ヴィノスダイアリー

2017年12月アーカイブ

2017年もありがとうございました

2017年も間もなく終わり、新しい年を迎えようとしています。

被災地にで復興中の皆様には心からお見舞い申し上げます。
また、ワインの業界ですと2017年はカリフォルニアナパヴァレーで大規模な火災が発生し、いまなお復興中のナパの皆様にも合わせてお見舞いを申し上げます。

今年もヴィノスやまざきをご愛顧下さり、本当に有難うございました。

私達は、本気で
「本当においしいワインを手頃な価格でご提供したい。
お客様のお望みになる味を徹底して追求していきたい。
そのためには産地のブランドや、ワイナリーのブランドにとらわれない。」
そんな想いを徹底して今年も貫いてきました。
そんな中では、数々の摩擦もありました。

フランスに買付に行った時に、有名産地だから高額なワインを仕入れたい、という社員と、
夜遅くまでディスカッションし、その結果、蔵元に特注で有名産地の
ワインを造っていただき、「有名産地だけれど、安くておいしいワイン」が誕生しました。 

20171231_01.jpg

カリフォルニアでは、メンドシーノという、ナパに多くのぶどうを供給している産地の山奥まで回り、素晴らしいぶどうを譲って頂き、ヴィノスならではの味のワインを造っていただきました。

20171231_04.jpg

そんな常識を覆す商品開発ができたのも、やはり長く商売をやってきたからなのだと、先代のことを思い出したりもしています。

そんな先代からの思いを引き継ぎ、誕生したのが、「蔵のあまざけ」。

20171231_05.jpg

希少な純米大吟醸の酒粕を譲って頂きに蔵元を訪問した際に、
「山崎さんのお父さんにはお世話になったからね。無名だった静岡の酒を
ここまで引き上げてくれたのは、お父さんのおかげなんだよ。」と、
開運の社長に言って頂いた時には、胸がいっぱいになりました。

私達も、産地やブランドにとらわれず、徹底してお客様のお役にたてる
商品を来年もご提供していくつもりです。
そして先代の「他の人のために・・For others]という、ヴィノスやまざきの
企業理念を、次の世代に伝えていきたいと思います。

20171231_06.png

2018年は、創業105年の節目の年になります。
新年早々、新商品のお披露目あり、3月は蔵の祭典あり、楽しい一年にしていきたいと考えています。
どうぞ、新しい年もヴィノスやまざきを宜しくお願いいたします。

皆様にとって新しい年が素晴らしい年であることを、心からお祈りしております。
どうぞ良いお年をお迎えください。

ヴィノスやまざき 取締役社長
種本祐子

ナパ・ヴァレー屈指の銘醸地区から...

最近、お問い合わせの多いナパワイン。

カルフォルニアのナパ・ヴァレーといえば、いまや世界屈指の名醸地。

品質は世界最高峰!そして価格も世界最高級・・・

オーパスワンをはじめとする有名ナパワインは軒並み数万円。

さらに「スクリーミング・イーグル」や「ハーランエステート」といったカルトワインと呼ばれるワインは数十万円の価格が...。

20171228_01.jpg

ナパのワインの高品質を世界に知らしめた事件が、世に言う「パリ・ティスティング事件」

1976年、アメリカの独立200周年の年に、パリ在住のワイン評論家でワインスクールも経営するイギリス人「スティーヴン・スパリュア」氏がフランスワイン界の大御所を審査員に迎え、フランスとカリフォルニアの代表的ワインを集めたブラインド・テイスティング(銘柄を隠しての試飲)会を開催しました。

20171228_02.jpg

当時、カリフォルニアワインはワイン先進国のフランスから見て二流品と考えられていました。

審査を行ったフランスワイン界の大御所は美味しいワインを選べばそれがフランスのワインと高を括っていましたが・・・、

なんと、赤白共にナパワインが優勝

その結果、超高級産地「ナパ・ヴァレー」のブランドが確立され、
この事件以降、ナパ・ヴァレーのワインが高騰するきっかけになりました。

面目丸つぶれのフランス陣営は、
「フランスワインの真骨頂は熟成ワインだ!」としてリターンマッチを開催

20171228_03.jpg

1986年、2006年に開催されたリターンマッチでも、
ナパワインが優勝し、ナパの品質が世界最高峰であることが証明された。

20171228_04.jpg


そんなワイン業界を震撼させたカルフォルニアのナパ・ヴァレー屈指の銘醸地区スタッグス・リープ・ディストリクトからプレミアムワインが入荷しました。

20171228_05.jpg


「トップクラスのボルドーブレンド」を造ることを目標に、ナパ・ヴァレーの銘醸畑のぶどうでワインを手掛けるヘイヴンズ。

現地で試飲して、柔らかさと凝縮感の両方をあわせ持つ味わいに、買い付けを即決したこのワイン。
ナパ・ヴァレー屈指の銘醸地区「スタッグス・リープ・ディストリクト」のカベルネ・ソーヴィニヨン種を使用し、フレンチオークとアメリカンオークの樽で18カ月長期熟成させた、秘蔵の一本です。

20171228_06.jpg

熟したチェリーやベリー系の果実味に、ダークチョコレートのような芳醇な香りが広がります。
酸味と渋味のバランスが良く、濃厚な果実味と圧倒的なボリューム感の赤ワインです。

入荷数僅か300本のこのワイン、26日からのお披露目ですが早くも完売間近となります。

どうぞお見逃しなく。


深澤

「蔵のあまざけ」解禁です

「正雪」

「臥龍梅」

「開運」

 

これらの日本酒を飲まれたことはありますか?

 

ヴィノスやまざきの本店がある静岡県が日本に、いや世界に誇る地酒です。

 

今では多くのお客様から「ワインの専門店」と呼んで頂いているヴィノスやまざきですが、その原点は地酒の専門店。

 

静岡市の小さな酒屋の2代目店主・山崎巽が、無名でも質の高い郷土の地酒を日本中に広めようと日々努めて参りました。

(その功績が認められ、やまざき酒店は農林水産大臣賞を受賞)

 20171227215020.jpg

現在、静岡本店をはじめ都内の何店舗かでは静岡の地酒を販売しています。

 

そしてこの度創業から105周年を迎えるにあたり、これらの地酒の「純米大吟醸の酒粕」を使用した甘酒が誕生しました。

20171227215045.jpg

 

(本日「日経MJ」にも取り上げて頂きました。記事はこちらからご覧ください。)

 

お酒のもととなる「もろみ」を絞り、清酒と酒粕が生まれるのですが、この酒粕も実はとても貴重な存在。

20171227215223.jpg

魚の粕漬けやわさび漬けなどなど、日本各地の銘品にこの酒粕は使われるのですが、人気の蔵元のものとなるとなかなか手に入りづらいのです。

しかも、純米大吟醸となればその量もごく僅か。

 

近年、麹の甘酒ブームが女性を中心に盛り上がりをみせていますが、やまざき酒店は本格的な「酒粕」で美味しい甘酒をつくりたいと、この貴重な酒粕を譲っていただきました。

 

そして何度も試作を重ね、蔵元の名を堂々と掲げられる甘酒ができあがったのです。

 

酒粕のもつ風味を大切にし、また食中にもぜひ飲んで頂きたいという思いから自然な甘味に仕上げました。

 gurasu.jpg

まずは冷やしてそのまま、その旨みをじっくり味わってください。

3蔵のあまざけそれぞれを飲み比べてて頂くのもお勧めです。

 

【正雪】桜えびの名所としても有名な「由比」発祥。

image3.jpg

爽やかな味わいでするすると飲める味わい。

繊細な和食と合わせて頂くにも抜群です。

 

【臥龍梅】興津川の伏流水で仕込む、江戸時代から続く名蔵。

20171227215404.jpg

ほのかな酸味と甘みのバランスが女性スタッフにも大好評でした。

 

【開運】四天王と呼ばれる杜氏・波瀬正吉が醸造を務め、今では全国的に知られている銘酒。

image2.jpg

十分なコクも味わえる本格派。日本酒好きな方にも一押しです。

 

味わいだけではなく、健康を気にする方にもぜひ飲んで頂きたいのが「蔵のあまざけ」

 

ビタミンB群が食物繊維が豊富なのも嬉しいところ。

さらに、使用している糖分もきび糖と稀少糖シロップなのでミネラル分も豊富でカロリーが控えめです。

 

心身ともに忙しい年末年始、ぜひ「蔵のあまざけ」を飲んで元気をチャージしてください。

(今週ぐっと寒さも本格的になってきたので、温めて飲めば体も芯から温まります!)

 

友人や家族が集まる場にも最適ですし、お年賀や帰省のお土産などにもいかがでしょうか?

 

静岡の蔵元、そしてその蔵元と共に歩んだ故・山崎巽の思いから生まれた「蔵のあまざけ」は、明日からヴィノスやまざき全店で発売開始となります。

 

ぜひ、お楽しみください!

20171227215744.png

 

 

あまざけ育ちの

児玉

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年福袋 ウェブで先行販売スタートしました!

この1年世界中を駆け巡り、素晴らしい生産者との出会いがあり限定ワインを買い付けることができました。

20171226_001.jpg 20171226_002.jpg

1年のご愛顧を感謝し、限定品や人気ワインをお楽しみいただく新春セールを開催致します!

カリフォルニアの人気蔵元スターンヘッジ・ワイナリーからは
高級ワイン産地ナパ・ヴァレーのシラーを使用した限定ワインが入荷!

20171226_01.jpg



お待たせいたしました!1年ぶりにドイツより再入荷した赤の甘口アイスワイン。
カベルネ・ミトスという珍しい品種を用いて造られるこのアイスワインは毎年お問い合わせが殺到します!

20171226_02.jpg


どちらも限定数のみの入荷となりますので、お見逃しなく!

そして、この時期のお楽しみといえば、福袋。
ヴィノスやまざきでも毎年大好評を賜っています。
店頭では、1月1日からのご案内となりますが、
オンラインショップでは本日より福袋の先行販売を開始いたしました。

20171226_banner.jpg

今年も様々な福袋をご用意していますので、ぜひお楽しみください。

ヴィノスやまざきでは、お客様により一層喜んでいただけて、
1年の福を呼び寄せるような福袋を作りたいと、
通販スタッフ一同何度も話し合いを重ねました。
福袋の内容はもちろん、ワクワクするような企画にしたいと、皆で頭を悩ませました。

そして、今年は、ウェブでのお買い上げ分にもクーポンを付けることにしました。
外れなしの福引クーポンで、なんと1等賞は、ラギオール・ソムリエナイフ!
その他、ポイントプレゼントや割引クーポンなど盛りだくさんです。

開けてのお楽しみの福袋ですが、ヴィノスやまざきの福袋はとにかくお得。
その上クーポンもついて、一袋で二度おいしいのです!

そして、1年分のワインをご購入!?
プレミアム100万円福袋には、5大シャトーも入った厳選極上ワイン100本!
そして、120本用のワインセラーをご用意いたします。

20171226180219.png

ヴィノスやまざき各店舗では、初売りより販売開始です。
初詣やお出かけの際には、お店の方にもお立ち寄りください。
なお、店舗によっては、初売りが1月2日のお店もありますのでご注意ください。
年末年始の店舗の営業時間についてはこちらをご覧ください。

皆様の新しい年が幸多き年になりますよう心からお祈り申し上げます。

深澤

ヴィノスのChristmas!

クリスマスイブ、いかがお過ごしですか?
本日も友達とのクリスマスパーティー用、クリスマスプレゼント用などワインをお探しにたくさんの方にお越し頂きました。

色々なワインをご提案したなかで、普段あまり飲まれない方にご好評だったのがこちらの甘口ワイン。

20171224_001.jpg


ニュージーランドではとても珍しい氷結ぶどうから造るデザートワイン。
世界的産地でもあるドイツやカナダでも高額なワインが多くあります。

20171224_006.jpg

ピーチ、アプリコット、ハチミツを思わせる甘味は、シュトーレンとの相性が抜群です。

そして、この時期になると「修道士のワインありますか?」とお問い合わせをいただくこちらのワイン。

20171224_002.jpg


ヴィノスやまざきのクリスマスの代名詞ともいえるこのワインは、
フランスのカンヌの沖合いにあるレランス修道院で造られています。

20171224_004.jpg

修道院で生活をする修道僧の方たちが神に捧げるためのワインを造っています。

20161224220326.jpg

彼らの生活は世界中の人たちのための日に7回のお祈りを中心に動いていますが、
その合間の神への労働の一部がこのワイン造りなのです。

20171224_005.jpg

かつては、VIPしか飲むことが許されなかったこのワインを、当店が日本で初めて輸入することが認められました。
以来、毎年この時期だけ、神父たちに依頼し、ほんの少しだけ特別に譲っていただいています。

20171209_0003.jpg

修道士が手掛ける神秘のワインをどうぞお楽しみください。

Merry Christmas!

深澤

聖なる夜はこのワインで乾杯!

明日はクリスマスイブですね。
クリスマスソングを耳にすると心踊りますよ♪


そんなクリスマスシーンにピッタリのワインがジャン・ミランより限定入荷しています。

20171223_01.jpg


このワインを手掛ける蔵元ジャン・ミランはもともとブドウ栽培が専門の農家で、
以前は高級シャンパーニュ「クリュッグ」にブドウを卸していた歴史があります。

所有する畑は高級品種シャルドネで定評のある特級村オジェ村。

20171201_03.jpg

このワインは、特級村「オジャ」のシャルドネを使用し、発酵後瓶内で4年間熟成させたプレミアム・シャンパーニュです。

20171201_04.jpg

ヴィンテージ・シャンパーニュを名乗れる、36ヵ月を超える瓶内熟成をさせることで、香り高い凝縮した果実味をお楽しみいただけます。

20171223_04.jpg

白いボトルに赤いエチケット!クリスマスにぴったりのシャンパーニュ!
ギフトボックス付なので、日頃お世話になっている大切な方へのプレゼントにもピッタリですね!

限定入荷の為、お見逃しなく!

三浦

今年のXmasPartyは、ヴィノスにおまかせ!

間もなくクリスマス本番。皆様、パーティーやご家庭でのお祝いの準備はお済みでしょうか。「どうしようか迷っている...」そんな方は、ヴィノスにおまかせください!ワンランク上のプレミアムなワインをご案内させていただきます!


1.大勢の人が集まるパーティーには、ワインが苦手な人でも楽しめるデザートワインがオススメ!

s-188716.jpg


ニュージーランドではとても珍しい氷結ぶどうから造るデザートワイン。
世界的産地でもあるドイツやカナダでも高額なワインが多くあります。

そんなワインを是非クリスマスに楽しんで欲しいと、テ・マニアから特別価格でお譲りいただきました!
ピーチ、アプリコット、ハチミツの濃縮した甘さは感動的です。

2.特別な日の乾杯にはシャンパンがオススメ!

s-188715.jpg


以前は高級シャンパーニュ「クリュッグ」にぶどうを卸していた歴史がある、凄腕のぶどう栽培農家でもあるジャン・ミラン。

特級村オジェの高級品種シャルドネ100%で造るシャンパンを、なんと4年間熟成させたプレミアム・エディション。香り高い凝縮した果実味が楽しめます!

3.一年に一度のお祝いには、修道士の誠実から生まれた聖なるワインがオススメ!

s-188714.jpg


修道院しか存在しないフランス・カンヌの沖合に浮かぶサントノラ島。そこでカソリック教会から認められた男子修道僧のみがお祈りを中心とした生活をし、その労働の一つとしてミサに欠かせないワインが造られています。

本店がある静岡とカンヌが姉妹都市というご縁から、門外不出のワインが初上陸を果たし、以来クリスマスの時期にだけ僅かのみお譲りいただいています。

とにかく手間をかけ、自然と融合した造りによって生まれるワインは、濃縮感に溢れ沁み渡る味わい!


「何が良いか分からない」「この食事にはどれがオススメ?」など、お悩みの方は是非一度ご来店ください。ヴィノスやまざき各店舗では、スタッフ一同、クリスマスを彩る素敵なワイン達をご案内させていただきます。

今年のXmasPartyは、ヴィノスにおまかせ!

深澤

まだ間に合います!クリスマスにとっておきのシャンパーニュを!

クリスマスまで、もう間もなくですね。
プレゼントの準備はおすみですか?

この時期になるとクリスマスプレゼントなど、ご贈答用のお問い合わせが増えてきます。

その中でも、一番お問い合わせが多いのが、シャンパーニュ。

シャンパーニュはお祝い事に欠かせないワインの一つ。

「シャンパン ヴィノス 泡」の画像検索結果

シャンパーニュをグラスに注いだ際、無数の泡が立ち込めます。
その泡が弾けるパチパチとした音が天使の祝福と表現され、祝福のお酒として用いられます。

そして、シャンパーニュは特別感を演出してくれますね。

そして、ただいま個人的にとてもおススメで希少なシャンパーニュが限定数入荷しています。

20171219_01.jpg


1889年から代々家族経営でシャンパンを造り続けてきた蔵元が、
現当主オリヴィエ・コラールとカロリーヌ・ピカール夫妻により
「シャンパーニュ・コラール・ピカール」としてメゾンを一新。

数万円のシャンパーニュが生まれる畑に囲まれ、特級を含む11ヘクタールの自社畑を所有し
RM(レコルタン・マニピュラン=ブドウの栽培から瓶詰めまで一貫製造で行う)の造り手です。

20171219_02.jpg

この急斜面の畑わかりますか。
まともに作業をするのも大変なほどの斜面、収穫はもちろん全て手摘みです!

20171219_03.jpg

最新のプレス機、シャンパンの蔵元8,000軒ある中、このプレス機を持っているのはランソン、ボランジェ、ルイ・ロデレールを含む20軒のみ。少ない圧力で搾れるため、クリアなジュースが搾れ、品質が安定します。
そして、搾ったジュースは一番搾りのみしか使わないこだわり!

20171219_04.jpg

現在、多くのロゼ・シャンパーニュは、赤ワインと白ワインを混ぜる方法のものがほとんどですが、
このメルヴェイユは一部の高級シャンパーニュでしか行われない伝統的なセニエ法(赤ワインと同じように、果皮も一緒に発酵させ、ほどよく色がついたところで、果皮をとりのぞく方法)を用いて造り上げられます。

20120909_08.jpg

こうしてうまれる、花畑を思わせる複雑で高貴な香りは
まさに、「MERVEILLES」(驚異的、素晴らしい)の名にふさわしい極上の1本。

20171219_99.jpg


あまりに希少なためダイレクトメールでもご紹介していない逸品がただいま店頭とオンラインショップで極少量ご案内しております。
シャンパーニュ好き必見です!ぜひも見逃しなく!!


深澤

仙台からのメリー・クリスマス

各地でのワインパーティに続き、本日は仙台にてクリスマス・ワインパーティが開催されました。
イタリアから来日しました、マルケサートのアレッサンドロ氏をお招きし、仙台パルコ2一階のイタリアンレストラン「サルバトーレ・クオモ&バー仙台」にて行いました。




もちろん、アレッサンドロ氏も仙台は初めて。
開催前はお客様に喜んでいただけるか、緊張していましたが、いざ始まってみると、フレンドリーで暖かいお客様と心を通わせていました。

S__36691997_Rhosaka.jpg

お客様からも
「二番目の白がコクがあって美味しかった」
「ワイン造りのこだわりを知ることができ、より一層ワインの味わいが深まった気がする」
「お料理との相性が素晴らしかったです」
とたくさんのお言葉を頂戴しておりました。

20171216_171216_0003_Rhosaka.jpg

そして最後には...なんと、アレッサンドロ・サンタが登場!
希少なスペシャルワインのお味にお客様も満面の笑みでした。


いよいよ明日はクリスマスワインパーティの最後を飾る、静岡会場。
どんなサプライズが飛び出すのか、ぜひお楽しみに!

各店舗での店内イベントも明日も開催いたします。
詳細はこちらから!
20171212_l_xmas_event171020.jpg


仙台店スタッフ一同

まさに師走!生産者が駆け巡る!!

昨日の東京会場でのイベントに続いて、本日は生産者が各地に駆け巡り、クリスマスイベントを開催しました。


マルケサートのアレッサンドロさんは京都へ。

京都は2度目の訪問とあり、前回の来日イベントにご参加いただいたお客様とも再会でき、アレッサンドロさんも喜んでいました。

20171215_006.png

ご参加いただいた皆さまもマルケサートが手掛けるエミリオ・プリモ赤にご満悦!
「こんなに上品でコクがあるワイン初めてです!!」とうれしいコメントも頂きました。

20171215_007.png

「偉大な父を越え、世界トップクラスのワイン造りを目指している。」というアレッサンドロさんの熱い想いに
イベントにご参加いただいたお客様からエールが贈られていました。


そして、ムーラン・オーラロックのトーマさんは横浜へ。

5年前のそごう横浜店オープンに際に駆けつけてくれたのは、トーマの父エルヴェさんでした。

20171215_01.jpg

5年前にムーラン・オーラロックのワインと出会い、
それ以来、ムーラン・ファンになった方が多い横浜店のお客様。

20171215_002.jpg

トーマさんも、偉大な父の意思を引き継ぎ、お客様のためにこだわりのワインを造り続けると熱い想いを語っていました。

20171215_004.jpg

これからのワインの次世代を担う彼らは、ワインと共に熱い想いをお届けするため、明日も各地を巡ります。

20171215_003.jpg

各店舗で開催するイベントもございますので、ご都合つきましたらご参加ください。

20171212_l_xmas_event171020.jpg


片山

ひと足先に Merry Christmas!

本日は、国立新美術館にてクリスマスワインパーティを開催したしました。

20171214_005.jpg

日本のお客様と一緒にクリスマスイベントに参加するため、次世代を担う生産者が駆けつけてくれました。

20171214_004.jpg

彼らはぜひ日本の皆さまの声を聞きたいとテーブルを周り、感想を伺っていました。

20171214_002.jpg

お客様の中には今年、蔵元を訪問したいただいた方も。

20171214_003.jpg

一年の感謝の気持ちを込めたクリスマスパーティ

20171214_001.jpg

本日の東京会場をかわきりに、横浜、京都、仙台、静岡と開催していきます。

各店舗で開催するイベントもございますので、ご都合つきましたらご参加ください。


深澤

この年末に特別なワインセットを

今年もクリスマスまで約2週間。

店頭やお電話でもクリスマスや年末に飲むワインをお探しというお声が多くなってきました。

 

本日からクリスマスイベントがスタート。

 

初日の今日は有楽町店で、フランスからスペシャルゲストを迎えてのセミナーを開催いたしました。

 

46783.jpg 

 
登場したのは、フランス・ボルドー地方から駆けつけてくれた、シャトー・ムーラン・オーラロックのトーマ氏。現地ではワインクレージーとも呼ばれる父エルヴェ氏からワイン造りを学び、2013年から、畑仕事から醸造まで父と一緒にワイン造りを行っています。
 
実は今回、ムーラン・オー・ラロックからヴィノスやまざきのお客様のためにスペシャルワインをご用意していただきました。
 
S__6430757.jpg
 
「シャトー・ムーラン・オーラロック 2005 キュヴェ スペシャル 」
 
当たり年の2005年の中でも良質な状態の樽を選び、飲み頃を迎えるまで蔵元のセラーで特別に熟成された1本。10年以上の熟成を経て、濃厚な果実味と樽の風味に心地よい熟成感が加わり、絶妙な味わいとなっています。
 
 
生産数が少ないため、こちらのワインは年末秘蔵ワイン5本セットでのみのご紹介となります。
 
20171213194515.jpgのサムネール画像
 
ムーラン・オー・ラロック 2005の他、濃厚で力強い味わいのナパ・ワインやブルゴーニュの銘醸ワインなど、厳選された蔵直ワインの5本セットになっています。
 
120セットのみ、限定数でのご用意となっておりますので、ぜひお早めにご検討ください。 
 
ご連絡をお待ちしております!
 
 
加藤

明日よりクリスマスイベントがスタート!

いよいよ、明日よりクリスマスイベントがスタートします!
日本のお客様と一緒にクリスマスイベントに参加するために、フランス・イタリア・スペインの3か国から匠の生産者が駆けつけます。

本日、一足先にイタリアからマルケサートのアレッサンドロ氏が来日いたしました。


明日は、有楽町店と武蔵小杉店でワインセミナーを開催します。
ワインセミナーでは、各蔵元の手掛ける至福のワインを蔵元自らご紹介いたします。
有楽町店のワインセミナーはまだお申し込みが可能となりますので、ご都合つきましたらぜひご参加ください!

20171212_l_xmas_event171020.jpg

深澤

ロゼ・シャンパーニュで洗った贅沢チーズ

もう間もなくクリスマス
乾杯はやっぱりシャンパーニュ!
ギフトに合わせて専用ボックス付きの限定ジャンパーニュも入荷しております。

20171211_01.jpg

そして、シャンパーニュにピッタリなチーズもご用意しています!

ロゼ・シャンパーニュで洗って熟成させた贅沢なチーズ!
アフィネ・シャンパーニュ・ロゼ

フランス・シャンパーニュで造られるウォッシュチーズ「ラングル」というチーズをベースに、
「ロゼ・シャンパーニュ」でウォッシュして造られる贅沢なチーズです。

20171211_04.jpg

舌触りは滑らかでほんのり酸味を感じるしっかりとした味わいです。

もちろん今すぐ召し上がっていただいても美味しいですが、
じっくりと熟成させ、チーズの中身がトロトロになり、
チーズの中央がへこんでくる頃がフランス流の「食べ頃」なのだとか。

20171211_02.jpg

そして、合わせていただくワインはもちろん、ロゼ・シャンパーニュ。

見た目も味もお楽しみいただける「アフィネ・シャンパーニュ・ロゼ」。

ウォッシュタイプの中でも優しい風味で比較的食べやすいこちらのチーズ、
ぜひこの年末に、特別なワインと一緒にお召し上がりください。
贈り物にも喜ばれること間違いなしです!

深澤

幻のシャンパンも・・・

幻のシャンパンが入荷しました。
職人が一本一本手造りで手掛けた逸品。

でも、運よく入手できる方は本当に僅かです...
なぜなら、今年度の入荷はわずか240本のみ。

20171210_05.jpg

街はクリスマスムード一色ですね。
今週は忘年会やクリスマス・パーティーを開催される方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ヴィノスやまざきも今週末は特別なワインをご用意した試飲イベントを開催しました。

20171210_04.png

そして、テイスティングバーがあるお店では、今年の入荷数240本の限定シャンパンをお楽しみいただきました。

20171210_02.jpg


お客様からも一番の支持を頂戴しているシャンパーニュの造り手「ジャン・ミラン」の最高キュヴェがクリスマスに間に合いました。

「クリュッグ」などの高級シャンパーニュ・メーカーにも長年ぶどうを卸してきた彼らが、全身全霊を込めてわずかながら造り出します。

1864年から続く彼らの歴史を表すようなこちらのシャンパーニュは、一本一本職人が紐で手しばりを施したオール・ハンドメイド!

ル_R.bmp

彼らのこだわりの最高峰は一年に一回この時期にのみ、ミランさんからのクリスマスプレゼントとして少量お譲り頂いております。

その味わいは、きめ細かくリッチな泡立ちと10年以上の熟成によるぶどうの旨みを感じ、数万円の高級シャンパーニュよりも美味しいのでは・・・と思うほど。

今年度の入荷はわずか240本のみ。
店頭で見つけた際はぜひご利用いただければと思います。

深澤

聖なるワインを楽しむ

今週末の試飲イベントでは、昨日のブログでご紹介した『ジャン・ミラン テール・ド・ノエル 2011』をはじめ、
クリスマスにオススメの特別なワインをお楽しみいただきました。

20171209_001.jpg

クリスマスにオススメのワインと言えば、このワインは欠かせません!


この時期に入荷する神様からの贈り物です。

20171209_005.jpg

修道院しか存在しないカンヌの沖合に浮かぶサントノラ島

20171209_004.jpg

カンヌ映画祭で知られる南フランスにあるカンヌの沖合に浮かぶサントノラ島。
その島には修道院のみ存在し、神聖な雰囲気に満ち溢れ、結界のような空気さえ感じます。
そこでカソリック教会から認められた男子修道僧のみがお祈りを中心とした生活をし、その労働の一つとしてミサに欠かせないワインが造られています。昔から修道院はワインやチーズを生産し、修道院の運営費に当ててきました。

その造り方は伝統的かつ前衛的。
勤勉な彼らは常に研究を重ね、より良いものを生み出そうとしています。

20171209_006.jpg

もちろん畑仕事は有機農法。とにかく手間をかけ、自然と融合したワイン造りを行っています。

奇跡的にも彼らの土地が豊かな太陽の恩恵を受け、しかも海風により冷涼な気候もあるという、ワインのぶどう造りに最適な環境。
これだけの条件が揃っていて美味しいワインが出来ないはずはありません。

20171209_002.jpg

本日、アベイ・ド・レランス・キュヴェ・サントノラ赤 2015 をお試しいただいたお客様からは、
「しっかりした骨格をもつ肉厚な果実味とスムースな舌ざわりに感動しました。」とお言葉を頂きました。

このワインは、フランスでもほとんど手に入らない希少なワイン...
本店がある静岡とカンヌが姉妹都市というご縁から特別に分けていただいている門外不出のワインです。

20171209_0003.jpg

特別なワインなため数に限りがございます。
是非この機会にまずはお試しください。


深澤

「クリスマス」の名がついた、限定シャンパーニュ


「クリスマス」の名がついた、限定シャンパーニュ。

 その名は・・・

先日のブログでもご紹介しましたが、ジャン・ミランはもともとブドウ栽培が専門の農家で、
以前は高級シャンパーニュ「クリュッグ」にブドウを卸していた歴史があります。

所有する畑は高級品種シャルドネで定評のある特級村オジェ村。

20171201_03.jpg

このワインは、ミランの畑の中でも最高の畑「テール・ド・ノエル」のぶどうを使用しています。
 
フランスでは特に優れた畑は、命名畑(リューディ)と言って、名前が付いています。
ミランが所有する最高区画の畑にも名前が付けられており、
その名前が「テール・ド・ノエル ( = クリスマス)」なのです。

エチケットに書かれた「VIEILLES VIGNES」
テール・ド・ノエルの平均樹齢は70年と、高樹齢です。

20171209_02.jpg

古木のぶどうを使うことでフレッシュで生き生きとしていながら
同時に旨み、深みを一層感じる一本に仕上がっていきます。

「selection 2011」
シャンパーニュはフランスでも最北の産地となるため、
ぶどうを完熟させるのが難しい産地でもあります。

20171209_04.jpg

そこで、毎年のぶどうの出来の差を埋めるために、
そして、高品質なシャンパーニュを毎年造るために行われているのがブレンドです。

毎年ワインを造っては幾年かのワインをブレンドをしています。
そのため、一般的なシャンパーニュにはヴィンテージの記載はありません。
 
しかし、ぶどうの出来が良かった年に関してのみ、その年のぶどうだけで造られることがあります。
 
それが、ヴィンテージ・シャンパーニュ!!
(ミレジムなんて呼ばれることも)
ちなみに、有名なドンペリニョンもヴィンテージ・シャンパーニュです。
 
ミランが造る、そんな特別な1本がテール・ド・ノエル。

ワイン専門誌でも評価が高く、
ノンヴィンテージのキュヴェはドンペリを上回り・・・

20171209_03.jpg

テール・ド・ノエルはクリュッグのトップキュヴェ「クロ・デ・メニル」(約10万円!)と
同点を叩き出すなど、まさにシャンパーニュの最高峰とも言える一本です。

今週末の試飲イベントでは、『ジャン・ミラン テール・ド・ノエル 2011』をはじめ、特別なワインが登場します!

20171209_01.jpg

「ジャン・ミラン テール・ド・ノエル2011」も残りわずかとなりました。
ぜひ試飲イベントでお試しください。

20171201_ttl170325.jpg
深澤

ヴィノスのクリスマスパーティが間もなく始まります。

ヴィノスやまざきは、ワインパーティやお店主催のワインセミナーだけでなく、
企業様からご依頼いただいた出張ワインセミナーも開催させていただいております。

20171207192442.jpg 20171207192515.jpg
今年は、静岡県からご依頼をいただいて、初めて視覚障碍者の方を対象にワインセミナーを開催し、
チーズやワインを楽しんでいただきました。
お休み中の盲導犬くんもチーズが登場した時には、思わず目を覚ましました。

20171207192718.jpg
昨日は、静岡県富士市にある某金融機関様からご依頼のワインセミナーを開催させていただきました。

セミナーの冒頭に、参加される方たちがどのくらいワインを召し上がるのかアンケートを毎回行っておりますが、

「月に1本ワインを飲むか飲まないか」という方が多く、「普段はあまりワインを飲まない」という方ばかり。

ですので、ヴィノスのワインセミナーは「コルクの開け方」からスタートします。

ワインと聞くと「おしゃれだけど、難しい」というイメージを持ってしまう方たちに、
少しでもワインを身近に感じてもらえるように、難しい専門用語は使わずに、ワインを造っている蔵元のこだわりなどを中心にお伝えしております。

ヴィノスやまざきが開催するワイン会で、最も人気のイベントが、生産者参加型のワインセミナーです。

ワインが作られているその土地の背景や、蔵元の歴史、何より生産者と直接触れ合うことで、
よりワインが身近に親しく感じていただけるイベントです。
201712071.jpg
※昨年のクリスマスパーティの様子

すでに満席の会場もございますが、一部会場ではまだお申込を承れます。
ぜひ、ヴィノスやまざきの今年最後のワインパーティ、お楽しみください。
20171201_ttl170325.jpg

片山

美味しい季節がやってきた!

「寒くなるとなんだかワインが飲みたくなる」
今日はそんなお言葉をお客様から頂きました。

寒くなると料理の味付けも濃いものを多くなりますね。
本格ワインシーズン真っ只中!
当店でも濃厚ワインを多数ご用意しております。

そして、ワインだけでなく、このチーズの季節がやってきました!

20171206_01.jpg

冬限定のチーズ、モンドール!

モンドールは、フランス、スイスとの国境近くジュラ山脈近くのコンテ地方(コンテというチーズの産地でもあります)で、
地元の山岳地帯の農民が作っているチーズです。

モンドール Mont d'or (=黄金の山)

作り方も名前も、味も香りも、見た目も販売ルールも・・・全てが独特。
 
エピセアと呼ばれるもみの木の皮をチーズ本体に巻いて熟成させるとチーズはトロットロ!
外皮はオレンジ色したカビで、外皮をやぶると半液体状のチーズが・・・。

モンド~1.JPG

そのまま中のトロトロのチーズをスプーンですくって食べても良し、
焼いてモンドール・フォンデュにしても最高です。

IMG_0259.JPG

濃厚なモンドールには、コクのある白ワインや深みのあるシャンパーニュがいいですね。
美味しい季節を、美味しく、楽しく、頂きましょう!

深澤

有機栽培の聖地で造られるプレミアムワイン

カリフォルニアの中でも、ナパヴァレーは高級ワイン産地で、
オーパスワンなど今ではフランスボルドーの格付けワインよりも人気のワインが造られています。

20120512_OPUS.jpg

そして、メンドシーノでは象徴的なぶどう品種ジンファンデルを主体にしたプレミアムワイン「CORO(コロ)」が造られています。

dsc_9827-655x434_Rhosaka.jpg

CORO(コロ)とは?
メンドシーノの各蔵元が立ち上げたCOROワイン協会。
特産のジンファンデル種を主体にして定められた基準をクリアして造られたプレミアムワインで、厳正な審査の下に選ばれたワインのみがCOROとして販売されることを許される、まさにメンドシーノを象徴するプレミアムワインです。
「コーラス」を意味する、COROはアメリカにおいて最初のブレンドベースの原産地呼称と言われています。

20171205_01.jpg


ヴィノスやまざきのオリジナルワイン「True Vine」の醸造を行っていただいたデニス氏はコロの審査員でもあります。

夏の買付では、数件のコロを試飲しましたが、果実の凝縮感と酸味とのバランスが良く非常に素晴らしい味わいでした。
さすが、メンドシーノのプレミアムワイン。

その中でも、買付隊全員が「美味しい!」と、感動したのが、パルダッチのコロでした。

なんと、ヴィノスが30年前に初めて輸入し販売したワインだったのです。

20171205203740.jpg

そんなヴィノスやまざきがカリフォルニアから最初に輸入した一本、「パルダッチ・コロ」

果実の濃縮感!
ベリー系の果実味が口いっぱいに広がる、ボリューム感たっぷりの味わいです。
ステーキやすき焼き、ハンバーグなどしっかりとした料理と最高のマリアージュをお楽しみいただけます。


どうぞこの機会に有機栽培の聖地で造られるプレミアムワインをお試しください!

福井

濃いだけが、カリフォルニアワインではない!

ただいま開催しているワインフェアでは、新着入荷のメンドシーノ・ワインをご紹介しています。

メンドシーノは、カリフォルニアの高級ワイン産地ナパヴァレーより北部にあるワインの生産地。
海に近い涼しい気候で知られるメンドシーノ郡のワイン産地は、景色が美しいだけではなく、ぶどう栽培の最先端をゆく地域でもあります。

1.jpg

先日のブログでもご紹介しましたが、
実は当店が30年前に初めて輸入したワインはメンドシーノワインでした。
しかし、人気だった「ロロニス」は、オーナーが高齢で世代交代等で継続することが出来ず、
泣く泣く、ぶどう園を売却することとなりました。

20171204_02.jpg

今年の夏にメンドシーノを訪問した際、レストランで運命的なワインと出会いました。

20171204_05.jpg


このワインは、今までの濃厚なカリフォルニアワインのイメージとは一変し、
爽やかでシャープな酸と果実味のバランスがとれたワインでした。

ぜひこのワインを仕入れたいと思い、「サラシナ・ヴィンヤード」を訪問すると...

20171204_01.jpg

なんと、このワインのぶどうは、
かつてオーガニックワインの象徴として大人気だったロロニスのぶどうだったのです。

「サラシナ・ヴィンヤード」はロロニスのコンセプトを引き継ぎ有機農法でワインを造っていました。

サラシナ ソーヴィニヨン・ブランは、カリフォルニアの有名なレストラン・フレンチランドリーなどの星付きレストランにもオンリストされており、有名ワイン評価誌でも91点の高得点を獲得しています。

20171204_04.jpg

心地よい果実味とシャープな酸が調和した味わいは、様々な料理と合わせていただけます。
どうぞメンドシーノのナチュラルワインをお試しください!

加藤

ホームパーティを彩るワイン&デリ

何かとお集まりの機会の増える、年末年始。
どんなお酒を選ぶか、どんなお料理を合わせるか...悩みは尽きません。
そんな時こそ、「ホームパーティを彩るワイン&デリセット」いかがでしょうか!



今年の春にご好評いただきました「ワイン&デリ」セット。
クリスマスに合わせて装いを新たに再登場です!


ワインはスパークリング1種に赤ワイン2種!
シャンパーニュ製法で造られる南フランスのスパークリングワイン「キュヴェ・デメリー」に、
人気蔵直ボルドー「ユニメドック」、そして当店人気No.1赤ワイン「ストーンヘッジ・メリタージュ」です。

日頃から皆様よりご好評をいただいているワインに合わせて、こちらのデリをご用意いたします!

20171203_03.jpg

●ルリアーノ・パルマハム・15ヶ月熟成(80g)
ルリアーノは伝統的なパルマハムを手がける生産者。
イタリアの3ツ星レストランをはじめプロにも愛される生ハムです。

20171203_02.jpg

●ルスティック・プチ・カマンベール・トリュフ入(150g)
フランスでも最高品質と謳われるペリゴール産トリュフを混ぜ込んだ
限定のカマンベールは、芳醇で濃厚な味わいをお楽しみいただけます!

20171203_01.jpg

何かとお集まりの機会の増える、年末年始。
「ホームパーティを彩るワイン&デリセット」をお楽しみください!

20171203_button_cart_btn_image.gif


深澤

クリスマスの食卓を彩るヴィノスのBestセレクション

クリスマスまであと3週間となりました!

今年は23日(土)、24日(日)となっておりますので1日早いクリスマスを楽しむ方も多いかもしれませんね。

 

友人やご家族の方などと共にお食事をする方も多いかと思いますが、今週末のヴィノスやまざきでは食卓を彩るクリスマスにおすすめなワインをご紹介しております!

20171201_01.jpg

ローストチキンをはじめとした定番のクリスマス・ディナーに合わせたいシャンパン・白ワイン・赤ワイン。

またケースやスウィーツと合わせて楽しみたい甘口ワインまで、4種類のワインをお楽しみいただけます!

 

本日も多くのお客様がご参加、ご感想をいただきましたが、やはり冒頭に登場した特級シャンパーニュが特に人気!

 

1512203621727.jpg

グラスから立ち上る泡は細かく、程よい色づきをしたふくよかさと繊細さを兼ね備えた1本。

一瞬で周囲を素敵な空間にしてくれる一本です。

抜栓した瞬間から、華やかな香りが広がります。

動画では香りまでご紹介できないのが残念です。

 

本日ご予定が合わずに参加できなかった!というお客様は、明日も開催しておりますので是非お誘いあわせの上ご参加ください!

20171201_ttl170325.jpg

 

近光

聖なる夜に乾杯!

早くも街中はクリスマスムードで艶やかに彩られていますね。
ヴィノスやまざきも特別な季節を楽しむワインが入荷しています。

20171201_02.jpg


このワインを手掛ける蔵元ジャン・ミランはもともとブドウ栽培が専門の農家で、
以前は高級シャンパーニュ「クリュッグ」にブドウを卸していた歴史があります。

所有する畑は高級品種シャルドネで定評のある特級村オジェ村。

20171201_03.jpg

このワインは、特級村「オジャ」のシャルドネを使用し、発酵後瓶内で4年間熟成させたプレミアム・シャンパーニュです。

20171201_04.jpg

ヴィンテージ・シャンパーニュを名乗れる、36ヵ月を超える瓶内熟成をさせることで、香り高い凝縮した果実味をお楽しみいただけます。

今週末に開催する試飲イベントでは、ジャン・ミラン グラン・クリュ スペシャルボトルの他、クリスマスにオススメのワインをご用意いたします!

20171201_01.jpg

白いボトルに赤いエチケット!クリスマスにぴったりのシャンパーニュ!
まずは明日の試飲イベントで至福のシャンパーニュの味わいをお楽しみください!

20171201_ttl170325.jpg

深澤