッカー好きな皆様の為にあるようなマリアージュを是非お試しください。

 

 

 

ほんのりスィート☆キリッとワイン!

こんばんは!たまプラーザテラス店の渡辺です。

土曜日恒例のワインフェスタのテーマは、たまプラーザ店で人気のカリフォルニアワイン!

その中でもぶどう農家(グロワ―)だからこその、ちょっと変わった品種を使った

個性あふれるワインをご紹介させて頂きました。

 

まずは英語で乾杯 「1、2、3、チアーズ!」

 

P3021032.JPG

 

その中でも本日はワインフェスタで初登場のワインをご紹介します。

少し暖かな春の陽気で、ますます美味しく頂けそうな爽やか甘口のそのワインは・・・

 

P3021047.JPG

 

レッジウッド・クリーク ワイナリー マスカット

 

カリフォルニアの有名ワイン産地ナパ・ヴァレーの隣「スースン・ヴァレー」は

サンフランシスコ湾から吹きすさぶ西風(スースン)にちなんでいる通り、

冷涼な風の影響を受けてバランスの良いエレガントなブドウが栽培されています。

マム・ナパなど有名スパークリングや白ワインで有名ワイナリーの供給元として

頼られているのがレッジウッド・クリーク。

特に高品質なぶどうから僅かに自家醸造しているのが、コチラのワイン。

爽やかな甘味はもちろん、その気候条件から酸味やほろ苦さを感じる

お食事にも合わせやすい1本です!

 

P3021044.JPG

もちろん、たまプラーザ店だけの今週末限定プライスで明日までご紹介中!

是非お早目にご来店ください!

 

 

 

 

 

春一番の風・・・畑の風・・・カリフォルニア旋風!!吹いてます♪

皆さんこんばんは!

今日は各地で春一番を観測されて午前中はたまプラーザ近隣も

春一番らしい強い風が吹きましたが、温かい空気に春を感じる今日この頃です。

明日は冷え込むそうですが、寒さ、温かさを繰り返し春を迎えるのですね☆

さて、早くも3月に突入!

とは言え、まだまだ寒さも続くようですので、今日も赤ワインをご購入されるお客様が多く御来店!

中でも、安くて美味しい!!とリピーターの方によるまとめ買いをされるお客様と話題になったのが、

 

クラウディア.JPG

クラウディア シラー

カリフォルニア・モントレーでぶどうを栽培し有名ワイナリーにもブドウを卸している

ぶどう栽培のスペシャリスト「パライソ農園」リチャードさんとヴィノスやまざきのコラボレーションで

出来たワイン。

 

リチャード&クラウディア.jpg

 

愛妻家でもある奥様のクラウディアさんの名前をつけています。

 

赤と白がありますが、白はシャルドネ、赤はシラー種を使用していますが、完熟した良質なブドウをそのままワインに

したような口当たりが柔らかく、滑らかな1本。シラーと言えばスパイシーで野性的な印象をお持ちの方も

多いかもしれませんが、このワインはどんなお食事にも合わせやすいバランスの良い1本。

だからこそ、毎日飲みたい!飽きない!=人気なのかもしれませんね。

 

パライソ畑.jpg

?常に風が吹き抜けるパライソの畑?

 

さて、このクラウディア・シラーを造るきっかけとなった現地でも入手困難になりつつある

リチャードさん渾身の1本「パライソ・シラー」が明日のフェスタで登場します!

 

パライソ.JPG

在庫も残りわずかですが、昨年訪問した渡邊店長がどうしても皆さんにご紹介したい!

と選んだワインを現地情報交え楽しく分かりやすくワイナリーや畑の様子もお伝えします。

是非、お誘い合わせの上ワインフェスタにもご参加下さい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ワインフェスタ=無料試飲イベント

ヴィノスやまざき たまプラーザ店 店内 15時スタート

(ご予約されると通常プラカップのところテイスティンググラスにて試飲していただけます)

ご予約はコチラ→☆

もしくはお電話でもOK TEL:045?905?0805

 

皆さまのご来店心よりお待ちしております!!

 

水野

 

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード