ヴィノスやまざき札幌パルコ店 スタッフダイアリー

2013年10月アーカイブ

今日はイタリアの日

皆様こんばんは

 

今日はイタリアのヌーヴォー、ノヴェッロの解禁日です!

当店ではノヴェッロの入荷はございませんが、

素晴らしいイタリアワインがバーメニューにオンリストされております。

 

「ラ・マジアブルネロ・ディ・モンタルチーノ(アーティストラベル)2007」

  商品詳細→「こちら」(リンク先は2008)

 

ram1284.JPG

 

イタリア3大DOCG(保障付き原産地呼称ワイン)の赤ワインであるブルネロ・ディ・モンタルチーノは

イタリア国家の公式晩餐会は必ず出されると言う銘柄で、

イタリアが最も誇りにしている赤ワインのひとつでもあります。

ラ・マジアは25年前にまだこの地方に15件しか作り手がいなかったときから

この地でワイン造りをはじめました。

 

ramDSC_0855.jpg

 

今や200にものぼる新鋭の蔵元が占めるモンタルチーノの中ではパイオニア的な存在です。

古木から作られるワインは当然素晴らしく、普通のブルネロで「ワインスペクター94点」など

数々の評価誌でランクインされております。

果実味主体の深い味わいと、ブルネロらしい力強さと

決めの細かいタンニンが見事にバランスの取れた一品です。

某IT企業のCEOも蔵に直接注文を入れていると言う蔵元がこのラ・マジア。

そしてコチラが年に数本飲み仕込む特別なアーティストラベルです。

(2007はノルベルト・カンツ氏作)

 

こちらも今週のバーカウンターメニューにオンリストされております。

是非ご賞味くださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。

 

はずれなし!!

皆様こんばんは

 

秋も深まり紅葉も進んでまいりました。

大通り公園の木々も色づいてまいりました。

1029image.jpeg

秋と言えばオータムジャンボ、もう抽選も終わり当選された方もおられるのではないでしょうか。

1945年の今日は宝くじの第一回の発売があった日だそうです。

このブログをご覧の当選者の方は今週末はヴィノスに美味しいワインがお待ちしております。

もちろんそうで無い方も、心よりお待ちしております。

ワインを買うときは、産地や品種などから味を推測してご購入されるかたも多いと思いますが。

帰ってみて、開けたら思った味ではなくがっかりと言うことも少なくないはずです。

毎日の楽しみの一つにされてる方も、特別な日に開けた方もそれでは残念です。

そんな一か八かなワイン選びではなくしっかりと味を確認してからご購入頂けるワインバー、

皆様に好評でございます。

今日も平日ですが沢山の方にご利用いただきました。

その中からコチラのワインをご紹介いたします。

 

「3ブリッジス・デュリフ」商品詳細⇒(コチラ

 

3b1283.JPG

シドニーから600kmほど内陸に入った銘醸地リヴァリーナ・グリフィス地区にあるウェストエンド・エステート。

非常に日照量が多く乾燥し寒暖の差が激しいこの地は、ブドウ栽培には最適の場所です。

そこで栽培されるデュリフという品種からできるワインです。

デュリフとはシラーとプルールサンという品種の交配品種ですが、

カリフォルニアのプティシラーと同一品種とされております。

濃厚な果実実と力強いタンニンが特徴の長熟ワインです。

某評価誌でも90点以上を獲得したスペシャルワインですが、

このワインは何とスクリューキャップなのです。

スクリューにあまりよく無いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、

今は技術の発達によりコルクと同等かそれ以上の性能の物もございます。

何よりブショネが無いのは嬉しいことです。

当店では、ブショネがお客様にわたってしまった場合でも返品交換を致しておりますが。

いざ飲むときにブショネだったときの悲しい気持ちと言ったらございません。

 

bar1282.JPG

今週のバーメニューにもオンリストされております。

是非ご賞味くださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。

 

 

 

 

鍋の季節ですが!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

いやぁ寒さが本格化してまいりました、札幌。

夜ご飯はやっぱり鍋でしょうか?たまには1人鍋も寂しい・・・いえ楽しいものです!

 

 

さて、今日は久々の再入荷あのワインをご紹介したいと思います。

 

taru.jpg 

 

「レグラーヴ・白樽」

 

 

フランスはボルドーで長年に渡り親子でワイン造りに励むヴィノスやまざき

とは長いながいお付き合いのある造り手さんです。

 

 

 

20年近くに渡り、彼の造るワインには多くファンが増え続けてゆくなか、

弊社の店舗数が増えた今では、年間生産本数に限りのあるこのワインは定番では扱えなくなっております。 

 

 

 

そんな中私も2年前、現地を訪問したときに口にしたテイスティングと彼の

情熱は今でも覚えています。

 

 

 れぐら.jpg

驚きのあまり、つい聞いてしまった次の質問。

 

 

 

私: 「こんなに美味しいワイン・・・もっと造って沢山おろさないのですか?」

 

 

ポヴィフ氏: 「もう売る先は君たちを含め長年きまっているんだ。その分だけ、毎年

        一生懸命造るんだよ。」

 

 

 

とこう淡々と語ってくださりました。 

 

はっと心打たれた瞬間でした。

 

 

まさに、 「職人」 です。

 

 

(ポヴィフ氏)

DSC03514.jpg

 

ほのかな樽感に凝縮感たっぷりの果実味は、大量生産のボルドーシャトーには

できないハンドメイドのポヴィフさんの愛情すら感じます。

 

 

只今、札幌店バーカウンターではメニューオンリストしています。

是非お試しを!

 

ちなみに、塩系の鍋との相性もばっちりです!

 

丹 

これぞオージーの頂点!?

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

連日の雨で外は寒いですね。もう札幌はホットワインの季節でしょうか。

さて本日からバーカウンターでは新しいメニューがオンリストしております。

 

20131026.JPG

 

 

 

なかでも本日好評だったのがこちらです。

 

 

 

20131026白.jpg

 

「3ブリッジズ シャルドネ」

 

 

オーストラリアより少量生産の限定ワインの登場です。

貴腐ワインでも有名なウエストエンド・エステートより、3ブリッジズシリーズの白ワイン。

 

 

お客様のコメントをご紹介しますと、

 

「オーストラリアでこんなに上品な味なんだ!びっくり!」

「果実味や樽の感じが強すぎなくて、素敵。」

「飲みやすいけど、あとから少しグワッてくるね!(風味が)」

 

コメントの通り、

 

単に樽まかせなコクあり白ではなく、ボトルでゆっくり数杯飲んでも

飽きがこない飲み口が魅力です!

 

 

 

DSC02255.jpg

(蔵の祭典ではパフォーマンスで会場を沸かせてくれたマイケル氏)

 

このワインは「Bloody Good!」(※すごく美味しい!)とマイケルもイチオシの

シャルドネは1週間限定の販売です!

 

明日もバーカウンターでは気軽にお楽しみいただきます。

是非お楽しみください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさにピノ!?

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

さて、あいにくの雨にもかかわらず当店自慢のワインバーでは

雨宿り?!的な感覚で気軽に1杯が楽しめます!

 

 

そして今夜は、2013年ヌーヴォーご紹介としまして、

前回ご紹介の「ギヨ」 にひけをとらず2年前のリリース以来爆発的な人気を誇る

この蔵元をご紹介したいと思います!

 

「ナチュール」

 

ディデ~1.JPG

造り手ご夫妻・

 

3つ星レストラン用のオーダーメイドのみという酸化防止剤も一切使用しない

ナチュラルなヌーヴォーを造っています。

 

 

 

ヌーヴォーの買付け調査隊が早速、今年の出来を見に現地へ赴いたところ

このように健全な葉そして実が見事に仕上がっていました。

 

DSC01131.jpg

 

私も2年前に訪れた際にまず、感じましたのは日射量の多さ!

ボジョレー地域を一望できる高台の絶好ロケーションに位置するナチュールのワインが

果実実に溢れる所以を身をもって体感しました。

 

ただの「自然派」ではない、とにかくピュアな果実実に圧倒されること間違いなしの

ピノノワールのようなエレガントヌーヴォー。

 

一度、お試しください!

 

 

 

 

 

 

出逢い

皆様こんばんは

 

穏やかな秋晴れが続く札幌ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

平日のバーカウンターは比較的落ち着いております。

今日も落ち着いた雰囲気のバーカウンターでしたが、

色々な出逢いがあった一日でした。

そこで今日は素敵な出逢いを演出したこのワインをご紹介いたします。

 

「レッジウッドクリーク マスカット」商品詳細⇒「コチラ

 

regi1281.JPG 

 

レッジウッドクリークは、ナパヴァレーから東に20kmほど離れた

秘境の産地スースンヴァレーでワイン造りをしております。

サンフランシスコ湾から吹き抜ける涼しい風がいつもブドウ畑を走りぬけ

湿気や病害虫から畑が守られるため、自然農法でブドウ栽培が出来ます。

ナパやソノマにある有名ワイナリーに指名買いされるブドウから出来るワインは、

高く評価されております。

このマスカットから作られる甘口ワインは、オレンジやリコリスのスッキリした風味と

マスカットの甘さが抜群のバランスです。

 

bar1280.JPG 

 

今日ご来店のお客様からも

「コレってこんなに美味しかったんですね!ノーマークでした!」

「おしいぃ!!もう一本買ってかえろー!」

と、大変好評でした。

そして、このワインがまたお客様同士の久々の再会の縁となりました。

ワインとの出逢い、人との出逢い様々な出逢いをワインはもたらしてくれると感じました。

 

レッジウッドクリーク マスカット こちらのワインは明日までのワインメニューに

オンリスト中でございます。是非ご賞味くださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

暖かいお部屋で一杯

皆様こんばんは

 

穏やかな秋晴れが続く札幌ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

気温も少しずつ下がり秋らしくなって参りました。

秋も深まってお家では暖房のスイッチを入れた方も多いのではないでしょうか。

外の寒さと家の暖かさのギャップも北海道ならではの醍醐味の1つですね。

暖かい室内では意外にもビールやスパークリングが飲みたくなってしまいます。

そこで今日はコチラのワインのご紹介です。

 

「サンシール レッド・ド・トワ」商品詳細⇒「コチラ

 

san1275.JPG

 

地元でワインショップを経営する老舗蔵元でありながら、

常に新しいことに挑戦している蔵元で有機の認証も取得。

美味しいボジョレーの生産者を探し回ってやっとであった蔵元です。

ボジョレーの格付け村を中心に畑を所有し、

自然派ワインの造り手として人気を集めております。

とことん手入れをしないと美味しい有機栽培のワインは造れませんが、

さすがのサンシール、イチゴのような香りと甘みを感じられる珍しいスパークリングです。

食事の後のデザートタイムや、お風呂上りのひと時などにも

大活躍する一本です。

ボジョレーといえばヌーボーも近づいて参りました。

 

絶賛ご予約受付中でございます。

毎年予約で無くなってしまうあのワインも今でしたらまだ間に合います。

従業員一同心よりお待ちしております。

 

 

潜入ダイアリーPart2!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

さぁ本日で2回目となります、潜入シリーズ。前回の「フッジさん」に引き続き・・・

レストランではなく!今夜はすすきのにある素敵なバーをご紹介いたします。

 

 

その名も、 

 

「BAR La Vita」 さん!

 

vita1.jpg

 

駅前通りをまっすぐ36号線をまたいでから、3ブロック目を左に曲がると見えます、

「5・3ビル」の5階です。 

 

 

 

店内に入ると・・・

笑顔で出迎えてくれるのは、紳士かつ気さくなスタッフさん。

 

vita2.jpg

 

当社の蔵直ワインの他、ビール・カクテル・ウイスキーなど幅広く

楽しめます。

 

 

 

中心街に位置しながら、すすきのの喧騒さを微塵も感じさせない、まさに隠れ家的!? 

な空間です。

 

 

vita3.jpg

 

 

 

 

気さくな店長、重堂(じゅうどう)さんが嬉しそうに取り出してくれた今月のオススメワインは・・・

当店蔵直のワイン達!

 

vita4.jpg

 

白は南フランスより、「ロランジュレ・ソーヴィニョン」、 甘口にはカリフォルニアより

「グリエモ・ロゼ」 がオンリスト!

 

 

軽く飲みながら楽しくお話したいとき、大事な人としっとり飲みたいとき、

大人の雰囲気漂うLa Vitaさんでひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

お一人様でも楽しいスタッフさんが盛り上げてくれます。

 

札幌店 丹

今年もやってきます!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

いかがお過ごしでしょうか? 

札幌店では早くも?ヌーヴォーのお求めが殺到しています。

「今年はどれ?」 というお声も多いため、各造り手の魅力をご紹介していきたいと

思います。

 

本日のご紹介は、当社とも長年に渡りパートナーシップを築きあげてきましたこの

蔵元さんです。

 

 

「ペール・ギヨ」

 

ギヨのヌーヴォーと言えば、今年でなんと110年となる古木のブドウを贅沢に使った長期熟成も可能な

ヌーヴォーが毎年大人気なのです。

 

 

 

 

その古木の育つ特級畑「グラン・クラ」を2年前、李バイヤー主任に同行し訪問。

その時目にした、リアル古木は今でも忘れられません。 

 

 

DSC04083.jpg

 

「凝縮した果実味」は超古木のギヨさんならではの魅力です。

ブルゴーニュでは平均で約30年で古木と言われているなか、その約4倍!

 

 

以前はデキャンタを要するほど、濃くて渋めのヌーヴォーと言われていましたが、

年々、ブドウの旨みや濃さと新酒らしい果実味も加わりバランス良い最高のヌーヴォーを届けてくれます。

ヌーヴォーは苦手という方も是非一度お試しいただきたい1本です。

 

ご予約は締め切りもせまっています!

 

グラン~1.JPG

2011年グランクラにて。(真中が私です一応・・・。10キロ減)

 

札幌店 丹

南仏より、こく旨白ワイン

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

秋も深まり、夜の寒さも厳しくなってきましたね、。

風邪には本当に気をつけたいところです。

 

さて、今日はヌーヴォー解禁まで約1ヶ月前ということで

店内ではイベントや今年の造り手の話でもちきりでした。

 

なかでも、南仏ヌーヴォーを手がけるこの方のワインを

ご紹介したいと思います!

 

ぐらーぶ.jpg

 

 

「ラグラーヴ・プリヴィレッジ白 樽熟成」

 

このコクと旨みたっぷりの白ワインは、「マカブー、グルナッシュブラン」

という聞きなれない南仏の地場ブドウを用いて造られます。

 

樽熟のみならず、ブドウ本来の旨みを引き立てるオロスケットさんならではの1本です。

 

 

 

シャト~1.JPG

(※昨年の様子、現地ワイナリー)

 

そして冒頭でもふれました彼が造る、新酒(ヌーヴォー)は毎年人気のため、リリース後は即完売!の

予約必須ワインです!

 

詳細はコチラです!

↓↓↓

「ラグラーヴ・南仏ヌーヴォー」

 

 

「飲みやすくて、美味しい!」

「フルーティーで爽やか!」

「今まで赤は苦手だったけど、コレならいける!」

 

というお声もあるほど、南仏ヌーヴォーで迷った際は是非こちらご予約ください。

 

札幌店 丹

レッツワインライフ

皆様こんばんは

 

10年に一度の台風が到来し、

札幌も風雨と寒さで厳しい週明けとなりました。

悪天候にもかかわらず今日も沢山のお客様にご来店いただきました。

 

Bar1272.JPG 

 

そして、世界食糧デーの今日は各国各地で、

食糧についてのイヴェントやシンポジウムが開催されているようです。

世界中の人が食に困ることなく、

世界中の人にワインを楽しんでいただきたいと切に思います。

 

ブログをご覧の皆様は、ワインと共にお食事をと考えられる方も多いと思います。

しかし、まだまだ日本ではお食事と共にワイン、

という方はそんなに多くは無いのが現実かと思います。

そこで、今日からはじめられる簡単なお食事ワインをご紹介いたします。

 

「ロンシエール 赤」商品詳細⇒「コチラ

 

ron1273.JPG 

 

1842年より代々続く伝統あるネゴシアンがブルゴーニュの南「メルキュレイ村」を拠点とし、

高品質なワインを造っております。

コートドールとボジョレーの中間に位置するメルキュレイでは、

品質の安定を図るためブルゴーニュのブドウに他の地域のブドウを

混ぜることで、毎年安定した品質のワインが造られておりました。

しかし、現在では原産地呼称の法律により産地を越えたブドウを使用するワインの

需要が少なくなり、このタイプのワインの需要は少なくなり消滅していきました。

しかし、150年以上の歴史と実績を誇るトラミエが昔ながらブレンドワインを復活させました。

ワイン法に縛られず、その年の美味しいブドウを選りすぐってワインにすることで、

低価格ながら十分な旨みを感じられるワインに仕上がりました。

ブルゴーニュの代表品種であるピノノワールとガメイを中心に

果実味と力強さを加える南仏品種をブレンド、

旨み十分でエレガントなスタイルに仕上がっております。

 

ほのかな甘みと、やさしい塩味の栗ご飯には正にぴったりです。

軽やかな味わいが、ほかの和食のお料理にも合いますので、是非お試しください。

 

そのほかにも、沢山のワインが皆様をお待ちしております。

その日の献立に合うワインも、お気軽にお尋ねくださいませ。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

レストラン潜入ダイアリー!Part 1

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

ついに3連休も最終日、どんな3日間でしたでしょうか?

札幌店では、連休の際は道西は函館、道東は釧路からはるばるお越しになられる

お客様もいらっしゃいます。 本当に感謝の気持ちで一杯です。

 

 

sapporo1014.jpg 

 

 

 

さて、タイトルにもあります 「レストラン潜入」 ですが・・・

札幌には中央区だけでも東京にも負けないほど数多くのレストランやバーが存在します。

なかでも、"お洒落で粋な"飲食店さん達をご紹介してまいります。

もちろん、ワインは当店のヴィノスやまざき直輸入ワインがお手ごろ価格でお楽しみいただける所です!

 

 

早速ですが、本日のレストランさんをご紹介いたします!

 

huzzi1.jpg

 

「スピエディーノ フッジ」 さん

 

狸小路8丁目を抜けますと、角地に見えますサントービル、

地下1階にあるお洒落なイタリアン。

 

 

なんと言っても、気軽にそしてリーズナブルに楽しめるのが、

カジュアルイタリアンをモットーとするフッジさんの魅力です。

 

huzzi5.jpg

 

価格はリーズナブルでも味は本格派!

 

パスタをはじめ、おつまみから幅広いメニューが充実しています。

 

huzzi2.jpg

 

「鳥肉とキノコのビアンコスパゲティ」

 

 

そして、これは凄い!と噂の・・・・

シェフが差出す一品は 「ウズラのグリル」 です。

 

huzzi3.jpg

 

 

ここで重要な、

ワインとお食事のマリアージュですが、フッジさんではオンリスト頂いている、

 

huzzi4.jpg

 

 当店不動の人気イタリアワイン 「グラディオ」  の赤ワインがオススメです。

 

美味しいお料理にワイン、親切で気さくなシェフとスタッフさん。肩肘張らずに楽しい時間を過ごしたい方に

是非おすすめです。

 

 

 札幌店 丹

 

今年最後の

皆様こんばんは

 

三連休なか日あいにくの天候に見舞われましたが、

秋らしい天候に木々の紅葉も進んでまいりました。

アウトドアでワインを楽しめるのも、もうあとわずかですね。

そこで今日は、アウトドアで秋の味覚と楽しめるこんなワインのご紹介です。

 

「グリエモ ダブルゴールド」商品詳細⇒「コチラ

 

WG1271.JPG

 

グリエモワイナリーはカリフォルニア州サンタ・クララ・ヴァレーにある小さな家族経営のワイナリー。

ブドウ栽培の歴史はナパヴァレー同様に長く樹齢の高いブドウ畑が多く存在しております。

このワイナリーは、1925年から存在する3代に渡り受け継がれるブドウ農家で、

育てられるブドウの苗木も樹齢60年を超えるものも有り、

醸造施設も歴史が有り、大樽小樽をバランスよく使うクラシックな造りがこの蔵の歴史を物語っています。

使われている品種はプティシラー100%。

 

プティシラー.jpg

 

プティシラー聞きなれない品種ですが、シラーとプルールサンと言う南仏品種との交配品種です。

今ではカリフォルニアの固有品種となっております。

強靭なベリー香とタンニンを持っており、ひとたび優れた生産者にかかると素晴らしく

エキゾチックなワインとなります。

そして、この「ダブルゴール」はまさに

プティシラーのポテンシャルをフルに発揮したワインと言えます。

カリフォルニアの2大コンテストにおいても、最高金賞n輝いた同蔵が誇る濃くありワインです。

 

BA1270.JPG

 

あいにくの雨で落ち着いた雰囲気のバーカウンターでも、

ご注文のお客様からも、深いため息ののち 「うまい!!。」

 

「前に飲んだときより美味しく感じます。」

「濃厚な果実味と、スパイシーな味が肉にはぴったりですね。」

 

など、沢山のお言葉を頂戴致しました。

今年最後のアウトドアパーティーにいかがでしょうか。

コチラのワインは今週のバーメニューに掲載中です、是非お味見くださいませ。

 

また、三連休企画のTOV(テイストオブヴィノス)も好評開催中でございます。

明日は最終日です、まだの方は是非ともが来店くださいませ。

従業員一同心よりお待ちしております。

 

今宵も雨、ですが・・・

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

今日も引き続き外は雨模様、気温も一気に下がり冬の到来を

感じさせましたね。

 

さて、本日の札幌店は昨日の告知通りイベント尽くしの一日!

 

 

土曜17時恒例の 「フェスタ」 では皆さん、ワインに思わず 「美味しい!!」 とご満足の様子でした。

 

efsuta1012.jpg

 

御決まりの 「チアーズ(乾杯!)」でスタート!

100周年、感謝祭の節目に特別なワインをご堪能頂きました。

 

テーマであった「蔵の祭典」、なかでも本日はお店でご紹介できませんでしたが、

 

今最も札幌にてリピートが多いワインをブログにてこっそりお伝えいたします。

 

 

それはコチラです!

 

car120120.jpg

 

「ウォーターストーン・カベルネリザーヴ」

 

 

飲んだ瞬間、 「これ、美味しい!」 と誰もが絶賛のコクあり赤ワインです。

 

造り手はカリフォルニアはナパヴァレーを拠点に活躍する、「ウォーターストーン・ワイナリー」

 

「リーズナブルで最高に贅沢なナパワインを造り出す」 という哲学のもと設立されヴィノスやまざきでは

より現地価格に近い特別価格にてご案内させていただいております。

 

 

DSC02187.JPG

 

店内にはご覧の通り、フィリップさんの直筆サインがまだございます。

これぞ!という1本大事な日にそして大事な人へのプレゼントに是非ご利用ください。

 

 

札幌店 丹

 

感謝祭!明日からの3日間は・・・?

 

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

本日はあいにくの雨でしたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

札幌店ではニュースタッフも加わりより元気一杯営業しております。

 

ba- 1011.jpg

 

夜間にはおかげさまでバーカウンターも賑わいました。皆様ありがとうございました。

 

 

 

さて、今夜は明日の目玉アイテムをチラっとご紹介いたします。

 

 

なんと、 「福袋」です!

ダイレクトメールがお届きの方はご存知かと思いますが、

明日からの3連休限定販売となります!

 

ふくぶく.jpg

 

3千円、5千円それぞれ4本詰まったワイン福袋は、

それぞれ30セット限定の先着順です! どうぞお早めに!!

 

 

さらにさらに、

3連休限定にて人気イベント 「テイスト・オブ・ヴィノス」 が帰ってきます!

ワンコインにて5種類のワインがお楽しみ頂ける素晴らしい企画です。

今回のテーマは「蔵の祭典バージョン」と題しまして、札幌でフィナーレをむかえました祭典から

数カ国をピックアップしてのラインナップとなります。

 

時間:12時から20時まで

場所:札幌店 バーカウンター

会費:500円

 内容は・・・お店に来てからのお楽しみです!

 

 

 

そして・・・・

17時からは恒例のフェスタも開催されます!

 

札幌_1~1.JPG

↑以前の様子

 

ワイン好きの皆様!

明日からの3日間はヴィノスやまざき札幌店へLet's Go!!

 

 

札幌店 丹

 

 

嬉しいお知らせ

皆様こんばんは

 

今日は嬉しいお知らせを頂きました。

ソムリエ、ワインエキスパート、ワインアドバイザー試験の結果が先日発表になりました。

当店でも二次試験対策のセットなどをお出ししておりましたが、

当店をご利用頂き合格されたとの報告を頂戴致しました。

そして、その方が今日おのみになったワインがコチラです。

 

「ミランキュヴェ・レゼルブBRUT」商品詳細⇒「コチラ

 

 

jam1267.JPG

 

1864年、特級村のオジェに設立されたメゾン「ミラン」ブドウ栽培にて極めて評価は高く、

クリュッグやヴーヴ・クリコにもブドウを売却していた歴史を持っております。

栽培されるのは100%シャルドネ、造られるワインもシャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。

味わいも、シャーンパーニュと聞くと思い浮かぶあのシャンパーニュに評価で上回るほど。

 

miran0566[1].jpg

 

本日起こしのお客様も勝利の美酒に酔いしれておられました。

嬉しい知らせに、これからの毎日の力を頂戴致しました。

コチラのシャンパーニュはバーカウンターメニューにも入っておりますので、

週末には皆様も是非お越しくださいませ、

従業員一同心よりお待ちしております。

 

このワインありますか?

皆様こんばんは

 

朝のうちに降っていた雨も夕方にはすっかりやんで

キレイな夕日も見ることが出来ました。

日々気温も下がってまいりましたが、皆様体調管理にもお気をつけくださいませ。

 

時折お店には電話にてお探しのワインがあるかの確認がかかってきたりします。

その多くは他のインポーターさんが入れているもので取り扱いの無い商品だったりしますが。

今日は、当店で扱っているこのワインのお問い合わせを頂きました。

 

「シャトー・ド・レイニャック2010」商品詳細→「コチラ」

 

srn1266.JPG 

 

16世紀から続き歴史あるシャトー、

1990年に実業家のイヴ・ヴァテロ氏によって畑とシャトーを全面改装して再出発。

以来世界最新の醸造設備に著名コンサルタントミッシェル・ロラン氏とともに作り上げるワインは

「今や1級シャトーを超える」存在として数々の逸話を持つ蔵。

セカンドにあたるこのワインも濃縮感と複雑味はセカンドとは思えないほど。

 

REIGNAC.JPG

「レイニャックと言うワインはありますか?」

本日のお問い合わせはコチラのワインでした。

その後早速ご来店頂きご購入いただきました。

気温が下がって暖かいものが食べたくなる季節です。

しっかりめのお肉料理との相性もバッチリ、

「シャトードレイニャック」を皆様もぜひお楽しみくださいませ。

 

従業員一同心よりお待ちしております。

彼らが残した足跡

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

昨夜の蔵の祭典の興奮冷め遣らぬなか、本日の札幌店にはある発見が!

 

あたりを見回すとすぐ気が付くのが 「サインボトル」 の多さです。

 

 

guriemo.jpg

 

 

そうです、昨日生産者で埋め尽くされた店内。

帰ってしまいましたが、彼らが造るワインに直筆サインを残していってくれたのです。

 

 

世界各国から個性豊かな造り手達!

見ているとどれも面白いです。

どんな感じかといいますと・・・

 

 

なかには、こんな可愛らしい絵付きのサインから、

 

 

eter.jpg

 

 

文字アートのような日付入りサインまで!(しかも、長期熟成可能なコクあり赤です)

 

mu-tann.jpg

 

 

ということで今の札幌店には、数々の生産者が残した足跡がズラり目に見えます!

 

店頭のショーウィンドーから店内ボトルまで、見ているだけでも楽しくなってきます。

是非覗きにお越しください。

 

札幌店 丹

 

 

 

 

 

「蔵の祭典」、ついにフィナーレ!

こんばんは、李です。

昨晩、ヴィノスやまざき創業100周年パーティ「蔵の祭典」は札幌にて最終日を迎えました。

photo.jpg


12蔵元が駆けつけたこの会には、札幌店オープンの頃からご愛顧くださっていたお客様で満員となりました!

ssssssss.jpg

各国のお国自慢で会は一層盛り上がり、たくさんのお客様から暖かいメッセージを頂戴しました。

 

「普段飲んではいるけれど、実際に作り手にお会いしてもっとファンになりました!感動しました!」

「初めて参加しましたが、初めてワインが美味しく飲めたよ!」

「札幌でこんなイベント、体験したことない!!」


堅実に美味しいワインを、ヴィノスやまざきのお客様のために提供し続けてくれた造り手に、買付隊長の種本から花束が贈呈されたシーンには、スタッフもお客様も涙しました。

IMG_3547.JPG


ヴィノスやまざきの大八車は、お客様が求める場所ならどこまでも生産者を引き連れ駆け巡ります!

0906d.jpg

お越し頂いた皆様に改めてお礼を申し上げます。

これからも、ヴィノスやまざきをどうぞ宜しくお願い致します。


はずれなしの運試し!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

今日は金曜日とあり週末用にワインやスパークリング、ちょい飲みに

バーカウンターと盛り上がりました。

 

最近の話題は 「抽選会」 です。

今お店では6日まで3000円以上お買い上げで1回くじをひくことができます。

 

本日も1発でリーデルグラスを当てられた方も・・・!

はずれなしのお楽しみ抽選会です。

 

くじ.jpg

 

 

そして、明日よりバーカウンターのメニューも一新されます。

新入荷の「チリ産秘蔵ワイン」 から「レゾリューが造るロゼ」 まで目新しいワインの数々がオンリストしています!

 

皆さんのお越しスタッフ一同お待ちしております。

 

そして明後日にフィナーレをむかえる「蔵の祭典@札幌」、待ちきれません!

ご参加いただけない方も日曜日のお昼過ぎからは生産者の来店率がぐぐっとアップ!

全13蔵元の共演を前に1杯ついでに覗きにお越しください。

 

明日は東京会場に私も参加させて頂きます。熱気そのまま明後日は北海道に上陸致します!

 

札幌店 丹

前夜祭?!

皆さん、こんばんは! 丹です。

 

 

心地よい秋晴れが続きますね、ここ最近の札幌。

とはいえ、夜間はまだ肌寒いです、風邪には気をつけたいですね。

 

 

さて、本日の札幌店は平日にもかかわらず

バーカウンターにはお友達などお連れ様と一緒にワインを楽しみにお越しの方々で賑わいました。

 

 

1003.jpg

 

 

「次はコレちょうだい!」 とテイスティングにて9種類のワインをお楽しみ頂ける

ことからワインの勉強からちょっとした時間潰しなどご利用は様々です。

 

 

そして、明日明後日は 「グランバン比較試飲!」 が開催されます!

 

 

set.jpg

 

●シャトー・クレール・ミロン 2000年 ボルドー格付け5級

        VS

●バルチュス 2009年


今やボルドーを代表する造り手「レイニャック」の最高峰。
当たり年09年がついに抜栓です!

日時:10月4日(金)から5日(土) 12:00から20:00
会場:札幌店バーカウンター
定員:先着12名
会費:2,500円(各60cc)

格付けシャトーとレイニャック! 果たして皆様のお好みはどちらでしょうか?!

 

その他、お気軽に1杯からお立ち寄りください。

 

札幌店 丹

 

 

 

 

 

 

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード