ヴィノスやまざき札幌パルコ店 スタッフダイアリー

2014年3月アーカイブ

待望の・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。



本日は最後尽くしの一日でしたね。 お昼の長寿番組が終わり、消費税も本日で5%最終日と
慌ただしい一日だったのではないでしょうか。



札幌店では本日もバーカウンターでは
TOVはじめ多くのテイスターの皆様で盛り上がりました。




なかでも女性のお客様もご満悦の1本がコチラ!


アンサンブル.jpg






そうです、ついに入荷した当社オリジナルの共同開発赤ワイン。

しかも産地はカリフォルニアの名産地ナパヴァレーです!



assannburaju.jpg


買付隊長の種本が日本のお客様もお好みやお声をもとに
醸造家のフィリップ氏とアッサンブラージュ(調合)して作り上げました。




「香りが豊か、味も果実味たっぷりで美味しい!」

「ナパのカベルネでこの値段は手頃!」

「程よい渋み、お肉に合いそうだわ。」


などなど入荷早々に人気です!


只今札幌店バーカウンターではテイスティングも行っております。
お気軽にご利用ください!




この時期がやってきました!

皆さん、こんばんは! 丹です。



本日はあいにくの雨天ということでなかなか出歩けなかった
一日ではないしょうか。


それでも札幌店には、只今会員様募集中の「蔵直 ワインクラブ」 

のお引き取りに皆様お越し頂きました。





改めまして、



ワインクラブとは・・・?





今から10年以上も前に買い付け隊長である種本が静岡の本店で
お客さまから頂いたこの一言からはじまりました。





「値ごろな価格でおすすめワインを見繕ってくれませんか?」





現在、お店の定番ワインには約500種類ものワインがお店には並びますが、
その1本1本にストーリーがあり、蔵元のこだわりが詰まっています。



バイヤーが海外へ買い付け赴く度に発掘する秘蔵ワインの数々。


DSC09512[1].jpg


中にはバイヤーも手放したくないほどのいわゆる"家族ワイン"までも
口説き落としてきます。







数が僅かだけにそんなまだお店の定番としてもご用意できない、
まさに限定ワインをクラブ会員様用に毎月ご案内させて頂いております。



siinkai ebio.jpg



毎年、クラブ会員様のワイン買付、そして最終的に社内試飲会にて
決定し数十種類までおとしこまれる美味しいワイン達。




今最も"旬"なワイン達がお買い得価格で毎月お楽しみ頂けるのです。





私も入社以来ずっと入っております、「こだわり赤ワインコース」 などは、
値段以上の個性的かつ濃旨な赤ワインが来年度も勢揃いです!



DSC09683[1].jpg

カリフォルニア買付2011年   ※当時体重15キロ減w



是非皆様もクラブにご参加ください!
Let's Join, Vinos Yamazaki wine club!!



送別シーズンに・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。



「送別会に記念のシャンパンを飲みに来ました!」 と嬉しいバーご来店のお客様も
お越しになりました。

kikoku sama.jpg


当店ではワインの販売はもちろんのこと、バーカウンターにてお好きなワインをお選び後、
"皆さんご一緒に乾杯♪"という流れも人気です。



そして!


なんと明日からの3日間は店内でお得な飲み比べが開催されます。





★TOV=テイスト・オブ・ヴィノス★

3月29日から31日の3日間連続で開催致します!
日時:29日(土)&30日(日) 15:00&17:00 1日2回開催
   31日(月)19:00
会費:500円
ご予約者様特典はこちらへお申込みください!
http://www.v-yamazaki.co.jp/event/tasting_event/entry.html

カリフォルニアの高級赤ワインがなんとご予約者には注がれます。
是非ご興味のある方はお見逃しなく!!



潜入ダイアリー★Part4★‐噂のビストロ編

皆さん、こんばんは! 丹です。




さて、約4か月振りの更新となりますソムリエ潜入シリーズ。
美味しい料理にヴィノスやまざきのワインがリーズナブルな価格で楽しめる"粋なお店"
ご紹介していく本シリーズも今回で4回目となります。




「どうしても貴店にヴィノスのワインをご紹介したい!」



出会いは今年1月でした。
知人の紹介で出会った1店のカジュアルフレンチ。


そんなとある素敵なお店についに先週から当店グラスワインがオンリストされました。
今まで温めていたオススメ情報を今夜は一挙ご紹介したいと思います。



昨年12月にOPENしたばかりのお洒落フレンチ





b11.jpg



すすきの中心街の通りを西に歩いていると見えます、
西鶴さんの2F(またはガールズバー1stPlacxe2F)




b5.jpg

店長でありシェフの後藤さん(右)は長年ミクニやアペリティプ、エスパーニャといった札幌の人気店で活躍された知る人ぞ知る凄腕有名シェフ。
そんな彼が自ら立ち上げた新店が「ビストロ ボナペティ」さんです。




カウンターには今は、厚岸産のカキ(¥350)からシーズナブルな食材を使ったメニューから
おまかせであらるゆものを作ってくれます。

しかも料金は手頃価格なものばかり!
最高なワインのお供がそろっている本当に幸せな空間です。



b6.jpg




b3.jpg

本日のキッシュ¥500





そしてOPENから早くもすでに3つ目?!に突入のハモンイベリコベジョータ(¥1500)



ご覧ください!


b8.jpg


1枚1枚を部位に応じてムラなく、小さ目にカッティングする技術は
日本でも数少ないシェフこだわりの出し方です。




b1.jpg

※結構分厚いです。




そして、そして
最後は今最もボナペティ流行りのメニューではないでしょうか。
カキのシューター(カキ×2、うに、いくらetc)これでもかという贅沢過ぎる1品です。


b2.jpg



「旬な美味しい素材を使って独自のカジュアルフレンチが楽しめる」 とすでに開店以来ファンが急増中




そんなボナペティさんでは只今ヴィノスやまざき白ワインがテイスティング、またはグラスで
ワンコインからお楽しみいただけます!



b4.jpg


左:セヴィーチェ・ソーヴィニョンブラン
右:ストーンヘッジ・シャルドネ


そのほかにも来月には赤ワインも登場予定です。


本日ご紹介の品は一部でございます。そして、笑顔が絶えない後藤シェフをはじめ週末にはもう一人気さくな
スタッフさんもご常勤。


お近くを通りの再是非一度遊びに訪れてみてください。
(私丹も仕事帰りにひょっこり現れますw)




今日はおふろの日ですよ

皆様こんばんは


今日も春を感じるポカポカ陽気でしたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?


今日は毎月恒例のふろの日でございます。

昼間は暖かくなってまいりましたが夜は冷え込みます。

春を感じる桜風呂などを試してみてはいかがでしょうか。


北海道はまだ桜は咲いておりませんが

咲くころには入浴剤を自作してみてもいいかもしれません。

桜には、疲労回復、消炎作用、安眠快眠作用など

沢山の効能があります。

今日は市販のもので我慢するしかなさそうですが

桜色のお風呂に入った後には、

このロゼワインをお飲みになってはいかがでしょうか。


20140326m1.jpg

1972年からスタートした、

ナパとソノマの間のロス・カーネロスという産地にある小さなワイナリー。

オーナーのフランシス・マホニー氏はブルゴーニュにて醸造を務めた後

カリフォルニアに渡り12年間ピノ・ノワール種の研究を行っていた

まさにピノを知り尽くした人です。

そのマホニー氏と銘醸造家ケン・フォスター氏により更に評価が高まりました。

20140326m2.jpg

フルールはマホニーが造るセカンドラベルで、

カーネロスのピノの特徴を十分に引き出しながらも

リーズナブルな価格を実現するために生まれたワインです。

明るくフレッシュでチャーミングなピノの味わいと

フローラルなアロマが際立ちます。

ストロベリーやハーバルな味わいが豊かな爽やかロゼです。

お風呂上りに冷やし気味で飲むもよし、

一息ついてチーズやクラッカーと飲むもよし。

温度によっていろいろな表情が楽しめるロゼです。

是非ご賞味くださいませ。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。

春風に誘われて

皆様こんばんは


暖かい日が続いております札幌ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

市内のあちこちの砂箱から

滑り止めの砂が回収される光景を見ると、

ようやく春がやってきたと実感します。

気温が上がってくると少しきりっとした

白が飲みなたくなってまいります。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。



20140325sr.jpg


フランスの南西地方ボルドーのジロンド河右岸の

プルミエ・コート・ド・ブライにあるこの蔵は、

ボルドーのコートと名のつく地域のベストバリューワインコンテストで

450の蔵元の中から第2位に選ばれた実力の持ち主です。

またほかのコンクールでも5年連続を含む7度の

金賞に輝くとてつもない金賞ハンターでもあります。

20140325r1.jpg

ブドウ畑の作業にもこだわり、

自分の納得する品質のブドウを造るために

一般の二倍手のかかる特殊な選定方法を取り入れています。

ソーヴィニヨンブラン主体に造られているこのワインは

フレッシュでフルーティーな香りを持ち、

果実の酸と甘みが舌に心地よく、すっきりとした味わいです。


今週のバーメニューにも好評掲載中でございます。

どうぞお楽しみくださいませ。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。

春よー遠き春よー


皆さん、こんばんは! 丹です。



大雪から一転、日中はぽかぽか暖かい一日でしたね。



大通 0324.jpg

夕暮れ時の大通公園・・・
ついベンチに腰掛けたくなってしまいます・・・がまだその時期は早そうですね。




さて、本日もとっておきのおすすめワインをご紹介したいと思います。

お客様から 「コレ、凄く良い!」 と口コミでお買い上げの方もいらっしゃる白ワイン。



0324さ.jpg




当店では根強い人気を誇る南仏の蔵元「ベビアン」が自家消費用に造るワイン。
なんと限定数のみ譲って頂きました。

通常は5千円前後の赤、白を手掛けるベビアンですが、
そのファーストキュヴェにも劣らぬ素晴らしい出来にコストパフォーマンスが評価され、
先日開催の「SAKURAウィアンアワード」では銀賞を獲得!


今再注目を浴びる蔵元がプライヴェート用に仕込んだワインが
バーカウンターではお楽しみ頂けます。





そして、



合わせたいチーズはコチラの白カビをチョイス!


0324さb.jpg


パヴェ・ダ・フィノワ


クリーミーで濃厚なテイストがコクのある白とマッチ!
匂いも穏やかで初心者からチーズ好きの方へ幅広く提案できるチーズです。
是非お試しください。




あのワインがついに・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。


ついに3連休も最終日を迎えました。 お店では福袋をはじめ、バーでの試飲
自宅用にデイリーワインまで多くのお客様にご利用頂きました。

本日はなかでも、ギフト用のみならずご自身用に赤ワイン好きの皆さんから
絶大な人気を誇るワインをご紹介したいと思います。


むーらn 04年.jpg






当店のボルドーワインにてレイニャックと並び双璧をなす人気蔵元です。

ただ味わいは対照的とのお声も頂きます。
ブドウの味をより大切にするスタイルは、栽培やブレンド比率、樽熟成まで
オーナーであるエルヴェさんが1つ1つ細かに徹底管理しているいわば職人です。


ムーラン さ.jpg


当主のエルヴェ氏



彼の人柄に惚れてワインを愛飲する方もいらっしゃるほど・・・

とにかく情熱家の造り手です。


teisuteing mu-tann.jpg



リュットレゾネ(減農薬)に取り組み、先代から受け継ぐブドウ畑はきれいに整備されています。
※田舎のブドウ畑などでは荒地のような所も実際にはあります。

なかでも樹齢90年の古木は地中深く根を張り、奥深い味わいを支えます。

そんな彼が10年もの間、カーヴで寝かしておいてくれた希少な
2004年が只今お求めやすくなっております。

バーカウンターでは試飲も頂けますので、どうぞこの機会にお試しください。










同時開催!

皆さん、こんばんは! 丹です。



いやぁ3月というのに雪が降り続きますね。


本日も土曜日ということで、恒例のワインフェスタを開催しました!





0322さああs.jpg


3連休ということでお子様お連れにて参加のお客様から、お一人で週末限定の「テイスト・オブ・サクラアワード」
のワンコイン試飲ご利用の方々で大いに賑わいました。







ワンコインで5種類のテイスティングは明日も開催致しますので、
どうぞお近くを通りの際はお気軽に立ち寄りください。





そして最後に!


3連休限定の福袋が発売!


さっぽrp 0322.jpg


計4本で全て蔵直ワインが詰まっています。

普段お店では並ばない希少なワインもなかには・・・世界各国
バリエーション豊かな蔵直ワイン福袋どうぞお見逃しなく!




チーズ好きの皆様へ


今朝、ドイツより珍しい青カビチーズが入荷しました。
限定8個のご案内です。
外は白カビ中は青カビとろーっとしたテイストが魅力です。


0322さ.jpg

ワインい合わせて是非お楽しみください。






自然をたたえ、生物をいつくしむ日

皆様こんばんは


今日は春分の日です。

春分の日は1948年に制定された国民の休日です。

「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを趣旨とした休日です。

昼と夜の長さが同じになることでも知られておりますが、

実際は昼の方が少し長いようです。

ブドウから造られるワインは農産物と言われるように、

大自然の恵みの一つであります。

そして、人の手により微生物の力も借りて完成されるワインは

生物の作り上げた賜物でもあります。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。

「3ブリッジス・貴腐ワイン」商品詳細⇒こちら


201403213.jpg


ウエストエンドエステートはシドニーから内陸に600kmほど入った

銘醸地リヴァリーナ・グリフィス地区にあります。

非常に日照量が多く乾燥し寒暖の差がある

ブドウ栽培には最適な場所です。

この蔵は1945年にイタリアから移民してきたカラブリア夫妻が創設し、

大規模生産者が多いこの地区で

少量生産で質を重視する家族経営の蔵元です。

さまざまな雑誌で高い評価を受けている蔵元ですが

2005年にはニュー・サウス・ウェールズ州の

「WINERY OF THE YEAR」にも輝きました。

貴腐ワインというとフランス、ドイツなどが有名ですが。

この3ブリッジス貴腐ワインはシャトー・ディケムをはじめとする

欧州の貴腐ワインを押しのけ、

ジャパンワインチャレンジにて最高金賞を獲得しました。

完熟した洋ナシとハチミツのような濃厚な甘さと

調和のとれた酸が食前食後にぴったりです。

大自然の軌跡と生命の営みを

この一本で感じてみてはいかがでしょうか。


店内バーカウンターにてご試飲もございます。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしとります。

今年度ラストの・・・


皆さん、こんばんは! 丹です。





本日は月に一度のワインセミナーの日でした。

後期最終回のワインパーティに相応しい、楽しい会となりました。



s1.jpg


簡単なワインの開け方講座から・・・






今一度、テイスティングの基本作法まで。


s5.jpg


※真剣にスワリングを行う参加者皆様

ワインによって異なる"香り"の話にはながさきました。



さて、今夜最も注目を集めたワインはこちらです。



いんかん.jpg





あのSAKURAワインアワードにて「ダイヤモンド トロフィー受賞」の赤ワイン。


まさかの登場に参加者からも「わー!」と喜びのお声も頂きました。


カベルネ100%のフルボディスタイルに思わず、お食事のマッチングでは

鹿肉やビーフシチュー、トリッパなど濃厚なお料理と合わせたくなります。

まだまだ寒さが続く北海道には暖かく味のしっかりしたお料理、美味しく頂けるはずです。




また、来年度からも新たにワインセミナー開催致します。
多くの皆様のご参加お待ちしております。




到来

皆さん、こんばんは! 丹です。



yuki toke.jpg




本日はポカポカと暖かい一日でしたね。


雪解けも進みもうすぐもう春の到来?でしょうか。


さて、到来と言えば

もうすぐ新年度の到来です。


卒業式も終わり、入学式や入社式の多いこれからの時期に
ぴったりのアイテムを今夜はご紹介させて頂きたいと思います。




お祝いと言えば・・・・?





そうです!


シャンパン!!



パァーと皆さんで楽しく乾杯したい時、やっぱりシャンパンの泡立ちは
スパークリングとは一際違った輝きを見せます。




BB monmam.jpg







今夜は当社でも長年に渡り愛される造り手「モンマルト」の熟成ヴィンテージシャンパンです。


手掛けるシャンパンはピノノワールやピノムニエといった黒ブドウを主体とする
風味のしっかりしたものが多い造り手ではありますが・・・

2008.08 1365.jpg



今回は僅かだけ仕込むシャルドネ100%の限定シャンパン、
彼らの手作りシャンパンは個性に溢れRM(栽培兼醸造家)愛飲家のなかでも人気が高く
大半がプライヴェート顧客へ手売りでなくなるとか・・・。





そんな秘蔵シャンパンがプレゼントにも嬉しいBOX付で販売中です。
只今は当店バーカウンターでもテイスティング頂けます。



是非お試しください。



この時期にぴったり

皆様こんばんは


今日は終日穏やかな天候の札幌でした。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年は気持ち雪解けが遅く感じているのは私だけでしょうか

気温もなかなか上がらず春を感じるにはもう少しかかりそうです。

しかし月日は流れ三月も中旬に差しかると

皆様のまわりでも、卒業卒園・・・旅立ちのの声を

聞く機会も多いと思います。

そこで今日はこのワインをご紹介いたします。



20140316s.jpg


テラマターは、チリの首都サンディアゴにほど近い

ワインの銘醸地マイポヴァレーでワイン造りを行っています。

「母なる地」というワイナリー名の通り

ワイン造りの基本となる「畑仕事」を大切にしています。

畑のそれぞれの区画ごとに風向きや日照量などの気候を分析し

その区画にあった栽培方法を採用しています。

収穫量を極限まで落とすことで

更に旨みの凝縮したブドウに仕上げています。

20140316t.jpg

そのテラマターがヴィノスやまざきの100周年を記念して

特別に届けてくれたスペシャルキュヴェが「センテナリオ」です。

徹底した低収穫で凝縮したブドウを使用して、

フレンチオークによる新樽熟成を16か月施した贅沢造り。

凝縮した果実味としなやかなタンニン、

樽熟成によるスパイスのニュアンスと複雑味が素晴らしく

エチケットもゴールドと贈り物にも使えるデザイン、

この時期にぴったりの一本です。

卒園、卒業、頑張ったのは子供だけではございません。

自分へのご褒美にもいかがでしょうか。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

ホワイトデー

皆さん、こんばんは! 


丹です。
さて、本日も金曜日とあってバーカウンターでは多くのお客様にお越し頂きました。
10時頃でも1人ゆっくり飲める場所でもあります。


0314ほわ.jpg




本日、
なかでもお客様の目を引いた企画がコチラでした!




GVT0314.jpg


カリフォルニアの最高峰白ワイン(シャルドネ)のjコングスガードの登場です!


「ジャッジ」という銘柄は1本数万円以上で取り扱われる幻のワイン。
そのセカンド的な位置づけながらも、時に評論家ロバートパーカー氏から
ジャッジを超える点数をたたき出すこともあります。

対する当社自社輸入のジオリス。
DRC社のモンラシェのクローン苗木を用いて造る極僅かしか造らない
限定ワインです。

◆料金:2,000円(メルマガ会員様) ※60ccずつ
◆先着12名様

明日もバーカウンターでは行っております。お早目にご利用ください!



そして明日は、毎週土曜日恒例のワインフェスタが開催されます!


25b.jpg


17時の部、19時の部と2回制にて無料参加です。

ご都合よろしければ、是非遊びにお越しください。




お返しに...

皆さん、こんばんは! 丹です。


ホワイトデーのお返しはもう準備OKでしょうか?
本日も沢山の男性陣がプレゼントにお越し頂きました。


なかでもワイン好きの方にプレゼントしたい!という時におすすめの
ワインをご紹介いたします。




へい0313.jpg





そうです!カルフォルニアは名産地ナパヴァレーの赤ワインです。

なかでもカリフォルニアの造り手であれば誰もがのどから手が出るほど欲しがる
最高の畑、「トカロンヴィンヤード」のブドウを使用。

先日行われました女性が選ぶワインコンクール「SAKURAワインアワード」でも見事銀賞を獲得しました。



お客様からは、

「開けたてから美味しい!」

「トカロンのワインがこの値段はバリューだね。」

「ワイン通の友達と一緒に飲みます」


などなど、ワイン好きの皆様を唸らせておりますが、
親しみやすい果実味はビギナーの方でも美味しくお飲み頂ける出来栄えです。


どうぞお試しください。



あれから3年・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。



いかがお過ごしでしょうか?
週の中日にもかかわらず本日もバーにはたくさんのお客様に
お越し頂きました。


0312かうんた.jpg



待ち合わせから、グループにてボトルのご注文までお気軽にご利用ください。




さて、今夜はデイリーワインで絶大な人気を誇る
フランス産の赤ワインをご紹介したいと思います。




0312bb.jpg





当社のボルドーワインを語るうえで欠かせない存在がこのレイニャックです。


長年の夢であったコラボレーションによりヴィノスやまざき日本のお客様の為だけに
造られたオリジナルワイン。



しかも品種は普段用いるメルロー種ではなく、
「カベルネソーヴィニョン」



DSC03438.jpg


3年前に現地を訪問し畑や醸造施設を視察。そして最期に瓶詰したてのサンプルを
口にしたときの衝撃は今でも忘れません。



「これは最高級のデイリーワインだ!」 




初リリースから約3年が経ちましたが、今ではすでに
ヴィノスデイリーワイン部門で上位をひた走る人気者です。



是非、まだの方は一度お試しください。


100年の時を経て

皆さん、こんばんは! 丹です。


そと031.jpg

雪が本日も振り続けましたね。春の待望が待ち遠しいです。






さて本日は開催中のセールも終盤に差し掛かったところで
リピート率急上昇の赤ワインをご紹介したいと思います。



せんて 0311.jpg








そして、主要品種の「カルメネール」 というチリならではの黒ブドウ。
日は長年メルロー種と混同されてきたのですが、
最近流行の!?DNA鑑定により1994年にカルメネールであることが判明した品種です。

約100年もの間メルローとして扱われてきた品種も現在ではチリで大活躍の品種です。
今回はなんと、当社創業100周年を記念して造ってもらった特別仕様の赤ワインです。


carmenere2.jpg


お客様からは、

「このコクがなんともいいね!」

「カルメネールが好きになりました」

「お食事なくても単体でもいけますね」



まだの方は是非お試しください。





あるがまま

皆様こんばんは


一晩中降り続けた雪も朝にはようやくやみました、

24時間の積雪が26cmという事で3月とは思えない積雪でした。

朝は雪かきに追われた方も多いのではないのではないでしょうか。

今日は晴れ間も垣間見れましたが気温はまだ低く

春の訪れが待ち遠しいですね。


春と言えばサクラ、北海道は梅も桜もまだ先ですが、

最近当社のブログなどをご覧の皆様はもうご存知かと思いますが

日本初の女性のみの審査員で行われた

サクラワインアワード2014というコンクールが開催されました。

当店のワインが最多受賞したことも

ブログやホームページにてご紹介しております。

今日はその中からこのワインをご紹介致します。




20140310r.jpg


シャトーレゾリュー同様このオリューロマニの畑はローマ時代までさかのぼります。

その時代からコルビエールの土地はブドウ栽培に向いていたという事になりますが。

滝が過ぎるにつれ、コルビエールを含むランドックのワインづくりは

大量生産のワインを求めるものとなっていきました。

しかし、1978年現当主のボリー氏になってからは自然農法などにも力を入れ

先祖代々から受け継がれた伝統と樹齢の高いブドウの樹を大切に育て

さらなる品質の向上を感じるワインができています。

このアタルシアはあえて樽熟成を行わず

瓶で熟成させることにより、生き生きとした果実味はそのままに

柔らかい口当たりの中に力強さを秘めている不思議な感覚が楽しめます。

まさに「あるがまま」のワインをお楽しみください。

そしてこのアタルシアもサクラワインアワードでゴールドを受賞しております。


今週のバーメニューに絶賛オンリスト中です。

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

桃色

皆様こんばんは


雪がやまない札幌です、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

終日降りしきる雪にうんざりしてしましますね。


こんな時には美味しいワインとおつまみで

気分を少しでも晴れやかにしてはいかがでしょうか。

今日も待ち遠しい春を感じるこのワインをご紹介いたします。




20140309r.jpg


シャトー・レゾリューはラングドック地方でも注目のコルビエール地区

モンセレ村のブトナックで作られています。

もとは1153年に修道院が作られたのがこのシャトーの始まりですが、

1855年からはシュールベジー家の所有となり今に至ります。

当店の記念すべき蔵直1号であることはもうご存知の方も多いと思います。

高級ワインしか飲まない有名作家が「1本1万円はする」と

大絶賛した蔵元でもあります。

このロゼは、グルナッシュ、シラー、サンソ―、と

南フランスを代表する品種から造られており

辛口ですが酸味と果実味のバランスが絶妙の為

オードブルなどの食事の時でも十分にお楽しみいただけます。


待ち遠しい春をこのロゼワインと共に待つのはいかがでしょうか。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。

特別な1本

皆さん、こんばんは! 丹です。



いかがお過ごしでしょうか?

さて本日土曜日は恒例イベント「フェスタ」の日でございます。

本日も "SAKURAワインアワード受賞特集"と題しまして

ヴィノスの受賞ワイン3本立てでご案内行いました。






あんゆ02.jpg




なかでも人気だったワインがこちらのチリワインです。



参加者からは、

「濃いだけじゃなくてバランスも良いし飲みやすい!」

「こういうしっかり系の赤・・・大好きです!」

「BOXに入っているのがイイね!」


などなどお味のみならずプレゼント用にも
大好評でした。




最近はスーパーやコンビニでも安価で高品質ワインがたくさんある国ですが、
当店では長年に渡りファンの多い蔵元です。

アンユージュアルは単体はもちろん、お肉をはじめ幅広いお料理とのマッチングが
魅力です。
只今バーカウンターでは大好評試飲中です。
どうぞお試しください。




やっぱり根強いこの人気

皆さん、こんばんは! 丹です。


0320さ.jpg


外は暴風でなかなか出歩けないという方も多かったのではないでしょうか。
そんな中でも当店バーカウンターでは1杯テイスティングから待ち合わせの時間つぶしまで
沢山のご利用ありがとうございました。





0320さあ.jpg






フランスはボルドーで活躍する蔵元「レイニャック」が醸すファーストキュヴェ。

長年、ヴィノスやまざきでは蔵元が来日したり特注樽での注文をご案内したりと
特別思い入れの深い生産者でございます。



そのレイニャックが最後の2005年ヴィンテージとして当社に
特別」譲ってくれたのが今回ご紹介のキュベ・スペシャルです。


お客さまからは

「この深み・・・家でじっくり飲みたいです。」

「もう05年は最後だなきっと。セット買います!(セラーで寝かせる為)」

「やっぱりいつ飲んでも最高ですね!」


などなど、
称賛のお声が非常に多い一本です。

バーカウンターではテイスティングでお試し頂けます。
是非ご利用ください。





春ちかし

皆様こんばんは


降りしきる 雪の合間に見え隠れ 

春のにおいに 心躍らす


今日も荒れ模様の札幌です、

すっかり外の景色も冬に逆戻りしてしまったようですが

時折見せる晴れ間に春の息吹を感じます・・・

春と聞くと聞こえはいいですが、

北海道の春は意外ときれいな印象がないのも事実でございます。

花が咲くのは初夏に近く

メディアではすっかり夏の装いです

今日は北国の地味な春の訪れを

春色に彩るコチラのワインをご紹介いたします。


20140306r1.jpg


ウエストエンド・エステートはシドニーから内陸に600km入った銘醸地

リヴァリーナ・グリフィス地区にあります。

非常に日照量が多く乾燥し寒暖の差があり

ブドウ栽培には最適の条件でワイン産業が発展した地域です。

1945年にイタリアから移民sてきたカラブリア夫妻が創立

少量生産と質を非常に重視する家族経営の蔵元です。

2005年にはニュー・サウス・ウェールズ州のコンクールでも

「WINERY OF THE YEAR」に輝き、この地区の大注目蔵元となりました。

近年では、アジア最大のワインコンクール「ジャパンワインチャレンジ」で

最高金賞を獲得するなど、さらなる飛躍を遂げています。

ブドウ品種は「ドルチェット」という非常に果実味の強い品種から造られます。

赤ワインにするとアルコールの高いドライなワインが多く作られますが、

優しい甘みのあるロゼスパークリングに仕上がっております。

ナチュラルなお味のクッキーやビスケットにもよく合います。

そういえば・・・・

ホワイトデーも近づいてまいりました。

手作りクッキーとエターニティー・ロゼ!

今年はこれで決まり!!(もこみち風に)

 

他にもたくさんの春色ご用意しております。

20140306r2.jpg


皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

ひそかな人気者

皆様こんばんは


せっかく進んでいた雪解けも

昨日今日の降雪で一休みです、もう雪かきはうんざり

という方も多いのではないでしょうか。

これが終われば春はすぐそこ

そう考えれば少しは雪も名残惜しくなるかもしれません。


今日ご紹介するワインは今週のバーメニューで

ひそかに人気のあるコチラをご紹介いたします。


20140305R.jpg



フィレンツェとローマのちょうど中間、マレンマ地方の中心の

ティレニア海沿いにカンティーナ・ラ・セルヴァはあります。


マレンマ地方は最良の有機ブドウの産地として

大手著名ワイナリーが進出調査に乗り出しているのは有名な話であります。

そのマレンマで地元のブドウとオーガニックにこだわっているのがセルヴァです。

トスカーナでも著名な醸造コンサルタントを迎え

ますます飛躍を遂げています。

テルツォはワイナリーの新作でスーパーワイン系のIGTで成功している

セルヴァのカジュアルラインです。

ナチュラルで落ち着きがある中にもフルーティーな果実味の

溢れるワインです。

お客様からも

「フルーティーで飲みやすい!!」

「この価格でこれはいいね!!」

と大絶賛中です。



今週のバーメニューにオンリスト中です。

どうぞご賞味くださいませ。


皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

10年熟成を経て・・・


皆さん、こんばんは! 丹です。



そと 023.jpg




久々に雪もちらつきはじめましたね。
もう一大雪で今年も終わりでしょうか。




さて、今夜はバーカウンターでも人気のある赤ワインをご紹介したいと思います。



rakku4.jpg






フランスはボルドーの右岸サンテミリオンの特級ワイン

この度は蔵元で特別に寝かせておいてもらった「2004年」ヴィンテージが少量のみ入荷しております。


早速お客様のコメントをご紹介致しますと



「この熟成感がたまらない!!」

「サンテミリオン特級がこの価格・・・バリューですね!」

「1本1本丁寧に作っているのが飲んで伝わってきました。」


などなど、職人の造る04年最期のご案内になるかもしれません。

只今バーカウンターでテイスティングいただけます。
是非お試しください。



今日は何の日?!


皆さん、こんばんは! 丹です。





さて、本日3月3日は「ひな祭り」です。



hina maturi[.jpg



古代中国では旬の素材 


"母子草"で作ったお餅を食べて、一年母と子が健やかに暮らせるようにという
願いがこめられて始まった文化です。



健康に良いと言われるワインも旬な食材に合わせて
一年の健康を願いたいと思います。


今夜ご紹介するのは、



蛤(ハマグリ)


hama gur.jpg





お吸い物をはじめ、結婚式などお祝いごとには欠かせない素材ハマグリ!

3月3日にひな祭りに食べると 「良縁」 を招くとも言われています。



焼いてよし、蒸してよしの調理方法は沢山ありますが



ホワイトソースとからめたパスタなど、まろやかコクありに仕上げた
ハマグリにコチラのワイン相性◎でございます!



sennte.jpg





当店でも大人気の蔵元「テラマター」が醸す、100周年記念ワインです!


一部ファンのお客様からは 「コクありのグラタンやホワイトソース系にはいつもコレ!」

という主婦の皆様にも支持率の高い1本です。


決して果実味も濃すぎず、酸味・樽のバランスをわきまえた素晴らしい白ワインです。
是非、一度お食事とお試し下さい。





明日は

皆様こんばんは

気温は低いものの、好天に恵まれた週末でしたが

皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

明日は3月3日ひな祭りでございます。

桃の花を供え、白酒を飲んでの子の健やかな成長を祈ります。

当店には本酒も置いてはございますが

今日もワインのご紹介をしたいと思います。


20140302r.jpg

16世紀から続く歴史あるシャトー

「レイニャック」つい先日2005年ビンテージ

についてブログでご紹介したばかりですが、

そのレイニャックとヴィノスやまざきがコラボで作り上げた

最高コスパ白ワインでございます。

ソーヴィニヨンブラン主体で作られたこのワインは

果実味たっぷりでありながら、すっきりとした酸もあり

和食にもピッタリの一本です。


雛チラシやお寿司とも相性抜群でお試しください。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。


久しぶりに開催!


皆さん、こんばんは! 丹です。



いかがお過ごしでしょうか?

日中の陽気さが嘘のように夜間は冷え込みましたね。

寒暖の差が激しいなか、毎週土曜日開催の「フェスタ」を行いました。





「ブルゴーニュでこの値段ですか?お得だわ。」


「ディアリッチ普段何気なく飲んでいるけどそんなエピソードがあったんだぁ、嬉しい!」

「やっぱりこのワインでしょ! いつでもどこでもメリタージュ!!」



このように本日の参加者の皆様からすでに支持を得ている人気ワインの登場に
盛り上がる試飲会となりました。




さおおえ0301.jpg



このように土日はワンコインの試飲会から無料のフェスタまで
気軽にご参加頂けるイベントが目白押しです!


明日もしくは、来週も皆様のご参加スタッフ一同お待ちしております。


ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード