ヴィノスやまざきバイヤーズブログ

2015年11月アーカイブ

クリスマスに特別なシャンパンを...

ヴィノスやまざきの広尾店や目黒事務所のあるご近所の恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーションも点灯し、クリスマスが楽しみになってきました。
20151130-06.jpg

いつもコスパたっぷりのスパークリングワインばかりがぶ飲みしている?私でも、クリスマスだけは特別なシャンパンを用意したい...と、思います。

特別なシャンパンってなんでしょうか?
ドンペリニヨンやクリュッグのような、数万円級のグランドメゾン(大手シャンパンハウス)のブランドもいいでしょう。
でも、それにも勝る特別なシャンパンがあるのです。

その造り手がジャン・ミランです。
シャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方で瓶内二次発酵と呼ばれる製法で作られたものだけを、シャンパーニュまたはシャンパンと呼ぶことが出来ます。

ジャン・ミランは、その中でもオジェ村という特級村でぶどうを造ってきた伝統あるぶどう栽培農家です。
先述のクリュッグにも長年ぶどうを卸してきた歴史を持ちます。
そんなミランが生誕150周年を記念して造られた限定のシャンパーニュが入荷いたします。

20151130-03.jpg

本来は長年の感謝を込めて、当主のキャロリーヌ・ミランさんが地元の特別なお客様や友人にしかお分けしないつもりで造り出した特別なシャンパーニュでした。
しかし毎年必ず蔵元を訪ね、お話をしているヴィノスやまざき、そして日本から長年支えてくれた当店のお客様のために、わずかですがお譲りいただくことができました。

大手の有名蔵元と違い、自社栽培の完熟したぶどうだけを厳選使用。

蔵元最高品質のシャルドネ種とピノノワール種だけを使い仕上げられた、コク深い味わいと豊かな果実味、長い余韻、きめ細かくなめらかな泡立ちが特徴です。
150年の歴史と情熱を全てつぎ込み仕上げられたこの特級ロゼ・シャンパーニュです。

お分けいただいた数量はわずか300本のみ。
もしかするとご予約でしか手に入らないかもしれません。
ぜひ、お店でそしてWEBショップからご予約いただければと思います。
お申し込みはこちらから↓
限定シャンパンご予約承り中!

こちらの商品は、クリスマス前の12月19日(土)からのお引渡し開始予定。
各店舗10本足らずの超限定入荷となりますので、お早目のご予約をおすすめさせていただきます。
保坂

クリスマスパーティを開催いたします。

カリフォルニアワインを開拓し啓蒙し続けて来たことで米国農産物貿易HOF(ホール・オブ・フェーム)を受賞し、皆様からもおめでとう!というエールをたくさんいただきました。

そんな中開催した試飲会(テイスト・オブ・カリフォルニア)では、ウォーターストーン・アンサンブル・カベルネソーヴィニヨン・ナパ・ヴァレーがご好評いただきました。

実は、こちらの一本は人気蔵元ウォーターストーン・ワイナリーとヴィノスやまざきが共同開発をしたワインです。

 201511292.jpg

世界のワイン市場で注目を浴び、日々高騰するナパ・ヴァレーのワインですが、日本のお客様に2,000円代でお届けしたいと蔵元と何度も交渉をした末に完成した一本です。

しっかりとした飲み応えがありながら、彼らの最高峰ワイン「スタディ・イン・ブルー」からヒントを得た、カベルネソーヴィニヨン種を主体としながら、シラー種をブレンドすることで果実味をしっかりと残したバランスの良い味わいが特徴です。


201511291.jpg

 ご参加のお客様からも、

「ナパの力強さだけでなくて、繊細さもあるね」

「香りの華やかさに一目ぼれして以来、毎月リピートしています。」


とお声を頂戴し、本日の一番人気となりました。

muroIMG_3867.jpg


 musakoimage.jpeg

そんな人気ワインを造る蔵元たちが日本の皆様に長年のご愛顧に対する感謝を秘蔵ワインに込めて来日します。

しかも、今回はカリフォルニアから三つの人気蔵元が来日しての過去に例を見ない特別なクリスマスパーティを催させていただきます。


ゲスト1  ストーンヘッジ・ワイナリー:エリック・ハンソンさん

201511294.jpg

カリフォルニアのロングセラー蔵元ストーンヘッジ。ワイン研究を行い、スタッグスリープ・ワイナリーなど名だたる名蔵元で修行をした新醸造家が初来日です!


ゲスト2 マホニー・ヴィンヤーズ:ケン・フォスターさん

201511296.jpg

先日のHOF(ホール・オブ・フェーム)受賞の際のアメリカ大使館での食事会でも供された、マホニーから名醸造家が来日いたします!


ゲスト3  ウォーターストーン・ワイナリー:二クラス・ゾーンさん

20151129222338.jpg

本日の試飲会でもそのコストパフォーマンスが人気だったウォーターストーンから、次世代の醸造家が約3年ぶりの来日です!ヴィノスやまざきで研修生として約1年間お客様と触れ合わせていただいたニックが、世界のワイナリーで修行を積みついに凱旋です!


開催スケジュール

神戸会場 12月12日(土)12時から 会場:神戸ポートピアホテル テラスバンケット レヴァンテ

静岡会場 12月13日(日)18時から 会場:浮月楼

横浜会場 12月14日(月)19時から 会場:アルポルトクラシコ そごう横浜店

東京会場 12月15日(火)19時から 会場:目黒雅叙園


長年の感謝を込めて開催させていただきます、今回のクリスマス・ワインパーティ。

ぜひ、お誘いあわせの上ご参加くださいませ!

お申し込みはこちらから

201511293.jpg

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

保坂

受賞のお祝いのコメントがリチャードさんから届きました。

昨日、各蔵元に受賞の報告をさせていただいたところ、20年来のパートナーであるパライソ・ヴィンヤーズのリチャードさんからメッセージが届きましたのでご紹介させていただきます。
20151128-065063005_R.jpg

----------ここから原文----------
Congratulations !!!

The Vinos Yamazaki family has become a recognized institution in the trade of wines throughout the wine world. The US Agricultural Hall of Fame selection is confirmation of what we partners already know. Vinos Yamazaki has done more than buy and sell products; 
our wine trade relationships foster travel, friendship, knowledge and collaboration that bring us together to pursue shared goals. 
Yuko, you have inspired and led your team to a great accomplishment with wines from around the world. We producers appreciate that; moreover, your consumers appreciate that. We know that Vinos Yamazaki cares for all of their associates. Thank you!

Richard R Smith
Chairman
Smith Family Wines
Paraiso

訳文
おめでとうございます!
ヴィノスやまざきは、世界中のワインマーケットにおいて、広く注目を集める存在になってきました。
米国農産物ホール・オブ・フェイムに選ばれたことは、私たちヴィノスやまざきのパートナーが、以前から知っていたことが、ようやく目に見える形になったものだと思います。

それは...
ヴィノスやまざきが、ただ商品を輸入し、販売するだけではなく、それ以上のことをしてきた、ということです。
私たちのワインを通じた交流は、旅、友情、知識、協力を育み、同じゴールを追う仲間として、私たちを一つに結びつけてくれました。

あなたは、ヴィノスやまざきというチームを導き、世界中のワインを通じて、素晴らしい偉業を成し遂げました。
私たち生産者は、パートナーとして、心から感謝し、嬉しく思います。
そして、お客様も、きっと同じ気持ちでいることと思います。
私たちパートナーは、ヴィノスやまざきが、関わるすべての人のことを、つねに第一に考えているということを、よく知っています。本当に、ありがとう!

リチャード・スミス
パライソ・ヴィンヤーズ
------------------------------

リチャードさんとの出会いから始まった、カリフォルニアワインの直輸入がこの素晴らしい賞をいただいた結果につながりました。
それも全て、本日まで当店とそのパートナーである蔵元を支えてくれたお客様のおかげです。
改めて感謝申し上げます。

本日ヴィノスやまざき各店では感謝のカリフォルニアワイン試飲会を開催いたしました。
20151128-02_R.jpg

もちろん、リチャードさんのワインもお楽しみいただきました。
この「パライソ・ピノノワール」は、当時からの人気商品です。
20151128-04_R.jpg

ナパ・ヴァレーなど有名産地に本拠地を置く有名蔵元たちもこぞって買い付ける、カリフォルニアのNo.1ぶどう農家であるパライソ。
その中でも自社のワインとして発売されるのは僅かにトップの3%だけだそうです。
全米でも高い評価を得るパライソのワインは、今やカリフォルニアのトップワインの一つと言っても過言ではないかもしれません。

本当に美味しいピノ・ノワールをより手頃なお値段でお客様に楽しんでいただきたいと、リチャードさんと何度も何度も話し合い、実は現地での価格よりもリーズナブルにご紹介させていただいております。
旧価格は3800円...もちろんそれでも十分にコストパフォーマンスあるワインでしたが、
現在の新価格は、なんと2980円!

リチャードさんの「もっとたくさんの方にカリフォルニアのファインワインを楽しんで欲しい」という願いのもと、可能となったお値段です。
さらに現在受賞記念の特別価格をご用意させていただきました。
ぜひ、この機会にお楽しみいただきたい、一押しの商品です。
ご注文はこちらから↓

感謝のテイスト・オブ・カリフォルニアは明日も継続開催いたします!
お申し込みはこちらから↓
20151128-03_R.jpg
スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

ヴィノスやまざきスタッフ一同

米国農産物ホール・オブ・フェーム(HOF)受賞によせて

お客様、社員の皆さん、関係者各位に、社長、種本祐子からご報告です。

11月20日、アメリカ大使館大使公邸にてキャロライン・ケネディ氏(写真右)とアメリカ合衆国農務長官のトム・ヴィルサック氏(写真左)より、U.S. Agricultural Trade Hall of Fame(名声の殿堂入り)という、名誉ある賞を受賞させて頂きました。
20151127 with caroline kennedy.jpg

この賞は、アメリカの農産物の啓蒙や発展に貢献された方だけに贈られる賞で、過去にも大企業のトップや、料理関連の著名人、啓蒙団体のトップが一年に数名受賞してきました。
今回ワインはもとより、アルコールの業界で初の受賞となりました。このような価値ある賞を受賞すべきなのは、ワインでも大企業の社長で、私ではなのではないのか・・・と、自分が受賞する意味がわかりませんでした。

受賞式はアメリカ大使館の大切な式典の行われる部屋で行われました。(昭和天皇とマッカッサーが握手をした部屋です。)
緊張の中、受賞式で盾を頂くと・・・
そこに書いてあったのは・・・

″This letter is to express my sincere gratitude for the role that you and 
your company have played in bringing U.S.wine to end-users and consumers in Japan."

20151127 certification.jpg

とありました。つまり我々が長年にかけてワインを輸入するだけでなく、直接エンドユーザーに手渡してきた、ということにアメリカ合衆国は高い評価をして下さったのです。
ですので、この賞は、私が個人で頂いたのではなく、ヴィノスのカリフォルニアワインを楽しんで下さったお客様たち、そしてそのお客様お1人お1人にワインを紹介してくれたヴィノスやまざきの社員・スタッフ一人一人に贈られた賞なのでは・・・と、思いました。

マッカッサーと昭和天皇が握手をした歴史ある大使館の部屋で、同世代のケネディ氏と私が握手をさせて頂いたことは、もしかしたら、ヴィノスやまざきの、いえ、ワインの小売の歴史に残ることなのではないかと、胸が一杯になりました。
20151127 award.jpg

ヴィノスやまざきと私の名前は、過去受賞した方々のお名前と共に、大使館のボードに刻まれました。
20151127 tate.jpg

そして、この場をお借りして、素晴らしいワインを造り続けてくれたカリフォルニアのワイナリーの方々にもメッセージをお送りさせていただきます。
---------------------------------------------
Dear all partners,

On Nov 20th 2015, I have been selected  for "US Agricultural Hall of Fame" with Ambassador Caroline Kennedy & U.S. Secretary of Agriculture Tom Vilsack at US Embassy Ambassador's residence in Tokyo. 
I was very first person from wine industry in Japan to receive such an award for the role that our company have played in bringing U.S.wine to end-users and consumers in Japan.

I would like to take this moment to thank you for your continuous support & friendship and to express sincere gratitute to you for producing one of the finnest wines for decades.

We, all members of Vinos Yamazaki, look forward to a long term and prosperous partnership in the future.
Again thank you all for your great partnership.
Sincerely yours,
---------------------------------------------

皆さんを代表して受賞させて頂いたことを感謝し、ここに報告させて頂きます。本当にありがとうございました。
これからも、1人1人のお客様に素晴らしいワインをお届けし、HALL OF FAMEに相応しい企業となれるよう頑張っていきますので、今後共どうぞ宜しくお願いいたします。

種本 祐子 
Yuko Tanemoto 

PS1:受賞式後の大使主催の会食パーティでは、ジュリアン・ソーヴィニヨン・ブランマホニー・ピノノワールが選ばれ、オンリストして頂きました。
20151127 c21-04.jpg 20151127 mahoney pinot.jpg

PS2:この受賞を祝い、クリスマスパーティはマホニー他、カリフォルニアの生産者が来日いたします!以下のリンクから、お申し込みください!
20151127 l_christmas_event2015.jpg

最後の最後のご案内です。

ついに、残りわずかとなってまいりました。最後の最後のご案内です。

実は、本日でボジョレー・ヌーヴォーの解禁から一週間が経ちました。
20151117C04.jpg

今年2015年は、特にぶどうの品質がよく早期に完熟し収穫できたこともあり、最高の出来となりました。
そのため、解禁後にはあっという間に完売してしまった商品もありました。

ヴィノスやまざき各店では予備分も含めて、わずかながらにご案内をさせていただいております。
20151126-02.jpg

既に完売している店舗も一部ございますが、比較的ご案内可能な商品の最終のご紹介させていただきます!
※店舗により在庫状況は異なります。

・ペール・ギヨ・ボジョレー・ヌーヴォー2015  残り各店2から6本!
 
→今年度も売上本数No.1のボジョレーとなりました!

ペノティエ・ヌーヴォー2015 残り各店10から20本!
 
→「ボジョレーよりも美味しいかも?!」とリピーター続出の、南仏ヌーヴォー一番人気!

・ソレイユ・ヌーヴォー2015 残り各店約30本!
 
→低アルコール&甘口赤ヌーヴォーは期間限定の販売です!


在庫の関係から、WEBショップでもお買い求めできない商品がございます。
お求めの方は、お早めに各店舗へご来店またはお電話でお問い合わせください。
ヴィノスやまざき店舗情報

毎年ですが、ヴィノスやまざきのヌーヴォーは本当に予約しないとお買い求めになれない商品もあるほどです。
ぜひ今日、明日、今週末お早めにご利用ください。
※ご予約のお客様のお引渡しも今月末日、30日(月)までです。こちらもお早めに!

保坂

感謝を伝える、ソレイユ・ヌーヴォー!

クリスマスが近づくにつれ、街中いたるところでイルミネーションが輝き、一層煌びやかになってまいりました。
20151125 illumi.jpg

ボジョレー・ヌーヴォーの解禁を境に、このシーズンは普段ワインを飲まれない方でもワインを口にする機会が多いのではないでしょうか。

日頃の感謝の気持ちを込めて、大切な人やご両親、ご家族へのギフトシーズンでもあるこの季節にピッタリのワインが、今大人気をいただいております。
20151125 tasting.jpg
↑味見をされるお客様で込み合う、そごう横浜店

それが、このソレイユ・ヌーヴォー2015です。
20151125193022.jpg


もともとこのワインの起源となった、元祖「ソレイユ・キュヴェ・ユウコ」は、買付隊長の種本のお母さまのために造られたものでした。
「アルコールに弱い・・・だけど、健康に良くて、本格派のワインを造るシャトーのワインを飲みたい・・・」

そんなリクエストを受けフランスでワインを探し回っていたとき、フランスのとある生産者の醸造所で発酵途中のワインを飲ませてもらいました。ぶどうジュースのように飲みやすいんだけど、少しアルコール感もあってとっても飲みやすい・・・
その味わいからインスパイアされ、南フランスの完熟ぶどうを使って、ソレイユ・キュヴェ・ユウコが誕生しました。

以来、累計100万本を超える大ヒットワインへと成長しました。

そんなソレイユから、その年のぶどうを使って造ったヌーヴォーを、実は毎年少量だけ造っていただいております。

ポリフェノール値の高い高級品種、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロを使用し、丁寧に低温発酵を行い、発酵を途中で止めることで6%のアルコール度数と、ベリーの旨味たっぷりの赤ワインを造り上げることに成功しました。
20151125 grape.jpg

まだお試しではない方、アルコールが苦手、ワインの渋みが苦手・・・という方にこそ、楽しんでいただきたい1本です。

もちろんそのまま飲んでただくのも美味しいですが、フルーツを加えてサングリアとして楽しんだり、氷で割ってすっきりしたのど越しを楽しんだり、多様な楽しみ方もソレイユ・ヌーヴォーの魅力の一つ。
20151125 Sangria.jpg

実はソレイユ・シリーズはテレビショッピングでも販売しておりますが、このヌーヴォーはヴィノスのお店でしか入手できない限定品。解禁から1週間で、輸入量の9割がもう無くなってしまいました・・・恐らく今週末で全て完売してしまうことが予想されます。

南フランスの太陽(ソレイユ)をさんさんに浴びた果実味たっぷりのソレイユ・ヌーヴォー・・・
まだお飲みでない方、一度飲んで気に入った方々、入手できるのは今しかございません。
是非この機会に、お早めにご利用ください!

バイヤー 李

WEBショップを是非ご利用ください!
20151124175355.jpg

白ヌーヴォーが美味い・・・!

「ヌーヴォーといえば赤?」と思われがちですが、白のヌーヴォーがあることをご存知でしょうか?

「特別な時は赤だけど、食卓では白が多い」というお声をある中、今ヌーヴォーの中でも大人気なのが、「シャルドネ・ヌーヴォー」というこちらのヌーヴォー。南フランスのある蔵元に造ってもらった、とってもフルーティで珍しい白ヌーヴォーです。

白ヌーヴォーとして一般的に知られているのが、「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」という白ヌーヴォー。
これらは、フランス・ブルゴーニュ地方の中でもシャルドネ種の産地として知られるマコン・ヴィラージュという地区のぶどうを使って造られるヌーヴォーを指します。
しかし、ブルゴーニュ地方では低収量が影響し過去5年間著しく値上がりが行われている中、日本での流通価格もとても「高い」という印象があります。

「手頃で美味しい白ヌーヴォーが飲みたい」というお声にこたえるために、私たちはブルゴーニュのみならずフランス全土を探し回りました。そこで行き着いたのが、ヴィノスが1994年に直輸入を始めた時からパートナーのプティプロでした。
彼らは、南フランスで最も早くシャルドネ種の植樹に成功し、抜群の品質の白ワインを創立者のピケさんの時代から造っていました。
20151124171022.jpg

日本では、「ワイン王国」誌にて5つ星を獲得し、国際シャルドネコンクールでも金賞を受賞するなど、国内外で高い評価を集める注目農家。
20151124171657.jpg

私たちは、「コスパある白のヌーヴォーを造ってもらうなら、彼らしかいない!」と踏み、当主のアニックさんの元へ何度も訪れ、3年以上の年月をかけて新ワインに関する協議をしてまいりました。
畑のぶどうを何度も味見をし、どの区画のぶどうを使用し、発酵温度や期間まで協議を重ねました。
20151124Grape.jpg 20151124Vine.jpg
20151124Tank.jpg 20151124Wine.jpg

そして、プティプロの特別な畑のシャルドネを使用し、ようやく最高においしい白ヌーヴォーが完成しました!
マンゴー、白桃、パイナップル、グァバのようなトロピカルな果実味と、綺麗な酸味と口の中に広がる旨味、ねっとりと残る長い余韻・・・
上質なぶどうの旨味がしっかりと表現されているので、低温でこのワインの美味しさと立体感をマスクするよりも、常温で味わうと、さらにこのワインの本質がよく分かります。3000円以上の一般的なマコン・ヴィラージュ・ヌーヴォーと比較しても、(価格は2分の1くらいにも関わらず)こっちの方が美味しい!と思わず唸ってしまいました。

野菜いっぱいのポトフや、魚介のお鍋、お刺身など、毎日の食卓やホームパーティに欠かせない食事との相性は抜群です。
20151124174947.jpg 20151124175006.jpg

そして、年始のおせちにも是非併せてみたい逸品です。

そんなシャルドネ・ヌーヴォーも在庫数が残りわずかに・・・今週いっぱい在庫が持つか分かりません。
是非この機会に、気になった方はご利用くだされば幸いです。
皆様のご利用をお待ちしております。

バイヤー 李

WEBショップから是非ご利用ください!
20151124175355.jpg

ペノティエ・ヌーヴォーが凄い・・・?

ヌーヴォー解禁から5日目。お店からはボジョレー・ヌーヴォーの姿が、瞬く間に消えつつありました。
連日の店内イベントに駆けつけてくださったたくさんの皆様に、改めて深くお礼申し上げます。

ボジョレー・ヌーヴォーが大人気を博す中、今年ヌーヴォーをご予約くださり既に味を楽しまれたお客様からは、こんなお声をいただいております。

「ボジョレーも美味しいけど、今年ペノティエ・ヌーヴォーが凄いね・・・」
ペノティエ・ヌーヴォーとは、ヴィノスが長年取り組んできた南フランス・ヌーヴォーの中でも、抜群の果実味と飲み応えで人気のヌーヴォー。つい先日発売となったオリジナルワイン、「ダーム・ド・ペノティエ」を手掛ける、「シャトー・ド・ペノティエ」という南フランスでもトップクラスのワインを造るシャトーのマダムにお願いして、このヌーヴォーを造ってもらっています。
20151123 madame.jpg20151123-dames.jpg

南フランス、ラングドック地方は無名の産地ながらコストパフォーマンスの高い素晴らしいワインを造る蔵元も多く、そんな蔵元のワインをいち早く日本に紹介したのが、ヴィノスやまざきでした。
「産地ブランドはいい。安くて濃くて美味しいフランスワイン。」というご要望で銀行からお金を借りて、初めて1コンテナのワインの輸入したのが昨日のことのようです。
 
現地に買い付けに行く際、実はラングドックでもヌーヴォーを造っているということを知り、しかしほとんど海外には輸出されていないことも知りました。
しかもボジョレーより南にあるため、解禁日は10月の第三木曜日。ボジョレーのちょうど1か月前です。ならば、船で持ってきても日本のボジョレーヌーヴォーと同じ頃に楽しめる・・・。ヴィノスやまざきはラングドックヌーヴォーをいち早く日本にご紹介できるように
なりました。しかし最初に扱った蔵元は人気が出ると量を増やし、質を落とし、結局は他のインポーター(輸入元)に移っていきました。そんな時、「ならば私に造らせてくれないか」と、声をかけてくれたのが、シャトー・ド・ペノティエのマダムでした。
20151029 _pennautier.jpg

年によっては、濃厚なスタイルから急にフルーティなスタイルに変わってしまったこともあり、その出来に納得ができずマダムと大喧嘩したこともありましたが、毎年フランスに訪れ、協議に協議を重ね、本当においしいヌーヴォーを届けてくれるようになりました。
20151123 vineyard.jpg

そんなペノティエが造ったヌーヴォーの中でも、2015年は「史上最高の出来」と言って良いほど素晴らしい出来となりました。
ペノティエをワインを監修する、かつて5大シャトーの一つ、シャトー・ムートン・ロートシルトを手掛けたパトリック・レオン氏が、ペノティエにやってきた時に、「ここのぶどうのおいしさはExceptional(桁外れ)!」とほれ込んだ単一畑のシラー種を使ってくれました。
20151123 Patrick_Leon.jpg

完熟ベリーが口いっぱいにあふれんばかりの果実味、しなやかなタンニン、スパイシーかつ長い余韻とフィネスがあって・・・
1380円とは思えない味わいに、現地を訪れた私たち買付隊も驚愕しました・・・
20151123 glass.jpg
そんなペノティエ・ヌーヴォーも人気が集中し、残り僅かになってしまいました。
ワインがますますおいしくなるこのシーズン、デイリーでワインを楽しむ方も多いことと存じます。デイリーに、ホームパーティ等年末年始のイベントにどんなシチュエーションでも抜群のおいしさを発揮するペノティエ・ヌーヴォーを是非お見逃しなく!


種本 祐子

ギヨさんの秘蔵ワインも入荷です

まずは、昨日ご紹介しきれなかった店舗の様子をお伝えします!

20151122-05.jpg
102年の歴史を誇る静岡本店でも、多くのお客様が新酒を楽しんでいらっしゃいました。

20151122-06.jpg
カウントダウンでご来店いただいたお客様も「美味しかったから追加できました」と再度ご来店いただいたセノバ店。

20151122-07.jpg
小田原店では心待ちにしていただいたお客様で長蛇の列が!

20151122-08.jpg
本日もご来店されたお客様から「他のお店のヌーヴォーと全然違う!」と驚きの声をいただいた川崎アゼリア店。

20151122-09.jpg
多くのお客様に囲まれたヴィノスやまざき池袋西武店スタッフたちでした。

20151122-10.jpg
本日は南フランスのヌーヴォーも大人気だった武蔵小杉店。


各店のボジョレー・ヌーヴォーは在庫残り僅か・・・お求めのお客様はお早めに!
また、南フランスヌーヴォーも残り少なくなってきている商品もありますので合わせてご利用くださいませ。
WEBショップはこちらから↓


そして、昨日でフランスへの帰路についたギヨさん。
20151122-04.jpg
今年も本当に美味しいワインを届けてくれて、改めてありがとうございました。

実は、ギヨさんの来日試飲会でヌーヴォーよりも更に人気だったワインがあったのです。
それが、こちらのワインです。
151119_05.jpg

このワインはギヨさんの持つ、同地区最古の区画と言われる『グランクラ』の畑のぶどうだけを使って造られる、彼の最高級ワインです。
20151122-02.jpg
その味わいはまるで高級なブルゴーニュ・ピノノワールかと思うほど複雑で完成された味わい。
ガメイ種とは思えないほど、ぶどうの凝縮感と112年の古木から生まれる複雑な味わいが口中に広がります。
ギヨさん自身も、「20-30年は熟成する」というほどの長期熟成ワインなのです。

ギヨさんは言います。
「グランクラの畑の古木は通常では考えられないほどの樹齢です。いつまでこの112年のぶどうの樹からワインを造り続けられるか私自身にもわからない程なのです。しかし、このワインはあまり採算が合わないのですが、新酒以上に本当に美味しいワインをボジョレー地区でも造れることを証明するためにも、できる限り造り続けていきたい」

年々収量が減っている同区画のワインは、生産量も極わずかで約5年間店舗への入荷はありませんでした。
今年の夏の買付けの際に粘り強い交渉を行い、本当に久しぶりの入荷となったのです。
20151122-03.jpg

ぜひ、ヌーヴォーと合わせて、彼の情熱がいっぱいに詰まったこのモルゴン・グランクラもお楽しみいただければと思います。
ご注文は各店舗、ウェブショップ(http://www.v-yamazaki.com/item/3283.html)、
またはお電話(0120-740-790)にて!

ヴィノスやまざき買付隊一同

ギヨさん、ありがとう・・でも、残り超僅か・・

昨日のブログで各店のヌーヴォー解禁の様子をご紹介しましたが、本日も多くのお客様にご来店いただきありがとうございます。

今回、ボジョレー・ヌーヴォーの最終の味わいをチェックし、酸味とのバランスがよく果実味がしっかりとしていたのでお客様に絶対に満足いただける味わいだと感じていましたが、内心は解禁してお客様の感想を伺うまでは、ドキドキでした・・・
201510135.jpg

しかし、解禁してみたら、あまりに多くの方から
「ヴィノスのヌーヴォーは、他と全く違う。突出して美味しい」
「ヌーヴォーの概念がくつがえされた」という反響の大きさに、私達もびっくり。
そして今月中位は販売しよう、と、仕入れたボジョレー・ヌーヴォーが、本当に
残り僅かになってしまったのです。もう完売御礼の出たヌーヴォーも多いのです。
皆様、是非お急ぎ下さい。あと数日で完売となります。

ここまでヴィノスのボジョレー・ヌーヴォーを支持していただけるのもこれも長年、ヴィノスやまざきと共にお客様の声に耳を傾けて一生懸命ワイン造りを行っている蔵元の情熱を感じました。

その代表的な蔵元と言えるのがペールギヨのローランさんです。

ワイン造りにおいては、自らぶどうの栽培から醸造、瓶詰めまで行い一切妥協をしないワインつくりを行い、まさに匠です。

ギヨさんの手がけるヌーヴォーは、年々、品質が向上しており今年も素晴らしい味わいに仕上がりました。

そんなギヨさんのヌーヴォーを毎年楽しみにしているお客様と共にヴィノスやまざき店内にてワインイベントを開催しました。

S__5079102_R.jpg
本日は池袋店からスタートです!

S__24027154_R.jpg
新店舗川崎アゼリア店にも来店!

S__27164680_R.jpg
渋谷店では長年のお客様も今年の味わいに驚きを隠せませんでした。

S__24543238_R.jpg
21時の遅くからにも関わらず約50名ものお客様が参加した武蔵小杉店。

ご参加のお客様からも多くのご感想をいただきました。
「ヌーヴォーは軽すぎて自分には合わないと思ってたけど、こんなに美味しいのがあるなんて初めて知りました。」
「とても凝縮感があり、ヌーヴォーじゃないのかと思うほど」
「今年も美味しいワインを造ってくれて、こんな状況の中でも現地から来てくれたギヨさんに感謝します。」

パリで起きた同時多発テロの影響で一時は、ヌーヴォーイベント開催を行うべきか悩んでいた私達にギヨさんから「ワインを通じて人と人をつなぎ、このボジョレー・ヌーヴォーのイベントで被害に遭われた多くの方を勇気づけてほしい」とメッセージをいただき開催することができました。

そして多くのお客様にご参加いただき、ボジョレー・ヌーヴォーの魅力も伝えることができました。ギヨさん、ありがとう・・・・

そして、もう一度お知らせ・・
今年のボジョレー・ヌーヴォー、本当に残りわずかとなりました。
まだお試しいただいていない方は、是非飲んでみてください!
ウェブショップはこちらから↓

2015ボジョレー・ヌーヴォー買付隊 福井

ヴィノスやまざき各店の様子をお伝えします!

ボジョレー・ヌーヴォー解禁からヴィノスやまざき各店舗にも多くのお客様にご来店いただいております。
本当にありがとうございます。


本日も引き続き、ヴィノスやまざき各店の様子をお伝えさせていただきたいと思います!

20151120-00.jpg
20151120-01.jpg
本日ギヨさんの来日イベントを行ったコレド室町店!

20151120-02.jpg
20151120-03.jpg
有楽町店ではバーカウンターを貸し切ってイベントを開催!

20151120-04.jpg
今年オープンしました、ルミネ北千住店では改札階にて特設会場にて蔵直®ヌーヴォーをご案内!

20151120-05.jpg
移転オープンしました札幌パルコ店でも初の蔵直ヌーヴォーが登場!

20151120-06.jpg
池袋店は、店頭でヌーヴォーをお試しいただきおもてなしさせていただきました。

本日もお問い合わせの多かったギヨさんの来日店頭試飲会。
明日のスケジュールをお伝えさせて頂きたいと思います。
21日(土)
13:00 池袋店
15:00 川崎アゼリア店
17:00 たまプラーザ店
19:00 西武渋谷店
21:00 武蔵小杉店

お申し込みはこちらから↓
ttl_R.jpg

ボジョレー・ヌーヴォーは限定数のため一部売り切れの商品も出始めております。
ご予約のワインのお引渡しも開始しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。
明日もヴィノスやまざき各店舗でスタッフ一同お待ち申し上げております。
保坂

「日仏つなぐ新酒」

本日、2015年のボジョレー・ヌーヴォーが解禁となりました。
解禁を待ちわびたお客様の笑顔でお店は満たされ、スタッフ一同今日まで準備に取り組んで来て本当によかった、と感動しました。

実は、ご覧になられた方もいらっしゃったかと思いますが、当社の取り組みが新聞(合わせまして「yahoo!ニュース」)に掲載されました。

201511192-01.jpg
※2015年11月19日(木)静岡新聞夕刊より 
全文はこちらより↓


今回の事件後も変わらず日本に美味しいワインを届けるためにいらっしゃってくれたギヨさん。
本当にありがとうございます。

本日の各店舗の様子を少しだけご紹介いたします。

201511192-04.jpg
駅構内でヌーヴォーが購入できると人気のエキュート品川店



201511192-03.jpg
毎年人気のJR品川駅コンコースの特設会場は明日まで!

201511192-02.jpg
蔵直ヌーヴォーにたくさんのお客様が注目した池袋西武店

201511192-06.jpg
今年7月にオープンした最新店舗 川崎アゼリア店

201511192-05.jpg
川崎では特設会場も初登場!



本日関西でのイベントを終えたギヨさんは、明日より関東に移ります。
201511192-07.jpg
既に満席を頂戴している会場もございますが、まだご参加いただける店舗もございます。
ぜひ、ギヨさんの暖かい人柄に触れ、よりワインを通じて彼らを応援できるよう、皆様のご参加心よりお待ち申し上げております。

各会場のお申し込みはこちらから↓
ttl_R.jpg

保坂

解禁です&最高金賞獲得!

いよいよ本日解禁となるボジョレー・ヌーヴォー。
店舗ではカウントダウンで解禁を祝うイベントを開催しました。
20151118-06_R.jpg

誰よりも早くボジョレー・ヌーヴォーをお楽しみいただけるということもあり、
深夜にも関わらず多くのお客様にご来店いただきました。

解禁イベントで一番人気だったのは、やはりギヨさんのヴィラージュ・ヌーヴォー。
112年の古木から生まれるグランクラの畑のぶどうを使用した一本です。
お客様からも
「こんなに濃いボジョレー・ヌーヴォーは初めて!」
「渋みも感じられて、しっかりとした味わいでした」
との声をいただきました。

そして、そんなボジョレー・ヌーヴォーの最新情報が現地フランスから到着いたしました。
なんとヴィノスやまざきでお届けする蔵直®ボジョレー・ヌーヴォーが現地コンクールにおいて栄誉ある賞を受賞したのです。

グリサブロン・ラレプ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーがグランド・メダイユ・ドール(最高金賞)を獲得!
BVN  15 Grande medaille or 001-1_R.jpg20151118-01.jpg

この"ラレプ"は、金賞ハンターことボジョレーの匠ドメーヌ・グリサブロンの当主ドミニクさんの奥様の名前を冠した特別な畑のぶどうを使った、今年度初入荷の一本。
生産量も極少量のみの限定ヌーヴォーで各店の納品数も僅かですので、お求めの方はぜひお早めにご利用ください。


そして、頑固親父ことドメーヌ・シャテルスはヴィラージュ、通常ヌーヴォーともに金賞をダブル授賞!
trophee diplome 2 001-1_R.jpg20151118-02.jpg

trophee diplome 1 001-2_R.jpg201451118-03.jpg

日本のお客様のためにシャテルスの醸造家兼オーナーのパスカルさんとともに、
ヴィノスやまざき買付隊が現地にてアッサンブラージュ(最終の味を決めるブレンド)を行ったワインが金賞を獲得したのです。

どのワインもヴィノスやまざきでした手に入らない限定のヌーヴォーです。
ぜひ店舗・WEB・通販にてお買い求めいただければと思います。
WEBショップ→http://www.v-yamazaki.com/
通販部お電話→0120-740-790
※数量限定の為、早期の売り切れが予想されますのでご注意ください。

各店舗のオープン時間はこちらから。


そして、当店一番人気のギヨさんの来日イベントも本日より各地にて開催いたします
本日カウントダウンにいらっしゃれなかったお客様も、ぜひ足をお運びいただければと思います。
ttl_R.jpg

ヴィノスやまざきスタッフ一同

いよいよ、あす夜解禁いたします。

ボジョレー・ヌーヴォー2015が明日(の深夜)、いよいよ解禁いたします。

昨日まで4日間をかけ、国内に入荷したヌーヴォーの倉庫での検品を終了しました。
6026_R.jpg6035_R.jpg

一本一本手作業でのチェックですが、毎年欠かさず行っていることです。


今年10月末の現地ボジョレーでの瓶詰めの確認と検品から、更に国内での再度の検品。
初めてワインと触れ合う方も多くいる、このボジョレー・ヌーヴォーだからこそ、安全・安心にお客様にお届けしたい。
そのような思いで、何重ものチェックは欠かすことはできません。


そして、そんなワインたちがいよいよ本日から店舗に到着しています。
13925_R.jpg

これから更に店舗でお引渡し分の確認を行っていきます。

今回、日本のお客様とともに解禁を行うため、ドメーヌ・ペール・ギヨのローラン・ギヨさんが来日します。
本日、日本に向けて無事に出発をするという報告が現地から届きました。

今回の事件を受け、一度はカウントダウンイベントをはじめとする各種ボジョレー・ヌーヴォーのイベントのキャンセルをしようかと話し合いました。
しかし、ギヨさんを始めシャトー・ド・ペノティエのマダム、レイニャックのヴァテロさんをはじめとする生産者から、「ワインを通じてフランスを応援してください」というメッセージをいただき、私たちは今回の開催を決断しました。
ttl_R.jpg

皆様のご参加スタッフ一同お待ち申し上げております。
ヴィノスやまざき商品部一同

「ペノティエのマダムと連絡が取れました。」

今日、ペノティエのマダムに連絡が取れました。
20151116-03.jpg

ペノティエのマダムは南フランスのカバルダスのシャトーでワインのお仕事をするかたわら、
数年前に子供さんの学校のことや、パリのレストランのお客様などとのお仕事のため、半分はパリに住んでいます。
今は子供さん達もパリに在住されていて、今回のパリのテロ事件での安否も気になっていました。

今日、マダムと電話でやっと話すことが出来ました。

「ちょうど、日本でのワインの試飲会を終わり、中国経由でパリに戻る機内の中で
このニュースのことを知ったの。
パリに到着すると、街にも人が誰もいなくて、本当に深刻な事態だと気が付きました。
街の中は、警官や軍の人たちばかり。
私達家族は無事でした。
でも、テロの起きた場所は、若い人達に人気のある場所で、実際にテロの被害に
あったレストランは息子がいつも行っている店だったの。
でも、ちょうど、その日は家にいたので、無事だったの。本当に心配してくれてありがとう。

でも、これは有りうることだし、過去にも起きたことがあること。
私達は強く立ち向かわなくてはならないし、フランス人はタフなの。負けないで頑張るわ。
もう、今日は少しずつ平常に戻っています。だから大丈夫。」

マダムは、私の電話に一気に話してくれました。

「何か、私達にできることはない?」と、聞くと

「ワインを通じて、日本の友人たちに、いつもフランスのことを思っていてと、伝えて。
心配して下さった日本のお客様たちにも、本当にありがとうと、伝えてほしいの。
先日のパーティでも、お店でも暖かく迎えてくれて、私は本当に日本のお客様の
ことを愛しています、って、伝えて。
ペノティエのヌーヴォー届いたかしら?是非、楽しんで、と、いうこともね。」
20151116-02.jpg

マダム ミランは、20年来の友人です。と言っても、若い頃はお互いに壁があって本音で話すことはありませんでした。
でも、子育てや、仕事や、いろいろな苦労を共にして、今では親友とも言える関係に
なりました。
2人で数年前から話し合い、今年一緒にアッサンブラージュ(ワインの調合)を行って出来上がったワイン、
ダーム(2人のマダムという意味)は、先日のお披露目会でも大好評をいただき、2人で祝杯をあげました。
フランス人は、恥ずかしがり屋でとっつきにくいと感じることもあるけれど(日本人もですが・・)一度心を許すと、本当に深くお付き合いのできる国民性があるな、と、思います。
20151116-01.jpg

ヴィノスやまざきは、フランスに敬意を表し、今週のボジョレー・ヌーヴォーも(もちろんペノティエのヌーヴォーも!)お披露目したいと思います。

そして、私達二人の友情のワイン「ダーム」と、2人のマダムに加わった私達の良きアドバイザー、元シャトームートンロートシルト醸造長パトリック・レオンと、ミランのご主人のニコラのコラボワイン「アリアンス」も、是非お楽しみいただければ幸いです。

We love France

ヴィノスやまざき 種本祐子

生産者からメッセージが届きました。pray for France.

Pray for Paris
11月13日夜、パリで発生した同時テロ事件により、犠牲者並びにそのご家族の方々に心から追悼の意を表すると共に、負傷者の方々に心からお見舞い申し上げます。


事件は発生後すぐに、蔵元に連絡をしてお見舞いのメッセージを送ったところ、
パリに滞在中でしたシャトー・ド・レイニャックのイヴ・ヴァテロさんからメッセージが届きましたのでご紹介させていただきます。

「お見舞いの連絡を本当にありがとう。
現在もまだパリの街は店は店は閉店しており学校や会社も休んでいます。
が 、私達フランス人は強い心を持っています。
アメリカが9.11から立ち直ったように、日本が東北大震災から立ち直ったように、私達も頑張ります。
ヴィノスやまざきのスタッフには、心からお礼を申し上げるとともに、フランスワインの販売を通じて今後も宜しくお願いします」

もうまもなくボジョレー・ヌーヴォー解禁となりますが、ワインを通じて今回の事件で被害にあわれた方、また、私たちのパートナーでもあるフランスの生産者にエールをお届けし一刻でも早く普段の生活に戻れるようお祈り申し上げます。
今日は、パリにご家族が在住しているシャトーレイニャックのワインを開けて、改めてフランスの実力に敬意を表したいと思います。
20151115-01_R.jpg

今週のボジョレー・ヌーヴォーの解禁も、作り手の方々に敬意を表し、フランスにエールを送れるよう、ご一緒に楽しみましょう。
20151115-02_R.jpg

We love France!
ヴィノスやまざきスタッフ一同 

本物のブランドとは・・・

pray for paris
パリの事件で被害に遭われた全ての方にお悔やみ申し上げます。


今週末、ヴィノスやまざき各店では、テイスト・オブ・グランヴァンを開催中です。
20151114-01.jpg

先日のワインパーティでお披露目させていただいたあのアリアンス・ブランもやっと店舗でお披露目です。
実は、本日隠れた人気だったワインがあります。それが冒頭でお出ししたこのシャンパーニュです。
シャンパンというと、ドンペリニヨンを始め大手メゾンの有名ブランドが美味しい・・と、思われがちですが、
今日の試飲会で、絶大な人気を得たのが、大手メゾンではない家族経営の無名のシャンパンでした。



「バランスが良く酸が強すぎず飲みやすい・・豊かな果実味・・その中に感じるフィネス、これは素晴らしい。」
有名シャンパンをいつも召し上がられているお客様がつぶやかれました。
「これほどボリューム感があるシャンパンは他にはない・・」と、プロのソムリエのお客様のお声。
 
こんな小さなシャンパンハウスのシャンパンが、これだけの高い評価を得ていることに
私自身驚きました。

実は彼らは元々、ビルカール・サルモン(約8千円)やローランペリエ(約1万円)など、有名シャンパーニュ・メーカーから醸造を委託される程の実力派ぶどう農家でした。
そんな彼らが満を持して、自社栽培のぶどうの中でも厳選した高品質なぶどうの一番果汁のみを使用してシャンパーニュを造り始めました!
一気にヨーロッパ中で話題になると、その少量生産のおかげもあり、なかなか手に入らない逸品となりました。
2000年にヨーロッパ最優秀ソムリエに輝いたフランク・トマ氏も、「ここまで完璧なシャンパーニュはコラール・ピカール以外味わったことがない」とまで言うほど。

そして今年、更なる栄誉を獲得。
フランス最高峰のワインガイド、「アシェット・ワイン・ガイド」において二つ星&ハートマーク=クープ・ド・クール(一目惚れ)の評価を得たのです!
20151114-02.jpg

同じような評価がどのようなものがあるかというと...
20151114-03.jpg

シャンパーニュの王様と呼ばれるクリュッグ(約2万円)や...

20151114-04.jpg
サロン(約6万円)などなど、
まさに世界最高峰のシャンパーニュのみが獲得した特別な評価なのです!

この美味しさの秘訣を知りたくて、今年現地を訪問したスタッフによると
「通常のワインのプレスの時間の4倍の時間をかけてプレスしていました。
というか、ほとんどプレスしていないにも等しいのです。そんな自然な果汁を樽で発酵し樽で熟成しているのです。
シャンパンメーカーは15000件位あるのに、樽で発酵し熟成しているのは、たったの10件なんです!」
と、興奮して語っていました。
 
本当のブランドとは、巨額な宣伝費をかけて作った有名ブランドではなく、コラールピカールのようなシャンパンこそが、
本物のブランドと言えるのではないのでしょうか。
そして、そんな本物のブランドのシャンパンを5000円代でお手に取って頂けるように、
ヴィノスは「蔵直 R」システムで、蔵元から店頭まで全て一貫して自分達で輸入販売を
頑張っております。
是非、本物のブランドのシャンパン、お楽しみ頂けたら幸いです。

ウェブショップでのご注文はこちらから↓

そして、試飲会は明日も開催されますので、ぜひヴィノスやまざきにお立ち寄りください!
20151114-06.jpg
保坂

今週末は偉大な蔵直ワインを楽しむ試飲会を開催します!

昨日まで、ヴィノスやまざきでは東京、京都、静岡とシャトー・ド・ペノティエから当主ミラン・ド・ロルジュリルをお招きし、ワインパーティを開催いたしました。
20151113-02_R.jpg
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
パーティでは、シャトー・ド・ペノティエとヴィノスやまざきの共同開発新商品のお披露目をさせていただきました。


その中でも特にご好評いただいたのがこちらのワインです!
20151109-05_R.jpg

実はこのワインは、本当に特別なワインです。
シャトー・ド・ペノティエの醸造家は、何とあのシャトー・ムートン・ロートシルトの元醸造長である世界的な醸造家パトリック・レオン氏です。
マダムの「南フランスで世界最高レベルのワインを造り上げたい」という情熱で生まれたのがアリアンスというワインです。
パトリック・レオン氏とペノティエの同盟(アリアンス)で生まれた最高峰のワインです。(レオン氏と夫のニコラ・ド・ロルジュリル氏のサインと横顔がラベルに刻まれています)


アリアンスはその性質上、僅か1、2樽しか生産されず、日本のヴィノスやまざきでのみ販売することが可能でした。
初入荷時には圧倒言う間に完売をしてしまい、
お客様からも「あのワインはまた入荷しないの?」とお問い合わせをいただくほどでした。

そして、今年初となる「アリアンス・ブラン(白)」が入荷したのです。
ペノティエの最高峰たる白ぶどうの単一畑「ラ・ブルネット」のシャルドネ種を中心に、南フランスの品種をブレンド。
20151109-06_R.jpg20151113-05_R.jpg

100%新樽熟成を施し力強い味わいですが、濃いだけでなくほんのりと酸も残っていることで非常にバランスの取れた仕上がりです。
ブルゴーニュの高級白ワインにも負けない、世界レベルの白ワインが誕生したのです。


パーティでもお客様から、
「注がれたばかりの時は少し閉じていたけど、数分で溢れるばかりのボリューム感あふれる味わいになった」
「まるでモンラッシェ(数万円級の極上白ワイン)のようなボリューム感と穏やかな酸味が心地よい」
とお声を頂戴いたしました。
20151113-04_R.jpg

実は、今週末ヴィノスやまざき各店では、パーティにいらっしゃれなかったお客様にもこの偉大なワインたちをお試しいただきたい!と、試飲会を開催致します。
アリアンスをはじめ、フランス最高峰の評価誌でクープ・ド・クール(一目惚れワイン)に選ばれた極上シャンパーニュ、
ちょうど今週末に迫ったブルゴーニュ最高峰のオークションで直接買い付けた極上ワインなど、
このワインシーズンに一度は楽しみたい蔵直?グランヴァン4種をお楽しみいただけます。

ぜひ、この機会にヴィノスやまざきに足をお運びいただければと思います。
皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。
ヴィノスやまざきスタッフ一同

■偉大な蔵直ワインを楽しむテイスト・オブ・グランヴァン
開催日:11月14日(土)、15日(日)
開催店舗と各店のフェスタタイム:
15時?武蔵小杉店、横浜店、たまプラーザ店、室町店、セノバ店、川崎店、札幌
17時?渋谷店、池袋店、静岡店、沼津店、京都店、神戸店、有楽町店

参加費:1,500円
ご予約はこちらから↓
20151113-06.jpg

お披露目パーティー最終回開催!

ペノティエとヴィノスやまざきのコラボレーションワインのお披露目パーティ、
フィナーレは、ヴィノスの本拠地静岡にて行われました。
028A6464.jpg

21年前、お客様から「高品質で本当に美味しくて、でも安いワインはないのか。」という言葉に背中を押されて訪ねた南フランス・ラングドック地方・・
そのラングドックの中で出会ったペノティエは、「安くて美味しい」と、20年のロングセラーとなり、1,000円台のシャルドネ(マルキドペノティエ)は、高級ブルゴーニュワインのよう・・と、ワイン雑誌で紹介され、赤の樽熟成は、こくがあるのに柔らかく、しかし渋みもしっかり。と、そのコスパで大人気となりました。

しかし、当主のマダム・ミランは、「もっともっと良いワインを造りたい・・」と悩んでいました。
そして、ヴィノスの紹介で(というよりボルドーのエルベさんの紹介で)、なんと、シャトームートンロートシルト(超有名ブランドのボルドーのシャトー)の醸造長パトリックレオンを迎えることとなったのです。

そして、マダム・ミランと、種本祐子、二人のマダムが一緒になって、さらに今のペノティエを超えるワインを造ろうと造ったのが、ダーム(二人のマダム)というワイン。
20151112-08_R.jpg

まず、ダームの白・・
「コクのある味わいなのに、フレシュなぶどうの味わいもあってものすごくバランスが取れた白です!いくらでも飲める!」
と普段からペノティエをご愛飲のお客様からもお声を頂戴しました。

そして、その次にアリアンスの白・・
20151109-05_R.jpg

これは、「同盟」という意味のワイン
「酸がしっかりしつつも、奥が深く、とにかく旨味と果実味が溶けている・・」
そんなコメントをたくさんいただきました。

028A6500.jpg

ダームの赤が出た時には、ラベルに驚きの声が・・
「マダム達のドレスの色が違っている・・」

そしてその味わいに、
「南フランスらしい果実の味わいとまるでボルドーのような高級感もある」
とソムリエも納得の一本でした。

そして本日のスペシャルワイン「アリアンス赤」には、ほとんどの方が言葉を失いました。
にぎやかだった会場が一瞬静かに・・
20151109-04_R.jpg

ムートンを超えるワインを南仏で造りたかったパトリックレオン
徹底してお客様の喜ぶ顔の見たかったヴィノスやまざき
そして、それをつないで、ペノティエの歴史を新たに造りたかったマダム、ミラン・・
028A6559.jpg

皆の想いが、このボトルに凝縮され、感動のフィナーレとなりました。
028A6583.jpg
本日ご参加された皆様も、そして、会場にはおいでになれなくても、いつもヴィノスやペノティエを応援して下さった皆様、そして、このブログをお読みになって少しでもこのワインに興味を持って下さった皆様、
皆様、お一人お一人に心からの感謝を送りたいと思います。

これからも、お客様の声を生産者につなげていく、そんなお店になっていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ヴィノスやまざき静岡チーム スタッフ一同

京都店5周年パーティーを開催いたしました。

本日は、シャトー・ド・ペノティエのマダムと京都のお客様を交えて、ワインパーティを開催しました。
11月11日は、実は京都店にとってとても特別な日。
ちょうど5年前、四条烏丸の「ラクエ四条烏丸」にオープンさせていただきました。

201511111.jpg

あれから5年、たくさんのお客様に支えられ、本日の5周年記念を兼ねたパーティを無事迎えることが出来ました。

そして、ゲストとして迎えたシャトー・ド・ペノティエのマダムと共に造った今回初お披露目となった「ダーム・ド・ペノティエ」も大好評いただき、本当に嬉しく思いました。

201511112 (2).jpg
「ラベルがとっても素敵!」

「果実味があるのに、凝縮間と余韻が素晴らしい・・・」

「あまりにも美味しくて、もっとペノティエのファンになりました!」

ワインの美味しさに、人気が集中しました。

マダムから、このワイン達を共に造り完成させるまでの長い長い時間を要した裏話を聞いて、美味しいワインを造るのも、そして一人前のワインのプロに成長するのも時間がかかる・・・と痛感しました。
201511113.jpg  201511114.jpg
私たちがこのように成長できたのも、すべて5年間京都店をささえてくださったお客様のご支援、ご愛顧の賜物と、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

まだまだ至らぬ点もございますが、お客様の声を生産者に届け続けられるようスタッフ一同努めてまいりますので、
ヴィノスやまざき京都店を宜しくお願い申し上げます。

ヴィノスやまざき京都店スタッフ一同


コラボ新ワインお披露目パーティー開催

本日は、代官山にありますメゾン・ポール・ボキューズにて、20年来のパートナーである南フランスの蔵元「シャトー・ド・ペノティエ」と当店の新商品のお披露目会を、ささやかに開催させていただきました。
 
 
DSC00848.jpg
 
ゲストには、シャトー・ド・ペノティエの当主ミラン・ド・ロルジュリル氏が来日。
 
 
DSC00844.jpg
 
シャトー・ド・ペノティエとヴィノスやまざきの共同で開発した「ダーム・ド・ペノティエ」を初お披露目いたいました。
ミラン氏もはじめお客様の声をもとに完成したワインの初お披露目で緊張した表情でしたが、お客様から「果実味がしっかりして美味しい」などと声をいただき、笑顔が溢れる楽しいパーティーとなりました。
 
DSC00882.jpg
 
ペノティエが手掛けるワインの品質とコストパフォーマンス、ワインへの情熱にお客様から多くの拍手を頂戴いたしました。
 
 
DSC01116.jpg
 

 
DSC01134.jpg
 
 
DSC01141.jpg

 
また、メゾン・ポール・ボキューズの料理とワインとのマリアージュは、皆様より大好評いただきました。

皆様の幸せな笑顔で、私達スタッフも幸せいっぱいになった一日でした。
 
本日、京都会場・明日、静岡会場にミラン・ド・ロルジュリル氏が駆けつけワインパーティーを開催します。
 
キャンセルがあり残りわずかではございますが、席もご用意することができました。
お申し込みはこちら
 
これからも、一人でも多くの方々にワインを通じて幸せになっていただけるよう、社員一同務めて参ります。
 

ヴィノスやまざき社員一同

ムートンの元醸造長と造り上げた偉大なワイン

ついに明日より南フランスのトップシャトーの一つ「シャトー・ド・ペノティエ」から、当主ミラン・ド・ロルジュリルさんが来日します!
20151109-01_R.jpg

今回の来日では、先日もブログでご紹介させていただきました、ペノティエとヴィノスの長年の夢が実現した、ヴィノス史上最高のオリジナルワイン「ダーム・ド・ペノティエ」を皆様にお披露目させていただきます。

しかし、数あるペノティエの人気ワインの中でも一際輝く一本のワインがあることをご存知でしょうか・・・
それが、ボルドー5大シャトーの一つ、シャトー・ムートン・ロートシルトの醸造長を務めた名醸造家パトリック・レオン氏と共に造り上げた、「アリアンス」というワインです。

実はペノティエとパトリック氏との出会いは、当店が2年に一度開催する最大のワインイベント「蔵の祭典」がきっかけだったのです。
当時から人気を博していたペノティエでしたが、さらに品質を向上させるために新たなワインメーカーを探していました。
そんな時、イベントで一緒になったヴィノスのボルドーワインの筆頭とも言える、シャトー・ムーラン・オーラロックのエルヴェさんにそのことを相談しました。
20151109-02_R.jpg
自分の蔵元のワインだけでなく、周囲の生産者のことも心配し尽力してくれるエルヴェさんは、ご近所さんであり昔馴染みのある醸造家を紹介しました。
それが、当時ムートン・ロートシルトを定年退職するところだったパトリック・レオン氏だったのです。
20151109-03_R.jpg

南フランスでボルドー以上の世界的なワインを造りたい、というミランさんの想いによって、
最高品質のぶどうを造る生産者と、ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀醸造家)にも選ばれた世界的な醸造家がタッグを組むこととなったのです。


そして、五大シャトーにも負けない最高のワインを南フランスで造り上げる、という彼らの目標がついに形となったのがこのアリアンスだったのです。
20151109-04_R.jpg

アリアンスとは、「同盟」を意味し、この二つのトップ生産者が手を取り合い、最高峰のワインを生み出したことを示しています。
ボルドー由来のカベルネ・ソーヴィニヨン種と南フランス系の品種をブレンドすることができるこのカバルデスという特別な地で造り上げた最高のワインの中でも、さらにパトリック・レオン氏が自ら厳選した特別な樽のワインだけがこのワインとして使用されます。
その味わいは、アタックで力強い果実の味わいを感じ、続いてシルキーな渋みが広がります。どこまでも続くかと思えるほどの余韻は、まさに偉大なワイン(グランヴァン)と呼ぶにふさわしい逸品ではないでしょうか。

そして、今回初お披露目となる、アリアンスの白ワインが登場します!
ペのティエ最上級の単一畑「ラ・ブルネット」のシャルドネ種を主体に見事なブレンドによる味わいは、樽熟成による力強さを感じながらも繊細な優美さを持ちます!
20151109-06_R.jpg
初お披露目となるアリアンス・ブラン、この本格ワインシーズンにぜひお試し頂きたい一本が増えました。
20151109-05_R.jpg
保坂

実は、ピンチヒッターから始まったのです。

ヴィノスやまざきの蔵直®第一号ワイン、レゾリュー赤ラベル。
お客様の「本当に安くて美味しいワインを飲んでみたい」というお声から、現地南フランスまで直接買付けに行き生まれた、20年来の当店のロングセラー商品です。
実はコンテナでの発注を行ったこのワインですが、口コミでその味わいと評判が広がり、あまりに売れすぎて現地からもなくなってしまった時期がありました。

このままではせっかく美味しいワインをお届けできたのに、お客様をがっかりさせてしまう・・
そこで、レゾリューに負けないくらい美味しいワインを見つけようとヴィノスやまざき買付隊は再び現地フランスまで飛びました。
もちろん行き先は当時まだほぼ無名だった南フランス。
数多くの蔵元を訪ね歩きましたが、あの濃くて果実の味わいがしっかりしているレゾリューを超えるのに納得できるワインにはなかなか出会えませんでした。

そんな時、南フランスの西の端、ちょうど南フランスの中央産地とボルドー地方の間で話題の蔵元があるという情報を聞きつけ向かったのです。
産地の名前は「カバルデス」という産地。
そこで出会ったのが、この「シャトー・ド・ペノティエ」という蔵元でした。
1600年代から続く、貴族の家系であるシャトー・ド・ペノティエは、まさに彼らの町「ペノティエ」を代表する名家です。
DSC09567_R.jpg

実はこの産地は、南フランスのメインとなる品種グルナッシュ種やシラー種だけでなく、カベルネ・ソーヴィニヨン種などのボルドー品種を使用することができる地域だったのです。
カベルネ・ソーヴィニヨンをブレンドされた彼らのワインは、
南フランスらしい完熟したぶどうから生まれる濃い果実の味わいだけでなく、さらにタンニン(渋み)がワインの中に溶け込み、まるで高級ボルドーワインのような風格を持った素晴らしいワインでした。
現地での長い交渉の末、ワインを日本に輸入することが出来、それ以来レゾリューに負けないロングセラー商品になったのです。

あの時大人気ワイン、レゾリューがなくならなければ出会うことがなかった、本当に奇跡の出会いだったと思います。


歴史ある蔵元である一方、何度も日本に訪れ、日本のお客様の声を実際に聞き、
さらにワインの品質を上げてきました。
なぜこのような柔軟な考えを持ち合わせているかというと、やはりそれは当主であるミラン・ド・ロルジュリルの存在が大きいと思います。
女性ならではの柔らかい対応でシャトーを切り盛りする彼女は本当に輝いています。
20151108-03_R.jpg

数年前からお客様のお声で、人気ワインである「シャトー・ド・ペノティエ赤樽熟成」や「マルキ・ド・ペノティエ・シャルドネ樽熟成」を超えるワインを造ろう!と話すようになりました。
それが、ようやく今年実現し先月末から店頭でお客様に紹介することができた、「ダーム・ド・ペノティエ」です。
20151108-02_R.jpg
長時間に渡るブレンドとディスカッションの末、これならヴィノスのお客様も納得していただける!とついに完成したワインでした。
20151108-01_R.jpg

実は、今回その新商品のお披露目と長年支えていただいたお客様への感謝の気持ちを込めて、ミラン本人が来日します。
ぜひ、彼女から直接このワインにこめる思いと、日本のお客様へのメッセージをお聞きいただきたいと思います。
まだ若干ですが、お席のご用意もございますので、ぜひお申し込みいただければとお思います。
2015118-06.jpg

スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
ヴィノスやまざき買付隊

あと1日・・・!

ボジョレー・ヌーヴォーのご予約締切日は、ついに明日に迫ってまいりました。
20151107 last1day.jpeg

今日の店頭での試飲イベントでも、ヌーヴォーのご予約に関するお問い合わせをたくさん頂戴しました。

その中でも、圧倒的な人気だったのが、ワンランク上の「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」達。
 
 

巷では「今世紀最高の出来」とニュースで流れていますが、良年でなくとも毎日畑に立ち、ヴィノスのために最高のヌーヴォーを毎年届けてくれた生産者たちやそのワインを味わってきた私達にとって言えば、「想像を絶する出来となった・・・」と驚きを隠せませんでした。
20151107 guillot wine.jpg
20151107 chatelus.jpg 20151107 dominique.jpg

それほど美味しい出来となった2015年のヌーヴォーを【ご予約価格】にて入手できるのも残り1日・・・

「色々ありすぎてどれを選んでいいかわからない・・・」という方に、こちらの大人気「ボジョレー・ヌーヴォー6本セット」をご用意しました!

20151107-10.jpg
ヴィラージュ・ヌーヴォー4種に加え、濃縮感たっぷりのギヨさんのヌーヴォーや、買付隊が現地にてブレンドを行った最高にバランスの良いヌーヴォーが入っての6本セットに、実は今一番人気が集中しています!

そして、当店が長年取り組んできた、これ以上ないコスパの南フランス・ヌーヴォーが詰まった6本セットも大人気です!
20151107-11.jpg

是非こちらも合わせてご利用ください。

「解禁日以降に買いに行こう。」と思っていると、もしかしたらほとんどのヌーヴォー(特にヴィラージュ・ヌーヴォー)が完売している可能性がございます・・・

なので是非、明日までにご予約いただければ幸いです。

WEBショップからのご予約が便利です!最後のチャンスを、お見逃しなく・・・
20151031 banner for nouveau.jpg

バイヤー 李

あと2日・・・

連日のようにお伝えさせていただいております2015年ボジョレー・ヌーヴォー&南フランス・ヌーヴォーですが、2日後の11月8日(日)がご予約最終日となります・・・

コールセンターではヌーヴォー締切が迫り、たくさんのお客様からヌーヴォー予約のお電話を頂戴しております!
「ブログを見て、電話しました。本当今年美味そうですね。」
20151106 Yoshida.jpg

また、お店にもお問い合わせのお電話をたくさんいただいております・・・
「まだヌーヴォーの予約って間に合いますか・・・!?」
20151106 Miura.jpg

中には、「週末店に行った際に予約しよう・・・」という方もいらっしゃいましたが、ヴィノスのヌーヴォーはどれもドメーヌ(小さな自家ぶどう栽培農家)が完熟ぶどうから造る特注品のため、締め切り直前になると完売間近のヌーヴォーが続出しております・・・

例えば、過去多数の金賞を受賞したドメーヌ・グリサブロンの「ラレプ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2015」
20151106 harvest.jpg
1本数百万円という世界一高級なワインを造るロマネ・コンティのコンサルも務めるドミニクさんが、「30年の醸造経験の中で最も高い糖度を誇るぶどうから最高のヌーヴォーができた!」と自信にあふれていた、渾身のヌーヴォー。
ヴィノスの買付隊がぶどうの収穫も手伝い、最高の完熟状態を確認できました!そして、10月に現地で味を見た時に、完成間近のヌーヴォーのあまりの濃さに声を失いました・・・


そして、もう一つ、人気集中しているのが「ナチュール・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2015」
20151026-06.jpg
ボジョレーの中でも「最も濃縮感溢れるワインを造る」と言われるモルゴン村で、「三ツ星レストランのソムリエが御用達のすごいヌーヴォーがある。」という情報からヴィノスが発見した蔵元から、毎年少量のみ分けていただく自然派ヌーヴォー。醸造時に亜硫酸塩(SO2)を一切使用しない※、ぶどうのピュアな果実味と複雑味にあふれる、まるでブルゴーニュの高級ワインのような風格を持った1本です!
※亜硫酸塩の添加は一切しておりませんが、醸造時に自然発生したものがワインに含有されているため、バックシール上では酸化防止剤の表記が含まれております。予めご承知ください。

秘蔵のヴィラージュ・ヌーヴォーたちが、残念ながらどんどん残り僅かになってまいりました・・・
これらを手にするのは、明日がラストチャンスかもしれません。お急ぎのお客様は、是非WEBショップをご利用ください!
20151031 banner for nouveau.jpg

また、「何を買っていいかわからないから、プロにお勧めしてほしい・・・」というお客様は、是非ヴィノスのコールセンター(※電話番号:0120-740-790)、及び店頭でのお申込みをご利用下さい!お客様にぴったりのヌーヴォーをご紹介させていただきます!!

皆さまのご利用を心よりお待ちしております。

バイヤー 李

あと3日です。

今年のボジョレー・ヌーヴォーのご予約で人気が集中しているヌーヴォーが
頑固親父ことシャテルスが造るボジョレー・ヌーヴォーです。


シャテルスに人気が集中しているのには理由がございます。
201511052.jpg
収穫したばかりのぶどうのフレッシュな味わいを最大限に引き立てるのが、一般的なヌーヴォーです。
しかも樽熟成をさせて楽しむためには、熟成に耐えられるぶどうでなければ、ワイン本来の果実感が失われてしまいます。

ですので「樽熟成をさせたヌーヴォー」など、今まで存在しませんでした。

しかし、シャテルスは樽熟成させた唯一無二のヴィラージュ・ヌーヴォーを完成させるために、
クリュ・ボジョレーと言われる格付けされた畑のぶどうを厳選して、
毎年ほんの僅かですが、樽熟成させたヴィラージュ・ヌーヴォーを仕込んでくれています。
201511053.jpg
今年は、例年よりも2週間早くぶどうが完熟したことで、通常よりも長い期間をかけてワインが樽熟成されました。
試飲した樽熟ヌーヴォーは、偉大なワインとしての風格すら感じられ、おそらく数年間寝かせてから楽しむこともでき、
間違いなく今までの樽熟ヌーヴォーの中で最も完成された味わいにしあがっていました。

そして、シャテルスと言えば、毎年ヴィノス買付隊が日本のお客様のためだけに区画ごとに仕込まれたヌーヴォーを
アッサンブラージュ(調合の意味)して作るオートクチュール・ヌーヴォーも今年の一押しです。

今年初めて、このアッサンブラージュに参加させていただきました。
201511054.jpg201511055.jpg
店頭で毎日お客様の声を聞きながらどんなヌーヴォーをお客様が求めているのか、勉強させていただいてきた経験を活かして、
5種類のワインをアッサンブラージュしていきました。
早朝からアッサンブラージュを開始しましたが、なかなか「これだ!」というブレンドが決まりません。
何十種類というヌーヴォーを経て、ついに買付隊全員一致して完成させたヌーヴォーは
フレッシュでピュアな果実味がストレートに味うことができる、ぶどうのアロマが弾けるヌーヴォーに仕上がっています。
今年のヌーヴォーの味わいが決まり、蔵元のセラーを出るすでに外は夕方に。。。

お客様に喜んでいただけるワインが完成した安心感で少し気持ちが軽くなり、どっと疲れを感じましたが、
早くお客様にこのヌーヴォーを味わってもらいたいという気持ちに満たされていきました。

収穫量が減少したため、間もなくご予約を締め切らせていただく可能性があります。

是非、ここでしか味わえない頑固親父の樽熟ヴィラージュ・ヌーヴォーと頑固おやじのボジョレー・ヌーヴォー、
ご予約をおすすめいたします。

PS:そして、頑固おやじシャテルスが造るロゼ・ヌーヴォーもまだ予約を承っております。
201511056.jpg
ロゼ・ヌーヴォーのために畑から選別して仕込まれる門外不出のフレッシュでフルーティなヌーヴォーは、
その希少性から毎年女性のお客様から大変人気がございますので、併せてご利用ください。
201511045.jpg

片山

あと4日です!!

連日のようにお伝えさせていただいておりますボジョレー・ヌーヴォーですが、4日後の11月8日(日)がご予約最終日となります・・・

コールセンターではヌーヴォー締切が迫り、たくさんのお客様からヌーヴォー予約のお電話を頂戴しております!
201511043.jpg
ご注文が電話・WEBで殺到し大忙しです。

まだ今年のボジョレー・ヌーヴォーのご予約がお済でない方に、
是非、ワインのご注文にあわせてご予約をおすすめしたいものが、


ミルクの温度を一定に保つために機械は使用せずに全てチーズ職人が手作業で造るチーズケーキのようなクリーミーなチーズは
1年前からご予約いただいているお客様もいらっしゃるほどの人気のチーズです。
201511042.jpgDSCN2869.jpg
一つ一つ丁寧に手作業で造られるために、大量生産は行えず、年間を通しての販売はできませんが、
「この時期だけは、分けてください!」と生産者にお願いをして用意させていただいており、

フレッシュで果実味豊かなボジョレー・ヌーヴォーと合わせて召し上がると、クリーミィなチーズと相まって、
極上のマリアージュが楽しめます。
※「マリアージュ」とは日本語の結婚の意味のフランス語です。


ヴィノスやまざきは直輸入ワインの専門店ですが、実は、ワインだけでなくチーズも農家から直輸入しております。

ワイン買付の際に、美味しいチーズと出会えば、買付のスケジュールを変更して、
チーズ農家のもとを訪れて、日本のお客様になんとか紹介できないか交渉をし、

201511044.jpg
放牧されている牛さんの健康状態の確認はかなりの大迫力です

さらに、チーズのカットも現地で行わずに、ホールごとワインと一緒に輸送することで輸送コストをカットし、
手に取りやすい蔵直価格で提供させていただいております。

ホールで仕入れて国内でカットしたてのチーズをお店に揃えることで、
現地で食べた感動をお客様にもご自宅でお楽しみいただけるようにしております。
(チーズは果物のように切りたてが一番美味しいからです。)


11月11日はチーズの日です。

ヴィノスやまざきではチーズの日を記念して、今週末はワインとチーズのマリアージュを体感してもらえるイベント
「テイスト・オブ・チーズ」を開催いたします。
ttl151107.jpg

カットしたての新鮮なチーズを、ヴィノスやまざきがセレクトしたおすすめのワインとともにお楽しみいただき、
ワインとチーズの魅力を体感してください!!

お申込みはコチラから!!


PS:すでにヌーヴォーのご予約をお済の方もコチラから限定チーズなど追加でご注文を承りますので、是非、ご利用ください。 
201511045.jpg

チーズとワインのマリアージュを愛する 片山

シャルドネ・ヌーヴォー誕生秘話

ボジョレー・ヌーヴォーのご予約締め切りまで、あと5日となりました。
当店がヌーヴォーを皆様に是非ご予約いただいた上で飲んでいただきたいのには、理由がございます。


毎年、ヌーヴォーを飲まれたお客様からたくさんのご感想をいただきます。そんな皆様のリクエストを元に、私たちは蔵元へ何度もお願いし、お客様に喜んでいただける味わいのヌーヴォーをオートクチュール(オーダーメイド)で造って頂いております。
全て特注品なので、製造も入荷も、毎年一度きり。そのため、いち早くご予約いただき美味しいヌーヴォーをできるだけたくさんのお客様に楽しんでいただきたいと強く願っております。

そんな中、オートクチュールで生まれた南フランスのヌーヴォーが今年も入荷いたします。

お客様の
「ボジョレー・ヌーヴォーも好きだけど、シャルドネから造る白のヌーヴォーも飲みたい!」
というお声から、当店の蔵元でも特に白ワインに定評のある蔵元と共同開発したのがドメーヌ・プティプロの「シャルドネ・ヌーヴォー」です。
20151103-05.jpg

白のシャルドネの新酒といえば、マコン・ヴィラージュのヌーヴォーがありますが、なかなか納得の味に出会えなかったのと、それと何と言っても価格が高い...
壁にあたっていた時に、それならダメもとで、南フランスのシャルドネの名手プティプロに聞いてみようか...
そして、ヴィノスのお客様の為ならやってみよう、と言っていただき、恐らく世界で唯一の南フランス産のシャルドネ・ヌーヴォーが誕生したのです。

とにかく、南フランスのシャルドネのイノベーターの造るワインですから、その美味しさは半端ない...初めて出来た時、そのフルーティーでフレッシュな味わいに皆で感動したことを思い出します。

そして今年...
夏の終わりに収穫に行ったメンバーは、かつてないくらいの完熟した甘さに驚きました。
「とても完熟していて果実味もたっぷりなのですが、驚くべきなのはその良質な酸味。今年はプティプロファンの方だけでなく、シャルドネのお好きな方々にも絶対に飲んで頂きたい!」
20151103-04.jpg

そして10月...。
現地に味を確認に行ったメンバーは、その美味しさに感動。
「とても完熟していて果実味もたっぷりなのですが、驚くべきなのはその良質な酸味。今年はプティプロファンの方だけでなく、シャルドネのお好きな方々にも絶対に飲んで頂きたい!」と、興奮を隠しきれませんでした。
DSC00078_R.jpg
同行した業界のソムリエの方も、「はっきり言ってマコン・ヴィラージュより美味しい!」と、大絶賛でした。

そして、何と言ってもそのコスパ!
マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォーの半額以下の驚きの1,580円(予約特別価格)!
さらに限定数だけの生産なので、毎年ほとんどが予約で完売してしまい、お店に並ばない店舗もあります。

毎年その品質を向上するシャルドネ・ヌーヴォー。
ぜひその味わいとコスパをお楽しみくださいませ!
ご予約はWEBからもご注文可能です。是非ご利用くださいませ。
20151031 banner for nouveau.jpg

保坂


蔵直ボルドーワインの真骨頂!

ただいまヴィノスやまざきでは「偉大なワインフェア」を開催中です。
本格ワインシーズンにお楽しみ頂くために、世界の偉大なワイン(グランヴァン)が集合しております!

偉大なワインとは...
フランス・ボルドー、ブルゴーニュで格付けされたワインや、最近ではカリフォルニアのカルトワイン、イタリアのスーパートスカーナを言うこともあります。
ヴィノスやまざきでは、無名な産地でもそれらを超える品質の小さな農家が造るワインを蔵直偉大なワイン(グランヴァン)と名付けました。
その中でも人気のあのワインが再入荷を果たしております!

そのワインを造る蔵元が、ユニメドックという蔵元です。
実はこの蔵元、数万円のグランヴァンが生まれる、フランス・ボルドーの銘醸地メドック地区の農業協会です。

彼らは同地区の200以上の契約農家にぶどうの栽培指導を行います。
その中から選ばれたその年の最高のぶどう農家30軒の果実のみを使用して造られるのが、
当店でも直輸入開始直後から20年に渡る人気を誇る、ロングセラー商品「ユニメドック」です。
20年以上に渡り醸造を担当している名醸造家バッシェさんは、ボルドー大学を主席で卒業するほどの実力派です。
20151102-02.jpg


実はそんな彼らのワインは、あの5大シャトーの一角シャトー・ムートン・ロートシルトの醸造チームもデイリーワインとして楽しんでいるという噂がある程です...

実は、人気ワインを造る蔵元ユニメドックに、今年の夏の買付隊はあるミッションの下に向かいました。
それは、毎年限定数量のみ造られるプレステージワインの買付け交渉でした。
20151102-04.jpg

そのワインが今回限定入荷を果たした「エスプリ・デスチュエール」です。
彼らの厳選されたぶどうから、さらに選別を行った最高品質のぶどうを新樽熟成で生み出します。
その味わいは、メドックのお手本とも言える、しっかりとした渋みとコク深い味わいが特徴です。
格付けワインにも匹敵する、蔵直ボルドー偉大なワインです!

長い交渉の末、この本格ワインシーズンに間に合わせ限定入荷することができました。
20151102-07.jpg

年間通してご紹介することができないほどの限定数量の商品ではありますが、幸運なことに現在の偉大なワインフェアでご紹介することができておりますので、ぜひ一度お楽しみいただければと思います。
201511102-08.jpg

保坂

ついにお披露目、ダーム・ド・ペノティエ!その味わいの秘密とは...

今週末、ヴィノスやまざき各店では長年のパートナー蔵元と協同開発した夢ワインがお披露目となりました!
20151101-01_R.jpg
今回のフェア開始直後から、「どんな味わいなのかぜひ試したい!」とお客様からのお声を頂戴したワインがついにワインフェスタに登場しました。

当店ヴィノスやまざきとは20年来のパートナーで、専門誌「ワインスタイル」で紹介されたり、日本最大の女性によるワインコンクール「サクラワインアワード」で最高賞ダイヤモンド・トロフィーを獲得する南フランスのトップ蔵元の一つシャトー・ド・ペノティエ。
20151101-04.jpg

数多くの評価を獲得してもなお、当主ミラン・ド・ロルジュリルとヴィノスやまざき買付隊長の種本は、
「日本のお客様にもっとバリューで美味しいワインを届けたい...」と長年話し合ってきました。
今年過去最長4時間のアッサンブラージュ(出来上がったワインのブレンド)を行い誕生したのが、この「ダーム・ド・ペノティエ」でした!
20151023-04.jpg
20151101-02.jpg

それぞれどんな味わいかというと...

ダーム・ド・ペノティエ白は、人気のマルキ・ド・ペノティエよりも更にしっかり樽熟成を施しました!
シャルドネ種を主体に造り上げながらも、わずかながら南フランスのヴィオニエ種とソーヴィニヨン種をブレンドすることで、香りに華やかな印象とフレッシュさを加えています。

ダーム・ド・ペノティエ赤は、カベルネ・ソーヴィニヨン種を主体に、古木のシラー種やメルロ種などをブレンドすることで、より複雑な味わいを実現しました。
高級樽フレンチオークで樽熟成することで、タンニン(渋み)と果実の旨みをバランスよく感じられ、高級ボルドーワインのようなアタックに、南フランスらしい果実味が口の中に広がる味わいです。


お召し上りいただいたお客様からも、
「白は香りが華やかで、力強いリッチな味わいだけど、果実の旨みもあって飲みやすいです!」
「普段はペノティエの樽熟成の赤と白を飲んでるけど、更にボルドーワインみたいな高級感があって驚きました。」
「ペノティエのワインが好きで飲んでいるのですが、こちらもまたリピートします!」
と、お声をいただきました。
長い年月をかけて育んだパートナーシップが造り上げたオリジナルワインをお客様にお試しいただけて本当に嬉しく思います。

今週末店舗にいらっしゃれなかったお客様も遠方のお客様も、気になった方はぜひこちらからご注文いただければと思います。
20151101-03.jpg

保坂

P.S. オリジナルワインのお披露目パーティーに、当主ミラン・ド・ロルジュリルが来日します!
ペノティエ+ヴィノスやまざき コラボ新ワインお披露目パーティー
ぜひお誘いあわせのうえ、ご参加くださいませ!

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード