ヴィノスダイアリー

春のカリフォルニアワイン会開催!

先週より直輸入ワイン25周年記念イベントがスタートし、たくさんのお客様にご来店いただきありがとうございました。

 

今では直輸入を行う国は11か国に増えましたが、直輸入ワイン第1号のフランスに次いで人気が高いのがカリフォルニア。

 

カリフォルニアの直輸入を始めた20年前、ワインはまだ欧州産の人気が圧倒的だったころから当店ではカリフォルニアワインの隠れた実力に注目し、直輸入を手掛けてきました。

 

今週、そんなカリフォルニアワインを皆様にもっとご紹介させていただくために、「春のカリフォルニアワインパーティ」を開催します!

当日は厳選した10種類のワインをご紹介させていただきますが、たとえば、

 

20190311_202522.jpg

 

【サラシナ・ソーヴィニヨンブラン メンドシーノ】

 

2017年に現地を訪問した際、レストランで偶然飲んで感激した白ワインが、メンドシーノの地でワイン造りを行う「サラシナ」でした。

 

20190311200526.jpg

 

メンドシーノは、カリフォルニア・ナパヴァレーより北部にあるワインの生産地。全米でも有機認証を受けたぶどう畑の面積が最も広く、オーガニックやサスティナブル(持続可能な)農法で、品質の高いぶどうを造っています。

 
20190311203614.jpg
 

このソーヴィニヨン・ブランも有機のぶどうを使用していますが、それだけではなく、実はアメリカで最も古いソーヴィニヨン・ブランの畑と言われている「ロロニス・ヴィンヤード」のぶどうも一部使用しています。

 

実は、ヴィノスやまざきが輸入した初めてのカリフォルニアワインは「メンドシーノ」のワインでした。その中には、オーナーが高齢のため売却してしまった「ロロニス・ワイナリー」もあったのです。 20年経って、今再びロロニスのぶどうを使ったワインを入荷できたことは本当に運命的なものを感じます。

 

洗練された豊かな果実味、エレガントな酸味のバランスが良く、一口飲んで「美味しい!」と唸ってしまうような1本です。

是非、会の中でお試しいただけたらと思います。

 

さらに、特別企画としまして、カリフォルニアを代表する銘醸ワインと蔵直ワインの飲み比べ企画も!!

お席には限りがございますので、お早目の申し込みをお待ちしております!

 

お申し込みはこちら!

 main_ttl_pc.jpg

 

皆様のご参加をお待ちしております!

 

加藤