ヴィノスダイアリー

ナパ・ヴァレー屈指の銘醸地区から...

最近、お問い合わせの多いナパワイン。

カルフォルニアのナパ・ヴァレーといえば、いまや世界屈指の名醸地。

品質は世界最高峰!そして価格も世界最高級・・・

オーパスワンをはじめとする有名ナパワインは軒並み数万円。

さらに「スクリーミング・イーグル」や「ハーランエステート」といったカルトワインと呼ばれるワインは数十万円の価格が...。

20171228_01.jpg

ナパのワインの高品質を世界に知らしめた事件が、世に言う「パリ・ティスティング事件」

1976年、アメリカの独立200周年の年に、パリ在住のワイン評論家でワインスクールも経営するイギリス人「スティーヴン・スパリュア」氏がフランスワイン界の大御所を審査員に迎え、フランスとカリフォルニアの代表的ワインを集めたブラインド・テイスティング(銘柄を隠しての試飲)会を開催しました。

20171228_02.jpg

当時、カリフォルニアワインはワイン先進国のフランスから見て二流品と考えられていました。

審査を行ったフランスワイン界の大御所は美味しいワインを選べばそれがフランスのワインと高を括っていましたが・・・、

なんと、赤白共にナパワインが優勝

その結果、超高級産地「ナパ・ヴァレー」のブランドが確立され、
この事件以降、ナパ・ヴァレーのワインが高騰するきっかけになりました。

面目丸つぶれのフランス陣営は、
「フランスワインの真骨頂は熟成ワインだ!」としてリターンマッチを開催

20171228_03.jpg

1986年、2006年に開催されたリターンマッチでも、
ナパワインが優勝し、ナパの品質が世界最高峰であることが証明された。

20171228_04.jpg


そんなワイン業界を震撼させたカルフォルニアのナパ・ヴァレー屈指の銘醸地区スタッグス・リープ・ディストリクトからプレミアムワインが入荷しました。

20171228_05.jpg


「トップクラスのボルドーブレンド」を造ることを目標に、ナパ・ヴァレーの銘醸畑のぶどうでワインを手掛けるヘイヴンズ。

現地で試飲して、柔らかさと凝縮感の両方をあわせ持つ味わいに、買い付けを即決したこのワイン。
ナパ・ヴァレー屈指の銘醸地区「スタッグス・リープ・ディストリクト」のカベルネ・ソーヴィニヨン種を使用し、フレンチオークとアメリカンオークの樽で18カ月長期熟成させた、秘蔵の一本です。

20171228_06.jpg

熟したチェリーやベリー系の果実味に、ダークチョコレートのような芳醇な香りが広がります。
酸味と渋味のバランスが良く、濃厚な果実味と圧倒的なボリューム感の赤ワインです。

入荷数僅か300本のこのワイン、26日からのお披露目ですが早くも完売間近となります。

どうぞお見逃しなく。


深澤