ヴィノスやまざき札幌パルコ店 スタッフダイアリー

2014年6月アーカイブ

モンラッシェ!?


皆様こんばんは

今日も終日好天に恵まれた札幌でした

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日も札幌店のバーカウンターはにぎわっております。

20140629b2.jpg

お気づきになったかたもいらっしゃいますでしょうか

フランスからきているお客様に

カウンターをご利用いただきました。

そしてこのお客様が気に入られていたコチラのワインを

今日はご紹介いたします。


20140629b3.jpg

ベルギーから移り住んだ

ウォルタージオリス氏はまだ無名だった

カーメルヴァレーの潜在性を見抜きメルローの栽培をいたしました。

このシャルドネは

モンラッシェの苗木を使用しているという一品。

バニラやナッツの香りの中に

上質な酸も秘めていて

口に入れると華やかな果実味とともに

重厚なボリューム感を感じます。

それでいながらサンとのバランスが素晴らしく

アフターも長い、うっとりとするようなお味です。

20140629b1.jpg

フランス人のお客さまも

「モンラッシェみたい。」(インフォメーションなどは一切見ずに)

と言って、おかわりされておりました。

今週いっぱいバーカウンターでお楽しみ頂けます。

どうぞご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

爽やかな香りに包まれて


皆様こんばんは

今日は毎週土曜日に開催されるフェスタが金曜日に!!

レイニャック06の先行試飲会が開催されました。

事前に予約されていた方や

当日ご来店された方も皆様に楽しんでいただきました。

2006年というまさに今飲み頃を迎えようとしている

ヴィンテージ皆様ゆっくりと堪能されておりました。

そこで今日は三種類のお飲み頂いたワインの中から

コチラのワインをご紹介いたします。

「トゥールドレイニャック白」商品詳細→こちら

20140627b2.jpg 

本日の先行試飲の主役でもありましたレイニャック

昨日のブログで取り上げた蔵元であります。

ボルドー6指に入るといわれるレイニャックの白の

オートクチュールワインです。

その爽やかな香りと余韻に皆様から

美味しいとの声を沢山頂戴いたしました。

明日もワインフェスタにてお楽しみ頂けます。

どうぞご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。





皆様こんばんは

北海道に育つピノノワールも開花し

道産ワインのブドウも開花を迎えております。

今週一週間は雨はいらないと

道産ワインの蔵元さんもおっしゃっておりました。

ワインはブドウを原材料にし

ブドウ以外の原材料は存在しない

まさに農産物です。

ブドウの出来がワインの出来に

直結致します。

そこもワインの魅力の一つですね。

そこで今日はコチラのワインをご紹介致します。



20140626b1.jpg

16世紀から続く歴史あるシャトーを

1990年に現オーナーのイヴ・ヴァテロ氏によって

シャトーの全面改装を行い再出発した蔵元。

ボルドーに流れる二つの大河の間サンルーペ村に位置し

区画によってサンテミリオンやポムロール、マルゴーなどの

ボルドーの各銘醸地と酷似した土壌を持ち

それぞれの特性を持つ土壌に合った

メルロー、カベルネが栽培されます。

ミクロクリマ(朝霧)を発生させるための

敷地内の湖作成、オクソラインシステムの導入など

旨いワインの醸造に余念のない蔵元です。

そのグレートヴィンテージ2009年のセカンドがコチラのワインです。

農産物と言われる以上天候、気候に左右されるワイン。

良くも悪くもその年の天候を反映致します。

この2009年はボルドーにとってもいい年でした。

今年の豊作を祈りつつ良年のコチラのワインを

どうぞお楽しみくださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

菊地

青空に乾杯


皆様こんばんは

晴天の日が続いております札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

毎月26日はふろの日ですが、

明日の26日は岡山県湯原町では露天風呂の日だそうです。

6.26 「ロ テン フロ」 で露天風呂の日なんですね。

納得致しました。

そこで今日は露天風呂で飲みたいこの一本をご紹介いたします。



20140625b1.jpg

イタリア最高評価誌ガンベロロッソ誌の中で最高評価に

輝いていた「アッルーガ」というワインとの出会いが

この蔵元との出会いのきっかけでした。

サルディーニャで造られるヴェルメンティーノを使った一本。

このフェニーチェは樽を使用せずタンクで発酵、

熟成を行ったフルーティーな味わいです。

高貴で繊細、香りと酸のバランスが素晴らしく。

まさに、ふろ上がりの一杯にぴったり!

むしろ、露天風呂での一杯にぴったりの

フレッシュ&シルキーな一本です。

しかしお風呂での飲酒は危険が伴います。

十分に気を付けて自己責任でお願いいたします。

(風呂での飲酒を勧めるものではありません。)

20140625b2.jpg

青空のした、

きりっと冷えたヴェルメンティーノ

最高です。

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

未確認飛行物体


皆様こんばんは

今日も晴天が続く札幌店です。

最近店頭でブログの感想などを頂戴いたします

最近のSNSでは双方向で意思疎通が可能となっておりますが

ブログの一方通行な感じが少しさびしく思っておりましたが

ご感想を頂戴しより一層楽しいブログを書こうと

やる気が満ちてまいります。

いつもご覧のお客様、有難うございます。

店頭でのご感想お待ちしております。

ところで今日はUFO記念日です。

1947年にアメリカの実業家が自家用機でフライト中

「空飛ぶ円盤」目撃これを米空軍がUFOと命名したのが始まりだそうです。

UFOとワイン

繋がらないですね・・・

しかしイタリアのワインで有名なキアンティ地方で15世紀初めに

UFOが目撃されていたという話があります。

15世紀初めに書かれた絵画にその様子が描かれているとの事。

20140623b4.jpg

興味がわきます。

しかし今日はそちらではなくワインの方で

当店で人気のコチラのキアンティをご紹介いたします。



20140624b3.jpg


1388年からトスカーナ州の銘醸地キアンティに続く家族経営の蔵元。

大量生産が主流のキアンティ地区では珍しい

自社ブドウを使用した最高のワインを作ろうと夫婦

二人三脚で素晴らしいキアンティを届けてくれる蔵元です。

ナチュラルな果実味が特徴のワインは

造り手のぬくもりを感じます。

そして、この「グラディオシリーズ」

美味しくてバリューなワインが欲しい!!とリクエストし

当店のお客さまだけに仕込んでいただいております。

更に美味しくて濃縮したキアンティをとお願いしたところ

何度も交渉の末念願かなって造って頂いたのが

このキアンティクラシコです。

皆様どうぞご賞味くださいませ。

初夏の夜空を眺めながらUFOへの期待感と共に楽しみください。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。







初夏のワインどれにしようか


晴天の 初夏の 日和に誘われて

水辺に集う かもかも家族

皆様こんばんは

今日も昨日に引き続き晴天に恵まれた札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

中島公園の鴨の家族も優雅に泳いでおりました。

20140623b1.jpg

札幌の清々しい初夏がやってまいりました!

初夏にぴったりのワイン沢山ご用意いたしております

その中から今日はコチラのワインをご紹介致します。


20140623b3.jpg

カリフォルニア州モントレーにあるカーメル・ヴァレーは

隠れた小規模ワイナリーが点在する秘境の地。

カリフォルニアワインの人気がナパに集中し

価格がどんどん沸騰するナパワイン。

このカーメルヴァレーでかたくなに素晴らしいワインを

生産している造り手を発見いたしました。

1981年にスタートしたジオリスワイナリーです。

28エーカーの畑を標高500mの高台に所有し、

シャトーペトリュスから受け継いだ苗木も所有。

このソーヴィニヨンブランも樹齢の若ブドウを使っているとは思えない

パワフルな果実味と心地よい余韻が最奥の一本です。

20140623b2.jpg

初夏の日差しの下

きりっと冷やしたソーヴィニヨンブラン

最高です。

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

今年の夏はヴィノス


皆様こんばんは

抜けるような青空が

私を旅に誘います

週末の好天にお出かけされた方も

多かったのではないでしょうか。

今週末は外でのパーティーなどでご利用の

ワインとグッツの購入が多くございました。

そこで今日はこちらのワインをご紹介いたします。


20140622b1.jpg

スペインのペネデス地方で有名なのが、

シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式で造られた「カバ」

バリューさで定評のあるカバですが、

ほとんどが大手メーカー3社でカバ全体の90パーセントを占めております。

そのほかの生産者は小規模なためおのずと値段も上がってしましがちですが

当店バイヤーがスペイン中を探し回り最高にバリューの

美味しいカバの生産者を発見いたしました。

1975年からカバの生産を始め現在40ヘクタールの畑を所有

標高220mの高台でカバ用の自社ブドウを栽培しています。

このロザートはモンマルサルのデイリーカバのロゼスタイル

これからのアウトドアでのパーティーにぴったりの一本です。

是非お試しくださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

菊地




フェスタ日和


皆様こんばんは

久しぶりの好天でお出かけされた方も

多かったのでは無いでしょうか。

今日はスペシャルフェスタ第3週目という事で

沢山のお客様にお集まりいただきました。

20140621f1.jpg


しかし、20名には届かずサッシカイアを

開けることはできませんでした。

4週連続スペシャルフェスタ第4週の来週は

是非より多くのお客様にお申込みいただき

スペシャルワインを開けたいと思っております。

そして本日好評だったコチラのワインをご紹介いたします。



20140621b1.jpg

サシカイア、オルネリアなど世界に評価されるスーパーワインを

産み出しているトスカーナ州「ボルゲリ地区」

地中海を望む高台に位置します。

このテレッ・デル・マルケサートはこれらのスーパーワインに負けない

高品質なワインを数分の一価格で作り出す有望な生産者です。

サッシカイアで有名な「サン・グリードブドウ園」の一区画を譲り受け

現オーナーのマウリッツィオ氏はアンティノリ家で10年活躍した醸造家でもあります。

「秀逸なワインは秀逸なブドウから」をモットーに

畑を良く耕し除草剤などは一切使用してません。

最新醸造技術にも惜しまず投資を行い

オクソラインシステムをも導入しております。

現地のワインショップでは

「最も安くて旨いボルゲリワイン」として紹介されております。

そのマルケサートとヴィノスやまざきのコラボで生まれたのが

「ストラディス ロッソ」です。

マルケサートのトップブランド「タラブーソ」と「マルケザーレ」を

特別に樽から引き抜きブレンドしたのがコチラのワインです。

今日のフェスタでも

「香りがすごい!!。」

「美味しいですこのワインがこの価格なんて。」

などなどたくさんの驚きの声を頂戴致しました。

明日以降もバーカウンターにてお楽しみ頂けます。

是非ご利用くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心からお待ちしております。

菊地




こだわりの泡


皆さん、こんばんは! 丹です。




本日は好天もあり店内バーカウンターは試飲のお客様で
大賑わいでした。



061?bjh.jpg


当店では週末には大勢でボトルお持込というスタイルが人気!






なかでも飲み応えのあるスパークリングは?

というお声に最近リピーター続出の泡がございます。




0619ふひ.jpg




先日来日を果たした蔵元「モンマルサル」より長期熟成のスパークリングの登場です。


大手ワイン会社が市場シェアをほぼ独占するなか、スペインでは珍しい小規模の
手造り農家さんです。

当社と出会ってから数年、「どうしてもヴィノスやまざきにうちのカバを扱って欲しい!」

という熱い思いを胸にバックパック一つで訪ねてきた青年が下の写真に映っている

ジャウメ氏。


ソソグ.jpg


昨年、バイヤー陣が現地を訪れた際に交渉を重ね、
ついに買付に成功した最高のカバです。


造り手の情熱に当社バイヤーも心を打たれ始まった買付裏エピソード、
今では当店きってのカバ生産者にも仲間入りしたモンマルサル。


是非一度お試しください。




お待たせいたしました


 皆様こんばんは

雨がちだった天気も少し落ち着き

晴れ間も垣間見えた札幌でございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

蝦夷梅雨も一休みと言ったところでしょうか。

営業時間が変わりましてバーカウンターのラストオーダーも

少し遅くなりました。

よりゆっくりとワインを楽しむ時間ができました。

20140618b2.jpg      

皆様の利用お待ちしております。
  
今日は昨日バーカウンターご好評いただいたコチラの

ワインをご紹介いたします。


20140618b1.jpg

テ・マニアは12ワイナリーのみの南島「ネルソン地区」で

オーナーのジョン・ハリー氏により1900年にスタートした家族経営の蔵元です。

海洋性気候に恵まれたこのこの地は昼夜の温度差が激しく、

ブドウに素晴らしい影響を与えます。

土壌は粘土質で形成され品質は銘醸地ポマールと同等とさえ言われます。

2001年の「ブラガード・ワインショー」ではトロフィーを獲得!

純粋な果実味と品種特性を引き出すため

樽の使用はあえて抑え明けてすぐに楽しめるスタイルに。

しかし、味わいは複雑で口当たりはソフトで

シルキーなタンニンと長い余韻を感じます。

梅やダークチェリー、プラムブラックベリーとスパイスの香りが

最高の調和を生み出した完成度の高い一本。

今週のバーメニューにもございます、

どうぞご賞味くださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。

セミナー開催!

皆さん、こんばんは! 丹です。



今夜は月に一度のワインセミナーを開催!

総勢15名もの参加者が札幌店店内に大集合!

今回のテーマ「カリフォルニアワイン」を心行くまでご堪能いただきました。



まずは恒例の現地の言語で乾杯スタート、

1、2、3 Cheers!!




0617cheers.jpg





大半の方が今回初参加という事で、
普段口にすることのない赤ワインをはじめ、テイスティング作法まで
熱心に取り組んで頂きました。


写真 2.JPG



スペシャルワインの登場時には歓声沸きました。


そして、
参加者の皆様からは


「初めてカリフォルニアワインを飲みました!」
「色々な品種、造り手によって味が違って面白い!」
「改めて比較して飲むと、見方が変わりますね」


などなど
カリフォルニアワインの魅力を最後までご堪能いただきました。


札幌店では毎回人気のテーマを設け、楽しく分かりやすいを
モットーにセミナーを開催しています。

来月はちなみに毎年早期満席となっております、

「シャンパン・スパークリング編」 です。


是非多くのお申し込みお待ちしております。



札幌店 丹

初夏の香り

  
皆様こんばんは

湿った日々が続く札幌ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は札幌祭り最終日でございます。

雨の中、初夏の札幌の風物詩を見に行った方も多いかと思います。

生憎の天気ではありましたが、

沢山の人でにぎわっておりました。

これが終わると夏がすぐそこですが気温は今ひとつです。

夏が待ち遠しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は初夏におすすめのチーズと合わせたワインをご紹介いたします。

「パヴェダフィノア」

20140616b2.jpg


ローヌ地方で造られる柔らかく滑らかな口当たりのチーズです。

パヴェ(石畳)の名の通り長方形のチーズですが、

熟成が進んでくると中がトロトロになります。

半分に切ってスプーンですくって食べても美味しいです。

そしてこの超クリーミーなチーズと会うのがコチラのワイン。


20140616b1.jpg

「神の声」との呼び名も高い世界的テノール歌手

アンドレア・ボチェッリ氏の祖父アルチーデ・ボチェッリ氏が

1881年に創設して以来130年にわたって伝統的な

イタリアワインを作っているトスカーナの小さな蔵元ボチェッリ。

アンドレア氏が歌手として名声を上げる前から

素晴らしい蔵元として知られておりました。

アンドレア氏にとっても、家族のつくワインは彼の歌声の

重要な要素で、歌と同じくらいにワインを愛しているそうです。

このプロセッコは、そのボチェッリがプロセッコのパイオニア的存在の

トレヴィジオルと作りだした人気の辛口スパークリング。

辛口ながら、フルーティーな香りと華やかな花の香りがいっぱいに広がります。

クリーミーなチーズとスパークリングまさに最高のマリアージュです。

今週のバーメニューに絶賛掲載中です。

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。



不動の人気のわけ

皆さん、こんばんは! 丹です。


連日の雨ですがいかがお過ごしでしょうか。
本日も遥々遠方よりお越しの方をはじめ雨宿り感覚で
当店バーカウンターは賑わいを見せました。


0615ブログ.jpg


なかでも、皆さん口をそろえて 「旨い!」 と
大好評のヴィノス定番赤ワインを今夜はご紹介したいと思います。




メリタージュ.jpg





近年名産地から数々の有名ワインを生み出す
合衆国最大のワイン産地カリフォルニアの赤ワイン。


中でも「ナパ ヴァレー」という産地になると
ワインのお値段もグッと上がってしまいます。

そんななか、長年当社で愛されている造り手「ストーンヘッジ」さんと
一緒に作り上げた、念願のオリジナルワインです。


IMG_0998.JPG


通常のナパのブドウ畑よりも更に標高が高く、最高の土壌と
気候条件を兼ね備えた畑「ステージコーチ」







DSCN1878.JPG



昔、幌馬車で開墾した土地ということからそう名付けられたそうです。

造り手のシャヒーン氏曰く、


DSC06786[1].jpg


「カリフォルニア中の生産者がこぞって欲しがる最高の畑」 


「そんな最高の畑で造ったワインをリーズナブルな価格で一般消費者に届けたい!」



造り手とヴィノスやまざきの思いが一致したまさに夢のようなワインなのです。
毎回アッサンブラージュ(調合)の時には現地を訪問し「コレだ!」 と納得のゆくまで
試行錯誤を重ね瓶詰されるワインは今ではリリース以来、人気NO1赤ワイン。


まだの方も久しぶりに飲みなおしてみたい方も是非お試しください。
只今バーカウンターでも試飲中です!





祭り始まる!


皆さん、こんばんは! 丹です。


週末ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。


ついに北海道神宮祭も本番です。
辛うじて晴れた36号線を大移動!



0614BKLOあ.jpg

※当店の目の前36





そして終末恒例イベントには計15名ものお客様にお越し頂きした。

イタリア産スパークリングとともに、ラテンノリで「サルーテ!!(乾杯!)」



フェスタ0614.jpg


蒸し暑い蝦夷梅雨も吹き飛ばす、"フレッシュ&フルーティー"
スパークリングは皆様からも「美味しい♪」が連発!



スパークリングと北海道・・・・


実は今小樽や札幌のワイナリーをはじめ良質スパークリングの産出
著しいエリア。なかには日本初「瓶内2次発酵」によるスパークリング
の造り手さんもいたり非常に盛んになりつつある分野なのです。



bocelli.jpg



イタリアでスパークリングといえば「プロセッコ」とも言われるほどの認知度を誇ります。

さらにワインの盛んなそのトスカーナ州で130年位に渡り家族経営でワイナリーを営むのが「ボチェッリ一家」

※右がテノール歌手「アンドレア氏」、 左が弟の「アルベルト氏」 


pirose.jpg





「風味豊かで飲みやすい!」
「彼の音楽を聴きながら飲みます!」
「今後BBQで開けます」

などなどお友達やご家族で仲良く楽しめる1本です。


是非一度お試しください。只今。バーカウンター#1でテイスティングも開催中です!



チーズ入りました!

皆さん、こんばんは!  丹です。



ワールドカップ開幕までもうまもなく、徐々にサッカー熱が高まってきます。



一方こちら札幌では年に1度の「神宮例祭」が14日からスタート!
とりあえず・・・早くこの長雨には止んで欲しいものです。



wain soccwe.jpg

※イメージ画像です




さて、今夜はTV観戦には欠かせない!チーズ&ワインのご提案をしたいと思います。








cheese in thwe orner.jpg




最近更にボリュームアップしております当店チーズコーナー!


お客様からは

「去年からすっかりチーズだらけ・・・店長の趣味ですか?笑」 

と実はワインにも劣らぬパッションがチーズにもあるのです。






「ひと癖乗り越えると美味しい!」 

と通の皆さんから支持率の高いチーズををご紹介したいと思います!



kuro.jpg


クロタン     ¥780+税




なんとも可愛らしいネーミングのこちらのチーズは山羊乳から造られる
シェーブル部門では人気NO1!



そのままでも良し、軽く焼いてよしの意外と万能なチーズです。
ドライな白ワインとの相性は抜群ということで・・・





スペインより、



bioanco bar.jpg





そうです、先日スペインフィーバーを巻き起こした来日蔵よりピックアップ!


ルエダという秘境地で造る、フレッシュ&フルーティーの辛口白ワイン。



とにかく夏にぴったりな柑橘系の果実味に、冷やしたときの清涼感が
たまりません!
チーズのみならず、シーフードやフルーツピザなどにも美味しいです。


どうぞお試しください。




入梅


皆様こんばんは

先週の好天からうってかわっての雨模様

降りやまぬ雨、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は入梅と言って梅雨に入る雑節の一つです。

よく本州の方からは

「北海道はつゆがなくていいねぇ」と言われることがありますが

北海道にも梅雨はあります。

蝦夷梅雨と呼ばれるこの時期特有の雨がちな空模様です。

本州の梅雨に比べると湿度も高くなく

蒸し暑くはないものの

すっきりとしない天気が続くのは嫌なものです。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。


20140611b1.jpg


ヴィノスにジオリスあり。

札幌店にもジオリスファンは多くいらっしゃいます。

ベルギーから移り住んだウォルター・ジオリス氏は

まだ無名だったカーメル・ヴァレーの潜在性を見抜きメルローを栽培。

あの、世界を代表する「シャトー・ペトリュス」から受け継いだクローンを使用し

誰もが感嘆の声を上げてしまう程のワインを生み出しています。

このプティヴィーニュは、 樹齢の若いブドウを使っているものの

カーメルヴァレーの気候を見事に反映した出来です。

ソーヴィニヨンブランの青々としたハーブの香りはそのままに

柑橘系の香りの中にピーチのニュアンスも感じることのできる。

爽やかさと旨みのバランスが取れた最高の一本です。

本日お越しのお客さまからも

「ジオリス大好き!!美味しぃ!!!これっていつ入荷したの!!」と

感動のお言葉を頂戴いたしました。


20140611b2.jpg

きりっと冷やしたジオリス・プティヴィーニュは

今の季節にもピッタリのワインです。

今週金曜日までのバーメニューに絶賛掲載中です。

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。







週末恒例の・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。




いかがお過ごしでしょうか。

土曜日恒例イベントの無料試飲会フェスタは本日も大変盛り上がりました。

あいにくの曇り天気にもかかわらず、終日約20名の皆様がご参加、
熱心な皆様につい説明にも熱がはいります・・・!


0607ふぇすたb.jpg


3種類のワインが500円にてお楽しみ頂ける企画はヴィノスやまざき土曜日の
名物イベントです。


お客様同士でテイスティングの感想を述べ合ったり、
スタッフによる分かりやすいプレゼンでよりワインを身近に感じて頂く為の
カジュアルな試飲会。



札幌店では15時と17時スタートの2回制にて約30分間
の会となっております。

さらに今月は毎週テーマ別にあらゆるワインがめじろ押しです!

どうぞお一人様からお友達をお誘いで、週末はヴィノスやまざきへ
お越しください。明日日曜日も引き続き行います!


また
昨日のブログでご紹介の福袋&新着チーズも大好評発売中!

残り僅かです!どうぞお気軽にお越しくださいませ。


札幌店限定のフェア始まる!


皆さん、こんばんは! 



"いよーーー そーらん♪そーらん♪ ハイッハイッ!!"



0606あ.jpg


これを聞くと夏の訪れを身をもって感じます丹です。
ついに今年も始まりましたねよさこいソーラン!


すすきのの駅前通りでは元気な掛け声とともに、大音量のミュージックが響き渡ります。

本日から町中もよさこい熱にのり更に盛り上がるのでしょう。



さぁ

明日明後日とお出かけの皆様! この6月で5周年を迎えました札幌店も今非常に熱いです!







とくに本日から週明け月曜日までの4日間は、

限定福袋がリリースです!

3お84つgf0.jpg


3,000円、5,000円、10,000円とそれぞれ4本ずつ入った
一年で最もお得な詰め合わせです!


しかも本日早速おまとめ買い続出の1万円福袋に関しては、
1本1万円相当の赤ワインまで・・・・


合計で80セット限定の福袋・・・本日から9日(月)まで、
早い者勝ちにて終了です。 どうぞお早目に!!





そして、


ワインだけではありません、去年よりラインナップを増やし

以来圧倒的支持率を誇る蔵直チーズ!!



今回は札幌店だけの限定でこの3種が登場です!


その1

ラクレット

0606b.jpg

¥1,580+税


お待たせいたしましたラクレットファンの皆様!


もはや説明不要のアルプスの少女ハイジのチーズ"ラクレット"

焼いて更に美味しい、北海道ではじゃがいもという最高のパートナーも
加わり、トロトロのラクレットはワインのみならずビールにも相性抜群です!


ちなみに
この入荷時期を逃してしまうと・・・次は未定でございます



さらに!

0606c.jpg

このように、
便利なスライスタイプなのでピクニックなど外呑みにはも◎です!




限定、
その2、その3!


北海道産(紋別)の

月のチーズ

0606d.jpg


以前店頭でも扱っていました、フロマージュブランというチーズはご存じですか?それに似たまさに贅沢なヨーグルトといった
フレッシュクリームチーズです!


左:プレーン      右:ハスカップ&ハニー    各800円+税


すっきり白、フルーティーなワイン全般、軽やかな赤にもクラッカーで
すくって食べて頂ければデザート感覚で本当に美味しい1品です。

明日は札幌店で終日試食もやっております。
ご興味頂けましたら、どうぞお気軽にお越しください!




涼しい夜には



皆様こんばんは

今日も初夏の陽気とまぶしい日差しの札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

日中は30度を超える夏日が続いておりますが、

夜になると肌寒くなるのも札幌らしさであります。

晩酌にはゆったりとまろやかな赤が良い季節かもしれません。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。

「クルルカベルネソーヴィニヨン」商品詳細⇒こちら

20140605b2.jpg

サンフランシスコから内陸に300km入ったところにある

サッタ―・ビュート山脈。

そのふもとでひっそりとジンファンデルのブドウを育てる

ラロッカさんの畑が有ります。

ブドウの栽培地としては無名のこの土地で

「土壌から健康にすることで最高のブドウを作ることが良いワインを生む秘訣」と

語るラロッカさん。

クルルーは健全な畑と乾燥した気候により農薬に頼る必要がない

有機栽培にはもってこいの地で全て手積みで

ブドウを潰さないよう一度の収穫量を少量にして行っております。

このカベルネソーヴィニヨンは当店テイスティングバーにオンリストされた際も

大人気で今でもリピート買いがあるほどです。

皆様も是非ご賞味くださいませ。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。



畑の守り神


皆様こんばんは

真夏のような暑さの続く札幌ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年はエルニーニョの影響で

夏本番は冷夏が予想されております

今のうちに夏をエンジョイするのもいいかもしれません。

さて今日6月4日の誕生花はばらです。

バラというとワイン造りに関することでは

ブドウの樹の守り神的な存在でもあります。

有機栽培の生産者のブドウの周りには

バラが植えられていルところが多くあります。

バラはブドウよりも病害虫に敏感なため

バラに異常が出たらすぐに手を打てば

ブドウの被害が最小限に抑えられるというわけです。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。


20140604b1.jpg

1842年より続く伝統あるネゴシアンが

ブルゴーニュの南「メルキュレイ村」拠点として

高品質なワインを作っているのがこのメゾン・トラミエ。

今ではすっかり高騰してしまったブルゴーニュのワインですが。

昔からのネットワークを活かしてコストパフォーマンスの

高いワインを提供し続けております。

このロンシエールは昔ながらのブレンドワインで

ワイン法に縛られることのなく

その年の美味しいブドウを選りすぐってワインにすることで

低価格ながら旨みをちゃんと感じるワインになっております。

また当店のバイヤーが蔵元訪れた際にも

蔵から秘蔵の1982年ものをテイスティングした際には

見事に熟成をしていました。

低価格ながら熟成も可能なロンシエール。

20140604b2.jpg

そしてこの蔵元の畑にもバラが植えられています。

守り神に守られた奇跡のコスパワインを

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

スペインワインパーティー開催!

皆さん、こんにちは! 丹です。



さて本日は待ちにまったスペイン生産者来日記念パーティ!

しかも札幌店にとってはちょうど5周年という節目の記念感謝のイベントとあり

総勢50名の皆様に陽気なスペイン人の造り手3人によるディナー会は大いに盛り上がりました。


p3.jpg

乾杯はスペイン語にて

1、2、3サルー!(乾杯)





p1.jpg

生産者の熱心なプレゼンは続き・・お飲みのワインに皆さんも思わず「Rico」(美味しい!)






p5.jpg


スペインワイン好きのお客様から、蔵の祭典で以前ジャウメ氏(上の写真の造り手)に出会い
今回の来日に合わせ参加された方や、なかには東京からはるばるお越しの方まで
改めまして、本当にありがとうございました。




会も終焉に近づたその時・・・



p2.jpg

バルバスのインマさんとオンブレ2人による、即席ダンスパフォーマンスを開催!
皆様も手拍子でスペイン流おもてなしに最後まで笑いの絶えない会となりました。






ヴィノスやまざきでは生産者とお客様の懸け橋となれるよう、
造り手さんを招き年に数回交流イベントを開催させて頂いております。



p4.jpg

生産者のみならず、同じテーブルのお隣さん同時もワインを通じて
お知り合いになられたり、会をきっかけにワインを好きになって頂いたりと
「興味をあるけれどなかなかパーティまでは・・・」という方まで気軽に
楽しめる会を催しております。



おかげ様で5周年を迎えさせて頂きましたが、

今後ともより多くの皆様にワインを身近に感じて頂けるよう楽しいイベントを開催してまいります。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。




クラシックで熟成!?



皆様こんばんは

初夏を思わせる気温と陽気が続く札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

店頭でもすっきりとした白やスパークリングを

お求めになられる方が増えてまいりました。

山や川、海のキャンプの季節になってまいりました。

今週末お出かけになられた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。


20140601b1.jpg

元クラシック作曲家がプロデュースする少量生産の手作りカバ!

生産量の90パーセントを大手3社で締めるといわれるカバ

バイヤーがスペイン中を駆け回り自社栽培のブドウを使った

旨みたっぷりのカバを発見いたしました。

高級品種シャルドネもつかい旨みたっぷりでエレガント

飲みごたえあるカバに仕上がっています。

更にはクラシック音楽を聴いて熟成!

まさにカバ界のエリートと言っても過言ではないワインです。

これからの季節のマストアイテム間違いなしです。

どうぞご賞味くださいませ。

皆様のご来店こころよりお待ちしております。


ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード