ヴィノスダイアリー

2018年7月アーカイブ

この夏、注目の赤はこちら!

夏はやっぱりスパークリングワイン! というイメージもありますが、実は、夏でも濃厚ワインをお探しのお声はよくいただきます。風味豊かでしっかりとした骨格のある赤ワインは、季節問わずおすすめです。

 

先週末からスタートした夏のイタリアワインフェアー、この中にも注目の濃厚赤をご用意いたしました。

 

S__13811714.jpg

タラブーソ 2014

 

20180731205022.jpg

サッシカイア等、「世界に誇るスーパートスカーナ」を生み出す産地として知られる銘醸地"ボルゲリ地区"。

マルケサートが所有する畑は、1954年に現オーナーのマウリッツィオさんの祖父エミリオさんが、ボルゲリの大地主マリオ・インチーザ・デッラ・ロケッタ侯爵から買い受けた区画。あのサッシカイアで有名な「サングイードぶどう園」の区画でもあり、サッシカイアが産み出されていたかもしれない畑。

 

marchesato011-thumb-400x364-68977.jpg

 

そのボルゲリのカベルネ・ソーヴィニヨンを使用し醸されるワインが、タラブーソ。過去には、サッシカイアを超える評価を獲得したことがある、マルケサートが手掛ける渾身の1本です。

 

20180731204748.jpg 

 

昨今では日々各国の輸入元から問い合わせが来ているというマルケサート。

しかし、オーナーのマウリツィオ氏は、「ここまで評価されるようになったのは、日本に行ってお客様と接することで、何が求められているのかを知ることができたからなんだ。」と語ります。

 

マルケサートとの取り組みがスタートして10年以上になりますが、来日の度に店頭試飲やイベントを通じて多くのお客様からお声をいただいていました。その取り組みが、マルケサートのワインの品質向上につながったとのこと。

 

そんなマウリツィオ氏から、「少しでも多くの方に自分たちのワインを飲んで欲しい」と、タラブーソの新ヴィンテージ 2014年を、特別価格で分けていただくことができました。

 

20180731210746.png

この2014年は、カベルネ・ソーヴィニヨン種の国際コンクールでも見事金賞を獲得した、蔵元の自信作!

フェアー開始してま4日目ですが、早くも在庫わずかとなっています。

 

20180731203458.jpg

ご注文はこちら!

 

ぜひお早めにお求めください!

 

加藤

猛暑の今年は、とりあえず「スパークリング」!

あの猛暑からクールダウンしたと思ったら、また暑さが戻ってきました。

これだけ暑いと、やはりシュワシュワっといきたくなります。

日本では、「とりあえずビール」が定番ですが、暑い暑い日本の夏には、スパークリングワインで喉を潤すのも粋ですね。


20180730_02.jpg


ここ数年、ワイン生産量は悪天候の影響などから減少する年も多い中、世界全体の消費量は横ばい状態です。

そんな中、生産量・貿易量ともに堅実に伸びているのが、スパークリングワインです。

温暖化の影響もあるのかもしれません。

世界的にシュワシュワしたい人が増えているようです。

そういえば、日本でも少し前までは、クリスマスなど年末年始などのパーティで楽しむものとのイメージでしたが、最近はレストランでグラスで飲めたり、家飲みだったり、そして野外でも...気軽に楽しむシーンが増えました。


まだまだ続きそうな暑い夏、ぜひ泡を楽しんで少しでも爽やかに過ごしていただこうと!

ただいま、「ヴィノス 夏の泡祭り!」を開催中です。


20180730_03.jpg


シャルドネの名手が手掛ける爽快シャンパーニュが再入荷!

日本のお客様のために特別に仕込んでいただいたシャトーが造る稀少スパークリングは早くも在庫が僅かに...。


そして、毎月お問い合わせを頂いているワインバスケットに、スパークリングセットが登場!


20180730_01.jpg


王道のフランスやイタリア、飲みやすいチリやオーストラリア、そして、ロゼも入った6本セット!

気になるお値段はこちら!!

▼スパークリングワインワイン6本バスケット

限定200セットの為、完売必至。

ぜひお早めにお求めください。


深澤


オンラインショップでは24時間ご注文受付中です。

20180730_header_webshop.jpg

夏のワインの愉しみ方♪

そのまま飲んでも美味しいワインですが、ひと手間加えてさらに美味しく愉しく!

ただいまヴィノス各店では、ワインとフルーツを使ったカクテルをテイスティングバーでご紹介中です。

20180729_03.jpg

ワインを使ったカクテルは様々なものがありますが、一番身近なものは「サングリア」ではないでしょうか?

ワインが飲めるレストランのメニューに、サングリアの名前をよく目にします。

サングリアは、スペインの代表的なカクテル。
スペインでは、飲食店だけでなく、家庭でもサングリアがよくつくられていて、国民酒ともいわれています。

スペインのサングリアはとてもシンプルで、赤ワインをベースとし、レモンやオレンジなどの柑橘系の果汁を混ぜ、ブランデーやスパイスなどで風味付けをしてつくられる場合が多いです。

ちなみに、この「サングリア」という呼び方の由来をご存じですか?
サングリアという言葉は、スペイン語の「Sangre (サングレ)」が語源なんですが、実はこの言葉、「血」という意味なんです。
赤ワインの色が真っ赤であることから、そのような由来となっています。

りんごやバナナ、オレンジなど、手軽に手に入るフルーツを使った赤ワインのサングリア。
砂糖を少し加えることで、赤ワインの渋みが和らげるため、砂糖などシロップを使用することも。

ですが、このワインでしたら砂糖は不要ですね。

20180729_01.jpg

ぶどう本来の甘みを残した低アルコールで甘口の赤ワイン。

カットしたフルーツをソレイユ・キュヴェ・ユウコ・プレステージに漬け込むだけで簡単サングリアが出来上がります。
お好みのフルーツで、自分好みのサングリアをお試しください。

そして、夏にぜひお試しいただきたいこのワインの愉しみ方がこちら!

20180729_02.jpg


作り方はとっても簡単。

ワインをパットに入れて凍らせるだけで出来上がり!

シンプルに美味しいです。
これにソレイユ・キュヴェ・ユウコ・プレステージを足して飲んでもいいですね。

20180721_03.jpg

某テレビショッピングで話題のソレイユ・キュヴェ・ユウコ・プレステージをただいま限定販売中。
冷やしてそのまま飲んでも美味しいですが、ひと手間加えてさらに美味しく愉しんでください。


深澤

元祖「夏ワイン」と呼ばれるシュワシュワな辛口赤が入荷!

本日は台風12号の影響により一部店舗では短縮営業となり、ご迷惑をおかけいたしました。

そんななか、「台風が上陸する前に、予約していたワイン取りに来たよ!」と
午前中から足をお運びいただいたお客様、どうもありがとうございます!

本日から毎月の頒布会、蔵直ワインクラブの引き渡しに併せて、
イタリアから夏限定の微発泡の辛口の赤ワイン、「ヴィノテテ」が到着しております!

S__17506348.jpg

夏にワインを楽しんでもらいたい!と大人気の夏ヌーヴォーが販売される前から、
ヴィノスの夏の風物詩として、長年当店のお客様に楽しみにされている方の多い知る人ぞ知る、元祖「夏ワイン」です。
店舗によっては、今年の入荷が口コミで広がり、100本近く予約が集まったお店もあるほど。

日本では、まだ珍しい「辛口で微発泡で赤ワイン」ですが、
実は、北イタリアでは伝統的に夏だけでなく一年中、地元の人に楽しまれております。

生産量に限りがあり、通年供給してもらうことが難しいため、
このワインが一番美味しい時期だけ、年に一度のみオリジナルワインとしてわけていただいております。
S__17506352.jpg
ただいま、ヴィノスやまざき各店では店頭でヴィノテテや夏ヌーヴォーをご来店いただいたお客様に振舞っております。

夏の暑さに疲れたときや、ジメジメした湿気を少しでも楽にしたいときには、ヴィノスやまざきのお店にお立ち寄りください。

関西では本日が夏のカリフォルニアワインパーティを店内で開催。

S__41582601.jpg
「普段は店頭に並ばないワインを店内で楽しめたから、味わいの違いがよくわかりました!」
「気に入ったワインをすぐ買って帰れるから、お店のイベントもいいね」
といった声をいただき、
今日は、限定ワインが京都店のお客様に人気になるかな?とも思いましたが、


DF8430D8-49CB-41AD-8AD8-437C202A9ADB.jpg

今回のワインパーティでは、名実ともにカリフォルニアを代表するワイナリーの銘醸ワインから、
ワイナリーの名前のないワインまで、幅広い個性のカリフォルニアワインをお楽しみいただきました。

本日人気だった直輸入のメリタージュ・リザーヴというワインは、当店だけの力だけでなく、このワインを造ってくれているワイナリー、そしてそのぶどうを造ってくれているヴィンヤードたちの協力がなければ、お客様にお届けすることができないワインです。
さらには、今のカリフォルニアワインが日本のお客様にこれほどまでに注目されるようになるには、このイベントで協力してくださった多くのワイナリーがあったからこそ。

そしてなにより、このイベントに参加し、楽しんでくださったお客様がいるかこそ、誕生したのが「メリタージュ・リザーヴ」というワインなんだなと改めて実感することができました。

このイベントに携わっていただいたすべての人に感謝しながら、今日はメリタージュ・リザーヴをゆっくり堪能したいと思います。

深澤

この夏を愉しむワインが続々入荷!

ただいま、夏にピッタリのイタリアワインや注目産地の人気ワインなどぞくぞく入荷しています。

20180727_02.jpg

20180727_03.jpg

そして、ヴィノスやまざきオリジナルポイント5倍DAYを7月31日まで開催中です!
どうぞ、このお得な期間にこの夏愉しむワインをお選びください。

昨日に続き、本日は新静岡セノバ店で
「夏のカリフォルニアワインパーティ」を開催致しました。

20180727_01.jpg

直輸入開始当時からご支援いただいた静岡の皆さまと色々な昔話をさせていただきました。
カリフォルニアワインの直輸入を開始して20年以上の年月が経ち、様々な蔵元との出会い、そして別れも経験してきました。

そうした中で、生産者と共に造り上げたワインや、
畑のテロワールを表現したヴィンヤードのワインなどワインパーティでご紹介させていただきました。

20180727_05.jpg

ただいま、蔵直カリフォルニアワインを代表する人気ワインなど続々入荷しています。

20180727_04.jpg

明日は、京都会場の開催です。
台風を跳ね除けるカルフォルニアワイン旋風が京都に到来!


若干ですが、当日の参加も可能となります。
ぜひお店に問い合わせください。

片山

夏のカリフォルニアワインパーティがスタート!

本日は、銀座にあるアルジェントASAMIにて、
夏のカリフォルニアワインパーティを開催いたしました。

20180726_04.jpg

ヴィノスやまざきは、カリフォルニアワインの直輸入を開始して20年以上の年月が経ちました。
様々な蔵元との出会いがあり、そして別れも経験してきました。

1976年のパリテイスティングをきっかけに、カリフォルニアワインは世界的に注目されることとなり、
現在では、人気も実力も世界一といっても過言ではないほどまでに成長しています。

オーパスワンやスクリーミングイーグルはじめ、カリフォルニアワインの価格の高騰化はまだまだ続く中、
どうしたら、日本のお客様が本当に納得してくれるワインを見つけることができるのか、
この10年間、ヴィノス買付け隊はどこの国や地域よりも何度も何度も現地に足を運んで探し続けました。

そんな私たちの想いに共感してくれ、生産者と共に造り上げたワイン、
畑のテロワールを表現したヴィンヤードのワインなど、今回は20種類以上をご用意いたしました。

20180726_01.jpg

特別企画として、中にはあのオーパスワンなどのカルトワインも有料試飲でお試しいただきました。

20180726_02.jpg

こういったイベントでのお客様のお声を、生産者に届け、ヴィノスやまざきの蔵直ワインは生まれます。

2015年11月に、ヴィノスやまざきは、
米国農産物ホールオブフェーム(HOF)という名誉ある賞を受賞させていただきましたが、
やはりこれは、長年ヴィノスやまざきのワインを応援してくださるお客様皆様のおかげです。

この感謝をもっと形にするべく、このようなイベントを通じて、
もっと皆様に「美味しい!」と言ってもらえるワインを生産者と共に造ってまいります。

20180726_03.jpg\

今回のイベントが、いつも応援してくださるお客様への感謝をお伝えできる会になり、
今後のヴィノスやまざきのカリフォルニアワインの成長のきっかけになれば幸いです。

明日は静岡会場、土曜日には京都会場でもイベントを開催いたします。
まだ若干ですがご参加が可能となります。
ぜひ皆様のご参加を心よりお待ちしております。

20180726183612.jpg


片山

お箸で食べるフレンチごはんで蔵直ワインを!

ただいま、ヴィノスやまざきウィーク開催中!

20180725_08.jpg

とは言っても、本日はヴィノスやまざきのお店のご紹介ではなく、
当店の蔵直ワインをお楽しみ頂けるレストランのご紹介です。


西麻布の交差点から六本木通りを渋谷方面に3分ほど歩いたところのビルの地下に、ひっそりと入口がみえる隠れ家レストラン。

20180725_01.jpg

"フレンチごはん"とは、お箸で食べることができる、旬の食材と和の出汁をフレンチの技法で丁寧に調理したお料理。

シェフの末棟(すえむね)さんは、都内レストランの他、東京ディズニーリゾート内「ミラコスタ」にてフレンチとイタリアンの経験を積み、特に「ミラコスタ」では料理とともに、ディズニーならではのお客様に対するホスピタリティを学んだと仰っていました。 

20180725_07.jpg

営業開始の18:00から21:00までのディナータイムは、日本の四季から生まれた和の食材をベースとした、創作力に富んだフレンチごはんを月替わりのコースでお楽しみいただけます。 

20180725_10.jpg

前菜三皿、お魚料理、お肉料理、〆のお料理(6皿) としっかりとしたお食事。


21時からは「大人のお好みアラカルト」タイム。

20180725_03.jpg

15種類以上の野菜を丁寧に調理し組み合わせた"美しいサラダ"、大盛りのリクエストにもお応えするGINA名物トリュフのTKRなど本格的なアラカルト料理が頂けます。

シェフがこだわる「大人のお好みアラカルト」タイムは、季節ごとの旬の食材を見てもらい、ご希望の調理法を聞いた上でお料理を提供するというスタイル。
あなた好みのやさしいフレンチごはんを、シェフに相談しながら注文することもできます。

そして、夏の食材に合わせ、7月31日までグラスワインのラインナップを全て当店のワインでご用意をさせて頂き、絶品マリアージュをお楽しみ頂きます!

20180725_05.jpg

また、【西麻布Gina×ヴィノスやまざき】特別インヴィテーションをお持ちの方には、普段開けない秘蔵ワインを特別価格でお楽しみ頂けるという企画も開催中!

20180725_09.jpg

インヴィテーションを持っていない・・・
そんな当店のお客様のために、「ヴィノスダイアリーを見ました!」と仰っていただければ、秘蔵ワインを特別価格でお楽しみいただけることに!

2018年7月31日までの特別企画!
味わいだけでなく、季節を感じる食材と、心躍る料理の数々で、目にも楽しいお食事を蔵直ワインと共にお楽しみください。


吉田


【フレンチごはん 西麻布GINA】
予約TEL 050-5591-0434 
ホームページ http://gina.tokyo/ 
【月から金】18:00から翌3:00(L.O 翌1:00)
【土】18:00?23:00(L.O22:00)
お休み 日/祝日
18:00から21:00までは、シェフのおまかせコース(9,800円)のみとなります。
21:00からはアラカルトでのご注文を承ります。

夏こそ「あまざけ」をご案内いたします!

連日暑い日が続き、今年は近年稀に見る猛暑と言われています。
そんな猛暑日に、ヴィノスやまざきでは店頭におこしいただいた皆様に「あまざけ」をご案内おります。

20180724215824.jpgのサムネール画像

甘酒というと、寒い時期の飲み物で温めて飲むイメージではありませんか?
でも実は甘酒は夏の季語なんです。

事実、江戸時代には甘酒が夏の飲み物として愛飲されていたという文献が残っています。
栄養価の高い甘酒は、疲労回復や熱中症防止、夏バテ予防のための栄養ドリンクとして、江戸時代より広く庶民に親しまれていました。
こういったことから、甘酒は俳句でいうと「夏の季語」となったわけです。

今でこそ【飲む点滴】と言われる甘酒には、ビタミンB群、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸、ブドウ糖といった栄養素が多く含まれいる事が分かっておりますが、先人たちはきっと長い経験と知恵から甘酒が夏バテ予防というのが分かっていたのでしょう。


当店の甘酒は、静岡の蔵元の純米大吟醸の酒かすを使用して造っております。
通常酒かすは、魚の粕漬けやわさび漬けなどなど、各地の銘品に使われ、人気の蔵元のものとなるとなかなか手に入りづらいです。
しかも、純米大吟醸の酒かすだけと限定すれば尚の事。

当店は本格的な酒かすで美味しい甘酒をつくりたいと、この貴重な酒かすを譲っていただきました。
酒かすのもつ風味を大切にし、また食中にもぜひ飲んで頂きたいという思いから自然な甘味に仕上げました。

そして何度も試作を重ね、蔵元の名を堂々と掲げられる甘酒ができあがったのです。

2018072420171227215045.jpg

甘酒は1日2回、朝と晩に飲むと最も効果的と言われております。
せっかくなら美味しく健康に。と当店スタッフおすすめのカクテルをご紹介します。

最も簡単なのは、冷蔵庫で冷やした甘酒に氷を入れ、すっきりとした甘さを楽しむ甘酒ロック。

0724IMG_6902.jpg
甘酒×オレンジ

0724IMG_6904.jpg
甘酒×スパークリングワイン

などの様々なカクテルで楽しく夏を乗り切ってください。

岩谷

この夏限定!癒しのワインをお楽しみください。

国内の観測史上最高気温を更新した本日。

ここまで暑い日は、シュワッっといきたいですね。

ただいま夏限定で某テレビショッピングでも話題の赤甘口スパークリングをご案内中です。



赤ワインの渋みが苦手な方でも楽しめるとご好評いただいている「ソレイユ・キュヴェ・ユーコ」。

ソレイユをお楽しみいただいているお客様から「ソレイユのスパークリングは無いの?」とのお声から
ランブルスコの名手ソルバーラとヴィノスやまざきが共同開発した「ソレイユ・スパークリング・チャオ・ユウコ」。

20180723_02.jpg


通常アルコール度数が10%程度のランブルスコですが、
試作を繰り返し、ぶどう本来の自然でやさしい甘さと、お酒が苦手な方にもうれしい低アルコール6%に仕上げて頂けました。

某テレビショッピングでは、リピーターも非常に多くご好評いただいています。

通常店頭ではお出していませんがこの夏限定でただいまご紹介中です!

猛暑でほてった身体を癒す低アルコール甘口スパークリングをお楽しみください。


深澤

夏のカリフォルニアワインパーティへのお誘い

連日、猛暑が続いていますが、夏のワインライフはいかがでしょうか?

ヴィノス各店では、夏バテ防止にと、あまざけを使ったカクテルやワインとフルーツを使ったカクテルなどを、普段とは一味違ったご案内をしております。

20180722_02.jpg 20180722_01.jpg

ぜひ、テイスティングバーを併設したお店で、意外?で美味しい!ペアリングをお楽しみいただければと思います。

でも、やはり純粋にワインを飲みたいという皆さまにお薦めさせていただきたいのが、カリフォルニアワインを通して、新たな発見を体験できる『夏のカリフォルニアワインパーティ』です。

今までのヴィノスのイベントと何が違うかというと、一言で言えば、銘醸カリフォルニアワインが20種類以上も試すことができるところです。

20180722_03.jpg

ヴィノスの人気ワインや新着ワインはもちろんのこと、生産者の想いやそのワインの魅力を存分にお楽しみいただけるワインパーティです。

こうした当店の取り組みに共感してくださったインポーター様の協力もあり、今回のパーティでは、全会場でカレラ、オーボンクリマ、コッポラ、クロデュバルなど、有名ブランドワインもお楽しみいただけます。

さらに、有料試飲ブースでは、あのオーパスワンのバックヴィンテージ2012年、そのオーパスワンの元醸造責任者が造るコンティニアムの日本未販売2015年の独占先行販売、そのオーパスワンとあのカルトワインの頂点に君臨するスクリーミングイーグルの間の畑で造られたシルバーオークが、一夜限りの特別価格で試飲できるのです。

20180722_04.jpg

これだけでも満足していただけるとは思いましたが、せっかくなのでと、東京の会場は銀座にある素敵なイタリアンレストラン『アルジェントASAMI』で、軽食とともにワインを楽しめる立食パーティーになりました。

イベントの詳細当日のワインリストこちらから、ご確認いただけますので、今すぐチェックしてみてください。

20180722_06.jpg

開催情報
【日時】2018年7月26日(木) 19:00-21:00
【会場】アルジェントASAMI 東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座9F
【定員】120名様(立食スタイル)
【参加費】一般/6,500円・ワインクラブ会員ご優待価格/5,500円
※お連れ様も御本人様と同価格でお申込みいただけます。

たくさんのお客様のおかげさまで、当店がカリフォルニアワインを直輸入するようになり、早いもので20年以上が過ぎました。

これまでご支援くださった皆さまへの感謝の気持ちをお伝えさせていただくと同時に、一緒に取り組んできた生産者のワインを通して、これまでのカリフォルニアワイン輸入の軌跡とその魅力をお伝えできればと思います。


鶴見

この夏を、みんなで愉しむ!

いよいよ夏も本番。

この夏、外出先や帰省先でワインをみんなで楽しみたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
先日の3連休でも、お土産にワインをお探しの方が多くいらっしゃいました。

でも中には、ご一緒される方がお酒が苦手だったり、運転のため飲めない方もいらっしゃるというお声もありました。

そこで、ワインがお好きな方にも、アルコールが苦手な方にも楽しんでいただけるスペシャルセットをご用意致しました!

20180721_01.jpeg



まずは、ワインがお好きな方に、この夏ぜひお楽しみいただきたい、こちらのワイン!

20180721_04.jpg

フランシス マホニー ピノ・ノワール

長年ピノ・ノワールを研究し続けてきた、カリフォルニアのピノ・ノワールの権威でもあるマホニーさんが、区画やクローンにこだわり、現地のテイスティングルームに来た方に特別に振る舞うように造った自信作。非売品のため、世界各国はもちろん、現地でも流通していない希少なワインを譲っていただきました。

ピノノワールの権威が造る、最初で最後かもしれない特別なワイン、一口飲めばその芳醇な果実味と奥深い味わいに圧倒されてしまいます。


ワインが苦手な方にはこちら

20180721_03.jpg


当店でもロングセラーのソレイユ・キュヴェ・ユーコ。
アルコール6%で甘口はそのままに、カベルネ・ソーヴィニヨンを一部使用することでさらに深みとコクがましたプレステージを特別にご用意しました。某テレビショッピングでも話題の1本。期間限定でご紹介です。


お酒が苦手な方にはこちら

20180721_02.jpg


フランス・ノルマンディー地方のりんご農家フルニエ家は、自社りんご農園で栽培したりんごから、こだわりのシードルを造っています。
このりんごジュースは、有機栽培で造られたシードル用のりんごを使用し、砂糖は一切添加せず仕上げるため、自然なりんごの甘さが楽しめます。 また、シードル用のりんごは小粒で、ほんのりタンニンを感じる風味豊かな味わいです。

その他、当店コスパNo.1のスパークリングワインに、オーストラリアから到着したシャルドネ・ヌーヴォー、純米大吟醸の酒粕から造る蔵のあまざけなどバラエティー豊かなラインナップです!

また、「夏にみんなで愉しむ6本セット」以外にも、本日より特別なワインセットをご用意しています。

20180721_05.jpg

今週末、ヴィノスやまざき各店では、スパークリングや白ワインなど冷やして美味しいワインをテーマに週末恒例の試飲イベントを開催しています。

Line20180721winefesta.jpg

皆さまのご来店お待ちしております。

加藤

フランスワインフェアは7月22日まで!

先日、レ・ブルー(サッカーフランス代表の愛称)が優勝した日からスタートした、ヴィノスやまざき「フランスワインフェア」は全店で好評いただいています。

連日の猛暑の影響もあり、特にあの入荷したばかりのスパークリングワインが大人気です!

20180720_02.jpg


ボルドー地方の右岸地区で、ひっそりと家族経営を続ける蔵元「シャトー・レ・グラーヴ」を一言で表現すると、【変わらぬ品質と安心価格】

特に派手なプロモーションをしなくても、20年以上に渡って、多くのお客様からご愛顧頂いている当店を代表するボルドーの蔵元です。

20180720_04.jpg

現当主のポヴィフ親子も、まさに職人気質のぶどう農家という表現がぴったり。

例えば、毎日ぶどう畑に出向き、生育状態を確認し、収穫する最適な瞬間を見極めます。

決め手は、ぶどうの種が茶色く変わった時。この時がぶどうが完熟した証拠なのです。

20180720_03.jpg

我々が現地を訪問した時も、多くを語ることなく、出来立ての最新ヴィンテージのワインを試飲させてくれます。

笑顔で見つめるポヴィフ親子に、訪れたスタッフも一同笑顔になるのです。

なぜなら、「この味、やっぱりレ・グラーヴだよね!」と美味しさの安定感があるからです。

そんなワインについては多くを語ることのないポヴィフ親子が熱狂した瞬間が、まさにレ・ブルーの優勝の瞬間だったのでしょう。

二人からこのようなメッセージが届きました。


フランスワインフェアは7月22日(日)までですので、ぜひご利用ください。

FRANCE2018.jpg

そして、明日明後日の週末ワインイベントにも、ポヴィフ親子が造ったスパークリングワインが登場します。

テーマは「夏のスパーク&ホワイトワイン第一弾」

20180720_01.jpg

他にもカリフォルニアのぶどう品種の組み合わせが珍しいコクあり白ワインや深紅色をした甘口赤のスパークリングワインもお楽しみいただけます。

ぜひ、夏バテ知らずで楽しいワインライフをお過ごしくださいませ。


鶴見

赤ワインは冷やして飲むのはNG?

「白ワインは冷やして、赤ワインは常温で。」
よく耳にするフレーズですが、これを鵜呑みにして30度を超える猛暑で赤ワインを常温で飲んだら大変なことになります。

ワインでいう「常温」は、17世紀頃のフランスの平均気温のことで、おおよそ14℃から17℃くらい。

そもそも、ワインは加熱処理をしていない為、
30度以上の高温であれば、ワインが瓶中で酸化が進んだりします。

また、「ワインは飲む温度が難しい」とお声を頂くことがありますが、
これはワインだからと言うわけではなく、温度によって味覚の感じ方が違うから。

ワインの味の主な要素は「甘み」、「酸味」、「渋み」。

「酸味」は温度による変化は少なく、「甘み」と「渋み」は温度による感じ方が全く異なります。

甘い冷やしたジュースはごくごく飲めても、暖かいジュースは甘ったるくてごくごく飲めません。

渋みは冷たいと感じやすく、温度が高くなると感じにくくなります。

その為、渋みが強い赤ワインを冷やして飲むと苦く感じますが、渋みがおだやかで果実味が豊かな赤ワインを冷やして飲むとすっきりした味わいに感じます。

20180718_02.jpg

昨日の鰻と赤ワインのマリアージュで、「果実味豊かな赤ワインは、少し冷やしてもオススメです。」とご紹介したのも渋みが穏やかなワインだからです。


オンザロックで楽しむこちらの「ソレイユ」は、
渋みが苦手な方でも楽しめる低アルコールの甘口赤ワインのだからの楽しみ方。

良く冷やしたソレイユは、甘みも穏やかになってお食事にも合わせやすくなります。

そして、ソレイユを凍らせて、フローズンにしても!

20180719_001.jpg

と言っても、結局は飲む方の好みで良いと思います。
ただ、ワインは飲む温度によってかなり味の変わる飲み物なので、いろんな温度で試してみることをおすすめします。


深澤

PS:冷やしておいしい微発泡の赤ワインが来週末入荷!

20180719_002.jpg

イタリアの銘醸地ピエモンテの家族経営のぶどう農家「タッキーノ」にお願いして造ってもらった微発泡の赤ワインが限定入荷します。
毎年大人気の冷やしておいしいシュワっと辛口の味わいは、暑い夏にオススメです。

土用の丑の日はこちらのワインを!

連日の猛暑で、スパークリングワインや白ワインのお問い合わせを多く頂いています。
こうも暑いと、キンキンに冷えたスパークリングや白ワインを飲みたくなりますね。

そんな中、ここ数日は赤ワインのお問い合わせも増えてきました。

7月20日(金)は、土用の丑の日。

「丑の日に『う』の文字が附く物を食べると夏負けしない」という事から
鰻を食べる習慣がついたそうです。

鰻と言えばタンパク質にビタミン、ミネラルなど身体に大切な栄養素が豊富で夏バテ予防にピッタリ。
鰻の蒲焼の香ばしい香りは食欲をそそられますね。


この時期はキンキンに冷えたスパークリングワインや白ワインがまさに旬!
ですが、 土用の丑の日にはぜひこちらの赤ワインをお楽しみください。


品川店 おすすめのマリアージュはこちら!

20180718_01.jpg


南アフリカを代表する赤ワイン品種ピノ・タージュから造られるこのワイン。
まろやかでいて、コクのある味わいは、赤ワイン好きの方は勿論、赤ワインの渋みが苦手な方にもおすすめです。


沼津店 おすすめのマリアージュはこちら!

20180718_02.jpg


2018年ヴィンヤード・オブ・ザ・イヤーに輝いたパライソと共同開発のこのワイン。
豊かな果実味とエレガントな味わいは、ピノ好き必見です!

渋谷店 おすすめのマリアージュはこちら!

20180718_03.jpg

シャトー・レゾリュー青ラベル

当店直輸入第一号のシャトー・レゾリューが造るプレミアムワイン。
古木の凝縮した完熟ぶどうから造られる深みある味わいは、タレの香ばしい香りとベストマリアージュです!


果実味豊かな赤ワインは、少し冷やしてもオススメです。

夏バテ対策に栄養たっぷりの鰻と共に赤ワインをお楽しみください!


深澤

プロも認める「出会いのワイン」

本日、ヴィノスやまざきではレストランや、飲食店のソムリエ、オーナー様にご参加いただいてワイン試飲会を開催いたしました。

S__38920213_hosakaR.jpg

あまり大々的にはお知らせしたりしておりませんが、ヴィノスやまざきのワインは全国のレストラン様でもお楽しみいただけます。

そのきっかけとなったのが、ある一本のワインでした。
実は、まだ静岡に一店舗しかなかったころから、全国の飲食店様から多くのご注文を頂戴していたのが、
『ユニメドック』です。

1531825843905_hosakaR.jpg

コスパに厳しい関西のホテルのソムリエからもご好評いただき、その結果雑誌でも取り上げられることもありました。
そして、多くの飲食店様と店頭のお客様のご支持をいただき、当店屈指のロングセラーワインとなりました。


現在、ユニメドックのワインは、当たり年2015年をご用意させていただいております。
毎年年号による違いが少ない彼らのワインですが、特にこの年は素晴らしい出来に仕上がっています!

メルロ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種をブレンドし、フレンチオークで12カ月熟成して仕上げました。
カシスやダークチェリーのような芳醇な果実の香り、しっかりとした渋みとコク、バニラやロースト香が重なり、重厚感のある味わいです。


ぜひヴィノスやまざき各店、各レストラン、そしてWEBショップにてご利用いただければと思います。
ご注文はこちらから↓

そして、そんなユニメドックからフランスの優勝を記念してコメントを頂戴しました!


ぜひこちらも合わせてご覧くださいませ。
保坂

P.S.フランスお祝い10%OFFのクーポンも対象となりますので、ぜひこちらもご利用くださいませ!
FRANCE2018.jpg

フランス優勝おめでとう!祝杯も到着!

連日、寝不足の方も多いのではないでしょうか。
白熱したワールドカップ決勝戦!

ブラボー!フランス優勝おめでとう!
20年ぶりの優勝には本当に感動しました。

20180716_01.jpg

まるでシャンパンの泡のように華麗で奔放なパスまわしから、かつて「シャンパンサッカー」と評されたフランス・サッカー。

フランス優勝の祝杯をあげるべく、フランス銘醸地区ボルドーよりシャンパーニュ製法で造られるクレマン・ド・ボルドーが9年ぶりに再入荷しました。

20180716_02.jpg


このクレマンを造るシャトー・レグラーヴは、親子二代で高品質なワインを手掛ける家族経営の小さな蔵元です。

20180716_05.jpg

オーナーのジャン・ピエール・ポヴィフ氏は、数々のコンクールで金賞に輝く実力の持ち主です。
20年以上変わらぬ品質と手頃な価格で多くのお客様から支持されてきました。

そんなレグラーヴが極少量仕込んでいたクレマン。
2016年のぶどうの収穫時期に現地を訪問した際、またぜひ分けてほしいと交渉しましたが、現地のお得意様分しか仕込んでいない為分けられないと断られました。

20180716_04.jpg

ただただ断られても食い下がらないのが、ヴィノスやまざきの買付隊。
そこで交渉に交渉の末、当店用にも特別に仕込んで頂くことになりました。

その為、エチケットには、ヴィンテージの表記はありませんが、2016年に収穫したぶどうのみを使用しています。
ポヴィフ氏も2016年のぶどうの出来栄えに満足しており、味わい深いぶどうができた非常に良い年と仰っていました。

20180716_06.jpg

勝利の美酒は、このワインで決まりですね。

そして、本日より「フランス優勝おめでとうセール!」を緊急開催!

FRANCE2018.jpg

蔵直フランスワインを10%OFFでお楽しみ頂けます。
ぜひこの機会に蔵直フランスワインの魅力をお楽しみください!


深澤

ブラボー!フランス優勝おめでとう!

【祝】フランス優勝!ヴィノス全店でフランスワインの大セール開催!

ブラボー!フランスチーム!

20年ぶりの優勝には本当に感動しました!

ヴィノスでも興奮冷め止まぬスタッフが集まり、朝から緊急ミーティング。

フランス優勝を祝して、なんと今日から蔵直フランスワイン全品10%OFF!

こちらの画像をスタッフに見せるだけで、その場で10%OFF!

FRANCE2018.jpg

また、店頭ではフランスワインの無料試飲やテイスティングバーでもフランスワインが6種類以上お楽しみいただけます!

【開催期間】2018年7月16日(月)の12時から7月22日(日)の24時まで

【対象者】ヴィノスやまざきのLINE会員様、アプリ会員様、メールマガジン会員様、オンラインショップ会員様
※その場での登録も可
※オンラインショップでご利用の際は、クーポンコード「FRANCE2018」をご入力ください。ご利用の際は、会員登録が必要となります。

【対象商品】蔵直のフランスワイン(弊社直輸入ワイン)
※セール品やセット品等、一部対象外有

この機会に蔵直フランスワインをたくさん楽しんでくださいね!

いよいよ最終決戦!

2018年ワールドカップもいよいよ決勝戦となります。

日本は残念ながら決勝リーグで敗退してしまいましたが、初のベスト8まであと一歩の戦いで悔しかった方も多かったのではないでしょうか。

サッカー王国静岡で小学校からサッカーをやっていた私にとってもテレビで観戦しながらロスタイムに失点された時は、思わず絶叫してしまいました...その後放心状態に。

ただ、それだけ世界の強豪国との実力差はまだまだあるのだと改めて実感しました。
そんな世界最高峰のワールドカップの決勝にワイン大国フランスが進出しました。

当社の取引している生産者からもフランスの優勝に期待してメッセージが届いています。

20180715_01.jpg

※ゴー!ゴー!フランス!ムーラン・オーラロックとヴィノスやまざきとともに!
ムーラン・オーラロック2013を飲んで、フランスを応援してください。
勝利の乾杯を! トーマ

観戦しながら飲んでいただきたい注目ワインはこちら!

s-20180715_113351.jpg

ヴィノスのフランスワイン10番は、ムーランオーラロック2013

19歳にしてフランスの10番を背負った注目のエムバペ。
それに匹敵するのがムーランの期待の星、トーマ氏(雰囲気は全然違いますが...)

20180715_02.jpg

現オーナーのエルヴェ氏と共にワイン造りに加わり品質向上に努めています。
2013年は、果実が凝縮あり酸味とのバランスが素晴らしい出来と太鼓判。
現地在庫を全力買付ました!

さらにおすすめは、当店の直輸入第一号のレゾリューが手掛けた特注のレゾリュープレステージ白

s-20180715_115049.jpg

果実味溢れるトロピカルな味わいが人気急上昇!安定感のある味わいで、欠かすことのできない白ワイン。

s-DSC01742.jpg s-IMG_5787.jpg

最後は、シャンパンで祝杯を!?
家族経営のポールエラルドのシャンパンは、コスパが高いと定評あります。

2018071501.jpg

おすすめのワインだけではなく、結果次第ではフランスワインを特別価格でおめでとうセールを企画中!
詳しくは、月曜のブログで紹介します。

サッカー好きとしては、どちらが勝っても素晴らしいゲームを期待していますが、ヴィノス全店にて特別セールを同時に企画してますので楽しみにしてください!

15日の24時キックオフ!

福井

ヴィノスのパリ祭!

本日、7月14日はフランス共和国の建国を祝う「パリ祭」。

国をあげてのお祭りの為、パリだけではなくフランス全土でお祝いを行っています。

20180714_03.jpg

午前10時からシャンゼリゼ通りでパレードがスタートし、エッフェル塔の下では大規模なコンサートが開催されたり、夜にはライトアップされたエッフェル塔と音楽、花火のコラボレーションが行われたり・・・。

20180714_04.jpg

そこで、ヴィノスやまざきでは、「ヴィノスのパリ祭」と称して、ヴィノスやまざきおすすめのフランスワインを週末恒例の試飲イベントでご紹介いたしました!

猛暑の中、ご来店ありがとうございます。

20180714_01.jpg

猛暑で火照った身体を癒してくれるシャンパーニュ「ポールエラルド・ブランドノワール」にはじまり、
世界のソーヴィニヨンブランコンクールで最高賞に輝いたドメーヌ・ジボーの自信作「ジボー・ソーヴィニヨンブラン」、
そして、親子二代で小規模ながら高品質なボルドーワインを手掛ける「シャトー・レグラーヴ赤樽熟成2015」と

20180714_05.jpg

日頃よりお客様よりご支持をいただいている蔵直フランスワインをお楽しみいただきました。

ここのところ、ニューワールドのワインばかりご紹介していましたが、
蔵直フランスワインも負けていません!

ご参加頂いた方からも「コスパがいいね!」とのお声も頂きました。

お祭りや花火にバーベキューなど、何かをお酒を楽しむ機会が増えるこの季節。

ワイン選びのご参考に、ぜひ明日の開催もご参加ください!

20180713_ttl170325.jpg

そして、事前にご予約いただいた方には〆シャンならぬ「シャンパンカクテル」をプレゼント!

20180714_06.jpg

ワインのある夏をお楽しみください!


深澤

夏のアペリティフにワインカクテルを!

連日の猛暑、いかがお過ごしですか?

この暑さに食欲を落とされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがアペリティフ(食前酒)です。

アペリティフとは、ラテン語の「アペリティーヴォ」=「食欲増進」が元になっていて、胃の働きを活発にし、美味しく食事を楽しむための物。

先月、フランスのカンヌを訪問した際に驚いたのが、ビストロのテラスで食前酒を飲んでいる人のほとんどがあるカクテルを飲んでたことです。

スパークリングワインでもなく、白ワインでもなく、カクテル?

どうやら、そのカクテルはここ数年フランスで大ブームになっているらしく、その後、ボルドーに行った際もほとんどの方が食前酒に飲まれていました。

それが、「ロゼパン(ROSE PAMP)」というカクテルです。

20180713_01.jpg

「ロゼパン」は「ロゼ・パンプルムース(ROSE PAMPLEMOUSSE)」を略した言葉で「ロゼ」は「ロゼワイン」を、「パンプルムース」はフランス語でグレープフルーツを意味します。

つまり、「ロゼパン」というのは、ロゼワインとグレープフルーツを使ったカクテルのことです。

フランスでは、ロゼワインの消費量が白ワインを越えるほどになり、特に夏になるとその消費が増すそうです。

暑い日が続くとどっしりしたフルボディーの赤ワインよりも、軽くてフルーティーで、さっぱりしたワインが飲みたくなるのが人情というもの。

そのロゼワインを更に飲みやすく、食前酒として楽しまれているのが「ロゼパン」だったのです。

しぼりたてのグレープフルーツを使用するのもよし、グレープフルーツジュースを使用しても簡単に作れます。

ぜひご自宅でお試しください。

そして、明日の7月14日はフランス革命記念日。

先日のワインセミナーでも好評だったワインカクテルも明日からテイスティングバーでオンリストが決定しました。

S__16834584.jpg

3種類の赤・白・ロゼのワインカクテル3銃士が、ワインカクテル革命を起こせるか!?
是非、みなさまのご意見・ご感想をお聞かせください。

今週末の試飲イベントでは、ヴィノスやまざきおすすめのフランスワインをお楽しみいただく「ヴィノスのパリ祭」を開催します。
事前ご予約の方には、シャンパンカクテルもご用意!

20180713_ttl170325.jpg

どうぞ、今週末もお近くのヴィノスやまざきでワインカクテルお楽しみください。

深澤

ヴィノス8月のワインサークル始まりました。

昨日から、7月のヴィノスのワインセミナーがスタートしました。

今月のテーマは「夏ワインの楽しみ方」

夏にワインでお客様に元気になっていただきたい!そんな想いでワインを紹介させていただきました。

20180712195759.jpg
昨日の会では、最初にソムリエ竹間がスパークリングワインの開け方・注ぎ方をレクチャーしたあと、

2本目は、お客様にワインを開けていただき、同じテーブルの方に注いでいただくソムリエ体験をしていただきました。


また、過去の夏のワインセミナーなどでは、様々なスパークリングワインを飲み比べていただくだけでしたが、

今年は、スパークリングワインや赤ワインをつかって、オリジナルカクテルを造ってお楽しみいただきました。

会が終わった後にも、お問い合わせが多かったのが、

201807122.jpg 201807123.jpg
あまざけとスパークリングワインのカクテルと赤ワインのカクテル

「お酒が苦手なご主人に飲んでもらいたい」
「ワインをカクテルにして、堅苦しくなく、美味しく飲めて、ワインが身近になりました。」
「ワインにあまざけをあわせる技が新鮮でよかった」

また、今回は冷やして美味しい赤ワインとして、とびきりいいカリフォルニアの赤ワインをご用意させていただいております。

201807121.jpg
テーマは「畑=ヴィンヤード」

カリフォルニアの銘醸ワインは供給源となっているぶどう畑やぶどう農家に支えられています。

そんな農家さんや畑から仕入れたワインを紹介させていただきますので、
b_event_information.jpg

本日のセミナーで好評だったワインカクテルはただいまお店のバーカウンターでもお楽しみいただけるように、
準備中です。こちらも楽しみにお待ちください!

片山

夏に飲みたい!希少な甘口ワイン!

連日続く暑さに、思わず飲みたくなるのがスパークリングワインや白ワイン。

そして、忘れてはいけないのが「甘口ワイン」。

実は、甘みや糖分には体内にこもった熱を発散する効果があります。心に対してもリラックスさせてくれる働きがあり、暑さのストレスを緩和してくれます。

夏に甘いものを求めるのは、ちゃんと理由があったんですね。

 

しかし、「甘口ワインでも夏らしい爽やかさがないとこの時期は飲みづらい...」というお声もあるかと思います。

そんなお声にもお応えできるぴったりの甘口ワインが入荷いたしました!

それが、こちらの「ネルソン・オレンジマスカット」

20180711185930.jpg

 

オレンジ・マスカットは、まるでオレンジの花ような甘い香りがすることからその名がついたカリフォルニア独特の品種。

以前はカリフォルニアで数多く栽培されていたのですが、時代の流れの中で他のぶどうに植え替えられ、今や入手困難な希少品種の1つとなりました。

今や幻の品種と思われていたオレンジマスカットですが...

カリフォルニアで現在注目の産地「メンドシーノ」で買付隊が偶然発見!

20180711194953.jpg

 

この地域で長年ぶどう栽培を続けてきた家族経営農家のネルソン・ファミリーが、この品種を守り続けいてたのです。

20180711195023.jpg 

 

先日行われた在日大使館でのパーティーでも振る舞わせていただきましたが、アメリカででもほとんど見かけないとのことで、大変ご好評いただきました。

20180711190059.jpg

 

もちろんマスカットらしい甘みも特徴ですが、香りだけでなくオレンジのようなフレッシュな酸が夏にぴったりな爽快感を与えてくれます。

同じく酸のある柑橘系を始め、マンゴーなどの旬なフルーツ、それらフルーツを使ったデザートと合わせていただくのもオススメです。

20180711190313.jpg

 

夏の至福のひと時に、是非「オレンジマスカット」のデザートワインをお楽しみ下さいませ。

 

高澤

暑さを吹き飛ばす、アイスクリームとのマリアージュ!?

ここ連日、厳しい暑さが続いていますね。

こうも暑いと食べたくなるアイスクリーム。


ワイン屋さんがアイスクリームのご案内!?

ではなく、暑さを吹き飛ばす、アイスクリームとのマリアージュのご案内です。


20180710_01.jpg


アイスクリームとワインのマリアージュの意外な相性の良さにとても驚きました。


この貴重な体験ができたのは、今年の2月に南アフリカのクロマルヴェルヌを訪ねたときの事です。

ワイナリーにレストランが併設されていて、そこの一番人気のメニューが、なんとアイスクリームとワインのマリアージュでした。


甘口ワインとアイスクリームや赤ワインとチョコレートの相性は想像できましたが、辛口の白ワインとアイスクリームが合うの?と正直不安でした。


20180710_06.jpg


それが、グレープフルーツなど柑橘類のシャーベットだけでなく、チョコミントとの相性も良く本当に驚かされました。


そして、合わせた辛口の白ワインはこちらです。


20180710_11.jpg


クロマルヴェルヌ・ソーヴィニヨン・ブラン


グレープフルーツやレモン、メロンのような果実の香りと、しっかりとしたミネラル感に、ハーブのような爽やかな風味が広がり、夏の暑さを吹き飛ばしてくれる一本。


このワインを造るクロマルヴェルヌは、南アフリカ屈指の名ワイン産地ステレンボッシュ地区郊外にある、家族経営の小さな蔵元です。


20180710_08.jpg


オーナーのプリチャード氏が23歳のときにワイナリーを立ち上げて以来、試行錯誤を重ね、美味しいワイン造りを追及し続けてきました。


20180710_10.jpg


現在でも伝統的な木製のバスケットでプレスを行うなど、伝統的な製法で造られるワインは、「手頃だけど美味しい!」との声を多くいただきます。


20180710_07.jpg


今年の2月9日にワイナリーを訪問した際、ちょうど今年のソーヴィニヨン・ブランの収穫を始めた初日でした。

じっくりと完熟を待つため、同じ地区の他のワイナリーより収穫が1,2週間遅かったそうです。

糖度や酸度などの分析結果に加えて、種までしっかりと完熟して茶色くなるのを待つのが重要だそうです。


20180710_09.jpg


また、収穫時期の夏場は、昼間には30℃から35℃にも到達してしまうこの地域。

クロマルヴェルヌでは、ぶどうの酸味を保つために、収穫は早朝に行い、朝9時頃には終わらせています。


ここ数年、非常に雨が少なく乾燥している南アフリカ。

日常生活でも、水不足が深刻な問題になっているほどですが・・・

ワイナリーでもぶどうの収穫量が減ってしまった一方で、例年以上に小粒なぶどうの実は、とても凝縮感にあふれた味わいのワインに仕上がります。



アイスクリームとソーヴィニヨン・ブランの相性の良さに驚かされましたが、もちろんお食事とのマリアージュも抜群でした。


20180710_04.jpg


お食事はもちろん、デサートとのマリアージュも楽しめるお得な味わい!

どうぞいろいろなマリアージュをクロマルヴェルヌ・ソーヴィニヨン・ブランとお試しください。


本島

肉汁に溢れるステーキに!

暑い夏、しっかり食べて体力を付けておきたいところです。

体力をつける食材と思った時に真っ先に思い浮かぶのは「肉」!

肉好きとしては、昨今の肉ブームは本当に幸せなこと。

肉料理を中心としたお店がたくさん増えてきて、毎日、肉が頭から離れません。

肉の事を考えると浮かぶのが、昨年オーストラリアで食べた肉汁たっぷりのステーキ・・・。

その時に飲んだバロッサ・ヴァレーのシラーズとのマリアージュ・・・あの至福のひと時。

20180709_02.jpg


このバロッサ・ヴァレーのシラーズは、リッチランド・ヌーヴォーを造ってもらったカラブリア・ファミリーが造る1本。

あれ?バロッサ・ヴァレー?
カラブリアは、ニューサウスウェールズにワイナリーがあるのでは?と思った方はかなりのヴィノス通!

オーストラリアのナパヴァレーとも言われる銘醸地"バロッサ・ヴァレー"にも、自社畑を所有しています。

20180709_05.jpg

しかも、1914年に開拓された非常に歴史の深い畑です。
このワインには、平均樹齢が80年以上の古木で中には100年以上のぶどうの樹もあるそうです...

20180709_04.jpg

古木のぶどうの本来の味わいを活かすように造られているこのワインは、
パワフルだけど、濃いだけではなく、上品さも感じられる味わいに仕上がっています。

アンドリューさんとマイケルさんからのメッセージをいただいています。


名前もブロス(=ブラザーズ)と言って、カラブリア兄弟が手掛けた渾身の一本。

今年の夏バテ対策は、お肉とこのワインで決まりです!

今週のテイスティングバーメニューにもオンリストしています。

是非お試しください。


保坂

夏ヌーヴォーお待たせしました!

昨日、解禁した夏ヌーヴォー。
夏ヌーヴォー旋風は本日、静岡そして京都へと移動しました。

20180708_180708_0011.jpg

ヴィノスやまざきの地元静岡は、長年のヴィノスファンから、今回初めてイベントに参加された方まで、
70名様以上のお客様にお集まりいただきました。

「去年も買ったけど、今年は生産者さんとのイベント楽しみにしてました!」

また大雨の影響もあり、一時は開催を検討し直した京都店での解禁イベントも、
定員をオーバーするほどたくさんのお客様にお集まりいただきました。


各地を周り、リッチランド・ヌーヴォーそしてカラブリア・ファミリーが造るこだわりのワインの魅力をお伝えした
アンドリューさんとマイケルさんは、皆さまがワインを飲んで笑顔になる様子を見ることができてとても喜んでいました。

そして、「我々は家族みんなでより良いワインを造ろうと日々努力をしています。
ですが、良いワインを造るだけではダメなんです。今日のように皆さんがワインを飲んで楽しんで頂くことが重要なんです。」と言っていました。

ワインで夏を元気に過ごしていただきたいという想いで、カラブリア・ファミリーと造った当店だけのヌーヴォーです。

これから夏本番、夏バテ防止に、食欲アップに夏ヌーヴォーを一緒にお楽しみください!

今回の夏ヌーヴォー解禁イベントは、大きな会場を借りずに、ヴィノスやまざきのお店のなかで開催させていただきました。

気軽な金額で参加できること、気に入ったワインを帰り際に買って帰れることなど、お客様からご好評いただきました。

201807081.jpg

ヴィノスやまざきが直輸入のカリフォルニアワインと、国内の数あるカリフォルニアワインの中から選りすぐりの銘醸ワインをセレクトいたしました。
東京は有楽町店近くのイタリアンで開催いたしますが、静岡と京都の会場は今回と同じく、お店で開催させていただきます。

只今、イベントの内容は最終打ち合わせ中ですので、出展ワインなど確定しましたら特設ページで紹介させていただきますので、
ぜひ開催まで楽しいみにお待ちください。

深澤

ヴィノスの夏がやってきた!

ヴィノスやまざきの夏の風物詩「リッチランド・ヌーヴォー」解禁しました

20180707_01.jpg

そして、本日ヴィィノスやまざき各店では、リッチランドヌーヴォー解禁イベントを開催しました。

201807073.jpg

201807071.jpg

ヌーヴォーの解禁に駆けつけたアンドリューさんとマイケルさんは各店をまわり自慢のヌーヴォーをご紹介!

201807072.jpg

キリっとした辛口の"リッチランド・ヌーヴォー・シャルドネ"をお楽しみになられた方からは、

20180707_03.jpg

「夏ヌーヴォーっていう名前の通り、ジメジメした空気を吹き飛ばすくらいの夏の味。」
「氷を入れてもいいんですか?花火大会に持っていきます!」


マスカットからできるほんのりと甘い"リッチランド・ヌーヴォー・モスカート"をお飲みになられた方からは、

20180707_02.jpg

「ふだんは辛口派だけど、さすが新酒の味わいで爽やかでおいしい!」
「これヤバい!ずっと飲んでいられる!」

そして、リッチランド・ヌーヴォーの解禁に合わせてオーストラリアチーズも限定入荷しています。
※一部店舗では、ご予約で在庫僅かなお店もございます。

20180707_04.jpg

「白カビのチーズが、バターみたいに濃厚!」
「このスモークチーズ、香りがハンパない!」

テイスティングバー併設店舗では、リッチランド・ヌーヴォー・スペシャルメニューをご用意しています。

どうぞ、ヴィノスの夏をお楽しみください!

深澤

諦めの悪い買付隊だから実現できたこと!

遂に明日解禁となりますヴィノスやまざきの夏の風物詩「リッチランド・ヌーヴォー」

20180706_07.jpg

ヌーヴォーと聞くと、11月第三木曜日に解禁となるフランスのボジョレー・ヌーヴォーをイメージされる方がほとんどだと思います。

ヌーヴォーは、その年に出来たぶどうで造る新酒の事で、フラッシュな味わいが特徴です。

そして、「夏にもそんなフラッシュな味わいのヌーヴォーをお客様にお届けしたい」と思い、
ぶどうの収穫時期が春の南半球を探して回りました。

20180706_03.jpg

ですが、無かったんです。

無かったからと言って、ヴィノスやまざきの買付隊は諦めません!

20180706_01.jpg

無ければ、造ってもらおうと南半球の蔵元に相談したところ、
「ぜひ日本のお客様にヌーヴォーをお届けしたい!」と声を上げてくれたのがオーストラリアの人気蔵元カラブリア・ファミリーでした。

DSC02671.jpg

昨年、初リリースとなった「リッチランド・ヌーヴォー」はご好評により、僅か1ヵ月で完売となりました。

そして、2年目となる今年。
ぜひ、夏ヌーヴォーの解禁を皆さまと一緒にお祝いしたいとカラブリア・ファミリーのアンドリューさんとマイケルさんが駆けつけてくれました。

20180706_05.jpg

明日の解禁に先駆け開催した有楽町店でのお披露目パーティーに、たくさんのお客様がご参加いただいた事を、とても喜んでいました。

そんなアンドリューさんからメッセージです。


明日より、ヴィノスやまざきの夏の風物詩「リッチランド・ヌーヴォー」が解禁です!

今年も早期完売が予想されます。

そして、昨年よりもさらに果実味たっぷりですよ!

「リッチランド・ヌーヴォー」を楽しむ試飲イベントも開催します!

20180706_01.png

どうぞ、お楽しみください!


福井

新作先行案内!あなたはどちらがお好み?

いよいよ今週末、「メリタージュ・リザーブ」の最新ヴィンテージ2014年が入荷いたします。

発売に先立ちまして、本日7月4日アメリカ独立記念日に「メリタージュ・リザーヴ」の新作をいち早くお楽しみいただける先行お披露目試飲会を開催しました。

20180704_01.jpg

数字シリーズで話題の「メリタージュ・リザーブ」の新作とあり、私どもスタッフもワクワクしながら入荷を待っていました。

今回もぶどう品種、熟成、味わいの異なる2種類のリザーブをご用意いたしました。

イベントにご参加いただいた皆さまも「メリタージュ・リザーブ」の新作に興味津々...

20180704_04.jpg


20180704_02.jpg

イベントにご参加いただいたお客様からは
「力強く、コクがあって、ナパヴァレーのワイン好きの自分にはまさに好みの味」
「初めから香りが良く自分好み。普通のメリタージュも好きだけど、やっぱりリザーブは美味しいね!」



20180704_03.jpg

「No.327とは違う柔らかさがあって美味しい。こっちはぞ性の評判がよさそうですね。」
「時間が経つに連れて香りに変化があって、あとからどんどん良くなってきた。」

どちらのリザーブもそれぞれの個性があり、それぞれの良さがあります。

その為、皆さまのお好みのそれぞれのようです。

20180704_05.jpg

「どちらも美味しい」、「時間と共に味わいが変わって選べない」といった声も。

『蔵直ワイン』が紡ぐ新たな物語の中心はこの2種類のワインで間違いありません!

どうぞ、物語の幕開けをお楽しみください。


深澤

アメリカ独立記念日にお披露目したいあのワインとは・・・

1990年代、まだ世の中がフランスワインやイタリアワインが全盛のとき、ヴィノスやまざきはカリフォルニアワインの直輸入を開始いたしました。

今さらお伝えするまでもなく、カリフォルニア、特にナパヴァレー産のワインは世界中から需要が高まり、値段が高騰しております。
1本数万円をする「カルト」と言われる入手困難なワインにはプレミアがつき、
またラベルに「ナパ」と表記されているワインは1本1万円は当たりまえの時代、

なんとかお客様に喜んでいただける、本当に美味しくて、コストパフォーマンス抜群のワインがナパヴァレーにないか、毎年数回現地を訪問して探し続けました。
DSC00640.jpg

その結果、残念ながらナパヴァレーにお客様に納得していただけるワインを見つけることができませんでした。
当店で取り扱っていたワインたちも毎年毎年値段が高騰していき、直輸入を断念せざる得ないワインもございました。


そんな時に、ヴィノスやまざきに声をかけてくれたのが、ナパヴァレーの街のなかに、小さなテイスティングルームだけを持ち、
リーズナブルでありながらも高品質なワインを造っているストーンヘッジでした。

「理想のワインがなければ、ヴィノスやまざきのお客様だけの特別なワインを造ろう」と特別に熟成させておいた樽から、
一緒に何度もブレンドと試飲を行い、理想の味わいのワインを造り上げました。

DSC00762.jpg
そのワインには、有名なワイナリーの名前はなく、カリスマ的な醸造家の名前もありません。

現地のヴィンヤードと長年のネットワークを持つストーンヘッジとヴィノスやまざきが造り出したワイン。

それが「メリタージュ・リザーブ・ナンバーシリーズ」というワインです。

20180703205547.jpg  20180703205605.jpg

実は、ラベルに描かれたナンバーは、畑の区画の違いや、熟成樽のロットナンバーからとりました。
かっこいい名前にも憧れましたが、どんな名前よりも「お客様が覚えやすいように」と、シンプルに数字だけ。

価格は6,800円という価格ながら、長年当店をご利用いただいてきたお客様からは、
「コスパ抜群!」「安い!」「美味しい!」という声をいただき、リリースする度に即完売が続いています。

20180703205702.jpg

偶然にも明日7月4日は、アメリカ独立記念日。

この記念すべき日に、メリタージュ・リザーブのお披露目ワイン会を各店で開催いたします。
世界で一番最初にこのワインのテイスターになっていただきたいのは、普段当店をご利用いただいているお客様です。
ttl170325.jpg

片山

魅惑のマリアージュ♪

日本国内では、"大迫半端ない"が流行っていますが、
連日の猛暑でヴィノスやまざき各店では、スパークリングワインのお問い合わせが半端ない!

20180702_02.jpg

やはりお客様から問い合わせの多いのは、シャンパンやスパークリングワインの辛口タイプ。
のどを潤す爽快な味わいはたまりません。

ですが、一度飲んだら虜になる隠れた大人気スパークリングがあります。


ブラケット・ピエモンテ

珍しい赤の甘口スパークリング。ただ、甘いだけではなくてちょっぴりコクのある本格派の味わい。

生産者はイタリアの銘醸地ピエモンテ州の注目産地として知られるランゲ地域で、家族経営でワイン造りを行っているマンフレディ家。
大八車がロゴマークにあり当社とルーツが似ていてパートナー的な存在。
畑も減農薬農法にてぶどうを栽培し、より自然に近い状態でワイン造りを行っております。

20180702_01.jpg

当社がイタリアワインを直輸入を始めた時から販売を行っており、買うならいつもケース購入しているよ!と熱狂的なファンがいる甘口スパークリング。

お客様から家族が集まった時に飲めない人がいるからこれなら飲みやすいね!とご好評いただいております。

私も普段は辛口派ですが、友人との集まりの時などに手土産ワインの一つとして持っていきます。

そのままでも美味しい甘口スパークリングですが、
フルーツやゼリーと一緒に楽しむ"大人のフルーツポンチ"がオススメ。

20180702_06.jpg

ぶどう本来の果実がギュッと詰まった甘みと、果物の爽やかな味わいがのど越し爽やかに潤してくれる魅惑のマリアージュ♪

20180702_08.jpg

アルコール度数も7%と低く、お酒が苦手な方にもオススメ。

普段は辛口派の方も是非一度お試しください!


深澤

夏に最強のスパークリングが再入荷!


普通のスパークリングではありません。
ヤバいです!高級シャンパン並みと言われるお客様も多いベストセラー!

買付隊長の種本は、ホントに美味しいもの以外は買い付けません。ホント、厳しいです。
その厳しい買付隊長が、イチオシで選んだベストスパークリングがやっと再入荷して只今、店頭で試飲中!

20180701_12.jpg

以前、某TV番組で『5万円の商品はどれだ!』というクイズがあった際に、トリュフ入りのケーキ等に混じり、
「これが5万円のシャンパンじゃない??」と回答を頂いたスパークリングワインが、

20180701_07.jpg


芸能人の方も「この味わいでこの価格?」と驚かれていましたが、それもそのはず!

モンマルサルは、スペインで高品質なスパークリングワイン"カバ"を造る銘蔵元。

大量生産が主流のカバ生産者は他から原料のぶどうやワインを購入し、自社ブランドで販売しているのに対し、このモンマルサルは自然に優しい農法で育てられた自社畑のぶどうのみを使用するこだわり。

20180701_11.jpg

シャンパンと同じ瓶内二次発酵を行い、通常のカバよりも瓶内熟成の期間を長くすることで、シャンパン顔負けの味わいに仕上がっています。

20180701_02.jpg

そして、芸能人の方を驚かせただけでなく、
ワインのプロからも2500円以下の一押しスパークリングに選ばれたことも。

さぁ、ワールドカップもいよいよ決勝トーナメントに突入!
日本も見事に突破し、今日からベスト16の激闘が始まっています。

本日のロシア 対 スペインの観戦はこの「モンマルサル・エクストレマリウム」で決まりですね!

また、毎晩のサッカー観戦で飲み過ぎの方には、低アルコールのソレイユをオンザロックで。

20180701_10.jpg

アルコール度数が6%で通常の赤ワインの半分ほど。
赤ワインの渋みが苦手な方、アルコールが苦手な方でもお楽しみいただけます。

そして、本日深夜0時から買付隊長の種本がテレビ通販番組QVCの『Today's Special Value』という大ヒット商品だけを紹介する特別企画で "毎日飲みたいヘルシーワイン「ソレイユ」" をご紹介します!

まだソレイユをご存じでない方は、ぜひご覧ください!
また、飲まれたことない方は店頭でご試飲いただけますのでどうぞお試しください!


深澤