ヴィノスやまざき沼津店 スタッフダイアリー

2011年9月アーカイブ

今日は棚卸!!

IMG_0407.JPG 今日は一年に4回ある棚卸の日。前回が6月31日だったので、ちょうど3ヶ月ぶりの実施となります。

 

 売場やバックヤード、その他保管場所の1本、1点残らず全て洗い出し、スキャナーで打っていく・・・。

 

 一日がかりの大作業ですが、どうしても必要な業務なのです。

 

 先月加入したばかりのスタッフ、二村も慣れない棚卸に苦戦しながら、段取りを掴んでいる様子。3ヶ月に1回しかやらない分、慣れていないと少しとまどう作業です。

 

 もしかして、他店では既に完売した大ヒットワインや、1本だけ残っている秘蔵ワイン等も見つかるかも・・・?

 

 ご期待下さい!!

 

 沼津店 大澤

じっくり新大陸ピノノワールが飲みたくなる?!

ディアリッチピノノワール.JPGようやく秋を身にしみて感じられるような日がつづきますが、みなさまいかがお過ごしですか?

今日の沼津店は

「なんでこんなにお手頃になったの!!!びっくりしたよぉ?」とお客様の声多数!!!

社内でもめにもめて決定した2度とない特別価格

 

ディアリッチ・ピノノワール2008 ¥2980→¥1980(夢の蔵直価格)

 

筆頭に

 

マホニーPN.JPG   テマニアPN.JPG

 

左)ナパ郡カーネロス傑作!★マホニー・ピノノワール ¥2980

右)ニュージーTOP10ピノノワールと評論家お墨付き★テ・マニア・ピノノワール ¥2780

はじめ

新大陸ピノノワール勢が大活躍!

「ようやくじっくり赤ワインを飲む気分になってきた・・・ゆったりピノを楽しみたい。」

「白ワイン好きの友達と飲むけど、このピノだと赤ワインもつきあってくれる!」

「ヴィノスさんははずれないからホント助かる!!」と京都店もご利用いただいているK谷さま

はじめ、皆様の本日の気分はピノノワールのようです・・・

ちょっとピノノワールを満喫したいあなたにはワインバーご利用をおすすめします!

 

沼津店 芥川

 

 

 

トゥール・ド・レイニャック白、飲めます!!

IMG_0396.JPG レイニャックに特別オーダーして造って頂いた『トゥール・ド・レイニャック白'10』。今回最も気になる商品のひとつだと思いますが・・・日曜日からのワインバーメニューには、早速オンリストされています。

 

 『シャトー・レグラーヴ白』にも共通する、ボルドーブラン特有の青リンゴのようなフルーティーな香り。樽熟成の風味はさほど感じられず、より果実のストレートな旨味が表現されています。

 

 同蔵元が手掛ける 『レイニャック・ブラン'07』の凝縮し、こってりとした味わいとは違うスタイル。「ボルドーTOP6に選ばれた白の造り手でもあるレイニャックも、こうしたワインを造るんだ!!」と思うと、とても新鮮な感じがします。

 

 興味のある方は是非一度お試し下さい。

 

 沼津店 大澤

バルチュスあります!

バルチュスあります!.JPGなんだか今日は肌寒い・・・

秋の風がビューっと一気に吹き荒れています。

皆様、いかがお過ごしですか?

店頭では赤ワイン購入率がアップ。

じっくり赤ワインを楽しむ季節到来です!

さて、ワインバーも今回の皆様にお届けしたご案内を中心に

メニュー変更。

そして、話題のレイニャックが数樽しか仕込まなかった

幻のワイン『バルチュス2008』

¥12000¥10000(特別価格)

がオンメニューしています!!

 

jiki.JPGさらに密かにブーム"クレ・デュ・ヴァン"(先日のブログで紹介)も同時に

オーダーする方達・・・・・

ありがたいことに"いつもブログを読んでいる"方達、そしてそれを隣で聞いて

つられてオーダーされた初めてのお客様。

しかも皆さん「だまされたみたいだけど、ガチガチのバルチュスが丸くなった!」

T屋さん「暴れん坊将軍が将軍になった・・・要するにまろやかになった。」

H貝さん「びっくりした!味が変わった。」

「それにしても、バルチュスのこの深い味わいのボリューム、凄い!!

これくらいのポテンシャルのワインじゃないとこの違いはわからない!」

と、知らないもの同士でリレー方式に賑わいました!

あなたも是非、ヴィノスやまざき沼津店ワインバーで

バルチュスの凄さ、おまけにクレデュヴァンも体験しよう!

 

いつもブログチェックありがとうございます。

沼津店 芥川より

 

 

 

 

スペシャルワインが目白押し!

 

「ありがとう!」をいっぱい詰め込んだ今回のご案内。

そして、連休中日も元気に営業中の沼津店!

毎週恒例17時からのワインフェスタも賑やかにスタート!

スタートは"前より断然美味しくなった!なんで!!"と大絶賛の【マコンヴィラージュ 特別価格¥1480】

そして、今回のスペシャルなワインは【オー・ヴェイラック2001 ¥2980】

初参加組から常連様チームが一言"エレガントですね・・・"

とっても上品でゆったりと感じられるボリューム感に

自称ピノノワール好きのお客様からも太鼓判をいただきました! 

  ワイングッズ.JPGフェスタ.JPG

 また、最近盛り上がっているグッズ紹介コーナー!

今回は1秒ワインにひたすと1年熟成させた状態になる「クレ・デュ・ヴァン」¥12600をご紹介。

前回もご案内しましたが、先週参加された方が今週参加した方にもやってほしい!という

アツいリクエストにお応えしたもの。フェスタではワインを楽しむグッズの相談も承っています!

 

蔵直ヴィノスやまざきでは 大好評レイニャックコーナー.JPG

 もう絶対はずせない「レイニャック」もお祝い価格で登場!

沼津店では初めてレイニャックに出会うお客様にもより

レイニャックの素晴らしさを知っていただこうと

特設レイニャックコーナーを展開中!

←写真+解説付きでご案内していますので、是非ご覧下さい!

 

さて、10月は新静岡セノバ店がいよいよオープン!

店内イベントも目白押し。

沼津からイベントに参加される方もいらっしゃいますし、

もちろん私も応援にいきますので、

是非、お友達を誘ってご参加ください!

 

沼津店 芥川

せっせと準備しています。

ストア.JPG

いつもなら、たくさんの人で賑わうイーラDE地下。

今日は最大級の台風がやってきた為、イーラDE

仲見世商店街側の自動扉が壊れ、ビル前で車が横転。

 

16時からはお客様がいなかったものの、館内が真っ暗

になるなど、なかなかのトラブル続きにて17時全館閉館。

 

みなさまは無事に帰宅されたでしょうか?

 

早く閉まってしまったヴィノスやまざき沼津店ですが、

静かなストア内で集中しながら"23日から始まるご案内"

の為、只今せっせと準備中!

 

OPEN.JPG

「どうしてこの品質がこの価格で出来たのか!!!」

と皆様にご案内させていただく、バイヤーはじめスタッフ内部で

話題の「トゥール・ド・レイニャック」はじめ、

どこをとっても、切り離しても見所たっぷりの今回のご案内!

まだ確認していないあなたは、自宅の郵便ボックスを

改めて確認、内容を是非チェックしてみてください!

 

また、9月23日スタートのご案内と

ついにOPEN!「セノバ店オープニングフェア」ご案内が

1枚に裏表にて印刷されていますが、「オープニングフェア」は10月5日からスタートですので

お間違いなく!!!

 

長年ご利用いただいている常連のお客様、甘口大好きのあなた、ワインをちょっと楽しみたいという

皆様がこのご案内でさらに「蔵直ワイン」の素晴らしさをご堪能いただけると考えながら・・・・

さらにせっせと準備をすすめてまいります!

お楽しみに!!!!!

 

沼津店 芥川

 

1年熟成のボジョレー・ヴィラージュ

IMG_2334.JPG 昨晩、自宅でゆっくりと読書をしていた私。「せっかくの休みだし、たまにはいいワインでも飲もうか」とマイセラーを見つめること数十秒・・・。

 

 「そうだ、ヌーヴォーがまだあったんだ!!」と唐突に思い立ち、早速抜栓して飲んでみました。

 

 昨年末に購入した(忘れていた訳ではありません、念のため・・・)ハーフサイズの『シャテルス ボジョレー・ヴィラージュ』。本数も『ボジョレーの騎士 ヴィラージュ・ヌーヴォー』に比べると少なかったため、フルボトルは締切日のかなり前に予約完売したのは記憶に新しいところです。

 

 ブルゴーニュグラスに注ぎ、ワインの色調を見ると・・・退色の感じは微塵も感じさせない、若々しい赤紫色。色はヌーヴォーとしてはかなり濃いめです。よくヌーヴォーは早く飲まないと味が落ちてしまうと言われますが、そこはシャテルス。常識を覆す、数年の熟成にも余裕で耐えそうな風格です。

 

IMG_2335.JPG 香りは当初閉じ気味で、ガメイ特有の華やかな香りはさほど感じられませんでした。が、ほろ酔い気味ながらグラスを2杯、3杯・・・と飲み進めていく中で徐々に開き、最後の一口の香りのボリュームと言ったら!! とてもリッチでパワフルな味わいでした。

 

 2010年を超えるヴィンテージであるのは間違いない『2011年ボジョレー・ヌーヴォー』。ストック用に1本買って数年後に飲んでみると、どれだけクオリティの高いものかよく分かりますので、興味がある方は是非一度トライしてみて下さい。

 

 沼津店 大澤

癒しのソレイユ

 

ご提案中!.JPGまるで真夏のような暑さの本日。

イーラDE地下・しずてつストア内にある沼津店は

チーズ売場を中心にご家族連れの皆様で大盛況!

 

みんなで家飲み、バーベキューなどなど

"みんなが楽しめるチーズ"=食べやすいチーズに

人気が集中!いつもはブルーチーズを楽しむ方も

今日はみんなに合わせているご様子。

 

さて、暑さのせいかワイン部門ではスパークリングワイン

も大人気でしたが、

 

実は本日の人気№1は

 

冷えたソレイユ.JPG

 ソレイユ・ド・ロスピタレ ¥1500

冷ケースにあるよく冷えたソレイユから購入される方が多く、熱烈なソレイユファンはもちろん。

「基本的に辛口が好きだけど、ソレイユはたまに猛烈にのみたくなる!」

「なんか疲れたとき、今日なんかアツくてだるいけどコレを飲むとほっとする。」

そして一番多かったのは

これならみんな楽しめるから!!!

 

2011年ソレイユヌーヴォーご予約も始まっています。

今年はヌーヴォー解禁日はワインが飲めないと思っているお友達を誘って

ヌーヴォーパーティーをしてみませんか?

 

これなら2011年ヌーヴォーをみんなで楽しめます!!

 

沼津店 芥川

 

沼津店ワインフェスタ!!

IMG_0355.JPG つい2週間程前に帰ってきた買付隊の報告を交えた、今回のフェスタ。南仏ヌーヴォーを手掛ける2つの蔵元と、久々の登場となったドイツワインのアウスレーゼの計3本を、店長と私大澤で語りました。

 

 1本目は今年初めて『シャルドネ・ヌーヴォー』をご用意する生産者の通常タイプのシャルドネ。元はグールガゾーという名前で輸入し、販売をし始めてから既に15年余り。南仏で初めてシャルドネやヴィオニエといった高級品種を植えた生産者として、様々な苦労の末にこの地区のパイオニア的存在になった・・・というエピソードを交えつつ、お話します。

 

 2009年ヴィンテージの通常ラインでも充分にトロピカルフルーツのニュアンスが感じられるこのワイン。2005年に次ぐ当たり年とされる今年のヌーヴォー、どれほど美味しいのか・・・早く飲んでみたいですね!!

 

IMG_0361.JPG お次は同じく南仏ヌーヴォーを昨年に続きリリースする、ペノティエのフラッグシップのひとつ『エスプリ・ド・ペノティエ』。8年の熟成を経て、かなりいい具合に複雑味を帯び始めており・・・お飲みになられた参加者は皆その高い品質に満足して頂けたようです。

 

 1杯目を試飲した後、店長のアイデアでワインを開かせる魔法の鍵『クレ・デュ・ヴァン』を使用してみることに!! 器具を1秒間ワインに漬けると1年、5秒漬けると5年熟成が進むという、とても気になるワイングッズです。今回は10秒間浸した後、実際にお客様にワインを飲んで頂くと・・・「10年かどうか分からないけど、確かに味が変わった。」「酸味が穏やかになった。」等々のコメントが。

 

 沼津店ではフェスタに登場するワインを、スクリュープルという指でクルクルとレバーを回すだけで開けられるオープナーを使って参加者の方に開けてもらうという余興?をやっているのですが・・・こちらは初めてだったのでとても新鮮だったようです。

 

IMG_0362.JPG 最後はドイツの『アイラークップ リースリング アウスレーゼ』。白桃のような、洋梨のような・・・何ともいえないほっとするようないい香りと、ルーラルカプリ農場のフロマージュ・ブランを合わせ召し上がって頂くことに。やはり〆には甘口が欠かせません!!

 

 来週もアイテムを変えてフェスタを行いますので、興味のある方は是非一度いらしてみて下さい!!

 

 沼津店 大澤

明日のワインフェスタの日!!

IMG_0351.JPG 明日は先週土曜日に引き続き、ワインフェスタを開催します!!

 

 お客様と一緒にワインを試飲しながら、買い付けの情報をはじめとした最新の話題をその場の全員で共有し、楽しむ・・・。ワインフェスタの原点に関して、フジサンケイビジネスアイで現在連載中の弊社買付隊長によるコラムには、そう書かれています。

 

 このコラムを読んだ後、どこかす???っと肩の力が抜けるように感じました。あぁ、今まで変に難しく考えていたんだなぁ・・・と。

 

 ワインの専門家や長年ワインを飲み込んでいる玄人の方のように、気の利いたテイスティングコメントを言わなくてはいけない会では全くありません。とにかくまずは一度ワインを飲んで、その美味しさを私達を含め周りにいる方々と共有し、楽しい時間を過ごすのがワインフェスタの原点だと、今日気づきました。

 

 お酒は一人で飲むより、誰かと一緒に味わう方が遥かに美味しく感じますし・・・ワインなら尚更だと思います。

 

 明日は今年初めてシャルドネ・ヌーヴォーを手掛けるドメーヌ・プティプロの白と、10月上旬に来日予定のレイにゃックの赤、そして先日買付隊が訪問したばかりのドイツの生産者の甘口白をご用意します!!

 

 夕方17時より開催しますので、是非足をお運び下さい。

 

 沼津店 大澤

やっぱり南仏!

レゾリュー赤.JPG

ヴィノスやまざきで"第一号"といえば

直輸入第一号ワインの「シャトーレゾリュー

第一号にして今でもお客様から多くの支持率をあつめる

大ロングセラーワイン!

 

今日は素敵なご夫婦がこの

シャトーレゾリュー赤ワインのケース買い。

レジでワインの好みなどをお伺いしていましたが、

定番は絶対レゾリュー赤!

お二人が結婚前から気に入っていたワインであり、

結婚式でも使用した思い出のワインだそう・・・

しかも、結婚式に出席されたご友人がそれ以来

このワインのファンになり、自宅用ワインを購入するついでに

自分用&ご友人に頼まれた用をまとめて買うように・・・

ありがとうございます!

 

 

長く愛されるワインだからこそ、たくさんのお客様の思いでも

いっぱい詰まっているのかもしれません。

「いつ飲んでも美味しい!」「ほっとする味。」

「いろいろ飲んでやっぱりこのワインに戻るよね・・」というお客様も多い

やっぱり美味しい!蔵直南フランスワイン!

今年のヌーヴォーは、同じくロングセラー蔵元「プティプロ(グールガゾー)」パワーアップ!

要チェックです!

 

沼津店 芥川

 

二次試験対策には最適!?

IMG_0346.JPG 昨日からラインナップが新しくなった沼津店ワインバー・メニュー

 

 前回に引き続き、今回もプロモーション中の特価商材は1種類のみで、それ以外は稀にしかオンリストされないワインばかり。

 

 特に注目したいのが、赤白それぞれの品種のバリエーション♪ 白はデザートワインである2番を除くと、リースリング(3番)、ソーヴィニョン・ブラン(4番)、セミヨン(5番)、赤はテンプラニーニョ(6番)、マルベック(7番)、ピノノワール(8番)、カベルネ&メルロ(9番)・・・。試験に出そうな品種は殆ど揃っている感じです。あ、でもシャルドネが入っていないか・・・。

 

 産地も、フランス・イタリア・スペイン等の伝統国に加えカリフォルニア、アルゼンチン、ニュージーランド、南アフリカ・・・と世界各地に及びます。

 

 普段は私たちもあまり気にしてリストを作成している訳ではないのですが、これだけ様々な国の様々なワインを同時に飲めるお店は極めて稀だと思います。直輸入ワイン専門店ならではの強み、でしょう。

 

 私たちスタッフも日々週替わりでオンリストするワインをテイスティングし、勉強を積み重ねています。ワインに興味がある方は是非、一緒に楽しく味わいながら学んでみませんか?

 

 テイスティングコメントを言い合いながら味わいを確かめていくのも、ヴィノスのバーならではの楽しみですので。

 

 沼津店 大澤

買付報告フェスタ!!

IMG_0328.JPG 本日は2日前に行われたセミナーの内容にも関係する、買付スタッフの最新報告も絡めてフェスタを行いました。

 

 1本目は現在ヌーヴォー用葡萄の収穫真っ只中のシャテルスより、『ボジョレー・ブラン』をご用意。ボジョレーというと、とかく赤を思い浮かべがちですがシャテルスではごく少量のみ、シャルドネ100%の白ワインを造っています。元々自家消費&国内消費向けに仕込んでいたため、ヴィノスやまざきには卸す予定はなかったそうですが、蔵内見学の折バイヤーが偶然見つけたものだったそうです。

 

 蔵直ならではの買付だったこちらの白。辛口でスッキリ、ほのかにミネラルのほろ苦さを感じさせる味わいで、苺やラズベリーのような果物の香りが特徴の『ボジョレー・ルージュ』とはまた違った雰囲気でした。

 

IMG_0330.JPG 2本目は弊社オリジナルで瓶詰めしてもらった『ストラディス赤』。先日のセミナーではヴェルメンティーノ100%の『ストラディス白』をお出ししたばかりですが、赤もまた美味しい!! 2003年からの僅か7年間で、1ヘクタール100万円だったボルゲリの土地が、何と100倍へと値上がりしたというエピソードも交えつつ、オリジナルで特別につくってもらったこのワインのご紹介をしました。

 

 3本目は『ブラウネベルガー・ユッファー・リースリング・カビネット』。フランス・イタリア・ドイツと3カ国に渡り買付に行っている現地の最新写真をお見せしながら、直射日光と河からの照り返しに恵まれた急斜面で、命綱を使いながら葡萄の手入れをする・・・という裏話もお伝えし、それが白桃や洋梨のような瑞々しい果実味を生んでいる理由をお話します。ちなみに本日もっともお客様からの「美味しい!!」という声が多かったのがこちらでした。

 

 来週以降もワインフェスタを開催していきますので、興味のある方は是非17時にお越し下さい!!

 

 沼津店 大澤

第5回SBS学苑セミナー!!

IMG_0310.JPG 本日は前期のSBS学苑セミナー最終日でした。5回に渡り、ワインのABC(第1回)からテイスティングのやり方(第2回)、新大陸ワイン(第3回)、スパークリングワイン(第4回)・・・と続いた今期のカリキュラム。

 

 最終回となる今回は、現地からつい2日前に帰国したばかりの買付スタッフ中村を迎え、ヌーヴォーの速報とフランス・イタリアへの現地情報と絡めながらセミナーを行いました。

 

 撮影したばかりの写真をスライドでご紹介しながら、参加者だけではなく私達店舗スタッフもビックリの生情報を聞くことができ、ますますヌーヴォー解禁が楽しみになりました。今年は作柄がよく、太陽の年2003年とフランス全土がブドウのあまりの品質の高さに沸いた2009年との中間に当たる、とてもよい年になるであろうとのことです。楽しみですね!!

 

 乾杯は『トラミエ クレマン・ド・ブルゴーニュ』、そして『モンタウト ピティリアーノ』、『マルケサート ストラディス白』・・・とバリエーション豊かなラインナップ。とりわけモンタウトとマルケサートの2種類の白の違いには興味を持たれる方が多く、まるでサンセールのようなスッキリとした飲み口の前者から、程よく樽熟成の風味が利いた、ボリューミーな後者へと進むとほのかに顔を赤らめる方もちらほら・・・。

 

IMG_0317.JPG 赤は『ペール・ギヨ モルゴン グラン・クラ』から『マジア ブルネロ・ディ・モンタルチーノ』という流れ。グランクラがいかに貴重なぶどうをふんだんに使い、毎年予約完売の『ヴィラージュ・ヌーヴォー』に使われているのか、改めて分かり易く説明してもらいました。

 

 そして全参加者から絶賛の声を頂いたのがマジアのワイン。20年熟成のボルドーグランヴァンのように色合い・香りともに最高の状態で、一言では言えないほど複雑な香味を醸し出していました。「本当に美味しい!!」「この香り何て言うの・・・?何て表現したらいいか分からない位最高に美味しい!!」等々、全員の心をひとつにしたかのような感動的なワインでした。年間たった3,000本しかリリースされない貴重なワインを、ヴィノスやまざきに卸してくれるのは本当に有難いですよね!!

 

 最後は10月上旬にオープンするセノバの新店のご紹介を行い、終始和やかな状態でセミナーを終えることができました。

 

 来月からも引き続き後期会員様を募集しておりますので、興味のある方は是非参加をお待ちしています。

 

 沼津店 大澤

最新情報をお届けします!

SBS.JPG

沼津で最も熱いワインの学び場

「SBS学苑ワインスクール」がは今週が最終回!

 

9月8日(木)今週のテーマは

買付情報とサプライズワインを楽しもう!!」

で開催いたします!

バイヤーズブログでも現地よりお伝え

しているリアル現地情報も必見ですが、

今回は講座は"蔵元より戻ってきたばかりの買付けスタッフも参加!

今現在の買付け情報&ワイン事情などをお伝えしながら、ワインを学びます!

 

hatake.jpg買付け情報1.jpg 

9月8日(木)19:00から20:30まで。 

沼津店のあるイーラde3階のSBS学苑にて行います!

ワインスクール後期の準備も進んでいますが、「ちょっと気になっている」あなた!

体験受講も受付中!(おひとりさま1回限定 ¥4725)

今回はもう絶対お見逃しなく!

 

また、FACEBOOKにアカウントをお持ちの方は現地より動画も配信中!

蔵元メッセージ、蔵元情報、新入荷ワインのテイスティングコメントなどなど

おもしろい、生の現地情報が満載です!要チェック!

 

お問い合わせは055?954?4550

沼津店 芥川&大澤まで!

 

控えめな雰囲気のジンファンデル

IMG_0306.JPG 昨日よりメニューが一新した、沼津店ワインバー。そのときどきのセール商品を中心にオンリストすることが多いのですが・・・今週は特価商材は1種類のみで、あとの7種類は久々に登場となったものが多いです。

 

 なかでも『ロロニス ジンファンデル』は、ここ1年ほどクローズアップされたことがおそらくないであろう、隠れた人気ワインのひとつ。

 

 香ばしい樽熟成のニュアンスがはっきりと感じられることが多いカリフォルニアの中にあって、ロロニス・ワイナリーはナチュラルなぶどうの風味を生かしたワイン造りを行っている生産者の一人です。

 

 このジンファンデルを口に含むと、まず感じられるのが瑞々しい果実味と、意表を突いて?程よく感じられる酸味とのバランスです。通常ジンファンデルを使ったワインといえば、蔵直ワインの『Z52 クロック・スプリング』に代表されるようなアメリカンオークのロースティな香りと、濃厚で凝縮したぶどうの甘味が真っ先にイメージされます(3日の晩にご来店された常連様も同じご意見でした)。 

 

 ですが、このロロニスのものは全くタイプの違う、とても繊細で控えめな印象を受けます。正直、言われなければ同じ品種で造ったワインだとは、誰も思わないのではないでしょうか・・・?

 

 数ヶ月前に完売、現在は入荷待ちの『ストーンヘッジ ジンファンデル』とも微妙に異なる、この特有の味わい。造り手によってこれほどまでに同じぶどうでも味が変わると思うと、本当に不思議です。

 

 だからこそ、ワインは何度飲んでも新しい発見がある・・・のかもしれません。

 

 少し変わったワインを飲みたい、という方にはオススメの1本です。まずはテイスティングからお気軽にどうぞ。

 

 沼津店 大澤

再び1,980円!!

IMG_0296.JPG 数ヶ月前、特別価格適用後わずか数日で完売、そしてまた再入荷するも品切れ寸前・・・という超ヒットとなった『CHラ・クロワ・メラン'07』。

 

 「2,000円以下でこの味は他にないよ。」「また安くなって欲しいわ?。」と、多くの方からのリクエストにお応えして、本日より22日まで再度1,980円にてご用意できることが決まりました。

 

 ボルドー左岸地区のメドックとは異なり、10年毎に格付けが見直されるため、生産者同士がしのぎを削り合って高品質なワインを産み出すサンテミリオン。

 

 地図上では決して大きくはない土地の中に、数々の実力派シャトーがひしめきあう街に、クロワ・メランの畑があります。

 

 トップシャトーのキノ・ランクロの畑に隣接している・・・というお話はディープなヴィノスファンの間ではすっかり定着しているかと思いますが、キノ・ランクロがおよそ7?8千円するのに対し、クロワ・メランは現在1,980円・・・。

 

 3?4倍の価格差は、ブランドやマーケティングに由来するものなのでしょうか?

 

 とはいえ、サンテミリオンのワインの平均的な相場は3?4千円以上とされていますので、いかにクロワ・メランがコスパに溢れているかが推測できますよね!!

 

 赤ワイン好きの常連様の殆どは既にお飲みになられているかと思いますが、「またあの味を確かめたい」と思う方は是非、1本お持ちになってみて下さい。

 

 沼津店 大澤

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード