ヴィノスやまざきバイヤーズブログ

2017年9月アーカイブ

ワインクラブ会員様の限定フェアが始まりました。

実は、昨日からヴィノスやまざき各店では、ワインクラブ会員様(毎月のワイン頒布会のお客様)限定の、
特別なワインフェアを開催しております。

20170930183604.jpg

20170930183152.jpg

ワインクラブはヴィノスやまざきが海外のワイナリーに買付に行ったときに蔵元で見つけた、
数が限られていてお店に並べることができなかったものや、
珍しいワインを一般のお客様に紹介する前に事前に会員のお客様だけにお楽しみいただいたり、

サンプル価格で紹介しているお得なコースです。
IMG_2475.jpg
ワインクラブの商品を選定する試飲会は朝から昼過ぎまでかかることも。

一番人気のコースは毎月2,000円でワインとそれにあうおつまみがセットになった「エンジョイコース」。
毎回ワインとおつまみをどのように組み合わせるか試行錯誤しながらセレクトしておりますが、
11月には、数年ぶりの入荷となった南フランスの樹齢60年以上の古木から造られる赤ワインに、
大人気の山形豚のサラミにヴィノスやまざき直輸入の36か月熟成のパルミジャーノを特別に練りこんでもらいました。
f11.jpg

また、今最も会員数が増えている毎月4,750円で赤白ワインが楽しめるプレステージコースには、
先日のブログで紹介させていただいた静岡県と交流のある北イタリア・フリウリ州から、地ぶどうを使用した珍しい白ワインを、
ワインクラブのお客様だけにお届けいたします。
そしてワインクラブに入会していただいた方限定のワインフェアなども多数開催しております。
w03.jpg
今回は、その場でワインクラブにお申込いただいたお客様もその場ですぐにお買い得にお買い物していただけます。

限定ワインが最大50%OFFでお買い物できるチャンスは10月9日(月・祝日)までです!

ぜひ、この機会にヴィノスのワインクラブ会員になりましょう!
WEBからのお申込はコチラから!
b_hanpukai170923.jpg

片山

どこ行く?ワクワクな週末がスタート!

本日は、9月最終の金曜日 プレミアムフライデー!

という事で、週末恒例の試飲イベントを本日より開催しています!

今週のテーマは、

20170929_01.jpg

先日のブログでご紹介したフランス人気産地「サンテミリオン」や、イタリア白ワインの銘醸地「フリウリ」のワインなど新作が登場!
まずはスプマンテをシュワっとお楽しみください!

20170929_03.jpg

週末とあり、夜のテイスティングバーは賑やかでした。
各店の様子を伺いに、お店を周っていると関西のお店を利用していただいていたお客様に都内のお店でばったり遭遇。

「ヴィノスはアクセスがいいところにあって助かるよ」っと嬉しいお言葉を頂きました。

さて、今週末はヴィノスやまざき各店で、ちょっと豪華なワインがテイスティングバーでお楽しみいただけます!

元祖蔵直ボルドー「ユニ・メドック」が手掛けるプレミアムワインと5大シャトーセカンドの飲み比べが楽しめる有楽町店。

20170929_yuraku.jpg


たまプラーザ店では、豪華なロゼシャンパンの飲み比べ!

20170929_tama.jpg


川崎アゼリア店では、季節酒がテイスティングバーにオンリスト!
20170929_kawasaki.jpg

どうぞ、今週末はいろいろな店舗をはしごしてください!


深澤

新買付ワインが続々入荷中!

先日ご紹介した、シャトー・パヴィヨン・フィジャックをはじめ、現在ヴィノスやまざき各店では、秋の新着ワインが多数入荷しています。

そんな中でも、先日のグランド・テイスト・オブ・ヴィノスとその後の来日ワインフェスタでもお客様にご好評頂戴した白ワインが、こちら。

20170929083706.jpg

このワインは、イタリアの北部に位置し、白ワインの生産で有名なフリウリ=ヴェネツィア・ジューリア州のワインです。
今回、この州のワインを直輸入するのは当店としても初めて。蔵直の第一号フリウリワインです!

私たちヴィノスやまざきの本店が位置する静岡と姉妹都市を提携するフリウリを訪ねたのは今年。
20170929083931.jpg

そこで出会ったこのワイナリーは極力自然な方法でぶどうを栽培する造り手。
20170929083956.jpg

20170929084016.jpg

現地でその素晴らしい畑を確認し、栽培への情熱、そして何よりその味わいに感動したスタッフから熱烈な支持を受けて輸入が決まりました。

シトラスやりんごのようなフルーティーな香りにほのかにトースト香が感じられます。
ピュアな果実味と心地よい酸が楽しめます!

20170926161325_Rhosaka.jpg

先日の来日ワインフェスタでも、
「フレッシュな果実の旨みがストレートに感じられる一本」
「白ワインなのにゆっくりと少し温度を上げながら楽しむと更に楽しめる!」
といったお声を頂戴しました。

そんな新買付ワインが楽しめる試飲会を今週末開催いたします!
29日のプレミアムフライデーからの三日間開催ですので、ぜひこの機会にお試しくださいませ!

詳細・お申込みはこちらから↓
ttl170325_Rhosaka.jpg

店長一同

秋はイタリアワインでサルーテ!

関東は本日も気持ちの良い秋晴れでしたね。
いよいよワインの本格シーズンがやってきました。

この時期、都内の百貨店を中心に様々な催事が開催されます。

本日より、そごう横浜店催事場では、「イタリア展」がスタートし、初日からたくさんのお客様でにぎわいました。

20170927 (1).jpg

また、新宿伊勢丹でもイタリア展がスタート。日本国内屈指の品揃えを誇る催事初日は歩くのも困難なほど。
201709275.jpg

初日からヴィノスブースで人気No.1なのは、

20170927_172649.jpg

フランチャコルタとは、イタリア・ロンバルディア州で、シャンパン製法で造られるスパークリングワインです。

定められた品種で造られ、熟成もシャンパン以上に長い期間を設け、
その味わいは、シャンパンにも負けない旨みや複雑味を感じます。
まさに、イタリアのトップクラスのスパークリングワイン!
しかし、価格もシャンパン並みの高額なものがほとんど・・

そんな中、ヴィノスやまざきは、
フランチャコルタをもっと沢山の方に楽しんでもらいたい・・
シャンパンに負けない品質でありながらもリーズナブルなフランチャコルタをお届けしたい・・!
と、現地を訪問。さまざまな生産者を回り、このラ・フィオリータと出会いました。
201709273.jpg
家族経営のこの生産者は、生産のほとんどを、
国内の自分たちの顧客への販売を行っておりますが、
ヴィノスやまざきの「顔の見える生産者のワインを、顔の見えるお客様にお届けしたい」という思いに共感し、
この度入荷することとなりました。

201709274.jpg
「美味しいフランチャコルタがこんな価格で楽しめるなんて!」
イタリア展にいらっしゃったイタリアワイン通の方々にもご満足をいただいおります。


新宿伊勢丹イタリア展は10月1日(日)まで
そごう横浜店イタリア展は10月2日(月)まで

もちろん、ヴィノス各店でもこの本格派フランチャコルタをご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。
 
今年のワインシーズンの始まりは、是非イタリアワインでお楽しみください!

三浦

この秋必飲の1本、再入荷!

先週末からスタートしたスタディ・イン・ブルーに続き、今回のワインフェアーで待望の再入荷を果たした商品がもう一つ。

 

5年熟成の複雑味溢れる1本が再入荷です!

 

miran 1.jpg

 

ミラン ブリュット レゼルヴ ブラン・ドブラン

 

昨年のワインクラブ「秘蔵スパークリング&白ワインコース」でも紹介させていただき、再販のお声を多数いただいた商品でもあります。

 

DSC04292_R.jpg


ミランは1864年、特級村のオジェ(Oger)に設立されたメゾン。オジェの中でもとりわけ秀逸なぶどうを栽培していたミランは、あの有名なクリュッグに100年以上に渡ってぶどうを供給していたという歴史を持っています。

 

特にオジェ村は、シャルドネのメッカ【コート・ド・ブラン地区】の中において特級に定められており、まさにシャルドネのためだけの産地と言っても過言ではありません。

 

また、現在では温度管理が楽なステンレスタンクでの発酵・熟成が主流となりましたが、昔は樽を用いることが多かったシャンパーニュのベースワイン。

 

もちろん楽な作業ではありません。手間と時間、そして経験が必要なこの作業を今も実施しているのは大手メゾン(クリュッグ、ボランジェ、エグリ・ウーリエなど)など限られた生産者のみとなっています。

 

DSC0miran4241_R.jpg


しかし、ミランはキュヴェ・レゼルヴについては今尚大樽で発酵・熟成を実施しています。


ほのかに樽の風味がついたベースワインをもとに造られる味わいは、繊細で奥深く、魅惑的。抜栓後、時間が経って泡立ちが弱くなっても、このレゼルヴの品質は落ちません。泡が弱くなっても美味しい、これがこのキュヴェ・レゼルヴの実力です。

 

20170926191106.jpg

 

過去には有名なシャンパーニュ「ドン・ペリニヨン」よりも高い評価を獲得した実績を持ちます。

 

これからの季節を彩るシャンパーニュとしていかがでしょうか。

 

autu  mn_ttl.jpg

 

ご連絡をお待ちしております!

 

加藤

 

秋を感じる喜びと夏が終わる寂しさ

今日、午後の早い時間に所用で20分くらい歩く機会がありました。

例年ほどの猛暑ではなかったものの、ついこの間までは暑さで

へとへとになっていたのが、嘘のようにすがすがしい気候でした。

日差しもやわらかくなっていて、昼間でも秋を感じるような天気でした。

 

そんな歩きながら頭に浮かんだワインが

ウォーターストーン シャルドネ カーネロス

明るい天気の中で飲むなら白ワイン。

でも、キンキンに冷やして飲むようなワインではない。

でも、まだ夏の残りを感じるから重すぎてもだめ。

この条件を満たしてくれるのはこのワインだったのです。

 

Waterstone Chardonney.jpg

 

 

カリフォルニアの中でも冷涼なカーネロスという地区は

秀逸なシャルドネ&ピノ・ノワールが生まれます。

これらのワインに共通の特徴は上品な酸味。

その上品な酸味を中心に果実味と樽熟成からくるクリーミーな

味わいが素晴らしい調和を形成しています。

まるで夏の躍動感と秋の情緒を表しているかのようです。

 

20170925204611.jpg

 

 

この週末に晴れたらこのワインを是非、午後の光の中でのんびりと飲んでみてください。

(今からならネットでご注文いただいても週末に間に合います → ご注文はこちら

そして、この造り手を含むカリフォルニア2大生産者が、

来月「パルコヤ上野店 オープン記念」で来日いたします!(→ 詳細はこちら

ぜひ、一緒に彼らのワインと楽しみましょう。

 

最近は日本の気候も亜熱帯みたいで過酷だなぁ、と思っていましたが、

今日は四季がある国に生まれてよかったなぁ、を思いました。

でも、ちょっぴり終わる夏の寂しさも感じたのでした・・・

寺田

秋の新作入荷!

涼しくなり、秋の訪れを感じる季節になりました。

秋といえば、食欲の秋!

秋にはおいしいものがたくさんあります。

また味覚の秋とも言われ、1年の中で最もおいしいものがたくさん食べられる季節が秋です。

そして、涼しくなると飲みたくなるのが赤ワイン!

そんな季節にオススメの秋の新作がこちら!


このワインを手掛けるシャトー・ラ・グラーヴ・フィジャックはフランス・ボルドー地方の銘醸地サンテミリオンの注目シャトー。

20170924_04.jpg

サンテミリオン最高峰シャトー・シュヴァル・ブランと小道を隔てて隣り合い、
フィジャック、レヴァンジルなど名だたるシャトーの畑に隣接し最高の土壌でそれらに引けを取らないグランヴァンを造っています。

20170924_03.jpg

今年の夏に現地を訪問した際に、少量造るこのワインを紹介していただきました。

セカンドラインであるこのワインは、ファーストワインと同じ畑のぶどうを使用し、上品でやさしい味わいに仕上げています。

20170924_02.jpg

赤い果実の風味をしっかりと感じ、タンニンは穏やかで、香り豊かな余韻が長く楽しめます。

20170924_99.jpg

深澤

秋の本気ワインフェアースタート!

気温も涼しくなり、いよいよ秋らしくなってきました。

ワインの本格シーズンに向けて、ヴィノス各店では新入荷や再入荷商品の「本気ワイン」フェアーが本日からスタート!

 

中でも注目の1本はこちら。約10か月ぶりの再入荷です。

20170923_99.jpg 

スタディ・イン・ブルー

 

スタディ・イン・ブルーは、ナパ・ヴァレーで開催される「プレミア・ナパヴァレー」というオークションのために、ウォーターストーンがワインへの情熱と培ってきた経験を注ぎ込んで手掛けた1本。

 
「本当に美味しいナパのワインをより身近に楽しんでもらいたい」と、幅広いコネクションを駆使し、高品質のぶどうからワイン造りを行っています。このワインも、「オークヴィル」、「ラザフォード」、「スプリング・マウンテン」と、名だたる銘醸産地から手摘みで収穫されたぶどうを30か月もの長期熟成。重厚感のある果実味とエレガンスに満ち溢れた味わいです。

 

実は、スタディー・イン・ブルーは昨年分けていただいた分が最後だと蔵元からも聞いていました。

 

IMG_0403.jpg

しかし、この夏現地を訪問した時、蔵元のカーヴで熟成されていたスタディ・イン・ブルーを発見。交渉の末、「これが本当に最後だよ」と譲っていただくことに成功しました。

 

本日と明日、ヴィノス各店の店頭ではこのスタディー・イン・ブルーと新入荷のフランチャコルタをティスティングできる試飲会も開催しています!

 

ttl170325.jpg

開催店舗はこちら↑

 

20170923191523.jpgのサムネール画像 20170923191648.jpgのサムネール画像

20170923192421.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

事前にご予約いただいたお客様にはスパークリング&赤ワインに合わせたチーズプレートをサービスさせていただきます。どうぞご予約の上ご参加ください。

 

皆様のご来店をお待ちしております!

 

加藤

ワイン試飲会、縁の下を支えます!

本日は、仙台会場にて「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」ファイナルを開催しました!

20170922-1.jpg

今回、初来日となった3蔵元は、日本のお客様に自分たちのワイン造りのこだわりを紹介できたことや直接感想を聞けたことなど満足していました。

20170922-2.jpg

そして、各会場では、語学の得意なスタッフが通訳として活躍していました。

20170922_01.jpg

通訳をするにはワインの基本的な知識を理解するだけじゃなく、お客様にわかりやくすお伝えするため、ただ語学ができるだけでは勤まりません。

また当店では、現地への買付、ワインの仕入れ、イベント開催、スタッフ向けの勉強会もスタッフ自らが行っています。

20170922_07.jpg

生産者と同じ気持ちになって情熱を伝えてるため、ワインの味わいだけでなく、ぶどう栽培・ワイン造りのこだわりを学びます。

20170922_03.jpg

語学が苦手なスタッフも、
「美味しいワインをお届けしたい!」
「ワインって美味しい!楽しい!と体感してほしい!」と頑張っています。

20170922_08.jpg

一人でも多くのお客様にファンになっていただきたく、
私たちは、情熱をもって、ワクワク・ドキドキを提供いたします!

近日新店オープンの為、ただいまスタッフを募集しています!

ワイン初心者の方でも大丈夫!
b_new_stores170915.jpg

深澤

静岡県との架け橋に!

本日はヴィノスやまざきの原点 静岡会場にて「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」を開催いたしました。

S__31997956.jpg

この大試飲会では、これからの秋のワインシーズンにお楽しみいただきたい新着ワインをお披露目いたしました。

その中でも、静岡の皆様にご紹介したかったワインが静岡県と姉妹都市である北イタリアのフリウリ・ベネツィア・ジューリア州(以下フリウリ州)のワインです。



先月、静岡県とフリウリ州との姉妹提携の捺印に同席し、難波副知事と共にフリウリ州のワイナリーを訪問しました。

今回のイベントに来日してくれた「マス・ダ・リーヴェ」がその一蔵です。

S__31997957.jpg

「マス・ダ・リーヴェ」は、1900年から家族代々引き継がれてきた小さな蔵元。
先祖代々引き継いできた伝統的な製法だけでなく、ビオディナミ農法を少しずつ取込みながら、自然環境に配慮したサスティナブル農法でぶどうを育てています。



本日は、ご参加いただくお客様のためだけに日本未入荷のワインなどご用意いただきました。

20170922001432.jpg

そして、難波副知事からも現地で畑、そしてワイン造りのこだわりを取材してきたことを語っていただきました。

ヴィノスやまざきは、造りての想いを皆様にお届けいたします!

明日は、仙台会場での「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」開催です!

片山

東京会場にてグランド・テイスト・オブ・ヴィノス開催!!

本日は、東京会場にて「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」を開催いたしました。

20170920 (6).jpg

ヴィノスやまざきは、この秋、みなさまに支えられて、
旗艦店である有楽町店の10周年、関東一号店である渋谷店の16周年、
たまプラーザテラス店7周年、新静岡セノバ店6周年、ルミネ新宿1周年と、
様々な店舗がアニバーサリーを迎えます。

今回は、日頃の感謝を込めて、ロングセラーワインだけでなく、
今回初来日の生産者たちのような、ヴィノスやまざきの買付け隊が
世界中から探して出会った新しい職人たちのワインもお披露目させていただきました。

20170920 (4).jpg

20170920 (1).jpg

20170920 (7).jpg

そして、有料試飲ブースでは、世界各国のグランヴァンがお楽しみいただけるメニューや、
20170920 (3).jpg

ご注文いただいたお客様向けの大抽選会で、夢のグランヴァンが当たったり?!、
(※会場で3,000円以上ご注文のお客様対象)

アニバーサリーの店長たちからのプレゼントワインなど、
20170920 (9).jpg

今までにないイベントも多数ご用意いたしました。


このように新商品をお披露目できたり、様々な企画をご用意できるのも、
やはり、日頃からヴィノスを支えて下さっているお客様のおかげです。

決してプロではなく、お客様の「美味しい」と思ってくれるワイン、
ブランドではなく味にこだわったワイン、
そして、お客様にいつでも入りやすいお店造りを目指してきました。

これからも、ヴィノスやまざきはお客様のために、
新しいワインとの出会いをお届けできるよう、精進してまいります。


そして、明日からの静岡会場、仙台会場だけでなく、
0920form_ttl.jpg

ぜひ、ご一緒に新しい生産者とワインとの出会いを楽しみましょう!!


三浦

秋の大試飲会のスタートです

いよいよヴィノスやまざき秋の大試飲会「グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」がスタートいたしました。
さっそく先ほど終了したばかりの神戸会場より写真が届きました!

6227.jpg



今回の試飲会では、昔からの定番ワインの最新ヴィンテージだけでなく、まだ当店に並べていない未発売ワインなどの新商品も数多く出品しております。

明日の東京会場では、どんな出会いがあるのか。今から楽しみです!

そして、イベントに合わせ初来日した3名の生産者は週末、店舗開催の特別試飲会へも参加いたします。

大試飲会に残念ながら日程が合わずご参加出来なかった方など、ぜひこの機会にいかがでしょうか。

モダン・スタイルで造られた果実味溢れるスペインの銘醸地"リオハ"から来日したテレサ女氏。
「リオハの熟成ワインを手頃な価格で楽しみたい」
というお客様の声から、買付隊が探した今世界的に評価も上がっている蔵元です。

7B3BC0F3-07E5-4BA7-AF1A-49BB0906FD63.jpg


当社本店のある静岡と友好都市でもある、北イタリアのフリウリ州からは、地元"ピノ・ネロ(ピノ・ノワールの意味)協会会長"をも務めている地元のリーダー的存在であるファブリッツォ氏がやってきます。
既にブログで紹介したところお客様から
「あのワインはいつ入ってくるの?」
と問い合わせを頂いております。まだ未発売ワインですが、店舗での来日イベントでは特別に取寄せた彼のワインをお楽しみください!

201709092.jpg

なんと最高樹齢140年の古木をも所有しているオーストラリア・バロッサヴァレーからは、女性オーナーのリサ女史の来日です。
パンチと複雑味のあるシラー種だけでなく、チョコレートのような濃厚な甘みのデザートワインなどがありますが、ハイクラスは良年しか造らないというこだわりで女性職人な方です。

20170911175843-thumb-400x266-72714.jpg

この3蔵の3名が色々なお店を回っていきます。

詳細・ご予約はこちらよりご確認ください。↓↓↓
0920form_ttl.jpg


http://www.v-yamazaki.co.jp/event/grand_tasting/festa_entry.html

岩谷

収穫、いよいよスタート!

今週、いよいよ「ザ・グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」がスタート!

 

l_grandgra_tasting.jpg

 

日本へ向かっている生産者たちは、早く自分達のワインを紹介したいと張り切っていいます。

 

一方、フランス ボジョレー地方からは収穫を迎えて気合が入っている蔵元から連絡が届きました。

 

28176BF7.jpg

先週から収穫をスタートしたナチュール

 

村の中でも一番標高の高い丘の上に畑を所有し、とにかく品質の良いぶどう造りにこだわっています。収穫穫は全て手摘みで行い、畑にわざわざテーブルを設置し、その場ですぐに良いぶどうだけを選ぶというこだわりよう。

 

E953E58C.jpg

今年は収穫直前まで理想的な気温が続いたため、旨みが凝縮したぶどうが収穫できたとのこと。

 

7262A44E.jpg

ご覧ください、この輝きのあるぶどう!

 

畑でも良いぶどうだけを選んでいるのに、タンクに運ばれる前には、痛んだぶどうや枝などを取り除くためにさらにぶどうをチェック。畑と醸造所、選果を2回行うことによって、本当に質の高いぶどうだけを使っています。

 

今年で6年めを迎えるナチュール。実は、もともとはヌーヴォーを造っていませんでした。現地の星付きレストランからの依頼を受けて、毎年少量だけ特別に造るようになったとのこと。もちろん、今年も星付きレストランで提供されます。

 

IMG_6751.jpg

「良いワインは質の高いぶどうから」と語るデニスさん。

素晴らしいぶどうが収穫できた今年は、きっと素晴らしいヌーヴォーができるはず!

 

是非楽しみにお待ちください。

 

ご予約はこちらから!

b_nature.jpg

 

他の蔵元からも情報が入り次第ご紹介させていただきます!

 

加藤

人気ワインにミニサイズが新登場!

コストパフォーマンス抜群で、ヴィノスやまざきの大人気のワイン「リッチランド」シリーズ。


初お披露目と共に瞬く間に完売となった夏ヌーヴォーをはじめ、ヴィノスやまざきのオーストラリアワインを牽引するカラブリア家が手掛けています。

創業者のビル・カラブリア氏は、オーストラリアのワイン産業の発展に大きく貢献したとして、国家より「女王叙勲章」を受賞した、オーストラリア屈指の生産者でもあります。


「リッチランド」という名前は、初代のフランチェスコ・カラブリア氏がイタリアからオーストラリアのリヴァリーナにやって来て、その美しく壮大な土地を「rich land(リッチランド)」とよく呼んでいたことに由来するそうです。

20170606124550.jpg

そんなリッチランドを、「もっと気軽に楽しみたい」「飲みきりサイズが欲しい」というお客様の声を受けて、買付隊が密かに交渉を続けていました。


そしてついに、赤白ともに新入荷となりました!

20170905 1.jpg


赤は、カラブリア家が得意とするシラーズ。シラーズ特有のベリーの凝縮感とブラックペッパーのようなスパイシーな舌触りが楽しめます!


白は、祖先の故郷であるイタリアの伝統品種ピノグリージョ。リンゴや洋ナシの風味豊かなピュアで爽やかな味わいです!

秋の行楽シーズンなど、様々なシーンに寄り添う新たなワインでお楽しみください!

井山

中華とワインのマリアージュ!?

本日は、プラチナ通りにある中華の名店 『 白金亭本店 』 にて、広尾店&中目黒店主催のランチワイン会を開催いたしました。

今回のランチ会のテーマは「中華料理と楽しむカリフォルニアワイン」!

「中華料理とワインって、本当に合うの・・・?」というお声もいただいていた中、シェフとも打ち合わせと試作を重ね、特別なランチコースをご用意していただきました。

まずは、スパークリングワインのプロジェニーで乾杯!

20170916 _01.jpg

女性審査員が選ぶワインコンクール「サクラワインアワード」にて、最高金賞ダイヤモンドトロフィーと、中華料理に合うベストワイン特別賞の二冠を獲得したスパークリングワイン。こちらだけ、カリフォルニア産ではなかったのですが、中華料理に合わせて、どうしてもご紹介したかった一本です。

アルゼンチン、アンデス山脈のふもとに広がる標高の高い畑で育った、ピノノワール種とシャルドネ種をブレンドして作られ、ほんのりフルーティーな味わいが、素材の味を引き出した前菜5品にぴったり!中でも、マスカルポーネを使用したピータン豆腐との相性が抜群でした。

20170916 _02.jpg

香港式点心と、パパイヤとクレソンのスープに合わせたのは、ストーンヘッジ・ゲヴュルツトラミネール

20170916_03.jpg

ライチや白桃のような、エキゾチックな香りに溢れたこの白ワイン。出汁の旨味がたっぷりのスープと、具のパパイヤの優しい甘みに、意外なことにベストマッチ!「口いっぱいに南国フルーツの香りが広がって、これまでに無い美味しさですね!」「カリフォルニアの美味しい白ワインって、シャルドネだけじゃないんですね!」との声をいただきました。

個性の強いゲヴュルツトラミネール種のワインは、どんなお食事と合わせるか迷ってしまうことも多いのですが・・・中華やタイ料理など、ご自宅でエスニック料理を楽しむときにもオススメです。

そして、大エビのチリソースには、先週リリースされたばかりのThe K ピノノワール

20170916_05.jpg

じつは、本日のエビチリのチリソースには・・・シェフに少し無理を言って、蔵直チーズの「パルミジャーノ36か月熟成」と「コンテ24か月熟成」を、特別に使用していただきました!エレガントでふくよかな果実味にあふれたピノノワールと、大エビの甘み、チーズでコクと深みの増したチリソースとのマリアージュは・・・「中華とワイン・・・?って思っていましたが、これはベストマリアージュですね!」と、驚きの声をいただきました!

メインの、洋ナシに詰めた黒酢の酢豚に合わせたのは、メリタージュ・リザーヴ#506

20170916_06.jpg

洋ナシの華やか香りに、黒酢とスパイスの風味、そして煮込んだ豚肉の甘みが、果実味が凝縮したナパワインにぴったり。本日の一番人気でした!

ヴィノスやまざきがカリフォルニアワインに取り組み始めたのは、今からもう20年以上も前のこと。ナパワインの価格が年々高騰するなか、「美味しいナパワインを、ふだんから手頃に楽しみたいのに・・・」というお客様の声から、手頃で美味しいワインを現地で探し求め、そしてワイナリーとの長年の繋がりを活かして、現地のワイナリーと共同で開発したのが、この「メリタージュ」シリーズです。

本日のランチ会では、中華料理と合わせてお楽しみいただきましたが、ヴィノスやまざきでは、これからも手頃で美味しいカリフォルニアワインを皆さまに届けてまいります!

20170916_07.jpg

今日のランチワイン会でエビチリと一緒にお楽しみいただいたThe K ピノノワールは、この3連休、全国の店舗でもお楽しみいただけます。ぜひ、皆さまのご来店を、心よりお待ちしております!

広尾店 本島

三連休のご予定は?

明日からの三連休のご予定はお決まりですか?

ヴィノスやまざき各店では、今週末イベント盛りだくさんでお届けいたします!

20170915_03.jpg

週末恒例の試飲イベントでは、売上本数NO.1を誇る人気のブラックシラーズを始め、ヴィノスやまざきが誇る「うま得バリューワイン」をセレクト致しました!
ご自宅で気軽に楽しむお気に入りワインをこの機会にぜひ見つけて下さい!

そして、昨日のブログでご紹介した『 匿名ワイン「K」&1級ブルゴーニュ飲み比べ対決! 』

20170915_04.jpg

2015年に「D」と「H」をリリースし、去年2016年には「S」と「C」をリリース。
その話題性と絶対的な味わいで瞬く間に姿を消した匿名シリーズから遂に新作の「K」が登場!
今回は初めてのピノ・ノワール品種!ハイクラスブルゴーニュとの飲み比べで是非ともお試し下さい!

▼試飲イベントのお申し込みはこちらより
l_tasting_event1709.jpg

そして、三連休の最終日は『 敬老の日 』
敬老の日のご準備はお済ですか?

当店では、ワインはもちろん、ノンアルコール&低アルコールワインを多数ご用意しています!

20170915_02.jpg

こちらは、フランス・ノルマンディー地方のりんごのお酒 『 シードル 』 で使用する小粒のりんごを使用したノンアルコール!
りんごは医者いらずと言いますが、りんごポリフェノールは抗酸化作用が極めて高いそうです。

20170915_01.jpg

敬老の日に、健康のプレゼントはいかがですか?
プレゼント用に、無料ラッピングでご用意いたします。

皆様、素敵な三連休をお楽しみください!

深澤

あの匿名ワインKとオークションワインの飲み比べ!

ヴィノスのショップに立ち寄ると、店頭では毎日無料試飲を行い、テイスティングバー店舗では数種類のワインが楽しめます。
また、週末には有料試飲イベント、ワインフェスタやTOV(テイストオブヴィノス)も開催しています。
さらに毎月開催しているワインセミナー、あるいは不定期ながら試飲イベントや生産者来日イベントなど。。。

また、なかなかお店に足を運ぶことができない方のためにと、ネットショップも充実させ、さらにネットショップでしか入手できない限定のセットもご用意しています。

気になる今週末の3連休は・・・ 

先日までは予約が殺到し、販売と同時にお店では、「匿名ワイン?何それ??気になる!飲んでみたい!!」と手に取り、買い物かごに入れるお客様が続出し、ネットショップでも毎日注文が殺到している、今最注目のワイン。
20170914132545.jpg
身元を明かすことができない神秘性に加え、その圧倒的な味わいと価格で販売後に瞬く間に店頭から姿を消した、あの匿名シリーズ第1弾『D&H』、第2弾『C&S』に続く第3第の匿名ワイン『K』

いよいよ週末3連休イベントに初登場し、皆さまの?!にお応えします。

せっかくの3連休にお店にお立ち寄りいただけるならばと、同時に飲み比べする極上ワインが欲しいと店長たちが考えたワインとは・・・

なんと、世界で最も有名なワインオークション、ブルゴーニュ地方の『オスピス・ド・ボーヌ『ボーヌ1級ニコラ・ロラン2015』
中でもオスピス・ド・ボーヌの創始者「ニコラ・ロラン」の名を冠した今回のこの1本は、オークションの中でも特にバイヤーたちに人気のあるワインです。
20170914132624.jpg
週末のイベントのお申し込みはこちらから↓

l_tasting_event1709.jpg

是非、今週末もヴィノスのワインでお寛ぎいただければと思います。

P.S.
昨晩は、静岡朝日テレビカルチャーや池袋サンシャインシティのメゾンカイザーで、月例ワインセミナーを開催しました。

20170914bai02.jpg

20170914bai01.jpg

買付隊の買付裏話が楽しめた静岡、メゾンカイザーの料理に加えチーズも楽しめた池袋、皆さんの笑顔に心から嬉しく思いました!

ワインセミナー申し込みはこちらから↓

top_b2.gif

鶴見

惚れてしまいました!

先日、店長が集まるミーティングで最近新入荷したワインについてお客様の感想を聞いていたところ「やっとドイツワインが入荷したね」「ほんのりフルーティーで飲みやすいフランケンワイン美味しかったよ」「ほんのり辛口で食事との相性がよいドイツワインを探していたから嬉しいよ」とお客様から入荷を心待ちにしていたコメントをいただきました。

 

 

以前、当店のドイツワインで人気だった蔵元が後継者問題などで蔵を閉めてしまったり、天候不順などで生産量が減少し価格高騰してしまったことなどあり、手頃な価格で提供することが困難な時期が続いておりました。

 

お客様からも、「ドイツワイン減ったね」と言われることもあり、何とかしたいと思う気持ちでいっぱいでした。

 

 

そんな中、ある1本のドイツワインを試飲した際に、上品なミネラル感とマスカットの風味を感じ、ほんのりフルーティーで果実の旨味を楽しむことができるワインと出会いました。

 

価格を知らされていなかったので2,000円代中盤くらいならお買い得だなと思い価格を聞いたらなんと...1,000円代中盤だと。

 

「これは美味しい!是非、ワイナリーを取材したい」と思い現地を訪問しました。

 

 

 

ドイツの銘醸地と言えば、モーセル地区とかライヘッセン地区などが思い浮かぶと思いますが、その蔵元はナーエ地区でした。

ドイツのモーゼル川、ライン川の間、ナーエ川流域の地域でバラエティに富んだワイン造りを行っているため「ドイツの試飲小屋」とも言われています。

 

 

そのワインの生産者とは、ヤコブ・シュナイダー

1575年創業で現在16代目。

ナーエ地区で若手注目の生産者として知られているのが当主のシュナイダー氏。

 

IMG_5003.jpg

 

 

 ワイン評論家ロバート・パーカー氏から、カビネットクラスで90点以上の評価を獲得し、ぶどうは全て自家栽培し、醸造・瓶詰めまで一貫して行ってる生産者です。

 

 

 

現地を訪問したらすぐに「是非、私たちの畑を見てほしい」と案内されました。

 

S__6815768.jpg

 

IMG_5016.jpg

 

 

機械では収穫できないほど急斜面で、当然ぶどは全て手摘みで収穫をおこない、一部のエリアは命綱つけないと危ない場所あると話していました。

 

IMG_4985.jpg

 

 *航空写真にて

 

ワイン造りは、当主のシュナイダー氏が父から受け継ぎすべてを行っています。

 

 

彼曰く「私達は、恵まれた立地に自社畑を所有しぶどうの品質は非常に高いです。上品な酸味と果実の甘みを上手に引き出し、料理の味わいを引き立てるワインです。日本の和食とも非常に相性が良いと思います。」と語ってくれました。

 

IMG_4988.jpg

 

 

今回、シュナイダー氏のワイン以外にも何種類か入荷しましたが、それぞれに個性があり生産者の想いやこだわりが詰まったワインたちです。

 

また、ブログで紹介しますが、まだ飲んでない方は一度お試しいただければと思います。

 

今回入荷した、リースリング・ハルブトロッケン(やや辛口)ワインは、料理と合わせてお楽しみください。

 

 

 

普段はあまり一目惚れしないのですが、このワインを飲んでコストパフォーマンスの高さに惚れてしまいました。

 

 

 

さっそく家に帰り、一杯飲みたいと思います。

おそらく一杯では終わらないと思いますが・・・

 

 

福井

 

 

プロもお墨付きの味わい!

本日は、都内某所で開催されたカリフォルニアの銘醸地ナパ・ヴァレーのワインを取りそろえた試飲会で、当店の蔵直ナパワインをご紹介してきました!

20170912_02.jpg

今回の試飲会は、飲食店様&酒販店様向けに開催され、日頃からたくさんのワインを試されたプロがご参加。

20170912_01.jpg

試飲会のテーマ「カリフォルニア・ナパヴァレー」は今一番注目の高級ワイン産地のひとつです。

その為、一般的な飲食店様&酒販店様向けの試飲会よりもやや高額なワインが取りそろえられていました。

試飲会では、日頃から厳しいワインの目利きをされているプロの方々から様々な意見を頂け、とても参考になりました。

そんな中で、試飲していただいた方々から

「ソーヴィニヨンブランなのにこんなに濃いの?」

「樽熟成のリッチな味わいが楽しめるね」と驚きの声をいただいたワインがあります。

20170912_03.jpg


ナパ・ヴァレーらしい果実味たっぷりの濃厚赤で、当店人気No.1のメリタージュ
「銘醸地ナパ・ヴァレーのワインを3000円台でをお届けしたい」その思いから、蔵元と畑の区画まで指定して当店のお客様のためだけに造られたオリジナルのワインです。

以前から、メリタージュの白が飲みたい!とのお声を、沢山いただいており、
蔵元と共同で開発を進め、今年の6月に「メリタージュ・ホワイト」を初お披露目となりました。

20170625150251.jpg

ソーヴィニヨンブランを主体に3種類のぶどうをブレンドしたボルドースタイルのこのワイン。
10ヶ月の樽熟成による濃縮感と、豊かな果実味を活かしたアロマティックな1本です。

ソーヴィニヨンブランを使用したワインは、スッキリした味わいのものがほとんどで、この濃厚な味わいにワインのプロも驚かれていました。

少し涼しくなってきたこの時期に、濃厚な白ワインはいかがでしょうか?

深澤

秋の試飲会 まもなく開催!

気温も涼しくなり、少しずつ秋らしくなってきました。 いよいよワインが美味しい季節がやってきます。

 

先日もブログで紹介させていただきましたが、秋の大試飲会「ザ・グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」がいよいよ来週開催です!

 

20170909_wine.jpg

※写真はイメージ。

 

「いろんなワインを試して、自分の好みを探したい」

という、前回のイベントでいただいたお声にお応えするために、この秋入荷予定の新商品を中心に、約100種類のワインをご用意させていただきます!

 

イベントに合わせて、オーストラリア、イタリア、スペインから、「是非自分たちのワインを直接ご紹介したい!」と3蔵元が参加致予定です。

 

今日はオーストラリアから来日する、古木を多く所有する家族経営の蔵元、ルーミランダをご紹介!

 

20170911175843.jpg

ルーミランダは現オーナーで3世代目となる家族経営の生産者。オーストラリアの銘醸産地バロッサ・ヴァレーで女性醸造家のサラさんがワイン造りを行っています。

 

素晴らしいワインを造るのは素晴らしいぶどうなんです」と、バロッサヴァレーの特徴をしっかり表現できる優良畑を異なる区画に少しずつ所有することで、コストパフォーマンスに優れたワインを生み出しています。

 

20170911180246.jpg

中には樹齢120年近い古木もあるほど!現地でここまでの古木を所有している生産者は数少ないといいます。初代からぶどうの栽培に重きを置き、手作業でしっかりやってきたからこそ、樹齢の古い樹が残っています。

 

20170911_202322.jpg

今回の新商品フェアーでご紹介しているワイン「ルーミランダ オールドヴァイン シラーズ」は超古木の樹齢105年のシラーズから造られます。想像以上の旨みと複雑に溢れる味わいには驚きです。

 

なぜここまでの古木を所有しているのか、ぶどう栽培の秘訣など、醸造家サラさんから直接お話を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

当日は新入荷のワインだけではなく、最新年号の人気ワインやこのおすすめのチーズもご紹介させていただきます。

 

l_grand_ tasting.jpg

 

この秋冬に楽しみたいお気に入りワインを是非見つけましょう。

ご連絡をお待ちしております!

加藤

ただいま収穫真っただ中!そして、新作も続々...!

ただいま、北半球のワイン産地では、ぶどうの収穫が真っ只中です!

こちらは、シャンパーニュのモンマルト。
20170910_04.png

モンマルトでは、シャルドネから収穫が開始しました。
今年は春先の霜や雹でぶどうの生育が心配されましたが、パンパンに熟したぶどうが収穫できています!
20170910_03.png

こちらは、先日のイタリア買付で訪問したイル・ムーロです。
20170910_02.png

こちらのぶどう品種はシャルドネです。
一時期、イタリアでは、新樽熟成をさせた濃厚なシャルドネが増えたそうですが、
イル・ムーロでは、この土地の味わいを活かした豊かな果実味と心地よい酸が楽しめるワインに仕上げています。
20170910_01.png

先日買い付けたイル・ムーロのワインは10月入荷予定です。

そして、秋のワインシーズンに向けて新作ワインが続々入荷しています。

20170910_taste5.jpg

今週末の試飲イベントでは、当店の人気ワインをはじめ、新作ワインをお楽しみいただきました。

20170910_taste6.jpg

試飲イベントでは、ボデガス・フランコ・リオハ・レセルバが1番人気!

スペインの銘醸地リオハのワインが1980円はとてもコスパが良くて普段のみにしたいという声を多数いただきました!

今月開催する「秋の大試飲会」の為に、このワインを造るボデガス・フランコ・エスパニョーラスのルーベン氏が来日します!

そして、このワインが遂に入荷!

毎年話題となる匿名ワインの新作 「 The K 」

今回は赤ワイン初となる、ピノノワールです。

20170910_k.jpg

ソノマ・コーストの上質なピノ・ノワール種を厳選して造るこのワインは、煮詰めたチェリーやベリー系果実の芳醇な香りが、樽熟成由来の芳ばしい風味と絶妙に絡み合い、深みのある味わいに仕上がっています。

続々入荷する新作ワインをお楽しみいただく試飲イベント開催まであと10日!
ヴィノスやまざき秋の大試飲会で新着ワインをどうぞお楽しみください!
0827ttl_pc.png


深澤

静岡県のイタリア姉妹都市からワインが届きます!

今年4月、私が初めて静岡店に赴任して間もないころに、県庁からお店にご電話をいただきました。

「県の姉妹都市である北イタリアのフリウリ・ベネツィア・ジューリア州(以下フリウリ州)とスポーツ交流以外にも現地の食文化の経済交流ができないか検証した結果、ワインやチーズを輸入をしてくれる会社としてヴィノスやまざきさんに是非、お願いしたい!」

と、その後難波副知事に当店の事務所にお越しいただき、改めてご依頼をいただきました。
直接、県の副知事から依頼を承るという大変貴重な経験は初めて、とても光栄なことでした。

フリウリ州はイタリア最東部に位置し、東はスロべニア、北はオーストリアに接する州です。首都はトリエステ。人口20万人の小さな首都です。 ↓オレンジのところ
201709099.jpg
http://www.adomani-italia.com/ryugaku-info/where-to-stay/fvg/から引用

2015年から静岡県とフリウリ州との交流が始まりました。
フリウリ州はロードバイクの世界三大レースと言われる「ジロ・ディ・イタリア」の会場として選ばれ、

ゾンコラン峠の山を登るレース「カルニア・クラシックインターナショナルフジ-ゾンコラン」が開催されます。

静岡県は観光とスポーツの交流の観点から、2015年以降に同州と姉妹都市交流を行い、その年、難波副知事も実際にレースに参加されました。

海と山に囲まれ、豊富な食材に恵まれている点で静岡県とフリウリ州には食文化の共通点がたくさんあります。

清水港とトリエステ港(トリエステはフリウリ州の首都)という大きな港を持っているという点も共有しており、
今回県の方々の訪問はこの二つの港の姉妹提携の調印式のためでもありました。
201709095.jpg


食文化の経済交流のひとつとしてワインやチーズの輸入も検討していくということから、この貴重な調印式に私たちヴィノスやまざきも同席させていただき、フリウリ州の副知事とトリエステ港の局長と直々にワインについてアドバイスをいただきました。
201709096.jpg
「一言でフリウリ州のワインといっても様々な地形から土地によって味わいが異なる。この個性豊かなワインを日本に伝えてください」


ワインについては、日本ではまだまだ無名の産地ですが、白ワインの品質の高さはイタリア国内だけでなく世界的にも高い評価を獲得している産地でもあります。

多くの生産者が冷涼な気候を活かした自然派農法に取り組んでいる産地でもあり、またこの土地特有の醸造方法でワインを造る生産者もおり、非常に個性的でいて、品質の高いワインがたくさん生産されています。
201709097.jpg
オーナーの兄ファブリッツィオ氏

その中でも、今回訪問した蔵元の1軒「マス・ダ・リーヴェ」は1900年から家族代々引き継がれてきた小さな蔵元です。
フリウリ州の銘醸地のひとつイソンゾ渓谷に25ヘクタールの畑を所有しています。

201709092.jpg
副知事らとともに畑、醸造所の視察

北緯がブルゴーニュ地方と同じであることと、土壌には氷河が削ったアルプスの土壌が流れてきており大きな石が畑の合間合間に転がっており、ミネラル感のあるシャルドネとピノノワールを得意とする生産者です。

先祖代々引き継いできた伝統的な製法だけでなく、ビオディナミ農法を少しずつ取込みながら、自然環境に配慮したサスティナブル農法でぶどうを育てています。
2017090910.jpg
「この土地の気候・風土を活かしたワイン造りをしたい」という醸造担当の弟マルコ氏

昨年からはこのフリウリ州で伝統的に造られている、白ワイン用のぶどうを、赤ワインと同じように醸造して造る「オレンジワイン」にも取り組み始めています。

今月のグランドテイスト・オブ・ヴィノスにも、オーナーのファブリッツィオ氏がさっそく来日してくれることが決定いたしました。

まだ日本未入荷とはなりますが、特別に現地から当日ご参加いただくお客様のためだけにワインを送ってくれております。

201709091.jpg
これから静岡県公式ワイン?となっていくフリウリ州のワインを味わいに、ぜひ皆様で遊びに来てください!

この他にも、秋の大試飲パーティに向けて世界中から未発売の秘蔵ワインがたくさん届きます。

只今、お申込みが急増しておりますので、ご希望の方はお急ぎください!
※静岡以外の会場でもお試しいただけます。
0827ttl_pc.png

ヴィノス静岡 片山


まもなく10周年を迎えます。

ヴィノスやまざき有楽町店は今年の秋で10周年になります。
これも今まで支えて下さったお客様のおかげと心より感謝しております。

有楽町店は東京一号店でもある西武渋谷店がオープンして6年が経った2007年にオープンしました。
昨年はリニューアルをし、ヴィノスやまざきの原点でもある日本酒専用の売場を設置したり、店内を明るくより選びやすいように変わりました。

そんな有楽町店のオープン前より、静岡本店から始まった毎週末開催している試飲会があります。

「テイスト・オブ・ヴィノス」
20170908190447.jpg

このワイン会は、ヴィノスやまざき買付隊がワインの産地カリフォルニアのテイスティングセンターを訪れた際の経験が元になっています。

20172185.jpg

201702186.jpg

来場者はグラス片手に様々な蔵元のワインを楽しめ、地元ワイン産業の発展に大きく寄与しています

そんなテイスティングを日本でも出来ないか・・・。
そうして当社でも、様々なワインをお楽しみ頂ける試飲イベント「テイスト・オブ・ヴィノス」が出来上がりました。
 
まるで現地にいるような。そう思って頂きたいため、説明なども欠かしません。

20170908193753.jpg
20170908193821.jpg

そしてもちろん今週末(9月9日・10日)も開催致します。

イベント初登場の樹齢100年を超える古木から出来るオーストラリアワインや、スペインの銘醸地から入荷したボリュームたっぷりの赤ワインなど、世界中から買い付けてきた選りすぐりの「スターワイン」が集結します。

事前にご予約を頂いた方へは、ようやく入荷?したドイツの人気白ワイン「フランケン」も追加で案内致します。

ぜひこの週末はご予約の上、お近くのヴィノスやまざきにてお楽しみください!!
こちらからご予約いただけます▼
20170908194323.jpg
そして、今までに無い規模の「テイスト・オブ・ヴィノス」がこの秋開催される事をご存じでしょうか?


【グランド・テイスト・オブ・ヴィノス】

10年以上前から全国のお客様に楽しんで頂いている試飲会が最大級となり、全国4会場に渡り、未発売のワインから定番ワインの新ヴィンテージまで、60種類以上のワインをお楽しみ頂けます!


▼お申し込み・詳細は、こちらの特設ページよりご覧ください。
0827ttl_pc.png
【神戸会場】2017年9月19日(火)19時から
【東京会場】2017年9月20日(水)19時から
【静岡会場】2017年9月21日(木)19時から
【仙台会場】2017年9月22日(金)19時から

有楽町店店長 岩谷

「秋」を感じる日本酒が入荷しました!

昨日は朝から10月上旬並みの気温となりました。

まだまだ蒸し暑さは残りますが、少しずつ秋が近づいてきたことを実感します。 

ワインの場合、この時期になると夏に飲んでいたスパークリングや白ワインから

「そろそろ赤ワインかな...」と季節の変化を考えて選ぶ方が多くなって参ります。

 

そして、日本酒でも「秋」を感じる1本が入荷いたしました。

それがこちらの「初亀 秋上がり 本醸生原酒」

20170907162910.jpg 

 

ヴィノスやまざき発祥の地、静岡県の藤枝市にある「初亀酒造」

創業は寛永12年(1635年)と歴史ある老舗ながらも、常に新しいことにチャレンジをし続ける革新的な蔵元でもあります。

20170907162944.jpg

 

3月に現地を訪れた際に話を伺うと、今年から日本酒のベースとなる「麹米(こうじまい)」だけでなく、醸造過程で継ぎ足す「掛米(かけまい)」の洗米も全て手洗いで行っているとのこと。

20170907163047.jpg

 

また、麹を繁殖させる「麹室(こうじむろ)」では、手洗い消毒はもちろんのこと、今年からは全て手袋を着用して作業を行うなど、衛生管理を徹底しています。

 20170907163111.jpg

 

このように手間暇をかけ、お米の雑味を取り除き、また雑菌の混入を防ぐことで昨年以上に洗練された味わいの日本酒を生み出しているのです。

 

そんな初亀酒造が生み出す「秋上がり」は静岡酵母らしいフルーティーかつ上品な香り。

口に含むと軽快な飲み口ながらも、味の膨らみも感じられます。

冷ではもちろんのこと、もう少し涼しくなればお鍋とともに燗で召し上がるのもおススメです!

20170907163210.jpg

 

こちらの商品は日本酒取扱いの各店舗でお買い求めいただけます。

また、今年はWEBショップでも販売しております!▼

http://www.v-yamazaki.com/item/6631.html

 

ワインはもちろんのこと、秋の夜長を充実させる日本酒も是非お楽しみ下さい。

 

室町店 高澤

 

 

秋の大試飲会のお知らせ

この秋、ヴィノスやまざきはお客様に支えられ、有楽町店の10周年、西武渋谷店の16周年など様々な店舗が周年を迎えます。
当店を支えて頂いた皆様に感謝の気持ちを込めて、

大試飲会「ザ・グランド・テイスト・オブ・ヴィノス」を開催いたします!

今年の春に開催したヴィノスやまざきワイン王座決定戦で、
「多くの種類のワインを味わえて楽しかった」
「自分好みのワインを見つけることができました」などまた開催してほしいとの声を多くいただきました。

20170909_wine.jpg

そこで、週末イベントとして、ご好評をいただいているテイスト・オブ・ヴィノスをよりビックな内容で開催いたします!

今回の大試飲会は今までとは一味違います!

20170906_01.png

今までは店頭で販売しているワインが中心でしたが、今回出品するワインの多くはまだ店頭で発売していない新入荷ワインが登場!

20170909_tast.jpg

ブログでは、語りきれないほど多くの新着ワインが登場し、参加できるお客様がファーストテイスターとなっていただき、買付秘話と共にお楽しみいただけます。
新着ワインを含めると60種類以上のワインを全部試飲できます。

さらには、プレミアムワインも飲みたい方に合わせてここだけしか飲めない秘蔵ワインや有名グランヴァンも特別価格で有料試飲いただけます。
え!?あの有名ワインがこの価格で!と驚きのプライスをお約束します。


20170906_02.png

来日する蔵元は全て初お披露目!

オーストラリアのワインの銘醸地バロッサ・ヴァレーにて3代に渡り家族経営で少量ながら高品質ワインを造る蔵元『ルーミナンダ』。
最高樹齢140年の古木を所有し、濃厚でリッチな味わいのワインに定評があり、最高ランクのワインは良年しか造らないこだわりがあります。
今回は、女性オーナーのリサさんが初来日

20170909_AU09.jpg

北イタリアから念願かない初来日が決定!
マス・ダ・リーヴェは、フリウリ州ピノ・ネロ協会の会長を務める兄と、醸造家のマルコ氏の兄弟で蔵を運営する小さな蔵元。
伝統的な造り方だけでなく、現代のトレンドを取り込み成長し続けるヴィノス初入荷ワインをお楽しみください。
今回は、醸造家のマルコ氏が来日します。

20170909_IT.jpg


「スペイン銘醸地リオハでコスパの良い美味しいワインが飲みたい」というお客様の声から、リオハ中の蔵元から一目ぼれしたワインが新入荷。各評価誌で高得点を獲得する家族経営の蔵元「ボデガス・フランコ・エスパニョーラス」からルーベン氏が初来日!

20170909_S15.jpg


20170906_03.png

フロマージュミナミがワインにピッタリのチーズ&おつまみを多数ご用意いたします!

20170909_CHI.jpg

そして、本格ワインシーズン直前にふさわしい試飲会を、お客様と一緒に楽しみながら開催したく、当日の進行では大抽選会!?などのイベントも企画中!

募集が始まると同時に、多くの問い合わせ、お申込をいただております。
今回は、先着順となりますのでお早めにお待ちしております。

▼お申し込みは、こちらの特設ページより。
0827ttl_pc.png

秋の大試飲パーティーを一緒に楽しみましょう!

イベント大好き!
福井

「匿名」ピノ・ノワール

一昨年のリリースからお客様の中で話題となっていた、匿名ワインシリーズに新作が登場いたします。
このシリーズは、アメリカはカリフォルニアの有名蔵元が収穫量のある程度以上の年に、造ったワインを自分たちのワインの名前で瓶詰せず、樽やタンクの状態で特別なマーケットに出たものを厳選してお届けするワインたちです。

蔵元の契約上、造り手の名前を明かすことのできないワインに、「これはもしかしてあの蔵元では?」「雰囲気があの有名ワインに似ている!」と謎解きのようにお楽しみいただいておりました。

第一弾は、
「the Dカベルネ・ソーヴィニヨン」
「the Hシャルドネ」
「the Hカベルネ・ソーヴィニヨン」。
20150927 D&H_Rhosaka.jpg

そして昨年の第二弾は
「the Cカベルネ・ソーヴィニヨン」
「the Sシャルドネ」
と続きました。
20170111 (1).jpg

お客様から再入荷のお問い合わせも多く頂戴しておりましたが、この匿名ワインシリーズは限定数量でのボトリングのため、再来店していただいた際には完売しておりご案内できないということも・・・

「もう匿名ワインは出てこないの?」というお客様からお声を頂戴し、
何とか新しい匿名ワインをお届けすることはできないかと、カリフォルニアへの買い付けの際に再度交渉を行いました。


そして今回ご紹介させていただくワインがこちら。
20170905191106.jpg

なんと、ピノ・ノワールの匿名ワインが誕生したのです。
今まではナパ・ヴァレーの蔵元が造りだしたワインをご紹介させていただいておりましたが、
ピノ・ノワールの銘醸地として知られるソノマのピノがリリースとなります。

今回も現地で匿名ワイン探しに協力してくれた、当店のロングセラー蔵元「ストーンヘッジ・ワイナリー」も、
「こういったワインとの出会いは本当に忍耐と幸運がカギになってくる。納得のいくワインに出会えることは本当に運命です。」
と、満足のいく出来になっております。

ソノマ・コーストの上質なピノ・ノワール種を厳選して造るこのワインは、煮詰めたチェリーやベリー系果実の芳醇な香りが、樽熟成由来の芳ばしい風味と絶妙に絡み合い、深みのある味わいになっています。

特別価格でのご予約のご案内は今週末9月10日(日)までです。
ぜひこの機会にご予約くださいませ。
お申し込みはこちらから

もちろん、ヴィノスやまざき各店舗でもお申込みいただくことができます!
11日には各店舗に入荷となりますので、実物をご覧いただいてから、という方もぜひ当店に足をお運びくださいませ!
ヴィノスやまざきスタッフ一同

樽から注いでワインを楽しみませんか?

樽から直接ワインを注いでテイスティング。。。蔵元での楽しみの一つです。

そんな楽しみを皆さまにお届けしたい!

 

ということで、ヴィノスやまざき人気のボジョレー・ヌーヴォーの造り手ギヨさんから、

毎年5L・10Lの樽ヌーヴォーをお届けしています。

sl_nouveau.jpg

 

こちら大人気で毎年完売なのですが、もう少し小さいサイズがほしいとの声をたくさんいただいていました。

 

 

そんな皆さまの声にお応えして、

今年はなんと、3L樽が初お目見えです!

20170904174729.jpg

 

ご存知の方も多いと思いますが、ギヨさんのヌーヴォーは、ヌーヴォーの概念を覆すような

濃くて深い味わいです。

この7月に、買付隊がギヨさんを訪問し、ぶどうの状態を確認してきました。

すべて順調に進んでいて、今年のヌーヴォーも期待できます!

IMG_6679.jpg

 

ギヨさんの樽詰めは、その濃くて美味しいヌーヴォーを、職人が一樽一樽仕込む本格派。

よくある真空パック詰めとは一線を画します!

樽に直接詰めているので、飲む直前まで熟成!

いわゆるヌーヴォー=新酒とは、一味違う味わい、そしてコクなのです!

 

3Lは、通常のワインボトル4本分なので、ご家庭で楽しむのにピッタリ♪

 

もちろん、毎年大人気の5Lもご用意しています。

今年も仲間と思いっきり盛り上がるなら、やっぱり樽ヌーヴォー!!!

 

3L5Lは各々限定100樽ずつ、パーティ用で人気の10Lは限定50樽でご予約受付中。

ご予約の受け付けは、あと1週間、9月10日(日)までですので、お急ぎください!

header_webshop.jpg

 

加藤 

 

ロングセラーの実力

ヴィノスやまざきでは、お客様の「こんなワインが飲みたい!」というお声から、原点でもあるシャトー・レゾリューや、新大陸人気No.1のメリタージュなど、新たなワインを発見、開発してきました。

そんなワインの一つが、「シャトー・レ・グラーヴ・白樽熟成」です。

※手前は、樽熟成を行わない「レ・グラーヴ・白」

レ・グラーヴは、20年以上ヴィノスのお客様のために、リーズナブルで美味しいボルドーワインを造って貰っている親子2代の小さな農家ですが、ミシュランと並ぶフランスの最も影響力のあるレストランガイド「ゴーミヨ」にて、400銘柄の中から見事第2位に輝いたこともある実力者でもあります。


数年前、樽熟成の美味しくてバリューなボルドー白が飲みたい!」というお客様の声を受けて、ボルドー中を探し回りましたが、とにかく「ブランド力」が先行していまい、バリューな樽熟白ワインを見つけることが出来ませんでした。

そんな時に協力してくれたのがこのレ・グラーヴでした。バリューで旨味たっぷりの白ワインは、レストランをはじめプロからも好評でしたが、これを特別に樽熟成して貰ったのです。当初は極わずかのみ造り始めたため、ワインクラブ限定でのご案内となりましたが、徐々に地元でもその味わいに人気が出始め、新定番としてご案内出来るようになりました。

フレッシュでフルーティーな味わいながら、ほのかな樽香が広がり飲みごたえも抜群です!お客様の声から生まれた、樽熟成の美味しくてバリューなボルドー白ワインを是非お試しください!

ヴィノスやまざきOnlineShop ワインのご購入はこちら

P.S.
少量生産のため、昨年やっと輸入に成功したロゼワインもご案内中!こちらもオススメです!

「レ・グラーヴ ヴィノス ロゼ」の画像検索結果


井山

残暑に楽しむスパークリングワイン!

8月も終わり暦では既に秋を迎えていますが、予報を見るとまだまだ厳しい残暑が続きそうです。

この時期は夏場の疲れが蓄積されて、気付かぬ内に夏バテならぬ「残暑バテ」にかかる方が多いようです。体調を崩さぬようにどうぞご自愛ください。

 

ちなみに、残暑バテの予防にはチーズがお勧めです。

チーズには原料乳の栄養素が凝縮されているので、きわめて栄養価の高い食品です。

たんぱく質や脂質、ビタミンA等が牛乳の7倍、カルシウムは6倍も含まれています。

 

そして勿論チーズはヴィノスやまざきで!チーズ専門店にも負けない、品揃えとこだわりの詰まった当店自慢のチーズコーナーも是非ご覧ください♪

 

 

 

 そして、ただ今お店では昨日のブログでもご紹介していた通り、スパークリングワインの飲み比べイベントを開催中です。

これまで多くのテーマで試飲イベントを毎週欠かさず開催してきましたが、その中でも毎回人気なのが、「スパークリングワイン」をテーマにした飲み比べです。

 

20170902-4.jpg

 

 

同じスパークリングワインのカテゴリーでも、国や製法も異なる様々なスタイルのスパークリングを飲み比べする事で、ご自分の好みに合ったワインを見つけて頂きます。

 

今回は事前ご予約で計3カ国4種類のスパークリングを皆様にお召し上がりいただきました。

 

20170892-1.jpg

 

今回のラインナップを覗いてみると、

 

 

【リッチランド・スパークリング】

今年の夏に初リリースした「リッチランド・ヌーヴォー」の記憶がまだ新しい、「カラブリア・ファミリー・ワインズ」の手がけるデイリースパークリングです。

20170892-3.jpg

高級品種のシャルドネとピ・ノノワールをブレンドで造られる本格派で、シャープなキレと熟したぶどうの旨味がしっかりと感じられます。

 

 

【ボチェッリ・ロゼ】

世界的なテノール歌手「アンドレア・ボチェッリ」の実家蔵元がプロデュースするロゼ・スパークリング。

昨年6年ぶりに来日し、アンドレアがコンサートを開催した際には、ボチェッリ・ワインズの正規輸入販売店として、会場にブース出展させて頂きました。

 

20170902.jpg

鮮やかなロゼ色で、バランスのとれた酸味と果実味を柔らかい泡で包み込んでくれます。料理全般に相性は◎ですが、その中でも是非エスニックフードとの相性を楽しんで頂きたい一本です。

個人的に今回の一押しワインです!!

 

 

【ポールエラルド・ブリュット】

やはり、スパークリングと言えばシャンパーニュでしょうか。

昨日のブログでもご紹介していましたが、お客様リピート率ナンバーワンで蔵直シャンパーニュの代表格です。

シャンパーニュ自体がブランド化がされており、安いものでも相場は1本5千円以上するなか、この価格は本当に驚きです。

 

20170902-7.jpg

 

【ランブルスコ】 (イベントご予約特典)

イタリアの代表的な甘口スパークリング。

少量生産のためヴィノスが輸入を行うまで、イタリア国外には一切出ていなかった秘蔵のランブルスコです。

低アルコールでぶどう本来の甘味がしっかりと感じられるため、ワインが苦手な方やこれから飲み始めようとしている方にもおすすめです!

 

 

 

この試飲イベントでは毎回お客様からご感想を頂戴し、その方のNo,1ワインを決めて頂いております。

そして、本日は各店のお客様が選んだNo,1ワインを集計してみました。

 

お店によってご来店頂くお客様の年齢や性別も異なってくるため、必然とそのお店の人気ワインも異なってくるのですが、今回は全店でNo,1が共通していたようです。

 

 

20170902-5.jpg

結果はなんと、断トツで「リッチランド・スパークリング」でした!

やはりこの味でこの価格は、皆様にご納得していただけたようです。

 

もちろん好みは十人十色なので、是非皆様もお好みのスパークリングをヴィノスやまざきで探してみてください。

 明日も試飲イベントは各店で開催します!

↓↓お申込みはこちらから↓↓

20170901004bai.jpg

 

皆様のご参加お待ちしております。

 

矢尾 

 

P.S.昨日のブログで気になったので実家に確認してみたら、なんと13年熟成の梅酒が保存されていました!次帰省した際に楽しんでみようと思います。

シャンパーニュの自家製梅酒割り

行きつけのフランス料理店の食前酒メニューにあった「シャンパーニュの自家製梅酒割り」の文字。

オーナー曰く、料理好きのお母さまが数十年前に仕込んだ、特別な梅酒だそう。そして、少しでも夏バテで疲れた身体を癒して欲しいと。

ほのかに甘酸っぱい梅の風味とキリッと冷えたシャンパーニュが、本当に身体に沁みました。そして、いつでもお客様のことを思いやるオーナーの優しさに改めて触れた瞬間でもありました。



もしかしたら、私の家にもあるかもと思い、何気なく聞いてみたら、な、なんとありました。
しかも、9年熟成の梅酒が!

20170901002bai.jpg

見た目の色が濃かったため、母に聞いてみると、「材料にブランデーを使ったからですよ」と。

味わいも本当にコクがありそうです。
そうなると、選ぶシャンパーニュはこれ!

20170901001bai.jpg


当店がワインの直輸入を始めて20年以上が過ぎましたが、その初期の頃から一緒に取り組んでいる蔵元の一人でしたが、時期、入荷が困難な時期もありました。

でも、買付隊が再び現地を訪れ、蔵元に交渉を続けた結果、再入荷が決定し、今では当店を代表する蔵元です。

20170901003bai.jpg

もちろん、美味しいのは当たり前ですが、交渉に交渉を重ね、年間のおおよその仕入数を蔵元にコミットすることで1本当たりの単価を下げることにも成功しました。

黒ぶどうだけを使用しているため、普通のシャンパーニュよりは色合いも味わいもコクがあります。また、蔵元はシャンパーニュ地方の南端に位置しているため、酸味は比較的に穏やかです。

でも、その分熟成した梅酒のまろやかな酸味が見事にハマります。ハマり過ぎて毎日でも楽しみたい時に、毎回シャンパーニュはちょっと...


ぜひ今週末に開催する試飲イベントにご参加いただき、お好みのスパークリングワインをお探しください。

20170901005bai.jpg

シャンパーニュ、ポール・エラルドに加え、2種類の蔵直スパークリングワインもお楽しみいただけます。

残念ながら今回の試飲イベントには梅酒の準備ができませんでしたが、事前にご予約いただいた方には、甘口スパークリングワインもサービスいたします。

お申し込みはコチラ↓

20170901004bai.jpg


梅酒があってもなくても、蔵直スパークリングワインで素敵な週末をお過ごしいただければと思います。

鶴見

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード