ヴィノスダイアリー

年始めに粋な贈り物を!

寒い日が続きますが、この寒さから美味しい日本酒が生れます。

冬場に酒を造ることを「寒造り」といいますが、酒蔵は1年で最も寒い12月から2月頃までが大忙しです。

そして、この時期は造りたての生酒がお楽しみいただけます。

粋な生酒が限定入荷しました!

20180110_001.jpg


粋囲は、「静岡地酒らしい、すっきりとした飲み口で美味しいお酒を造りたい」と、初亀醸造と共同開発した限定酒。

「粋な酒をお客様に飲んでいただきたい」、「粋な気持ちで特別に醸したお酒」が【粋囲】の名前の由来です。

初亀醸造の地元岡部町の農家が育てる誉富士を使用し、地元の南アルプスの伏流水と静岡が生んだ静岡酵母の「オール静岡」で造っています。

17010801.jpg

今年の造りから初めて仕込んだ「純米吟醸」の粋囲は、初亀醸造が大吟醸の仕込みにだけ使う、小さな大吟醸蔵で、低温で丁寧に醸されました。

蔵で仕込んだばかりの、純米吟醸の一部を、この時期だけお楽しみいただける、「生酒」を本数限定でご用意いたしました。

20180110_003.jpg

「酒は造るものではなく、生まれるまで育てるものだ」という初亀醸造さんのコンセプトがあるように、お酒は出来上がってから、火入れをして発酵を止めてから、蔵で熟成させて、出荷されます。

この「粋囲純米吟醸 生 」は、出来上がったばかりのまだまだ若さ溢れるフレッシュな味わいですが、今しか出会えない、みずみずしさと力強さをお楽しみいただける、季節のお酒としてお楽しみください。

限定数の入荷となりますので、お見逃しなく!
ヴィノスやまざきOnlineShop ワインのご購入はこちら


片山