ヴィノスやまざき新静岡セノバ店ブログ

2012年8月アーカイブ

御祝ワイン続々!

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

さて、本日8月31日、ヴィノスやまざきの『そごう横浜店』がオープンとなりました。

これも、一重に今まで支えて頂きましたお客様の暖かいご支援の賜物でございます。

是非、今後とも、ヴィノスやまざきをよろしくお願いいたします。

 

そして、今回は遠く海外からもお祝いのワインがそごう横浜店のみならず、

こちらセノバ店にも到着。そんなワインの一部をご紹介いたします。

 

IMG_1954.JPG

 

豪州・ウェストエンドエステートより、限定のワインが特別に入荷致しました!

3ブリッジス シラーズ

 

クールクライメント シラーズ

 

日本を始め、豪州国内外から非常に高い評価を受け受け続ける実力派の蔵元が作り上げる

この蔵元のワインは、

ジャパンワインチャレンジ(アジア最大のワインコンクール)において、ベスト・オーストラリアワインに

輝くほどの実力派。

更には、甘口ワインでは一本数万円クラスの欧州のワインを軒並み破り、No,1に輝くなど

多方面での高い評価を受けています!

Family- picnic.jpg

そんな蔵元が作り上げる2種類のシラーズが今回、限定数での入荷となりました。

3ブリッジスは、力強く濃縮感にあふれる味わいが自慢の1本。

濃厚でありながら、飲みにくさが無い。非常にまろやかな味わい

そして、クールクライメントは、冷涼な高地で栽培した生き生きとした酸味が特徴の

濃縮感あふれるな味わい。

 

どちらも個性豊かでありながら、非常に豊かな味わいを楽しめるタイプとなっております!

どちらも限定数となっておりまして、数量には限りがございますので

是非、この機会にお手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

ニュージーランドの当たり年ワイン

みなさんこんにちは。

よくワインで当たり年ビッグヴィンテージ優良年など聞きませんか?

ワインはブドウに一切の水を加えず造る自然な醸造酒です。

ですのでその年の天候などが大きく味に左右されます。


しかし残念な事にほとんどがフランス・イタリア・カリフォルニアなどの一部高級ワイン産地のみに当たり年と騒がれ、その他の国・地域にはあまり会話に出てきません。

 

もちろん他の地域であっても【当たり年】は存在します。

 

今日は教科書にもほとんど出てこないニュージーランドのお話です。

newzealand_nelson.gif

日本のように島国で、2つの大きな島から成るニュージーランド。

map_n_detail_S01.gif

南極に近い南島にネルソンという地域があります。

寒冷地で、ブドウ品種の中でも冷涼な産地に向いているピノノワールやソーヴィニヨンブラン、シャルドネなどが多いです。

 

しかし小さなブドウ農家がぽつぽつとあるくらい(たった12軒)、ほとんど日本には入荷がありません。

ヴィノス買い付け隊が見つけてきたネルソンの生産者も、小さな蔵元です。

 

【テ・マニア・ワイナリー】

IMG_1949.JPG

テマニア画像.jpg

 

 

P4290368.JPG

 

 

 

DSC00668.jpg

収穫もすべて手作業で行い、生産量も極々僅か・・・・

 

DSC00742.jpg

NZ の有機認証 【BIOGRO】のも獲得し、畑には羊が放牧!?

img02751550.gif

ニュージーランドでトップクラスの腕前とされ、あの有名なジャンシス・ロビンソン女史も「ニュージーランドでTOP10に入る作り手」と評価!!

jancis_pic.jpg

 

 

そしてこの地域の当たり年が2010年なのです。

IMG_1950.JPG

寒暖差のあるネルソン地区らしい引き締まった酸味でさらに上品になったソーヴィニヨン・ブラン。

「確かに美味しい!!」

ニュージーランド全般の当たり年でしたが、ネルソン地区はさらに秀逸です!!

是非この機会に試してみてはいかがでしょうか?

DSC00896.jpg

岩谷

イタリアより帰ってきたあのワイン

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

昨年末大好評を博したあのワインを皆様、覚えていらっしゃいますでしょうか?

イタリアのシチリア島より届いた新着ワイン。

 

「トーラ」という蔵元のあのワインが帰って参りました。

 

トーラ グランドゥーカ

 

IMG_1948.JPG写真1

 

イタリアの中でも、島部に位置するシチリア島にて三世代に渡りワインを造り続けてきたこの

歴史ある蔵元は、シチリア島の中でも、最も良いとされる区画を持っています。

更に、低収量にこだわり、一つ一つのブドウの質にこだわりぬいて作り上げるワインはまさに絶品です。

 

今回のご紹介となるこのグランドゥーカは、シチリア島の地場品種でもあるネロダーヴォラ100%使用し

木樽で熟成をさせたこの蔵元の自慢の一本!

 

昨年末、初入荷時には瞬く間に売り切れ。華々しいデビューを飾り、今回の再入荷の際も

様々なお客様から、「このワインは美味しかった」とお言葉をいただくことが出来たワインでもあります。

 

更に、このトーラですが、現在有機ワイン認証を申請中という事で、もちろん現在進行形で、有機での栽培を実践中。

更には、シチリアNo,1にも輝くそのネロダヴォラの実力は、是非皆様の舌で味わって頂きたい一本です。

 

是非、この秋の季節に合わせて、パワフルな赤ワインが飲みたくなってくる季節に!!

こんなイタリアの最高峰のワインはいかがでしょうか?

 

新静岡セノバ店 斎藤

 

 

ブルゴーニュのシャンパン??

こんにちは。

 

ワインに詳しい方だと題名に「??」と思うかもしれません。

 

シャンパンまたはシャンパーニュはフランス北部のシャンパーニュ地方から出来るスパークリングワインです。

 

ですので、フランスであってもシャンパーニュ地方以外では「シャンパン」と呼びません!!

 

ではなぜこのような題名にしたかと言いますと・・・

セノバ店スタッフ全員確実にシャンパンだと思ったスパークリングワインがあったのです!

 

トラミエ・クレマン・ド・ブルゴーニュ

 

 

同じフランスでも、より高級ワインを生み出す産地ブルゴーニュ。たとえばロマネ・コンティモンラッシェなど数万から数十万などのワインが存在する所です。

図331.jpg

シャンパーニュと比べると南に位置します。

 

「ブルゴーニュのワインは高いですよね。」と良くお店でも言われます。

そのブルゴーニュ地方から造り方・品種までまるでシャンパンのようなスパークリングワインが再入荷したのです!!

品種はよりエレガントなシャルドネ種を主体にし、バランスが取れたスタイル。

ミラン103.jpg

そしてここがポイント。通常の白ワインを醸造したあと、ボトル1本1本に酵母を入れ泡を製造。これがシャンパン方式と呼ばれる一番手間暇が掛かり、価格も上昇。 写真は酵母の滓でもある澱がこぞんでいるところです。

 

 

しかし丁寧に造ることにより、一番泡が細かく上品なスパークリングワインが出来る造り方です。

これを高級ワイン産地ブルゴーニュ地方で行うのですから、通常でしたらシャンパンよりも価格も上がるのではと思ってしまいます。

DSC00504.JPG

造り手も150年以上の歴史と実績のある蔵元が大切に1本ずつ造ります。

DSC00513.JPG

自然派を代表する蔵元で、ブルゴーニュを代表する蔵元トラミエ。

DSC00536.JPG

蔵元の奥にはワインを適温で保存できる天然のワインカーブ。

DSC00545.JPG

スパークリングだけでなく、もちろん通常のワインも造っています。

 

ここでワインが美味しくなるのをじっと待つのです。

 

このスパークリングワインは先週末に入荷したのですが既にリピーターも多数!

セノバ店で今一押しのスパークリングワインでした。

岩谷

ソムリエ試験

みなさんこんにちは。

 

この時期になると当社新入社員達が寝る間を惜しんで取り組んでいるものがあります。

 

ソムリエ試験

 

今日が試験日でした。

 

普段ワインに取り囲まれている環境で、専門的知識を求められる事ももちろんあります。

その時スラスラ答えられるようにやはり勉強は必要なのですが、この業界には資格もあるのです。

 

そこではボルドー格付けや、イタリア料理とワインの関係新世界のワイン法など全世界の幅広い知識が出題され、1次試験の合格者のみが2次試験に出れるのです。

 

 image.jpg

もちろんソムリエらしいワインの鑑賞表現も。

 

 

2次で初めて、恐らくみなさんが想像するような、「どこの産地」「何の品種」「何年産のワイン」などを答える利き酒もあります。

 

わたくしは資格を持っておりますが、自分の復習の為に本日スタッフが受けたものをやってみました。

「・・・」

「・・・・」

「・・・・・」

なかなか難しいですね・・・・

 

自己採点してみて合格圏内なので、まだまだ覚えている自分が少しうれしくなりましたが。。。。

 

ここ数年で新世界と呼ばれるカリフォルニアやオーストラリアの出題が増えてきました。そしてフランス・ドイツなどが減ってきています。

 

やはりワインの世界はもうフランスだけの時代では無いという考えを、ソムリエ協会も思っているのでしょうか。

 

2次試験対策を下記の日程で行います。

是非合格される(と思われる)方はご連絡お待ちしております。

 IMG_1303.JPG

日時:9月12日(水) 15:00から16:30

場所:新静岡セノバ店店内

参加費:3000円

 

 

岩谷

秋の新着ワインが入荷です!

 みなさんこんにちは!

 

この秋の為に1年掛けて世界中から探してきたワインが入荷しました!

 

【新入荷】

 

レ・バラス白

IMG_1945.JPG

蔵直ワインの原点でもある、南フランス・ラングドック地方。その中で大人気ワインのレゾリュー赤ラベルなどを算出するコルビエール地区。

そこで見つけてきた2006年スタートの新鋭蔵元レ・バラス。

地元では知る人ぞ知る有機ワインスペシャリストです!

 

白ワインを召し上がったお客様からは、「まるであのオリューロマニのように果実味がしっかりしながら、もっと上品で複雑味がしっかり!」

入荷初日でいきなり舌の肥えた常連のお客様御墨付になりました!!

 

 

ディ・ジョヴァンナ・ネレッロ・マスカレーゼ

 IMG_1944.JPG

またイタリアからは「あの醸造家 リカルド・コッタレラ」が手掛けるシチリアワインが新登場!

イタリア醸造家の中でもTOP3に数えられる有名醸造家!!

 

特に南フランスを得意としている彼はシチリアならではの地場品種から造る匠ならではのワインです。

「すごくしっかりしていて、一口飲むと口の中に渋味が広がるよ!でも全然嫌な渋味ではなく、あくまで心地いい!!パーフェクト!」

 

【再入荷】

 

パライソ・シラー

00004843_photo1.jpg

新大陸代表カリフォルニアから久々の入荷に、常連顧客から「待ってました!」とお声の高いパライソ・シラー。

本日のワインフェスタでももちろん一番人気です。

IMG_1941.JPG

「過去に何ケース飲んだか覚えていないけど、以前よりもっと美味しくなっている!」

本店しか無かったころからのお客様も大絶賛のワインがパライソシラーです。

 

今日ブログで紹介したワインは全て店内奥ワインバーで用意しております!

毎週更新 ワインバーメニューはこちらから↓↓↓↓↓

http://www.v-yamazaki.co.jp/barmenu/pdf/barmenu_cenova.pdf

 

明日もポイント2倍デーです。

是非お待ちしております!

 

岩谷

いよいよです!

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

まだまだ日中暑い日が続き、残暑厳しいかとは思われますが、

夜の空は、徐々に秋の色に変わってきております。

 

夜風が気持ちいい日々に、飲みたいワインも多々いろいろかと思いますが、

そんな日々に合わせて、新しいワインフェアがスタート致します。

 

秋の新着ワイン第一便!

 

今回の買付において、見つけてきた新しい蔵元のワインが入って参りましたので、

そんな新しいワイン達を一同に揃えて皆様にご紹介いたします。

 

更には、人気のマルケサート、ウォーターストーンから神戸の御祝でも特別価格を出していただいた

大人気商品が限定入荷!

そして、あの人気のパライソからは、あの人気のワインが待望の再入荷!

是非、この秋に皆様に飲んで頂きたいスペシャルワインを揃えて、皆様のご来店をお待ちしております。

 

IMG_1923.JPG

 

更に!!オススメをさせていただくのが、セノバ店大人気の甘口ワイン!

今回は、そんな甘口ワインの中でも。世界最高峰のデザートワインを特別にご用意!

 

デクスハイマ―・シルヴァーナ・アイスワイン

 

IMG_1922.JPG

 

今回、初入荷となる蜂蜜のような上品な甘さが特徴の極上甘口ワインです。

是非、皆様、一度お試しください。この甘味にとろける事間違いなしです。

 

そして、最後にはなりますが、

今回のチラシで、「待ちに待った」という方も多いのではないでしょうか?

 

ヴィノスやまざきのボジョレーヌーヴォーの予約

ついにスタート致します!!

 

昨年も、多数のアイテムにて予約完売が続き、当日販売できなかった商品も数多くあった為

今年も、明日より早期の予約がいっそうにオススメです。

 

IMG_1921.JPG

 

後になって「予約しておけばよかった・・・」とおっしゃる方。必ず、毎年いらっしゃいます!

是非、今年は早目の予約で、お好みのワインを解禁日に楽しみましょう!

 

ご予約は、是非 セノバ店にて!!

皆様の、お好みに合わせてオススメヌーヴォー、ご案内致します。

 

新静岡セノバ店 斎藤

世に出回らないワイン

皆様こんにちは。

 

今週末から始まるダイレクトメールをご覧になりましたか?

 

その中にジュリアンという蔵元の白ワインが掲載されています。

 

ここの蔵元、現地にて買い手が全て決まっているプレミアワインを造っているのです!!

 

つまり彼の造るワインはもう全て予約済。 

 

実は今回訪問した時も入荷量を増やせないかという交渉に向かったのです!

 

 

DSC09629.JPG

「ここに書いてあるワインもう少し分けてもらう事は出来ない?」

 

DSC09602.JPG

「僕のワインはもう全て買い手が決まっているんだ。実はこうやってボトルを開けれるのも久しぶり。自分のワインなのにね・・・」

 

当店でも今まであまり紹介されていない。というより表に出るほど入荷が無い!という方が正しいでしょうか?

 

カリフォルニアの中でも秘境の地「カーメルヴァレー」。この蔵元に行くまで山道をずっと突き進み・・・ガードレールの無い舗装されてない悪路を辿り・・・やっとの想いでたどり着いた生産者。

 

「山奥にひっそりと佇む」という言葉がぴったりで、辺りを見渡しても他の畑は見当たりません!!

他の蔵元とは孤立している為、ブドウに寄生するフィロキセラが到達していないという世界的にも珍しい純粋な葡萄樹。

 DSC09550.JPG

 

DSC09753.JPG

プロゴルファー トム・ワトソンの兄弟でもあるリッジ・ワトソン氏が目指しているのは「ナパの品質を超越するワインを、よりリーズナブルに!」

世界最高品質のワインを産出するナパヴァレー。しかし価格も高騰しており、数万から数十万のワインばかりが存在する高級産地に!!

その品質を「超越」し、しかし価格はリーズナブル。

 

この言葉は嘘ではありません!

買付スタッフの誰もが一飲し感動。フランス・ボルドーの格付けワインをも彷彿する出来栄えに納得!!

まずはこのワインで確かめて下さい!

 

・ジュリアン ソーヴィニヨン・ブラン 

 

樽発酵しフレッシュさとまろやかさのバランスが最高の1本。

こちらのワインは25日(土)からの販売です。

お待ちしております。

※25日(土)26日(日)は全店ポイント2倍デーです。

 

岩谷

エルヴェさんがやってくる

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

ヴィノスやまざきが誇る大人気ボルドー蔵元と言えば、

レイニャックと並び立つ、ファンの多い蔵元『ムーラン・オーラロック』です

 

むーらん08.jpg

 

このムーランオーラロックは、今や日本中でも注目される大人気の蔵元!

有名なワイン漫画でもある「神の雫」の本編にも登場し、その存在感を大いに日本中に見せつける程の実力を持ち

ムーラン掲載号表紙.jpg

醸造家でもあるオーナーのエルヴェ氏は、『ワインクレージー』と言われる程にこだわった造りを続け、

そのワインの評価は、ペトリュス(約20万円)やオーゾンヌ(約5万円以上)の高級ワインに

並ぶほどの高い評価を獲得。

 

DSC00948[1].jpg

 

そして、あの有名ワイン評論家でもある「ロバートパーカー」からの好評価さえも、

実は、敢えて断るという筋金入りの頑固な姿勢を貫くワイナリーなのです。

 

そんな大人気ワインメーカーがなんと、9月1日に

こちら、ヴィノスやまざき新静岡・セノバ店に来店が決定!!

 

それを記念して、ムーランオーラロックをエルヴェ氏と楽しむ

スペシャルパーティーを開催致します!

IMG_1920.JPG

 

開催日時:9月1日

時間:19:00?20:00頃

会費:1500円

定員:50名

 

参加人数には限りがあります。もう既にお申し込みがスタートし

御席数限界がございますので、是非お早目にご予約下さい。

 

皆様のご来店を心より、お待ちしております。

 

イタリア白

こんにちは。

 

イタリアワインを愛する人は白ワインに物足りなさを感じた事はありませんか?

 

「食事に合わせやすいイタリアワイン。でも白ワインは単体で飲むには少しパンチに欠ける・・・」

 

 

イタリアワイン好きと話すとたまにこのような話になります。

 

でも今日わたくしが紹介する白ワインは是非試して頂きたい自信の1本です。

 

「モンタウト ジェッサイア」

 

ワインの宝庫トスカーナ州の中で一際高級ワインばかりが生まれるマレンマ地方。

例えば有名なオルネライア、サッシカイア、マルケサートなどもマレンマ地方の中にある限定エリア「ボルゲリ」になります。

 

しかし一般的に有名なマレンマ地方は海沿いにある広大なエリア。

以前自分も訪れた時は「マレンマ地方だから、海沿い。しかも高速道路の近くだろう・・・」

甘い考えでした。

 

海岸線から山に入り車で数時間。ようやく蔵元にたどり着いた時には今までどのワインガイドに載っていた「マレンマ地区」とはかけ離れた景色でした!!

 

DSC00433.JPG

IMG_5041.JPG

ここでワインを造っているオーナーの若き青年リカルドさん。

お父さんの代はブドウ農家で、彼の代からワイン造りへ。

DSC02113.JPG

標高は言うまでもなく高く、200M以上あるのだそう。

_MG_9930.jpg

_MG_9998.jpg

完全に有機で栽培され、収穫も手摘み。

 

一口飲むとまるでフランスを代表する辛口白ワイン「サンセール」!?と見紛うくらいの出来栄え!!

これなら舌の肥えたフランスワイン好きも、生粋のイタリアワイン好きも思わず柏手を打つに違いありません!!

 

しかし改めて写真を見ると本当に道なき道を通り、隣家までどのくらい離れているのか解らないところを訪れ、夜の電気はこの家のみ、あとは月灯り。

 

でも本当に美味しいワインを紹介出来るのは喜びでしかありません!!

 

是非お試しください!イタリアワインのイメージが変わります!!

 

岩谷

 

甘口スパークリング

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

夏の日差しが暑い日々にすかっとしたスパークリングワインを楽しまれる方

非常に多く見られます。

 

ヴィノスやまざきでも、夏のスパークリングフェアにてスパークリングワインを楽しまれている方

多く見られますが、疲れた身体を癒すならやはり甘口ワインで決まりです!

 

極上・とろけるアイスワイン、贅沢な貴腐ワインももちろん素敵ですが、

本日のご紹介は、夏と言うことで、甘口のスパークリングワインです。

 

マンフレディ アスティ スプマンテ

 

IMG_1918.JPG

 

日本でも非常に人気の高い甘口スパークリング・アスティですが、ヴィノスやまざきのアスティは一味違います。

イタリアワインの銘醸地でもある「ピエモンテ」の中でも、近年注目される「ランゲの丘」で造られるこの蔵元は

実は、当店・ヴィノスやまざきとは何か運命めいた縁を感じる蔵元なのです。

 

その理由と言うのが、大八車です。

ヴィノスやまざきは、先々代が大八車で行商を始めた事がスタートとなっております。その為、

今でもヴィノスやまざきのロゴには、大八車が使われております。

 マンフレディ家16.jpg

そして、この蔵元。マンフレディも実はおじいちゃんが大八車でワインの量り売りを始めたのが創業という

なんとも、素敵な縁を感じる蔵元なのです。

 

そして、その蔵元が作り上げるアスティは、まさに生で食べるマスカットのようなあふれ出るフルーツの果実味に

ワインを普段全く飲んだことが無い、飲めないと思われていた方も

「これは、美味しい!」と笑顔で即決頂けるほどの実力。

 

良く冷やして、その泡立ちと共に是非食前、食後。そして、スィーツと共に、この夏お召し上がりいただいてはいかがでしょうか?

 

新静岡セノバ店 斎藤

夏の支持率No,1

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

お盆を明ければ、季節は秋へ向かっていく...なんていう言葉が
ありましたが、今年はどうやらその反対のようですね。

お盆が明けてはおりますが、秋の涼しさは未だ遠く。
日中、軽く振った雨のおかげで打ち水のように
気温は下がったとは思いましたが、やはり「暑い」という
一言に尽きるようです。

しかし、そんな暑い中でも元気に開催したワインフェスタ!

今日のテーマは、

「ヴィノスやまざき新静岡セノバ店 この夏の客様支持率No,1ワイン」

という事で、この夏もっとも人気があったワインを3種類皆様にご紹介させて頂きました。

 

IMG_1914.JPG

IMG_1895.JPG


スパークリング部門!


夏の大定番!スパークリングワイン部門からは
イタリアのプロセッコの第一人者「ヴァルドカ」の作り上げる
完全有機プロセッコ「ビオルド プロセッコ」がランクイン!

スッキリしているのに、うまみが効いて美味しかったと夏の火照った体への人気No,1!


赤ワイン部門!


2010年度、2011年度辛口赤ワイン売り上げNo,1は伊達じゃない
カリフォルニアの大人気蔵元「ストーンヘッジ」の当店オリジナルブレンドワイン
メリタージュの人気はやはりここでも、強し!


カリフォルニアの3万円程度の高級ワイン「オーパスワン」との過去の試飲対決の結果に
驚かれていた方も非常に多くいらっしゃいました。


甘口ワイン部門


甘口大国セノバ店の中でも、注目の的!灼熱のカリフォルニアから届いた幻のアイスワイン
氷結ブドウから造られるたっぷりとした甘味は、お客様の心をとらえて離しません。
セノバ店おすすめのゴルゴンゾーラチーズとのマリアージュはいかがだったでしょうか?

本日は帰り際、アイスワイン+青かびチーズのコンビ買いに人気が集中しました。

 

IMG_1915.JPG


夏の大感謝ワインセールもいよいよ残す所、1週間で終わりとなりました。
(8月24日(金)にて終了となります。)
この夏の人気ワインをお得にゲットする最後のチャンスとなります。

是非、この季節一押しのワインをお試しいただいてはいかがでしょうか?


新静岡セノバ店 斎藤

本日の結果

ドンペリ(2万円)VSコラール・ピカール(5千円)

IMG_1867.JPG

 

価格差4倍のテイスティング対決。

6時の時点で用意数全て終わってしまいました。昨日のブログを見て夜来て頂いた方大変申し訳ございません。

 

 

飲み比べの結果・・・・・

9対13

 

どちらが13かと言いますと・・・・

 

コラール・ピカール!!

 

「どっちが高級かはわからないから、美味しいのはコッチ」

「上品さでコチラを選びました」

「前にドンペリを飲んだけど、こっちの方が美味しいからこっちがドンペリ!?」

 

以上の意見はすべてコラール・ピカールに向けられたものです!!

 

次は何を飲み比べようか現在考え中!

こんなのを飲み比べたい!などありましたら岩谷までどしどし応募下さい!!

明日18日(土)は恒例のワインフェスタ。

15時・17時と開催致します。

 

どんなワインが登場するかはお楽しみ!!

ヒントは「今夏一番売れたワイン特集!」です

IMG_1868.JPG

岩谷

シャンパンと言えば

まずはやはりドンペリこと、ドン・ペリニョンを思いだす方も多いでしょう。

 

もともとシャンパンの歴史はドンペリから始まっていると言われています。

シャンパーニュ地方の修道院にて、倉庫番をしていた修道士ピエール・ペリニョンが発酵中のワインを瓶詰めして放置したところ、偶然シャンパンができたという説が一番有力。

133224061457713225046.jpg

盲目の修道士 ピエール(ドン)・ペリニョン

 

しかし!!

 

値段もトップクラス。。。

1本2万円クラス、ロゼになれば4万以上。さらに上級ランクは10万円・・・・

 

でももし、ドンペリ級に美味しいシャンパンが1万円を大きく切るとしたらいかがですか?

IMG_111815.JPG

先日行われたスパークリングワインセミナーで、漫画「神の雫」コラムニストのDRCサイトウ氏も、「ここまでこだわったシャンパンは数える程。しかも数万円の価値はある。」とおっしゃていたシャンパン『コラール・ピカール』

 

では実際数万円のシャンパンと飲み比べてみましょう、という企画を明日17日に行います!!

IMG_1867.JPG

『ドン・ペリニョン2003』VS『コラール・ピカール プレステージブリュット』

 

各30CC 通常価格2500円→特別価格1500円

 

もう既に多数お問い合わせ!

お店開店と同時に店内奥ワインバーで開催。先着20名様のみの限定企画。

もちろんスタッフが説明しながらご案内致します。

お問い合わせはこちら

cenova@v-yamazai.co.jp

054-266-7186

岩谷

スパークリングが旨い試飲会

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

本日は、セノバ店大人気企画 テイストオブヴィノスの最終日!

「このイベントを楽しみしていた。」

「お得なイベントなので、絶対参加したいと思っていた」 など、非常に好評なこの企画!

 

なんと言っても、その特徴は、

ワンコイン500円にて、6種類のワインを味わえるお得さ!

今回は、スパークリングをテーマに、泡のワインを6種類お試しいただきましたが

「こんなにたくさんの種類のスパークリングを飲むなんて初めて!」

など、今までやったことのなかった、スパークリングの味比べに

感動のお声多数!

 

しかも、今回は、特別に最後。シャンパーニュまで登場するというサプライズ付での価格となっておりますので

本日、開催時間 15時、17時、19時には、たくさんのお客様のご参加を頂きました。

 

IMG_1863.JPG

 

IMG_1865.JPG

 

スパークリングの違い、味わい、その蔵元の情報など、ここでしか聞くことの出来ない

スタッフの解説もついての価格となりますので

お客様からも、「お値段倍ぐらいしてもおかしくない」とうれしいお声をいただいております

 

たくさんのご参加誠にありがとうございました!

次回開催予定は、いまだ未定ですが。是非、メールマガジン、ブログにて告知致しますので!

是非チェックしてみてください!!

 

 

しかし、ヴィノスやまざきのお盆企画はまだまだ終わりません。

 

テイストオブヴィノスの次は、「憧れのグランヴァン企画」が控えております!

 

第一回 8月16日は

フィジャック 07  VS ムーランオーラロック 07

 

第二回 8月17日は

ドンペリニョン  VS  コラールピカール PB

 

一度は飲みたい、憧れのワインを是非みんなで楽しんでみませんか?

普段滅多に出ることのないスぺシャルワインをその日だけの特別試飲でご紹介!

 

さて、ヴィノスやまざきの誇る蔵直グランヴァン VS 世界的有名銘柄

あなたの、判定は・・・? 

 

是非、明日、明後日もヴィノスやまざき新静岡セノバ店にて皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

新静岡セノバ店 斎藤

夏色ブルーボトル

みなさんこんにちは!

 

雨が降って気温が下がっても、この湿気には参りますね・・・・

 

 やっぱりスパークリングワインでシュワっと爽やかに!気分一新したいものです。

 

でも一口にスパークリングワインと言っても、どんなのを選べばいいか解らないですよね?

辛口から甘口まで様々なスタイルのスパークリングワインがありますが、女性でも男性でも喜んでくれるスパークリングワインもあるのです!

 

それがこちら

 

ブルー・プロセッコ・エクストラ・ドライ

 

 IMG_1859.JPG

見た目にも鮮やかなブルーボトルが目に付きます!

北イタリア・ヴェネト州の銘醸村ヴァルドッビアーネ。

 

イタリア全土でもこれほど高品質なプロセッコが出来る地域は無いと言われているのですが、この村で牽引しているプロセッコ造りがこの蔵元ヴァルドカです。

他生産者より、より標高の高いエリアの畑。

 DSC02297[1].jpg

有機栽培の自社ブドウ100%の濃い味スパークリング。

そして何やらイタリア語でラベルに文字が・・・

【Millesimato】

 IMG_1860.JPG

これはヴィンテージを指します。実はスパークリングワインのほとんどは表記されておらず、極僅かの高級シャンパンにだけはヴィンテージが記載されているのです。

 

例えば有名なモエ・シャンドンはヴィンテージ表記が無いですが、ドン・ペリニョンには表記されているように。

 

このスパークリングワインもよく見るとヴィンテージが書かれてます。

2011

 

つまり2011年産のブドウのみを使用している事です。

 

本日から始まったテイスト・オブ・ヴィノスでも大人気のスパークリングワイン。

参加者の中からお褒めの言葉を頂きました。

IMG_1858.JPG

PN:みつえもん様

スパークリングは苦手だけど、口に残る甘味が良かった!

 

ありがとうございます。ブドウの甘味をしっかり感じるので男女問わず人気商品なのです!!

 テイスト・オブ・ヴィノスは明日14日・15日の15時・17時・19時も開催致します!

 

夏の暑さを和らげるスパークリングワインでした。

 

岩谷

明日13日からはスパークリング6種

こんにちは!

 

昨日・今日と大人気の企画『テイスト・オブ・ヴィノス』

 IMG_1851.JPG

 

※テイスト・オブ・ヴィノスとは

6種類のワインを500円で全て試せる試飲会。 ワインの買付秘話などを話しながら楽しむヴィノスならではの企画です。

 

「いろいろなワインをちょっとずつ試せて楽しい!!」

「まるで海外のテイスティングバーに来たみたい!!」

など嬉しいお声も頂き、毎回大人気です!

 

昨日・今日とやっていた南フランス特集は本日で終了ですが・・・・・

 

明日から3日間。スパークリングワイン特集をスタートします!!

 

シャンパーニュを代表するスパークリングワインですが、色や味わい、国なども様々。

 

もちろん6種用意したワインは全てスパークリング。

目玉はなんと言っても今ヴィノスやまざきで大人気のシャンパン コラール・ピカール。

 

著名なコラムニスト サイトウ氏曰く、「ここまでこだわりを持つシャンパンメーカーは僕が知っている限りでも数える程。ローラン・ペリエやビルカール・サルモンといった有名シャンパンメーカーが醸造委託をお願いするのもうなずける!!」

IMG_1811.JPG 

なるほど!

神の雫 監修サイトウ氏の御墨付シャンパン!!

 

このシャンパンを含めた6種のスパークリングワイン試飲会テイスト・オブ・ヴィノスは13日から15日の15時・17時・19時と開催致します。

IMG_1856.JPG

※画像をクリックすると詳細が表示されます。

ご予約も承り中!!

 

お問い合わせ・お申込みはこちら

cenova@v-yamazaki.co.jp

054-266-7186

岩谷

CH レゾリューの兄弟

こんにちは。

 

ヴィノスやまざきの前身【やまざき酒店】時代に、蔵元から直接輸入をする『蔵直システム』を確立させた当社ですが、一番最初に輸入をしたのがシャトー・レゾリューという蔵元です。

1111.jpg

IMG_1845.JPG

シャトー・レゾリュー赤ラベル

 

前々から公言しているのが、フランスワインが苦手だった自分が、初めて美味しいと思ったワインもシャトー・レゾリューでした!

 

しかしここの蔵でレゾリューよりも樹齢の古い畑のワイン「オリュー・ロマニ」なるものがあったのです!!

図112.jpg

IMG_1846.JPG

シャトー・オリューロマニ・クラシック赤

確かに樹齢の古さを感じるものすごく濃い果実味。

さらにフレンチオークの樽で18か月熟成する事でさらなる深みをプラス!!

IMG_5673.jpg

ヴィノスやまざき史上一番売れているワインと言っても過言ではないシャトーレゾリューよりも、さらに樹齢が古いワインです。

初登場は昨年末。しかし今ではレゾリューと人気を2分するまでなりました!

 

本日行った500円で6種類のワイン全てを試せる試飲会にも登場しました。

「テイスト・オブ・ヴィノス」

 NEC_0048.JPG

明日15時・17時・19時の3回開催致します!!

是非お待ちしております。

 

岩谷

 

テイスト・オブ・ヴィノス 再開!!

皆さんこんにちは。

 

とうとうやってきましたこの時が!!

 

『テイスト・オブ・ヴィノス』

 003.jpg

P1040791.jpg

まだご参加されてない方は是非ご参加してみて下さい!

 

海外のワイナリーにはよりワインの味を知った上で購入してもらおうと、自らワイナリーの中にテイスティングバーを揃えているところがあります。

 DSC00519.JPG

特に5月に訪れたカリフォルニアは、ほぼ全ての蔵元にテイスティング施設があったのです。

 

購入者が数種類のワインを同じグラスで順番に飲み、結果気に入ったものをケース(5ケースぐらい一気に買う人もいました)買いし、持って帰るのです!

 

これと同じようなこ事を当社でも。。。という事で登場したのが『テイスト・オブ・ヴィノス』なのです。

 

ワンコイン=500円で6種全てのワインをテイスティング出来、気に入ったものを購入することも出来る!!

 

もちろん現地に買い付けに行ったスタッフが説明をするので、ただ飲むだけでなく蔵元最新情報までGET出来るのです。

 

明日11日(土)・12日(日) 南フランス特集のテイスト・オブ・ヴィノスを開催!!

当社蔵直ワインの原点『南仏』。

そこでまさに入手困難ともいえる限定のワインが登場します!!

 

アベイドレランス

本来フランスのワインショップですら手に入らない幻のワイン。

プロヴァンス地方カンヌ レランス諸島にひっそりと佇む男子修道院の島。

?カンヌ沖に浮かぶサントノラ島.jpg

ここでは修道院を訪れる特別な人にだけ手に入れる事が出来るワインを作っているのです。

 ?はじめてのピノノワールに感動!.jpg

修行の一貫で製造する為、普通の蔵元がやらない採算度外視の事までやるのです。

例えば・・・フリーランジュース

収穫したブドウを圧搾せず、自然の重みだけで出てきた一番果汁。よけいな渋味・雑味が無く、まるで噴き出て来た透明度の高い名水のような感覚!

ここからできるワインは美味しいのはもちろんですが、上品で喉の引っかかりの無いクリアなワインに仕上がります。

 

幸運なことに、この蔵元のあるカンヌは静岡市と姉妹都市で結ばれ、当時の静岡市長が交流の一環ということで、世界で初めてこの蔵元のワインを外に出したのです。

 

フランス 三ツ星のソムリエですが、わざわざ列車で数時間、フェりーで1時間。そこまでしてでも飲んで欲しいお客様がいるのです!

そんなワインが明日から登場!!

 

日時:8月11日(土)・12日(日) 15時・17時・19時 の3部制。1回約30分

参加費:ワンコイン500円

店内奥のワインバーで開催致します!

 

もちろんご予約も承り中!

cenova@v-yamazaki.co.jp

054-266-7186

岩谷

明日からいよいよ夜店市!!

ブログをご覧の皆様こんばんは。

 

お盆に入り帰省される方も多くなってきております。

久々に地元の空気を味わうのも良いですよね。

 

さて、静岡市内で行われる毎年恒例の夜店市

今年は静岡本店、セノバ店の新人スタッフが夜店の夜を盛り上げます!!

今日も頑張って仕込中です!!

 

禿.JPG

 

何やら、「夜店市限定セット」が出てくるとか・・・

 

仮売場.JPG

 

昨年同様同じ場所で行ないますが、

伊勢丹向かい、スーツカンパニーさん前にてお待ちしております!!

 

夜店市地図.jpg

 

 

しかも、今回は海外からも助っ人が登場!!

nikkurasu .JPG

ウォーターストーンワイナリーからただいま1年間の研修に来ているニックネーム「ニック」

彼の蔵元が造るワインも登場するとか・・・

目が離せない夜店市

開催日:8月10日、11日、12日の3日間!!

開催時間:16:00?21:00まで

 

皆さん是非、お立ち寄り下さい!!

 

静岡本店 戸塚

セノバ店 斎藤

第2水曜日はセミナーの日

こんにちは!

 

先ほど月例セミナー 朝日テレビカルチャー 【世界のワインを楽しむ!】を終えたばかりです。

今日もたくさんの生徒さんとスタッフが一緒に楽しみながら、勉強致しました!

IMG_111825.JPG

今月のテーマは「真夏に楽しむスパークリングワイン」 

今の季節にピッタリですね!!

 

 

 

バイヤーがおすすめするスパークリングワインを紹介!

 IMG_111815.JPG

もちろん乾杯はスパークリング!

 

やっぱり暑い時にこそ美味しいスパークリングワイン。

 

目を細めないと見えない、細かいピンホールのような泡立ちに皆感動し、どう見ても(飲んでも?)シャンパンかと思う高級感は、実はスペインのでバリュースパークリングでした!!

大手3社でスペインの90%のシェアをカバーするというから、通常手に入れれるのは大手が造る巨大工場のスパークリングワイン。

でも僅かに存在する家族経営の小さな生産者から、ヴィノスのお客様の為だけに開発されたスパークリングワイン。

 

パラウ・カバ・ブリュット

 00003653_photo1.jpg

何よりうれしいデイリー価格に、セミナー終了後は注文殺到です!

 中にはケース買いの生徒さんも!!

 

 

 

 

こんなに美味しいスパークリングの後では,次に出てくるものは期待大ですが!!

 

【コラール・ピカール・プレステージ・ブリュット】

00004557_photo1.jpg

当社バイヤーが見つけてきた小さなシャンパンメーカーで、場所はなんとサロン(3万円)の真隣。

図111.png図411.png

 

今ではほとんどの蔵がやらないという樽発酵もこの蔵は行っております。

そのこだわりようはボランジェやクリュッグなど数万円で取引されるシャンパーニュと同等!!

 

いや・・・・通常シャンパーニュはブドウを圧搾する時2回に分けるのですが、この蔵は1番果汁はもちろん自分達のシャンパンに。2番果汁は醸造委託されている他高級シャンパンメーカー用にするというではないですか!

ビルカール・サルモンやローラン・ペリエなど名立たる高級シャンパンもこの【コラールピカール】に醸造委託をしているのだそう。。 

つまり高級シャンパンの中身はこのコラール・ピカールが製造しているという事!?

 

 

図112.png図113.png

 

こんなに素晴らしいシャンパンが紹介されつくしたと言われるシャンパーニュ地方で発見できたのも、直接現地に買い付けにいくヴィノスならではです!!

 

美味しいですか?の声に満場一致の反応!!

 

IMG_1827.JPG

 

夏におすすめのスパークリングワインや少し冷やして美味しい赤ワインなどをご紹介しました!!

 

これからも素晴らしいワインと買付秘話などを盛り沢山で開催します!!

次回は9月12日(水)です。

ご興味ある方は下記までご連絡をお待ちしております。

054-266-7186

cenova@v-yamazaki.co.jp

担当・岩谷

 

冷たい赤を

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

台風が近づき、今日はどことなく風も水気を含み、じめじめとした暑さがまとわりつくようで

一日疲れてしまった...なんて方も多かったのではないでしょうか?

 

そんな日の終わりに飲むのであれば、やはり冷たいものがいいですよね。

でも、スパークリングもいいけど、最近は飲んでばかりだし...

白ワイン、もいいけどやっぱり赤が恋しい。でも、赤を常温で飲むのは...

 

という悩みをお持ちの方・・・いらっしゃいますでしょうか?

 

前置きがずいぶん長くなってしまいましたが...

この夏の季節においても、「やっぱり赤ワインが飲みたい!!」という方に向けて

冷やしても美味しい赤ワインを今日はご紹介いたします。

 

ディアリッチ ピノノワール

 

IMG_1801.JPG

 

先週末のワインフェスタにおいても、非常に高い人気を誇る当店のオリジナルワインです。

 

IMG_1788.JPG

 

カリフォルニアのナパヴァレーの南モントレーより高級ワイナリーにブドウを卸していたカリフォルニアの

ブドウ農家・パライソ。

 

本来は、パライソの作り上げるブドウのうち97%は王手ワイナリーに卸してしまうのですが、残りの3%のみを使用し

オリジナルでワインを造り上げております。

その3%のうちの中で、当店がどうしても...と10年以上の月日をかけてお願いをして

造って頂いているのがこの「ディアリッチ」シリーズ。

 

ワイン初心者から、上級者までどなたでも美味しい。どんなタイミングでも美味しく楽しめるというコンセプトを元に

高級品種と言われるピノノワールを使用して造って頂いている赤ワインは、

この季節、冷やしても非常に美味しいのです。

 

チェリーのような風味や、軽くソフトな口当たり。さらには、冷やしてもえぐみの出ない軽快さが

この季節に赤はちょっと・・・という悩みさえも吹き飛ばしてくれる当店自慢の1本!!

 

夏時期に、元気になりたい方。夏バテなんて吹き飛ばしたい方。是非、このワインをお試しください

 

新静岡セノバ店 斎藤

No,1の人気を誇るあの蔵の

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

本日は、静岡市清水の港祭りも最終日。花火をご覧になる前にワインをお求めになり

静鉄電車へ急がれるお客様も多く見られました。

 

夏の風物詩でもある花火。やはりいいものですね。

花火を見ながらホームパーティーをやられるお宅も多いようで、

パーティー用のワインをお求めのお客様も沢山ご利用いただきました。

 

そんな本日も非常に人気のあった商品がコチラです。

 

トゥールドレイニャック 白 2010

 

IMG_1799.JPG

 

フランスは、ボルドーの人気の蔵元。レイニャック

2004年ヴィンテージの赤ワインにおいて、世界No,1評価を獲得。

最高キュヴェである「バルチュス」は時価10万円は下らないと言われる

「ラフィットロートシルト」と互角の勝負を繰り広げたほどの実力!!

 

ヴぁてろ氏.jpg

※新静岡セノバ店オープンの際は、お祝いに来日もしていただけました!

 

更に、あの有名なワイン評論家「ロバートパーカー」からは白ワインももちろん

高い評価を受けております。

「ボルドーで素晴らしい白ワインを6本選ぶのであれば、このワインは選ぶ」とさえ言われるワインを造り上げております。

 

その蔵元に長く交渉して、ついにできあがったのが、このワイン。

トゥールドレイニャックです。

 

今回ご紹介させて頂いている白ワインは日本限定の白ワイン。

ソーヴィニヨンブランを使用し、すっきりと仕上げており、食事との相性は抜群!

ボルドーの白の中でも、お手本のような一本として非常に高い

コストパフォーマンスを誇ります!

 

今日も、テイスティングバーにおいて、

「すっきりしているけど、絶妙なコクのバランスが美味しい!」

と大絶賛頂いたこのワインは。この暑い日々に、飲むのにもぴったりとハマる清涼感がたまりません。

 

この夏の、猛暑の日によく冷えたこのワインをお試しください。

 

新静岡セノバ店 斎藤

おすすめスパークリングワイン

こんにちは!!

 

今日は夏に是非召し上がって欲しいワイン特集!

 

猛暑日と呼ばれる日が続き、一向に涼しくなる気配すらないですよね・・・

 

やはりスパークリングワインが欲しくなってしまいます。

イタリアレストランで必ず用意されている食前酒の定番「プロセッコ」というスパークリングワインがあります。

 

今日はそちらを紹介します!!

IMG_1797.JPG

 

ヴァルドカ ビオルド・プロセッコ

 

毎週土曜日開催、本日のワインフェスタでももちろん一番人気でした!!

IMG_1788.JPG

 

色も濃く上品な蜂蜜のようなフレーヴァ―があり、まさにプロセッコ中のプロセッコ!!

 

以前はイタリア全土でプロセッコというスパークリングワインを造っていたのですが、今ではイタリアでたった2つの村しか認められていません!

 

というのもあまりにもいいプロセッコが、この2つの村から出来ます!!

 

 

 

ヴェネト州のヴァルドッビアーネ村が今日の舞台です。

ヴェネツィアから内陸に数百キロにある村。

この村でイタリアを代表するスパークリングワインが造られているのです!

 DSC02300[1].jpg

通常の生産者より高い位置に畑を構える蔵元ヴァルドカ。

 

DSC02309[1].jpgDSC02311[111].jpg

そしてヴァルドカが所有するビオルド畑は一番いい区画だけから出来た限定品です。

 見て下さいこの斜面!!この急斜面ではトラクターも入れず、全て手摘み収穫。

 IMG_1798.JPG

ビオルド=有機畑から出来るスパークリングワインは濃縮され、上品な甘さが残り、まるでシャンパンかと思ってしまいます。

今まで飲んだどのプロセッコよりも味が濃く、わたくし自身も大好きなスパークリングワインです。

 

岩谷

神戸オープンでも大人気!

ブログをご覧の皆様、こんばんは。

 

ヴィノスやまざき神戸店がオープンしてそろそろ1週間。

その熱気を受けながらスタートしたヴィノスやまざきの夏のワインフェア

kobe,jpg

その中でも、是非皆様にお飲みいただきたいワインがありますので、

今回ご紹介させて頂きます!!

 

ストラディス・ヴェルメンティーノ

 

IMG_1784.JPG

 

このワインは、あの神戸店オープンにも駆けつけてくれた蔵元。

イタリアのテッレデルマルケサートが造りだすワインです。

 

元々、マルケサートはイタリアの1000種以上のヴェルメンティーノのワインの中で

ベスト6に入るという人気のワインを。

 

実は、当店がオーダーしてさらに日本限定のワインに仕上げて頂いたのがこのワインなのです。

 

ストラディスは、比較的「さっぱり」としているイメージの強いヴェルメンティーノ種を

敢えて樽での熟成をお願いし、コクありに仕上げて頂いたヴィノスやまざき限定ワイン。

 

ライムのような風味に加えて、バニラの木樽の香など。非常に旨味豊かに仕上がっております。

マウリッツォ.jpg

マウリッツォ2.jpg

この度の神戸店オープンの際にも、「こんなに美味しい白は飲んだことが無い!」 等の、

神戸のお客様よりたくさんの嬉しいお声を頂戴することが出来ました。

 

しかし、このワインは生産量が非常に少なく、数量限定となっておりますので

是非ともお早目にお求めください。

 

新静岡セノバ店 斎藤

 

ブルゴーニュ

みなさんこんにちは。

先日静岡本店で限定販売の日本酒はご覧になりましたでしょうか?

 

詳しくは静岡本店のブログをチェック!

残念ながら当日完売でしたが、まるでブルゴーニュワインのように畑の特徴を活かしたお酒になっております。

 

ブルゴーニュ地方の格付けは範囲が小さくなる程高級になります。

 

ブルゴーニュ地方広域のブドウを使ったワインより

   ↓↓ 

指定されたひとつの村のブドウを使ったワインより

   ↓↓

名前が付いている銘醸畑だけのブドウを使ったワイン。

IMG_1780.JPG

例えばこのワインですが、同じようなラベルですが左のワインはブルゴーニュ地方ブドウを使ったワイン。

右のワインは同地方の中の、ヴォルネイ村のブドウを使ったワインという事になります。

 

この蔵元はドメーヌ・フランソワ・ブッフェという蔵元です。

2008.08 1163.jpg

ブルゴーニュ地方ヴォルネイ村に蔵を構える、ヴィノスで10年以上のロングセラー・ブルゴーニュワインです。

2008.08 1270.jpg

ほとんどのブドウがヴォルネイ村に位置している為、下位ランクのACブルゴーニュは村名ワインのヴォルネイクラスと同等。

 

家族経営の小さな蔵元で、全てのぶどうは手摘みにて収穫。

マール・オリヴィエ・ブッフェ.jpg

当主のマーク・オリヴィエ・ヴッフェ。

2008.08 1176.jpg

製造されたワインのほとんどは自分達のショップで売り切れてしまう為、フランス国内でもなかなか手に入らない蔵元です。

 

収穫量も規定より落とし、濃縮感を引き出しているからこその果実味!

クラシックスタイルでブルゴーニュファンは必ず気に入って頂けるこの蔵元。

酸味と渋味も穏やかですので暑い時期にも手を出したくなる赤ワインです。

 

岩谷

本日のSBSはご覧頂きましたでしょうか?

soko無題.png

新静岡セノバ店の奥テイスティングバーが紹介され、一押しの白ワインとチーズの盛り合わせが登場しました!!

詳しくはコチラ

 

 そこ知~1.JPG

 

さっそく問い合わせが殺到しました!!ありがとうございます。

 

「あのワインはいつも飲めるの?」

「チーズは何のチーズ?」

 

色々ご質問を頂いたので紹介させて頂きます。

 

まずワインですが、ウォーターストーンワイナリー シャルドネ

 IMG_1779.JPG

ただ今ヴィノス各店で研修中、ウォーターストーンワイナリー ニクラス氏のお父さんが醸造する、ナパ・ヴァレー人気蔵元。

一般的に有名なオーパスワンなどの位置から、南へずっと下がった所に位置するカーネロス地区のブドウを使っています。

 

 

ka-neimage.jpg

↑↑ ここです。

 

サン・パブロ湾に近く、海風が流れ込む大変気温も冷たい土地です。

実際5月に訪れた時には、オーパスワン周辺ではシャツ1枚でしたが、カーネロスではジャケットを羽織っていました!ちなみに車で2時間ほどの距離。標高が高い訳ではなく、海に近いというのが冷涼な気候を生む地形だそうです。

 

まるでフランスのブルゴーニュやシャンパーニュのような気候から、繊細でエレガントなワインやスパークリングワインがよく造られています。

例えばシャンパーニュメーカー・ティタンジェが出資したドメーヌ・カーネロス

img56773694.jpg

 

 

ホワイトハウス公式晩餐会で使用されているスパークリングワイン、シュラムスバーグ

img58887898.jpg

 

どれも1万円近い価格で販売される高級スパークリングワイン。

このような高級ワインが生産される素晴らしい地区のシャルドネを使用しています。

 

ブルゴーニュスタイルの樽熟成から来る、口の中にまろやかなバターやナッツの風味が残るリッチなスタイル。

エレガントな酸がベッタリとした甘味ではなく、あくまで上品なまさにカリフォルニア最高品質のシャルドネの1つと言っても過言ではないでしょう!!なのに価格は・・・

詳しくは

 IMG_1779.JPG

これにピッタリなチーズが盛り合わせで紹介したコンテ30か月熟成。

30か月という長期熟成からはまるでナッツのような味わい。

ウォーターストーン シャルドネとの相性はもちろんばっちりです!!

 

明日もテレビで登場したメニューはもちろんバーで用意しております。

是非お越し下さいませ。お待ちしております。

 

岩谷

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード