初夏のランチワイン会、開催しました!

本日は、恵比寿で人気のイタリアン「リストランテ・マッサ」にて、広尾店&中目黒店合同のランチワイン会を開催いたしました。

本日のテーマは、「イタリアンとイタリアワインのマリアージュ」!
シェフに特別にご用意いただいたランチコースに合わせて、4種の蔵直イタリアワインをお楽しみいただきました。

20170617 (1).jpg

20170617 (2).jpg

前菜の「鮎のカルピオーネ(洋風南蛮漬け)」には、秘境サルディーニャ島のミネラルたっぷりの白ワイン、テッレフェニーチェ・ヴェルメンティーノを合わせました。

20170617 (3).jpg
シェフが今日のランチのために特別に仕入れたという旬の鮎は、パリッとした食感と肝のソースがミネラルのきいた白ワインと相性抜群。「樽熟成させていないので、すっきりとフルーティーで、蒸し暑いこの季節にぴったりですね!」との声をいただきました。

パスタは、シェフが得意とする手打ちの平打ちパスタ「タリアテッレ 和牛のラグーと万願寺唐辛子のトマトソース」。ラ・マジア・ブルネロ・ディ・モンタルチーノ2009と一緒にお楽しみいただきました。

20170617 (4).jpg

イタリア最高峰の赤ワインのひとつ、ブルネロ・ディ・モンタルチーノの中でも、同地区のパイオニア的存在のラ・マジア。某有名IT企業創業者からも注文が直接入るというこちらのワインは、「力強くも柔らかな果実味が、ラグーソースととてもよく合います!」との声をいただきました。

メインの「山形豚のロースト トウモロコシのリゾット添え」には、スーパートスカーナのタラブーソ2013をご用意!

20170617 (5).jpg

作り手は、サッシカイアの畑の一部を譲り受け、高品質なワインを造るマルケサート。サッシカイアに比べてもとても小規模で、自分たちの手の届く範囲内でしかワイン造りを行いません。今やサッシカイアを超える評価も獲得するなど、トスカーナを代表する蔵元に成長しました。

「1本は近いうちに飲んで、残りはあと何年か寝かせて楽しみたい・・・!」と、こちらのタラブーソが本日の一番人気でした!

そして、パスタとリゾットにはパルミジャーノ36か月熟成を、アミューズとデザートのティラミスにはタレッジョを使用するなど、本日のランチコースには、当店の蔵直チーズも特別にアレンジしていただきました。

20170617 (6).jpg

広尾店&中目黒店では、こうしたランチワイン会を、2カ月に1回開催しています。(8・9月のみ変則となります。)
お店では語りきれないそれぞれの蔵元のエピソードを、美味しいお料理と一緒にお楽しみいただけたらと思います!

次回は9月16日(土)12時から、カリフォルニアワイン会を開催いたします。
▼ご予約・お問合せは広尾店まで
TEL:03-5789-7701
E-mail:hiroo@v-yamazaki.co.jp
またはこちらから

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております!

いつも頑張るお父さんへ

もう間もなく、6月18日(日)は父の日ですね。

ただいま、父の日のプレゼントにおすすめの、限定アイテムが入荷中です!

 

20170609 (1).jpg

 

▼ダイヤモンドリッジ・ピノノワール・ナパヴァレー (写真中)

先月「レッドブレンド」があっという間に完売してしまった、ナパの人気ワイナリー「ダイヤモンドリッジ」から、今度はピノノワールが限定入荷しました!完熟ベリーのようなたっぷりの果実味とコクが美味しい赤は、プレゼントだけでなくご自身用にも。

 

▼エクストレマリウム・ロサード (左)

当店人気No.1スパークリングの作り手から少量のみ分けてもらった、辛口ロゼスパークリング。ピノノワールから作られる、ブリュット・亜チュール(補糖無し)のドライな味わいは、ふだんビール党のお父さんにも!

 

▼國香 純米吟醸 いつもありがとう 720ml (右)

こだわりの日本酒を贈るならこちら!静岡地酒のなかでも、知る人ぞ知る銘酒「國香酒造」に、「いつもありがとう」ラベルのオリジナル日本酒を特別に仕込んでもらいました。完売間近のため、どうぞお早目に!

晩酌にぴったりの「ミモレット&味噌漬けチーズ」セット(1,800円+税)もご用意しております。

 

20170609 (2).jpg

 

この他、すべてのワイン&日本酒で、父の日ラッピングも承ります!

 

今週末は、父の日におすすめの限定アイテム3種類(スパークリング・白・赤)が試飲できる、テイスティングイベントも開催いたします!

ご予約はこちらから→http://www.v-yamazaki.co.jp/event/tasting_event/entry03.html

 

父の日は、お父さんを囲んで、美味しいお酒で乾杯しませんか??

ワインのお供、美味しいチーズが入荷中です!

今日4月28日は、カマンベールチーズの発明者、マリー・アレルさんの誕生日。

 

カマンベールは、ミルキーでやさしい味わいから、日本でもおなじみのチーズ。

今では、世界各国でつくられているカマンベールですが、中でも、乳牛ノルマンド種のミルクを使用し、熟成期間など厳しい条件を満たしたカマンベールだけが、正式名称の「カマンベール・ド・ノルマンディー」を名乗ることができます。

 

広尾店にも、ちょうど本日、本場フランスからカマンベールが到着しました!

 

20170428 (1).jpg

 

こちらのペレル・カマンベールは、マリー・アレルさんの子孫が造る元祖カマンベール。

深いコクとミルクの旨味が、ふつうのカマンベールとは一味違います。

 

十勝からは、ちょっと変わったカマンベールタイプのチーズ「バーボンウイスキーウォッシュ」も入荷中です。

 

20170428 (2).jpg

 

十勝の大自然で育まれた乳牛のミルクからつくられた、カマンベールタイプのチーズを、バーボンウイスキーで洗って仕上げた、ワインのおつまみにぴったりのチーズです。

 

ぜひお試しください♪

突然の雨をも心地よく、アカシアの風

「アカシア」と聞いて思い浮かぶのは「アカシアの蜂蜜」でしょうか。

見た目が熊っぽいとよく言われる私ですが、それとは関係なく蜂蜜が大好きです。

 

しかしヴィノスやまざきの「アカシア」と言えば、この白ワインが正解です!

シャトー・シャロン・アカシア

201704221.jpg

フランス・ボルドーを流れるジロンド川の右岸コート・ド・ブライ地区で18世紀より名を馳せてきた蔵元です。

「コート・ド・ブライにシャトー・シャロンあり」と言われていた時代もあるそうで、そんな男になりたいです。

 

もともと畑の近くに「アカシア」が育ってたそうでこの名がついたのですが

口に含んでみれば、なんという清涼感!口の中にアカシア畑を連想させる爽やかな香りが吹き抜けます。

そして爽やかさだけでなく、この蔵元自慢の自家製樽で熟成したリッチでジューシーな味わいも楽しめる白ワインなのです!

 

個人的にはキンキンに冷やして飲みたい!

お刺身、カルパッチョ、天ぷらなどなど、白身魚やお野菜と一緒に楽しみたい!

201704222.jpg

ただ今チーズの試食とともに、シャトー・シャロン・アカシアを試飲頂けます。

是非お試しください!

 

アカシア飲んで爽やか 影山

<インスタグラムもフォローしてね!https://www.instagram.com/vyhiroo/>

都心でキャンプ?!春のランチワイン会!

本日は、今年度初回のワインイベントとなる、ランチワイン会を開催いたしました!

ところで皆さま、「グランピング(Glamping)」をご存じでしょうか?
「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を合わせた造語で、贅沢にキャンプを楽しもうという新しいアウトドアのスタイルです。

本日は、そんな「グランピング」を都心にいながら体感できるフレンチレストラン「スノーピーク・グランピング」にて、有機食材をたっぷり使用したランチコースを、蔵直自然派ワインと一緒にお楽しみいただきました。

20170415 (1).jpg
シャンパンで乾杯したあと、前菜のホタテのポワレと合わせたのは、パスカル・ボンノム・ヴィレクレッセ・ヴィエイユヴィーニュ

20170415 (2).jpg
ロングセラーのブルゴーニュワイン、ブッフェ・ブルゴーニュ赤は、蔵直チーズ2種とお楽しみいただきました。

20170415 (3).jpg

「ワインだけだと酸を強く感じるけど、チーズと合わせると全然印象が変わりますね!」
との声をたくさんいただきました。

メインの松阪ポーク肩ロースのロティには、ボルドーの小さな蔵元が造る、クロマヌー2013

20170415 (4).jpg
すでに飲んだこともあるという方が多かったクロマヌーですが、
「このワイン、本当に美味しいですよね!」
と、ファンの多さに驚きました。

20170415 (5).jpg
そして、本日の一番人気ワインは・・・

20170415 (6).jpg

ブルゴーニュ地方の中でも南の地域にあり、ぶどうを十分に完熟させ、収穫量を落として造られるワインは、「ブルゴーニュワインなのに、あまり酸味が強すぎなくて、まろやかで上品で美味しい!」と好評でした。

自然派ワインブームにのって、「自然派」であることを強調して販売している生産者もいる中で、本日ご紹介した蔵元たちをはじめ、お付き合いのある生産者のほとんどは、畑に負担のかからない有機農法や減農薬を実践しています。

美味しいワインをつくるには、それは当たり前のことであり、特別なことではないからです。

本日ご紹介したワインたちも、小さな農家が丁寧に手づくりしたワインばかりで、生産量があまり多くないため、お店で見かけたら、ぜひ一度手に取ってみてくださいね!

次回のランチワイン会は、6月17日(土)12時から開催いたします!
⇒詳細・お申し込みはこちらから

メリタージュ2009年、残り7本です!

「ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパヴァレー2009」

17040401.jpg

 

以前勤務していた武蔵小杉店のテイスティングバーで初めて飲んだ時の美味しさと

常連様とワインを始めたばかりと言っていたお客様みんなの笑顔が

なんだかんだと印象的な思い出です。

 

ナパ・ヴァレーという、カリフォルニアですこぶる有名な地域の

ステージコーチという、その中でも特別な畑のブドウを用いて造られるワイン。

17040402.jpg

ワインの輪の字程度しかわかっているようないないような新米の私は

その衝撃と共にカリフォルニアワインのファンとなりました。

 

そんなメリタージュ2009年が先月25日に再入荷したと思ったら、もう倉庫の在庫も切れ

広尾店の在庫も残り7本となってしまいました...。

17040403.jpg

という事は、この4本セットも7セット限定に!

17040404.jpg

完売必至!お早目にご利用くださいませ!

 

愛と勇気のメリタージュ 影山

<インスタグラムもフォローしてね!https://www.instagram.com/vyhiroo/>

赤いシャツを着こなすおじ様は、只者ではない。

「辛口」で「コクあり」、そして「2,000円ぐらい」

ご自宅用ワインをお探しのお客様で一番多いご要望。

 

広尾店にはこのご要望にお応えできる様々なワインがありますが、これにもう一つ

「フランス産が良いな」

の要望が増えると、影山の脳内検索でヒットするワインはこちら。

 

「シャトー・ペノティエ赤樽熟成」

17040301.jpg

安心安定の、でもワインならではのリッチな味わいや気分も味わいたいワインで

抜群の信頼を置いているワインです。

 

ボルドー、南フランスとふたつの地区のぶどうを6種類を使用した、深い果実味とコク。

それでいて甘ったるくはなく、辛口で程よい渋みと、樽熟成の良い香りや奥深さが美味しいワイン...と、思っています。

 

1600年代からワインを造り続けている由緒ある歴史と実力と

フランス・ボルドーにて5蔵しかいない1級格付けの蔵元ムートン・ロートシルトの元醸造長の技術が光る

シャトー・ペノティエのワインです。

17040302.jpg

ムートン・ロートシルト元醸造超

パトリック・レオン氏

 

18時に降った突然の雷雨にはびっくりしました!

外は雨、急いで帰宅したい。

そんな時に何も考えずに、とりあえずペノティエと、これも定番のコンテチーズを袋に入れて

しっぽりご自宅でグラスを傾けてみてはいかがでしょうか?

17040303.jpg

 

そろそろ半そでポロシャツを着たいけどまだ寒い 影山

<インスタグラムもフォローしてね!https://www.instagram.com/vyhiroo/>

 

半分甘く、半分は優しさで出来ています?

「これからお花見なのよ!」と多くのお客様。

昨日の極寒をひと時忘れられるような春らしい暖かさが戻り、近隣では早くもお花見が盛り上がっているようです。

 

僕も一緒に参加したかったのですが、残念ながら広尾店より同行していったのは春桜色のロゼワインたち。

広尾店では辛口から甘口、通常のものから泡が入っているものまでさまざまなロゼをご用意しております!

 

気の知れた仲間たちで盛り上がるお花見は最高!

気難しいことは忘れ、美しい桜と美味しいおつまみにお酒で自分を癒したい!

 

「ロゼダンジュ・カーヴ・ド・ペリエール」

17040201.jpg

実はこのロゼワインは、ヴィノスで唯一「半甘口」という表示がされているワイン。

冷やせばたちどころにすっきり爽やかな口当たりと酸に、桜のような淡い香りと優しい風味がスッと体に染み渡る。

「たまには甘口も」にピッタリな、甘すぎず辛すぎずな、様々な方にお楽しみ頂ける味わいです。

 

甘口だけど、半甘口だからほんのり塩味効いたグリーンオリーブでも一緒に持っていこう!

17040202.jpg

来週の土日あたりが満開桜の花見かな?

お誘いお待ちしております。

 

花見文化好き 影山

<インスタグラムも始めました!https://www.instagram.com/vyhiroo/>

魔法は身近なところから!? IT'S MAGIC!

2月半ばより広尾店にやってまいりました、影山と申します!

料理とワインの食べ合わせを妄想するのが大好きな食いしん坊代表です。

どうぞよろしくお願いします!

 

暖かくなったり寒くなったりと、なかなか忙しい春陽気な今日この頃ですが

そんな中、あのワインが入荷して想うのです...「あぁ、おっきいハンバーグ食べたい」

17040101.jpg

 

オーストアリア・バロッサバレーからやって来たシラー種100%ワイン

「スリーリングス・シラー」

17040102.jpg

「IT'S MAGIC」の表記通り、飲んだらまるで魔法にかかったかのような美味しさが口いっぱいに広がるのです!

 

濃厚な果実味、シラー特有のスパイシーな感じが!

肉汁あふれるハンバーグとスパイス効いたソースに合いそうだ!

17040103.jpg

お腹すいた!

 

 

女性審査員のみで行われるワインコンペ2017年サクラワインアワードで最高賞のダイヤモンドトロフィーを獲得したこのワイン。

広尾店で絶賛無料試飲中!

 

お肉好きの男子も女子も!また果実味たっぷり濃厚ワイン好きのあなたも!是非お試しあれ!

 

花よりお肉 影山

<インスタグラムも始めました!https://www.instagram.com/vyhiroo/>

ベビアン来日パーティー開催!

本日は、南フランスの人気蔵元、ベビアンのカレンさんをゲストに招き、代官山のフレンチレストラン「メゾン・ポールボキューズ」で、ワインパーティーを開催しました!

20170309 (1).jpg

どの店舗でも、根強いファンのいるベビアン。
「南仏の3大グランヴァンのひとつ」として知られ、ヴィノスやまざきとは20年来のパートナーです。

メゾン・ポールボキューズさんには、この日のために、シェフとソムリエの方々にワインを試飲していただき、特別なディナーコースをご用意していただきました。

「知名度が高いけれども、決まったぶどうからワインを作るボルドーやブルゴーニュと比べて、自由なワイン作りができて無限の可能性を秘めたラングドックでは、醸造家としての腕が試され、自分の表現したいワイン作りができる。こうして日本の皆さまに知っていただけて、楽しんでいただけるのも、産地にこだわらず美味しいワインを求めてくれる、皆さまとヴィノスのおかげ。」とカレンさん。

20170309 (2).jpg

カレンさんは、明日からもヴィノスやまざき各店に来店します。
▼スケジュールはこちら

ぜひカレンさんの熱い思いを聞きながら、ベビアンのワインを楽しみに来てください!

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード