ヴィノスやまざき広尾店 スタッフダイアリー

2014年8月アーカイブ

甘さには幸せが詰まっています!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

食べた瞬間に顔がほころんでしまう美味しい食べ物ってありますよね。

味わいを真剣に見極める難しい飲み物のイメージがあるワイン。

けれど、ワインにも飲んだ瞬間についつい笑顔になってしまうものがあるんです。

 

 

只今、店頭でお客様の笑顔を引き出しているすごいワインです。

人気品種のシャルドネを遅摘みし甘口に仕上げたデザートワイン。

 

フィンカ・ラ・エスタカーダ・セクア・シャルドネ・ドゥルセ 500ml

 

 sekua.jpg

 

飲んだ瞬間に口の中に広がる優しい甘みに、ついつい口元が緩んでしまいます。

普段辛口ワイン派という方にも、食後やデザートとも楽しめるワインなので老若男女問わずおすすめです。

今日ご試飲頂いた女性にも「これはかわいいし、美味しい!」とうれしいコメントをいただきました。

 

確かに通常より少し小ぶりで可愛らしいボトルが目を引きます。

 

さようなら.jpeg

 

きっとこのワインなら、

お酒に苦手意識があるかたも、

ワインは手が出しにくいと感じているかたも、

仕事の疲れを癒したいかたも、

みなさまを、優しい甘みでほころばせ、笑顔にしてくれます。

 

 

デザートワインの良いところは一度に飲み切らなくても、通常のワインより日持ちしゆっくり楽しめるところ。

気軽に楽しめる美味しい幸せを冷蔵庫にストックしませんか?

 

 

 

広尾店 牧野

 

歴史とトピックがてんこ盛り

今日から広尾店の入り口正面に鎮座されますのは、「蔵直ストーリーワイン12本セット

 

12本横.jpg

 

このワイン達との出会いには、それぞれのストーリーと思い出がいっぱいつまっています。

 

ジオリス111.jpg

何度も何度もコンタクトをとり、訪問してやっと分けてくれた蔵元とか

 

マルケサート111.jpg

訪問してみると、実はすごいところに畑を所有していたり

 

ラ・グラーヴ111.jpg

毎年、美味しいヌーヴォーを提供してくれ、さらにどんどん進化していく蔵元とか

 

レイニャック111.jpg

世界的に有名になった今でも、ヴィノスやまざきとの関係を大事にしてくれる蔵元とか

 

多くの蔵元に感謝感謝の毎日です。この人たちの協力があってこと、ヴィノスやまざきのお客様に美味しいワインをお届けすることが出来るのですから。そんな蔵元との歴史やストーリを知って味わうとさらにワインが美味しくなると思いませんか。広尾店にいらっしゃるとこっそりお教え致します。お待ちしております!

寺田

夏休みの終わりは

もうすぐ8月も終わろうとしている。学生だったら夏休みが終わる。〇十年前になってしまうが、8月の終わりは宿題に追われていた気がする。なかなか苦い思い出だ。あんなに暑い日々がしんどくて、早く涼しくならないものかと切実に思っていたが、いざ涼しくなってみると何だか寂しい気分になるのはなぜだろう・・・(小説風)

 積乱雲-1.jpg

私の夏のイメージです

 

しかし、大人になってからはこの感覚が好きになりました。当たり前だけど夏の次は秋。そう収穫の秋です。果物や農作物など収穫はいろいろありますが、やっぱりぶどうの収穫が一番。町、いや村全体がなんだかお祭りの前のような雰囲気なのです。実際、南フランスではもうそろそろ収穫が始まります。

収穫1.jpg

この低い樹が曲者なのです。ただ、美味しいワインになるぶどうのためには頑張ります!

 

でも、収穫はただ楽しいだけではありません。ぶどうの樹の高さにもよりますが、フランスでよく見られるコルドン式の高さだと、とてつもなく重労働なのがわかります。座ってちょうど目の高さぐらいに完熟したぶどうがあるのですが、うさぎ跳びのような姿勢になるため、足腰に半端なく疲労がたまります。初日、二日目は気合で何とかなるのですが、三日目の朝は続けるのかギブアップするのか心が折れそうになるくらいに腰が痛いです。なんとか我慢して一週間を過ぎればもう大丈夫です。ナチュラルハイです。(笑)

 

8月末DM.jpg

蔵直の歴史が存分に楽しめるこんなワイン達が皆様をお待ちいたしております!

 

そんな苦労もあり、やっとの思いでワイン達は私達のもとにやってきてくれます。一番乗りは11月第3木曜日に来る「ボジョレー・ヌーヴォー」 11月まで待たなくても、今週末からは秋にぴったりなワインがどーんと、お店に並びます。しかも、蔵直の歴史がたっぷりとつまったラインナップです。是非、お店で手に取ってお確かめ下さい!

寺田

人の感覚って???

数日前に比べると過ごしやすくなりましたね。30度を境にしんどさが違ってくるような気がします。数日前の35度の日は、ほとんどのお客様のご希望は白ワイン、もしくはスパークリングでした。ところが少し涼しくなった今日は赤ワインの反撃開始です!(笑)

 

トスカーナ.jpg

この風光明媚な風景がすばらしいワインを生み出します!

 

それでも今日も30度ぐらいあったはずなのに、赤ワインを求めるお客様が多かったのです。人の感覚って面白いもので、客観的な温度よりも、前日との温度差で感覚が左右されるそうです。例えば、コンビニなどでは、ずっと暑い日よりも急に暑くなった日(前日との温度差が大きい日)の方が冷麺など暑い日向けの食べ物が売れたりするそうです。でも、機械じゃないし人だからそういう感覚って大切にしたいですよね。

 

ヴェルメンティーノ.jpg

酸味がやわらかくて飲みやすく、ほどよい果実味がどんなお食事にもマッチ!

 

しかし!、今日お客様におすすめして気に入っていただいたのは、「マホニー ヴェルメンティーノ」(白ワイン)です(笑) わかる人には不思議なワインかと思いますが、「ヴェルメンティーノ」という品種はイタリア品種であり、あまり「マホニー」があるカリフォルニアでは造られていないのです。その裏にはなんともロマンティックなお話があるのです。

 

マホニーと寺田.jpg

マホニーさんのピノが大好きな私。このヴェルメンティーノヴェルメンティーノも大好きです。

 

「マホニー」のフランシス・マホニーさんの奥様はイタリア系の方で、奥様の実家に一緒に里帰りしたマホニーさんは、その優美な風景とそこで飲んだヴェルメンティーノのワインにいたく感動したそうです。そしてカリフォルニアに帰ってよくよく調べてみると、気候も似ている、土壌も似ている畑がある。もう、これは造るしかないっしょ!ということでこのワインが生まれました。

 

故郷のワイン.jpg

「君の故郷のワインだよ」と言った(と思います)

 

「君の故郷のワインだよ」 あくまで私の妄想ですが彼は奥様に言ったはずです!そんなことを言われたら、数倍いや数十倍美味しく感じることでしょう。 私も言ってみたいものですが、私が言うと「君の故郷の日本酒だよ」になって、なんだかただの飲兵衛夫婦になってしまうので、やめておきましょう。

 

このロマンチックなワインは広尾店では今、一押し試飲ワインです。ぜひ、広尾店にお立ち寄りください。

寺田

 

毎日飲みたいスパークリングワイン!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

本日は暑さが幾分か和らぎ、厳しい暑さが続いた残暑もあと一息で乗り切れそうです。

とは言っても、やっぱりこの季節には冷たいワインが恋しくなります。

喉越しのいいスパークリングワインはなかでも人気。

 

 

サンピエトロ・プロセッコ・スーペリオーレ

 

 

08251.jpeg

 

 

すこし背の低いボトルに可愛らしいエチケットが特徴のプロセッコ。

そこにあるだけで食卓が華やかになりそうです。

 

 

友人の誕生日に持っていくワインをお探しだったお客様へ

女の子にあげるのに見た目が可愛い方がいいとのことで、こちらをご紹介させいただきました。

ただ可愛いだけではなく、美味しさも兼ね備えた優等生です。

 

 

このワインを造るのはイタリアの人気スパークリングである'プロセッコ'を世界に広めた立役者である蔵元のヴァルドカ。

 

飲み飽きないすっきりとした辛口の味わいで、シャルマ法によって造られるスパークリングワインは華やかなぶどう本来の香りも感じることができます。

 

 

 

シャンパンよりも手に取りやすく、なおかつシーンを選ばず楽しめるおすすめのスパークリングワイン。

こちら以外にも商品のラインナップを強化してご案内しております。

 

味わいも甘口から辛口まで。白だけでなく、ロゼや赤のスパークリングワインもございます!

是非お気に入りの1本をお探しください!

 

 

 

広尾店 牧野

 

 

ニュージーも認めるソーヴィニヨン・ブラン

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

夏にピッタリなのが爽やかなソーヴィニヨン・ブランの白ワイン。

この品種、様々な産地で造られています。

フランス国内ではロワールやボルドー、また欧州にとどまらずアメリカや南米でもその栽培は盛んです。

 

 

なかでもニュージーランドでは国の代表品種となっており生産量の50%以上がソーヴィニヨン・ブランのワインとなっています。

ニュージーランドの人々にも親しみの深い品種です。

実は昨日来店されたニュージーランド人のお客様、「ワインの味にはちょっとうるさいよ。」とおっしゃっていましたが、そんな方から「this is very good!」を頂いた1本があります。

 

 

ドメーヌ・メルラン・シェリエ・サンセール 2013

 

0824.jpeg

 

 

フランスの中部を流れるロワール川にそってワイン産地が広がっており、

赤白共にバラエティに富んだワインが造られています。

このロワールでもソーヴィニヨン・ブランの栽培が盛んで、そのなかでも人気銘柄の一つがサンセール

 

 

透明感のあるすっきりした味わいですが、旨みもしっかりと感じられる1本。

ニュージーも認めたフランスの白ワインです!

 

 

和食との相性も良く、まだまだ厳しい残暑もこちらのワインとやさしい味付けのお食事で乗り切っていただきたいと思います。

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

 

広尾店 牧野

お祭りがあちらこちらで!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

広尾からほど近い麻布十番では

夏の恒例行事「麻布十番納涼祭り」が今日と明日の2日間、開催されます。


20140823_hiroo.jpg

浴衣姿の人々がお店の前の広尾橋交差点を渡っていく姿がちらほら。

このお祭りの楽しみはなんと言っても有名店の屋台が出店されることです。

しかも、土地柄を表してか大使館がおらが国の名物料理を出しているので、

歩きながらプチグルメ世界旅行が出来るのです。

世界の美味しい料理には、

美味しいワインが飲みたくなりますね。 


20140823_hiroo2.jpg

そして、そこからほど近いヴィノスやまざき広尾店では、

世界10ヵ国の選りすぐりの蔵直ワインをご用意しています!

只今、「まだ知られざる秘蔵っ子ワインテイスティングDAY」祭りを開催中!

(ちょっと強引でしたが・・・)

さらになんと!今日と明日は、月に一度のポイント5倍デー。

ヴィノスやまざきならではの秘蔵っ子ワインをご試飲いただけますので、

お祭りに向かう前後にぜひお立ち寄りください。


秘蔵っこ.jpg


「さっぱりしてて、この季節にぴったり!」

「こくがあって旨みたっぷり」

「エレガントなのに旨みもある!」

「お肉がほしくなるおいしさ」

「深みがあって余韻が長ーい」 試飲されたお客様の声です。

 

さあ、麻布十番に行ってから広尾に来るか、

広尾で試飲してから食べに行くか。お待ちしております!

寺田

夏市まだまだ開催中!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

変わらず暑さが続いております。

普段は赤ワイン好きの方も、つい白ワインに手が伸びてしまうのではないでしょうか?

 

ということで、今回はご好評中の夏市ワインからお気に入りの1本をセレクトしました。

 

レッジウッド シャルドネ.jpg

レッジウッドクリーク・シャルドネ

 

カリフォルニアの秘境の産地「スースンヴァレー」で造られました。

「スースン」とは「西の風」という意味。

その名の通り、西の冷涼な風が吹き込むこの場所で作られるブドウは、たっぷりとした果実味ときゅっと引き締まった酸が特徴的です。

 

そんな「スースンヴァレー」にある蔵元「レッジウッドクリーク」。

元は有名ワイナリーにもブドウを卸す凄腕のブドウ農家でした。

そんな彼らがより優れたブドウだけを自社ワインに使用し、少量生産で作り出しているのがこのワインなのです。

パワフルな果実味と贅沢な樽感・・・余韻を楽しみながらゆっくり飲みたいですね。

 

さて、限定ワインが最大50%OFF!の夏市!

広尾店2階にてまだまだ開催中です!

広尾にお越しの際は、駅横のピンク色の建物に是非お立ち寄りください!

 

 

イタリアの頂点に輝く赤ワイン!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

暑い日が続いておりますが、ヴィノスやまざきは広尾の街角にある避暑地です。

特に2階はとっても涼しいので、お買い物の途中にもぜひお立ち寄りください!

お得な夏市も好評開催中です!

 

 

本日はイベントにもよくお越しいただいている常連のお客様が来店され

お気に入りのワインをご購入いただきました。何度もリピートしているけれど、やっぱり美味しい1本。とお褒めいただいた1本です。

 

アッルーガ 2008

 

0820.jpeg

 

イタリアの権威ある評価しガンベロロッソでNO,1赤ワインに輝いた1本。

古木のカリニャーノから生み出される赤ワインはスケールが大きいながらにエレガントな味わい。

「余韻が長くて、これはいいワイン」とお客様にもうれしいコメントをいただきました!

 

 

カリニャーノという品種。南フランスではカリニャンという名で親しまれています。

補助品種として使われることも多く、カベルネソーヴィニヨンやメルローほどメジャーな品種ではありませんが

このアッルーガは品種のイメージを覆すような濃さや深みがあります。

 

イタリア、サルディーニャ島では樹齢80年を超える古木も栽培されており、複雑味がしっかりと表れたワインに仕上がっています。

本当に優雅な味わい!イタリアの頂点の評価にも納得の1本です。

 

 

週の後半は少し暑さが和らぐようです!

美味しいワインとともに食欲を取戻して厳しい残暑を乗り切りましょう!

 

 

広尾店 牧野

 

お隣さん同士

フランスのロワール地区、と言ってもここだけは少し他の地区と離れています。そこでお隣さん同士が仲良く美味しいワインを造っています。「サンセール」と「プイィ・フュメ」 お隣さんと言っても、河1本隔てています。使っているぶどうの品種も同じなのですが、土壌の性質から微妙に味が違います。

 

sancerre.jpg

 

pouilly fume.jpg

さて、あなたはどちらがお好み?

 

どちらもフランスを代表する辛口の白ワインですが、サンセールは酸味がシャープでぶどうの旨みがストレート。でも、その酸味がとっても病み付きになる美味しさなのです。一方、プイィ・フュメはこちらもすっきりした酸味が特徴ですが、ミネラル感があり、違って意味でのキレがあります。

 

sancerre producteur.jpg

 

pouilly fume producteur.jpg

是非、彼らのワインを飲み比べてみて下さい!

 

ほんの少ししか離れていないお隣さん同士。飲み比べてみるのも面白いですよ。

寺田

ジャケ買いは正しい?!

普段お店でずらりとならんだワイン達をみていると様々なラベルがあります。クラシックな歴史を感じる様なものやビビッドな色合いで思わず目が行ってしまうラベル、思わずにんまりしてしまうようなユーモアのあるものなど。

 

アリス1.jpg

思わず目にとまる色ですね。

 

お客様の中には「えーい、どれかわからないからジャケ買いしちぇえ!」という方もいらっしゃいますが、あながちハズレはないようです。もちろん、店頭にあるワインはヴィノスやまざきの厳しい試飲をくぐりぬけてきたワイン達ですので、ハズレはないですが、その人の好みと合うかどうかはまた別の話。

 

イッツアマジック表.jpg

It's Magic と書いてあります。

 

イッツアマジック裏.jpg

なんと!バックラベルにまで、あのおじさんが!

 

ワイン造りには畑を選んだり、ぶどう品種を選んだり、畑の作業の工程をきめ、収穫の時期を決め、ブレンドで悩んだりと数々の決めらなければならないことがありますが、ラベルの選択もその一つです。どんなデザインにするか?色は?大きさは?形は?そうです、ラベルにも生産者のセンスが表れているのです。

 

エンジェル1.jpg

エンジェルまでもがその美味しさに引き付けられるということかな?

 

前述しましたが、品質はすでに保障されています。あとはあなたの感性にどれだけ訴えかけてくるか!一目ぼれのワインが見つかるかもしれませんよ。是非、店舗で実際に手にとってみて下さい。

(近々、ジェケ買いしたくなるワインベスト10をやろうかと密かに考えています・・・)

寺田

 

肉料理にはやっぱり赤!

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

 

ついに8月をむかえました。

暑いからこそ、外でBBQでもして楽しみたいですね!

そしてお肉にはやっぱり赤ワインを合わせたい!

 

ストーンヘッジ リザーヴ.jpg

ストーンヘッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーブ 2010

 

BBQの肉々しい肉にはカリフォルニアのパワフルな赤を合わせたいところ!

 

1992年に設立されたストーンヘッジ・ワイナリー、数々のコンクールでメダルを獲得し、ナパの銘醸ワイナリーの仲間入りを果たします。

この「ストーンヘッジ・カベルネ・ソーヴィニヨン・リザーブ 2010」は、「ステージコーチ」というナパで最も優れた畑のぶどうを使用しています。

有名ワイナリーもこぞって買い付けるこの畑。

この畑のぶどうを使ったワインは、1?2万円という高値がつくものもあります。

しかし、「手造りの高品質ワインをリーズナブルな価格で提供すること」をモットーとするストーンヘッジ・ワイナリー。

そんな凄い畑のぶどうを使用しているにも関わらず、こちらのワイン3000円台で飲めてしまうのです!

 

CA-0101.jpg

 

果実の甘みを感じられながらも30カ月熟成させた重厚感や複雑味があり、しっかりとしたお肉料理に負けない味わいです!

がっつり焼いたお肉で、スタミナをつけて夏を乗り切りましょう!

寺田

イベントに大活躍!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

今日も猛暑ですが、こんな暑さを吹き飛ばす再入荷商品のお知らせです!

夏のイベントにこんなワインを持っていくのはいかがですか?

 

キュヴェ・デメリー・ブリュット マグナムボトル

 

241891.jpg

 

 

見た目もゴージャスなマグナムボトルで雰囲気も盛り上がること間違いなし!

大きなサイズのシャンパンは値が張るのでは、、、と心配なお客様もご安心ください!

実はこちらは南フランス産のスパークリングワインなのです。

南フランス、リムーという良質なスパークリングワインの産地で造られます。

 

 

地場品種でリンゴのようなニュアンスが感じられるモーザックに、シャルドネ、シュナンブランをブレンドしすっきりとした味わいの中にも華やかな香り、複雑味が感じられる、シャンパン顔負けの1本です。

 

比べると!

迫力が違いますよね!

 

 

0803.jpeg

 

 

 夏のイベントのお共にぜひご利用ください!

 

 

 

広尾店 牧野

 

ロゼが仲間入り!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

今年開催された日本の女性のみによる初めてのワインコンペティション「サクラ・ワインアワード」でダブルゴールドに輝き、その人気を不動のものとしたイタリアの蔵元ボチェッリ。

 

元は世界的なテノール歌手であるアンドレア・ボチェッリの生家で造るワインとして注目を集めていましたが、その高品質なワインは着実にファンを増やし、今ではヴィノスやまざきを代表するイタリアの蔵元の一つとなりました。

 

 

フルーティーで旨みたっぷりなボチェッリ・プロセッコは性別や年齢問わず支持されるスパークリングワインでしたが、

今回高級品種ピノ・ノワールを使ったロゼのスパークリングが登場しました。

 

 

ボチェッリ・ロゼ・ブリュット

 

 0802.jpeg

 

 

淡いピンク色のすっきりとした辛口仕上げで料理との相性も幅広く合わせられそうな1本。

本日店頭でご案内したところ、最も人気があったワインです。

 

 

関東はしばらく晴れの予報。日中は厳しい暑さが続きそうです。

美味しいワインを冷やして皆様のご来店をお待ちしております!

週末はヴィノスやまざきにお立ち寄りください!

 

 

 

広尾店 牧野

 

やっぱりピノ・ノワールが飲みたい!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

本日より8月がスタート。まだまだ夏は続きます。

こんな暑い日季節にもやっぱり一番売れているのは赤ワインです。

ワインと言えば赤というお客様が多いのでしょうか?

 

 

赤ワインといっても様々ですが、最も高級なブドウ品種でありワイン好き(マニア?)を虜にするのがピノ・ノワール。

価格も味わいも桁違い、あの有名なロマネ・コンティもピノ・ノワールから造られるワインです。

 

ピノ・ノワールはぶどうの皮が薄く、栽培に大変手間がかかります。また栽培に適した土地が限られていることもあり

「ピノ好きはお金がかかる!」と言われますが、その通りですこし値が張るのも事実です。

それでも、やっぱり美味しいピノ・ノワールを飲みたいですよね!

 

 

本日ご案内するのは先日ようやく再入荷となりました、デイリーに楽しめるピノ・ノワール。

さらに厳格なフランスの有機認証Agriculture Biologiqueも取得しています。

 

サンフローリー・ピノ・ノワール

 

0801.jpeg

 

可愛らしいラベルも人気の秘訣です。女性のお客様を中心に目を留めていただくことが多いのですが、大きく描かれたひなげしの花は有機の象徴とされています。

 

南フランス、リムーの地で長年有機栽培を実践してきたオーナーのパスカルさん。

豊かな果実感と、ピノ・ノワールの魅力である酸味が程よく合わさりビオワインに対して苦手意識がある方にもクセがなく

すっと馴染むような味わいに仕上がっています。

 

またフランス産ワインとしては珍しくスクリューキャップを採用。

高級感漂うピノ・ノワールももちろん魅力的ですが、毎日気兼ねなく飲めるのがこちらのワインの魅力です!

 

 

サンフローリーの手掛けるワインは他にも2種類。

コクありタイプがお好きな方にはメルロー・カベルネの赤を。また暑い日にはシャルドネの白ワインもおすすめです。

是非お好みの1本をデイリーにお楽しみください!

 

 

 

広尾店 牧野

 

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード