ヴィノスダイアリー

2019年4月アーカイブ

明日は令和最初のワイン会を開催します!

いよいよ明日からは、新元号令和が始まりますね。
私たちヴィノスやまざきでも、新元号お祝いワイン会を開催いたします!

S__9535490_hosakaR.jpg

令和最初にふさわしい?ラインナップを用意いたしました!
また、いちごスパークリングはノンアルコールでのご用意も可能ですので、ご家族そろってご参加いただいても楽しめるかもしれません。

蔵直ワインの始まりの蔵元から、日本のお客様のために特別に造っていただいている、コクあり白ワインが登場。
そして、昨年話題となったナパ・ヴァレーの特別なワイン、イニシャルワインシリーズから赤ワインも登場いたします。

ゴールデンウィークもまっただ中かとは思いますが、ぜひ店舗に足をお運びいただければ幸いです。

お申込み・詳細はこちらから!
form_ttl02_hosakaR.jpg



また、ヴィノスやまざきのWEBショップでは明日一日、24時間限定のポイントアップキャンペーンも実施いたします!
帰省中やご旅行中でお店に立ち寄れないというお客様もぜひこの機会にご利用いただければと思います。

ヴィノスやまざき公式WEBショップはこちらから
online_shop_banner_hosakaR.jpg


新しい時代もヴィノスやまざきをよろしくお願いいたします!
保坂

待望の再入荷!最高金賞受賞のデザートワイン!

ただ今、ヴィノスやまざき各店では、ゴールデンウィーク期間中にたくさんのお客様へ楽しんでいただけるよう、様々なイベントを開催しています。
 
普段ワインやお酒はあまり飲まれないという方にもお楽しみいただけるよう、店頭では甘口ワインで皆様をおもてなしさせていただいております!

数多くあるヴィノスやまざきの甘口ワインの中でも、絶大な人気を誇る1本が待望の再入荷を果たしました!
それがこちらです。

IMG_7376.jpg

貴腐ワインは、貴腐菌というカビが付着したぶどうから造られる、甘口デザートワインです。
「世界3大貴腐ワイン」として、ソーテルヌ(フランス)、トカイ(ハンガリー)、トロッケンベーレンアウスレーゼ(ドイツ)の3つが挙げられますが、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州リヴァリーナ地区も、隠れた貴腐ワインの銘醸地として知られています。
 
この3ブリッジズ貴腐ワインを手掛けるのは、オーストラリアのロングセラー蔵元、カラブリア・ファミリー・ワインズ。バリューなワインで人気の「リッチランド・シリーズ」の造り手でもあります。
 
calabri.png
 
 
この3ブリッジズ貴腐ワインは、アジア最大規模のワイン審査会「ジャパンワイン・チャレンジ」において、過去2010年と2018年の2回にわたり、甘口ワイン最高賞を獲得した逸品です。
(※それぞれ2008年、2016年産)

20190208 (1).jpg
au03-21_1.jpg
 
貴腐ワインは、一房のぶどうからわずかスプーン1杯ほどしか造ることが出来ないと言われるほど、希少な甘口ワインです。世界3大貴腐ワインとなれば、お値段は数万円するものも。
 
しかし、3ブリッジズ貴腐ワインは、そんな最高峰のデザートワインにも勝る評価を獲得しながら、お値段は2千円台という驚くべきバリューを実現!
 
アプリコットやハチミツを思わせる濃厚な甘みと、セミヨン種に由来する心地良い酸味とのバランスが特徴です。
普段はあまりワインを飲まれない方や、お酒が苦手な方でも楽しめるため、母の日のプレゼントや、大切な方へのギフトとしてもオススメです。
 
20190414_2.jpg

まだお試しになられていないお客様、この機会に、是非、全国のヴィノスやまざき各店に足をお運びいただき、お試しくださいませ。
 
その他にもたくさんの甘口ワインをご用意して、皆様をお待ちしております!

 
四家

ヴィノスのゴールデンウィークスタート!

ゴールデンウィークがついにスタート!

平成から令和にかけての、最初で最後のゴールデンウィーク。みなさんご予定はお決まりでしょうか?

 

gw_event_ttl.jpg

 

ヴィノス各店では昨日からスタートした新着ワインフェアーに加え、「ヴィノスのゴールデンウィーク」として、様々なイベントをご用意しています。

 

中でも、今日からは「ヴィノスの肉ワインまつり」を開催!

 S__21340175.jpg

ワインとの相性が抜群の3種類のお肉(ローストビーフ、ローストポーク、ビーフシチュー)とお肉に合わせたい4種類のワインのセットをご用意いたしました。

 

ピノ・ノワール・スプリング・マウンテン・ナパ・ヴァレー・ヘイヴンズ

4種類のワインの中には、カリフォルニアの銘醸地で造られる、あのピノ・ノワールも...

カリフォルニアの銘醸産地、ナパ・ヴァレー。その中でも屈指のワイン産地の一つとして知られるのがスプリング・マウンテン。

 

200supurinn9.jpg

 

近年の「ナパ・カベ(ナパ産のカベルネ)」ブームにより、品種の植え替えが行われ、現在はほとんどの畑にカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられています。 そのため、スプリングマウンテンと言えばカベルネ・ソーヴィニヨン、というイメージも強い産地です。

しかし、山の斜面に広がる畑、特に標高の高い畑は、隠れたピノノワールの銘醸地でもあります。

 

don.jpg

 

特別なワインを探し求め、現地を訪問した先、

「スプリング・マウンテンで少量栽培されるピノ・ノワールからワインを造ったから試してみるかい?」とヘイヴンズの醸造責任者であるドンベイカー氏が熟成中のワインをテイスティングさせてくれたのがこのワインとの出会いでした。
 
 
このピノ・ノワールはスプリング・マウンテンの中でも標高の高い畑のぶどうで造られ、昼夜の寒暖差と豊富な日照量により果皮の厚いぶどうに仕上がっており、芳醇で力強い味わい。
 
 
このピノ・ノワールだけでも、ジューシーでボリューミーな味わいをお楽しみいただけますが、やはりここはお肉と合わせて頂きたいです。特に直火焼きした芳ばしいローストビーフは絶妙の相性!
BBQへの持ち込みワインとしてもいいですし、ご自宅でご家族と和牛肉を楽しむ際にはぜひおすすめの1本。脂の旨味とワインの果実味がとてもいい感じです。
 
 
本日から10日間お休みの方も、お仕事の方も。
すこし足を伸ばして頂き、ぜひ「ヴィノスのゴールデンウィーク」をお楽しみください。
 
加藤

平成から令和へ!ヴィノスのGWが始まります!

いよいよ本日から平成最後のワインフェアがスタートいたしました!

昨日ご紹介した人気ワインはもちろんのこと、他にも人気ワインが目白押し!

20190426DM.jpg 

そして、本日から5日間は平成最後のワインフェス最終章と題して【Aタイプ】と【Bタイプ】の2種類にわけてBESTワインを各店でお披露目いたします!

20190426153801.jpg

【Aタイプ】の注目は何と言っても蔵直ワイン第一号蔵元が手掛けるプレステージワイン「シャトー・レゾリュー青ラベル」!

20190426153834.jpg

生産量が少ないため通年ではご紹介できない青ラベル...。
たくさんのお客様から次回の入荷のお問合せをいただく商品でもあります。

樹齢の高い古木のぶどうを使用し、新樽で熟成して造るレゾリューのトップ・キュヴェ!
まさに平成を締めくくるにふさわしい蔵直王道ワインです!
 
そして【Bタイプ】の注目は、現在じわじわと人気が増している秘境の産地「メンドシーノ」のオリジナルワイン、「トゥルーヴァイン・バイオダイナミックレッド」!
20190426153925.jpg
 
メンドシーノは優れたぶどう栽培地として知られ、ナパヴァレーの有名ワイナリーもここで栽培されたぶどうを買い付けています。
そして、このワインは有機栽培が盛んなメンドシーノにおいて、更に希少な「バイオダイナミック農法」を行っているゴールデンヴィンヤードのぶどうを使用しています。
20181019230152.jpg
 
 
そうして苦労を重ねて栽培されたピュアなぶどうに、フレンチオーク樽で36カ月熟成を施したこちらのワインは、有機ワインの常識を覆す濃厚な果実味を兼ね備えたパワフルな1本!

どちらのタイプを楽しむかは皆様次第!お申し込みはこちら!▼
20190426152412.jpg
 
 
 多くのお客様のご参加、心よりお待ちしております!
 
高澤

いよいよ始まります・・・

いよいよ明日から待望のワインフェアがスタートします!

 

20190425-1.jpg

新しいワインフェアのご案内は皆様のお手元に届きましたでしょうか?

※まだご覧になられていないお客様も、こちらのURLから電子チラシをご覧いただけます!

 

 

いよいよ大型連休のゴールデンウィークも目前に迫り、今年は旅行にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。

先日、「今年は連休中の旅行者が過去最高になる」との記事を見かけましたが、一方で、連休だからこそご自宅でゆっくりとお食事やワインを楽しみたいという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に是非おすすめしたいワインが今回のワインフェアに登場します。

 

 ピノ・ノワール スプリング・マウンテン ナパ・ヴァレー ヘイヴンズ 2015

 

20190425-7.jpg

 

このワインはナパ・ヴァレーの名門ワイナリー「ヘイヴンズ」が、銘醸地「スプリング・マウンテン」のぶどうで当店のお客様の為に特別に仕込んでいただいたワインです。

 

20190425-2.jpg

 

ピノ・ノワールと聞くとエレガントで少し軽やかなイメージを持たれるかもしれませんが、このワインはそれらのピノとは一線を引く、濃厚な味わいに仕上がっています。

ちなみに、近年の「ナパカベ」ブームにより、品種の植え替えが行われ、現在はほとんどの畑にカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられています。
※ナパヴァレー産のカベルネ・ソーヴィニヨンから造られるワイン
 
このワインとの出会いは、特別なワインを探し求め現地訪問した際に、
 
「スプリング・マウンテンで少量栽培されるピノ・ノワールで、日本のお客様の為にワインを造ってみたから試してみてくれないか」と
ヘイヴンズの醸造責任者であるドンベイカー氏が熟成中のワインをテイスティングさせてくれました。
 
 
20190425-3.jpg
 

グラスに注ぎ香りを嗅いだ瞬間にその凝縮さに驚き、更に口に含むと濃密な果実味が口いっぱいに広がり...その場で買付を決意したのでした。
 
ピノ・ノワールの概念を覆すほどに、力強く濃厚な味わいのピノ・ノワールに仕上がっています。
まさに唯一無二のピノではないでしょうか。
 
今開けても勿論美味しいのですが、さらに数年熟成させてからも楽しめる一本です。
是非ゴールデンウィークにご自宅でゆっくりとワインを楽しみたい方は、
を選んでみてください。
 
 
 
 
そして!
明日からゴールデンウィーク期間中、皆様にお楽しみ頂けるよう様々なワインイベントも企画しています!
 
20190425-4.jpg
 
 
お近くにお越しの際は是非ヴィノスやまざきへお立ち寄りください!
皆様のご来店心よりお待ちしております。
 
矢尾

生産者の顔が思い浮かぶワイン

今まで多くの生産者に来日していただきました。

そして、その度に感じることがあります。

「造り手の個性はワインに表れる」

 

蔵元を訪問した時にも同じことを感じます。

醸造所やセラーがとてつもなくピカピカな生産者のワインは

驚くほどクリアーでエレガント。

そして穏やかな口調の生産者は、なめらかな味わいのワインに。

 

20190424200533.jpg

 

ワインは天・地・人が造ると言われます。

地形や天候がその品質にかかわるのはもちろんのこと、

やはり人の影響も大きいとおもうのです。

その証拠に、例えば人気ワイナリーのすぐ隣にあるのに、

同じキャラクターのワインは出来ません。

 

20190424200807.jpg

 

今回ご紹介するのは、造り手の人柄がそのまま出たワインだと思います。

シャトー・レ・グラーヴ 赤」「シャトー・レ・グラーヴ 白

場所はフランスでも銘醸2大産地である、ボルドー。

しかし、そのボルドーの中では割と地味な産地の「ブライ・コート・ド・ボルドー」

それもこのワインの控えめな奥深い味わいに関係しているのかもしれません。

 

20190424200504.jpg

 

造っているのは親子の2人が中心。ほとんど家族だけで作業をし、

丁寧な造りで安定した品質のワインを毎年提供してくれています。

今年の3月に来日してパーティ会場やお店のイベントで、

ワインを説明してくれた時には、静かな語り口ながら、

ワインに対する愛情が溢れるコメントをくれました。

 

20190424200730.jpg

 

白ワインは品種の特徴が素直に出ていて、酸味がフレッシュですが、

果実味もあってバランスの良い1本。

赤ワインはやわらかい口当たりですが、果実味と渋みが程よくあり、

特に2015年の良年であるために余韻もあって、

毎日でも飲みたいワインです。

そしてこれらのワインを飲むたびに、彼らの顔が浮かぶのです。

 

20190424200853.jpg

 

ショップの商品の前にはワインの情報とともに生産者の顔写真があります。

皆さんも生産者を思い浮かべながらワインを楽しんでみては

いかがでしょうか?そうするときっとワインがいつも以上に美味しく

感じられると思いますよ。

 

寺田

ヴィノススタートアップ

本日はヴィノスやまざき2019年のスタートアップのための社員総会を開催しました!

201904232.jpg

201904233.jpg
平成が間もなく終わり、新しい元号令和が始まろうとしてる今、たくさんの志を一つにする仲間とともに
新しいスタートを改めてきることに感謝です。

「時代は変わっていくなかで、目的が決まっていなければ事業は継承できない。
新しい時代を生き残っていくためにスタートアップの企業と同じ気持ちで
お客様に満足していただけるお店や会社を目指していこう」
そんな気持ちで一年間、お客様にご満足いただけるお店作りをしていきたい、と決意を新たにしました。

201904231.jpg

201904234.jpg

こうやって新たなスタートが切れるのも、日頃お店をご利用いただいているお客様ひとりひとりのおかげです。

応援誠にありがとうございます!

ヴィノスやまざきでは毎朝スタッフで共有している理念があります。

201904235.jpg

そのなかのひとつ

201904236.jpg

「変わる勇気」

という言葉があります。

お客様を大切にする気持ちは変わらずに、お客様に「ヴィノスに来てよかった」とおもっていただき、
そしてそういうお客様を増やすことで、一緒にワインを造ってくれている生産者とともに、
さらに美味しいワインの発掘や新しいことに取り組んでまいります。


今週末もヴィノスやまざき各店で開催する平成最後のワイン祭りで新しいヴィノスを感じて頂けると思います
201904237.jpg

本年度も皆様にワクワク・ドキドキをお届けできる会社になってまいります!

岩谷

見逃し厳禁!あと5日!

コレド室町店の5周年、武蔵小杉店の6周年、沼津店の11周年を記念して、

只今全店で開催しているAnniversary Sale。

 

anniversary_0322_pc.jpg

 

待望の再入荷を果たしたデイリーボルドーや

 

 20190421182156.jpg

 

ラベルのテントウムシが目印の新商品など...

 

 20190421182219.jpg

 

どのワインも大好評をいただいておりますが、中でもやはりこのワインは注目度が高いですね。

 

STH.jpg

 

昨年末に再登場した際にも、あまりの人気ですぐに完売した

ストーンヘッジ・リザーヴ・カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパヴァレー2016

 

現地との再交渉により、平成最後のお祝い価格で登場!

 

このワインは、有名なナパ・ヴァレーの中でも多くの名門ワイナリーがこぞって指名買いする「ラザフォード」や「スタッグス・リープ」地区等のカベルネを使用した、弊社でも指折りの人気蔵元「ストーンヘッジ」が手がける王道ナパワイン!


20181011_4.jpg

 
高いポテンシャルのブドウとストーンヘッジの醸造技術、そしてゆっくりと樽熟成を行うことで、濃厚で飲みごたえのある味わいに仕上がっています!
 
その色合いは、明るい照明にかざしてもこの通り。
 
20190421181752.jpg
 
とてもしっかりした凝縮感を感じ取れます。
 
3月22日から始まり約4週間経ちましたが、渋谷店でも今なお大変な人気を誇っています。
4週間で2ケースご購入され、現在3ケース目の購入を検討されている方もいるほど。
 

Anniversary Saleは4月26日(金)までとなっています。

本日含めてあと5日間。

是非、お見逃しなくご利用ください!

 

近光

ワインクラブお申込みは本日までです!

「蔵直®ワインクラブ」のお申し込みはお済みでしょうか!?

 

毎月稀少なワインや、蔵元新作ワイン、そして大人気ワインをモニター価格でより一層お楽しみいただけるワインクラブ。

本日4月21日(日)がいよいよお申し込み最終日となりました!まだお手続きがお済でない方はお急ぎくださいませ!!

 

 

20190421154050.png

 

 

すでにキャンセル待ちのコース(世界の銘醸赤ワインコース、スパークリング&白ワインコース、ワインのマリアージュコース、厳選チーズコース)や満席間近のコースもございます!

 

 

 

 

 

ワインクラブは複数コースのお申込み可も能です。追加をご希望の方も本日までにお申込みくださいませ!

コースお悩みの方は、ヴィノスフリーダイヤル0120-740-790、またはお近くのヴィノスやまざき店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。

 

WEBでのお申込みはこちらより↓↓

20190421163246.png

 

また、ヴィノスやまざき各店店頭でもお申込み承っております!

蔵直®ワインクラブでワインライフを楽しみましょう!

 

澤田

 

 

 

 

 

 

初お披露目のワインをご紹介中!

現在開催中の平成最後のWINE FES!
第2弾はもうお試しいただけましたでしょうか。

20190420 (2).jpg
本日も各店で沢山のお客様にご参加いただき、ありがとうございました!

今週は、新大陸からイベント初登場のワイン含め、全4種類のワインをお楽しみいただけます。

20190420 (1).jpg

カリフォルニアのあの幻の赤ワインも気になるところですが、

「なにこれ!すごく華やかで爽やかなスパークリングは!」
と、1杯目から驚きのお声をいただいた初お披露目のスパークリングワインをご紹介いたします。

20190419174433.jpg


南アフリカ銘醸地ステレンボッシュに、
オーナーのプリチャードさんが1985年に立ち上げた小さな家族経営の蔵元です。

畑も18haと小規模で、川に近い畑でぶどうを栽培することで、
昼間はたっぷりの太陽の光を浴び、夜は涼しい風が吹き気温が下がることで寒暖差が生まれ、
果実味の旨みがありながらもフレッシュな後味に仕上がります。

20190420 (1).png

実はこのスパークリングワイン、
元々はワインの頒布会「蔵直ワインクラブ」で、
会員様限定でご用意していた秘蔵ワインのひとつだったのです。

会員の皆様から「また飲みたい!」と沢山のお声をいただき、
今年の2月に買付隊が現地を訪れ、交渉の末、店頭に並べられる量をご用意することができました。

20190420 (3).jpg

「蔵直ワインクラブ」は、私たちヴィノススタッフにとってもお客様のお声を伺う貴重な場で、
今後どのワインを定番商品として蔵元に造っていただくのか、お客様皆様のお声で決まります。

ということで、ワインクラブは、価格もとっておきのモニター価格でお楽しみいただけます!

春の新規お申込みは、4月21日(日)までですが、
すでにキャンセル待ちのコースも続々と出てきておりますのでお早めにお申込みくださいね。

0418b_hanpukai_s180921.jpg


そして、平成最後のWINE FESは、4月25日(木)まで開催しております!
是非、新しいワインとの出会いをお楽しみいただければ幸いです。

20190419174532.jpg


三浦

平成最後のワインフェス第2弾!本日より開催!

平成もいよいよ残りわずか!

先週よりご案内しております「平成最後のワインフェス」も残すところあと2回となりました。

第2弾となる今回は「発表!新大陸の初お披露目ワイン!」題しまして、ご参加いただいた皆様にいち早く新入荷ワインをお届けいたします!

 

新入荷ワインとしてご紹介するのは、先日訪れた南アフリカで造られるさわやかなスパークリングや...

20190419174433.jpg

カリフォルニアから「あの」人気ワインも登場いたします!

20190419174453.jpg

 

また、ワインと合わせてオススメのおつまみプレートもご用意しておりますので、ぜひワインとのペアリングをお楽しみくださいませ。

20190419174514.jpg

イベントの詳細・お申込はこちらから!▼

20190419174532.jpg

皆様のご来店・ご参加。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

高澤

 

不採用が一番多いコースとは??

先日、あるワイン会に参加したところお客様から「毎月のワイン倶楽部楽しみにしているよ!今期のワインコースも楽しみにしているから」と嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

現在、世界11ヵ国からワインを直輸入している中で、毎月各国のこだわりワインをセレクトし味わいをチェックしながら本当に納得のできるワインを選んでおります。


ワインの買付けに行く際に必ずワイン倶楽部用のワインを探すのですがすぐには見つからず、時にはワインカーヴの中に潜って探すこともあります・・・

 

蔵元の自家消費用のワインや国内だけの限定流通品など取材をしながら情報を引き出して交渉を行い、やっとワイン倶楽部候補のワインとなります。

そこから、社内で試飲を行い満場一致で納得できるワインのみがワイン倶楽部として選ばれるのですが、時には試飲したワインがすべて不採用になってしまうことも・・・おそらく不採用が一番多く狭き門なのです。

IMG_2230.jpg

 

だからこそ、ワイン倶楽部に選ばれたワインは自信があります。
その中でも、今人気急上昇のコースが「プレステージ赤・白コース」

 

サクラワインアワード2017で最高金賞「ダイヤモンドトロフィー」を獲得したオーストラリア銘醸地バロッサヴァレーから「スリーリングス・シラーズ2016」が待望の入荷。
ぶどう栽培の達人といわれたデイビッド・ヒッキンボッサム氏が担当し、息子のアラン氏が醸造をし、年々品質が向上し現地在庫を抑えてワイン倶楽部に登場。

DSC02592.jpg

スペイン・リオハで出会った20年熟成した赤ワインが登場。
かつて1本、5,000円で販売していたのですが、どうしてもワイン倶楽部で紹介したいと交渉を行い奇跡の赤白セットが実現。
ワインスペクテーター誌で92点を獲得し、ワインのプロも認めたリオハワイン。

 1999.jpg


最後に、ボルドー・メドック地区の手作り少量生産で地元では「ガレージワイン」としてオーナー自らが栽培から醸造まで手掛けているクロマヌーが登場。
あえて新樽を使用しないでぶどうの旨味が凝縮した味わいを引き出し、現地のワイン評価誌でも注目されています。
今回の、プレステージ最終回に最後の最後まで粘り強く交渉を行い、オンリストしました。

20190418201026.jpg


ワンランク上のコストパフォーマンスを感じていただける「プレステージ赤白コース」を是非お楽しみください。

0418b_hanpukai_s180921.jpg

福井

陰干しぶどうから造るこのワインを!

ただいま、新規会員募集中の「蔵直ワインクラブ」。


世界中には無名であっても、本当に一生懸命にワイン造りに取り組んでいる生産者はたくさん存在します。
そんな彼らの情熱溢れる美味しいワインを、当店はいつも探し求めているから、これまでに素敵な出会いがあり、輸入が実現できました。

その集大成である「蔵直ワインクラブ」で、ぜひご紹介したいワインがあります。

20181013_12.jpg

2年前に現地を訪問したカ・ボッタでは、全てのワインで陰干しぶどうを使用するアマローネスタイルでワインを造るこだわりのこだわりの造り手です。

20190417_05.jpg

カ・ボッタはイタリア・ヴェネト州のヴェローナを見下ろす標高500mの丘にぶどう畑を所有しワイン造りを行っています。

20190417_06.jpg

20190417_07.jpg

斜面に植えられたぶどうは、全て手摘みで収穫し丘の上のワイナリーに運ばれ、陰干しします。

20190417_04.jpg

全てのぶどうを陰干しするため、ワイナリーの中は陰干し中のぶどうでいっぱいになります。

ここまで手間暇かけてるくるカ・ボッタのワインは、入荷するたびに瞬く間に完売するほどの人気ワインです。

こだわり故、大量に造ることができず、通年ご用意できないカ・ボッタのワイン。

そのワインが6月のバリューコースにオンリストしています。

20190417_02.jpg

カボッタ・ヴァルポリチェッラ2017

約1か月間陰干しさせたぶどうを使用し造られたワインは、凝縮味がありながらも柔らかな味わいです。

ぜひ、バリューコースにお申込みいただき、このワインの魅力を体感してください!

お見逃しなく!



深澤

ヴィノスのワイン頒布会「蔵直®ワインクラブ」新規会員募集中!

ただいま新規会員様の募集をさせていただいております、「蔵直ワインクラブ」。
実は、25年以上に渡り続けさせていただいているワインの頒布会です。
元々は、「産地やブランドはお任せするから、毎月美味しいワインを選んでほしい」というお客様からのお声でスタートしました。

蔵直ワインクラブの魅力を動画でご紹介!


店頭にて全店でご紹介するには数量が少ない少量生産のワインをご案内させていただいたり、
蔵元の新作ワインをモニター価格でご提供させていただくこともございます。

現地買付時にも希少なワインを見つけては交渉を行い、クラブ会員の方のための特別なワインをご用意させていただいております。
20190223_190305_0036_hosakaR.jpg

おかげさまで多数のお申し込みを頂戴しております!

新規、そしてご継続でお申込み頂戴いたしましたお客様、誠にありがとうございました。
4月お引渡し開始は次週土曜日、27日からを予定しておりますので、今しばらく楽しみにお待ちいただければと思います。

まだお申込みをされていないお客様もぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。
今週末が店頭引渡しでのお申込み締め切りとなりますので、ぜひお早めにお申し込みくださいませ!
いくつかのコースでは残り募集会員数が少なくなっておりますので、ご注意くださいませ...

お申し込みはこちらから。
wineclub0410_pc_c_hosakaR.jpg

皆様のお申込み、心よりお待ち申し上げております。
保坂

春ロゼ 満開です。

フランスでは白ワインよりロゼワインのほうが多く消費されている事をご存じでしょうか?

白ワインより酸味が少なく、赤ワインより渋みがまろやか。
そんなロゼワインは、お肉にも魚にも合うワインとしてヨーロッパをはじめとするワイン消費大国では多くの割合をしめております。


ここ日本でも、最近ではロゼワインを楽しむ方が増えております。
特にこの4月、サクラの色合いを連想されるロゼは、和食でも中華でも普段の食事と合わせる方が多いとか。
そんな中、春真っ只中に待望の再入荷をしたロゼワインがあります。

041629011.jpg

今から25年前のまだ静岡の一店舗の時、当時は注目を浴びていない南フランスの小さな村から当店はワインの直輸入を始めました。
ラングドック・コルビエール地区。ソムリエ教本にも載らないような場所でした。
しかし、そこで造り出されるワインは、当時有名高級シャトーの造るどんなワインよりも美味しく、果実味があり、半年分として輸入したワインは、口コミで約1か月で完売となりました。

そんなシャトー・レゾリュー。
実はロゼワインを造っているのですが、決して定番商品として店頭に並べれる数量はありません。

南向きの水はけと日当たりのいい斜面のぶどうを使用。
南フランスの特徴でもあるいっぱいの太陽を浴びて育ったぶどうは、ボリュームがあり濃い味わいに。

0416028A7735.jpg

041620180904_01.jpg

しかもバリューなロゼであっても、収穫は手摘みで丁寧に行うことで、痛んだ実は使用しません。

0416DSC01713.jpg

あえてまだラベルには記載されておりませんが、畑自体は認証を獲得している自然を尊重した畑。
041620170427_07.jpg


そんなこだわりぶどうで造ったロゼの新ヴィンテージ2018年も、ようやく瓶詰めが終わり、この春に入荷となりました。
2018年はフランス全土で天候が良く、ビッグヴィンテージとして名前が残るいい年です。
レゾリュー・ロゼ2018も、例年に比べ豊かな味わいに。

春の陽気に合わせ、少しだけ冷やしたロゼワインでぜひ楽しいワインライフをお楽しみください。

岩谷

お早めにお申し込みください!

「蔵直®ワインクラブ」のお申込みはお済みでしょうか。

25周年を迎えた蔵直®ワインをよりお楽しみいただけるのがワインクラブです。


蔵元まで足を運んで入手できた限定生産のレアなワインや、買付隊が一年間に試飲する数多くのワインの中から、断トツに美味しいワインを毎月お楽しみいただけます。

本日がご発送のおまとめ払いのお申込み締切となります。お手続きがまだの方は是非お急ぎください。
※店舗お引渡しや4月28日以降お届けのご配送は4月21日(日)までお承りいたします。

どのコースが良いか迷っている・・・

という方は是非「バリューワインコース」をお試しください。


例えば、4月にお届けするワイン

20190414_1.jpg

アジア最大規模の審査会「ジャパンワインチャレンジ」で最高金賞を獲得したカラブリア・ファミリーの造るワイン達。

20190414_2.jpg

ロングセラーのリッチランド・シャルドネは、果実味たっぷりですっきりした後味でバランス抜群。
先祖のルーツであるイタリアの地場品種から造るワンラン上のワインは、濃縮感あふれる味わい。

蔵直®ワイン25年間で出会ったバリューで美味しいワイン達をお届けいたします!


もっと気軽に楽しみたい・・・

という方は「ワインENJOYコース」をお試しください。

例えば、5月にお届けするワインとおつまみ

20190414_3.jpg

ヴィノスやまざきの原点南フランスで、20年以上のロングセラー蔵元ペノティエが造るまろやかな果実味の赤ワインと、青カビチーズの中でも特に食べやすいフルムダンベールをスプレッドタイプに仕上げたクリーミーなチーズ&スペインのスナック「ピコス」と合わせてお届けいたします。

届いてからすぐにワインとおつまみのマリアージュがお楽しみいただけます!


最終のお申込み締切まで後1週間となりましたが、間もなく満員となるコースもございます。
是非お早めにお申し込みください!

井山

「サクラワインアワード」最高賞受賞蔵元が手掛けるカベルネ!

現在、ヴィノスやまざき各店では、「平成最後のワイン祭り!第1弾」を開催中です。

本日も全国のヴィノスやまざきで、たくさんのお客様にご参加いただきました!

 

ED2E7DC5-F164-4E6C-BE9B-3567015F785F.jpg 

 

今週のテーマは、「ヴィノス平成史を振り返る刻(トキ)ワイン」ということで、ヴィノスやまざきと共に時を刻む蔵直ワインをご紹介しています。

本日、お楽しみいただいたワインの中でも、多くのご好評の声をいただきましたワインがこちらです。

 

ノーブルヒル・カベルネ・ソーヴィニョン2015

IMG_7293.jpg 

 

ノーブルヒルは、南アフリカの銘醸地「ステレンボッシュ地区」に隣接する、パール地区に蔵を構えるワイナリーです。

南アフリカは、実は350年以上のワイン造りの歴史を持ち、ワイン生産量も世界TOP10に入るほどのワイン大国。

その長い歴史の中でもこのノーブルヒルは、1674年設立という非常に古い歴史を持ち(※南アフリカで初めてワインが造られたのは1659年!)、まさに南アフリカのワイン史と共に時を刻んできた老舗蔵元なのです。

 

10B4777E-A507-42D6-A570-E13D26608B14.jpg

 

ノーブルヒルは、「サクラワインアワード2019」ノーブルヒル・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・ナチューレ2016が最高賞のダイヤモンドトロフィーを獲得したばかり。

先日開催された蔵直25周年記念祝賀ワインパーティーでも、多くのお客様からご好評の声を頂きました。

 

20190316120447.jpg

 

 ノーブルヒル・カベルネソーヴィニョン2015は、単一畑の秀逸なカベルネ・ソーヴィニョンのみから造られ、生産量もごくわずか。

2015年は、ベリーの凝縮感と力強さが感じられる優良ヴィンテージで、蔵元のセラーで3年間の長期瓶内熟成を経てリリースされました。

今飲んでももちろん美味しいのですが、醸造家のクリストファー氏いわく、「2025年までは優に熟成可能」とのこと。

EF53ED6F-58E0-4B2D-9DDE-E1878FD3CFE0.jpg

 

 本日、各店の試飲イベントに参加されたお客様からも、ノーブルヒル・カベルネ・ソーヴィニョン2015への嬉しいお言葉を頂きました!

 IMG_7281.jpg

IMG_7283.jpg

 

 残念ながら、少量生産のこのノーブルヒル・カベルネ・ソーヴィニョン2015の在庫は残りわずか。

「平成最後のワイン祭り!第1弾」は、4月18日(木)まで開催しておりますので、お近くのヴィノスやまざきでお試しの上、お買い求めください!

 

ご予約お申し込みはこちらから▼

 

 

そして、現在会員募集中の「蔵直ワインクラブ」では、ノーブルヒルが造る限定の白ワイン「ノーブルヒル・ヴィオニエ」プレステージワインコースの会員様へお届け予定(8月お渡し分)です。

IMG_7291.jpg

ノーブルヒルがお好きなお客様、是非、この機会にプレステージワインコースへご加入ください!

 

お申し込みはこちらから▼

20190411 (5).jpg

蔵直ワインクラブの新規会員募集は、4月21日(日)まで!

 

皆様のご入会、スタッフ一同、お待ちしております。

 

四家

平成最後のワイン祭り開催!!

平成から新元号「令和」まで、いよいよ残すところ2週間弱。

 

ヴィノスやまざきは1994年の直輸入開始から今年で25周年を迎えます。この間、フランスから始まった直輸入の国の数も、昨年スタートしたウルグアイで11か国になりました。

 

そこで、ヴィノスやまざき各店舗、WEBでは、平成の時代とともに歩んできた蔵直ワイン達をご紹介させていただく、「平成最後のワイン祭り!」を開催致します!

 

event0413_pc.jpg

 

第1回目の今週末は、「ヴィノス平成史を振り返る「刻(トキ)」ワイン」をご紹介!

 

S__7749634.jpg

 

エクストレマリウム(ボトル写真左)

当店スパークリング部門で人気トップクラスの1本。造り手のモンマルサルは、大手生産者がシェアの大多数を占めるカバにおいては珍しく、自社ぶどうを中心にこだわりのカバを造っています。このエクストレマリウムは、単一年のぶどうから造られる、同蔵元の渾身の1本!現在ご案内中のものは2014年ヴィンテージ、5年間の熟成(刻)を楽しめる一押しのスパークリングワインです!

 

続いては、シャトー・レグラーヴ 白(ボトル写真左から2番目)

レグラーヴは直輸入開始直後にスタートした生産者であり、20年以上もの間、お客様からご支持をいただいているワインの一つ。まさに、ヴィノスの平成時代を代表するワインの一つです。

 

20190412210458.jpg

 

親子2代で丁寧に醸すワインは、この価格帯とは思えないほどの品質の高さ!素直で真面目な生産者の人柄が見事に反映されたような1本です。 最近、息子(写真左)へと引き継がれ、新旧の良さを表現した刻ワインです。

 

赤ワインは、ラベルの鍵マークがトレードマーク、南アフリカ産のノーブル・ヒル カベルネ・ソーヴィニヨン(ボトル写真右から2番目)

 

20190223_190305_0126.jpg

 

今でこそメジャーになった南アフリカワインですが、ノーブル・ヒルは今から10年以上前、まだ南アのワインが日本で出回ってなかった頃に出会った蔵元で、ヴィノスの南アワインの歴史を辿るに欠かせない1本でもあります。

 

そして、最後にはとっておきの熟成ワインをご用意しました。

サンジャン・ド・ベビアン 2006(ボトル写真右)

_DSC9792.jpg

 

ヴィノスの原点ともいえる、南フランスワイン。その中でもベビアンは直輸入初期からの生産者です。現地では「南仏の3大グランヴァン」とまで称されるほどの実力派でもあるベビアンから、特別にオールドヴィンテージを譲っていただきました。

 

事前に専用フォームからご予約いただくと、特別価格でご参加が可能です。是非お早目に!

 

今週末はヴィノス各店で皆様のご来店をお待ちしています!

 

加藤

 

他では手に入りません!

だたいま会員様募集中の「蔵直ワインクラブ」。
特設サイトは、もうチェックされましたか??

20190411 (5).jpg

「生産量が少なくて店頭では販売できない」「自家消費のために少しだけ熟成させていた」等々の理由で、会員にならなければ手に入らない限定ワインが手に入るのも、この「蔵直ワインクラブ」ならではの、大きなオススメポイントのひとつです。

数あるコースの中から、本日ご紹介したいのは・・・「こだわり赤ワインコース」!
赤ワインラヴァーの皆さまから、支持率No.1のコースです。


2019年4月からの当コースは、新世界TOP100ワイナリーにも選出されたウルグアイのガルソンから届いた「シングルヴィンヤード・メルロ」、ボルドー・サンテミリオン地区の格付けの頂点に立つシュヴァル・ブランに隣接するオーガニックの特級ワイン「シャトー・ラ・グラーヴ・フィジャック」など、コクあり赤ワイン好きなら見逃せない限定ワインが目白押しです。

そんな豪華ラインナップの中で、本日注目したいのは、南アフリカから届いた8月のワイン!

20190411 (6).jpg

【8月】 グレンデル・ルバイヤート2015

造り手のド・グレンデルは、ケープタウン市街をのぞむタイガーバーグの丘にある蔵元。山の斜面に広がる畑からは海が見えるほど、大西洋に非常に近いのが特徴。冷涼な海風が、凝縮感と酸のバランスが取れた、高品質なぶどうを育んでいます。

20190411 (1).jpg

当主のグラーフ家は、祖父はケープタウン市長を務めるなど、ケープタウンの名家として地域にも貢献してきました。
そしてワイン造りを手掛ける醸造家のホプキンス氏は、南アの有名ワイナリーやボルドーなど世界各地で醸造経験を積んだ実力派です。

20190411 (2).jpg

そんなド・グレンデルが手がけるトップワインが、この「ルバイヤート」。
カベルネを中心としたボルドーブレンドの赤ワインで、ボルドーのワイナリーでも醸造経験を積んだホプキンス氏の手腕が存分に発揮された一本です。
古代ペルシャの詩人ウマル・ハイヤームの四行詩ルバイヤートにちなみ、4品種のぶどうを絶妙にブレンド、フレンチオーク樽で18カ月熟成して造られています。

じつは今年の現地訪問では、買付チームがこのルバイヤートの2007年(12年熟成!)ヴィンテージを特別に試飲!10年以上の長期熟成のポテンシャルも、実際に体感してきました。そして、その味わいに感動して、採用を決意した一本です。

20190411 (3).jpg

本来は、価格的に5000円でご案内するのが非常に難しかったのですが・・・
「どうしてもこのコースでご案内をしたい!」と交渉の結果、採用することができました。

20190411 (4).jpg

▼詳細・お申込みはこちらから!
20190411 (5).jpg

お近くの店舗、またはお電話でも承ります:0120-740-790(AM9:00-PM20:00)

ぜひお見逃しなく!

本島

ヴィノスのワイン会スタート!

ヴィノスやまざきでお客様から根強い人気を誇る「蔵直ワイン会2019」がスタート!

本日、全国のお店のトップバッターとして開催されたのが新静岡セノバ5階で開催された「朝日テレビカルチャー」です。

実は20年以上も静岡の地で続いている、ヴィノスやまざきで最も歴史の長いワインイベントの一つです。
 
IMG-7329_R.jpg
 
IMG-7335_R.jpg
「ワインセミナー」というと、敷居が高いイメージ?を持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、
「朝日テレビカルチャー」が長年お客様に愛されている秘密は、セミナーというよりも、ワイン好きの仲間たちが集う「ワイン会」のような雰囲気かなと思います。

さらに、ワインを知り尽くしたお客様にも「なるほど!」と思っていただける現地の最新情報や日本のワイン市場の情報もお届けしています。すでに何年もこのワインセミナーにご参加いただいている方もいらっしゃるほどです。

今年からヴィノスのワインセミナーは「セミナー」という言葉を使わず、「ワイン会」と称して、
より身近に、より気軽に、そしてより楽しいテーマで開催してまいります。

今回のテーマは「知ったかぶりはもう終わり。アナタの「??」に答えます。」
 
IMG-7337_R.jpg

 
今さら聞けない、ワインに関する質問を事前にお客様にヒアリング。
各店から集めた10の質問について答えさせていただきました。
「ワインの開け方や、グラスの形状とワインの相性についてなど、今更聞きにくいことが聞けて良かった」
「今年度から始めて参加しました。チーズとのペアリングがとてもよくて勉強になりました。」

などとご参加いただいたお客様からお声いただきました。

ご紹介させていただいたワインの中で、「このワインに感動!!」とご参加いただいたお客様から一番人気だったワインがこちら!
IMG-7338_R.jpg 

トゥルーヴァイン・バイオダイナミック
IMG-7340_R.jpg

今話題の「ナチュラルワイン」。
 
全米で最も有機認証を受けた畑の面積の広いメンドシーノは、かつてはウッドストックやヒッピーなど、自然体で生きる若者が集ったエリアだったため、そのままこの地に根付いて自然体のままのぶどう栽培を行っている農園がたくさんあり、
高品質なぶどうが育っております。
そのため、現在ではカリフォルニアの銘醸地ナパヴァレーの大手ワイナリーが自社ワインのブレンド用にメンドシーノの農園からぶどうを購入してきているほど。
 

20181019230152.jpg

 

20181019230211.jpg


 
現地を訪問して、地元のネットワークを活かして、当店のお客様のためだけに特別な畑のぶどうだけを使用して造った
オリジナルワインです。 

全国のヴィノスやまざきのお店でもワイン会が続々とスタートいたします。
ぜひ、新生活の始まりに、気軽に楽しめるワインの世界にご参加してみませんか?

開催店舗の確認・お申込はこちらをクリック

片山

月に一度ちょっとだけ贅沢なワインを。

只今会員様募集中の「蔵直®ワインクラブ」。

 

蔵直®ワインクラブでは、蔵元まで足を運んで入手できた限定生産のレアなワインや、買付隊が一年間に試飲する数多くのワインの中から、断トツに美味しいワインを毎月お楽しみいただけます。

 

本日は月に一度、普段よりもちょとだけ贅沢なワインを楽しみたい!という方におすすめなコースをご紹介します!

 

 

 

プレステージコースは、価格はワンランク、しかし品質と味は数十ランク上の、ヴィノスにしかできないプレステージワインが詰まったコースです。少量生産やあまりの人気で、常に完売の希少かつ人気のワインを厳選してご用意しています。

 

20190409152241.png

プレステージコースの中で5月にご用意するワインには、以前「サクラワインアワード」で最高賞「ダイヤモンド・トロフィー」を獲得したオーストラリアの極上赤ワイン「スリーリングス・シラーズ」がオンリスト!

 

20190409153712.png

 

スリーリングスは2004年設立、少量生産・高品質にこだわった新進気鋭のワイナリーであり、ヒッキンボーサム夫妻とその息子のアラン氏(写真右)の3人が造りだすワインは世界的に高い評価を獲得しています。

 

20190409153423.png

 

実は、ヒッキンボーサム・ファミリーは80年にわたってオーストラリアワイン産業の発展に貢献してきており、アラン氏の曽祖父は「オーストラリアのワイン醸造の父」とも称されるほど。

 

両親とアラン氏の3人でワイン造りを行っているため、造っているワインはシラーズ種とカベルネ・ソーヴィニヨン種の2品種のみ。「造っている品種は少ないけど、その分丁寧にしっかりとしたワインを造ることができるんだ」とアラン氏は語っていました。

 

そんな丁寧に造ったシラーズを堪能できるワインが、プレステージコースにお申込みの方は5月にお楽しみいただけます!

 

 

20190409152326.png

また、6月にはスペインの銘醸地リオハで見つけた大変稀少な20年熟成の赤ワインもお楽しみいただけます。

プレステージコースにオンリストしているワインは少量生産のワインが多く、コースの募集人数様が限られておりますのでお申込みはお早目がおすすめです!

 

詳細・お申込みはこちらより▼

20190409162615.png

 

矢尾

蔵直ワインクラブ!オススメコースのご案内!

現在新規会員様を募集中の「蔵直®ワインクラブ」!

こちらは当店が25年前から始めたワインの頒布会です。

きっかけはお客様の「産地や銘柄に関係なく、本当に美味しいワインを探してきてほしい!」というお声からでした。

 

そのお声に応えるべく現地の蔵元を巡ると、定番では扱えない少量生産の希少ワインが...!
そんな美味しくて限定性の高いワインを毎月お楽しみいただけるのが「蔵直®ワインクラブ」なのです。

 

本日はその中でも、オススメのコースをご紹介いたします!

 

当店の中でも一番会員数が多いのがこの「バリューワインコース」

毎月様々な産地や品種の赤と白のワインを各1本ずつ楽しめるコースであり、そのバリューさから「これからワインを始めよう!」というワイン入門的にご入会いただくお客様も多くいらっしゃいます。

20190408171711.jpg

 

そのコースの中で、9月には蔵元直送便の原点とも言える「シャトー・レゾリュー」のワインがやって参ります!

20180524_01.jpg

蔵元直送便はこの「シャトー・レゾリュー赤ラベル」という1本のワインからスタートしました。

当時、南フランスはまだ安ワインの大量生産の産地でした。
その中で、レゾリューはボルドーの高級シャトーのように収穫量を落とし、手摘みのぶどうから品質第一でワイン造りを行っていました。
 
そして、それから25年が経った今でもこのワインは人気ワインとして店頭に並び、長年のパートナーとして今でもヴィノスやまざきのお客様に素晴らしいワインを届けてくれています。
 

 

s-DSC00778.jpg

そんなレゾリューが仕込む白ワインは、地場品種を使い、爽やかながらも南フランスの太陽浴びた果実味もたっぷりの本当に希少で間違いなく美味しいワインです!

 

人気のコースとなっておりますので、是非お早めにお申込み下さいませ!

詳細・お申込みはこちら▼

main_ttl_pc.png

 

 

三浦

神秘のワイン、お見逃しなく...

昨日もご紹介いたしましたが、現在ヴィノスやまざき各店ではサクラ祭りが大盛り上がり!

皆様、もうイニシャルワインは手に入れましたでしょうか。

 

The S カベルネソーヴィニヨンの完売に伴い、The SO カベルネソーヴィニヨン、The F シャルドネを始めとして、多くのお客様からお問い合わせをいただいているイニシャルシリーズのワイン達。

 

20190407111138.jpg

 

イニシャルシリーズはまさに「出会いのワイン」。

本当はもっと沢山のお客様にお楽しみいただきたいのですが、数に限りがございます。

また、2017年にはナパの火事もあったことから、今後、続編をお出しできるかもまだ定かではございません。

購入を迷っている、という方は是非ともお急ぎください。 

 

 

ところで、「サクラ祭り」は何もイニシャルシリーズだけではありません。

実は、こんなワインもこっそり大特価でご紹介をしております。

20190407111515.jpg

  

修道士のシャルドネ 2016

 

「修道士」が暮らしているアベイ・ド・レランスとは、南フランス・カンヌ沖に浮かぶ小さな島「サントノラ島」の修道院のこと。

 

20190407112450.png

 

キリスト教シトー派の歴史ある修道院では、現在20名の修道士が暮らしています。

そして、「労働を神に捧げる」という信念のもと、自然農法でぶどう栽培を行い、極少量のワインを造っています。

 

20190407112511.jpg

 

修道士のワインは、ヴィノスやまざきの本店が位置する静岡市とカンヌ市は姉妹都市で結ばれており、当時の静岡市の市長と、カンヌ市の市長との話しの中で、アベイ・ド・レランスのワインを世界でヴィノスやまざきだけが取り扱う事を約束したことをきっかけに、毎年本当に少量だけ分けて頂いている貴重なワインです。


もちろん現地のワインショップでも入手できません。

 

この「修道士のシャルドネ」は、修道士達が造る白ワインの中でもトップクラスの1本。

丁寧に収穫したシャルドネを、ロマネ・コンティで名が知られているDRC御用達のフランソワ・フレール社の樽で10ヵ月熟成。

 

20190406210339.jpg

 

トロピカルフルーツのような風味に樽香が溶け込み、上品な口当たりと長い余韻が特徴の素晴らしい味わいのこのワインは、芸能界の某有名人も絶賛した1本です。

 

昨年11月にはマリー神父が来日し、多くの日本のお客様と交流されたことも記憶に新しいですね。

20190407112658.jpg 

 

 

そんな、修道士のシャルドネも、特別価格は本日の各ショップ営業終了までとなっております。

滅多にない機会です、是非お見逃しなくご利用ください!

 

近光

ヴィノスサクラ祭りは明日まで!

新年度が始まって最初の週末を迎えましたが、早速お店には

「今月から転勤で近くに引越してきて、今日はここら辺を散策してました」

という方がいらっしゃいました。

 

 お話しを伺うと、これまでお店でワインを注文することはあったけど、もう少し本格的にワインを楽しんでみようと思っていたところ、たまたま当店を見つけてご来店くださったようです。

 

春は新年度の始まりとともに、環境が変わって新しい生活へと踏み出す人も多い時期ですよね。

これまでの暮らしを見直したり、新しいことをスタートするのにもいいタイミングだと思います。

 

そして、これからワインを少しずつ始めようと思っている方は、是非週末に当店へお越しください。

毎週各店でそのとき旬な、一押しのワインを飲み比べできるイベントを開催しています!

実際にワイン造りの背景や直輸入の買付エピソードをご紹介しながらテイスティングすることで、ご自宅やお店で飲む時とは一味違ったワインの楽しみ方を発見できるかもしれません。

 

そして今週は「ヴィノスサクラ祭り第二弾!」と題しまして、豪華ワインが終日飲み比べ出来るイベントを店内テイスティングカウンターにて開催中です!

 

20190406-1.jpg

 

昨日のブログでもご紹介した春にぴったりな新入荷ロゼスパークリングや、銘醸地ナパ・ヴァレーの「イニシャルシリーズ」ワイン2本を含む3種類のワインをテイスティングしていただきました。

 

多くのお客様からご感想を頂戴しましたが、集計の結果本日のBEST1に輝いたのが、こちらのワインです。

 

「The F シャルドネ 2016」
 

20190406-9.jpg

 

このワインは、ナパ・ヴァレーの有名ワイン「オーパス・ワン」や「ロバート・モンダヴィ」と言ったナパを代表する名立たる有名ワイナリーが連なる「オークヴィル」地区のぶどうを中心に造られます。

14カ月の樽熟成を施し、柔らかい酸と芳醇で複雑な香り、さらに何といっても溢れんばかりの果実味がダイレクトに感じられます。

 

実際にお客様の感想を覗いてみると、、

 

 

20190406-7.jpg

 

 などなど、この他にも様々なご感想を頂戴しました。

もちろん好みは十人十色ですが、今日はだいぶ気温も上がったので、これくらいコクのある白ワインがより一層に美味しく感じたのではないでしょうか。

 

明日まで3種ワインの飲み比べイベントを開催していますので、お時間のある方は是非お近くのイベント開催店舗までお越しください。

 

合わせて、今回イベントでご紹介しているイニシャルシリーズの特別価格も明日までです!

この機会を是非お見逃しのないようご利用くださいませ。

詳細はこちらから!20190406-5.jpg

 

更に!もっと時間をかけてワインを学びたい!楽しみたい!という方には、様々なスタイルでお楽しみいただける月例ワイン会のご参加者様も募集中です。

是非こちらもチェックしてみてくださいね!

詳細はこちらのダイアリーをご覧ください!

http://www.v-yamazaki.co.jp/staffblog/buyer/2019/04/WineLife.html

 

 

それでは、明日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

コレド室町店 矢尾

 

 

感謝を込めて・・ヴィノスさくら祭りファイナル!

本日からは、ヴィノスさくら祭り第2弾がスタート!

20190405 (1).jpg

いまオススメしたい3種類のワインをご紹介するワインイベントを開催しております。

大好評のイニシャルワインシリーズの

カリフォルニア・ナパヴァレーの中でも、
「オーパス・ワン」や有名ワイナリーが連なる「オークヴィル」地区のぶどうを中心に使用しており、
芳醇な果実味と新樽熟成からのゴージャスなコクを楽しめるシャルドネ、
凝縮感がありながらもエレガントなスタイルのカベルネ・ソーヴィニョンをお楽しみいただけます。
先週末、瞬く間に完売してしまった同イニシャルワインの
「The S カベルネ・ソーヴィニョン」に、どちらも負けないワインです。


そして、今回ご用意したスパークリングワインも、
生産者と私たちからお客様皆様への感謝を込めて、初入荷のワインをご用意いたしました。

S__42541066.jpg


大手メーカーの大量生産が主流のスペイン・カバの生産者の中で、
自社ぶどうから造り上げる当店人気生産者「モンマルサル」。

淡いロゼ色は、お花見で桜を引き立ててくれるだけでなく、
チェリーやベリーの香り、果実味とフレッシュな後味は、
和食・洋食なんでも合わせられる1本です。

モンマルサルのジョセフさんは、先月開催した蔵直25周年記念イベントにも来日し、
日本のお客様にたっぷりとワイン造りの情熱を話し、
そして、お客様からのお声をしっかりと受け取っていました。

20190405.jpg

20190405184650.jpg

そんなジョセフさんが、先日モンマルサルのホームページにて、
ヴィノスやまざき蔵直25周年のお祝いと感謝のメッセージを掲載してくれました。

20190405 (1).png
20190405 (2).png

「 1913年に日本の静岡県で生まれたヴィノスやまざきは、
 創業当時は日本酒を専門にした酒販店として始まり、後にワインの輸入及び販売を開始されました。
 (中略)
 3月6日、ヴィノスやまざきの本店がある静岡にて開催されるセレモニーから始まりました。
 モンマルサルのエクストレマリウムがセレモニーのウェルカムドリンクに採用され、
 300人ものお客様を出迎えることになりました。
 
 会の中では、日本で販売されているモンマルサルの商品のうちの
 エクストレマリウムやアウレウム、ガルナッチャなどを沢山のお客様にお楽しみいただきました。

 現地の意気軒昂な日本人スタッフの方々の影響で滞在期間はあっという間に過ぎていきました。
 日本文化というものは実に魅力的なものです。
 (中略)
 彼らの丁寧さやお客様に対する姿勢というものを拝見していると、
 彼らの姿勢そのものが日本独特の本質的な文化を表しているのではないかと感じます。
 そのような文化を持ち合わせていながら、美しいもの、品質や伝統というものを愛しているという、
 最も重要な点が私たちの感覚と相通じており、
 それが日本でモンマルサルが支持されている理由のひとつではないかとも感じています。

20190405 (3).png

 日本でこのようなとても良いパートナーと一緒に仕事をすることができ、
 大きな自信よりも勝るようなものを得ることが出来たと思っております。
 
 ヴィノスやまざきは、私たちの商品をとても大事に思ってくださり、
 日本のお客様に我々の商品の価値を最大限に引き出して紹介してくださることによって、
 モンマルサルの商品のファンであることを伝えてくださる大事なお客様も増えました。

 このような出来事があることはとても私たちにとって意義深く、
 誇りに感じ、私たちももっともっとより良い商品を作ることに尽力しようと思っています。
 素晴らしいヴィノスやまざきのチームの方々に感謝を申し上げ、
 ヴィノスやまざきの努力に伴った長年の成果と成功にお祝いを述べさせていただきたいと思います。」


彼らもお客様の声があるからこそ、良いワインが生まれると言っています。

最初にご紹介しましたイニシャルシリーズや大ヒットした当店のオリジナル商品も、
すべてお客様の声から生まれたものです。

生産者と私たちヴィノスやまざきから感謝を込めて、
さくら祭りファイナルは、スペシャルな内容でご用意いたしました。

20190402172018.jpg

今週末も、各店ではこの3種類のワインの魅力をたっぷりと語らせていただきますが、
ぜひ、お客様からのご感想やご意見を頂戴できればと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


三浦

始まりの季節に!

春は始まりの季節!

どこか気持ちがウキウキするこの季節は、新しく習い事を始めるのにもピッタリのタイミングです。

ヴィノスやまざきでも4月から「ヴィノスのワイン会」の新規募集がスタートしました。

「ヴィノスのワイン会」とは、ワインをより身近に、ワインのある生活を楽しむために取り入れてもらえたら、そんな思いでヴィノスやまざきは20年以上も前よりワイン会を開催しています。

20180412201716.jpg

ヴィノスやまざきの蔵直(クラチョク)ワインには生産者の思いがたくさん詰まっています。
そんな造り手が想いを込めて造ったワインを、楽しくわかりやすく、生活の一部として楽しんでもらえるワイン会です。

20190404_02.jpg

今期のワイン会の内容を決める際に、お客様から頂いた「ワインだけでなく食との相性を楽しめるワイン会を開催してほしい」「チーズ中心のワイン会に参加したい」「ワンランク上のワインが楽しみたい」などのご意見をもとに、社内で何度も協議し決定しました!

20190404_03.jpg

また「開催時間が夜だから参加できない・・・」といった声にお応えすべく、昼の部・夜の部の2部制で開催します。

そして、お店ごとに様々なワイン会も開催します。

京都店では、レストランの人気メニューを店内で楽しむマリアージュイベントも!

20190404_01.jpg

今年こそはワインを学びたい・ワインの魅力をより楽しみたい方は是非、「ヴィノスのワイン会」にお申込ください。

20190404_b_event_information.jpg

これからワインのある楽しい生活をお手伝いいたします。

深澤

お届けしたいのは蔵元の情熱です。

本日東京オフィスにて、2019年度新たに入社した仲間18名の研修を行いました。未来のソムリエたちです。

S__20529211.jpg

 

ヴィノスやまざきの直輸入ワインは、たとえ秘境の地であっても直接現地まで向かいワインを選んでおります。南米ウルグアイや、南アフリカであっても同じです。

本日の勉強会は、南アフリカに訪れたばかりのスタッフによるレクチャーでした。

そんな中一番熱が入ったのは、まだ日本未入荷ワインの事を話しているときです。

S__20529210.jpg

 

南アフリカワインの直輸入を始めた10年以上前から、今でも多くの方から支持を頂いている"ボーモン・ワインズ"。過去には、日経プラス1何でもランキングで堂々の一位になった蔵元です。

 

あまりにも小さな蔵のため、全種類のワインは引き当て制。

地元のワインショップですら、「このワインは年間●本しか渡せない。」とのことです。

そんなボーモンの造る地場品種"ピノ・タージュ種"。よりエレガントに仕上げたワインを、現地に訪れた買付隊は見つけました。

E98E508A-DE97-4873-8C37-0B7B415ED1F7.jpg

 

しかし、案の定分けてもらえる量はほんの僅か。

各店舗に振り分ければすぐ完売してしまうぐらいしかありませんでした。

1B94AC4B-145C-4D2F-B397-DFFCCBD63170.jpg

 

だからこそ、今回こちらのワインは、会員制の頒布会ワイン倶楽部の顧客だけにご案内することにいたしました。

 

0403main_ttl_pc.png

プレステージ赤白コース 8月

 

そして同じく南アフリカのノーブル・ヒル・ワイナリー。

同蔵の所有する畑の中でも一番優れた単一畑で造る「鍵のマーク」のワイン。

今回は高級品種ヴィオニエ種を使った白ワインを用意しました。オーナーのクリス氏は、会社の経営だけでなく、醸造家でもあり、ぶどう栽培家でもあり、全て一人で行っているスペシャリスト。

10B4777E-A507-42D6-A570-E13D26608B14.jpg

 

しかも、当店で開催されるイベントに出来る限り来てくれるクリス氏は、日本の顧客からの声を商品政策に活かしているとのこと。日本の顧客が求めている味わいを実現するために最新設備を導入し、日々味わいの向上には全力を尽くております。

EF53ED6F-58E0-4B2D-9DDE-E1878FD3CFE0.jpg

そんな蔵元たちの情熱が詰まったワインをご紹介できるのが、このワイン倶楽部です。

2019年4月末からスタートするため、ただいま新規会員様お申込み中です。

本日のブログ一回では全てを語る事は出来ません。

しかし、このワイン倶楽部には毎月蔵元の情熱が詰まった、でも限定性のワインたちだけを紹介しております。

ぜひご入会をおすすめいたします。

岩谷

ヴィノスサクラ祭り!大好評第2弾!!

新元号も発表され、昨日より2019年度がスタートいたしました!

サクラの開花もピークを迎え、当店でも3月末よりヴィノスサクラワイン祭りをご案内させていただいております。

 

中でも特に大好評を博した「The S カベルネ・ソーヴィニヨン」はお陰様で完売となりました。

開催期間である4月7日(日)までご案内ができず、大変申し訳ございませんでした。

 

しかし、皆様のご要望にお応えして下記の商品を特別価格でご案内することが決定いたしました!

 20190402sof.jpg

「The F シャルドネ2016」

「The SO カベルネ・ソーヴィニヨン2017」

 

こちらの2本はナパヴァレーの中でも「オークヴィル」地区のぶどうを中心に私用して造られるワイン。

20190402171717.jpg

オークヴィルと言えば、人気の「オーパス・ワン」やナパヴァレーワインの歴史の立役者となった「ロバート・モンダヴィ」がある知る人ぞ知る銘醸地です。

 

「The F シャルドネ2016」はフレンチオークの新樽とアメリカンオークで14カ月熟成を施したリッチな味わい。

ナパヴァレーの太陽を豊富に浴びたことで、熟したメロンや柑橘類の風味や香りも楽しめる、奥行きと複雑味にあふれた仕上がりです。

 20190402F.jpg

「The SO カベルネ・ソーヴィニヨン2017」は熟したブラックベリーのような濃厚な果実味が口に入れた瞬間に広がります!

渋みも柔らかくスムースに抜けていく味わいは高級感をプラスします。

20190402SO.jpg

 

どちらも「S」に負けないオススメワインであることは間違いありません!

ヴィノスサクラ祭りフェアは今週末4月7日(日)まで!

 是非この機会をお見逃しなくお買い求め下さいませ!▼

20190402172018.jpg

 

高澤

 

 

新しい仲間が増えました!

新しい元号が発表されたその日(いや、その瞬間)、

新しい仲間がヴィノスやまざきに加わりました!

 

 20190401212240.jpg

 

4月1日は月曜日で新学期で、おまけに新元号まで

発表される日に入社するなんて、今年の新入社員はついているかもしれません!

総勢18名が入社しました。

 

 20190401212309.jpg

 

社長の祝辞から始まり、その他の役員から優しくも厳しい言葉も

いただきました。そして、去年その場にいた一年先輩社員から

「失敗を恐れずに頑張ってください」という頼もしいエールをもらいました。

 

20190401211333.jpg

(夜桜です)

 

おまけに事務所の近くの目黒川沿いでは桜が満開に。

益々、ついている感じがします。

そんな彼らを見ていて思いついたワインが「F シャルドネ」。

ナパの銘醸地のぶどうを使い、蔵元と一緒に造り上げた

長期樽熟成された限定のイニシャルシリーズです。

シャルドネのフレッシュな感じも残しながら、

これから熟成をしていきそうなポテンシャルを感じます。

そして、余韻はぶどうのコクをしっかりと感じるので、

新入社員の心の中のメラメラと燃える情熱ようなものを感じます。

 

 F1.jpg

 

これからお客様にご満足いただけるように、

彼らはしっかりと勉強をしていきます。

(今日も3時間ほどワインの研修を行いました)

お店で見かけた時は暖かい声をかけてあげてください。

 

寺田