ヴィノスやまざきバイヤーズブログ

愛と情熱のカマンベール

以前このブログでも紹介させていただいた「味の手帖」の今月号を読んでいたら、とても嬉しいことが書いてあったので、紹介させていただきます。

201703142.jpg

「カマンベール」と聞いて、多くの方は「チーズ」を想像されるかと思いますが、
実は、フランス・ノルマンディー地方のカマンベール村という村で造られたチーズのことを指します。

フランスの厳しい法律では「カマンベール・ド・ノルマンディ―」という正式名称を名乗るためには、
「250g以上で木の型に入っていなければならない」「最低21日以上の熟成」など細かく指定されている基準をクリアしなければ、
カマンベール・ド・ノルマンディーを名乗れません。

ヴィノスやまざきでも、もちろんカマンベールチーズを取り扱っております。
201706140.jpg

今回の味の手帖のチーズの話は、当店で扱っているラ・ペレル製のカマンベールチーズについての話でした。

『10年前にチーズの直輸入を始めるにあたり、最高のカマンベールを探しに行った時のことが。小さな村でチーズ工場を探すのも大変だったが、
「ラ・ペレル」に出会った時の感動は今も忘れることができない。このチーズを日本に持って帰りたい、「美味しい」をみんなと共有したいという強い想いから、初めて直輸入に踏み切ったチーズの一つ』
※味の手帖3月号から抜粋

そんな想いでスタートしたラ・ペレルのカマンベールはフロマージュミナミだけでなく、全国のヴィノスやまざきでも人気となり、
「元祖カマンベール」という愛称のもと毎月2回フランスから直輸入されるチーズの代表銘柄に成長しました。


しかし、実は数か月前に事件が発生しました。


このカマンベールから日本では認められていない成分が混ざったことで輸入が出来なくなってしまったのです。
一度輸入が止まってしまうと、入荷の度に高額な細かい検査を自分たちで支払って受けなければならず、
しかも検査を通過するころには賞味期限が残り僅かになってしまいます。

検査を1年間続けることで、日本での正式な輸入許可がおりる目途がたってゆきます。


このカマンベールチーズは日本ではヴィノスやまざきしか輸入していないチーズです。

どこか大手の会社が輸入していれば、検査などはその会社に任せて、許可がおりるのを待つことができますが、
それを期待することができません。

せっかく10年間かけてお客様に「本当に美味しいカマンベールチーズ」を紹介して、少しずつファンを増やしていっているさなかでした。

ラ・ペレルのカマンベールが輸入できなくなったときに、一度、有名なメーカーのカマンベールチーズを替わりに販売した時期がありましたが、

「いつものは?」「前のカマンベールの方がコクがあって違ったね」などとお客様からの多数の声をいただき、

熱心な店長やスタッフからラ・ペレルのカマンベールを輸入したい」という声があがってきました。


検査を受けながらでも、やはり自分たちが美味しい思った、本当にお客様に伝えたい商品を紹介していこう!と店長たちと決心しました。

『「あったら嬉しい、でも、なくても生活には困らない。」こうした嗜好品の一つ一つを、魂を込めて輸入し、販売していることに私たちの夢があり、喜びがあり、チームの力強さと商品に対する愛情を感じる。
遠く離れた海の向こうの商品を「ヴィノスやまざき」の店頭に並べるまでの苦労は、お客様が「美味しい」と言ってくださることで、喜びに変わる。』
※味の手帖3月号から抜粋

今、店頭にならんでいるラ・ペレルのカマンベールチーズは、全て日本での厳しい検査を通過してきた安心・安全なチーズです。

賞味期限は少し短いこともあるかと思いますが、実はスタッフの想いの詰まったカマンベールチーズです。

201703144.jpg
10年間の想いが途切れてしまわないように、スタッフ一同皆様にご案内中です!
ぜひ、応援宜しくお願いいたします。

片山

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード