ヴィノスダイアリー

20年熟成ワインは在庫残り僅か!

本日で松も明けて、仕事始めの方も多いのではないでしょうか。

元旦を過ぎ、次に待ち受けるイベントと言えば・・・成人式ですね!

2022年には成人年齢が18歳に引き下げられるということもあり(飲酒年齢は変わらず20歳とのことですが)、各メディアでも注目されています。

 

さて、毎年この時期に多いお客様からのお声はやはりこちら。

 

「成人の記念に、生まれ年のワインをプレゼントしたいんだけど...」

 

20年前のワインというのは在庫数も少なく、また高価にもなりやすいということでなかなか探し難い場合も多いのですが、今年のヴィノスは違います!

 

先月末に入荷したこちらの秘蔵ワイン

1999.jpg

 

リオハ・ボルドン・グラン・レセルバ1999

 

「リオハのワインで、コスパの良い美味しいワインが飲みたい!」とのお客様の声をもとにリオハワインを探し求め、その濃縮感のある味わいに一目惚れしたのが、この蔵元ボデガス・フランコ・エスパニョーラスです。

 

スペインの中でも歴史が長く、また最たる銘醸地でもあるリオハの地で、1890年に創業した老舗の蔵元。良質なワイン造りで定評があり、地域のリーダー的存在でもあります。その長い歴史の中では、ヘミングウェイやアルフォンソ13世などの偉人もこの蔵を訪問しています。

20190106153933.jpg

 

20190106155023.jpg

 

古木のぶどうから長期樽熟成を経て瓶詰され、さらに蔵元のセラーで長期間の瓶内熟成の後に飲み頃になってリリースされたこのワインは、熟した赤い果実の風味にスパイスやタバコの葉のニュアンスが絡み合い、タンニンがバランスよく溶け込んだシルキーでなめらかな味わい。

 

005.jpg

 

その複雑味は、20年の時を経て熟成されたワインならでは。

 

熟成ワインが好きな方はもちろんのこと、2019年になり、これから誕生日を迎える新成人へのプレゼントとしても最適な1本です!

しかし、限定入荷商品の為、残りはあと僅か・・・既に完売店舗もございますので是非お早目にご利用ください!

 

近光