ヴィノスやまざき札幌パルコ店 スタッフダイアリー

2014年1月アーカイブ

まもなく・・・

皆さん、こんばんは! 

 

急に冷え込みましたね、いかがお過ごしでしょうか。

当店では相変わらずバーカウンターが賑やかな週末、まもなくソチ五輪と自宅で観戦時に

赤ワイン! なんていいですね。 

 

 

今日はただいま人気急上昇中のこくあり赤ワインをご紹介致します!

 

 

 

water.jpg

 

「ウォーターストーン カベルネ」

 

 

カルフォルニアの名産地ナパヴァレーで活躍するワイナリー、「ウォーターストーン」

 

醸造家はカリフォルニアでその道18年のフィリップ・ゾーン。

息子であるニックは昨年まではヴィノス全店を駆け巡りましたね。

フィリップのパートナーとして共同で立ち上げたもう一人の人物が

カルフォルニアワインの市場を知り尽くす男「ブレント・ショートリッジ」という夢のようなタッグが

ウォーターストーンワイナリーです。

 

 

DSC03637[1].jpg

※(左フィリップ、右ブレント) 

 

「贅沢なナパワインをリーズナブルに提供する」

 

という哲学のもと蔵を立ち上げた二人。

 

 

 

その2人の熱き思いに触発され私も4年前

現地に単身赴きましたが、その妥協のない、ワイン造りには心から感動しました。

 

20100812ウォータ?ストーン訪問(丹) 012.jpg

 

 

新ヴィンテージも変わりない出来栄えです。

是非、お試しください。

 

国民的アニメにも・・・

皆様こんばんは

 

再び厳しい寒さに見舞われている札幌ですが、いかがお過ごしでしょうか。

連日の降雪ですっかり雪かき疲れがたまっている方も多いと思います。

札幌市内ではインフルエンザの流行も示唆されております、お気を付けくださいませ。

 

今日はあの「サザエさん」で有名な、長谷川町子さんの誕生日です。

はい、あまりワインには関係ありませんね・・・

しかし、そうでもないのです。

あの「サザエさん」の中でワインを題材とした作品があります。

その中では、ワインを寝かせて保管するなど以外なお役立ち情報もあったりします。

話としては記念ラベルのワインにまつわる話ですが、天下の「サザエさん」でも、

ワインを題材にした話が造られていることを知り、

ワイン文化の広がりを感じた嬉しい瞬間でした。

 

作品中では、お正月にワインで乾杯しましょうといった流れでしたが、

特別な日だけじゃなく、毎日の暮らしの中で心と体を癒してくれるのもワインです。

今日はそんな、デイリーでも楽しんでいただける一本をご紹介いたします。

 

「ポセナート メルロー 」商品詳細⇒(こちら)

 

20140129PM.jpg

 

イタリアヴェネトのソアヴェ地区に古くから存在する、

自分たちが栽培したブドウを醸造瓶づめする農家の一つ。

1800年から続くポセナート家のワイン造りは、

標高の高いフィッタ村周辺の高樹齢の自家畑のブドウのみを使用。

「ヴェネト州はメルロ種の最適地」と胸を張るポセナートさん、

艶やかな果実味と呑み易さ抜群の高品質メルローです。

 

このワインがあれば、いつもの毎日が特別な日になること間違いなしです。

皆様のご来店、従業員一同心よりお待ちしております。

人×自然=

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

相変わらず夜間はバーカウンターが賑わいます札幌。

200円からテイスティングできますが、1本1本にちゃんと買付エピソードや秘話が

あり楽しくお飲み頂いています。

 

 

bar 01223.jpg

 

 

 

今夜は私も現地で感銘を受けた、フランスのシャトーをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

nyuasey.jpg

 

 

「シャトー・オー・ヌシェ白」

 

 

 

 

由緒あるお城が背後に見えます、オー・ヌシェ。

長年シャトーの繁栄に主力を注いだリュルトン家より2008年シャトーを受け継いだ、

ブリースト兄妹。 今では有機栽培に取り組むなど、ワイン造りへの努力は惜しみません。

 

 

DSC03624.jpg

 

 

 

 

 

 

 

約10年間ご無沙汰だった造り手と再会を果たしたのは今から3年前のことでした。

バイヤー主任李氏に同行し、向かった先はボルドー、ペサックレオニャン地区。 

 

DSC03658.jpg

 

「ワイン造りはブドウから。」と熱心に畑をくまなく案内してくれたブリースト兄妹。

 

 

 

 

 

 

 

早速、畑へ潜入!

 

 

DSC03677.jpg

 

すると、何やら「見せたいものがある」と足元を覗くと・・・

 

 

 

 

 

 

な、なんとカプセルが!

 

 

kusuri.jpg

 

 

虫よけのフェロモンが入ったカプセル。DRCロマネコンティでも用いられている

非常に高価なものです。

化学殺虫剤を使用する蔵が大半ですが、この環境にもブドウにも優しいカプセルで

ハマキガなどの有害な昆虫から"実を守る"のです。

 

 

 

 

 

さらに、さらに!

 

 

 

DSC03711.jpg

 

収穫後、丁寧に摘み取られたブドウは樽発酵→樽熟成を行います。

 

独特のまろやかさと果実味、上品な樽感たっぷりに仕上がります。

 

 

 

 

「良いワインって良い人と豊かな自然が造り出すのだよ」 

 

 

数年前にあるカルフォルニアの蔵元さんにこう教えを頂いたことが

あったが、

 

 

まさにそんな造り手でした。

 

 

 

 

 

DSC03661.jpg

(2011年現地ブドウ畑にて)

 

 

 

 

 

 

寒い夜には

皆様こんばんは

 

 強風と吹雪で一時は大変な天候の週末となりましたが

皆様いかがお過ごしでしょうか、雪まつり時期が近づいてまいりました。

毎年恒例の流行に負けないよう、体調管理にも十分お気を付けくださいませ。

 

毎月26日はふろの日だそうです。

あまりワインには関係ない日に感じますが、今日は古くから世界中で親しまれ

古くはクレオパトラやメアリー王女も愛した、ワイン風呂をお試しになるのもいいかもしれません。

ワインに含まれるビタミンP(ヘスペリジン)は抗アレルギー作用、発がん抑制作用、

毛細血管の強化、血流改善効果など多くの効能があることで知られています。

また、タンニンもお肌の引き締め効果があるといわれており、

美容効果も期待できます。

さすがに、買ったばかりのワインをお風呂に投入というのはもったいない話です。

お正月に開けて、飲もうと思って忘れていたワインなどがあれば、

チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

体が温まったところで、キリッとした白が飲みたくなったところで

お飲み頂くこちらの商品を今日はご紹介いたします。

 

「シャトーパンシーユ 白 フェルナンド2012」商品詳細⇒(こちら)

 

20140126pn.jpg

 

フランス革命以前から地元に根付いた家系で、

今も自然農法で作る地元消費型の希少なワインです。

ボルドーでは大変小規模ながら、

厳格なフランスワインガイド誌「ギッド・アシェット」でも

二つ星を獲得するほどの実力です。

このワインはオーナーであるパスカル氏の実の息子の

フェルナンドの名前を関した自慢の一品。

ボルドーの代表品種セミヨンとソーヴィニヨンブランから造られるこのワインは、

溢れる果実味と爽やかな酸が絶妙な一本です。

極少量のみ譲っていただいた超限定品です。

今週のバーメニューにも掲載中でございます、是非ご試飲くださいませ。

従業員一同、皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

新たに・・・

 

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

本日よりポイント5倍デー。そして価格改定(一部)となりましたヴィノスやまざき、POPの価格表記も「税抜き価格」+税

となっております。

 

 

新商品の入荷に加え店内いろいろご覧になってみてください。

 

 

 

さて、本日は毎週恒例の試飲会「フェスタ」を開催いたしました!

 

 

口コミで噂が広がり、参加者は毎週増えております!

 

 

25b.jpg

 

早速イタリアのスパークリングで乾杯! サルーテ!!

 

 

 

 

 

 

25c.jpg

 

まだ新入荷間もないワインを皆さんごテイスティングしながら一緒に、

 

 

語る、 語る・・・そして語ること30分!!

 

 

 

出た結論・・・・

 

 

 

「どれもコストパフォーマンスが高い!!」

 

 

 

 

特に最後に登場した、「プティ・マヌー」 は

 

 

 

「格付けシャトーと変わらない味!」 というコメントまで頂きました!

メドックという高級産地にてここまで価格を抑えて、美味しいワインはなかなかございません。

店内バーカウンターではテイスティングも行っております。

是非お試しください!

 

 

 

札幌店 丹

 

 

 

懐かしの・・・

 

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

 

ついに真冬日明け、その分道路はびちょびちょ・・・

どうか明日もお足元にはお気をつけてお越しください!

 

 

さて、ついに始まります、明日からの新セール!

 

 

そしてポイント5倍デー!

 

 

 

 

皆さん! 準備はよろしいですか!?

明日からはなんと懐かしの人気ボルドーワイン達も復活します!!

 

 

 

例えば・・・

 

 

こんな大物ワインから、

 

 

ること.jpg

 

 

 

 

こんなバリューボルドーまで!

 

 

めらん.jpg

 

その他にも新入荷の海外ビールなど、盛り沢山のセールが

はじまります!

 

 

 

明日のフェスタでも詳しくワインの魅力をご紹介いたします。

 

 

「フェスタ参加お申込はコチラまで!」 (本日24日までのご予約で参加費が無料!)

 

 

 

札幌店 丹

 

お仕事帰りに!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

天気予報によると1月の真冬日も本日が最後、明日からはプラスの気温が

続くようです。

 

 

 

さて、本日も口コミでお越しの方や、お連れ様と軽く1杯で

バーカウンターが賑わいました。

お仕事帰りにくいっとお気軽にお立ち寄り頂いています。

 

 

 

0123.jpg

 

 

毎週土曜日にメニューを入れ替え、常時約9種類の「泡・白・赤・甘口」をご用意しています。

 

お好みに合わせて、スタッフがワイン選びもお手伝い!

 

団体でお越しの際は、店内のボトルを購入後でお持込でわいわい楽しむこともできます。

 

また週末(金・土)はグランヴァン試飲と題しまして、普段飲むことのできない

高級ワインと当社自社輸入ワインの飲み比べ対決も開催しています。

 

 

是非お気軽にお越しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今宵も・・・

 

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

さて、本日第三火曜日といえば・・・?

 

 

 

そうです、月例のワインセミナー開催日!!

 

 

本日も皆様ご参加どうもありがとうございました。

 

「注目の新大陸」 を今回はテーマに5種類のワインを一緒に飲み比べ。

 

 

ご自身のお好みを知る良いきっかけにして頂けました。

 

 

早速お決まりの「乾杯!!」 でスタート!!

 

kannpai 0121.jpg

 

 

「新大陸って色々あるのね!楽しい!」 と普段飲まない品種に興味津々の皆様。

 

 

 

改めて、比較しながらテイスティンググラスで1本1本向き合うと

香りから合わせるお食事など沢山のご意見が飛び出しました。

 

 

 

でもやっぱり、一番大事なのは、

 

 

 

「美味しいです!」

 

 

umai!!.jpg

 

この一言です。

 

皆さん、ご自身の好みを踏まえたうえでワインを1本1本

国や品種を問わずに分析しながらお楽しみいただけたかと思います。

 

 

是非、ご覧の皆様もお気軽にご参加ください。

毎週第3火曜日19時から開催しています。

 

 

→ 「詳しくはコチラまで!」

 

 

 

札幌店 丹

 

寒い夜でも・・・

皆様こんばんは

 

厳しい寒さが続いております札幌ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日「ブログに出てたワインをください」と、嬉しいお声を頂戴いたしました。

毎日は更新できておりませんが、ご覧になっていただけていることを励みに

これからも更新してまいります。

 

最近は観光の方のご来店も増えており、ホテルでお飲みになると

ご購入いただいたりということもございます。

そこで今日は少しずつ飲めるハーフサイズのワインからこちらをご紹介いたします。

 

「ストラディス・ヴェルメンティーノ ハーフ」商品詳細⇒「こちら」(リンク先はフルボトルです)

 

 20140119s.jpg

 

サシカイア、オルネライアなど世界に評価されているスーパーワインを生み出している

トスカーナ州(ボルゲリ地区)は地中海を望む高台に位置します。

このテッレ・デル・マルケサートはこれらのスーパーワインに負けない高品質なワインを

数分の一で造り出す有望な生産者です。

「秀逸なワインは秀逸なブドウから」をモットーに

畑をよく耕し除草剤などは一切使わない自然農法に徹しています。

現地イタリアではサッシカイア、オルネライア、と同等に「安くて最も旨いボルゲリワイン」

として紹介されます。

そんなマルケサートとヴィノスやまざきが共同で開発したオリジナルワインがこのストラディスです。

イタリアのヴェルメンティーノ1000種の中からTOP6に輝いたヴェルメンティーノを

当店のために特別にフレンチオークで樽熟成。

ライムやグレープフルーツの果実味と、ほのかに香るバニラのニュアンスが

素晴らしいバランスを演出しております。

 

北海道の冬は長く厳しく何より寒いですが、

意外と建物の中はしっかりと暖房が入り暑いくらいのところもございます。

冷たい白ワインを飲みたいと感じる時も少なくありません。

またこのワインは温度が上がってくると樽の香りがより膨らんでリッチな味わいにもなる、

そんな温度によっていろいろな表情を見せてくれる「ストラディス・ヴェルメンティーノ」は

北海道の冬にピッタリなワインと言えるかもしれません。

ハーフサイズとフルボトルともにございますので是非ご利用くださいませ。

従業員一同、皆様のご来店心よりお待ちしております。

豪華試飲会!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

本日も寒波の影響か外は凍てつく寒さですね。

とは言え、土曜日になりますと恒例イベント目掛けで毎週店内は

活気付きます。本日ご参加頂いた皆様本当にありがとうございました。

 

fesuta 0118.jpg

 

 

さてこの度は泡→白→赤2種→甘口(店長スペシャル)の5種類をご案内

しましたフェスタ。

 

 

ワインとともに皆さんから頂いたコメントをご紹介したいと思います。

 

 

3hon 0118.jpg 

 

左から 「モンマルサル カバ ロサード」

中央 「ブロス コンフィダンス」 右が「メリタージュ・リザーヴ」

 

ロサード

 

「ピンドン(ドンペリニョンのロゼ)より色の赤みが遥かに濃いですよ!」

 

「この価格は嬉しいです、しかも美味しい!」

 

 

コンフィダンス

 

「木樽のような香り!」

 

「これならお肉でもいけますね!(合わせて)」

 

「珍しい!今度ワイン会に持っていきます。」 

 

 

メリタージュ・リザーヴ

 

「香りがすごーい!!」

「なんですか!このぐわーっとくる深い香りは!!」

「ナパなら他で5万円とかで売ったりできる味ですよね!」

「この価格ならたまに買えるわ。」

 

 

などなど、

ご自宅で飲むときより試飲会でテイスティンググラスで

向き合ってみると、「色」や「香り」といった要素も細かく感じとって

頂けたようです。

 

明日も続きます、試飲会!

どうぞお気軽にご参加ください!

 

 

 

眠らない街

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

金曜日の夜はひときわ賑わいます、すすきの繁華街。

 

 

yjすすきのimage.jpg

 

 

 

世間ではよく "眠らない街 ススキノ" とも称されますが

 

 

夜の人口はなんと "約8万人" とも言われています。

 

 

一方、日本屈指の治安の良さもあり全国、さらには世界から毎日観光客が絶えません。

 

 

 

たぬき.jpg

 

近頃は怪しいお店の勧誘も以前より少なくなり、

夜の街といえど若い女性達がバルをはしごする光景もよく見かけます。

 

 

そんな札幌の歓楽街では東京に劣らず、むしろ上回る?!ほどのワイン熱が若い方々の間で

上昇中です!

 

 

 

なかでも最近お求めの多いのがコチラ!

 

 

もすか.jpg

 

「リッチランド モスカート」

 

「シュワシュワで少し甘いのありませんか?」 と最近のトレンド甘泡部門において

ダントツ1位の人気です。

 

お客様からは、

 

「誰が来ても出しやすい!」

 

「デザートと軽くやりたい時にイイね!」

 

「女の子ウケがいいよね!大勢だと助かります!」

 

 

 

などなど、味そのものの美味しさプラス

家呑み、女子会、ホームパーティなどのオケージョンに合わせて

飲みやすく親しみやすいモスカートがフィット!

 

 

是非、一度お試しください。

 

 

 

酒は百薬の・・

皆様こんばんは

 

昼間は久しぶりの好天にめぐまれた札幌でしたが

皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

今日1月16日は1920年アメリカで禁酒法が実施された日です。

日本ではあまりなじみのない禁酒法ですが、

自由の国アメリカで、たった100年前にこんな法律があったなんて

今では考えられませんね。

今日はこの禁酒法の前からカリフォルニアで造られているこちらのご紹介です。

 

「エミールズ レッド」商品詳細⇒(こちら)

 

20140116g.jpg

 

グリエモ・ファミリーワイナリーはカリフォルニア州

サンタ・クララ・ヴァレーにある小さな家族経営のワイナリー。

 

禁酒法※(1919?1933)時代からワイン造りを行ってきたグリエモですが、

長い歴史があるだけあって、樹齢の高いブドウが多く収穫も手摘みで行っており

カリフォルニア全土の有名ワイナリーからも指名買いが相次いでいます。

そんな高品質なブドウを使って作られているのが、

この蔵元のワイン「エミールズ」です。

 

カリニャン、ジンファンデル、プチシラーといったユニークなブレンドからなるこのワインは。

チェリーやベリーの香り豊かな飲みやすさ抜群の一本です。

 

サイズもハーフからマグナムまでございます。

様々なシーンに合わせてご利用くださいませ。

皆様のご来店従業員一同心よりお待ちしております。

寒い夜には・・

皆様こんばんは

 

三日間続いた降雪もひと段落し久しぶりの好天となりました。

久々の晴れ間も気温は低く厳しい日が続いております。

インフルエンザもはやり始めております、お気を付けくださいませ。

 

本日バーカウンターをご利用いただいたお客様に、

「おでんに合わせるんだったらなにがいいですか?」

とご質問頂きました。

無難なところで、切れのいいスパークリングをお答えいたしました。

ただ今大人気の「マルキ・ド・オー」です。

しかし、無難すぎるとご納得いただけませんでした。

そこでご案内した、ちょっと変わったこちらのワインはいかがでしょうか。

 

「ロンダン リオハ レセルバ」商品詳細⇒「こちら」

 

 20140114b.jpg

 

ボデガス・サンタマリアはスペイン屈指の銘醸地ラ・リオハ・アルタに位置し、

1993年に現オーナーのホセ・サンタマリア氏により設立。

リオハでは小規模ながらも「良いワインは良いブドウ栽培に尽きる」と、

オーナー自ら毎日畑にできる限りの作業をします。

完熟ブドウはすべて手摘みされ厳しい選別の後温度管理付の最新タンクで醸造。

アメリカンオークとフレンチオークで長期熟成されます。

2年の樽熟成後さらに2年の瓶内熟成を経てリリースされるそのワインは、

濃厚で深い果実味と複雑で柔らかいアロマに加え熟成感をも味わえるバリューな一本です。

 

20140114o.jpg

 

北海道では、おでんにみそだれをつけて食べることもございますが、

おでんのだし感味噌の甘みを包み込む熟成感をまとった果実味で、

まさに不思議なマリアージュを感じて頂けます。

どうぞお試しくださいませ。

 

20140114y.jpg

 

寒い日が続きますが、ススキノの夜と美味しいワイン、

そして、従業員の笑顔が、皆様のご来店をお待ちしております。

是非ご来店くださいませ。

 

こんな日には・・・

 

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

北海道は今まさに厳冬を迎えております。

比較的暖かい札幌でも本日は最高気温マイナス5℃と凍りつきましたね。

 

 

 

マイナスの世界.jpg

 

店頭前の温度計 夕方すでにマイナス6度前後

 

 

 

 

こういうときばかりは東京暮らしが懐かしく思えますが、北海道には心温かい道民と

新鮮な素材を活かした料理が魅力でございます。

 

 

 

今日はワインとともにこの時期おすすめのお食事をご提案したいと思います。

 

 

 

 

冬の郷土料理 「カジカ汁」 です。

 

 

 

kaajika.jpg

 

 

美味しい野菜とカジカのだしで体の芯から温まります。

 

 

 

 

合わせますは当社随一の人気を誇るブルゴーニュワイン

 

 

まこん.jpg

 

「マコン・ヴィラージュ」

 

 

当社では長年、高品質なブルゴーニュワインを2000円以下でご案内できるよう

フランス中を歩き回り、交渉を重ね、たどりついた造り手がこちらマコンの造り手トラミエでした。

 

 

土地の細分化されたブルゴーニュでは多い「ネゴシアン」と呼ばれるワイン商の1人。

個人のドメーヌ(小規模造り手)より毎年安定した品質と低価格が利点と言われていますが、

豊かな個性に欠けるとも一般に言われたりもします。しかし、トラミエの所有する畑には

先代から受け継いだ自社所有の畑やネゴシアンならではコネクションを駆使してクオリティと個性溢れる

手造りワインを毎年提供し続けています。

 

 

IMG_0937[1][1].jpg

 

 

程よい酸味に果実味、上品かつカジュアルなテイストにお客様からは

「ついリピートしてしまいます」 とどんなお料理にも合う頼りになる1本です。

 

 

是非、汁物のみならずお食事のお供にお試しください。

 

 

今年の一本!?

 

皆様こんばんは

 

 

午前中からの吹雪となってしまった連休二日目、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

20140112a.jpg

 

 

夜には吹雪は収まりましたが厳しい寒さとなりました。

皆様お体にはどうぞお気を付けくださいませ。

 

 

20140112b.jpg

 

 

三連休の中日ということもあってバーカウンターも大賑わいでした。

なかでも本日皆様をうならせたこちらのワインをご紹介いたします。

 

「タンバー ベイ ラビカノ 2010」商品詳細⇒(こちら)

 

20140112c.jpg

 

一般の人はテイスティングルームに入ることさえできない真の秘蔵ワイン!

ナパヴァレーのカルトワインと言われる、スクリーミング・イーグル、

シュレイダーなどで醸造を行っていたブラウン氏と元アップルコンピューター、

ジョブズ氏の右腕だったオーナーの強力タッグから生み出されるワインです。

ハリウッドスターなどの業界トップクラスの顧客のみに販売するため、

日本に販売する分は無いと一旦は断られるも交渉の末僅かに入手に成功いたしました。

絶対に出回らないと言われた、カリフォルニア秘蔵中の秘蔵ワインをぜひお楽しみくださいませ。

 

 

是非ともご賞味くださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。

毎週恒例の・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

最高気温がマイナスという寒さが厳しい日が続きますね。

にもかかわらず本日は試飲会をはじめ多くのお客様にご来店いただきました。

皆さん、本当にありがとうございます。

 

sapporo.jpeg

 

バー隣特設スクリーンでは価格発表の度に「えー!」のお声も頂ました。

 

なかでも本日一番の「美味しい!」と評判だったワインをご紹介したいと思います。

 

まるき.jpg

 

「マルキ・ド・オー」

 

 

 

フランスは名産地ボルドーで造られるスパークリングワイン。

 

「今年に入り泡は飲まれましたか?」 とお聞きすると意外とまだ飲まれていない

初スパークリングで乾杯の参加者もしらっしゃいました。

 

 

皆様第一声は 「あぁ美味しいー」

 

その美味しさの秘訣はシャンパン製法とあるお客様から

コメント頂いた 「品種の特性」 がよく出ているという点につきるかと思います。

 

シャンパンと同じ瓶内2次発酵を経て造られるスパークリングは

フランスでは「クレマン」と称され並級の泡とは区別されています。

そのクレマンをボルドーの得意とする「セミヨン種」を用いて風味を残しながら

本格シャンパン風に仕上げます。

 

明日も開催します試飲会! 

皆様のご来店スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

冬ならでわ

皆様こんばんは

 

今日から強烈な寒さに見舞われている札幌ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

店内ではホットワインもお飲み頂けます、お気軽にご利用ください。

 

寒さも本格化してまいりまして、冬ならではの食べ物が

食卓に上がることが多くなってきたのではないでしょうか。

冬の食事の王様と言えばなべです。

鍋料理と言ってもいろいろあると思いますが、

今日はシンプルな常夜鍋(じょうやなべ)をご紹介したいと思います。

 

お鍋にお酒と水を1:1で張り、昆布を適量投入致します。

火にかけて沸騰したところでホウレンソウ投入し、さらに一煮立ちしたところで

豚バラを投入火がとおったところをポン酢でいただきます。

 

montd'or2.jpg

 

〆に鍋用ラーメンを入れても美味しく頂けます。

ホウレンソウと豚肉そしてポン酢のシンプルな組み合わせが

飽きないので毎日でも食べれるということで、常夜鍋と言われております。

そして今日はこの常夜鍋にもピッタリのこちらのワインをご紹介いたします。

 

「マルキ・ド・オー・クレマン・ド・ボルドー・ブリュット」商品詳細⇒(こちら

 

20140109.jpg

 

マルキ・ド・オーは自家栽培のブドウのみを使用した、クレマン・ド・ボルドーの生産者です。

二年連続でクレマンのみを対象としたコンクールで金賞を受賞している名実ともにトップ生産者です。

この蔵元とヴィノスやまざきがコラボレートして作ったのがこのワインです。

瓶内二次発酵そして、一年間の熟成を経て出荷されるこのスパークリングワインは

クリーミーな泡と切れの良い酸が特徴です。

 

寒い夜には家族やお友達と鍋を囲んでのスパークリングワイン

常夜鍋との相性も抜群のこちらのワインをどうぞお試しくださいませ。

価格ではないバリューなワイン

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

今夜も昨日に続き外は冷え込みますね。明後日からは暴風雪との予報ですが、

風邪には気をつけましょう。

 

 

 

さて、今夜は昨日の不動のデイリーワインに打って変わり

 

これぞグランヴァンという1本をご紹介したいと思います。

 

 

para s.jpg

 

「パラダイム カベルネ」

 

 

カリフォルニア州の名産地「ナパヴァレー」の中でみ最高エリアと呼び声高い

オークヴィルにこの蔵元は拠点をおきます。

 

バイヤーからは、「こんな凄いワインは飲んだことがない!」 と一昨年夏の買い付け時には

現地から感動のレポが届くほどでした。

 

 

あれから約2年・・・

 

 

「ひょっとすると現地で買うより安いのでは」 とカリフォルニアワインを良く知るお客様を

はじめ、「ワインって価格じゃないけど、コレこそバリューだよ!」

 

とバリュー=低価格ではないというお声がよく聞こえてきます。

 

DSC06862.JPG

 

ナパで最高のロケーションのブドウを用い、

 

最高のスタッフを揃え、手間隙かけて作られたワイン。

 

 

今回ご紹介のカベルネは生産者曰く

今後数十年は熟成可能だそうです。

 

DSC06777.JPG

 

カリフォルニアのみならず、カベルネを主体にボルドーブレンドで仕上げるこのスタイルには

ボルドーワイン好きの方々をも魅了しています。

 

 

是非お試しください。

 

 

札幌店 丹

変わらないワイン

 

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

 

いかがお過ごしでしょうか?

長い連休明けの仕事にだるさを感じていませんでしょうか。

そんなとき私はさくっと赤ワインで気分転換もおすすめです。

 

 

 

さて、今夜はタイトルにございます「変わらないワイン」をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

「いつ飲んでも美味しい、誰に渡しても喜ばれ、そしてリーズナブル!」

 

 

 

 

 

なかなか探しても見つからない、そんなワインが今日ご紹介のヴィノスやまざき直輸入第一号

「THE 定番ワイン」 こと

 

 

 

れぞ赤.jpg

 

「シャトー・レゾリュー赤ラベル」

 

 

 

 

輸入開始から約20年間、毎年 "変わらない品質"

 

 

 

 

長年 "変わらぬレゾリューファンの皆様" 

 

 

 

 

そして "変わらぬ蔵元の情熱" 

 

 

 

 

keisyou.jpg

 

当主 ピエールさん

 

 

 

私も5年前の入社当時に、このワインを初めて試飲した時の衝撃を

未だ忘れられません。

 

 

理屈を抜きに、当時ワインを詳しく知らない若造の舌にも、一般に市販で流通しているデイリー

ものとこのワインの味の違いは歴然でした。

 

 

 

 

お客様からは、

 

 

「こんなに毎年安心してケース買いできる商品はワインを除いてもそうないよ」

 

 

「人にもらって以来大好きでリピートしてます」

 

 

「渋さも、果実味もちょうど良くで食事に幅広く合わせます」

 

 

 

などなどご家庭飲みワイン定着率100%?! というくらい癖になる

ワインです。

 

 

「美味しいワイン飲みたい! けど今日は千円台で抑えたい!」

 

こんな日にはぜひ気軽にお試しください。

 

 

 

札幌店 丹

 

明日は・・・

皆様こんばんは

 

今日は晴れたり雪が降ったりと忙しい空模様でした。

明日は七日、七日と言えば七草粥でございます。

春の七種(セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・仏の座・スズナ・スズシロ)を

おかゆにしていただきます。

皆様の中にも明日は、七草粥を考えている方も多いのではないでしょうか。

ただこの七草粥、年末年始の暴飲暴食の後には体によさそうですが、

少々お味が簡素で味気なくなりがちです。

そこで、一風変わった白ワインを風味付けに使ったり、

チーズおかゆに溶かしてみてはいかがでしょうか。

味わい豊かに健康を考えた食事になります。

そこで今日はこんなワインをご紹介いたします。

 

「トゥール・ド・レイニャック 白 2011」商品詳細⇒(こちら

 

20140106.jpg

 

16世紀から続く歴史あるシャトーを1990年に元実業家のイヴ・ヴァテロ氏によって

畑とシャトーを全面改装し再出発した蔵元。ボルドーに流れる二つの大河の間、

サンルーペむらの135haの敷地に約80haのブドウ園を所有。区画ごとに

ボルドーの銘醸地に酷似した土壌があり、それぞれの特性に合った品種を栽培しています。

そのレイニャックのオーナー・ヴァテロ氏に無理を言って共同開発したのかこの

トゥールドレイニャック!!ソーヴィニヨンブランを中心に、

すっきりとした中にも十分な果実味を感じることのできる白に仕上げました。

最高のコストパフォーマンスを誇る一本です。

これをおかゆに使ってしまうのは贅沢ですが、

七草粥をこのワインのお供にしてみても面白いかもしれません。

 

年末年始の忙しさもひと段落して、

疲れも出てくるときかと思いますが、体調管理にお気お付けの上

楽しいワインライフをエンジョイしてください。

従業員一同心よりお待ちしております。

新春のお楽しみ!

皆様こんばんは

新年さんがにちはあいにくの天候で、

雪かきに追われた方も多いのではないでしょうか。

 

悪天候の札幌ですが今年も大好評の福袋!!

3000円、5000円、10000円の通常福袋に加え、

10000円のドンペリが当たるかも福袋に、

20000円のオーパスワンが当たるかもしれない福袋!

更には札幌店限定の中身の分かるプレステージお楽しみ袋!!

 

 

限定五日間ですので残り二日となりました。

残りわずかですが、まだご用意ございますので是非ご利用くださいませ。

 

お正月おせちにお雑煮、満喫された方も多いと思いますが。

おつまみはまだございますか?

 

20140103b.jpg

 

ワインはもちろんですが、ドライフルーツ、ナッツにクラッカー、

そして、直輸入チーズも豊富に取り揃えております。

ワインと食材がセットになった大変お得な限定セットもございます。

 

ススキノ方面にお越しの際はぜひお越しくださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。

 

 

 

初乾杯!

 

皆さん、こんにちは! 丹です。

 

 

いかがお過ごしでしょうか?

ご自宅でゆっくりくつろぎながらお酒でしょうか。

 

 

201402.jpg

 

 

本日の札幌店は早速、バーカウンターでは初めてのお客様から常連のお客様まで

皆さん一緒にワインを楽しまれていきました。

 

 

 

ちなみにバーカウンターにて

テイスティングオーダーNo1の人気白ワインをご紹介致します!

 

 

レイニャック白.jpg

 

「レイニャック白 2006年」

 

 

当店を代表するボルドーの白ワイン

リッチな味わいにテイスティングバーの皆様も年明けから

贅沢な気分に浸って頂きました。

 

 

 

「これはお節とも合うね!」

「こんなコクあり白ワインはじめてです」

「ボルドー5傑・・・さすがの味わい」

 

 

などなど、大好評です。

 

 

バーカウンターにてお試しください!

 

 

札幌店 丹

 

謹賀新年

新年明けましてあめでとうございます! 丹です。

 

ゆき2014.jpg

 

2014年初ブログでございます。

すすきの街はしーんとしていますが、お目当ての「ワイン福袋」を買いに

店内は賑わいを見せました。 お足元の悪い中ご来店本当にありがとうございました。

 

 

 

 

ところで今年の干支はご存知ですか?

 

 

 

そうです! 「馬」 

 

 

 

お年賀用に」ワインをお持ちになっていく方も多いこの時期!

旬なワインをご紹介いたします。 

 

 

うま14.jpg

 

タンバーベイ・ラビカノ 2010

 

 

 

 

カリフォルニアはナパヴァレー産の赤ワイン

 

 DSC06283.JPG

※キレイに整備されたタンバーベイの畑

 

 

数ある産地の中でも、 「AVA」というアメリカ合衆国政府承認のブドウ栽培地域に

指定されている 「ヨントヴィル郡」

ナパヴァレーエリアの中でも、カリフォルニアの大地が授かった、あらゆるタイプの土壌と

ワイン栽培に最適な気候条件を持ち合わせた素晴らしい産地です。

 

 

 

ところで、

なんでまた馬のラベルなのか気になるところですが。

 

 

 

 

 

現地ワイナリーのオーナーを訪ねてみると・・・・

 

 

 

 

実際に飼っているではありませんか!!

 

 

DSC06276.JPG

 

※アラビアン競走馬   オーナーの愛馬から名づけられたそうです。

 

 

 

 

 札幌店でもカリフォルニアワイン好き、いえ馬好きの方まで虜にする至高の1本です。

今年の干支にちなんで是非おすすめです!

 

 

どうぞお試しください!

  

 

 

 

 そして最後に・・・今年も!

 

 

福袋2014.jpg

私も自信をもっておススメの「福袋」 が発売です!

明日もお待ちしております!

 

 

 札幌店 丹

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード