ヴィノスダイアリー

【蔵直だより】2019年収穫スタート!

立春という言葉にふさわしい春の到来を思わせる温かな昨日とは一変、本日はまた肌寒い冬に逆戻り。
寒暖の差が激しい時節柄、皆さまお体にはご自愛ください。

さて、海外からホットな情報が届きました!

20190205_02.png

南アフリカのボーモン・ワインズでは、2019年のぶどうの収穫がスタート!

20190205_03.png

ぶどうの品種ごとに収穫時期は異なり、こちらは南アフリカを代表する白ワイン品種シュナンブランです。

シュナンブランの爽やかな酸味を残すため、ぶどうの収穫は早朝6時に行っています。

20190205_04.png

畑での選果に加え、蔵元ではさらに厳しいぶどうの選定を行います。

今年のぶどうから造られたワインが日本に届くのは、早くて7月か8月頃です。

ボーモン・ワインズのシュナンブランは、柑橘系の爽快感のある果実味と心地よい酸が楽しめ、和食とも相性抜群です!

皆さま、ご安心ください!2019年の新酒の入荷はまだまださきですが、2018年のワインはございます!

20190205_01.jpg

ボーモン・シュナン・ブラン

また以前、日経プラス1で第1位に輝いたシュナンブランを樽発酵・樽熟成させた
ボーモン・ホープ・マルゲリートの2017年もございます。

ボーモン・ワインズは、家族経営の小さなワイナリーの為、生産量も少なく分けていただける量も限られています。
ぜひ一度、お試しください。

深澤