ヴィノスダイアリー

美味しい出会い

本日よりヴィノスやまざき各店舗において、5種類のワインとそれぞれ相性のいいチーズ5種類を楽しめるイベントを開催しております。

S__21995537.jpg

 

開催店舗はこちらから↓↓↓

 wine_banner.png

ワインとチーズの組み合わせはとても楽しいものです。組み合わせ次第では、1+1が3にも4にもなります。

ソムリエ教本には掲載されておりますが、もちろん方程式はあります。例えば同じ出身同士のチーズとワインを合わせるなど。。。

 

S__21995535.jpg

しかし実際に飲み比べ食べ比べを行わないとわかりません。今回のイベントでは、そんな組み合わせをお楽しみになりながら進めさせて頂きます。

 

今回ご用意したワインは合計5種。

例えば、

世界TOPワイン100選に過去選出された事のある南米チリのテラマター。バリューで美味しいイメージのチリですが、最近ではプレステージクラスで世界的なチリワインも多く存在しております。

こちらのテラマターもその1つ。特に「アルタム(=高貴)」シリーズと名付けられたフラグシップワインは、もっともその品種に適している畑を選び出し、ヨーロッパや北米の高級ワインと見紛うばかりのワインを造り上げております。

過去には、アルタム・メルロがフランス・ボルドーの"シャトー・ルパン"とテレビの企画で飲み比べをし、多くの食通たちが

「こっちがフランス産の高級ワインだ!」と間違えた事もありました。

ちなみに"シャトー・ルパン"は現在30万円から50万円で発売されているワインになります。

 

20190518111453.jpg

そしてこのアルタム・シャルドネも、シャルドネの高級産地ブルゴーニュのような上品さと香り高い高級感を楽しめます。

シャルドネの畑は、太平洋に近く、寒流のフンボルト海流の影響を受けた冷涼な産地カサブランカ・ヴァレー。

朝は霧に覆われ、また一年中海から吹いて来る冷たい風の影響でぶどうの生育期間が長く、きれいな酸味のある葡萄が育てられてます。

とくにブルゴーニュ系ぶどうのシャルドネとピノノワールに適した産地です。

そんな銘醸地の特に優れた単一畑で造ったのがアルタム・シャルドネです。

樽発酵、そして新樽と2年樽のフレンチオークで樽熟成。

もともとフランスの有名シャトーなどで醸造を指揮していた人が醸造長をしており、新大陸よりの大味というより、ヨーロッパよりの繊細な味わいに仕上がってます。


そんなシャルドネには、やはりこのチーズが似合います。

 

05182_000000000061.jpg

コンテ24か月

 

食べて頂ければわかります。まるで栗やサツマイモ、ナッツのようなまろやかな味わいは、樽熟成されたコクのある味わいにぴったり!

通常の熟成よりもさらに長くしており、色もそうですが味の深みも出ているのが当店自慢のコンテです。


このコンテには特に想い入れがあります。

ヴィノスやまざき静岡本店の横にあるチーズ専門店「フロマージュ・ミナミ」にて、オープニングから携わらせて頂きました。

フランスから直輸入で1ホール約30kgのチーズが毎週のように入荷してきたのです。

20190518111345.jpg

それをヴィノスやまざき各店舗へ送るため、自分たちの手で1個1個カットして配送していたのです。


そんな「フロマージュ・ミナミ」は、明後日19日(日)をもって、チーズ・食品と雑貨は静岡本店へ、テイスティングバーメニューは新静岡セノバ店に移る運びとなります。

20190517223409.jpg

明日 5月18日(土)の17時からは、フロマージュミナミにて、スペシャルラストワインフェスタを開催します。

ワインフェスタではめったに登場しない秘蔵ワインや話題のワインが登場する可能性大!?ぜひ、生産者の情熱や買付時の裏話などをお楽しみくださいませ!

ヴィノスやまざきの各店舗週末イベントはこちらから↓↓↓

wine_banner.png


岩谷