ヴィノスダイアリー

再入荷した元祖蔵直シャンパーニュ!

再入荷をお待ちくださっていたお客様も多かったのではないでしょうか。

当店元祖蔵直シャンパーニュ、ポール・エラルド。20年以上前に出会い、3世代に渡る地元に根付いた家族経営の蔵元です。
 
20190111194659.jpg

 
その後、価格競争や生産者競争も激しくなり、一時期輸入できなかった時期もありました。なぜなら、1925年にこの地で設立以来、代々家族経営を貫き、生産量も限られていて、地元消費で経営が成り立っていたのです。

それでも『ポール・エラルド入ってこないの?』とのお客様の根強い声から、もう一度買付隊が現地に赴きました。そして、お客様が求めている以上にお手頃な価格でご案内できるようにと、蔵元と粘り強く交渉を続けました。

その結果、たくさんのお客様に満足していただけるようなお値段で販売できるようになり、今では当店を代表するシャンパーニュの蔵元になったのです。

20190111194733.jpg

シャンパーニュ地方では、主に赤ワインの原料となる黒ぶどう品種のピノ・ノワールとピノ・ムニエ、白ワインの原料となるシャルドネが使われています。

中でも、黒ぶどう品種だけでシャンパーニュを造ると『ブラン・ド・ノワール』、白ぶどう品種だけで造ると『ブラン・ド・ブラン』と表記し、それぞれのぶどうを混ぜて造るシャンパーニュに比べて、それぞれの品種の個性がより出やすくなります。

20190111195001.jpg
 

ちなみに、ポール・エラルドのシャンパーニュは黒ぶどう品種の比率が非常に高く、所有する畑の9割前後が黒ぶどう品種です。中でも、今日ご紹介するポール・エラルド ブラン・ド・ノワール ブリュットは、黒ぶどう品種100%でできています。

酸味が穏やかで深みのある味わいが特徴で、シャンパーニュが初めての方でも、分かりやすくて飲みやすいタイプです。是非、まだお試しさせていない方は最寄りの試飲イベント開催店舗にお越しください。

20190111194931.jpg

もちろん、飲むタイミングや合わせるお料理などで、味わいの印象も変わりますので、何度か試されたこともある方も、気軽にお試しいただければと思います。

この試飲イベントではポール・エラルドをはじめ、全6種類のワインをお楽しみいただけます!

詳しくはこちら→
20190111195240.jpg

ぜひ、今年も素敵なワインライフを過ごせますよう、全力でお手伝いさせていただきたいと思います。

鶴見