ヴィノスダイアリー

令和お祝い第一弾!

平成最期の日、特別なお料理とワインを楽しまれた方も多かったのではないでしょうか。
当店がワインの直輸入をスタートしたのは平成6年で、おかげさまで今年で25周年を迎えることができました。

令和元年の今年も、熱いパッションを持った生産者が造る、お手頃でも美味しいと思えるワインを探して世界中を飛び回りたいと思います。
そこで、本日は令和お祝い第一弾「これが本当のフェスタだ!」と題して、各店でイベントを開催いたしました!

20190502153707.png

いちごスパークリングで乾杯した後に登場したのは、蔵直ワイン第1号、南フランスのシャトー・レゾリューです。

S__9797636.jpg

まさに平成とともに日本の沢山の食卓を飾った生産者で、令和の時代にも当店には欠かせない存在です。
そんなシャトー・レゾリューが造るコクのある白ワインが飲みたい!とのお客様の声から誕生したのが、この「シャトー・レゾリュー・プレステージ白」です。
 

最高樹齢100年の地場品種も使い、35hl/haとボルドーの格付け上級並みの低収量、低温でゆっくりと発酵を促した後、約9か月の樽熟成を経てから瓶詰めしました。
 
 

最後に登場したのは、昨年リリースしたナパ・ヴァレーの特別な赤ワインです。

S__9797635.jpg

カリフォルニアのイニシャルシリーズとして、令和の時代にも少しずつ進化しながら、次々と話題を巻き起こしそうな1本です。
中でも、本日ご紹介しました「The SL カベルネ・ソーヴィニヨン2016」は、ナパ・ヴァレーの中でも、銘醸畑がひしめくスタッグス・リープ地区のカベルネ・ソーヴィニヨン100%を15ヶ月間樽熟成させました。

 

もちろん、ご参加できなかったお客様は、ぜひWEBショップの「BEST BUY SELECTION」の白ワインと赤ワインにてご紹介しておりますので、お試しいただければ幸いです。

そしてヴィノスやまざき本店のある静岡では、地元の有名寿司職人をお招きして、寿司とワインとチーズを楽しめる限定バーを開店。
0502S__33202213.jpg
 

これからも、ワインを通じてお客様の生活が少しでもハッピーになれるように、スタッフ一丸となって頑張りたいと思います。

鶴見