ヴィノスダイアリー

2018年8月アーカイブ

上半期決算の感謝SALE開催!

ヴィノスやまざきではこの上半期の皆様のご愛顧への感謝を伝えるべく、上半期決算セールを緊急企画として明日より開催いたします!

1535711945890_hosakaR.jpg

今回の目玉商品は...
これからの本格的なワインシーズンに向けておすすめのコクあり赤ワインのセットをご用意いたしました!

1535711975549_hosakaR.jpg

1535711991109_hosakaR.jpg

5千円と1万円の二種類で、なんと最大40%OFF!
(弊社通常店頭価格合計より)

いつも店頭で人気のワインがお買い得なセットになって登場です。
その中でもおすすめの一本が1万円セットの中の一本、「カラブリア・セラー・コレクション・グルナッシュ・シラーズ」です!
AU03-53_1_hosakaR.jpg

彼らの畑の中でも最も象徴的な畑ともいわれる、オーストラリアの有名産地「バロッサ・ヴァレー」に広がるウィリアムヴィンヤーズのぶどうを使用した一本です。

20180709_04_hosakaR.jpg
※一部100年を超える古木も現存。

インクのようにジャミー(ジャムのような)で濃厚な味わいは、熟成のポテンシャルも秘めた一本です。
通常価格で8,000円近い商品ですが、今回は特別にセットに使用する許可を得ました!
各店限定数量でご用意させていただくセットとなっておりますので、売り切れ時は何卒ご容赦いただけますよう、お願い申し上げます。

もちろんWEBショップからもご購入いただけます!

その他にも、甘酒の2本でお買い得なセールや、ハーフサイズの白ワインのお買い得価格等、まだまだ暑いこの季節におすすめの企画が期間延長でご案内いたします。

店頭ではお宝ワインの売り切り企画も開催いたしますので、ぜひヴィノスやまざき各店に足をお運びください。

また、今週末のヴィノスやまざきではワンコイン500円でご参加いただけるワイン試飲会も開催いたします。
なんといっても、ご予約特典がすごい企画です。
通常価格1万円越えの商品がプラスでお楽しみいただける事前ご予約が断然お買い得。
ぜひこちらからご予約くださいませ!
ttl170325_hosakaR.jpg

皆様のご来店、スタッフ一同お待ち申し上げております。
保坂

南フランスへ到着しました!

続いて南フランス、ミネルヴォワのシャトー・ラグラーヴを訪れました。

20180830223531.jpg

ヴィノスやまざきの原点とも言える南フランス地区のヌーヴォー。その中で、現地メディアでも取り上げられる実力派として知られるのが、オーナーであるオロスケットさんが手掛ける「ヴァン・ヌーヴォー」。

年々ヴァン・ヌーヴォーの品質も上がり、お客様からのファンも多いオロスケットさんが、私たち収穫隊を満面の笑みで迎えてくれます。

20180830223559.jpg

「これは、今年のヴァン・ヌーヴォーも期待できるのでは?」
と思わせるような笑顔です!

ワクワクしながらシャトーに入ると、オロスケットさんがこう言います。
「ちょうど今週収穫したばかりのぶどうジュースがあるから、飲んでみてくれ」 

早速醸造施設まで案内してくれ、収穫したばかりのフレッシュなぶどうジュースをテイスティングさせていただきました!


 

完熟のぶどうの甘みがしっかりとあり、ほのかに酸味も感じられるジュースで、オロスケットさんも満足気です。
桃やりんごを思わせるアロマが、フレッシュなヌーヴォーにもきっと表現されるでしょう!

2018年のミネルヴォワは、春先に雹の被害があった地域もあったそうですが、オロスケットさんの畑は奇跡的に被害をほとんど受けることが無く、理想的なぶどうを収穫できたとのこと。

20180830223640.jpg

日本の皆様も、今年のラグラーヴのヴァン・ヌーヴォーをぜひ楽しみにお待ちください!

 

2018夏 フランス研修チーム一同

南ヌーヴォー到着!今年の頑固おやじの表情は...

ヴィノスやまざき夏の収穫隊は、ボジョレー地区の南にあるドメーヌ・シャテルスさんの畑にやって来ました!

天候が難しい年にはあまり笑ってくれないドメーヌ・シャテルスのオーナー「頑固おやじ」パスカルさんですが、今年に出来はいかに...

1535523761100_hosakaR.jpg
なんと満面の笑みで私たちを迎えてくれました!
2018年は非常にぶどうの出来が良く、頑固おやじパスカルさんにも笑顔が多く見られました。

そして畑では、ぶどうも味見させていただきましたが、やっぱり甘い!
S__4612104_hosakaR.jpg

彼の蔵元があるのはボジョレー地方の中でも南に位置し、豊富な日差しの中毎日畑仕事をするパスカルさんはこの時期日焼けで真っ黒になります。

S__4612101_hosakaR.jpg

ぶどうは種までしっかり色付いており、すでに申し分ない状態のぶどうですが、収穫はまだ来週を予定しているとのこと...
S__4612103_hosakaR.jpg

ギリギリまで完熟させたぶどうのポテンシャルを最大限に引き出します!
さらに!シャテルスのヴィラージュ・ヌーヴォーは、収穫後【樽熟成】させてから日本に届きます。
通常はボジョレー・ヌーヴォー(=新酒)を樽で熟成する蔵元は少ないのですが、
彼のぶどうが高いポテンシャルを秘めているからこそできることだと言えます。

今回ボジョレー地区を訪れた収穫隊でしたが、今年はボジョレー全体的に天気に恵まれたようで、どの蔵元に聞いても「すごく良いワインになりそう!」と自信に満ちており、今から完成が楽しみです!

ボジョレーヌーヴォーの到着まではあと2ヶ月ほどありますが、日本のみなさんも楽しみにしてお待ち下さいませ!
S__4612106_hosakaR.jpg

2018年ボジョレー・ヌーヴォーの予約がスタートしております!
詳しくはこちらの特設ページから!
taru_ttl_pc_hosakaR.jpg

2018夏 フランス研修チーム一同

ポイント5倍デー延長します!

今月はヴィノスやまざき各店で、近隣のお店とコラボしたワイン会を多数開催いたしました。

ルミネ新宿店では、ワインをスパイスでアレンジしたワインとワインカクテルをロサンゼルス発のホームパイにあわせるワイン会を開催。
201808271.jpg
スパイスでワインも美味しく、美容にも効果アリ!ということで、
普段のヴィノスやまざきのお客様とは違う、ルミネさんを普段からご利用されている女性中心に参加いただきました。


先日、仙台店では、同じパルコさん内のお寿司屋さんとマリアージュ会を初開催。
201808272.jpg201808273.jpg

お寿司に赤ワインを合わせたり、和食とワインの相性のよさをお楽しみいただきました。

只今、ヴィノスやまざきでは秋の本格ワインシーズンに向けて、今年のワインイベントについて企画中!
間もなく皆様にもフェイスブックやホームページで紹介させていただけると思いますので、いましばらくお待ちください。

9月には、横浜店で秋のワインパーティをそごう横浜店10Fアルポルト・クラシコで開催します。
お席が少なくなってまいりましたので、ぜひお早めにお申し込みください。

実は今月は相次ぐ台風の影響でワインセミナーなど各店のイベントにお申込いただいていた方から急遽キャンセルがあったり、

昨日は都内での大雨の影響で、毎月のワインクラブの受け取りを来週に延ばしたいというご依頼をいただいたりしております。

今回始まったばかりのフェアのワインなどを、なるべく多くのお客様にお得にお楽しみいただけるように、

今月のポイント5倍デーを急遽延長して、8月31日(金)のプレミアムフライデーまで実施することにいたしました!

ぜひ、ワインクラブの受け取りや、新着ワインをご都合のよい日にお買い得に入手していただきたいと思います。

片山


2018年ボジョレー最新情報 現地よりお届け!

日本の皆さま、こんばんは。

ヴィノスやまざき収穫隊は、フランス・ボジョレー地区のモルゴン村にやってまいりました。

まずは、ナチュールよりお届けいたします。


先週の土曜から収穫がスタートし、来週に収穫のピークを迎えます。
マダム曰く、2018年は濃縮感がある甘みたっぷりのぶどうが出来上がっているそうです。

ぶどうを食べてみると、本当に甘みがしっかりして驚きました。
また甘みだけでなく、非常にバランスの良い酸味もありました。

マダムも果実の力強さや骨格もありながら、繊細さも併せ持つエレガントなワインに仕上がるだろうと仰っていました。

ワインの仕上がりが楽しみで仕方ありません。


続いては、同じくモルゴン村のペールギヨにやってきました。

毎年美味しいボジョレー・ヌーヴォーを造ってくれるペールギヨのローランさん。


このモルゴン村で、毎年一番収穫が遅いペールギヨは、美味しいワインを造る為、徹底してぶどうの完熟にこだわります。
ここのところ晴天が続き、いまのところ9月の中旬ごろにぶどうを収穫する予定だそうです。

近隣ではすでにぶどうの収穫が始まっており、その完熟ぶどうへの徹底ぶりがうかがえました。

そして、そんなペールギヨのローランさんには、今年初めてのロゼ・ヌーヴォーや樹齢100年を越える特級畑グランクラのぶどうを100%使用した特別なワインを仕込んでいただきます!

一部グランクラのぶどうを使用した昨年のボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーをテイスティングしましたが、さらに旨味が増していて驚きました。

さらに濃厚なワインに仕上がるであろうグランクラ100%のボジョレー・ヌーヴォーはお客様からもお問い合わせが殺到しています。
どうぞ仕上がりを楽しみにしていてください。

さて、これよりボジョレー最南端のシャテルスに向かいます。

20180814_sl_nouveau_taru2018.jpg

2018夏 フランス研修チーム

■今後のスケジュール

8月28日(火) 20時〜南フランス・第一日目「ラングドックのグランヴァンの秘密」

8月29日(水) 20時〜南フランス・第二日目「蔵直ワイン第一号蔵元の新発見!」

8月30日(木) 20時〜南フランス・第三日目「南フランスの出来栄えはいかに!?」

8月31日(金) 21時〜ボルドー地方・第一日目「ガレージワインの実力!」

9月1日(土) 21時〜ボルドー地方・第二日目「ボルドー地方の小さな巨人」

9月2日(日) 22時〜プロヴァンス地方「いざ修道士の島へ」

9月3日(月) 13時30分〜プロヴァンス地方「奇跡のヴァンダンジュ(収穫)」

※配信時間や蔵元の関係でスケジュールや内容が変更になる可能性もございます。

フランスに行って参ります!

今年のフランスは夏に入ってから、暖かいというよりは暑い日が続き、ぶどうの生育もいつもよりも早いところが多く、各地で収穫が行われています。

当店がぶどうの収穫時期にフランスを訪れるようになって15年近くになります。

毎年現地を訪問する目的はただ一つ、自分たちの目でぶどうの生育状態を確認することです。

20180826_01.jpg

もちろん、ワインは農産物である以上はその年の気候条件やぶどうの生育状態によって、ワインの出来は異なることがあります。

でも、当店が一緒に取り組んでいる蔵元たちは、毎年ワインの品質を上げるために絶え間ない努力とワイン造りへの情熱を持ってワインを造っています。

20180826_03.jpg

出会った時から現在に至るまでに、本当に品質が上がったなあと思う蔵元はたくさんいます。

訪問した時には、味わいに関する素直な感想やお店での実際のお客様の声などを蔵元にも伝えようにしています。

どうすればもっとお客様に楽しんでいただけるのか、感動していただけるのか、一緒に真剣に考えています。

とはいえ、美味しいワインを造るには、第一にぶどうの品質がとても大切です。

だからこそ、今年の作柄がとても気になりますよね。


これから皆さまの代弁者?となって、フランスへ行ってまいります!

ボジョレー地方から入り、南フランス地方を経由してボルドー地方、そしてプロヴァンス地方へ向かいます。

そして、今年は現地から生の情報をお伝えしたく、フェイスブックでライブ配信を予定しています!

とにかく、皆さまにはありのまま現地情報をお伝えすることができればと思っています。

20180814_sl_nouveau_taru2018.jpg

【主なスケジュール】
8月27日(月) 20時〜ボジョレー地方 「最高樹齢115年のぶどう畑から」

8月28日(火) 20時〜南フランス・第一日目「ラングドックのグランヴァンの秘密」

8月29日(水) 20時〜南フランス・第二日目「蔵直ワイン第一号蔵元の新発見!」

8月30日(木) 20時〜南フランス・第三日目「南フランスの出来栄えはいかに!?」

8月31日(金) 21時〜ボルドー地方・第一日目「ガレージワインの実力!」

9月1日(土) 21時〜ボルドー地方・第二日目「ボルドー地方の小さな巨人」

9月2日(日) 22時〜プロヴァンス地方「いざ修道士の島へ」

9月3日(月) 13時30分〜プロヴァンス地方「奇跡のヴァンダンジュ(収穫)」

※配信時間や蔵元の関係でスケジュールや内容が変更になる可能性もございます。


2018夏 フランス研修チーム

ヴィノス版パリテイスティング開催!

只今開催中の「ボルドー&ナパヴァレー銘醸ワインフェア」はお楽しみいただいておりますでしょうか?

 

20180825213819.jpg

 

特にナパ・ヴァレーは、今や誰もが認める銘醸ワイン産地ですが、そのカリフォルニアワインを語るうえで、切っても切り離せない関係にあるのが、「パリ・ティスティング」です。

これは1976年にアメリカの独立200年記念に企画された、フランスワインとアメリカワインのプラインド比較試飲対決です。

当時カリフリニアは全くの無名産地であり、ワインと言えばフランスの時代。
更に審査委員は全員フランス人で、例えばあのロマネコンティーを造るDRCのオーナーや、フランスのワイン法を定めるAOCの検査委員長など・・
圧倒的にフランスが有利な、言わば出来レースのようなイベントでしたが、蓋を開けてみると、ボルドーの格付けワインやブルゴーニュの銘醸ワインを抑え、赤ワイン・白ワイン・ともに1位に選ばれたのはなんとカリフォルニアワインでした。

 

20180825-2.jpg

この結果に逆上した審査員の一人が投票用紙を取り返そうとした逸話もあるほどです。

そして、この「事件」が一つのきっかけとなり、カリフォルニアやその他新大陸で造られるワインにも関心が向けられるようになりました。

 


そして本日はヴィノス版、パリテイスティング風(?)にナパとボルドーワインの飲み比べをイベントご参加の皆様にお楽しみいただきました。

 

20180828-3.jpg

 


ボルドーからは、昨日から店頭でお披露目しております「ユニ・メドック・リザーヴ2015」

 20180828-7.jpg

 

長年当店でもロングセラーの蔵元「ユニ・メドック」と交渉の末誕生したヴィノスやまざきのオリジナルワインで、新樽で12ヵ月での熟成を施し、どっしりとした渋みと力強い果実味が特徴でした。更にボルドーでは当たり年と言われる2015年ヴィンテージです。

 

お客様からは、「今も十分美味しいけど、熟成させてみたらどうなるか楽しみだね!」とのご感想を頂きました。

 

 

対するナパ・ヴァレーからは、銘醸ワイナリーのヘイヴンズが醸す

「ヘイヴンズ・ブラック・アンド・ブルー」

 

20180828-9.jpg

 

カルトワインと呼ばれる入手困難なワインの一つに「シネ・クア・ノン」というワインがあります。
そのシネ・クア・ノンが設立したときには、まだ醸造設備を所有しておらず、実はヘイヴンズの設備を間借りしてワインを造っていました。1992年にシネ・クア・ノンが初めて仕込んだ「ブラック&ブルー」は30万円の値段がつけられ、カルトワインとして華やかなデビューを飾っています。そしてかつての幻の大作を10年ぶりに復活させ、シネ・クア・ノンのデビュー10周年を祝して当時と同じコンセプトでリリースされたワインが、「ヘイヴンズ・ブラック・アンド・ブルー」なのです。現在のヘイブンズは、醸造所の場所も変わり、ワインメーカーも変わりましたが、当時の味わいを後世に引き継ぐべく、このワインを造っています。

お試し頂いたお客様からは「濃厚で飲みごたえ抜群!素直に美味しいです!」と嬉しいコメントも頂戴しました。


 


ヴィノス版パリテイスティング、どちらの産地のワインも甲乙つけ難い、生産者達の情熱が詰まった素晴らしいワインばかりです。

 

是非それぞれのワインを飲み比べて、ご自身の中でボルドーとナパヴァレーどちらのワインがお好みか、決めてみてください!

 

本日イベントにご参加できなかったお客様は、明日も一部店舗で試飲会を開催します。

是非お近くのイベント開催店舗にお越しください!!

 

20180828-6.jpg

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

コレド室町店 矢尾

ボルドーVSナパ?!新着ワインも到着!

本日より、ヴィノスやまざき新ワインフェアがスタートしました!

S__39354408_hosakaR_hosakaR.jpg

当店からのご案内はご覧いただきましたでしょうか。
※まだお手元にないお客様も、こちらのURLから電子チラシをご覧いただけます!


今回のフェアではこれからの本格ワインシーズンに向けて、ワインの世界でも特に人気の高い二つの地域の商品をご紹介させていただいております。
それはフランスワインの雄「ボルドー」と、新世界をけん引する「ナパ・ヴァレー」です!

1976年のパリテイスティング事件からの因縁の二つの地域ですが、当店ではどちらも売り上げの上位を占める大人気の産地。
20180617_01_hosakaR.jpg

本当はどちらか片方でも十分ワインフェアになるのでは...とも話し合ったのですが、どうせならお客様のお好みに合わせて検討してほしい!ということで二つの銘醸ワイン産地をご紹介するワインフェアを開催する運びとなりました。

そして、そのフェアに合わせ、蔵元と長期に渡り交渉し完成した新商品が入荷しております。

1535105786250_hosakaR.jpg

このワインは、当店でロングセラーの一つ「ユニメドック」に造っていただいたオリジナルワインです。
ユニメドックはボルドーの銘醸地メドック地区で180軒のぶどう農家に栽培指導を行い、そこで収穫された良質なぶどうを用いてワイン造りを行う「農協」の生産者。
もともとは、5大シャトーの醸造チームが普段使いに飲むワインという噂を聞きつけ出会った蔵元でした。
銘醸地において非常に高い品質のワインをお手頃な値段で造るということで、当店でも輸入開始以来、長くお客様に愛される一本です。

そんな当店人気蔵元の2015年というフランス・ボルドーの当たり年のぶどうを用いて作り上げたのがこの「ユニメドック・リザーヴ」です!
まるでボルドーの高級ワインのような芳醇な香りと、豊満な果実味、柔らかな口当たりをお楽しみいただけます。

実は、今週末ヴィノスやまざき各店舗で、こちらのユニメドック・リザーヴをお楽しみいただける試飲会を開催いたします。
美味しさの秘密・買付秘話をお話しさせていただきます!

ぜひ、この機会に新着ワインの味わいをお試しください!

ご予約はこちらから
ttl170325.jpg

保坂

あのオリーブオイルが遂に入荷!

最近、受注センターやお店をご利用されるお客様から、「あのオリーヴオイルありますか?」というお問い合わせをたくさんいただいております。

 

いろんなオリーブオイルを試したけど、やっぱりこのオリーブオイルが良かった。」というお声も多数あるほどの1本。年間生産量が少量のため、なかなか安定的に譲っていただくことができませんでしたが、この度少量のみ待望の入荷です!

 

20180822221517.jpg

「テラマター ペトラリア エクストラヴァージンオリーブオイル 500ml」

 

テラ・マターは当店でもロングセラーのワインを造り出す人気の生産者ですが、実は高品質なオリーブオイルの造り手としても注目の生産者です。

 

今から10年以上前、現地を初めて訪問した時はまだ実験的にオリーブオイルを造っているだけで、商品化には至っていませんでした。
 
しかし、その時から、とことんこだわって造っている様子を一生懸命説明してくれました。
 
 
20180822222739.jpg
 
 現地では高級品種と言われている「ラシーモ種」を手摘みで収穫し、
 
 
20180822223223.jpg

 

フレッシュさとフルーティさを表現できるよう、低温で遠心分離法で実を傷めることなく抽出します。

 

20180822230545.pngのサムネール画像

品種から栽培方法、収穫方法、抽出方法まで、こだわり抜いて造られたペトラリア。

今では、世界各国のオリーブオイルを取り上げる、イタリアのオリーヴオイルガイド誌「Flos Olei」で、号内高得点の98Pを2013年から6年連続で獲得(13年?17年は最高得点)しているほどのオリーブオイルになりました。

 

そして、本日、そのオリーブオイルがようやく入荷致しました!

20180822221802.jpg
 
ただいま倉庫では出荷作業中!まもなく店頭でもご案内できますので、どうぞお楽しみに!
 
WEBでは本日よりご注文を承っておりますので、是非ご利用ください。
 
 
今回も数量限定でのご案内となりますので、どうぞお早目に!
 
皆様のご連絡をお待ちしています。
 
 
加藤

今夜は肉フェス!

毎月恒例の夜のワインフェスタ。

今月はなんと、静岡県沼津市に本社のある米久株式会社様にもご協力いただき、様々なバリエーションのお肉とワインをお楽しみいただける「肉ワイン」フェスタを開催しております。


本日は、都内ではコレド室町店、そして関西では京都店で肉フェスを開催!

20180821_01.jpg

毎月異なるテーマで開催をしておりますが、今月のテーマが「夏の肉ワイン」とあって、京都店では40名の方にお集まりいただき開催となりました。

20180821_04.jpg

お肉にワインというと赤ワインをイメージされる方がほとんどだと思いますが、本日はスパークリングワイン1種類に白ワイン2種類、そして赤ワイン2種類をお楽しみいただきました。

ご参加いただいたお客様からは、
「塩気のある生ハムには、スパークリングワインの相性が良くで、すっきりシュワシュワで、後味が爽やかでした。」

「合鴨やラムのスパイシーな風味に、すっきりとした白ワインが相性良くで驚きました。」
といった声をいただき、
スパークリングワインや白ワインでもお肉との相性がよくなる!
と意外な組み合わせも体感していただきました。

20180821_03.jpg

そして、もちろん赤ワインとも相性も、
「脂身の多いローストポークには、すっきりとした赤ワイン良かったです。」
重厚感がある赤ワインには、旨味がしっかりしたローストビーフがいいですね。」とお声を頂きました。

お肉特集でお届けしている8月の「夜のワインフェスタ」。

まだお申し込みが可能な開催日もございますので、こちらをチェック!
b_event_information.jpg

ぜひご参加いただき、ワインの楽しさ&美味しさを体感いただければと思います。


深澤

PS:カリフォルニアワイン特集のイベントも開催します!
08080form_ttl.png

ヴィノスの夏もいよいよ終盤です!

ここ数日、秋らしい爽やかな天気が続き、猛暑だった今年の夏の終わりを少し感じています。

夏の風物詩の甲子園も明日が決勝。
今年は優勝候補の大阪桐蔭と、秋田県代表の金足農業高校が秋田県勢として第一回大会以来の決勝進出と、
100回記念大会らしく、盛り上がりを見せております。

ヴィノスやまざきの今年の夏は、7月のリッチランド来日イベントから解禁となった夏ヌーヴォーでスタートしました。
20180706_07.jpg

甘口と辛口の白ワインは、猛暑だった今年は特にご好評いただき、すでに多くのお店で完売。
また来年の到着が楽しみです。今からご予約を承りますよ!

また7月末には、カリフォルニアワインを集めたワインパーティを開催。
20180726_04.jpg

蔵直ワインだけでなく、銘醸ワインともいえる有名蔵元のワインも楽しめるという初めてのイベントは、
多くのお店の店長からも「ぜひ当店でも開催したい!」という声があつまり、只今各店舗で開催中です。
 
詳細はこちら▼
l_califrnia_wine.jpg

カリフォルニアワインも、これからはフランスのブルゴーニュのように地域や畑のテロワールが、もっと注目される時代がやってきます。

そして今、店舗で最終のご案内を行っている夏のワインが「ヴィノテテ」

S__17506348.jpg
当店の元祖夏ワインともいえる、微発泡の辛口の赤ワイン。
毎年、夏に一度だけ入荷するこのワインは、夏こそお肉で元気を!という時に、
冷やして美味しい赤ワインです。

毎年楽しみにされているあるお客さまからは

「今年は特にしっかりとした色合いと味わいで、赤ワイン好きには最高でした!」

という声もいただきましたが、
このヴィノテテも各店舗に並んでいる本数で今年の分が完売となります。

今年のヴィノスやまざきの夏は、たくさんのイベントとワインで盛りだくさんとなりましたが、間もなく終わりを迎えます。
ぜひ、まだ試していない方、もう一度リピートしたい!という方は、最後のヴィノスの夏を楽しみにお店に足をお運びください!

片山

ボジョレーの騎士誕生!

フランスの名も無き産地の、小さな蔵元のワインの輸入を始めたのが1994年。

「無名の産地でも、情熱を持った蔵元が造るおいしいワインをご提供する」を、ひたすらに貫いてきました。

その中での課題が「有名産地」。
有名産地のワインの中には、大量生産に走り、本当に「美味しい」と、思えないワインも出回り始め、このままでは初めてワインを飲んだ方がワインから離れてしまう・・と、危機感を覚えていました。

そんな時に出会ったのが、ボジョレー地区のモルゴン村で家族だけでワイン造りを行っていたギヨさん。

20180819_04.jpg

グランクラ(グランクリュ(特級)という意味)の畑に樹齢100年を超える古木も持ち、収穫量を徹底してさげて濃縮感あるワインを造っていました。

この人にボジョレーヌーヴォーを造ってほしい。
そんなお願いをして、毎年試行錯誤して、さらに完熟を待ち糖度をあげてバランスの良い味わいに仕上げてもらう・・等、ボジョレーヌーヴォーの品質向上に取り組んできました。

20180819_06.jpg

またボジョレー地区の最南端の、シャテルスさんという農家のワインは素晴らしいけれど、今一つ特徴にかけ、最後の味の調整も毎年現地に出向き、一緒に味の調合(アッサンブラージュ)を行う、という活動を続けています。

20180819_05.jpg

必ず収穫には立ち合い、最終瓶詰の前の味のチェックにもボジョレーを訪問する・・

そんな我々の活動を認めてくれたのが、ボジョレーのワイン委員会。
2009年に、なんと「ボジョレーの騎士」という称号を、いただくことになったのです。

20180819_02.jpg

なぜ、ヴィノスやまざきが??という質問に、委員会側は、「ボジョレーは大量生産のワイン産地だと思われているが、ヴィノスやまざきは、小さな農家の取り組みをしっかりと日本のお客様に伝えて、ボジョレー地区に多大な貢献をしたから」とのことでした。しかし、ワインは飲んで下さる方がいらして初めて価値があるもの。ブランド名に捉われず、小さな蔵の手造りワインを飲んで下さったお客様のおかげなのです。

20180819_01.jpg

ならば、お客様の代表者として、この賞を受賞しよう。と、決意し、ボジョレーの騎士を受賞させて頂くことになりました。
その時、受賞されていたのは、世界中からそうそうたる方々ばかり。
当然日本人で女性は私一人でした。
授賞式では、大きなバケツ並のボールに注がれたボジョレーワインを一気飲みしなくてはならず、アルコールがあまり強くない私は緊張の一瞬でしたが、思い切って一気飲みを、お客様の代わり?にさせて頂きました。

20180819_03.jpg

日本人女性ボジョレーの騎士の誕生の瞬間でした。

ギヨさんやシャテルスさんは、それからボジョレーの騎士にふさわしい、さらにおいしいヌーヴォーを造るぞ。と、さらに年々品質をあげて下さるようになりました。ラベルも騎士の受賞メダルを型どっったものです。

ぜひ、今年も、ボジョレー騎士のヌーヴォーをお楽しみ頂ければ幸いです。

20180814_sl_nouveau_taru2018.jpg


買付隊長 種本祐子

カリフォルニアテイスティングスタート!

昨日より、ヴィノスやまざきがセレクトしたカリフォルニアワインをお楽しみいただける、
カリフォルニアテイスティングが仙台店からスタートいたしました!

この試飲会は、先月開催したカリフォルニアワインパーティがお客様から非常に好評だったことから、

全国のお店の店長からも「ぜひ!当店でも開催したい!」という声からスタートいたしました。

仙台店では、オープン以来初めて20種類以上のワインをお楽しみいただけるということで、


本日の開催を大変楽しみにしてくださり予定よりも早く会場入りされたお客様や、
テーブルにずらっと並んたワインをみて興奮気味のお客様もいらっしゃいました。


憧れのワインを見て「これも飲めるんですか!すごい!!」と興奮ぎみに話しかけてくださる方の声を聞いて、
開催する側のわたしたちも、少し興奮ぎみにスタートしました!

201808181.jpg
店内はこの日のための特別レイアウトに。
お隣のお店の方も開催前から何が始まるのか気になって覗きにいらっしゃっていました。

お客様の中には普段から当社のカリフォルニアワインを愛飲してくださるかた、

ボルドーのワインをいつもご購入下さる方様々いらっしゃいましたが、
「今までフランスのワインが一番好きだったけど、今日でカリフォルニアのワインが一番好きになりました!」
という声までいただえkました。

201808182.jpg
片端から順に楽しまれたり、お目当てのワインスペシャルワインを見つけて楽しまれたりさまざま。

もともと1時間の予定でしたが、時間延長して館閉店ぎりぎりまで楽しんで満足していただけたかと思います。

店内で開催ということで、お気に入りのワインは参加者限定価格でその場でお持ち帰りできるのが、
仙台のお客様からもご好評いただきました。

明日開催のたまプラーザ店は18時からの会がキャンセル待ちとなっておりますが、15時からの会はまだご案内可能です。

またその他、一部キャンセル待ちでの受付会場も出てきておりますので、こちらのお申込フォームからご確認ください。
l_califrnia_wine.jpg

東京は昨日から少し秋らしい天気になってまいりました。ワインが美味しい季節にチアーズ!

鶴見

残暑に負けない自然&健康ワイン

お盆も終わり、本日からお仕事のお客様も多かったのではないでしょうか。

この夏は、記録的な猛暑日も多く、残暑もまだまだ続き、
みなさまお身体はお疲れではないですか?

今週末のワインフェスタでは、そんな夏にお疲れのみなさまに元気になっていただきたく、
「残暑に負けない!自然&健康ワインフェスタ」を開催いたします。

20180817.jpg

自然派ワインというと、
「ビオワイン」「無添加ワイン」「有機ワイン」など・・ 様々な定義がありますが、
実は、南アフリカワインは世界最先端の自然派ワイン王国だとご存知でしたでしょうか?

実は南アフリカワインの全てが、農薬をほとんど使わない保全農法でぶどう栽培を行い、
さらに自然環境を残すために、畑と同等以上の面積の自然保護地区を所有しないと
ワインを海外に輸出してはいけないという世界でも珍しい法律があります。

南アフリカ産のワインに必ず貼られているシール
20180817 (3).jpg
※「品質保証と持続可能シール」についているシリアル番号から、いつ瓶詰めしたロットかが確認できます。

しかも酸化防止剤の量もフランスや日本よりも厳しい基準値を設けています。


今週は、そんな南アフリカワインのこだわりや、
有機認証BIOGROを取得したニュージーランドの農家の自然派ワインをご紹介いたします。

20180817 (2).jpg
20180817 (1).jpg


そして、暑さに疲れた身体を癒していただきたく、

更にご予約いただいたお客様には、このソレイユ・スパークリングと、
純米大吟醸の酒粕を使用したあまざけを使用した、オリジナル健康カクテルも1杯プレゼント!

20180810_event.jpg

この残暑をワインとあまざけで元気に乗り切りましょう!
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。


三浦

いよいよカリフォルニア・ワイン・テイスティングが始まります!

お待たせいたしました!!
いよいよ明日17日(金)より、カリフォルニア・ワイン・テイスティングがスタート致します!!

08080form_ttl.png

先月、レストランなどの会場をお借りして、数十種類のカリフォルニアワインを用意したパーティーを開催いたしました。
S__11853848.jpg

各地で一回だけの開催となり、日程が合わずご来場頂けなかったお客様から再開催の要望を多数頂戴しました。
そこで今回は複数会場で複数日開催し、出来る限りお客様がご参加しやすいように致しました!!

ワインはもちろんカリフォルニアのみ。
例えば・・・。

カリフォルニアNO1ヴィンヤード(ぶどう畑)に今年選出されたパライソ・ヴィンヤード。先代オーナーと何回も話し合い完成した"ディアリッチ"のシャルドネやピノノワールも。

ナパヴァレーの中でも最近注目は、起伏の激しい山側斜面の畑。
有名ワイナリーのある場所より標高が高く、複雑味に富み、価格が高騰するナパの中でもさらに貴重なエリアです。
そこから出来たメリタージュ・リザーヴ数字シリーズ最新作も。

20種類以上あるので全てをご紹介する事は出来ませんが、100種類以上取扱いのある当店カリフォルニアワインの中から選りすぐりを集めました!

そんなカリフォルニア・ワイン・テイスティングは、まずは東北の仙台店よりスタート!
仙台店を皮切りに、北海道から関東各店舗、関西店舗とヴィノスやまざきのほとんどの店舗にて開催致します。
※一部店舗では10種飲み比べとなっております。

会場によっては既にキャンセル待ちの店舗も・・・。

しかも、今回はヴィノス初の東京事務所でもイベントを開催する事が決まっております。
目黒駅から徒歩7分ほど下った目黒川沿いにある当事務所ですが、コールセンターだけでなく、輸入や経理などヴィノスやまざきの各部署が集まっている事務所になります。

普段は海外からの生産者や、全国のデパートやスーパー、飲食店のご担当者様との商談にて使用しているバースペースを開放致します。

0818IMG_8091.jpg20180816200712.png

お電話を頂戴した時に対応する通販部のスタッフなども当日参加致します。
日頃より通販部をご利用のお客様もぜひご予約お待ちしております!

08080form_ttl.png

岩谷

私達がここまでボジョレー・ヌーヴォーに力を入れる理由

ボジョレー・ヌーヴォーはフランス・ボジョレー地区の新酒(ヌーヴォー)。

世界のどこよりも早く解禁日に新酒が飲めると、
30年位前から日本でもボジョレー・ヌーヴォーが普及し始め、
今は、クリスマスケーキやお節料理のように、季節を彩ってくれるワインとなりました。

20171116_04.jpg

ワインの魅力は語り尽くせないもので、健康のため、料理と楽しむため、
そして何より人と人とを繋ぐ飲み物として、ワインを楽しまれる方は増えてきました。

そして年に一度、収穫を祝ってその年の新酒を飲む・・というのは
季節感を大切にする私達日本人にとてもあっていると思うのです。

しかしながら、最近では、わざわざ「ワインの本当の美味しさを伝えられないから
ボジョレー・ヌーヴォーは扱いません。」と、表明するインポーターさんもいるそうです。

勿論、新酒より古酒の方が好き、年代物のほうが価値が高い、そういう嗜好もあるでしょう。

しかし、ワインの本当の美味しさは、若いか古いかではなく、
どれだけこだわって造っているか・・だと、私は30年のワイン人生を通じて学びました。

20171103_02.jpg

ヌーヴォーだから、大量生産で薄くて、不味くていい??と、思っている人達もいるかもしれません。

20171114_03.jpg

しかし、みんなが注目するヌーヴォーだからこそより多くの人がワインを楽しまれます。

ヌーヴォーが美味しくないと、ワインそのものから離れてしまう人がいることを知り、
私達は本気で、美味しいヌーボー造りを蔵元さんと長年に渡って取り組んでいます。

IMG_6679.jpg

現地にも収穫、醸造のタイミングに毎年現地を訪れ、徹底した完熟ぶどうの収穫も確認します。
より収穫量を減らし、より収穫の時期を遅くすることで、ぶどうの味は格段にあがります(解禁日に遅れるかも・・というリスクに毎年ひやひやですが・・)勿論、どこに畑があるか、十分な太陽を受けるために畑の手入れなどは、言うまでもありません。

20180815_01.jpg

そうして造られたヌーヴォーは、毎年、多くの方に「美味しい!これがヌーヴォーだとは思えない。」とか、「ワインが大好きになった。」と、嬉しい言葉を頂いています。

20171116_05.jpg

そして何より、解禁日のイベントで毎年お会いする仲間たちと「今年も元気でワインが飲めて本当に感謝だね。」と、笑いあえるひとときは、人生の至福の時間です。

ワインは、人を幸せにしてくれる飲み物です。
聖書にも登場してくる聖なる飲み物でもあります。ワインを批判しあったりすることは、本当に悲しいことだと思います。

私達の業界には、高級?と呼ばれる産地のワインしか扱わない、とか、熟成したワインしか認めない・・とか、偏った考え方を持つ人もいます。

でも、若いワインも、古いワインも、フランスも、新大陸も、情熱をこめて造っている農家のワインは、皆素晴らしいと思うのです。

どうか「ヌーヴォーなんて」というお考えをお持ちでしたら、今年はヴィノスやまざきが農家と造り上げたヌーヴォーを召し上がってみて下さい。

たぶん、そのお考えは根底から覆されると思います。

それだけ、私達は美味しいヌーヴォーに自信があります。
ヴィノスのヌーヴォーで、笑顔になって下さる方が今年も増えることを、心から祈って自信のボジョレー・ヌーヴォーをお届けいたします。

20180814_sl_nouveau_taru2018.jpg


買付隊長 種本祐子

お待たせいたしました。蔵直第一号白ワインが到着!

当社は、現在世界11か国から直輸入をしておりますが、全ては今から20年以上前にフランスの中でも田舎のラングドック地方からワインを直輸入したのが始まりです。

蔵直第一号ワインは、
「レゾ赤」の愛称でおなじみの「シャトー・レゾリュー赤ラベル」です。

20180205_01.jpg

過去に「ベスト・ラングドックワイン」の称号を得るなど、古木の凝縮ぶどうから丁寧に造った果実味と飲みごたえたっぷりのワインは、今でも人気のロングセラーです。

そして、直輸入第一号白ワインは、グールガゾーが造るシャルドネでした。

グールガゾーは、南フランスで初めて高級品種シャルドネを植え、のちに南フランスの主要品種になるまで広めたパイオニア的蔵元です。

20180205_03.jpg

創業者ピケさんのエスプリを受け継ぎ、南フランスのトップクラスの品質とコストパフォーマンスのワインを20年以上に渡り届けてくれる人気ワイナリーです。

そんなグールガゾーのラベルが一新し、当店と共同で造り出した新ブランドがこの「プティ・プロ」です。

20180814_01.jpg

先日のワインフェスタでは、再入荷した「プティプロ・シャルドネ樽熟成」をご紹介いたしました。

南フランスらしい豊かな果実味と樽熟成による芳醇な味わいをお楽しみいただけるこのワイン。

何より、ご参加者を驚かせていたのがこのワインの価格でした。

「この味わいで、この価格?」

同じフランスのシャルドネの銘醸地ブルゴーニュでは、ありえないお手頃プライスでお楽しみいただけます。

暑い夏、すっきりした白ワインもオススメですが、ちょっと濃いめのお料理には、深みのある白ワインがオススメです。

当店ロングセラー白ワインのコスパを是非お試しください。

20180814_header_webshop.jpg

深澤

ワインが奏でる神秘の歌声

先日のワインフェスタでご紹介した「インカント」

20180813_01.jpg

アンドレア・ボチェッリ氏のファンの方がワインフェスタにご参加されており、
「いつか飲んでみたかった憧れのワイン」とおっしゃっていました。

ボチェッリ家は、「神の声」との呼び名も高い世界的テノール歌手、アンドレア・ボチェッリ氏の祖父アルチーデ・ボチェッリ氏が1881年に創設して以来、130年以上に渡りイタリア・トスカーナ地方で伝統的なイタリアワインを造っています。

アンドレア氏が歌手で有名になるずっと以前から、秀逸なワインを造る蔵元として知られていました。
そのため、家族の造るワインは彼の歌声にとても重要な要素の一つであり、歌と同じくらいにワインを愛しているそうです。

20180813_03.png

ワインの醸造は兄弟のアルベルト・ボチェッリが担当するも、アンドレア自身も必ずワインのチェックを行うなど、家族全員で支えるボチェッリ家。

アンドレア氏が2008年にリリースしたアルバムの名前にちなんだ「インカント」は、
イタリアでは珍しい高級品種カベルネ・ソーヴィニョンを100%使用し仕込む特別なワインです。

20180813_02.jpg

フレンチオークで18ヶ月熟成後、さらに瓶にいれてから12か月熟成させるほどこだわって造るこのワインは、過去にサクラアワードで最高評価のダイヤモンド・トロフィーを獲得しています。

力強さもありながら、奥深さがあり、繊細な味わい...
ただいま、テイスティングバーでオンリストしています。
ワインが奏でる神秘の歌声をお楽しみください。


深澤

美味しく健康に乾杯!

夏バテ予防にピッタリな酒かすの甘酒。
もっと自由に甘酒を楽しんでもらえないかと、実は以前より甘酒スムージーの試作が繰り返されておりました。

納得いくものを何度も何度も繰り返し作りましたがなかなか上手くいかない。
シャリシャリした氷と水分だけになってしまったり、固まりすぎたり凍らず水っぽくなってしまったり・・・。

S__54075394.jpg

失敗を繰り返しました・・・

何度も繰り返し作る日々が続きましたが、そんな甘酒スムージーがようやく完成しました!

S__11763715.jpg

純米大吟醸の酒かすを使用しているのはもちろん、そこにヨーグルトとフルーツをプラス。

ビタミンB群やミネラルが豊富で、夏バテ予防や美肌効果も期待される酒かすの甘酒に、ブラッドオレンジに含まれる豊富なビタミンCと、腸内環境を整えるヨーグルトの乳酸菌が加わり、さらに健康的で、さらに美味しくなった甘酒スムージーです!!

もちろんグラニュー糖や上白糖は不使用ですので、自然な甘さをお楽しみください!

スムージーは有楽町店限定ドリンクですが、


岩谷

酒粕あまざけが「オイシイ」理由とは

手土産にあまざけが喜ばれています。



この静岡県の有名蔵元の純米大吟醸酒粕を使用したあまざけ

香りがよくて、すっきりしていて、冷やして美味しいだけではく、

身体にも、美容にも「オイシイ」あまざけです!


201808111.jpg


酒粕には、お肌のシミの元となる成分の働きを防ぐ効果や、油を排泄してくれる働きがあると言われており、ダイエット効果も期待されています。


また、あまざけのボトルをよくみていただくとほんの少し色がついています。

これは砂糖をつかわず、ビタミンBとミネラルが豊富なきび糖とカロリーゼロの希少糖を使用して、ヘルシーでありながら疲労回復にも!


さらに眠る前に飲んでいただくと睡眠を促す効果もあるので、ストレスを軽減してくれますよ!


ぜひ、今年の夏の帰省の手土産にご利用ください!


片山

明日のワインフェスタは・・・

今週末のヴィノスやまざきワインフェスタでは、記録的なこの暑さをワインで元気で乗り切っていただけるようワインをセレクトしました!

201808101.jpg

いま、フランスを中心に、白ワインよりもロゼワインを飲む人が増えてきており、現地で大人気の夏のロゼワインの楽しみ方なども紹介いたします。

さらに、久しぶりにお客様にご紹介できるのを楽しみにしていた再入荷の南フランスの白ワインも登場します!

蔵元との交渉のすえに特別価格が実現したスーパートスカーナ「タラブーソ」ですが、販売開始後、瞬く間に完売してしまいました。

このワインを楽しみにご来店いただいたり、お問い合わせいただいた多くのお客様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

なんとか替わりのワインをご用意できないか検討した結果、同じトスカーナの「ボチェッリ・インカント」を特別にご用意させていただくことができました。

S__18268162.jpg

この「インカント」フレンチオークで18ヶ月熟成後、さらに瓶にいれてから12か月熟成させるほどこだわって造るこのワインは、年間僅か数百ケースしか造られない、ボチェッリ家の特別な1本です。

明日のワインフェスタにご予約いただいた方だけに、特別にテイスティングを1杯サービスさせていただきます。

ぜひお近くのお店のワインフェスタにご参加ください!

20180810_event.jpg

片山

ヴィノスのペアリング会

昨日からヴィノスやまざきの8月のワインサークル活動が始まりました。


毎月紹介させていただいている、新静岡セノバ5Fで開催の朝日カルチャーのワインセミナーでは、
20180809213044.jpg20180809213103.jpg
いつもと違う、お肉の盛り合わせに参加者もテンションアップ!
テーマは「夏の肉ワインパーティ」

合鴨や生ハム、ローストポーク、ローストラム、さらにローストビーフの5種類のタイプの違うお肉との食べ比べをお楽しみいただきました。

20180809213259.jpgS__25993222.jpg
本日は、武蔵小杉店の立食ワイン会を開催。
いつにも増して、たくさんのお客様が集合!

お客様からは、
「スパークリングワインでも生ハムや合鴨と相性がよかったです!」
「白ワインがポークと相性がよい。すっきりした赤ワインでも香りの強いラムと抜群でした!」
といった声をいただき、
スパークリングワインや白ワインでもお肉との相性がよくなる!
と意外な組み合わせも体感していただきました。


そして、先日のブログで紹介させていただいたあとに、あっという間に満席(定員オーバーでしたが)となった、
新宿店で初めて開催したワインとスパイスのワイン会。
201808094.jpg20180809213912.jpg

新宿ルミネの会ということもあり、若い女性のお客様中心にお集まりいただき、
専門家の方から山椒やカルダモンといったスパイスをワインにブレンドしたオリジナルカクテルをお食事と一緒にお楽しみいただきました。

「アップルパイとディアリッチ白が最高でした!」
「ワインに山椒が爽やかになって新しい発見!」
「赤ワインが美味しかった!」

ワインの楽しみ方は飲み手の自由。
ワインの味わいをしっかりテイスティングして、勉強するのも大切ですが、
お肉やスパイスの組みあわせという新しい楽しみ方を知っていただき、より身近に感じてもらったことで、
新しいワインファンが生まれています。

来週も渋谷店、再来週は有楽町店・室町店だけでなく、関西の2店舗など全国のヴィノスやまざきのワインサークルでお楽しみいただけますので、
ぜひ、まだ参加されたことが無い方はお気軽にご参加ください!お申込はコチラから
b_event_information.jpg


片山

カラダも嬉しい夏のカクテル

ヴィノスやまざき各店では、ワインとフルーツを使ったカクテルなどを、普段とは一味違ったワインの愉しみ方をご紹介しています。

20180722_02.jpg 20180722_01.jpg

そして、お客様の口コミで話題になっている"あるカクテル"を本日はご紹介いたします。

ご用意するものは、純米大吟醸の酒粕から造る"蔵のあまざけ"

20180808_01.jpg

こちらをグラスに注ぎます。

20180808_02.jpg

そのあとに、当店コスパNo.1のスパークリングワイン
"パラウ・カバ・ブリュット"をあまざけと同量注ぐ・・・


以上!

なんとも、簡単なカクテル"甘酒スパークリング"がただいま京都店で話題となっています。

以前のスタッフダイアリーでご紹介後、女性のお客様から飲みやすくて甘酒スパークリングにはまっているっとお声を頂き、
あまざけのご試飲の際に、お試しいただいています。

飲む点滴と言われる酒粕のあまざけは、夏バテ予防だけでなく、美肌効果やダイエット効果などカラダも喜ぶ効果も!

アルコールも控えめなので、アルコールが苦手な方で飲みやすい夏のカクテルです。

20180808_03.jpg

そのまま飲んでも美味しい蔵のあまざけをこの夏はスパークリングワインで割ってお試しください。

飲みやすいからと言って、飲み過ぎにはご注意ください!


深澤

8月のヴィノスは店内ワインイベントが盛りだくさん!

まもなく、ヴィノスやまざき8月のワインセミナーがスタートいたします。
ヴィノスのワインセミナーは、一般的なワインセミナーと異なり、
ワインの楽しみ方を様々な角度でご提案させていただいております。
S__58793992.jpg
内容は毎月異なりますが、「セミナー」というよりもワインを囲んだサークル活動に近いかもしれません。
この会で知り合った人同士が、気づけばお店で仲間のようになっていることも。

今月のテーマは「夏の肉ワインパーティ」
静岡県沼津市に本社のある米久株式会社様にもご協力いただき、様々なタイプのお肉をご用意させていただいております。

白ワインや赤ワインにあわせて、ペアリングをお楽しみいただきながら、
最も相性のよい組みあわせをみんなでワイワイと選んでいただきます。

b_event_information.jpg

さらに、今月は普段はイベントを開催していない店舗も、近隣のショップとコラボしてワイン会を開催いたします。

例えば、新宿店では、お隣のザ・パイホールさんと初めてワイン会を8月9日に開催いたします。
201808071.jpg
普段ルミネでお買い物を楽しんでいるお客様に、ワインを気軽に楽しんでもらいたいと
パイホールさんのお食事とパイとワインをあわせてお楽しみいただく会です。

しかも、今回はルミネさんにスパイスの専門家を紹介していただき、
ワインをテイスティングするだけでなく、スパイスを使用したオリジナルカクテルをその場で手造り。

20180807184848.jpg
打ち合わせや様々な試作品の試飲を行い完成させました。

スパイスとワインで健康や美容についても学べます。

今月は、カリフォルニアテイスティングや各ワイン会など、ヴィノスの店内イベントが熱い!
もちろん、店内はワインにあわせて空調を24時間効かせていますので、涼みに来ていただくだけでもホッとします。

お近くのヴィノスやまざきへどうぞお越しください。

片山

夏のカリフォルニア・ワイン・テイスティング開催決定!!

先月、カリフォルニアワインパーティーを開催致しました。
注目産地ナパだけでなく、モントレーやソノマなどカリフォルニア各地のワインを数十種類集め、素敵なお料理と共にお楽しみ頂いた夏の祭典です。

080820180726_04-thumb-400x299-75618.jpg 080820180726_03-thumb-400x534-75616.jpg

そして、お客様よりこんなお声も頂戴しました。
「楽しかったから、またやって欲しい!」
「日程が合わず、見送ってしまった。。。」
「ワインが全て飲めなかった」

そんな中、店長たちよりもう一度開催出来ないかと話し合いました。
今度は大きなパーティー会場でなく、普段皆様がお越し頂いている店舗で、しかも複数店舗で複数回開催をする事で、出来る限り皆様がご参加出来ないかと...。

そして企画が上がったのが今回の「夏のカリフォルニア・ワイン・テイスティング」です。
08080form_ttl.png

まるでワイナリーのテイスティングルームのように、気軽に楽しくお試しになれるイベントです。

さらに今回はヴィノス史上初、【ヴィノスやまざき東京事務所】にても開催します。
実は弊社東京事務所は、WEB通販や輸入部といった部署のある部屋の隣にテイスティングが出来るカウンターを用意しているのです。
普段は、全国のパートナーシップの百貨店様や専門店様、飲食店様のご担当者様とテイスティングを行ったり、海外の生産者との商談に使用しているのですが、今回は一般のお客様へも開放する事になりました。

0808p03.jpg

普段店頭に出なく声だけの対応となっていました通販の担当者なども対応させて頂くかもしれません。

20種類以上のカリフォルニアワインをご用意します。
この日だけの銘醸ワインも登場するかも・・・。

以前同様、いやそれ以上にパワーアップしたイベントにしようと日々考えております。
ぜひ、イベントで皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。

08080form_ttl.png

岩谷

WEBで楽しむイタリアワイン!

ただいま、ヴィノスやまざきでは、夏のイタリアワインフェアを開催中です。


20180802191220.jpg

各店舗では、週末恒例の試飲イベント「ワインフェスタ」もイタリアワイン特集でお届けしておりますが、

「いま帰省中で...」、「遠方でなかなか店舗に行くことが出来ない」というお客様にもイタリアワインをお楽しみいただきたく、WEB限定でワインセットをご用意させていただきました!


注目は・・・

20180805_3.jpg


販売開始と共に爆発的な売上を記録している元祖「夏ワイン」の微発泡赤!

北イタリアでは伝統的に夏だけでなく一年中、地元の人に楽しまれておりますが、生産量に限りがあり、通年供給してもらうことが難しいため、このワインが一番美味しい時期だけ、年に一度のみオリジナルワインとしてわけていただいております。

ヴィノテテを造るタッキーノのオーナー、ロミーナさんからも、


「果実味と酸のバランスがよく、爽快な味わい!このワインを飲んで、イタリアの夏を感じてください!」とのメッセージをいただきました。


★アッルーガ 2004

イタリア厳格評価誌「ガンベロロッソ」にて年間赤ワインNo.1にも輝いた実績を誇るスーパーワイン!


イタリアのサルデーニャ島の更に先端にある、「サンタンティオコ島」という秘境で造られます。

海沿いの畑では特別な土壌が広がり、島特有の風味のワインを造り出しています。さらにぶどうの病害もイタリア本島から来なかった為、なんと100年を軽く超え、150年の樹齢のぶどうまで存在しているとのこと。もちろん、この超古木はアッルーガに使われています。

14年熟成の古酒は極々僅かのみの限定品。円熟されたワインの旨みをお楽しみください。



サシカイアやオルネライアなどの高級ワインを造り出す産地として世界的に有名なイタリア・トスカーナ州のボルゲリ村。この地でヴィノスの大人気ワインを造る生産者がマルケサート農園です。


オーナーのマウリッツィオさんは、日本のお客さまが求める味わいは何か?、ということを真摯に受け止め、何度も日本に訪れ、お客さまのご意見に耳を傾けてきました。

その結界、今ではマウリツィオさんのワインは、今までとは全く違う、トスカーナでもトップクラスと言っても過言ではないほど美味しいワインに変貌を遂げています。

赤ワインが有名なこの地にて、上質な白ワインを突き詰めた傑作は、亡き祖父パペオへのオマージュ!

華やかな香りとボリューム感に圧倒されます!


などなど、イタリア各地のプレミアムワインがお楽しみいただけるセットとなっております。
限定数のご案内となりますので、お早めにお求めください!

夏のイタリアワインフェアはWEBからもお求めいただけます。
是非この機会にお試しください!


井山

たくさんの誘惑が!

今週末は各地で夏祭りが開催されていますね。

浴衣でご来店されるお客様も多く、、花火を見ながら楽しむワインお探しの方も。


ヴィノスの夏もまだまだこれから!

ただいま、夏のイタリアワインフェアを開催中です。

そして、大変お得なイタリアワイン3本入りお楽しみ福袋も限定でご用意しております。

20180804_01.jpg

なんと、イタリアワインの王様バローロや、フランチャコルタなど銘醸ワインが必ず1本入ったイタリアワイン3本入りお楽しみ袋。
数に限りがございますのでぜひお見逃しなく。


週末恒例の試飲イベント"ワインフェスタ"もイタリア特集でお届け!

20180804_03.jpg

暑い夏にピッタリのドサージュ(補糖)ゼロでキリッと辛口の「フランチャコルタ・ドサージュゼロ」に、
厳格なイタリアのワイン評価誌でNo.1に輝いた蔵元が造る爽やかな「テッレ・フェニーチェ・ヴェルメンティーノ」
世界的に有名なテノール歌手アンドレア・ボチェッリ氏のご実家で造られる評価誌でも高い評価を獲得する「ボチェッリ・ロッソ」をお楽しみいただきました。

こんなイタリアワインにピッタリの限定おつまみも入荷しましたよ!

20180804_02.jpg


前回の入荷時からお問い合わせの多かった"幻のチーズ"も限定入荷です。

20180804_04.jpg

鮮度が命のためイタリア以外ではめったに食べることができないモッツァレラで生クリームを包み込んだ"ブッラータ"。
生産量も少ないため、今回各店数個のご用意となり、早期完売が予想されます。

お客様から誘惑がたくさんあって困る!っとお声を頂きますが、美味しいワインにおつまみご用意してます!

この暑い夏を美味しく愉しくお楽しみください!


深澤

残り僅かです・・・

記録的な猛暑日が続いており、体調管理も例年以上に気を付けねば、と思う今日この頃・・・

健康について少し真面目に考えていたところ、先日とある雑誌でこんな記事を目にしました。

 

「熱中症から守るのはどっち?」という特集の中で、

【あえて飲むなら生ビールかワインか】の疑問に、専門家の方が答えていました。

          20180803.jpg

それによると、「冷たいビールは体を冷やすので、その場は良くても後で体が熱くなる。飲むなら、常温の赤ワインでしょうか。」とのことでした。

 

もちろん常温と言っても今なら少し冷やした方がよいですが、これでワイン好きとしては夏にワインを飲む理由が一つ増えたような気がします。


そんなワインを楽しむこじつけ(?)ができたところで、今週の週末ワインイベントに是非お試し頂きたい、特別な赤ワインが登場します。

イベントのテーマは、今各店でご好評頂いております「イタリアワイン特集」。

 

20180803-.jpg

 

その中でも、暑い夏だからこそ是非味わっていただきたいおすすめのワインをご用意しました。

 

20180803-1.jpg


瓶内二次発酵のイタリア高級スパークリングから始まり、軽く冷やして美味しい赤ワイン、

そして目玉には先日のブログでもご紹介しました「タラブーソ2014」が登場します。

 

20180803-2.jpg

 

過去のヴィンテージでは、タラブーソと同地区で造られる高級ワイン「サッシカイア」(2万円)を上回る評価を獲得したことも。

 

ただ、あまりの人気のため早くも倉庫在庫が完売し、残りは各店の店内在庫のみに・・・

今味わっても十分美味しいですが、向こう5年・10年とまだまだ長期の熟成にも耐えられるポテンシャルを秘めています。

店内在庫のある内に、絶対にまとめ買いがおすすめです!

 


と、ここまでご紹介しておきながら、実は誰でもこのタラブーソを味わえるわけではありません・・・

こちらのフォームからご予約頂いた方にのみ、振る舞わせていただきます。

 

20180803-5.jpg

 

相性抜群のイタリアチーズと合わせて、ご紹介します!週末は是非お近くのヴィノスやまざきへお越しください!

皆様のご来店お待ちしています。

 

コレド室町店 矢尾

イタリアワインで弾けてサルーテ!

ヴィノスやまざきでは、今イタリアワインが熱い!!

S__17506348.jpg
今年の猛暑の後押しもあり、先日届いたばかりのヴィノスの元祖夏ワイン「ヴィノテテ」も入荷後1週間で、
残り僅かとなってきております。

特に今年の仕上がりは例年以上に色合いやタンニンがしっかりしているので、
氷を入れて楽しんでもさらにスッキリ楽しめます。

シュワシュとした心地よい赤い泡を今年の夏のワインにぜひ、お試しください。

さらに、店頭ではイタリアワイン福袋を販売中です。
20180802191220.jpg
なんと、イタリアワインの王様バローロや、フランチャコルタなど銘醸ワインが必ず入った3本セット。
正直、お買い得です!

ご用意できる数に限りがあるため、ぜひお近くのヴィノスやまざきのお店へお急ぎください!
遠方の方もご安心ください!当店WEBショップでも販売中です!
20180727_02-thumb-400x299-75623.jpg
ただいま開催中のイタリアワインフェアのワインも一部完売のワインもでてきております。

イタリアワインは食事と相性のよいワインがほとんど。
美味しい食事とイタリアワインで、今年の夏を乗り切りましょう!


片山

とびきり美味しい白が飲みたいときに

お待たせしてしまい、申し訳ございません・・・
ひさびさに、こちらのワインが再入荷いたしました!
先週末からスタートしたワインフェアでもご案内中です。
 
20180801 (4).jpg
 
 
当店の南アフリカワインを代表する一本。
『日経プラス1』のランキングで一位を獲得した際には、たった一日で完売。
南アフリカの評価誌『プラッターズ・ガイド』でも満点の5つ星の常連、英デキャンタ誌でも「30ポンド以下のベスト30ニューワールドワイン」に選ばれるなど、国内外で高い評価を獲得しています。
 
20180801 (3).jpg
 
作り手のボーモン・ファミリー・ワインズは、南アフリカのボット・リヴァー地区にある、小さな家族経営の蔵元。
海から約10kmと近く、冷たい海風が吹くことで、南アフリカの中でも特に冷涼な産地で、とくに白ぶどうのシュナン・ブランを得意としています。
 
20180801 (1).jpg
 
オーナーであり醸造家でもあるセバスチャンが、ぶどうの栽培から、ワインの醸造、そして販売まで、全てを手がけています。
 
「自分たちのワインを置いてくれているレストランへ行ったら、実際にワインをサービスするウェイターたちと話をするんだ。お客様の声が知りたいし、自分たちのワインのストーリーも伝えられるからね。」と話していたセバスチャン。
お客様の声を大切にしながら、「より美味しいワインを造りたい」と日々ワイン造りに情熱を傾けています。
 
20180801 (2).jpg
 
フラッグシップワインの「ホープ・マルゲリート」は、1974年に植えられた樹齢40年以上の古木のシュナン・ブランを中心に使用。樽発酵、樽熟成して造られます。
ワインが大好きだった祖母の名前にちなんで名付けられました。
 
アプリコットやピーチ、パイナップル、はちみつのような、香り豊かで華やかな一本。
最新の2017年ヴィンテージは、リリースされて間もないこともあり、フレッシュさも感じられるので、この暑い季節ににもぴったりの味わいです。
 

 
ぜひ店頭にあるうちに、お早めに!
 
本島