ヴィノスやまざき新静岡セノバ店ブログ

2015年8月アーカイブ

食欲のローヌ

皆様こんばんは。

 暑かった夏も終わりが近づいてきましたね、、、秋の訪れを感じる季節です。

秋本番も間もなくです!

 

 

さて、今回はそんな少し淋しさも感じる季節にピッタリな赤ワインをご紹介させていただきます。

 

バスティド・サンドミニク・コート・デュ・ローヌ 2014

 

これほどまでに濃くて安い赤が南フランスにあったとは!有機農家が造る超濃厚な1本!

 

ブログ写真2.jpg

 

南フランス コート・デュ・ローヌ地方を代表する黒ブドウ品種

グルナッシュ80%、シラー20% 

のセパージュ比率の赤ワインです。

 

ラ・バスティド・サンドミニクはシャトーヌフ・デュ・パプを中心に16世紀から畑を構える蔵元。

 

コート・デュ・ローヌ地方で若手有望生産者N0.1の呼び声も高いエリック。

彼のワインにはロバートパーカーはじめ有名評論家も高得点を連発するほど!!

 

甘栗を思わせる香ばしく甘い香りと黒コショウのようなスパイシーなニュアンスが

秋口の淋しい気持ちを包みこんで、新しい季節の訪れをワクワクに変えてくれる、、、そんな一本です。

 

「初めて飲んだけど、バランスが良くってまた飲みたくなりました。」

 

とご来店される方も・・・

 

お料理に合わせるなら、、、

甘めのソースのお肉料理やカシューナッツ炒めなどがオススメです!!

デザートのマロンケーキなんかでもいいかも、、、

 

食欲の秋に是非いかかでしょうか!?

 

 

新静岡セノバ店 福田&戸塚

残暑を吹き飛ばそう!!

いつもスタッフダイアリーをご覧に頂きありがとうございます。

新入社員の村岡です!

 

本日もまだまだ残暑が続き、とても暑い静岡ですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

北海道育ちの私は夏が大嫌いでしたが、ヴィノスに入り1つ夏の楽しみ方を覚えました!

それは....ズバリ!! 夏は白ワインが美味しい!!

という事です。

22年生きてようやく気づきました!笑

 

本日のブログでは、残暑も吹き飛ばすオススメの白ワインを皆様にご紹介致します。

 

ジボー・ソーヴィニヨン・ブラン

IMG_1342.JPG

 

 ドメーヌ・ジボーはフランス・ロワール地方トゥーレーヌで夫婦二人三脚の蔵元です。

設立して20年程で7ヘクタールから23ヘクタールまで拡大させ、

最高の白ワインを中心にワイン造りを行っています。

 

減農薬農法に取り組み環境に配慮した造りが特徴で、収穫量は1ヘクタール30から45hiと

極めて低収穫でワインに濃縮感を与えています。

 

トロピカルフルーツのような果実味と口当たり柔らかい酸味はまさに極上!

皆様に自信を持ってオススメできるワインです!

 

こちらのワイン、実は8/29?8/30にセノバ店で行うワインフェスタに登場します!

時間は共に15時スタートとなっております!

 

是非、1度お試し下さいませ。

 

セノバ店  村岡

 

9月にも行います来日イベント!

イタリアの人気蔵元「マルケサート」のアレッサンドロ氏の来日記念イベントを開催致しました。

日曜日の夜に開催となり、最初は皆様集まって頂けるかスタッフ一同心配しておりましたが、もともとマルケサートのファンの方が多くお集まりいただきました。(中には直接蔵まで訪問しているお客様も)

 
今回来日した生産者は、オーナーの息子であり、次世代のボルゲリワインを背負って立つ男、若手醸造家アレッサンドロ氏。
生まれた時から父の背中を見て育ち、25歳の若手ながら醸造経験もすでに25年??(生まれたときからご両親に背負われながらかかわっていたそうです)
今回の来日は、世界で最も厳しいお客様でもある日本の方と直接触れ合いたい!との蔵元からの希望により実現致しました。
そして、オーナーでもあるお父さんからのミッションで息子のアレッサンドロ氏が来日したわけです。
 
終始ワイン造りに対する前向きな姿勢、情熱を聞き、同い年代の私も感化されました!
 
ただワインを売るのではなく、生産者と共にワインを育てるヴィノスの現場を生で見れてとても勉強になりました!
 
 
今回は忙しくてイベントに来れなかった方に朗報です!
 
なんと!!
 
9月にも生産者イベントを行います!!
 
 
 お申込みはこちらから http://www.event-yamazaki.com/category/37.html
 
私たち新入社員もお客様と生産者の架け橋となれるようがんばります!!
20150823-04.jpg
 
次世代V(vinos)soul brothers 村岡

いよいよ23日イタリアから生産者が来日します!

いよいよ待望の来日イベントが23日開かれます!

イタリアの有名ワイン産地トスカーナ州の中でも、1本5,000円以下のワインがないというボルゲリ村。

0822 bolgheri.jpg

そして世界で最も地価の高いワイン産地としても有名です。

(ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネ村や、カリフォルニア・ナパヴァレーに匹敵します。)

 

そのボルゲリ村から、マルケサートの若手醸造家アレッサンドロ氏が来日します。

musko.png

マルケサートは蔵としての歴史は浅いですが、彼の祖父の代までぶどう以外の農作物栽培や、他の生産者へぶどうを売る仕事をしていた小さな農家です。

ボルゲリ村で一番有名なワイン"サッシカイア"の畑の一部を譲り受けたマルケサートは、蔵の歴史こそは短いですが、ボルゲリで一番の成功を収めた若手蔵元と呼ばれるようになりました!

アレッサンドロ氏は、まだ若手の醸造家ですが、彼のお父さんと一緒に素晴らしいワインを造っております。

マルケサートはまだまだ進化の途中です!ヴィノスと知り合った10年前から飛躍的に品質の向上を遂げております。

過去に何回もオーナーでもあるお父さんが日本に来日し、ヴィノスのお客様と直接触れ合い、研究を重ねてここまできております。

 0823ttl_entry.jpg

ともに努力と成長を重ねた蔵元のワインを23日にお披露目いたします。

8月23日(日)19:00から

新静岡セノバ店 店内

参加費2,000円

ここだけの情報ですが、当日「ある高級ボルゲリワイン」とマルケサートのワインの飲み比べ対決も行います!

 

ぜひヴィノスやまざき新静岡セノバ店へお越しください!

岩谷

冷たいもので夏を乗り切りましょう!

ただ今新静岡セノバのけやき通り口にてかき氷屋の期間限定店が出店しております。
連日大賑わいの人気店です。
ぜひ、セノバへお立ち寄りの際はそちらもご利用下さい!
0815bebe.jpg

そしてヴィノスやまざき新静岡セノバ店でも涼を取るためのおすすめワインをご紹介しております。

この暑さで重たい赤ワインを飲みたくない・・・。
たいていの方はそのようにおっしゃります。
実はワインの消費は真夏が一番落ち着きます。
さらに濃厚な赤ワインは控え気味になってしまいます。

「赤ワインは常温で!」などよくソムリエが言いますが、今の時期常温が30度を軽く超えております。
赤ワインの渋味の元であるタンニンは、冷やすと強く感じてしまうので、少し温度が高い方が飲み易いのですが、実は冷やして美味しい赤ワインもあるのです。

特にこのワインは、氷を入れロックでぜひお召し上がり下さい。

0815 10471.jpg

南フランスの太陽いっぱいで育った自然なぶどう。
完熟し、甘みも出て、とても濃厚なぶどうに仕上がります。

しかも高級ぶどう品種のメルロやカベルネなどを使用し、発酵を調整する事でぶどうに含まれている自然な甘みが残り、とても飲み易いワインに仕上がります。

実はこのワイン、少し前まで欠品しておりました。
新静岡セノバ店がオープンしてから人気商品でして、お客様へご迷惑をお掛けしました。

先日再入荷となりましたので、ぜひ暑いときこそこちらのワインと期間限定のかき氷でお楽しみ下さい!
10470.jpg

岩谷

今年もやります!静岡夜店市出店

yomiseiti.jpg

静岡の夏の風物詩となりました 『静岡夏まつり夜店市』

お盆の期間の3日間のみ開催!今年は8月14日(金)―8月16日(日) 午後4時―9時まで。

静岡の中央商店街全域でたくさんのイベントが行われ、各商店がお得な価格でワゴン販売や屋台などで賑わう

楽しみ方いっぱいの人気イベント。

 

楽しい場所には必ず伺います!ヴィノスやまざき静岡チーム。

今年も昨年同様、静岡伊勢丹さんの正面玄関向かえ。スーツカンパニーさんの前に出店。

 

夜店市地図.jpg

 

 

↓2009年 夜店市の様子

2009夜店市.jpg

毎年、新入社員と先輩スタッフがチームを組んで、夜店市の準備を致します。

時には買付隊のベテランスタッフも加わり、「どうしたらお客様によろこんでもらえるか・・・」と

ミーティングをしながら、夜店市に挑んでおります。

 

 

↓2010年 夜店市の様子

2010夜店市.jpg

今年の天候はどうやら"晴れ"のようですが、毎年なぜか急に雨がふりだしたり晴れたりします。

晴れても雨が降っていても張り切って蔵直ワインをご案内するスタッフの姿に

「頑張ってるね?!」と、応援の声をいただきご購入いただくお客様もいらっしゃいました。

今年も美味しいワインをお届けすべく、スタッフ一同張り切っております。

 

 

↓2011年 夜店市の様子

2011夜店市.jpg

すでにヴィノスやまざきをご存じのお客様達との交流の場にもなったり、

まだご存じでないお客様へ初めて蔵直ワインを説明をしたり、

他県からいらっしゃったお客様には他店のご案内をするなど、アンテナショップとしての

役割も大いに発揮している夜店市の出店!

 

 

毎年、様々なスタッフがかかわり、知恵を出し合い

お客様からのご意見も伺いながら進化しておりますヴィノスやまざき夜店市店。

 

 

仮売場.JPG

 

今年も夜店市のみで販売するスペシャルセットも着々と準備が整ってまいりました。

持って帰るには重いワインのボトルですが、それを忘れさせるお得な内容となっております。

 

さらに!今年は・・・・

 

20150811.jpg

↑保健所への申請も行ってまいりました。

なぜなら・・・昨年まではワインのボトル販売飲みでしたが、

今年は外のみ蔵直ワインを楽しんでいただきたく、ワイングラス販売も行うからです!

夜店市をワイングラス片手に楽しんじゃいましょう。

 

あとは、夏まつりの勢いをさらに盛り上げるスタッフが皆様が足を運んでくださることを

心よりお待ちしております。

 

 

ミッション:インポッシブル?いいえ、ポッシブルです!

新静岡セノバ5階で上映がスタートしました映画「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」。
既にご覧になられた方も多いと聞きました。
missyon.png

軍用機にしがみつき、上空1500メートルまで上昇するシーンなども一切のスタントを用意せず、自ら行ったというトム・クルーズ最高傑作です!
images8D0XYGQS.jpg

そのトム・クルーズですが、ワイン好きとしても有名なハリウッドスター。彼は「有名だから」「高級だから」でワインを選ぶのではなく、本当に自分の好きなワインだったらどこまでも追いかけ手に入れる。
映画のイメージそのものだそうです。

そしてこのワインも、彼がこよなく愛してやまないワインです。
goris.png

カリフォルニアの中でも秘境の地"カーメル・ヴァレー"。
世界中のワイン好きが一度は訪れたいと挙げられる事で有名なナパヴァレーと違い、観光地化されておらず、知る人ぞ知る銘醸地です。
実際、一番近い街カーメルからさらに車で数時間山の中をひたすら進むとこの蔵元はあります。
0808images (1)_R.jpg
いまでこそカーナビがあり、ボタンひとつで世界中どの蔵へも迷わず向かえるようになりましたが、ジオリスと出会ったばかりの頃は地図を広げひたすら進んでいったそうです。
(でもカーナビがあっても通り過ぎたり、迷ってしまうくらいの山奥です。)

ジオリスのワインを輸入し始めて、今年で10年になります。
しかし出会ったのはずっとずっと前だと聞きました。
買付隊長がロサンゼルスのワインショップで、店長の一押しワインとしてこのワインと出会い、テイスティングルームまで足を運ぶもオーナーのウォルターがなかなか首を縦に振らず、その後交渉は何年も続いたそうです。
0808ウォルタ_R.jpg

毎年カリフォルニアへ行くたび、山道を登り、直接蔵へ足を運び、ようやく輸入することに成功したそうです。

そのジオリスをトム・クルーズも注目していたそうです。
何でも、近くの飛行場まで自家用ジェットで向かい買付けているそう。しかも、本人が直接蔵まで訪れているそうです!
さすがトム!わかってらっしゃる!!
それだけ、このワインには人を魅了する何かがあります!

映画公開を記念して、今週のワインバーにジオリスが造る白ワインをオンリストしております!

10018.jpg

トム・クルーズも愛飲しているワインをお飲みに事が可能(ポッシブル)です!
ぜひ、映画をご覧頂いた後はヴィノスやまざき新静岡セノバ店へお越しください!!

ただ今、映画半券をお持ちになるとグラスワイン1杯無料(テイスティングサイズ)も実施中!
岩谷

豪州でGO!

昨日行いました来日イベントには予想以上のお客様がお集まりいただきました。
この場を借りてお礼を申し上げます。
定員の30名様を超え、本当に多くの方がいらっしゃいました。
0802senoba.jpg

0803がめn.jpg
静岡本店1店舗しかないころからの常連、いや応援団長のような方も!
約4年前には、新静岡セノバ店のオープンをお祝いして弟のアンドリューが来日し、皆様にワインをご紹介したのを明確に覚えております。
0803むかし.jpg
※2011年10月の新静岡セノバオープン時

さて、ウエストエンドのイベントは終了しましたが、まだまだ秘蔵のオーストラリアワインはございます。

今年5月にヴィノスやまざき買付隊が極秘のミッションでオーストラリアの銘醸地に向かいました。
「オーストラリアのヴィクトリア州という場所で、素晴らしいワインを造る農家がいるらしい・・・」
そんな情報から向かったヴィクトリア州は、オーストラリアきっての銘醸地。
高級なシラーズが中心の南オーストラリア州に比べ、ヴィクトリア州では上質なシャルドネ、ピノノワール等のエレガントなワインから、重厚なシラーズやカベルネ・ソーヴィニヨンなど、多様性に富んだワインを産出されており、中には数万円のワインが多く存在します。ヴィクトリア州のワインはまだまだ日本では紹介されておらず、今回は州政府から「是非ヴィノスさんに現地の生産者に会いに来てほしい」という依頼がきっかけです。
高級ナパワインや、ボルドーワインにも負けないこだわりの職人が手造りで造りあげるワインを見つけてきました。

木桶のバスケットプレス機で少しずつプレスし、樽で長期熟成する「ター・シラーズ」

 ロマネ・コンティも使用している高級樽を使用し、力強く複雑なワインを造る「バルガウニー・カベルネ・メルロ」
まだ新入荷ですのでお召し上がり頂いてない方もいると思いますが、ぜひ買付け隊が驚愕したワインをお試し下さい!
今週のワインバーメニューに登場しております!

岩谷

日曜日はお待ちかねの・・・

実は今、ヴィノスの大人気蔵元で長年のパートナーでもある、ウエストエンドエステートのマイケル氏が来日しています!

20150731-02ー02.jpg

貴腐ワインや1000円台のバリューワインが大人気でセノバ店でもファンの多いウエストエンドですが、

なんと!!

8/2の15時にセノバ店に立ち寄り、試飲会を行う事になりました!

 

ワインを試飲は勿論のこと、

実際の生産者のワインの説明やエピソードを聞いたり、

一緒に写真撮影が出来たりと楽しいイベント間違い無しです!

 もうすでに関東の数店舗を周り、大盛況を頂きました!

201507304.jpg

※武蔵小杉店イベントの写真です。

 

セノバ店ではありがたいことに事前予約が殺到し定員人数に達しましたが、

なんとかスペースを確保致しましたので、あと5?10名でしたら予約を承れます!

下記オーダーフォームもしくは、お店に直接お電話下さいませ!

0801ttl.jpg

是非、明日15時に皆様をお待ちしております!


新静岡セノバ 

Tel:054-266-7186

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード