ヴィノスダイアリー

ポルトガルワイン、直輸入開始しました!

当店で初の直輸入となるポルトガルワインが、本日から店頭に入荷しています。

紀元前2000年頃からワイン造りが行われてきたポルトガル。土着のぶどう品種は250種にのぼり、多様な気候と土壌から、幅広いタイプのワインが造られています。
「今、もっとも注目のワイン産地」と、ジャンシス・ロビンソン氏をはじめ、多くの著名のワイン評論家から熱い視線が集まっています。

20190910 (1).jpg

ポルトガルのワイン、じつは日本の食卓にも良く合うということをご存知でしょうか。
ヨーロッパ大陸のもっとも西側に位置し、海に面するポルトガルでは、魚介類が豊富なほか、ヨーロッパの中でもっともお米をよく食べる国としても知られています。こうした食文化に寄り添って発展してきたポルトガルのワインは、魚介やお米を中心にした日本の日々の食卓にも、意外となじみやすいのです。

さて、そんなポルトガルから今回到着したワイン。
造り手のキンタ・ド・ポルタルは、19世紀末からポートワイン造りを続けてきた、小さな家族経営のブティック・ワイナリー。ポートの他にも、ヴィーニョ・ヴェルデやドウロなど、ポルトガル北部地域を代表する様々なワインを造っています。

20190910 (2).jpg

畑では、機械や除草剤などの使用は極力控え、自然環境に配慮したぶどう栽培を実践。
土壌の状態を整える調整剤にもオーガニックのものを使用し、てんとう虫など益虫を保護することで害虫への対策を行うなど、高品質なぶどうを育てることに力を入れています。

20190910 (3).jpg

本日から各店舗に入荷しているのは、こちらの2種類!

20190910 (4).jpg


ヴィーニョ・ヴェルデは、ポートに並んで有名な、ポルトガルを代表するワイン産地のひとつ。
直訳すると「緑のワイン」ですが、緑豊かなその産地の風景に由来すると言われています。
ポルトガル北西部の大西洋に面した冷涼な地域で、ぶどうは完熟手前で収穫されるため、アルコール度数がやや低めで、フレッシュでライトなスタイルが特徴です。

クローバーを意味する「トレヴォ」は、四つ葉のクローバーをモチーフにしたかわいいラベルが印象的。ヴィーニョ・ヴェルデらしい、グレープフルーツやライムのような、フレッシュでフルーティな味わい。口に含むと、微発泡よりさらに弱い気泡を感じます。残暑が続くこの時期に、キリっと冷やしてグビっと楽しみたい一本です。


色鮮やかなロゼ色のピンクポート。
熟成期間が短いため、ポートの中ではフレッシュな味わいで、トロピカルフルーツやチェリーのような果実味にあふれています。
冷蔵庫でしっかり冷やして、または氷を入れたグラスに注いで飲むのもおすすめ!
ポートワインはちょっと苦手・・・という方にもお試しいただきたい、飲みやすい味わいです。

ぜひ一度おためしください!

本島