ヴィノスやまざき新静岡セノバ店ブログ

2012年10月アーカイブ

ブログをごらんの皆様、こんばんは。

 

随分寒くなりましたが、皆様体調など崩されておりませんでしょうか?

そんな事をいうわたくしも、近々で風邪をこじらせまして...やはり体調不良とはいえ、お酒がのめない生活とは堪えるものですね。

 

季節の変わり目です。日中の日差しに油断せず、体を冷やさない用にしてください。

日本酒、ワイン、その他お酒も今が非常に美味しい季節です。今、飲めないのはどうにももったいないですよ!

 

 さて、そんなお酒の美味しい季節に合わせて飲むならなんだろう...

ふと、そんな事を考えているとちょうど、このワインが飲みたいと個人的に思ったのでご紹介いたします。

 

ランブルスコ・モディナ

IMG_2447.JPG

 

 

イタリアのほんのり甘口赤のスパークリングワイン。ランブルスコ、今まで店頭でも何度も「ランブルスコないの?」というご要望を受け当店買付け隊がようやく納得のいくスパークリングに出会いご紹介に至った一本!

 

ランブルスコの名手とも言われるカティーナ・ソルバーラが作り上げるこのスパークリングワインは、地元に愛され続けるスパークリング。現地の需要が非常に高い為今まで一切イタリアの市場以外に出ることのなかった甘口のスパークリングが久しぶりの再入荷となりました!

「あのバリューなランブルスコはないの?」しばらく前から非常にお問い合わせが多かった商品だけに我々スタッフ一同も改めて飲みたいなぁ・・・と再入荷を切望していたワインでもありますので是非皆様、この再入荷の機会に一度お試し下さい。

 

もう終わりかけてはおりますが、ハロウィーンのこのタイミングにパンッと真っ赤なスパークリングで乾杯するもの、一興だったのかも!?

是非またお試し下さいませ!

 

新静岡セノバ店 斎藤

ボジョレーとは。

こんにちは!

 

26日のニュースで「ボジョレー・ヌーヴォー2012の第1便が羽田に到着!!」と出ていましたね。

 

ボジョレーヌーヴォー界最大手の「あるメーカー」のワインですので、当店では取り扱いはございません。

そして当社取り扱い蔵元は収穫が極端に遅く、まだ瓶詰め最終段階にあり、日本には届いておりません。

 

 

今日は「よく聞くけどボジョレー・ヌーヴォーって何??」の第一弾。

 

まず解禁日が設定されています。毎年11月の第3木曜日。今年は1日が木曜日の為、一番早い15日(木)です。

これはもちろんフランスも同じ。しかし、時差の関係で日本の方が解禁するのが早いです。

 

そしてボジョレー・ヌーヴォーの意味ですが、ボジョレー地区の新酒ヌーヴォー=NEW という意味です。

つまりフランス・ボジョレー地区の今年のお酒という事です。

このボジョレー地区ですが、高級ワイン産地ブルゴーニュ地方の南に位置。

 

この地域はガメイ種が栽培され、ボジョレー・ヌーヴォーももちろんガメイ種から出来ています。

ですので、この地域では赤かロゼのボジョレー・ヌーヴォーしかございません。

 

しかしもう既にご予約の方は、白のヌーヴォーがあるのをご存知でしょう。

あちらはボジョレーではなく、南フランスのヌーヴォーなのです。

 

この地域はボジョレーとは違い、赤も白もあります。また品種も違うので、味わいも別物です。

 

これでヌーヴォーとはボジョレーだけでなく、南フランスでも赤や白のヌーヴォーがある事が解っていただけましたでしょうか?

btl_petitpro.jpg

昨年初リリース 日本のお客様の声で販売開始。 

詳細・予約はこちらから。

http://www.v-yamazaki.co.jp/nouveau2012/petitpro.html

 

ボジョレーとは。第二弾はまた次回!

ボジョレーという地域は細分化するとこんなに違う。クリュボジョレーの謎。に迫ります!

 

岩谷

 

 

この白を是非飲んでください!

今回のダイレクトメールにてスタート致しましたセールにて

やはり各店注目はレイニャック2009!!
本日、昨日共に人気を独占し、昨日はなんと全店で500本を超える販売になったとか...

恐るべし、さすがレイニャック・・・


P1010132~1.jpg

 

オーナーのイヴ・ヴァテロ氏。

しかし、このレイニャックに負けず劣らず、今回人気が出ているのがこちらのワイン


トゥールドレイニャック 白


IMG_2443.JPG

世界TOPクラスともいわれる実力を持つレイニャックのオーナー・バテロ氏にお願いをして
ついに、実現したヴィノスやまざきの『オートクチュール』ワイン。

それが、この『トゥールドレイニャック』。

ブドウの品種、価格など交渉を続けて、ボルドー屈指ともいわれる実力のワインを
奇跡の価格で実現。


IMG_2441.JPG

今回の、蔵直・グランヴァン 白の中でもやはり注目度は最高峰!赤もレイニャックならば、
白もやっぱりレイニャック!
このトゥールドレイニャックはボルドーの代表的な白の品種でもあるソーヴィニヨンブランを使用し
果実味たっぷりでありながらもきりっとした酸味が心地よいお食事に添えてもよし、それだけでも楽しめる
最高のコストパフォーマンスあふれる一本に仕上がっております!
まさにボルドー白ワインのお手本ともいうべき一本です!

 

best5_set.jpg

しかも、今回はそれだけではありません。
トゥールドレイニャック等のヴィノスやまざきの蔵直BEST白ワインを5本一同に揃えて
特別セットも販売中!!

こちらは限定品の為、ぜひお早めに。

尚、セノバ店ユーザーにはうれしい5本でも送料無料です!!

 

新静岡セノバ店 斎藤


 

やっぱりレイニャックでした。

ブログをごらんの皆様・・・

 

IMG_2440.JPG

 

レイニャック 2009はもう試されたでしょうか?

今回のダイレクトメールにて、登場し。お客様はもちろん我々スタッフからの視線を釘付けにするのがこのレイニャック!!

 

「これを目当てにきた!!」

「どうしようかな・・・と迷ったけど、結局最初から気になっていたレイニャックに行き着いたよ」

「まずは、味見。そして、納得したから。友達にギフトで。」

 

たくさんのお客様から注目の的となり、大好評頂いたレイニャック!

ボルドーの厳正なワイン審査会「グランジュリーヨーロピアン」において2004年ヴィンテージのグランヴァン飲み比べで5大シャトーをも押えて世界一に輝いたレイニャック。

しかもヴィノスやまざきのレイニャックはオーナーのヴァテロ氏が特別に美味しいと認めたキュヴェの証であるブルーグレイのオリジナルラベル。

IMG_2438.JPG

あまりの美味しさに店長もピースサイン。偶然ですがその瞬間を抑えてしまいました。

 

特別価格は11月26日まで行っておりますが、在庫がなくなり次第終了となります。

まだ始まったばかりではありますが、これは早急に在庫がなくなる可能性もありますので是非皆様お早めに・・・

 

明日もポイント2倍DAYですので・・・繰り返します。是非、お早めに!!

 

新静岡セノバ店 斎藤

 

 

 

新しいセールが始まります!

 

皆様のお手元にはもう、新しいチラシが届いておりましたでしょうか?

「来てたけど、見てない...」なんていうかたも、是非このブログを見たら再度DMの封を切ってみてください!

 

まず、今回のチラシで最も目を引く文字。それこそが

 

『偉大なるワイン』

偉大なるワイン=『グランヴァン』といえば、一般的には1855年のパリ万博で格付けされた五大シャトー等がそれであると言われますが、時代は2012年。新たな技術や国において、そんな格付けを超えるようなワインが続々と出現しています。

 

今回は、そんな格付けワインにも負けずとも劣らないような非常に高品質であり、当店でもTOPクラスの人気を誇る自慢のワインを一堂に揃え、皆様にご紹介いたします!

 

レイニャック 2009

 IMG_2432.JPG

2004年ヴィンテージにおいて、グランジュリーヨーロピアンという試飲会にて前述した『五大シャトー』と言われる時価10万円を超えるものもあるまさしく『グランヴァン』と試飲を行ない世界No,1を獲得したグランヴァンを超えるグランヴァン!

フランスのボルドーの2009年と言えば、近年稀に見る当たり年と言われております。その非常によいヴィンテージのものを数年前より予約し、今待望のご紹介!

 

マランド シャブリ ヴォードヴェイ 2010

IMG_2434.JPG

『ドメーヌ』(ブドウの栽培から出荷まで一貫して行う蔵元のことです。)もののシャブリの1級!ブルゴーニュの白ワインの中でも、非常に高い人気を誇るシャブリですが、そのシャブリの中でも、よりすぐられた区画のヴォードヴェイという1級畑のワインがいよいよ再入荷!

「マランドのワインはどれも好きだけど、特に1級のこれが気に入っている」という静岡常連顧客の方もいるようにお客様にも非常に高い支持を誇るこのワインも待望の入荷!

 

さらには、当たり年2009年のボルドー、ブルゴーニュのワインもずらっと取り揃えて!!

今週の土日のポイント2倍DAYより特別価格でのご紹介となりますので、是非皆様、今週の土日はヴィノスやまざきに集合です!

 

詳しくは、是非、お手元のチラシをご覧下さい!

では、店舗にて皆様のご来店を心よりお待ちしております!

 

新静岡セノバ店 斎藤

VIP用の赤はいかがでしょう?

ブログをご覧の皆様、こんばんは

 

非常に寒い日々が続いておりますが、皆様体調などはいかがでしょうか?「一気に朝晩は冷え込んでるから、赤ワインが急に欲しくなった」というお声もあるように現在新静岡セノバ店でも、やはり赤の需要が高くなり季節が冬に近づいていることを感じる我々スタッフ一同です。

ワインの品質のために常に定温の店内にいると季節感が少し鈍るのが悩みなのですが、お客様がお求めになるものの傾向で、

「スパークリング、白が増えてきた・・・夏も近いのかな」

「赤ワインの注文が一気に伸びてきた・・・冬もそろそろなんだろうか」

と、季節を感じている節もあります。

 

そんな中でも、本日ご紹介させて頂くのは 名前に「VIP」を冠するスペシャルワイン!

マンフレディ・スァーニャ ブリッコ・ロッソ

IMG_2431.JPG

 

まず、マンフレディと言えば、北イタリアの中でも非常に人気の高い蔵元なのですが、

その歴史が当店の歴史となんとそっくりなんです!

 

当店の先々代は「大八車」を引いてお酒の量り売りをしていたのと同様にこのマンフレディも

御爺ちゃんが大八車でワインを売っていたというから驚きです。その蔵元から今回ご紹介するのはこの蔵元の中でも、最も日照条件が良く、糖度の高いブドウが取れる為ブリッコ・ロッソ=「一番先にブドウが色付く丘の頂上」の意味を持っています。

 

更に、「スァーニャ」とは、ピエモンテの方言で「VIP」を意味する言葉。

 

「皆、バローロ(近隣の高額銘醸ワイン)ばかりをありがたがるので、この畑でそれに負けないワインを造りたかったんだ」

 

オーナーのアルドさんが、そんな負けないワインを是非飲んで欲しいとの思いから出来上がったこのワインは

まさにバローロに負けない力強さとまろやかさを併せ持つVIPワイン!

是非、そんな蔵元がこだわりにこだわり抜いて造り上げた 特別な畑の 特別なワイン!

当店のスァーニャ(VIP)の皆様にも味わって頂きたい一本です。

 

新静岡セノバ店 斎藤

ソレイユアレンジ(冬編)

ブログをごらんの皆様、こんばんは。

 

いやぁ、すっかり寒くなりました。感じる寒さの度合いが、雨が降る度に強くなってくるのを感じる静岡市。

少し前の雨、台風の影響を受けてから一気に季節は秋も深まりお客様からも「寒くなった」なんてお声が聞かれるようになりました。

 

気温が下がれば、もちろん赤ワイン!という方も多いとは思いますが、

ヴィノスやまざきであれば、ここ数年、こんなワインが一つ。冬の風物詩になりつつあります。

 

ソレイユ・キュヴェ・ユウコ

IMG_2429.JPG

 

ソレイユと言えば、もう皆様お馴染みの方も多いあの甘口ワイン。

低アルコール(6%)であり、甘口の赤ワインは健康思考の方にもピッタリ!健康成分とも言われる「ポリフェノール」も通常のワインに比べ2倍配合している大人気ワインです。

通販番組に登場した際は、一時間で1万本が完売したこともある伝説を持っているワインでもあります。

 

「普段からよく飲んでいるよ」という方や、「通販で毎回買っている」という方、「月に必ず買いに来る」という方まで!!

 

そのまま冷やして頂いたり、氷を入れていただいたり、アイスクリームにかけて食べるなど、飲み方はいろいろとありますが冬場はやはりホットワインで体を温めるのがおすすめです!

 

作り方は非常に簡単。ソレイユをお鍋に移し、火にかけ温めるだけでできあがるのですが・・・

 

しかし、それ以上にこのワインは少し、ひと手間加えることによりより美味しいホットワインができあがります。今回は、私がかつてヴィノスやまざき小田原店で働いていた時代に小田原のお客様からご紹介いただいたレシピをご紹介します。

 

1 ソレイユをカップに1杯分お鍋に入れる。

2 オレンジジュース(オレンジジュースであればなんでもOK)を加えます!

  (オレンジジュースの量は、ソレイユの1/3程度ですが、お好みで調整して頂いてOK)

3 お鍋にかけて、温めアルコール分を少し飛ばしながら、程度な温度へ

4 最後にシナモンを加えてできあがり!!

 

オレンジジュースを加えることで、ソレイユの甘味が少し強くなると共にシナモンの香りも相まって非常に美味しいです!

もう定番のように飲み続けているお客様もいるかとは思いますがこの冬にさらにアレンジレシピでソレイユを好きになって頂ければ嬉しいです!!

 

是非、この冬にお試し下さい

 

新静岡セノバ店 斉藤

お祭り続く!

サルーーー!!

IMG_2424.JPG

 

昨日の南フランス・シャトー・ペノティエに引き続き、本日はスペインから人気の蔵元「モンマルサル」のジャウメ氏が新静岡セノバ店へ来店!そして、もちろんヴィノスワインフェスタと言えば、昨日と同じように現地の言葉で乾杯をします!

夏の時期を過ぎた今でもやっぱり飲みたいスパークリング!特に、バリューさに定評のあるスペインのスパークリングワイン、「カバ」はどんなシーンにもピッタリ!

スペインのスパークリング『カバ』は実はシャンパンと同じ「瓶内二次発酵」という手間のかかる作りをするワイン。それゆえに酵母の香りや豊かな風味が楽しめ、バリューでありながらも非常にリッチな味わいなのです!

IMG_2426.JPG

しかし本来であればカバは法定で定められた熟成期間は短め。バリューな理由は実はここにあるのですが...

このモンマルサルの熟成期間は、なんとシャンパーニュと変わらない...むしろ、シャンパンよりも長く熟成させているほどのこだわりの作りをしてます!

IMG_2428.JPG

本日ご来店のお客様からも

「やっぱり、スパークリングはいつでもいいね!」

「スパークリングなのにこの香りの良さはすごいね。」とたくさんの感想をいただくことができました!!

 

そして、帰り際のお客様からも聞こえてきたのが...

「そろそろ、ヌーヴォーも解禁だね」

 

そうです・・・

そのとおり!!毎年、恒例!!

ヴィノスやまざき・ボジョレーヌーヴォーカウントダウン!!

今年もやります!!

解禁本店.jpg

解禁セノ.jpg

 

今年は、11月14日(水)の夜11:30から

11月15日(木)の日付変更と共に、新静岡セノバ店&静岡本店・両店でカウントダウンイベントを実施!!

 

間違いなく、日本最速でこだわりのボジョレーヌーヴォーを楽しめるイベントです!!

すでに、本日よりご予約を頂き、「今から楽しみになってきた!」と張り切るお客様もいらっしゃいます!

年に一度の、大騒ぎ!!是非、ヴィノスやまざきでお待ちしております!

 

岩谷

ペノティエ凱旋

サンテーーー!!

IMG_2395.JPG

ヴィノスやまざきのイベントと言えば、最初に乾杯するワインの国の言葉でやるのがお約束。

今回は、南フランスより来日頂いた蔵元・ペノティエのイベントという事で、もちろん乾杯はフランス語「サンテ」で乾杯!(あなたの健康を という意味はあるそうです。)

 

今回登場していただいたペノティエはヴィノスやまざき全店、静岡のお客様であれば非常に古くから人気のある蔵元。南フランスのカバルデス地方にあり年々品質が上がり続ける人気の蔵元です。

そんな蔵元が来日するとなれば、いてもたってもいられず皆様へご案内。平日の遅い時間ではありましたが、たくさんのご参加を頂き、誠にありがとうございました。

 

蔵元も、蔵の資料を持参していただくなど、気合十分!もちろん、お客様へもテイスティングコメントを始め、このワインにどんな思いを込められているのか等、たくさんのことを話して頂きました。

 

IMG_2409.JPG

解説にも熱が入るピエール氏

 

そして、最後にはご自身の手自らで、蔵元の誇る最高峰のワイン!

ペノティエ・モンペイルグランヴァンをサービス!

IMG_2420.JPG

 

元・ムートンロートシルトの醸造長でもあるパトリックレオンが腕を振るうこのワインは、フランス五大シャトーを超えるとも言われる一本にたくさんのお声をいただくことが出来ました。

 

そして、明日もイベント続行中!!

本日来てくれたペノティエ・ピエール氏は20日12:00より、静岡本店にて!!

本日時間の都合で来れなかった方。是非、こちらにご参加ください

 

そして、セノバ店ではスペインの人気の蔵元・CAVAのモンマルサルが来店予定!!

セノバ店スタートは 15:00 静岡本店スタートは 17:00です。

 

是非、皆様!ヴィノスやまざきの人気の蔵元のワインを蔵元と共に楽しみましょう!!

明日、皆様にお目にかかれることをスタッフ一同心よりお待ちしております!

 

ヴィノスやまざき 新静岡セノバ店 斎藤

 

 

イベント始まります!

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

ヴィノスやまざきといえば、「生産者交流イベントが楽しい」とそんなお声を頂いております。

ワインメーカー、醸造家と交流する機会というのは、なかなか難しく。海外まで言ったとしても、当店の取り扱いワインの蔵元まで行くのはなかなか難しい蔵元さえいるほどです(まさに、「秘境」とさえ言われるようなところにある蔵もあるので...)

 

いつも自分たちが飲んでいるこのワインの作り手はどんな風に考えてこのワインを作っているのか...?

このワインは、自分流にはこんな料理に合わせているが。蔵元はどんなものとの合わせを考えているのか?

 

そんな事、皆様は思ったことがないでしょうか?

一度でも、ふとそんなことを思ったことがある方は、是非一度ヴィノスやまざきの生産者イベントにご参加ください!

 

「生産者に直にふれあい、交流する事で生産者の思い、飲み方、楽しみ方などいろいろな事がみえてきた!」

とおっしゃっていただけるお客様もいるように、普段ご自身が飲んでいるワインであれば、更なる愛着がわきこのワインがより好きになる...ということもあるかもしれません。

そして、飲んだことがない蔵元であっても、そこで試飲することによって新しい発見がいくつもあります!

 

10月19日(金)の20時より、まずは各店の中でも先陣を切り、

シャトー・ド・ペノティエの来日イベントが開催いたします!!

 

このヌーヴォーを予約した方!!

IMG_2392.JPG

 

このワインを飲んだことがある方、

 

IMG_2394.JPG

 

 

もしくはない方でも、もちろん大丈夫です!

 

是非、皆様のご参加をお待ちしております

 

新静岡セノバ店 斎藤

 

 

南フランスのグランヴァン

グランヴァン=偉大なワイン

 

いわゆる高級ワインなどを称してグランヴァンと呼ばれます。

ほとんどがボルドーやブルゴーニュと言った高級ワイン産地にてそのように呼ばれるワインが多いです。

 

しかし!!

一昔前までは安酒の産地として知られた、南フランス・ラングドック地方のグランヴァンがあるという情報が!!

abc2009042609.jpg

古城カルカッソンヌ近くにある、ペノティエが2007年に1stヴィンテージとしてリリースしたモンペイルです!

 

DSC03963.JPG

南フランスのベルサイユ宮殿と言われているペノティエのシャトー。

 

 

 

パトリックレオン氏.jpgムートン.jpg

ボルドースタイルにワインが仕上がっているのは、ここの醸造長パトリック・レオン氏がボルドー5

 大シャトーの一つ、CHムートン・ロートシルトの醸造を指揮していたからこそ!!

 

有名ソムリエも絶賛

「このワインと飲み比べるなら、ムートン(10万円)やラフィット(20万円)と飲み比べるべきだ。」

 

美味しさの秘密はまだありそうですが、その話は今週金曜日にさらに突き詰めていきたいと思います!

 

そう!今週金曜日 10月19日に蔵元がやってきます。

 

数十万円クラスと同じレベルのワインが出来る秘密がついに解かれます!!

※※詳細※※

日時:10月19日(金) 20:00から

場所:新静岡セノバ店

会費:500円

http://www.v-yamazaki.co.jp/event/event_kura/index.html

お申し込み・お問い合わせ

054-266-7186

cenova@v-yamazaki.co.jp

 

岩谷

解禁まであと1ヶ月!!

ついに、ついにあと一ヶ月になりました!!

 

誰もが一度は耳にした事のある、「ボジョレー・ヌーヴォー」の解禁日まであと1ヶ月です!!

 

もうヌーヴォーのご予約はお済みでしょうか?昨年予約完売の商品もある為、お早めにご予約をお待ちしております。

 

さて、それでは皆様に昨年のカウントダウンの様子をご覧下さい。

IMG_0196.jpg

普段は22:00に閉店の当店。

IMG_0197.jpg

日付が変わる直前に皆様集合し始め・・・・

 

IMG_0237.jpg

気づけばこのような状態!!

 

IMG_0214.jpg

予約完売の生産者「頑固オヤジ」ことシャテルス氏もフランスからこの日の為に来日。

 

そして・・・

 

 

日付が変わると共に・・・

IMG_0220.jpg

「乾杯!!」 ※カメラマンも興奮のあまり、ピントがずれてます・・・・

IMG_0199.jpg

もちろん恒例の「ヌーヴォー・ダンス」なるものもあります!!

 

このようにカウントダウンを皆様と楽しむ会を行ないます。

 

今年は11月14日(水)の夜23:30頃から店内を開放致します。

詳細はまたブログにアップします。

 

岩谷

ワインフェスタも1周年

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

毎週土曜日といえば・・・『ワインフェスタ』

IMG_2390.JPG

 

今が旬の当店の人気ワインを3種類ご用意して皆様に、ご案内するイベントとして毎週土曜日に開催を続け、このセノバ店も早1年が過ぎました。お客様の中では、『もう土曜日の恒例行事になった』と毎週のようにご参加いただける方。「セノバに来るたび、この時間には来ちゃう」と言ってくださる方も。

 

雨の日も風の日も毎週土曜日に開催を続け、

時には、大型ホールのチーズをその場でお客様へチーズ大好き店長が切り分けサービスしながら、

IMG_2327.JPG

 

時には、贅沢な甘口ワインをデザートにご用意したり!

時には、スパークリングワインの開け方講座も!

IMG_2088.JPG

 

お客様皆々様に楽しんでいただけるように、ちょっとした豆知識、知っているとかっこいいワインウンチク等を交えながらお話させて頂いて参りました。

そうして、続けること早一年が経ちました。これまで、支えて頂き、ご参加頂きましたお客様皆様へ心から御礼申し上げます。

 

そして、本日も皆様へ「今どうしても伝えたい!」カリフォルニアの新着ワインを中心にご案内。ヴィノスやまざき通販部でありながら、フランスの高級産地・ブルゴーニュでの醸造経験を持つ醸造家兼バイヤーの寺田と共に、皆様へ今飲んでいただきたいカリフォルニアの人気ワインをご案内いたしました!

そんな中でも、本日の人気No,1だったのが、こちらのワイン!

 

クルルー カベルネ・ソーヴィニヨン

IMG_2226.JPG

「海外の方で、ここまできたのはあなたたちが初めてだよ。」と、いうほどにサッター郡という秘境で作られるこの有機のワインは、前回別品種ジンファンデル入荷時も、一瞬で売り切れる人気ぶり。

今回は、カベルネ・ソーヴィニヨン初の入荷、初フェスタデビューという事で、お客様の期待値も非常に高く本日も人気が集中!

大好評いただき、早くもリピート宣言が出るほどの実力です!!

 

今後も、さらに分かりやすく楽しいワインフェスタ開催してまいりますので、皆様是非ご期待下さい!!

 

新静岡セノバ店 斎藤

こんなグラスご存知でしたか?

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

今日のご紹介は、ちょっと変わった『ワイングラス』です。

 

ワイングラスといえば、通常皆様が思い描かくものは大体

こんな形ではないでしょうか?

itm42005-l1.jpgriedel_703_3.jpg

もちろん、こちらの形で大正解です!

 

しかし、ワインにたくさんの種類があるように、そんなワインに合わせてできあがるワイングラスも実は多種多様な形があります。しかもそれは、グラスの丸みの形だけではないのです!!

 

今回は新静岡セノバで密かな人気を誇るこちらのグラスをご紹介します。

 

リーデル オー シャンパーニュ

1013ブログ1.jpgオーシャンパン.jpg

 

まずは、見てください!この形。今まで、ワイングラスと思い描いた方の中で、この形を思い描いた方がいましたでしょうか?おそらくではありますが、いないと思います。

 

リーデルーオーシリーズとは世界で初めて『ワイングラス』を開発したオーストリアの会社でもある「リーデル」が作り上げる少し変わったワイングラス。ワイングラスの概念を覆す革新的な"ワインタンブラー"。

通常のシリーズとの一番の違いは『脚』がないことです。

itm42005-l2.jpgここの部分です。

 

ワインの香りや味わいを引き出すボウルの機能性は残しつつ、脚や台座をなくし、毎日の生活で気軽にお使いいただける形に進化したワイングラス。

日常使いでも使いやすいので、ソフトドリンクを入れても大丈夫!幅広いシーンで活躍してくれること間違いなしのグラスです。

 

どんなシーンでも使いやすいグラスなのですが、我々スタッフが是非、このグラスで飲んでいただきたいのはこちらのワイン!

 

リッチランド モスカート

 

1013ブログ2.jpg

オーストラリアのウェストエンドが作り上げるこのワインは、しゅわしゅわした泡立ちが嬉しいセノバ店のベストヒットワイン!ジャパンワインチャレンジでベスト甘口ワインに輝いた蔵元が作り上げるこのワインはモスカート(マスカット)の甘味をそのままにどんなシーンにも気軽に楽しんでいただける一本!

 

是非、あのシャンパングラスで、その泡立ちとともに楽しんでください!きっともう一本・・・とまた欲しくなること間違いなしです!!

 

新静岡セノバ店 斎藤

お客様が認めた一番美味しいナパ

最近はフランスやイタリアなど昔からワインを造っている産地以外にも、新世界・第二世界などと呼ばれる国・地域があります。

オーストラリア・チリなどがそうですね。

 

その中でもカリフォリニア・ナパヴァレー産のワインは専門家からも特別視されています。

 

1976年から2006年に3回行われた、フランス高級ワインVSナパワインの直接対決でもナパワインの圧勝に終わり、今や世界中のワインファンが一目置く銘醸地として有名になりました。

リスト図1.jpg 

 

そして数万から数十万円するワインも登場し、高級ワイン産地の代名詞ともなったのです。

 

と、ここまでは教科書に書いてある事になるので、ご存知の方も多いと思います。

 

ここからがセノバ店での実際にあった出来事になります。

数ヶ月前、テイスティングバーにある常連の方から、ナパで一番美味しいワインを紹介してもらいました。

 

A様「ナパと言えば、パラダイムが一番美味しいよ!!」

 

ナパで一番有名なオーパス・ワン(3万円)でもなく・・・

 

ナパで一番高級なスクリーミング・イーグル(30万円)でもなく・・・

 

パラダイムとおっしゃたのです。

現地アメリカのレストランで召し上がったワインがパラダイムだったそうで、その時以来ずっと覚えていたそうです。

(ちなみに250$ 約2万円・・・)

 

そして数ヶ月後の先日、A様が一番お気に入りのパラダイムがとうとう日本に入ってきました。

さっそくテイスティングバにて召し上がって頂いたところ・・・

 

「やっぱり美味い!!」と納得の様子です。

IMG00295.jpg

交渉したのですが、匿名希望という事で・・・・

 

現地のレストランで250$のワインですが、蔵直ワインのヴィノスやまざきではこの価格。

IMG_2351.JPG

 

パラダイム・カベルネ・ソーヴィニヨン 2008

 

岩谷

マルケサートの実力

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

この三連休は新静岡セノバ 1stアニバーサリーにたくさんのご来店誠にありがとうございました。

たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございます。

改めて、このヴィノスやまざきのお店がたくさんの皆様に支えられている事を実感し

スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そんな三連休に非常に反響が大きかったのが、グランヴァン試飲!!

 

特に二日目に行わせていただいた

マルケサート タラブーソ &サッシカイア2009の飲み比べはたくさんの皆様よりご好評を頂きました。

 

IMG_2344.JPG

 

「たしかに、サッシカイアはスーパートスカーナというだけあって美味しいね。でも、こっち(タラブーソ)は値段で見ると半額以下なのに、負けてない。むしろ美味しい」

 

イタリア有名ワインのサッシカイアと共に、ヴィノスやまざきの蔵直グランヴァンでもあるマルケサートのワインの実力もたくさんのお客様から感動していただきました。

 

それもそのはず、このワイン達は実はどちらも、イタリア・トスカーナのボルゲリ地区(最高級産地です!)のサングイード農園から作られているのです。

土壌・気候は全く同じでも、サッシカイアが海外のコンクールで知名度を上げていくのに対しマルケサートは現地向けにワインを昔から作り続けいる為値段差は大きく違いますが。実力は拮抗。

 

とある、ワイン評価雑誌においては、サッシカイアよりもタラブーソがその価格差を跳ね除け勝利を得るということもあるほどです。

日本のお客様にお飲みいただいた際も、サッシカイアよりも美味しいというお声をたくさんいただくことができました!!

 

そして、今回、このマルケサートから期待値・大の新商品が入荷しております!

 

IMG_2340.JPG

 

グラッパ リゼルヴァ

このマルケサートのグラッパは、あの「タラブーソ」の搾りかすから造られた贅沢な逸品。

タラブーソの搾りかすを使用し、18ヶ月フレンチオークにて熟成されることにより、芳香豊かブドウの風味がしっかりと感じられ、なめらかで柔らかい味わい。

ブランディ デル マルケサート

買付隊がマルケサートに訪れた際、実は一番感動したと言われているのが、このブランデー。洗練された芳香な香りとエレガントな味わい。自然な甘みと柔らかさがあり、3年間の樽熟成を行うことにより綺麗なあめ色に仕上がっています。

 

どちらも甲乙つけがたい新商品! 

たくさんのお客様から「グラッパはないの?」「ブランデーはないの?」と尋ねられることも多くありますが、是非、これからはこのマルケサートの1本をお試しください!

ワインに負けず劣らず、非常に贅沢に作られるこのワインは、是非皆様に味わっていただきたい一本です!

 

 

新静岡セノバ店 斎藤

限定甘口入荷中

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

新静岡セノバもおかげ様で、一周年を迎え。

1周年アニバーサリーフェア開催中です!

IMG_2319.JPG

 

セノバのお客様からのお声が非常に強かった商品など大人気の商品を

今回、特別に入荷致しました!

 

リッチランドモスカート

IMG_2320.JPG

 

オーストラリアのウェストエンドエステートが作り上げるこのワインは、まさにマスカット(モスカート)の

旨みと甘味がたっぷりの発泡性白ワイン!

前回入荷時に一度お試しいただいた方よりも、

「再入荷を心から待っていた!今日店頭で見かけて、本当に嬉しくなった」とまとめて購入を頂いております!

 

さらに・・・

 

3ブリッジス貴腐ワイン

IMG_2323.JPG

 

甘口の中でも「最高級」と言われる希少性の高い「貴腐ワイン」でありながら、1万円以下どころか3000円以下で手に入る

奇跡の一本!本来、「貴腐」というだけでも、相場は「1万円」程度のものが当たり前です。

 

さらに、このワインはアジア最大のワインコンクールでもある「ジャパン・ワインチャレンジ」において、欧州の高級ワインを打ち負かしTOPゴールドという栄誉ある賞を得ることができた大変評価の高いワインです。

 

今回はセノバ店オープン時に人気が殺到し、大変アンコールが強かったこの2つの甘口ワインを当店限定、特別価格にてご用意しております。

1周年限定となっておりますので、是非お早めにゲットしてみてください!!

 

新静岡セノバ店 斎藤

新商品登場

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

日中の日差しはまだまだ「残暑」をかすかに感じる日々ですが、もうすでに日が陰れば長袖を着て歩くのが普通になってまいりましたね。昨日の月が綺麗だったように、もういよいよ秋本番です。

 

さて、そんな秋の時期は「そろそろ赤ワインが飲みたくなってきた」というお声もたくさん頂いておりますので、今回の秋のワインフェアはイタリア祭りに続いて、大人気産地カリフォルニアのワインも同じくご紹介中です。

 

クルルー カベルネ・ソーヴィニヨン

IMG_2226.JPG

 

以前、限定入荷致しましたカリフォルニアのサッター郡という地域で作られる幻の有機ワイン・クルルー。

20年以上、その地域でぶどうを造り続ける職人が作りだす完全有機のジンファンデルから作られるワインは柔らかく旨みがあり、瞬く間に売り切れを迎えました。

 

その後も、「あの有機のワインは入ってこないの?」というお声をたくさん頂戴しておりましたが。今回ようやくの再入荷となります。

しかも、そのワインは、前回のジンファンデルよりもより優れた区画で作られるカベルネソーヴィニヨン!

IMG_2227.JPG

 

ジンファンデルよりも標高が高い地域で作られ、農薬などに頼ることなく完全有機栽培。

「土壌から健康にすることで最高のぶどうを作る。それこそが、良いワインを生む秘訣。」と語ります。

 

前回のDMでは、フランスの有機認証「AB」を獲得したワイン、そしてイタリアの有機認証「ASS」を獲得したワインをお試しいただいた方も多いとは思いますが、是非今回は、カリフォルニアの有機ワイン「クルルー」をお試し下さい。

ヴィノスやまざきの有機ワインは、何より「美味しい」という事がわかっていただけると思います!

 

是非、一度お試し下さい。

 

新静岡セノバ店 斎藤

 

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード