ヴィノスやまざき 中目黒店 スタッフダイアリー

2016年12月アーカイブ

イニシャル・シリーズふたたび!

年末最後の3連休、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今日はクリスマス・イヴということで美味しいワインやお料理で楽しいひと時を過ごされるかたも多いのではないでしょうか。

 

ただいま店頭では、人気のスパークリングワインが各種お求めやすくなっております。

黒ブドウを100%使ったコクありシャンパーニュ「ポール・エラルド」や、

日本一美味しいスパークリングワインにも選ばれたシャンパン製法のカバ「エクストレマリウム」などなど、

あれもこれもお買い得です!

 

クリスマスラッピングも承っているのでギフトにもぴったりです。

IMG_1819.jpg

 

そして、昨日から先行販売解禁となった『匿名ワイン・イニシャルシリーズ』に待望の新リリースワインが登場しました!

 

匿名ワインシリーズは、昨年「D」と「H」(こちらはすでに完売となったワインです)が初リリースされ、その味と価格、そして謎めいた名前が話題となり、瞬く間に店頭から姿を消し「時のワイン」となりました。

なぜ匿名かというと、ワインの本当の名前を明かさず、ある言葉(ワイナリー名や醸造者名)のイニシャルだけを名乗ることのみを条件にヴィノスやまざきが樽ごと購入したから。

そしてそのワインは、市場では「超有名ワイン」としてワインショップのセラーの中で売られており、私たちワインを勉強している者ならば誰もが「いちどは飲んでみたい・・・」とあこがれるような、名実ともにワイン界でトップに位置するワインなのです。

 

「もしかして〇〇〇ではないか?」とずばり当ててしまったナパ・ワインに詳しいお客様も数名いらっしゃいましたが、正解の場合もお教えできません・・・。

このワインはヴィノスと長くお付き合いのある「ストーンヘッジ」のオーナーであるシャヒーン氏が仕掛け人。

IMG_8327.jpg

数々のヒットワインを生み出し、カリフォルニアワイン界で太く長いコネクションをもつ彼からのルートで樽の購入に成功しました。(でも、こんな店頭価格で出してしまっていることは彼にも言いづらいほど。)

 

第2弾として2種類のワインが昨日から発売!

IMG_1814.jpg

 

「Cカベルネ・ソーヴィニヨン」はしっかりとした果実味と骨格がありながらも、上品な酸味と細やかなタンニンが非常に優美で、長い歴史とともにナパ・ヴァレーでワインを造ってきた権威ほど感じる味わいです。様々な味わいや香りと樽のニュアンスが混じり合い飲みごたえある赤ワイン。

「Sシャルドネ」有名な評論家たちからも超高得点を獲得する実力派。ぶどう本来のうまみを生かしたナチュラルな味わいを上品に楽しめるとともに、新樽での熟成感も抜群です。

 

イニシャルシリーズは、完売後は2度と手に入りません。

ぜひ、世界で認められたトップ・クラスのワインをお楽しみください。ただいま特別価格にて、先行販売中です。

 

中目黒店店長

種本

ハリウッドスターと、ヴィノスのお客様へ。

今週末・来週末は2週にわたり「ポイントカード5倍デー」です。

通常のお買い物の5倍分のポイントがたまりますので、特別なワインやデイリーワインのおまとめ買いにぜひご利用ください。

 

昨日は、中目黒店にカリフォルニアの秘境地「カーメル・ヴァレー」から「ジオリス」の醸造家であるダミアン・ジオリス氏が来店し、みなさまにとっておきのワインをお試しいただきました。

IMG_1685.jpg

 

とってもフレンドリーなダミアン氏、ボルドーの格付けシャトーや有名ワイナリーで醸造を担っていたワイン造りの名人でもあるんです。

IMG_8724.jpg

 

「ジオリス」は現オーナーのウォルター・ジオリスがベルギーからカリフォルニアに渡り、カーメルヴァレーの土地に惚れてブドウ栽培を始めたことにルーツを持ちます。

IMG_8764.jpg

カーメルヴァレーは海沿いの街「モントレー」(かつて鰯漁業で栄えた港町で、観光地としても人気です)から山の奥へ奥へ(もう崖から落ちるんじゃないかと思うほど)進んだ場所にあり、観光で簡単に行ける場所ではないのですが、その斜面はすばらしい日光が当たり、ほどよく冷涼な風も吹き、とにかくブドウを栽培するには素晴らしすぎるほどの土地なんです。

IMG_8761.jpg

そんな土地で最高のワインを造りたいと、思い切って土地を購入したウォルター氏ですが実はもっと信じられないほど思い切ったことをしてしまったんです。

 

皆さん、ロマネ・コンティやシャトー・ペトリュスといったワインをご存知ですが?

フランスの超がつくほどの高級ワインで、ペトリュスの現市場価格は役30万円、ロマネ・コンティはこれまたびっくり100万円以上します。

03f15fe9cb6d2566fa8370d46a7ebdaf.jpg

ウォルター氏、この高級ワインの苗木をはるばるフランスから運びこのカーメルヴァレーに植樹したのです。

なぜそこまでしたのか、以前ウォルター氏に直々に聞いてみたところ・・・

 

「そりゃあ、世界最高のワインをつくるためだよ。」

 

と、とってもシンプルなお返事!

「そうか・・・」とその場ではうなずくことしかできませんでしたが、生産量も極僅かなため現地でも簡単に買うことはできないほど希少なワインなんです。

 

そのロマネ・コンティの苗木から生まれた「ジオリス・ピノノワール」やロマネ・コンティが手掛け世界最高峰白ワインと名高い「モンラッシ」の苗木の「シャルドネ」、そしてペトリュスの苗木を使用した「メルロ」種といった、聞いただけで飲んでみたくなってしまうこのワイン達、現地でもなかなか手にはいらずジオリスのVIP顧客や、リストに入っている人しか買えないのだそう。(先日はレオナルド・ディカプリ〇さんもわざわざ買いに来たそう!)

 

そんなジオリスのワイン、日本ではヴィノスやまざきで手に入ります。(カーメルバレーの秘境の地でリスト待ちなどせず、ヴィノスやまざきのお店へどうぞ!)

そして今月はクリスマスということで「ジオリス・メルロ」が通常価格¥7,800(税別)のところ¥5,800(税別)の特別プライスになっています。

 

私も、年末だしちょっと贅沢してしまおう!とこの濃厚な赤ワインを楽しませていただきました。

IMG_1674.jpg

濃縮したプラムやブルベリー、そしてダークチョコレートの香りがたっぷり

口に含みびっくりするのが、タンニン(渋み)の滑らかさ。これだけ濃厚なのに、絹のような舌ざわりがとっても上品です。

ジューシーなお肉料理と合わせたい1本!

 

ぜひ皆様も、ウォルター氏が「世界一の味」を目指したワインをお楽しみください。

クリスマスプレゼントなどのギフトにもきっと喜ばれることと思います。

 

中目黒店

種本

 

修道院のワイン

中目黒高架下のオープンから早いことで2週間が経とうとしています。

気が付けば12月に入り、2016年も残すところわずかです。

 

慌ただしい時期でもありますが、クリスマスや年末など特別なひとときを過ごしたい時期でもあります。

そんな時にぜひ飲んで頂きたいのが、南フランス・カンヌの修道院で造られた稀少なワイン【アベイ・ド・レランス】。

IMG_1516.jpg

 

大都市カンヌの沖から小型フェリーで約20分。小さな島々からなる「レランス諸島」のうちのひとつ「サントノラ島」に27名の修道院が日々祈りを神に捧げる修道院【アベイ・ド・レランス】があります。

DSC_0366.jpgDSC_0251.jpg

 

もともとワイン造りのルーツはヨーロッパのキリスト教と深く関係があり、カトリック教会のミサでワインが飲まれることから修道士たちは上質なワインを造ることに精を出していました。

もちろん、そのワインは商売目的のためではなく「神への奉仕」である大変神聖なもの。

 

今では、修道院が実際にワインを造っているところはほんの僅かだそうです。

(修道院に由縁があることで有名なワイナリーも、現在は民間の企業によるものがほとんどです。)

島の外に出ることはなかった門外不出の修道院のワインですが、ヴィノスやまざきの創業地「静岡市」とカンヌ市が姉妹都市提携を結んだことがきっかけで、譲っていただけることになったという経緯が24年前にあります。

 

昨日まで、フランスでも入手困難な【アベイド・レランス】のぶどう栽培・醸造を担っているマリー神父がはじめて日本を訪れていました。

DSC_0136.jpg

IMG_1456.jpg

各地でイベントも開催し、多くの方々がこのワインとの出会いを果たしたことにマリー神父も心から喜んでくれたようです。

 

ワインのそれぞれの詳細につきましては、順にゆっくりと綴らせていただきますが本日はマリー神父が1番思い入れのあるという「サンソヴール」をご紹介します。

IMG_1515.jpg

「サンソヴール」は南フランスの代表品種でもある「シラー」を100%使い、フランス製の高級樽で約18カ月熟成されたコクありの赤ワイン。

このワインに使われているシラーは、実はマリー神父がこの修道院に訪れたときに植えたものです。

長い年月を経て、果実味やアロマに富んだ素晴らしいシラーができあがりました。

シラー独特のスパイシーな印象が複雑味を与え、お料理との相性も最高なものにしてくれます。

IMG_1512.jpg

南仏のシラーといっても、サントノラ島は地中海に囲まれた独特な環境により適度な海風もうけ、濃いだけというより非常にエレガンスでタンニン(渋み)も滑らか。

「このワインを飲むと、この島に生きているすべての自然の香りを感じられるような心地になるんです。」

そう語るマリー神父を表しているかのようなワインです。

 

修道院のワイン「アベイド・レランス」は極少量生産のため、1年に1度の入荷のみです。

特別な時に飲むワイン、特別な方にあげたいワイン、そんなワインをお探しでしたらぜひ手におとりください。

 

現在中目黒店の一部ボトルは、マリー神父のサインつきです。

ぜひ、すてきなクリスマスをこのワインでお楽しみください。

 

中目黒店

店長 種本