ヴィノスダイアリー

「614」があとわずか...!?

昨日よりご案内中の「旬のチーズとワインの5つのペアリングを味わい尽くす会」!

人気チーズとのマリアージュを多くのお客様にお楽しみいただきました!

引き続き各店でご案内をしておりますので、ぜひお近くのヴィノスやまざきでお楽しみ下さいませ▼

wine_banner.png

 

その中で、ひと際問い合わせが多かったワインがこちら...!

20180704_03.jpg

「ストーンヘッジ・メリタージュ・リザーヴ・ナパ・ヴァレー 2014 No.614」

 

過去にもいくつかのNo.が登場しており、ついた異名は「数字シリーズ」。

ストーンヘッジ・ワイナリーの醸造長であるドン・ベイカー氏が手掛ける当店の人気シリーズの1つです。

 

この「614」はナパヴァレーの中でも、中心地から少し東側に外れた「アトラス・ピーク」というエリアのぶどうを中心に使用しています。

 

20190518211408.jpg

 

ナパヴァレーといえば中心地を通る29号線が有名ですが、地図で見ての通りこのアトラスピークまでの道のりに大きな道路はなく、ひたすら険しい山道を登っていきます。

20190518211444.jpg

 

ナパヴァレーには他にも山地に畑を持つエリアはありますが、最も高地に位置するのがこのアトラスピーク。

中心地の低地と比べると平均でも4℃程度気温が低く涼しいのが特徴です。

20190518211517.jpg

そのため、出来上がったぶどうには少しハーブのような青味、バランスの良い酸とタンニンを含んでいます。

20190120152815.jpg

ストーンヘッジ・ワイナリーの醸造長を務めるドン・ベイカー氏は、ナパ・ヴァレーの特徴を知り尽くしており、この「614」ではクラシカルなボルドースタイルの味わいを表現するために、この地域のぶどうを選択しました。

更に2014年は、カリフォルニアにて干ばつが起き水不足に悩まされた年です。

ぶどうはより小粒に、さらに房の数も減少し、数割収穫量が落ちましたがより濃厚なぶどうになったそうです。

 

元々の特徴にしっかりとした果実味が加わったこの「614」は間違いなく同蔵渾身の1本であることは間違いありません。

しかしながら、今回のご案内でこの「614」の在庫は本当にあと残りわずかとなりました...。

ぜひお早めにお近くのヴィノスやまざき店舗にてお買い求め下さい!

通販にてお問い合わせもお待ちしております▼

https://www.v-yamazaki.com/item/c09-86/

 

高澤