ヴィノスダイアリー

シャンパーニュも多種多様

昨日のヴィノスダイヤリーでは

ジャン・ミラン・トラディッション・ブリュット」をご紹介しました。

いわゆる「ブラン・ド・ブラン」をいう白ぶどう(シャルドネ)100%で

造られたシャンパーニュでした。

 

20190805194528.jpg

 

20190805194550.jpg

 

シャンパーニュを名乗るには、白ぶどうであるシャルドネ、

黒ぶどうであるピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3品種しか使えないのですが、

このうち白ぶどうだけで造られたものを「ブラン・ド・ブラン(白から造る白)」、

黒ぶどうだけで造られたものを「ブラン・ド・ノワール(黒から造る白)」と呼びます。

ぶどうの性質から「ブラン・ド・ブラン」は、その酸味から全体的にきりっとしていて、

エレガントな味わいに仕上がります。

対して、「ブラン・ド・ノワール」は渋みなどもほんのりあるため、重厚感のある

飲みごたえのある味わいになります。

 

20190805194641.jpg

 

今日ご紹介する「モンマルト・ブリュット」は、昨日ご紹介したシャンパーニュとは

違った味わいの部類になるかと思います。

と言うのも、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエで80%を占めているので、

コクのある味わいですが、20%シャルドネが入っているので、

絶妙なバランスで楽しめるシャンパーニュです。

しかも、本拠地Ludesのプルミエ・クリュだけのぶどうで出来ており、

さらに、造り手であるモンマルトはRM(レコルタン・マニュピュラント)という、

ぶどう造りから瓶詰めまで一貫して行うというシャンパーニュでは少数派の職人なのです。

RMだと造り手の個性が出やすいという特徴があり、

彼らのエスプリが楽しめます。

 

20190805194701.jpg

 

20190805194721.jpg

 

品種はわずか3種類ですが、造り方、土壌、気候、生産者の想い、

などなどはそれぞれに違い、それによってその味わいも違ってきます。

みんなで集まって持ち寄って、シャンパーニュを飲み比べてみるのも

面白いと思います。ぜひ、いつかお試しください!

 

寺田