ヴィノスダイアリー

母の日は自分セレクトのワインで

もうすぐ母の日ということで、今年も何を贈ろうかと、
周りの友人にアドバイスをもらっていたところ、

「普段よく使うものだけど、自分では買わないような少し贅沢なものがいい」
「カーネーションと一緒に何かあげるのがいいかも」
「予算は5,000円から10,000円くらい」

とりあえずカーネーションかなという程度にしか考えていなかったので、
みんなそんなに母の日について考えてるんだと、改めて自分の考えを見直しました。

201905082.jpg
お店でも母の日のコーナーを展開していますが、自分だけの特別なワインを贈りたいという方には、
お店のスタッフがお好みなどにあわせて選ばせていただきます。

私のおすすめのワインは

201905081.jpg

スプリング・マウンテンはナパ・ヴァレー屈指の銘醸地の一つで、
有名なワイナリーが並ぶオークヴィルやラザフォードといった地区以上に人気の地区。

201905084.jpg
この地区はナパヴァレーの中でも北部に位置し、温暖な気候が特徴で、
近年の「ナパカベ」ブームもあり、品種の植え替えが行われ、ほとんどの畑にカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられています。

しかし、特別なワインを探し求め、現地訪問したところ、
「スプリング・マウンテンで少量栽培されるピノ・ノワールからワインを造ったから試してみるかい?」と
ヘイヴンズの醸造責任者であるドンベイカー氏が熟成中のワインをテイスティングさせてくれました。

201905083.jpg
現地でのネットワークに詳しいドンベイカー氏が少量のみ仕入れたピノノワールは、
スプリング・マウンテンの中でも特に標高の高い山間の畑のぶどうで、
標高による涼しさと豊富な日照量により果皮の厚いぶどうに仕上がっています。

グラスに注ぎ、香りを嗅いだ瞬間にその凝縮さに驚きました。
口に含むと、濃密な果実味が口いっぱいに広がります。

希少なスプリングマウンテンのワインで、しかも華やかなピノノワール。

女性のワイン好きにピッタリかもしれません。

ぜひ、母の日のワインのご相談はヴィノスやまざきへ!

片山