ヴィノスダイアリー

他では手に入りません!

だたいま会員様募集中の「蔵直ワインクラブ」。
特設サイトは、もうチェックされましたか??

20190411 (5).jpg

「生産量が少なくて店頭では販売できない」「自家消費のために少しだけ熟成させていた」等々の理由で、会員にならなければ手に入らない限定ワインが手に入るのも、この「蔵直ワインクラブ」ならではの、大きなオススメポイントのひとつです。

数あるコースの中から、本日ご紹介したいのは・・・「こだわり赤ワインコース」!
赤ワインラヴァーの皆さまから、支持率No.1のコースです。


2019年4月からの当コースは、新世界TOP100ワイナリーにも選出されたウルグアイのガルソンから届いた「シングルヴィンヤード・メルロ」、ボルドー・サンテミリオン地区の格付けの頂点に立つシュヴァル・ブランに隣接するオーガニックの特級ワイン「シャトー・ラ・グラーヴ・フィジャック」など、コクあり赤ワイン好きなら見逃せない限定ワインが目白押しです。

そんな豪華ラインナップの中で、本日注目したいのは、南アフリカから届いた8月のワイン!

20190411 (6).jpg

【8月】 グレンデル・ルバイヤート2015

造り手のド・グレンデルは、ケープタウン市街をのぞむタイガーバーグの丘にある蔵元。山の斜面に広がる畑からは海が見えるほど、大西洋に非常に近いのが特徴。冷涼な海風が、凝縮感と酸のバランスが取れた、高品質なぶどうを育んでいます。

20190411 (1).jpg

当主のグラーフ家は、祖父はケープタウン市長を務めるなど、ケープタウンの名家として地域にも貢献してきました。
そしてワイン造りを手掛ける醸造家のホプキンス氏は、南アの有名ワイナリーやボルドーなど世界各地で醸造経験を積んだ実力派です。

20190411 (2).jpg

そんなド・グレンデルが手がけるトップワインが、この「ルバイヤート」。
カベルネを中心としたボルドーブレンドの赤ワインで、ボルドーのワイナリーでも醸造経験を積んだホプキンス氏の手腕が存分に発揮された一本です。
古代ペルシャの詩人ウマル・ハイヤームの四行詩ルバイヤートにちなみ、4品種のぶどうを絶妙にブレンド、フレンチオーク樽で18カ月熟成して造られています。

じつは今年の現地訪問では、買付チームがこのルバイヤートの2007年(12年熟成!)ヴィンテージを特別に試飲!10年以上の長期熟成のポテンシャルも、実際に体感してきました。そして、その味わいに感動して、採用を決意した一本です。

20190411 (3).jpg

本来は、価格的に5000円でご案内するのが非常に難しかったのですが・・・
「どうしてもこのコースでご案内をしたい!」と交渉の結果、採用することができました。

20190411 (4).jpg

▼詳細・お申込みはこちらから!
20190411 (5).jpg

お近くの店舗、またはお電話でも承ります:0120-740-790(AM9:00-PM20:00)

ぜひお見逃しなく!

本島