ヴィノスダイアリー

お手頃ですが、実はすごいんです

昨日のヴィノスダイアリーでもご紹介しました、オーストラリアの「カラブリア・ファミリー・ワインズ」。現地から、ちょっとうれしいお知らせが届きましたので、ご紹介いたします。

カラブリア・ファミリー・ワインズは、イタリア移民のカラブリア夫妻が、オーストラリア内陸部のワイン産地リヴァリーナで設立した蔵元。現在は、2代目のビル・カラブリア氏と、3代目となるアンドリュー、マイケルの兄弟を中心に、ワイン造りを行う家族経営の蔵元です。

20190811 (1).jpg

同地のワイン産業の発展に貢献したとして、過去には女王叙勲賞を受賞したこともある名醸造家ビル氏のもとで、現在チーフワインメーカーとしてワイン造りを行うのが、女性醸造家のエマ・ノルビアート氏です。

そのエマ氏が、オーストラリアでもっとも権威のあるワイン評価誌のひとつ「グルメ・トラベラー・ワイン」の、「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー2019」のファイナリストに選出されました!

9月に発表となる「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー2019」。ファイナリストに残るだけでも非常に狭き門ですが、これに選ばれると、まさにオーストラリアでもっとも実力のあるワインメーカーということになります。

20190811 (2).jpg

リヴァリーナで生まれ育ったエマ氏は、大学を卒業後、オーストラリアのワイナリーでワイン造りのキャリアをスタート。イタリア・トスカーナでワイン造りを学んで帰国し、「ペンフォールズ」の醸造チームに加わった彼女は、オーストラリア最高峰のワインの一つ「グランジ」の醸造にも携わりました。

その後、故郷のリヴァリーナに戻ったエマ氏。2010年にカラブリア・ファミリーの醸造チームに加わり、2017年からチーフワインメーカーを務めています。

ということで、実は凄腕の醸造家たちがそろっているカラブリア・ファミリーの醸造チームですが、手がけるワインはお手頃で美味しいものが中心です。

昨日ご紹介しましたピンク・モスカート(写真一番右)の他、

20190811 (3).jpg


20190811 (4).jpg

夏場に冷やして楽しみたいリッチランド・ピノノワールなど、

20190811 (5).jpg

デザートワインから辛口まで、どっしりとした赤ワインから軽やなスパークリングもあり、この場では紹介しきれませんが、さまざまなシチュエーションで楽しめる幅広いワインをご用意しています!
カラブリア・ファミリーのワインはこちらから→https://www.v-yamazaki.com/items/keyword/au03

お盆でご家族やご友人と集まる機会の多いこの季節。彼らのワインをお手土産にいかがでしょうか??

本島