ヴィノスやまざき札幌パルコ店 スタッフダイアリー

2014年2月アーカイブ

明日からは・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。



今宵もサタデーナイトのバーカウンターは大勢のワイン好きのお客様で
埋め尽くされる一日となりました! 皆さん本当にありがとうございました。



0228あ.jpg


そして本日初めてご来店&初バーご利用のお客様も
またのお越しお待ちしております。


さて、
明日からの週末は恒例の試飲イベントを開催致します!

ですが!

今週末はワンコインではなく、以前と同じ3種類無料で飲み比べの
無料フェスタ形式での開催です!




※ ↓以前開催時の様子!

25b.jpg



誰でもお一人様から団体まで、飛び入り参加も可能です。
17時、19時と2部制なのでご都合に合わせてご予約ください。
ご予約特典としまして、プラカップではなく「テイスティンググラス」でお注ぎいたします。


スタッフ一同ご来店お待ちしております。




人生最高のワイン・・・

皆様こんばんは


あたたかいあるの陽気も今日までという事で

明日からは、また寒さが戻っ来るそうですが。

三寒四温、少しずつ春を感じるこの頃でございます。


明日はフランスの学者ミッシェル・ド・モンテーユの

誕生日でございます。

彼の逸話にこんな素敵な話があります。

亡くなる前にベットのなかで砂糖水で薄めたワインを口にし

「これでいい」と一言、

間際までワインを飲み続けるなんて、

いかにワインを愛していたかがうかがわれます。

今でもお孫さんがワインを造り続けているようです。

これからは間際に飲むワインを探してみるのも面白いかもしれません。

そこで今日はコチラのワインをご紹介いたします。

「レイニャック 2005」商品詳細⇒(こちら)

20140227r.jpg


16世紀からある歴史あるシャトーを

1990年に現オーナーのイヴ・ヴァテロ氏によって

畑とシャトーを全面改装して再出発した蔵元。

ヴァテロオクソライン廻す20140227.jpg

世界最新の醸造技術と著名コンサルタントのミッシェル・ロラン氏と

ともに作り上げるワインは「今や一級シャトーを超える」とまで言われております。

パーカー氏も「メドック一級格付けと全く同等だ」と大絶賛!。

また近年ヨーロッパではレイニャック人気が上昇して日本で買うよりも

高値で取引されているという話もございます。

そしてこの2005年はボルドーのヴィンテージの中でも最良の年の一つ

と言われる年のワインを、蔵元の地下カーヴで8年間熟成させた限定ワインです。


最期のワインを追い求めるロマンを掻き立ててくれること間違いなしです。

またこのレイニャックを含む蔵直熟成ワイン3選も好評販売中でございます。

是非ご利用くださいませ。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。

ワインと人

皆様こんばんは


暖かい日差しと穏やかな日が続いている札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

20140226t2.jpg

青い空、雪解けの音、まさに春の訪れを感じます。

このまま春が来てしまえばいいと願うのは

私だけではないと思います。


そして今日は、フランスの詩人ヴィクトル・ユーゴーの生まれた日です。

ヴィクトル・ユーゴーと言えば、「レ・ミゼラブル」が有名

ですが、「神は水しかつくらなかった、しかし人はワインを造った」

で有名な、「Les Contemplations」

といった詩集も出していて、フランスでは

詩人としての評価の方が高いと聞きます。

人々は長い歴史の中でたくさんのワインを造ってきました。

その歴史と天からの恵みのワインを今日もご紹介いたしましす。



「トラミエ ロンシエール 赤・白」商品詳細⇒「」・「


20140226t.jpg


1842年より代々続く伝統あるネゴシアンが、

ブルゴーニュの南メルキュレイ村を拠点に高品質なワインを造っています。

今では原産地呼称の法律により需要が少なくなってしまった、

昔ながらのブレンドワインを復刻して作られたのがこのワインです。

ブルゴーニュのブドウと違う地域のブドウ品種とをブレンドして造られる

低価格ながらも旨みがしっかりしたワインです。

赤はブルゴーニュの代表品種ピノノワールとガメイに

南フランスの旨みの強い品種をブレンドしてあります。

白はシャルドネにアリゴテ、コロンバールからなる

バランスの良いワインに仕上がっております。

今宵は「レ・ミゼラブル」を見ながらグラスを傾けてみてはいかがでしょうか。

従業員一同、皆様のご来店心よりお待ちしております。




人気急上昇中!

皆さん、こんばんは! 丹です。




今夜も平日にもかかわらず、バーカウンターに大勢のお客様に
お越し頂きました。



お好きのワインのお味やチーズに合わせたチョイスなど
幅広くお楽しみいただけます。




高原さん.jpg


常連のお客様も 「コレは旨い!」 と唸った赤ワインをご紹介したいと思います。








イタリアはトスカーナ州のボルゲリ地区でワイン造りを行う生産者「マルケサート」




その本格的なワインは日本円で1万円以上で取り扱われるサイカイアの評価を
現地雑誌で上回るほどの実力を持っています。



sakai.jpg







それもそのはず・・・


taru.jpg


オクソラインシステムと言い、樽内の澱を拡散できる最新技術を導入して
最高のブドウから深みのあるワインを作り出しているのです。




そんな限定ワインが只今、バーカウンターではテイスティングでも
お飲み頂けます。


まだお飲みでない方は是非お試しください。





出会いあれば・・・


皆さん、こんばんは! 丹です。



歓送会の多くなってきますこれからの時期、ギフトにワインお求めの方から、
ヴィンテージワインまでどうぞお気軽にお問い合わせください。



さて、
今夜も当店バーカウンターで飲み会前の景気づけの一杯から
ボトルお持込まで大変盛り上がりました。



0224あ.jpg

団体にてご利用の皆様。 スパークリング美味しくお飲み頂きました。






box2.jpg




ご贈答にぴったりのシャンパンから赤ワイン、セラーのヴィンテージワインまで
店内屋久400種類のワイン、スタッフが親身になってご相談にのります。



box1.jpg




ご来店スタッフ一同お待ちしております。



早速リピート頂いています!

皆さん、こんばんは! 丹です。


この寒さもあと2か月ほどの辛抱でしょうか。
お家では温かい鍋ものなんていいですね。


さて本日は早速お客様からまとめ買い殺到!

人気白ワインをご紹介したいと思います。



0223b.jpg










当店大ヒット蔵元レイニャックが醸す「ヴィノスオリジナルブランド」です。

レイニャックが所有するなかでも、絶好のエリアに植わるソーヴィニョンを用いて

日本の皆様の為に造ってもらった白ワインです。


店舗数が増え、コンテナでの輸送が可能になったからこそ
円安のなかでみ実現したスペシャル価格です。


↓ラベルのモチーフとなっている現地テイスティングルーム

DSC03478.jpg



すっきりしたテイストを支える綺麗な酸味とソーヴィニョン種ならではの
柑橘由来のフルーティー感が特徴です。

単体はもちろんのこと、

お食事は海の幸をはじめ幅広く合わせられます。






0223あ.jpg





合わせて、北海道ならでは「カニ」をこの時期は合わせてみました。
毛カニの旨みと白ワインのフレッシュさがお互い邪魔することなく
見事なマリアージュです。


皆さんもご自身こだわりのマッチングでお試しください!




皆さんでご一緒に


皆さん、こんばんは! 丹です。




さてはじまりました、本日からのワインセール!


同時にポイント5倍デーの開催と多くのお客様にご来店頂きました。
本当にありがとうございます。





さて、土日開催のワイン試飲会 「フェスタ!」



乾杯.jpeg

17:00の会



泡からはじまり白、赤、甘口と計5種類がワンコインで楽しめる
お得なイベントです。


金曜日まで事前ご予約でなんと、無料ご招待というシステムです。









また、
バーカウンターでは早速再入荷ワインをお選びのお客様もいらっしゃいました。



0222a.jpg


お一人様でも、団体でもお楽しみ頂けます。
お持込の際は店内でワイン購入後(お一人様500円チャージ)でご利用できます。






夜間は楽しく大勢で盛り上がる札幌店ワインバー


0222b.jpg



お店には、本日からご案内のおすすめワインが続々入荷していますよ!



スタッフ一同ご来店お待ちしております。
5倍デーは明日まで続きます。





雛飾り

皆様こんばんは


雨水(うすい)にも 吹雪やんでは また吹雪

晴れ間に見える 雛の顔かな


二十四節気では本日は雨水、

冬に降った雪や氷が解けて流れていく

春の訪れを表す節気です。

しかし、まだまだ春の訪れは遠いようで

ここ数日はずっと吹雪続きの札幌です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日の雨水には雛人形を飾ると

良縁に恵まれるといわれております。

すでに雛飾りをご用意したご家庭もあるのではでしょうか。

ひな祭りと言えば女の子の節句ですが。

チラシ寿司をご用意される方が多いのではないでしょうか。

そこで今日は、まだ早いとはわかっておりますが。

チラシ寿司にも合うこちらのワインをご紹介いたします。


「ジャコモ・フェノッキオ・ロエス・アルネイス」商品詳細⇒(コチラ)


20140219jf.jpg


「ジャコモ・フェノッキオ」はバローロで有名なバローロ村で

数ある有名生産者の隣で5世代に渡りワイン造りをしてきた家族経営の蔵元。

減農薬農法を実践するフェノッキオのブドウ畑は

バローロを一望できる標高500mの高台にあり、

高い糖度と酸ののった高品質のブドウを栽培しています。

この、フェノッキオがひっそりと作る秘蔵ワイン!

それがこのロエロ・アルネイスです。

北部イタリア、バローロとバルバレスコに挟まれたロエロ地域で作られます。

地名と同じアルネイス種はイタリアの伝統的な品種でかつては

お祝などで使う甘口ワインにされていた歴史を持ちます。

3?4年の熟成にも耐えうるイタリアの伝統品種で

栽培が難しく一時期はほとんど栽培されなくなりましたが

デリケートな花のような香りや、上品な酸との

バランスの取れた味わいが人気を得るようになりました。

まろやかな酸としっかりとした旨みを兼ね備えるこのワインは

魚料理から軽めの肉パスタにもピッタリです。

また、果実味と酸のバランスが絶妙なので、

まさにチラシ寿司にもピッタリです。

今週末までのバーメニューにオンリストされております。

是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

月に一度の・・・!

皆さん、こんばんは! 



本日も天候荒れましたね、地吹雪をはじめ北国の冬の厳しさを改めて体感する日々を過ごしております
"一応"道産子の丹です。




さてさて今夜はタイトルにもあります通り、月に一度の「ワインセミナー」の日でした。



今回はヨーロッパをテーマに5種類のワインを飲み比べ!


吹雪にもかかわらず乾杯から元気いっぱいの皆様と乾杯でスタート!
サルーテ(イタリア語)!


semi4.jpg



参加者の皆様からは、


「改めて、こうやってワインに向き合うと楽しい!」

「素朴な疑問から聞ける感じで参加しやすい!」

「ワインがこんなに味見できて・・・リーズナブルだわ。」



などなど、気軽に楽しめるセミナーが定着しつつあります。




なかでも皆様の注目を集めたのは、ボルドーの怪物ワイン、

「レイニャック」 が手掛けるスペシャルキュヴェワイン!






せっかくの素晴らしいワイン、デキャンタ後と前を飲み比べて頂きました。




semi1.jpg

デキャンタ―ジュ!ということで・・・


私も意を決して雫君に挑戦!

こなれたレイニャックと開けたてのものを美味しく飲み比べて頂きました。








本日はサブナビゲーターのスタッフ菊地も
プレゼンに熱が入ります!


mussyu 02.jpg



身振り手振りでテイスティングの仕方からご案内。




このように札幌店では楽しい雰囲気の中、ワインの飲み方から、
産地・品種の特徴、造り手のこだわりなどをご紹介してまいります。



是非、お気軽にお申込みくださいませ!
ご参加問い合わせはコチラ札幌店まで。 → sapporo@v-yamazaki.co.jp




雪やこんこん♪


皆さん、こんばんは!




十数年振りの冬暮らし・・・洗礼に今朝ボキッと傘を折られました丹です。

叩きつけるような吹雪、皆さんは無事ご帰宅できましたでしょうか?




0217b.jpg





さて、こうも吹雪てしまいますと、お家でゆっくり暖をとりながら読書にワイン!もいいですね。





ということで、今夜も一押しワインをご紹介したいと思います。

久々の再入荷を果たした、ヴィノスやまざき不動のデイリー白ワイン!





まるき.jpg







南フランスにて 「ブルゴーニュの一級品の味がする!」 と人気の

シャルドネです。




とにかく近年は有名醸造家のパトリック・レオン氏が加入してから
さらなる品質の向上を遂げ、その洗練された味わいに一層磨きをかけています。




レオン.png



樽と完熟した果実味のバランスは最高です。

言わずと知れた?! ヴィノス定番白ワイン再入荷しております。

お見逃しなく!





三寒四温

皆様こんばんは


強風に 春の香りを感じるも 

肌に染みいる 三寒四温


今日は気温は比較的穏やかでしたが、

強い風と吹雪でやはり寒い一日となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

二月も中旬になると、

やはりもう3月4月の春を意識し始めてしまします。

そこで今日は春を先取りした

春を感じるコチラのワインをご紹介いたします。



20140216sf.jpg

サン・フローリーは30年以上有機栽培を続けてきた

オーナーのパスカル氏が2001年より

南フランス「リムー」の奥地でスタートした家族経営の蔵元。

リムーはフランスを代表するスパークリングワインの産地として

有名ですが、標高300mの丘陵にめんした

彼らの畑は、地中海からの風が強く吹き付け

健全なブドウが育ち、秀逸なワインが造られます。

2011年ビンテージからは厳正な認定基準が設けられる

フランス有機認証AB(アグリカルチャー・ビオロジック)を取得。

最高のコストパフォーマンスを誇る有機ワインを造り出しています。

hinage2014215.jpg

ラベルに描かれた花はCocorico=雛罌粟(ひなげし)

咲き始めると霜の被害がないという言い伝えがあり

しばしば雪ワインの象徴とされます。

日本では春から初夏にかけて開花します。

何とも春らしいひなげしのエチケットを見ながら

遅い春の訪れを待つのはいかがでしょうか。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。

フランス銘醸編

皆さん、こんばんは! 丹です。




さて、今夜は毎週土曜日恒例のワインフェスタを開催しました。


テーマは 「フランス銘醸地」 !




0215あ.jpg


昨年買い付けに成功した新蔵元をはじめ、長年人気の再入荷スパークリングまで
当社蔵直フランスワインの魅力を余すところなくご堪能いただきました!




この試飲会、お得なことに、事前予約(※金曜日まで)お申込みにて
会費500円が無料ご招待という特典満載のイベントです。



0215b.jpg


店内ではスタッフがわかりやすくプレゼン、参加者同士でご意見・感想を
交わしながら行います。


毎週、5種類ずつ楽しく知識が深まり、1年間ご利用頂くと
かなりのワイン通に!? 

お得な情報は、 メルマガ会員へお申込み!

コチラ↓↓↓

v-yamazaki@mhai.jp

空メールを送信後、登録フォームにお名前・配信希望店舗で『札幌』を入力し完了です!


皆様のお越しスタッフ一同お待ちしております。





世界から・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。




本日は金曜日の夜とあって多くのお客様にご来店頂きました。
特にバーカウンターは海外からの観光の方々をはじめ国際色豊かな一日。




店内0214.jpg



お仕事帰りから、待ち合わせの軽く1杯まで!
どうぞお気軽にご利用くださいませ。





さぁ明日からは土日恒例のワンコイン試飲会も開催されます!


またバーではなんと、ブルゴーニュワイン好きには堪らない、グランヴァン飲み比べ試飲も
同時開催です。




のmくらbん0224.jpg

ユベール・リニエ VS レジス・ブーヴィエ


◆料金:2500円(一般) 2000円(メルマガ会員様)
先着12名様
各60CCずつ

ブルゴーニュの最高峰、「ジュブレイ・シャンベルタン」です。
明日明後日限定となります、お見逃しなく!



好評開催中!

皆様こんばんは


深々と まだ降りやまぬべた雪に 

腰を痛めて また寝休日

昨日の晴れもつかの間、積雪に見舞われた札幌ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

あいにくの空模様でしたが

今日もバーカウンターはにぎわっております。

先日より緊急開催されているテイスト・オブ・バレンタインも

好評開催中でございます。

20140212b1.jpg

今日はその中でも特に好評だったコチラのワインをご紹介いたします。


20140212a.jpg

「神の声」との呼び名も高い世界的テノール歌手の

アンドレア・ボチェッリ氏の祖父アルチーデ・ボチェッリ氏が

1881年に創設して以来130年にわたって伝統的なイタリアワインを造っています。

アンドレア氏にとって家族の造るワインは、

彼の歌声のとても重要な要素の一つであり

歌と同じぐらいにワインを愛しているそうです。

このワインは、創設者でありアンドレア氏の祖父である

アルチーデ氏の名前を冠しているワインで

樹齢70年を超える古木のサンジョヴェーゼに完熟した

カベルネソーヴィニヨンをブレンドして作った一本。

古木のブドウからくる複雑味と濃縮感、

そして18か月のフレンチオークでの熟成により

より濃厚で、力強くもエレガントなワインに仕上がっております。

本日お飲み頂いたお客様からも、

「深みがありとてもおいしかった」

「一番好きな味です」

などとたくさんのお声を頂きました。

20140212b2.jpg

大好評のTOVも残すところあと1日

是非ご賞味くださいませ。

従業員一同、皆様のご来店心よりお待ちしております。

テイスト・オブ・バレンタイン

皆様こんばんは

第65回札幌雪まつりも最終日を迎えました。

天候も比較的良好で、毎年恒例の気温上昇の雪像が解けるハプニングも

今年はなく、観光客の方にはいい年になったのではないでしょうか。

その分二月らしい気温と積雪による

疲れがある方もいらっしゃるとは思いますが、

美味しいワインの自分へのご褒美はいかがでしょうか。


二月も中旬に差し掛かりいよいよバレンタインの準備を

進めてる方も多いのではないでしょうか。

メール会員の方はもうご存知かと思いますが、

本日から緊急企画のバレンタイン緊急試飲会が開催されております。

20140211v2.jpg

今日はその中から特に人気のあったこのワインをご紹介いたします。




20140211v1.jpg


100年以上の歴史を持つアメリカ禁酒法時代から

ワイン造りを手掛けるグリエモ・ファミリー・ワイナリー。

カリフォルニア州サンタ・クララ・ヴァレーにある家族経営のワイナリー。

ブドウ栽培の歴史はナパヴァレー同様に長く、

高い樹齢のブドウ畑が多く存在しカリフォルニア全土の

有名ワイナリーからの高い評価と指名買いが相次いでいる蔵元。

気候や土壌に関してもナパと類似し、

糖度の高い完熟ブドウが多く産出されます。

醸造施設もきわめて古く、大樽と小樽をバランスよく使用し

熟成させるクラシックな作りがこの蔵の歴史を物語っています。

ラズベリーやナツメグの豊潤なアロマと、

樽熟成からくるバニラの香りからくる濃厚な口当たりは

長く地元の方に愛されているワインです。

本日より14日まで毎日開催中のテイスト・オブ・バレンタイン。

是非ご来店くださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。




バーではこんなことも・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。




いかがお過ごしでしょうか。 札幌の雪まつりもいよいよ大詰めを迎えております。
明日がついに最終日! あっという間の一週間でしたね。




さて、ヴィノス札幌店では、本日も元気に営業中です。
フラッとお立ち寄り頂き、軽く1杯、2杯・・・という感じで利用できるのが
魅力です。





02010あ.jpg



本日もお好みのワインをテイスティングで飲み比べ! 常連のお客様から、初めての方まで
楽しくスタンディングでお飲み頂けます。





そして!




0210bb.jpg


なんとなんと明日から14日までのヴィノスやまざきは合計7種類ものバレンタイン限定のワインが
プラカップにて無料でお飲み比べ頂ける試飲イベントを開催します!




この機会、どうかお見逃しなく!





厳しい寒さですが・・・

皆様こんばんは




厳しい寒さが続久札幌ですが、昨日からの雪まつりにはいいようです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

二月に入り立春も過ぎ暦の上では春ですが、

まだまだ厳しい寒さが続いております。

札幌市内でも学級閉鎖の声も聞こえております。

健康管理には十分お気を付けください。




さて明日2月10日は、「ふきのとうの日」とのことであります。

札幌はまだまだふきのとうの姿は見えませんが、

関東地方ではもうすでに食されているようであります。

北海道の食卓に上がるのももうすぐかもしれません。

今日はふきのとうに合うコチラのご紹介です。






20140209ad.jpg


蔵元サルドゥス パーダーとの出会いは、

イタリア最高評価誌ガンベロロッソ誌の中で、

300銘柄の3つグラス評価ワインの中でも

最高評価に輝いていた「アッルーガ」を目にしたときでした。

イタリア最高評価に輝くのだから、

もう既に日本に輸入されているに違いないと思いながら

ダメもとでコンタクトをとってみた所、

まだ日本には販売していないとの事。



サルディーニャ.jpg



真っ先に買い付けたいは秘境の地サルディーニャに飛びました。

サルディーニャから更に南に行った場所にある

離島「サンタンティオコ」で造られるこれらのワインは

今まで味わったことのない複雑な果実味で、

どこか海風を感じさせるような風味の素晴らしいワインです。




はたけ.jpg




まさに複雑な果実味と切れのいい酸はふきのとうの天ぷらにはぴったりです。

・・・はい、天ぷらにはビールという方にもございます!。


20140209vis.jpg

ミラノ発祥の新鋭の蔵元ヴィスが造るイタリアンラガー

厳選された大麦、小麦、ホップを使用することで

最高の香りを表現しています。



きめの細かい泡立ちと、繊細な苦みが

まさにぴったりの一本です。

ワインの気分でもビールの気分でもご満足いただけます。

従業員一同皆様のご来店心よりお待ちしております。





1.2.3.チアーズ!


皆さん、こんばんは! 丹です。



週末いかがお過ごしでしょうか?
いやぁ寒いですね! 凍てつく外では本日雪まつりも盛り上がりがピークに!




そんな中、当店では本日も週末恒例フェスタを行いました。




0208ああ.jpg



「雪まつりよりもワイン!!」 と本日も道内各所からお集まり頂きました。総勢なんと20名様!


本当にありがとうございました。




0208bb.jpg








そして、バーカウンターではいつになくワイントークに花が咲きましたが、
今夜は人気だったあのワインをご紹介したいと思います。



2006r.jpg










南アフリカよりコスパ抜群の赤ワインの登場です。


no-buru.jpg



新大陸の中でも古い歴史を持つ南アフリカ、17世紀からワイン造りを行っています。

そして近年フランスを筆頭に海外からの技術が加わり、品質向上を遂げている注目産地です。




ノーブルヒルは古い歴史をもつ家族ワイナリーでありながら、最新の技術と"手摘み"による収穫をはじめ
とするこだわりを併せ持つ優良な造り手です。





te摘み.jpg




果実味たっぷりのカベルネは仄かな樽のニュアンスも加わり、
飲み応えにも定評があります。


バーカウンターでは同蔵元のワインが大好評試飲中です。
是非お試しください!





週末はヴィノスへ!



皆さん、こんばんは! 丹です。




ついに雪まつりも週末を迎え、大賑わいですね。

一方コチラ、すすきのでは「氷の祭典」も開催中です。



0207AA.jpg



24:00 夜



0207BB.jpg






金曜日ということで、今夜は多くのお客様にお越し頂きました。
バーカウンターはお隣さんとわいわい、ワインを通じて楽しい出会いもあったりします!


バー0207.jpg



バーカウンターでは1杯200円から、毎週約10種類のワインをご用意しております。
お好きなワインを店内で購入後お持込OK、お好みに応じてスタッフがワインもご提案しております。


店内には北海道産を含むワインが約400種類ラインナップ!
ご自身用から、お土産までどうぞお気軽にお越しください!


明日も試飲会(17:00、19:00)と5種類飲み比べを行います。
事前ご予約も頂けます!コチラ→ sapporo@v-yamazaki.co.jp

皆さんのご来店スタッフ一同お待ちしております。




札幌店 丹


ついに開幕!


皆さん、こんばんは! 丹です。



ついに昨日開幕致しました、札幌雪まつり!

極寒の北国に、世界中から多くの人がこの時期は札幌にお越しです。




0206b.jpg







夜間にライトアップされる氷像


0206c.jpg








スノーボード大会に旬な食べ物と・・・
11日までの7日間大通から目が離せません!


0206d.jpg





さて、大通までお出かけの際は、そのまま駅前通りを南に当店まで
遊びにお越しください。




雪まつり期間中はワンコインでホットワインの提供(テイクアウト可)や
週末土曜日には恒例ワイン試飲会も開催致します!




0206k.jpg


ワンコインで3種類のワインが楽しめる、試飲会は土曜日17時スタート!
ご参加お申込みはこちらまで!→ sapporo@v-yamazaki.co.jp





開催間近ですが・・・


皆さん、こんばんは! 



本日もより一層冷え込みます札幌。


いかがお過ごしでしょうか?風雪で視界が一時さえぎられる程でしたが・・・・



0204a.jpg







ついに「雪まつり」も明日5日から開催と楽しみですね!




0204bn.jpg

すすきの街にはちゃくちゃくと氷像も立ち並んでおります。





そんな祭りを前に、ご自宅やテイクアウトでサクッと飲みたいときにおすすめな
カジュアルスパークリング(微発泡)を今夜はご紹介致します。



rannuru.jpg






イタリアの微発泡性のスパークリング「ランブルスコ」
黒ブドウから造られる赤色のこちらのテイストは果実の優しい
甘さと飲み口のすっきりさで自宅飲みに好評です。


アメリカではコーラ代わり?のようにフライドチキンやフレンチフライ、ピザと
一緒に飲む傾向もあるぐらい、ビールにとってかわるデイリースパークです。




価格も1000円前後とリーズナブルな1本。是非お試しください!





明日は節分です。

皆様こんばんは

今週末には雪まつりですが、小春日和の札幌ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

明日は皆様もご存じ節分でございます。節分は読んで字の通り季節を分ける、その分かれ目の日です。

日本には四季がありますから節分も本当は4回ございますが、豆まきの節分は春だけです。

明日は、皆様おうちで豆まきを計画してる方も多いのではないでしょうか。

最近は、節分の日に豆まきにとって代わる勢いの習慣も広がりつつあります。

「恵方巻き」という名で知れ渡っておりますが、もともとは大阪を中心とした「まるかぶり寿司」が

某コンビニエンスストアで販売されたときに、その年の恵方をむいて食べることから名づけられたそうです。

今ではさまざまな味のものや、スウィーツの恵方巻きもございます。

今日はオーソドックスな恵方巻きにあったこちらのワインをご紹介いたします。




20140202sa.jpg


古い歴史を持つ城壁に囲まれた街「サンジャミニャーノ」に位置する蔵元レ・ローテは、

歴史あるヴェルナッチャの造り手として現地ではよく知られた存在です。

近年では新しいスタイルのヴェルナッチャ・ディ・サンジミャーノが作られる中、

レ・ローテの完熟ヴェルナッチャは昔ながらのスタイルを守りながら、

複雑でフレッシュ、旨みっぷりのまろやかな味わいのワインを作り出しております。

醸造面では、スキンコンタクトを行い果皮からの成分抽出を意図的に行い濃厚な味わいのジュースを得ると同時に

フレッシュさを残すためステンレスタンクで低温発酵させています。

「イタリアの白ワイン」の概念を覆すような、コストパフォーマンスと伝統が詰まった一本です。


是非、明日恵方巻きを考えている方もそうじゃない方もお試しださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

仏名産村よりこだわりの赤

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

寒い日が続きますが、本日も夜間は立ち飲みでバーが

盛り上がっております。お気軽にお立ち寄りください。

 

今夜は有名所でも、バリュー価格のワインをご紹介したいと思います。

 

 

jann.jpg

 

「CHル・コトー 2010年」

 

 

 

1本数万円はしてしまう5大シャトーの「シャトー・マルゴー」を始め、

有名格付けシャトーが多数存在する地域です。

 

 

そんな名産村に1人の職人が営むシャトーそれがル・コトー

 

 

マルゴー村でも最小規模ながら手の込んだ、本当に美味しいワインを

少量のみ造ります。

 

 

 

マルゴー.jpg

3代目エリック・レグリーズ氏

 

 

栽培から、醸造まですべて一人で綿密に管理し、

濃縮感たっぷりのブドウは最高樹齢なんと60年!!

 

 

アルザック村でも最も標高が高いエリアの畑で

更に密植を行うことで収量を抑えてまで濃厚なワインを手がけています。

 

 

 

手に取ったお客様が思わず、

 

「プレゼントにはもったいない」 と自分用にも買ってしまうような

こだわりワイン。是非お試しください。

 

 

札幌店 丹

 

 

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード