ヴィノスやまざきバイヤーズブログ

2012年9月アーカイブ

オンラインショップMVPワインはこちら!

ブログをご覧の皆様こんばんは。

台風など不安定な天候が続いておりますが、まもなく秋本番!ついに日本初上陸となったイタリアの星「ボチェッリ」のワインや、大好評のカリフォルニアから第2便が到着!!ますますワインが美味しくなる季節、ぜひお試しください。

本日はオンラインショップMVPワインをご案内いたします。


20120930_01.jpg

カリフォルニアのトップ生産者達の集まるプレミアム・ナパヴァレー・オークション


その会場で

「是非ヴィノスやまざきでワインを扱ってほしい」

と多くのワイナリーから声を掛けていただきました。その中で「これは凄い!」と感動したワインがこのパラダイムでした。

20120930_02.jpg

ナパヴァレーの中でも最高級のワインが産まれる「オークヴィル」でぶどう栽培を営む小さな農家ですが、


なんと、スクリーミングイーグル(時価30万)やダラ・ヴァレ・マヤ(時価10万円)など、最高峰のワインを造り出した伝説的醸造家ハイジ・バレット女史が手掛ける幻のワインだったのです。


「パターン・フォー・パーフェクション(完璧なモデル)」という意味が込められたパラダイムは、重厚でスパイシーな果実味や優雅で品格のある味わいで、「これぞ真のナパワイン」と言うべき完璧な仕上がり!!

ハイジ・バレット女史の手掛けるワインで1万円を切ることは奇跡とまで言われる中、驚きの価格でご提供中!!

多くのワインファンを唸らせる至高の味わいをこの機会にお試しください!


WEB担当 井山

追加のお申し込み承ります!!


bobobobobobo.jpg
oioioioioioioioioioi.jpg



昨日のブログでもご紹介させていただいた「ボチェッリ」をはじめ、
カリフォルニアからは何十万円で売買されるワインの醸造家がプライベートワイナリーで造る超プレミアワインまで。




生産量が少ないものがほとんどの為、売場に並べてみるといつも以上に豪華さを感じてしまいました。



でも、実は・・・
今回入荷した限定ワイン以上に入手困難なワインを手に入れる方法があるのをご存知ですか??
毎月、秘蔵のワインが入手できるワインの頒布会





ヴィノスやまざきは美味しいワインがあると分かれば、どんな秘境にでも、時には飛行機、舟、車、ありとあらゆる交通手段を使い現地まで出向き、造り手と直接コミュニケーションし味わいだけでなく、こだわり、そして飲んでくれるお客様に伝えたいことまで話し合いました。

シャテ~1.JPG

ぶどう造りのこだわり

kodawari.jpg



そういった現地での商談の結果、日本では絶対に入手できない今回入荷した新着ワイン達を入手するに至ったわけですが、、、


実は、造り手たちが特別なお客様にだけ少し用意するワインがありました。
それらは、造り手の家族や親せきだけが飲めるワイン。
メーリングリストの会員しか入手できないワイン。
そして、販売は一切していないワインなどなど。


現地でも入手出来ない、限定流通酒。今回の「蔵直®ワインクラブ」に登場します!!


新着「ボチェッリ」のワインの中でも、父の名前を冠する「ボチェッリ・テッレ・ディ・サンドロ」
世界最高峰のワインオークションで入手した格付けブルゴーニュ
イタリア・サルディーニャ島の秘境のさらに秘境で造られるワイン・オブ・ザ・イヤーのワイン

どれをとっても、美味しさへの自信があります!!

「蔵直®ワインクラブ」は本日から追加募集期間が始まりましたので、お見逃しなく!!

矢吹

「ボチェッリ」、ついに明日発売!

こんばんは、バイヤーの李です。

明日から、秋の新着ワインをご紹介するお披露目フェアを開催します!
今年買付隊がフランス、イタリア、アメリカ・カリフォルニアを駆け回り見つけてきた新着ワイン達が入荷する中で、今年一番の目玉となるこのワインを皆様にご紹介します!

538761_414962295229568_1246013667_n.jpg

「神の歌声」を持つと言われる、世界的テノール歌手アンドレア・ボチェッリ氏
Bocelli_20x30PosterIMG_8.jpg
実は彼が生まれたトスカーナの実家は、地元の人々に愛されてきた130年の歴史を持つ秀逸ワインの生産者でもあります。彼のワインを口にすることは、世界中の彼のファンのみならず、ワインファンにとって長い間の夢でした。

DSC02422.JPG
そのワインを「ヴィノスやまざきを通じて日本のお客様に紹介したい・・・」という1本の電話が。

私たちはすぐにイタリアに駆けつけ、アンドレアとその弟である醸造家アルベルトの醸したワインをテイスティング。

DSC02468.JPG

・・・これほどまでに素晴らしいワインに出会ったことはない・・・

本当にそう思いました。アンドレア・ボチェッリの美しい歌声のように、そのワインも「芸術」そのものでした。

そのボチェッリのワインが、当店100周年を目前に日本初上陸が決定!
明日9月29日(土)より、ヴィノスやまざき各店舗にて販売開始となります。

ご興味のある方は、是非「ボチェッリ・ワイン」が試飲できる、恒例のワインフェスタにお越しください!ボチェッリの秘蔵ワインまで、こっそりご紹介します!
ダン.jpg

★☆★ワインフェスタ開催スケジュール★☆★
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
●そごう横浜店 15:00~
●たまプラーザテラス店 15:00~
●小田原店 15:00~
●新静岡セノバ店 17:00~
●自由が丘店 17:00~
●中目黒店 17:00~
●札幌店 17:00~
●静岡本店 17:00~
●池袋店 17:00~
●京都店 17:00~
●そごう神戸店 17:00~
●沼津店 17:00~
●西武渋谷店 17:00~
●有楽町店 19:00~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

皆様のご来店を、心よりお待ちしております。



「まるでブルゴーニュ!?」なヌーヴォーは人気急上昇!

こんばんは。

朝晩も涼しくなり、秋を感じるこの頃。秋と言えば、いよいよ本格ワインシーズンの始まり!


今秋も続々新商品をご用意しておりますが、まずは解禁まで50日を切ったボジョレー・ヌーヴォーをご案内します!


今年は新しい蔵元を2蔵加わり、本当にどれもお勧め。

今日はその中でも、「力強い味わい」のヌーヴォーをお探しの方にお勧めの1本をご紹介します。


 

グリ2725.JPG

【ドメーヌ・グリサブロン ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー 2012】


 

始まりは、1通のお手紙から。

グリサブロンのオーナー、ドミニク氏が、「日本の皆さんにおいしいワインを届けたい」という熱い思いからヴィノスやまざきに一通の手紙を送ってくださいました。

 

たくさんある日本のワインショップの中で、なぜヴィノスやまざきを選んでくださったのかというと、「お客様の声を吸い上げ、その声を生産者に届け、新しい商品開発に活かす」という、蔵直のコンセプトに共感を抱いたからとのこと。


ヴィノスやまざきの持つ購買代理店としての役割が、グリサブロンとの出会いをもたらしてくれました。

 

買付4.JPG

 

しかし、そうは言っても初めての蔵元。いったいどんな蔵元だろうと、ヌーヴォー買付隊のメンバーが期待と不安のもとグリサブロンを訪問しましたが、行ってみると驚きの連続!


ワイン造りの仕事の8割は掃除から」と語るグリサブロンの蔵元はとにかく清潔。畑も限りなく有機に近く、「今年は造り手の腕が試される年」として栽培が難しいと言われた年であるにも関わらず、見事なぶどうが実っていました。


また、グリサブロンは100年以上続く歴史ある蔵元で、畑には最高樹齢90年を超える古木も所有。実は、グリサブロンのヌーヴォーにはなんと、この古木も一部ブレンドされるという贅沢な1本になる予定です。

 

mdaru ~1.JPG

 

彼の手掛けるワインは各種コンクールでも絶大なる評価。2000本のサンプルの中から1本しか選ばれないという金賞受賞をはじめ、上記写真の通り、まさに受賞ハンター!


 

グリサブロン 賞状.jpg

昨年のヌーヴォーコンクールでも見事金賞を獲得!


グラス02757.JPG昨年のヌーヴォーを買付スタッフが試しましたが、その味わいは「まるで高級ブルゴ?ニュ・・・」。1年近く経って尚、その品質は衰えずむしろ熟成に耐えうるポテンシャルすら感じさせます。

 


ヌーヴォーの中でも複雑で重たい味わいが飲みたい!」とお探しのお客様、是非ドメーヌ・グリサブロンをお試しください!

 


ご予約は各店店頭、WEB、お電話・FAXにて承っております。

 

WEBはコチラ↓
http://www.v-yamazaki.co.jp/nouveau2012/index.html

 

お電話・FAXはこちら↓
【ヴィノスやまざき受注センター】
TEL.0120-740-790
FAX. 0120-216-421


 

お早目のご予約をお待ちしております。

 

加藤

金曜日までやっていますよ!!

先週末は多くの方にご来店頂け、本当にありがとうございます!!

先週末よりスタートしたとっておきのワインイベント


テイスト・オブ・ヴィノス当別バージョン

「蔵直®ロングセラーワインを飲み尽くせ!!」

お楽しみ頂けましたでしょうか??


一覧.jpg


実は今回の企画


先週末から1週間限定で販売が決定した。

ヴィノスやまざきのロングセラーワイン(フランス)のみを

集めたセット

ロングセラーフランス12本セット


の企画中に生まれたイベント。


A店長:では、開催期間中は店長がお勧めワイン3種類だけ開けて、
お客様に飲んで頂き、ロングセラーなる所以を感じてもらおう!!

B店長:どれもおすすめワインなんで、どの3本にするか迷いますね。

T隊長:せっかくだから、全部開ければ??

店長:!!!!!????
そうですね!!!


そんなノリでスタートしたこのワインイベントですが、

風景.jpg


なかなか人気のようです!!

本日もソムリエ試験帰りのお客様が(お疲れ様でした)

答え合わせをしつつワインを飲まれたり、

勉強から解放されて、ただただ飲まれてたり


IMG_2174客.jpg


この企画の良いところは


まず、フランスの銘醸地をカバーしているところ!!

ボルドーはもちろん、ブルゴーニュ、ロワール、

ヴィノスやまざきの誇る南フランス、そしてスパークリングまで

幅広くワインをお楽しみいただけます!!



2012092218210000.jpg

そして、次に

12種のワインを楽しみ終わったら

そのワインが全てセットになったワインセットを送料無料でご自宅にご配送!!

次はご自宅でゆっくり楽しめるという点!!



今週末までの企画にしておくのは、

少し残念ですが、とりあげず金曜日まで!!


あなたの好きなワインが見つかるテイスティングバーへ是非ご来店ください!!

矢吹

お求めはお早めに!

ブログをご覧の皆様こんばんは。


「本当に美味しくて、また飲みたい!」
「凄く美味しいと聞いて、これから飲みたい!」

という多くの声をいただき、皆様の声にお応えすべく、1週間限定で延長が決定しました!さらに、ヴィノスやまざき各店舖やオンラインショップでも、お楽しみ企画盛りだくさんな1週間をお届けいたします。ぜひ、この機会をお見逃しなく!


本日は、ラスト1週間にぜひお飲みいただきたい至高の1本をご案内いたします。

20120129_01.jpg

過去にワインクラブでも登場したイタリアの大人気蔵元「マルケサート」のトップワインです!!
あまりの美味しさに「是非また飲みたい」という多くの感想をいただき、オーナーのマウリッツィオさんと何度も交渉を重ねてきましたが、生産量も非常に少ないため、なかなか再入荷出来ませんでした。しかし、今回マウリッツィオさんがそごう神戸店のオープン記念に譲ってって下さいました!!

20120129_02.jpg

マルケサートが最も得意とするシラー種は、イタリア最高峰「サッシカイア」を造るサングイードぶどう園から買い受けた畑で、除草剤などは一切使用せず限りなく自然な形で育まれます。

20120129_03.jpg

熟成はぶどうの味わいを大切にするため新樽の使用は避け、オクソラインシステム(熟成中の樽を回転させ澱を攪拌することで旨みをワイン全体に行き渡らせる)を導入することで旨みたっぷりのワインに仕上がります。

こうして出来上がったワインは、現地イタリアでも大変高い評価を獲得しています。

イタリア有名評価誌「ガンベロロッソ」

20120129_04.jpg

わずか1%ほどしか選ばれない3グラスの選考に勝ち残ったワインに与えられるドゥエ・ビッキエーリ(色付き2グラス)を獲得!!

イタリア有名評価誌「ヴェロネッリ」

20120129_05.jpg

過去3年以上、90点から100点という高得点を獲得したワインに与えられる最高の評価スーパー・トレ・ステッレ(色付き3ツ星)を獲得!!

濃密で複雑な味わいは至高の一言!!

また、マルケザーレを特別にブレンドしたヴィノスやまざきとの共同開発「ストラディス赤」も大人気!!


ぜひ、この機会にトスカーナのトップ生産者マルケサートのワインをお試しください!!


WEB担当 井山

ヴィノスのロングセラーワインをご紹介します!

こんにちは。

今週末、ヴィノスやまざきで賑わっているコーナーがあります。

それは・・・ワイン試飲コーナ。

 

20120922P.jpg

実は今週末から来週金曜【28日】まで特別ワイン試飲会「テイスト・オブ・ヴィノス」を実施しています。

 

ヴィノスやまざきが輸入を始めて18年、その間ずっと人気のフランスワイン達が存在します。

これらのヒットワインは、ダイレクトメールなどでご紹介すると、あっという間に売り切れてしまい、

普段愛飲頂いてる皆様にご迷惑をかけてしまう・・・。

 

そんなわけでダイレクトメールでのご紹介や特別価格でのご紹介はほとんどないのですが、

今年度もいよいよ本格ワインシーズンに突入し、改めてこれらのワインの魅力を再確認してみて頂いたり、

新たに美味しさを発見してもらえたら・・・。という思いで思い切って12本ご紹介しています!

一覧.jpg

 

今回のラインナップはとっても豪華!

正統派フランスブルゴーニュ地方のスパークリングワインや有名シャブリ、さらにはマコン村のとっても美味しいシャルドネ、

そしてもちろん南フランスのまろやかな白、さらにボルドー地方のキリッと爽快なレ・グラーヴ白、

赤はしっかりとしたボルドーのベストセラー「ユニメドック」やこれは絶対にはずせないヴィノスの定番「シャトー・レゾリュー赤ラベル」など

大人気の12本がそろっています。

 

新店舗であるそごう横浜店ヴィノスやまざきでも大反響!

「どれも美味しい!えー?お安い!!」というお声を頂きました。

 

0922.JPG

 

なぜなら、今回はこの人気ワイン12本で19,800円という特別価格も出ています。

P9220349.JPG

 

いつもお楽しみいただいてるお客様も、そしてまだお試しではない方も、大満足のワインです!

是非この1週間の間に、お近くのヴィノスやまざきでお試し下さい!!

お待ちしております。

中村

 

秋らしくなってきました

日中も30℃を切り、朝夕は寒ささえ感じるようになってきました。あんなに暑かったのに、涼しくなるとなんだか夏が終わるのが寂しいような気もしてきます。しかし、秋になれば、豊かな食材とともに、ワインも美味しくなってきます!

 

秋.JPG

秋はもうすぐそこまで来ています!

 

そして、その年の収穫を祝い、新酒を楽しむのが「ヌーヴォー」です。ヴィノスやまざきでは毎年、「ボジョレー・ヌーヴォー」と「南仏ヌーヴォー」をご用意しておりますが、今年は新しい生産者も加わり、よりヴァラエティー豊かになっています。詳しくはこちら→http://www.v-yamazaki.co.jp/nouveau2012/index.html

 

職人.JPG

厳しい目で畑を見る頑固おやじ=職人

 

その中でも毎年安定した品質で、しかもとびっきり美味しい味わいのヌーヴォーを提供してくれるのが、「ドメーヌ・シャテルス」です。ヴィノスやまざきの中でのニックネームは「頑固おやじ」 なぜなら職人気質の妥協を許さないその姿勢はまさに「頑固おやじ」です。もちろん賞賛を込めたニックネームです。

今年は難しい天候と言われていますが、さすが職人。きれいなぶどうを造ってくれていました!

 

f49-45.jpg

旨みがたっぷりでチャーミングな味わいです!

 

残念ながら、ヌーヴォーの解禁日は11月15日ですので、今日のところは飲めませんが、彼の作品(=ワイン)を楽しむことはできます。それは「ドメーヌ・シャテルス ボジョレー赤」 年号が2010年なだけで、ぶどうの種類もいっしょなので、フレッシュというよりは落ち着いた味わいが楽しめます。ぶどうの旨みがたっぷりと感じれられて渋みは少ないので、とても飲みやすい口当たりです。こつとしては少し冷やして飲むとさらに美味しくなります!

 

集合写真.JPG

「ボジョレー赤」も「ボジョレー・ヌーヴォー」もお試しあれ!

 

寺田

 

 

 

これぞ「ベスト・オブ・シチリア」!!

こんばんは、李です。
今日は、こだわりのイタリアワインをご紹介いたします。

昨年末に新入荷し、1ヶ月で数千本が完売してしまったワイン、「グランドゥーカ」。たくさんのお客様から、「いつ入るの?」というお問い合わせをたくさんいただいておりましたが、そのワインがやっと先月入荷してきました。
00004619_photo1.jpg
このワインが産まれるイタリアの「シチリア島」。イタリアで最大級のワイン産地として知られるシチリアで美味しいワインなんてあるの?と疑問に思う方も多いと思いますが、実はプレミアムワイン(しかも自然派!)の宝庫でもあるんです!

grande_azienda.jpg

このワインを造る「トーラ」はシチリア島で三代続く造り手で、イタリアの厳格評価誌「ガンベロ・ロッソ」でも最高評価の3グラスを獲得する実績を持つ実力者。その最上級ワインが、このグランドゥーカです。

昨年の春、奇跡の出会いを果たし、その時初めて飲んだ時の感動は今でも忘れません。あまりの濃さ(でもナチュラル)は、今でも鮮明に頭の奥に刻み込まれています。
DSC03569.JPG


実はこのワイン、イタリアの厳格ワイン審査委員会「ONAV(Organizzazione Nazionale Assaggiatori di Vino)」にて、「シチリアNo.1ネロ・ダヴォラ」に選出されたのです!

2012年からは、ついに政府から認証を獲得した有機栽培農家となるトーラ。近代的な考えを排他することなく積極的に取り入れ、新旧テクニックの独自の融合から品質の高いワインを生産しています。

畑は標高約400メートル以上の高台にあり、穏やかな潮風の流れ込む丘陵地にあり、シチリア島の中でも一等地とされる「ボスコ・ファルコネリア」の単一畑のネロダヴォラ種を使ってこのワインを造っています。

foto_terre_g.jpg

1本の木からは2kgに収穫量を制限するなど徹底管理のもと、シチリアの個性と世界水準の品質を持つワインを(量産することなく)品質重視で造り続けています。ワインはフレンチオークで15か月もの間熟成され、瓶詰されます。

チェリーや桃に通ずる風味。ハーヴやスパイスのニュアンスに加え、ラムやブルーベリーの果実味、鮮烈な酸味と剛健なタンニン・・・
燦々と降り注ぐシチリアの陽光を十分に浴び、今なお躍動感を感じさせ、すべての旨みの要素を鷹揚に取り込んだ、欲張りで、エネルギッシュで、実に素敵なワインです。濃密で若々しい上級のマルベックをも連想させるがっちりした骨格。ヨーロッパと新大陸の双方のニュアンスを巧に取り入れ、個性的なスタイルで飲む者を魅了します。

etichetta_granduca_g.jpg

高級イタリアワインを飲んできたお客様。きっとこのワインは、シチリアワインに対する概念を覆してくれるでしょう。
是非一度、お試しください!!




ロングセラーワイン勢揃い!!

こんばんは。

 

おかげさまで、蔵直ワインの輸入がスタートして今年で18年目になりました。

 

その当時、日本では全く無名のワイン産地である南フランスのラングドック地方で見つけた生産者は、今でも年間売上ベスト3に入る大人気蔵元です。農薬散布で大量生産されていた時代でも背負子を背負ってぶどう収穫をしている昔ながらの小さな生産者。

 

レゾリュ.jpg

 

レゾリュー.jpg

 

今も昔も通称「レゾ赤」と呼ばれ、多くのお客さまに愛されています。

 

 

また、同じ時期に輸入を開始した「グールガゾー」。ブルゴーニュ地方からラングドック地方に移り住み、シャルドネ種やシラー種などの高級品種をこの地で最初に栽培したパイオニア。 地元栽培農家からの嫌がらせで夜中にぶどうの根を引っこ抜かれても、頑なにぶどうの栽培を続け、今では地元のリーダー的存在に。

 

ぶどう.jpg

 

 ガゾー.jpg

 

当店とのコラボレーションでオリジナルワイン「プティ・プロ」シリーズが誕生しました。

 

 

さらに、ブランド産地が故に、その昔はカリフォルニア産シャブリが存在し、今では1,000円前後で手に入るシャブリも存在しています。実は、シャブリとはフランスのブルゴーニュ地方にある高級ワイン産地で、大手生産者がその大部分を占めています。

 

そんな中、当店が15年以上前から輸入している「ドメーヌ・デ・マランド」はぶどうの栽培から醸造・出荷まで一貫して行っている、この地方に十数軒しか存在しない家族経営のドメーヌものの「シャブリ」の生産者。

 

 マラ.jpg

 

 

樽熟成をしっかりとかけた、コクがあってインパクトのある赤ワインが評価された時代に、伝統的な造り方で柔らかい渋みと豊かな果実味を持つワインを造る家族経営に生産者が、今から10年前にフランスの有名グルメ誌「ゴーミヨ」では150本中第2に選ばれました。

「だから、私たちはこれからも流行に流されないワインを造り続けるよ!」とは、シャトー・レ・ラーヴのポヴィフ親子。

 

コピー ? ?レ・グラーヴ.jpg

 

そんな当店を代表する生産者のワイン12本が勢揃いし、しかも全12種類1,000円でテイスティングできる特別イベント

テイスト・オブ・ヴィノス 【Back to the Basic!!】

を、今週末の9月22日(土)から28日(金)まで開催いたします。

 

詳しくは近日中にHPにアップします!!

ぜひ、当店自慢のロングセラー蔵直ワインをお楽しみください!!

 

鶴見 明

いま人気のワインはこちら!お見逃しなく!!

ブログをご覧の皆様こんばんは。

2012年の蔵直ヌーヴォーの現地調査に買付隊がフランスを訪問し、いよいよワインシーズンの訪れを感じさせる今日この頃。

本日は、最近多くのご注文をいただく人気急上昇中のワインをご案内いたします。



近年、有機認証を受けたワインが多く流通するようになってきました。しかしながら、天候や病害に左右される有機栽培は非常に難しく果実味がしっかりしてバランスの良い美味しいワインと出会うのは本当に困難です。そんな中、1年をかけて世界中を巡った買付隊が、ヴィノスやまざきの原点でもある南フランスで、本当に納得できる有機ワインに出会いました!


蔵直ワイン第一号の「シャトー・レゾリュー」がある南フランス・コルビエール地区。今ではボルドーやブルゴーニュに匹敵するワインの銘醸地として数々のワインが生まれています。「ヴァル・オークレア」はコルビエール地区の最も奥地に位置する「ヴァレ・デュ・パラディ」で、わずか10件ほどしかない蔵元の一つです。


険しい道をひたすら進み続け、やっと辿り着いたこの地は、360度見回しても「自然」以外に何も見当たらないまさに『秘境』というべき高地。


オーナーのセバスチャンさんは、最高のオーガニックワインを造るため世界中を探し回り、この地に辿りつきました。


高い標高による寒暖差や、谷間に吹き付ける冷涼な風が病害を防ぎ、エレガントなぶどうが生まれます。


有機認証のAB(アグリキュルチュール ビオロジック)を取得し、毎日丁寧な畑仕事で完璧なぶどうを栽培しています。


こだわり抜いて造られるワインは、フランス厳格評価誌「ギッド・アシェット」で、無名産地ながらこの地で唯一掲載され、さらに一つ星という高評価を獲得!!


この「レ・バラス赤」は、樹齢100年のカリニャンと、樹齢50年を超えるシラーをブレンド。渋みと酸味のバランスがよく、今までに感じたことがないストレートな果実味。ボルドーワインを彷彿させる力強さに買付隊もその場で全員納得!!


さらに、ベルリンで開催される国際コンクールでは金賞を獲得!!


ヴィノスやまざき各店ご利用の皆様からも

「濃縮した果実味に果実の旨みがすごい赤ワインだね」

「しなやかで口の中にすーっと、入ってくる!」

「この味わいで1000円台とは!いいね!」

と、有機ワインの自然な味わいが大人気!!


高地の限られた畑のため生産量は極少。

ぜひ、お早めにお求めください!!


WEB担当 井山

お客さまからの格付けはトリプルA

こんにちは。

 

フランスのボルドー地方には1855年から続くメドック地区の格付けがあり、有名なシャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・ラトゥールやシャトー・マルゴーなどが1級格付けで、価格は2008年ヴィンテージで10万円以上でしょうか。

 

その100年後の1955年には、ボルドー地方のサンテミリオン(世界遺産にも登録された町)地区でもワインの格付けが発表され、最高評価である「プルミエ・グランクリュ・クラッセA」には、シャトー・シュヴァル・ブランとシャトー・オーゾンヌが双璧として君臨し、2008年ヴィンテージで8万円前後。

 

実は、このサンテミリオン地区の格付けは10年に一度格付けの見直しがされており、つい最近の見直しでシャトー・アンジェリュスとシャトー・パヴィが「プルミエ・・・」に昇格したとのことで、今後価格は上がる一方かと思います。

 

当店でも多くのボルドー地方のワインを直輸入していますが、もちろん上述のような高級格付けワインではありません。そのほとんどが小さなぶどう栽培農家で、畑での作業から醸造・瓶詰め・出荷まで、時にはワインのプロモーションまで自ら行っています。

 

先日そごう横浜店オープン記念に駆け付けてくれたシャトー・ムーラン・オーラロックのエルヴェ氏も、まさにその一人です。

しかも、かなりの頑固おやじです。

 

エルヴェ.jpg

 

 「私は代々この地(ボルドー地方のフロンサック地区。サンテミリオン地区の隣りです。)で先祖から受け継いだ畑でぶどう栽培を行っています。80年を超える古木も多く、畑での手入れは本当に大変ですが、ぶどうの葉は太陽の恵みを求めて、上へ上へと成長し続け、地中深く入り込んだぶどうの根はさまざまなミネラルや養分などを吸収しています。こうして、私のワインには複雑味・ミネラル・果実味・渋み・酸味などが与えられます。」

 

 DSC_0219.JPG

 

「私は手摘みで収穫したぶどうは、畑で2回、醸造施設内で2回、合計4回選果作業を行います。(普通の生産者は畑で1回醸造施設内で1回、合計2回程度)なぜなら、完璧な状態のぶどうしか使いたくないからです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は圧搾したぶどう果汁はポンプを使わずに重力だけでそのまま発酵タンクの中に入れます。なぜなら、ぶどうにストレスを与えたくないからです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「実は、私はあの有名なロバート・パーカー(世界で最も影響力のあるアメリカ人のワイン評論家)さんにもクレームを言ったことがあるのです。 」

 

 

 

 

 

 

『高得点を付けてくれるのは本当に嬉しい。でも、もともと生産量が少ないので、あまり高い点数が付くとワインの在庫は半年も持たないだろう。それでは、長年支えてくれたお客さまに申し訳ない。だから、私のワインに高得点を付けないでほしい。』

 

これがエルヴェさんが"ワインクレージー"と呼ばれる所以です。

 

 

「その大切なお客さまの一人が、ヴィノスやまざきです。

今から15年以上前からずっと私のワインを日本のお客さまに紹介してくれています。

私にとって、ワインは子供のような存在であり、人生の一部でもあります。

これからも私のワインを楽しんでいただきたいです。」

 

 IMG_1979.jpg

 

エルヴェさんはワインセミナーやイベントの最後に、いつも当店のお客さまに対して、熱いメッセージを残してくれます。

 

そんな、エルヴェさんが造った『シャトー・ムーラン・オーラロック2008年』

もともとの評価が高い上に、今回の来店で魅了されたヴィノススタッフやお客さまの口コミで、毎日多くのご注文をいただいています。

 

まさに、お客さまからの格付けはトリプルA

 

IMG_1965.jpg

 

ちなみに、その評価は・・・

 

 

 

鶴見 明 

 

グラディオが美味しい理由??

今日、有楽町のお店にいたところに、たまたま顔なじみのお客様Tさんと出会い、

「グラディオ!!一年くらい前にあんたに勧められてから、ずーっと飲んでるよ!!ありゃ旨いねぇ!!」

と言われ、今日はなんだかグラディオが飲みたい気分の矢吹です。


グラディオが美味しい理由??

それは。。。。。


売場でのお客様からの一言

「もっと気軽に楽しめるイタリアワインを増やしてほしいと...」

この気軽というのが非常に難しいのだが、お客様から意見を頂いた以上何としても実現するのがヴィノスやまざき。

しかしイタリアのデイリワイン捜索ミッションはかなり困難極めるものでした。

なぜなら...


「イタリア銘醸地トスカーナ。しかもぶどうの栽培から醸造まで行っているエステートもの!

さらには限りなく有機に近いぶどうを使用し、果実味溢れる味わいのワイン」


数多くの蔵元にお願いしたが、なかなか条件に合わない!!


だが1件、承諾した蔵元が「サンパンクラッツィオ」

hito.JPG


ワイン雑誌で「今もっとも注目のキアンティの生産者」として掲載された
話題の蔵元

taru.jpg

さらに、熟成にはDRC(ロマネコンティ社)が使用した樽を使い、かなりのこだわりを見せている

tahake.jpg

budou.jpg

ぶどうも有機に近い自然の状態で造り、キャンティ地区でも最も銘醸と言われる畑である


そんな好条件で、かなりクオリティ高いワインを

なんとオリジナルワインとしてヴィノスやまざきだけでしか楽しめないワインが完成させた


そのワインこそ「グラディオ」意:剣


初秋に飲むワインとして、最適な1本。

なめらかな味わいと驚きのコスパを味わいながら、

グラッツェ!!


矢吹

絶品有機ワイン、入荷しました!

こんばんは、李です。

大変長らくお待たせしました。 待望の有機ワインが、やっと入荷して参りました。

RIMG0542.JPG

その名も「サンフローリー」。 「ひなげし」の花がモチーフとなった可愛らしいエチケットのこのワインには、驚くほどの造り手のこだわりが詰まった1本なのです!そんなワインを、今年のフランス買付にて世界で初めて当店が発見し、買い付けることに成功しました!

それもそのはず。この蔵がスタートしたのは2001年のこと。世界中のワイン産地を歩き回ったパスカルさんは、南フランス・リムーの土地で畑を切り開き、「ブルゴーニュに負けないシャルドネやピノノワールを造れる!!」と確信し、少量のみ造り始めました。

RIMG0192.JPG
畑はなんと標高500mの高台に広がります。標高が極めて高いため、寒暖差が激しく南フランスといえど、シャルドネやピノノワールを栽培できるという、特別な気候条件を持っています。

RIMG0205.JPG
ラベルのモチーフとなっている「ひなげし」。
昔からの言い伝えで、ひなげしが満開に咲き始めると霜の被害がその年はない、という言い伝えから、ワインのラベルとなりました。


RIMG0190.JPG
2011年に4年越しの「AB(アグリカルチュール・ビオロジック)」認証を獲得。 そのワイン達を飲んで瞬間、あまりの美味しさとコストパフォーマンスに買付隊全員が、言葉を失いました。

「美味すぎる・・・」

そして即その場で交渉開始。今までフランス国外に輸出は一切していなかったというサンフローリーのワイン。生産量も極めて少ないため、フランス顧客のニーズに対応するのが精一杯な彼らと2時間にも及ぶ交渉を行い、世界で初めて買い付けることに成功しました!!

そんなワイン達が、ついに店頭に到着しました。
驚愕のコスパを、是非一度お試しください!!



まさにパラダイスでした!

ヌーヴォーの取材の合間に秘境に行ってきました。ヴィノスやまざき買付隊は幾度となく秘境にチャレンジしてきましたが、数ある秘境の中でも約1時間ほど、山道をくねくね走って(後ろの座席の隊員は顔色が悪いような・・・)たどり着きました。コルビエールの地、フォンジョンクーズ(人口はわずか150人だそうです)村には今回出合った「ドメーヌ・ヴァル・オークレア」がありました。(後から気づいたのですが、泣く子も黙るミシュランの3つ星レストランもこの村にあります。前を素通りしてしまいました。)

 

ロゼ.jpg

見てください!この素晴らしい色を!

 

よくよくラベルを見ると「Vallee du Paradis」の文字があります。直訳すると「パラダイスの谷」。行ってみて意味が解りました。標高が高く、しかも周りは囲まれた完全な谷。そこに樹齢の高いぶどうの樹が(わっさわっさと)あって、美味しそうなぶどうがたわたになっています。十分甘いぶどうなのですが、さらにそこから2週間ほど完熟を待つそうです。

 

paradis.JPG

「Vallee du Paradis」=「パラダイスの谷」でした!

 

昼は南の太陽のおかげで暑くなり、夜は標高が高くて冷たくなる。まさに理想的なぶどうが出来る環境です。しかもオーナはボルドー生まれの南仏でのワイン醸造経験な人で、この地に惚れて移住してきたのです。そして、その経験を活かしてボルドーと南仏の両方の造り方を取り入れるという斬新な方法で美味しいワインを生み出しています。

 

ぶどう.JPG見てください!この素晴らしい美しいぶどうを!

 

さて、白・赤・ロゼと今回入荷したのですが、今回おススメなのはロゼ! 素晴らしい色もそうですが、味わい・旨みもしっかりとあります。この季節は昼間は暑いけど、夜は少しずつ涼しくなるという中庸的な季節。すると少し冷やしたロゼも中庸的に合うのです。味わいもしっかり、スパイシーさ、渋みもあるので、幅広い料理に合います。

 

集合写真.JPG

どのワインもうまーい!!!

 

でも、どれも美味しいので、白・赤・ロゼ、どれも試してみて下さい!!!

寺田

 

 

マーベラスな1本!

ブログをご覧の皆様こんばんは。

9月に入って1週間となりますがいかがお過ごしでしょうか。まだまだ暑い日々が続くようで、そろそろ夏の疲れが押し寄せてくるころではないでしょうか。そんな疲れた体を癒す休日を彩るぴったりのワインをご案内いたします。


20120909_01.jpg

1889年から代々シャンパーニュを造り続けてきたコラール家の5代目オリヴィエ氏が10年の修行の後、メゾンを一新「シャンパーニュ・コラール・ピカール」として再スタートしました。シャンパーニュでも黒ぶどうの生産で有名なマルヌ地区と、シャルドネの最高産地コート・デ・ブラン地区に畑を所有。

20120909_02.jpg

ぶどう栽培から醸造まで一貫して行う手造りで高品質なRM(レコルタン・マニピュラン)の生産者で、畑では認証を得た有機農法(L'agriculture biologique en France)を実践しています。

20120909_03.jpg

オリヴィエ氏は、有名なビルカールサルモンや、ローランペリエからも製造を委託されているほどの凄腕。2番搾りのジュースはこのような他のメゾン用シャンパンとして使用し、1番搾りの最高のジュースだけを自社シャンパンとして製造します。プレスされたジュースは3段階に区分され、それぞれ違うメゾン用に醸造を行う高度技術を採用。

20120909_04.jpg

しかも驚くべきは、全てのワインを樽で熟成させ、その後タンクにて数年ワインを貯蔵し落ち着かせた後、瓶詰します。さらにそこから最低でも3年間の瓶内熟成を施し出荷するというこだわりを持ちます。

20120909_05.jpg

そのこだわりに真っ先にほれ込んだのが、2000年ヨーロッパ最優秀ソムリエコンクールに輝いたフランク・トマ氏。「ここまでして完璧なシャンパーニュは、コラールピカール以外味わったことがない」とまで言わしめたほどです。その他、国際コンクールでも数々の賞を受賞し、年々飛躍を続けるシャンパーニュの注目生産者です!!

20120909_06.jpg

中でもオススメがこちら

20120909_07.jpg

コラール・ピカールが満を持してリリースした新シャンパーニュ。「MERVEILLES」(驚異的、素晴らしい)と名付けられた極上の1本。

現在、多くのロゼ・シャンパーニュは、シャンパーニュに赤ワインをブレンドする方法で造られます。しかしながら、極少数しか行われていない伝統的なセニエ法を用いてロゼワインから造り上げられます。

こうしてうまれる、花畑を思わせる複雑で高貴な香りはまさに至高!!豊かなコクのあるロゼ・シャンパーニュは、サラダからメインまで1本で楽しめてしまうのもポイントです。

20120909_08.jpg

季節の変わり目に向けて、極上ワインでぜひ疲れた体をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。


WEB担当 井山

実際に現地で買付けた入手困難なワインだからこそ

本格ワインシーズを直前に控え、ワインが美味しくなる季節!?
スパークリングワインも美味しいですが、白ワインも美味しいですよ!!

今週末のヴィノスやまざきでは、こだわりの店長こだわりワインもご紹介中です。

a5.JPG

「有機で、この味わいは驚いた!」とのお声が!!


a6.JPG

京都店では、トラミエ・クレマン
飲んだ瞬間、「あ、美味しいっ!」
「美味しくてシャンパンと間違えてしまいました!」


a7.JPG

有楽町店には初代店長福井が駆けつけた模様
大好きなカリフォルニアワインをご紹介!!


a8.jpg

「やわらかい味わいだけど、後味に樽の風味もあって、この価格帯なら毎日飲みたい。」



a9.JPG

自由が丘店では、ドイツワインラバー吉田店長が
『甘口だけじゃない!!人気集中ドイツの辛口・フランケン


a10.jpg

渋谷店では、オークションワイン登場!!ウォーターストーン カベルネ・リザーヴ
「濃厚な味わいで香りもしっかりしていて美味しいです!」


a11.jpg

小田原店では、
このシチリア(グランドゥーカ)は渋味が木目細かくて重厚ですね。
(お肉料理で赤をお探しのお客様より)


a12.jpg

先月末オープン、横浜店
「元気があって面白いワインショップですね」っと
そごう横浜店の地下は今、以前とは全く違う売場なのです!!


a13.JPG


そして池袋店!!
やっぱりデザートワイン・アイスワインがすごい美味しいわっ!!



盛り上がった本日のワインフェスタ
中でも、5月のカリフォルニア買付で手に入れた入手困難なワインが


買付けた時の喜びも然ることながら、
こんな限定酒をお客様にオススメできた時の喜びは堪りません。


カリフォルニアの秘境カーメルの山奥の蔵 ジュリアンヴィンヤード
ワイナリーへはあまりにも困難な道のりな為、
現地の人々しか訪れないワイナリー

a1.jpg



そんな孤立した秘境だからこそ、病害等に悩むことなく、
そして周りとは全く違う個性を持ったワインが出来上がる。


a4.jpg



実は、有名ゴルフプレイヤーであるトム・ワトソン氏の兄弟である
オーナーのリッジワトソン氏のワインは全て現地の顧客に売約済み。


a2.jpg


実際に現地で試飲したときは高級ボルドー・ブラン??
美味しい!!えっ、ここカリフォルニアだよね??
と買付隊も驚愕!!


a3.jpg


実は、神の雫監修のDRC斉藤氏もジュリアンを訪れ、感動。
「ここまで洗練され、ボルドースタイルのカリフォルニアワインがあるとは驚きました!」とコメント


驚きと感動の限定酒なのです。
このジュリアン・ソーヴィニヨンブラン。分けてもらえた数がなんと600本だけ。
出来るだけ多くの方にお勧めしたいのですが、、、、

白ワインが美味しい季節、皆様も是非このワイン、ヴィノスやまざきへ買付にお越しください!!
矢吹

残暑に楽しむドイツワイン、各店でご用意しています!

こんにちは。中村です。

今年の夏はどんなワインを楽しんでいますか。

お店では連日スパークリングワインや、冷やして美味しい白ワインが人気!

 

その白ワインの中でも最近人気が出ているカテゴリーがあります。

 

それは・・・ドイツワインです。

 

 

ドイツワインというとラベルが難しく、よくわからない・・・。

そんなお声も聴きますが、実はとっても簡単です。

たとえば・・・

ラベルには色々と書かれていますが、実は地名と畑の名前、味わいが細かく書かれているんです。

 

上から読んでみると・・・

モーゼル地方のウィリハッグ家が

ブラウネベルグ村の乙女の畑で

リースリングのブドウを使って

カビネットの甘さに仕上げました。

ということがラベルに記載されています。実はラベルを見ると味わいまでわかる

とても親切なワインでもあります。

 

そして味わいは、とてもフレッシュで甘味の爽やかなものから、濃い甘口ワインまで選ぶことが出来ます。

「貴腐ワイン」や「アイスワイン」といわれる最高級ワイン、

選ばれた房の遅摘み高級ワイン「アウスレーゼ」それに続く「シュペトレーゼ」そして

爽やかな甘味の「カビネット」

以上がドイツの高品質ワインと呼ばれ、百貨店では1万円以上の値がつく高級品も多くあります。

図1カルシュ.jpg

しかし、ヴィノスやまざきのドイツワインは、その品質ながら、現地の農家さんより直接買い付け驚きの価格を実現!

一度召し上がったお客様より大好評頂いています。

 

そんなとっておきのドイツワインを、今週末より店頭でご紹介いたします。

あまりワインは・・・得意ではないというご友人や、ご家族にもオススメです!

※もちろんWEBショップでもただ今ご購入可能です!

 

是非ヴィノスやまざき各店でドイツワインの魅力に触れて見てください!

冷えたワインをご用意してお待ちしております。

 

 

 

 

ワインを学んでみませんか?

こんばんは。

鶴見です。

 

 

9月に入り、夜も少しずつ涼しくなり、秋らしい季節になってきました。

そんな季節の変わり目の時に、ある問い合わせが多くあります。

 

それは、「ヴィノスやまざきで企業向けに出張セミナーやっていませんか?」

答えはもちろんYESです。

 

本日も、小田原の近隣にある法人H社で開催しましたワインセミナーに参加してきました。

当店では、店内やカルチャースクールで開催するワインセミナー以外に、企業様からご依頼いただくワインセミナーにも積極的に参加しております。

中には、10年以上続いているワインセミナーもあり、毎回蔵直ワインの魅力を多くの方々にお伝えし続けています。

 

今回も、ワインって、

「おしゃれ、難しい、まずい?」

のイメージから、

本当は「おしゃれでも簡単で美味しい!!」を少しでもお伝えすることができたかと思います。

そして、多くの方々の「生の声」を伺うことができ、本当に有意義なセミナーでした。

 IMG_3691.jpg

参加者の皆様と一体になりながら、楽しめるワインセミナー

 

また、静岡でも同日に、S銀行主催で関連会社の方々、約150名様以上が参加した大規模なワインセミナーを開催しました。

 

IMG_2052.JPG

 

ここでも、ワインの楽しみ方から選び方まで幅広くレクチャーを行い、ワインの魅力を感じていただきました。

 IMG_2072.JPG

 

時には、海外からの生産者なども参加し、実際のワインつくりや苦労話?さらにワインに対する熱い情熱を語っていただくと、多くの方がワインファンになってしまいます。

ワインがより今以上に好きになること間違いないです。

 

ヴィノスやまざきでは、ワインに少しでも興味があって学んで見たい方や興味があるけどどうしていいかわからない方に是非お勧めしたいセミナー告知があります

もうまもなく2012年秋、ヴィノスやまざき後期ワインセミナー参加募集を開始します

 

アットホームな雰囲気でワインのコミュニティーが広がり、ワインの基礎知識だけでなく蔵直ならではの買付ストーリーなども聞きながら楽しめるセミナーとなっております

 

法人向けセミナーだけでなく、一人でも気軽に参加できるセミナーです!

 

また、もうワンランク上で本格的に学びたい方には、ワイン漫画「神の雫」のワイン監修を行い、ヴィノスやまざきスタッフのワイン研修も行っている斉藤研一先生のワインスクール「ヴィノフィル」も要チェックです

 

秋にワインを学びながら、これからさらにワインの美味しい季節に知識をつけてより美味しく楽しんでみませんか?

 

セミナーお問い合わせは、各店または東京事務所まで

TEL 03-5789-6825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィノスやまざきのワインセミナー

こんばんは、中村です。

本日は月に1度の自由が丘セミナー。

ヴィノスやまざき各店で毎月1度開催されるのですが、さまざまなテーマで開催されます。

このワインセミナーは静岡本店より始まり、20年以上続いているクラスもあります。

そんなワインセミナーの人気の秘密は、やはり最新のワイン情報を聞くことが出来るからではないでしょうか。

 

本日は特別ゲスト「ウエスト・エンド・エステート」より、ダン・ペントリー氏が来日し、オーストラリアワインの魅力に触れました。

DSC01432.JPG

「私たちワインは気軽に楽しんでほしい!でも品質は最高のものだよ!!」

とダン氏。

 

dan kakaku.JPG

 

 

ヴィノスやまざきは、生産者の情熱をダイレクトに伝える・・・そんなワインセミナーを開催しています。

hakusyu.JPG

本日のワインセミナーでは、ワインの味わいや造りだけではなく、どうしてそのワインが造られたのか・・・

蔵元が皆様にお伝えしました。

 

「とてもリーズナブルなのに、土地の個性の味わいが出ており、オーストラリアワインのイメージが変わった!」

「気軽に楽しめるが、とても奥深い味わいがある!」と皆様からたくさんのお声を頂きました。

ヴィノスやまざきではこの一つ一つの思いを、お店のワインのインフォメーションでお伝えしています。

しかし、もしお時間がありましたら、ワインセミナーにご参加ください。

たくさんのワイン楽しむ仲間と一緒に、色々なワインを楽しみたいと思います!

いよいよ10月より後期ワインセミナーを開催します!是非次回遊びに来てくださいね!

詳細はこちらです!

 

 

第三弾『今年もブレイク間違いなし!!!』

皆様、こんにちは。
本日は、南フランスカバルデスのシャトー・ド・ペノティエに行ってまいりました!

 

ペノティエシャトー変換1.jpg

 

ペノティエ・ヌーヴォーと言えば、2010年に長年の願いが叶い南仏のトップシャトーのペノティエの造りだした大人気ワイン!

5大シャトーのあの「シャトー・ムートン・ロートシルト」の元醸造家パトリック・レオン氏がタッグを組み共に造りだした前代未聞のバリューヌーヴォーで、解禁して瞬く間に完売してしまいリピーターのお客様が多かった話題のワインでもあります。

 

お客様からも「今年のヌーヴォーにはあのワインはあるの?」と多くのお客様から嬉しいお言葉を頂いておりました。

 

気になるのは今年の出来!
ミランさんに質問をしてみました。


今年は、このカバルデスにとっては春先の雨のせいで難しい年だった。でも、私たちはパトリック・レオン氏のアドバイスも受けながら、今までの経験を活かし、適切な時に適切な手入れをしました。その為、通常年よりも10%から15%ほど収穫量は減りましたが、より完熟の上質のブドウが出来上がったのよ!」と自信満々に話してくれました。

  ペノティエマダムとブドu変換.jpg

ペノティエ・ヌーヴォーは今年もシラー種を主体にグルナッシュをブレンド予定。
実は、完熟した完璧なブドウを使用するため、今ブドウを食べてもとても甘くすでに収穫してもよいかと思うほどでしたが、マダムは「まだ、後もう数日収穫は待ちもっと種まで完熟して完璧なブドウを収穫するわ」と徹底してのこだわり!
 

ブドウの実変換.jpg

 

今年は、昨年以上に濃くて、果実味もある美味しいヌーヴォーが期待できます!
マダムのこだわりが感じられる1本です!
是非、楽しみにしていてください!!

 

次回はボジョレー地方よりお届けいたします!


 ヌーヴォー調査隊

ムーラン旋風

皆様こんにちは。

 

横浜で沸いたムーラン・オー・ラロック旋風。静岡に本日上陸致しました!!

 

map11.JPG

 

ムーラン・オー・ラロックのオーナー、エルヴェさん。

「やはり静岡には寄らないと。僕のワインファンが待っているからね!」

 

ワインの直輸入を始めたとほぼ同時期にエルヴェさんのワインを紹介しています。

まだ静岡本店しか無かった頃からですので、とっても思い入れのある静岡へは必ず寄りたかったとの事。

 

IMG_1965.jpg

新静岡セノバ店で開催のムーランイベントには満員御礼70名近いお客様が!!

 

実はイベントをやることが確定してから3日間で満席!!特に本店で昔からのエルヴェファンが大多数を占めています。

 

IMG_1959.jpg

IMG_1981.jpg

 

IMG_1979.jpg

エルヴェさんもニッコリ。いつもより笑顔倍増です。

 

ワインを飲み始めた当初からエルヴェファンだという方も・・・

 

「自分の気に入っているワインをとことん追求していったのが今のムーラン・オーラロック。評論家の顔を伺いながら、点数だけ取れるワインを醸造する造り手とは違うよ!」

 

実際世界で最も権威のある評論家「ロバート・パーカー氏」の『パーカーポイント』がムーラン・オーラロック2004に最高得点が付く予定だったのに辞退しております。

「2004年は難しかったが、素晴らしいワインが出来た!パーカーポイントが公表されてたら世界中から注文が入るだろうね。そして1時間で売り切れただろう。。。」

「一部の僕のワインファンの為にとっておいたワインだ!もちろんヴィノスのお客様の事!!」

 

IMG_1973.jpg

まさかの限定ワインをエルヴェさん自らデキャンタージュしてサービス!!

 

IMG_1956.jpg

「今日来れなかった方の為にメッセージを書いておくね!!」

 

僅か1時間のイベントでしたが、蔵元とお客様が繋がった素敵な時間を共有出来ました!!

本日お越しのお客様、誠にありがとうございます!!

 

新静岡セノバ店 岩谷

ヴィノスやまざき
各店の情報は
facebookもチェック!

ヴィノスやまざき Vinos Yamazaki

 

月別アーカイブ

最近の投稿

スタッフブログ一覧

蔵直ワイン ヴィノスやまざき
蔵直ワイン オンラインショップ

RSSフィード