ヴィノスダイアリー

蔵の祭典受付締め切りまで、あと5日!!

すでにこのブログやメルマガでご案内をさせていただいておりますが、

皆様、蔵の祭典へのお申込は、もうお済ですか?
201802124.jpg



今年は過去最多11カ国からワイナリーが参加いたします。

只今、蔵の祭典事務局では、会の進行や音楽、企画について打ち合わせがすすんでおり、

もう楽しみで仕方ありません!

そして、忘れてはならないのが、静岡の日本酒の蔵元も参加いたします!

蔵の祭典2018は日本酒の参加蔵元も豪華な顔ぶれです。

201802123.jpg
先代から築いた地酒の蔵との絆で過去には日本酒の会も開催。

まずは静岡県焼津市の磯自慢。
洞爺湖サミットの乾杯酒としても有名な磯自慢ですが、実はサミット前から静岡県内のお客様だけでも消費されてしまう銘柄。


全国的知名度が上がった今でも、生産量に限りがあるため、入荷すると瞬く間に店頭から姿を消す、幻のお酒となりました。
静岡本店でも、限定酒の発売日には朝から長蛇の列が出来ます。

もちろん磯自慢以外にも静岡の銘酒はたくさんあります。
昭和50年代に、日本で初めて1万円を超えるお酒を生み出した事から、「元祖プレミア日本酒」とも言われる初亀。
日本だけにとどまらずイタリア「ミラノサローネ」に出展など、今では磯自慢と同じく静岡地酒の代表蔵元といえます。
201802121.jpg
上野パルコヤオープンにも駆けつけてくださいました!

そして、昨年から発売を開始した純米大吟醸の酒粕を使用した「蔵のあまざけ」の「正雪」で人気の由比の神沢川酒造さんや、
親子二人三脚で丁寧に日本酒を造る君盃酒造さんも、2人での作業のため磯自慢や初亀よりもさらに生産量に限りがあり、
静岡本店の隠れた銘酒となっております。

その他、静岡県以外の蔵元も参加いたします。

さらに、静岡県の海と山に囲まれた食材の宝庫。
地元の企業さんに協力してもらい、お酒に合うおつまみ「静岡県産おつまみ」も充実いたします!
S__18055170.jpg
先日開催された静岡県が主催する食品展で様々な会社様をご紹介いただきました。

ワインだけでも100種類以上がある今回の蔵の祭典ですが、地元の地酒の蔵元と食品会社さんで、

蔵の祭典から、静岡県を盛り上げてまいりますので、ぜひ一緒に、静岡県を応援しましょう!

もちろん、東京会場も地酒やチーズなど、ワインと併せて多数出品予定です!

ぜひ、蔵の祭典開幕まで、もうしばらくお待ちください!

片山

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

RSSフィード