食いしん坊Cookブログ【冷製チーズフォンデュ編】

こんにちは。
「子供と一緒に自宅で楽しみながら動画を見てるよ。」
「ワインが美味しくなる料理ばかりで嬉しい!」

などご覧頂いたお客様たちからたくさんのお声を頂戴しております。
ありがとうございます。

週1で簡単レシピをお届けする食いしん坊Cookブログ。

本日は、子供から大人まで大好きなチーズフォンデュ。
しかし、一から造ろうとすれば簡単にご家庭で、とはいきません。
今週の食いしん坊Cookブログでは、熟成したトロトロの「あるチーズ」を使い、そのまま食卓で並べるだけで出来る、お手軽冷製チーズフォンデュをご紹介します。レシピと呼ぶには恥ずかしいくらい簡単です。




ご覧頂きありがとうございます。
パヴェ・ダ・フィノワ(石畳の意)は、製造直後は角がしっかりとしており、中身もレアチーズケーキのように口溶けの良いミルキーなチーズに。
しかし、熟成が進むにつれ、とろけてクリーミーでバターのように濃厚な状態に!

もちろん好みによりますが、やはり醍醐味は、すくって食べるくらいまで濃厚に熟成が進んだ状態を楽しむ事です!
ぜひワインと一緒にお楽しみください!!

ワインが5本とパヴェ・ダ・フィノワが入ったセットのご中もはこちらから↓↓
1S__29302792.jpg


そして、ヴィノスやまざき各店舗では、普段店頭に並んでいる食材とワインを電話一本でご注文頂き、全国各地のお客様にクール代金・代引き手数料をサービスでお届けさせていただいている【GOYOKIKI御用聞き】を行っております。
ぜひお近くのヴィノスやまざきへお電話ください。
20200419194405.jpg

岩谷

世界をつなぐ一本

ヴィノスやまざきは、ただのインポーターじゃない。

そんなことを改めて思わせてくれる、心温まる出来事がありましたので、ご紹介したいと思います。

 

 

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、世界各国の蔵元たちへ、メッセージを送ったときのこと。

当店で人気のカリフォルニア、ナパ・ヴァレーのウォーターストーン・ワイナリーのオーナー、ブレントさんから、こんな返信が届きました。


20200418 (1).jpg


Dear Yuko,

Thank you for your message!  We are all in this Covid-19 experience together, and together we will meet this challenge.  


I am happy to hear that Vinos Yamazaki is adapting to the situation, and I hope everyone remains healthy.  I can't wait for normal business to resume, but in the meantime it helps to know that we are working together to maintain the business and relationships we have built.  I was touched this week by a message from Tabata Zamo in Italy.  She purchased a bottle of Waterstone Study in Blue in Japan and wanted me to know how much she enjoyed the wine.  Our conversation moved from wine to Covid-19, and a shared vision of the world working together to defeat the virus.  It is a small world.


(Yukoさん

メッセージをありがとう!この状況下でも、私たちは仲間です。ともに、この困難に立ち向かっていきましょう。


ヴィノスやまざきがこの状況に柔軟に対応していることを知り、うれしく思います。チームの皆が、そして日本のお客様が、元気であることを願っています。


いつも通りのビジネスが再開できることを心待ちにしていますが、この状況は同時に、これまでビジネスなどを通じて築いてきた絆によって、私たちは団結しているんだいうことに気付かせてくれました。

 

じつは今週、タバタ・ザーモさん(イタリアの蔵元、マス・ダ・リーヴェの担当者)から連絡がありました。

彼女は、私が造ったウォーターストーン・スタディ・イン・ブルーを日本のヴィノスやまざきで購入して、このワインをいかに楽しんだかを私に知らせたかったそうです。


会話はワインのことから新型コロナウイルスの話題になり、ウイルスに打ち勝つために世界で一丸となろうという思いを共有しました。世の中は狭いですね。)


-----


この他にも、世界中の蔵元たちから、


「負けるわけにはいかない。一緒にがんばりましょう!」

「もしできることがあれば、何でも言ってください。」


といった、たくさんの温かいメッセージが届き、本当に力になりました。


20200418-(2).jpg


現在ヴィノスやまざきでも、多くの店舗が休業せざるを得なくなったりしています。厳しい状況に置かれていることは確かではあるのですが、悪いことばかりじゃない。頑張ろう!そう思わせてくれる出来事でした。



インポーターというと、海外からワインを輸入する業者のこと。

たしかにそうなのですが、ヴィノスやまざきは、お客様の代わりとしてワインを探しに行き、探すワインが見つからなければぶどうから造ります。

金賞を取って有名になっても、味や品質が落ちて取引をやめたこともあります。

お客様に、本当によろこんでいただけるワインだけをお届けしたい!と思っているからです。


そして、長年の付き合いがある蔵元たちは、お客様の声にどうにか応えようと日々一緒に奮闘する、いわば同志。ウォーターストーンのブレントさんも、そんな一人です。

 

 

ところで、ブレントさんのメッセージの中に出てきた赤ワイン、ウォーターストーン・スタディ・イン・ブルーですが、ご好評のため入荷待ちとなっていて、先週待望の再入荷を果たしたばかり!先日のダイアリーでも、詳しくご紹介させていただきました。


20200418 (4).jpg


もともとは、ナパのトップワイナリーが出品する「プレミア・ナパヴァレー・オークション」のために造られ、数万円で落札されたこともあるワインですが、日本のお客様にお届けしたい!と特別に造ってもらった一本です。


20200418 (5).jpg


グラスに顔を近づけただけでも、グッと華やかなベリーの香りを感じる、ナパらしい濃くて果実味たっぷりの一本。ぜひお楽しみください!


そしてこれからも、皆で一丸となって頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ヴィノスやまざき スタッフ一同

ワインを飲んで、南アフリカを救う!?

皆さま、おうち時間、どう過ごしていますか?

「以前より自宅で過ごす時間が増えて、毎日毎日3食の献立を考えるのが、意外と大変で困っています...」

こんなお声を、ちらほら耳にするようになりました。
じつは、かく言う私も、そんな一人です。

そんな中ちょうど、地球の裏側・南アフリカから、美味しい便りが届きましたので、ご紹介したいと思います!

20200417-(7).jpg

連絡をくれたのは、ケープタウンの街から車で約20分のところにある蔵元、ド・グレンデル

高台の丘に広がる美しい畑とワイナリーには、トリップ・アドバイザーでも高評価な人気レストランが併設されていて、美味しいワインとお食事をいただくことができます。

20200417-(2).jpg

ふだんは地元の人に加えて、たくさんの観光客でにぎわうこちらのレストランですが、南アフリカは現在全土がロックダウンされていて、ワイナリーを訪れる人の姿はありません。

「今、自分たちにできることは何か?」を考えた結果、自宅でも美味しい料理とワインを楽しんでもらえたらと、シェフがレストランで提供していた自慢の料理のレシピを、シェアすることにしたそうです。

ちょうど昨日紹介してくれたのが、彼らが造るグレンデル・メルロにぴったりの、シェパーズ・パイ
マッシュポテトとたっぷりの牛ひき肉を使った、ボリューム満点のオーブン料理です。
(※詳しいレシピは、今日のブログの一番最後をご覧ください!)

20200417-(6).jpg

合わせるメルロの赤ワインは、ド・グレンデルがもっとも得意とするぶどう品種。
海に近いド・グレンデルの畑は、じつはボルドー地方にも気候が似ていて、質の高いメルロが育ちます。

20200417 (4).jpg

ステレンボッシュ大学で醸造を学んだ現オーナーのド・ヴィリエールさんが、代々家族が営んでいた農園が「ぶどう栽培に最適だ」と確信し、土壌の調査を徹底的に行って、自ら開墾し、1999年にぶどう栽培を始めました。

彼の情熱が、当時じつは別の大手ワイナリーで働いていた醸造家チャールズさんにも伝わり、2人はタッグを組んで約20年の間、ワイン造りを行ってきました。

20200417-(5).jpg

ところで、現在ワイナリーでは、畑仕事や醸造は続けている一方で、4月末までのロックダウンのあいだ、国内の市場へワインを販売することが全面的に禁止されています。

先週、ようやく海外への輸出のみが許されましたが、ワイン造りを続けるためには海外の顧客に頼るしかなく、南アフリカのワイン業界は、依然として非常に厳しい状況に置かれています。

彼らのワインを飲むことで、ほんの少しでも力になれれば!
そんな思いで、今週末は、このワインを飲みたいと思います。

本島

20200417 (3).jpg

【レシピはこちら!】
グレンデルのシェパーズ・パイ

▼材料(5-6人分)

・牛ひき肉 500g
・玉ねぎ 1個(みじん切り)
・にんじん 2本(みじん切り)
・ニンニク 4かけ
・粒コーン 1カップ
・グリーンピース 1カップ
・トマトペースト 小さじ2
・ウスターソース 大さじ5
・鶏ガラスープ 2カップ
・白ワイン 1と1/2カップ
・スパイスやハーブ 刻んでお好みで、小さじ1ずつ程度
(クローブ、コリアンダーシード、タイム、ローズマリーなど)
・塩コショウ 少々

マッシュポテトの材料
・じゃがいも 3個(皮をむき、さいの目切り)
・塩 小さじ2
・牛乳 150ml
・バター 2かけ
・パルミジャーノ 1/2カップ(すりおろす)

▼作り方

1.大きいフライパンを中火で加熱。オリーブオイルをひき、スパイスとひき肉を炒め、塩コショウで味を調える。色が変わったら、フライパンから取り出し置いておく。

2.同じフライパンにふたたびオリーブオイルをひき、玉ねぎ、にんじん、ニンニク、タイムを炒める(約5分)。

3.フライパンに炒めたひき肉を戻し、トマトペースト、ウスターソース、鶏ガラスープを混ぜる。中火で水分が無くなるまで煮詰める。

4.グリーンピースとコーンを入れてよく混ぜ、火から下ろす。ここで味見をしてみて、味を整える。

5.鍋にじゃがいもを入れて、かぶるくらいの水と、塩小さじ2を入れる。中火で柔らかくなるまで加熱する。じゃがいもを濾して鍋に戻し、バターと牛乳を加えて、なめらかになるまでよくすりつぶす。

6.オーブンを180℃に予熱。油をひいた耐熱皿に、炒めたひき肉を入れ、マッシュポテトを均等に広げ、パルミジャーノをふりかける。オーブンでこんがり焼き色が付くまで30-40分焼いて、完成!

マルベック・ワールド・デーに楽しみたいワイン。

4月17日は、何の日かご存知でしょうか?
malbec-world-day.jpg
毎年4月17日は、「マルベック・ワールド・デー」です。
毎年この時期が近づくと、世界中でマルベックから造られたワインが楽しまれています。
 
何故こんなことを申し上げますかというと、私四家はワイン好きがこうじて、ソムリエは勿論、シニアワインエキスパートの資格も取得しました。
 
そして、一昨年念願の南米買付に行き、このマルベックの魅力を目の当たりにしてきたのです!
IMG-3505.jpg
マルベックといえば、今ではアルゼンチンを代表する黒ぶどう品種として認知されていますが、元々は、フランスのボルドー地方に近い南西地方がマルベックの原産地として知られています。
 
ボルドーの格付けが制定された1855年当時は、同地方の全栽培面積の6割をマルベックが占めていた言われていますが、1956年の大霜害を機に徐々にメルローなどに植え替えられ、今では補助品種としてボルドーでわずかに栽培されています。
 
ボルドー・フロンサック村を代表する当店人気のシャトー・ムーラン・オーラロックでも、希少な古木のマルベックがブレンドにおいて重要な役割を果たしており、味わいに複雑さをもたらしています。

アルゼンチンに初めてマルベックがもたらされたのは1853年。
紫外線が強く、日照量が豊かなアルゼンチンは、マルベックにとってまさに理想的な環境であり、果皮が厚くて小粒なマルベックから力強いフルボディのワインが造られています。
今ではアルゼンチンの赤ワイン=マルベックと言っても過言ではないくらい、世界中のワインラバーからの人気を誇っています。

そんな年に一度のマルベック・ワールド・デーに楽しみたいマルべックが、つい先日、待望の再入荷を果たしました!
 
IMG-9508.jpg
 
IMG-3435.jpg79669646_2867743146589859_7611181467309178880_o.jpg
ビニャルバは、ヴィノスやまざきアルゼンチンワイン第1号となる人気の蔵元。
2007年の設立以来、わずか十数年の間でワインコンペティションで200個以上ののメダルと12個のトロフィーを獲得するなど、世界から高い評価を得ています。
 
iwc-award-1.jpg
2018年には、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で、「レッドワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2017年の「アルゼンチンワイナリー・オブ・ザ・イヤー」受賞に続く快挙となりました。
 
IMG_0843.jpg
 このワインに使用されるマルベックが育てられているのは、アルゼンチンワインのメッカ、メンドーサ州の中でも標高1,000mを超える銘醸地ウコ・ヴァレーの畑。
その高い標高からもたらされる昼夜の寒暖差により、パワフルさの中にもエレガントさを兼ね備えた高品質なマルベックが産み出されます。

イギリスの専門誌「デキャンター」では、アルゼンチンNo.1マルベックに選出されるなど、そのバリューな価格以上の高い評価を獲得しているのがこのビニャルバ・マルベック・レセルバなのです。

人気なワインが故、入荷待ちとなってしまうことの多いこのワインですが、マルベック・ワールド・デーに間に合わせるかのように、待望の再入荷を果たしました。

 
このようなご時世により、ご自宅でお食事をする機会が多くなる今日この頃。是
非、今週末はこのビニャルバ・マルベック・レセルバとお料理とのペアリングをお楽しみください。
 
やはり、お肉との相性が間違いありません! 
 
 マルベックのワインを通じて世界が一つになり、私たちの生活に少しでも小さな幸せが訪れることを願って、ウノ・ドス・トレス、サルー(いち、にの、さん、乾杯)!
 
89609230_3047451588619013_1547959874799796224_n.jpg
 
 
南米ワイン買付隊 四家

感謝を伝える「蔵直ワイン定期便」

本日より、当店が長年ご案内し続けている「蔵直ワイン定期便」のお引渡しがスタート!

この度の新型コロナウィルスの影響を受けて、お引渡し店舗が休館になるなど会員の皆様にはご不便をおかけしております。

そのため、お引渡しに関するご案内を皆様にさせていただいたところ本当に本当にありがたい心温まるメッセージをいくつも頂戴いたしました。


-------------------------------------------------------------------------------------

・いつもありがとうございます。スタッフみなさま、たいへんなときに、ご配慮をいただき、ありがとうございます。コロナ禍の収束と、みなさまの健康・安全を祈念いたします。

(たまプラーザ店ご利用)


・コロナでいろいろ大変ですが、負けないでくださいね。頑張りましょう!

(小田原店ご利用)


・非常時に柔軟な対応をありがとうございます。引きこもりの中、数少ない貴重なご褒美です!でも、受け取りがてら店頭でイッパイいただくのも楽しみにしていますので早く復活しますよう。皆さんも体調にお気をつけください。

(渋谷店をご利用)


・今のご時世、非常に助かります。ありがとうございます。

(セノバ店ご利用)


・不安なご時世の中、大切な気分転換のひとつです。大変だと思いますが今後ともよろしくお願いします。

(川崎店ご利用)


・大変な状況な中、ありがとうございます。みなさんが一生懸命お仕事してくださっているおかげて美味しいワインが届き、
素敵な時間が過ごせます。

(新宿店ご利用)

-------------------------------------------------------------------------------------

まだまだたくさんのメッセージをいただいており、我々は改めてお客様に支えられているんだと痛感しました。

 

そもそも「蔵直ワイン定期便」は、30年前お客様からの「お任せするから美味しいワインを毎月見繕って欲しい」というご依頼から始まりました。


E185023F-BBC9-483F-B5C6-B18C2EB56E73.jpg


お任せいただけるわけですから通常の定番以上のワインもご提供したい。そんな想いで、現地へ買付に向かいました。

蔵元とも時間をかけて情熱を持って交渉を続け、カーブの隅々までチェックし、少しずつ希少なワインを譲っていただけるようになりました。


20200324141708.jpg


中には、現地の国内にすら流通していないワインを、お客様のためだけに輸入することもあります。

ワイン定期便には、我々を支えて下さるお客様に喜んでいただくべく、いくつものワインの中からスタッフが1本1本厳選しています。


20200415_01.jpg


そんな蔵直ワイン定期便の新規会員様募集を、此度の状況を受けて今月末4月30日(木)まで延長しております。


20200324140215.jpg


「こんなときだからこそ、ワインを通して笑顔をお届けしたい!」


そんな想いとお客様への感謝の気持ちを込めてご案内させていただいております。


また今月のお引渡しについては、送料・代引き手数料・クール代金を全て無料でご案内もしております!

我々スタッフが自身を持ってお届けする蔵直ワインを、是非ご自宅でご堪能下さいませ。

多くのお客様のご応募、心よりお待ちしております。


ヴィノスやまざきスタッフ一同

イタリアンの名店の味わいを自宅で!

外でゆっくりと料理を楽しむのが難しい状況を受けて、さまざまなレストランがテイクアウトの販売を開始していますね。

ヴィノスやまざきのワインが飲めるお店でも、テイクアウトをスタート!

■日本を代表するイタリアンの名店、キャンティ

20200414_01.jpg

キャンティは、今年で60周年を迎える老舗イタリアンです。

20200414_02.jpg

キャンティと言えば、「スパゲッティ バジリコ」。
バジルが手に入らなかった時代に日本にある大葉とパセリを使用し生まれた名店の一品です。

20200414_03.jpg

テイクアウトでは、ランチコースやディナーコースはもちろん、アラカルトも。

お皿に盛り付ければ、ご自宅があの名店に!

そして、キャンティの料理に合わせたワインはこちら。

20200414_05.jpg


以前のブログでご紹介したイタリアワインが苦手な私を変えてくれたワインです。
※以前のブログはこちらより。

このワインを造るマルケサートは、元祖スーパータスカンとして知られるサッシカイアと同じイタリア・トスカーナの高級ワイン産地ボルゲリ地区の蔵元です。

マルケサートのフラッグシップワイン「タラブーソ」は、サッシカイアを越える評価を獲得したことも。

現地のレストランでも、人気の「エミリオ・プリモ白」。

現地でマルケサートのワインをオンリストしているレストランに連れて行ってもらった際、あまりに人気で完売していました。

非常にバランスが良く味わいもまろやかで、料理にあわせやすい白ワインでレストランのソムリエなどプロからもご好評いただいております。


20200414_06.jpg

ご自宅で楽しむ名店の味わい!ヴィノスやまざきのワインが飲めるお店でテイクアウトがスタート!

普段は予約困難な人気店など、なかなか食べられないお店の味をご自宅でゆっくりワインと共にお楽しみください。


キャンティでのテイクアウトは、飯倉本店と西麻布店の2店舗で行っております。

詳しくは、キャンティのHPにて。

PS:
キャンティの川添社長からのご依頼で、ただいま60周年のオリジナルワインをヴィノスがプロデュースさせていただいております。
60周年ワインのご用意が出来ましたら、改めてご紹介いたします。

最高賞を受賞した「青い」ワインが再入荷!

4月に入り、続々とワインが日本に到着しております!

その中で...今か今かと待ちわびた、人気のワインがあります!

それがこちらの「ウォーターストーン・スタディ・イン・ブルー2016」

 

S__17375250.jpg

先日のヴィノスダイアリーでもご紹介した、ナパの実力派蔵元ウォータストーンが手掛ける限定ワインです!

 

元々はナパヴァレーの中でも、厳選されたトップクラスのワインがひしめく「プレミアム・ナパヴァレー・オークション」に出品するためだけに造られた1本。

DSC02569.JPG

現地を訪ねたまたまテイスディングをした時、その美味しさに魅了された買付隊が、本当にわずかな在庫を譲ってもらうことに成功しました!

日本でリリースしお客様に楽しんでいただいたところ、大好評をいただきあっという間に完売となりました!

しかし、生産量が少なく一度店頭から姿を消すことに...。

 

その後、お客様から幾度となく

「あの、青いラベルのナパヴァレーワインはもうないの??」

というお声をいただきました。

 

その声を我々はウォータストーンワイナリーを訪ねる度に伝え続けていました。

すると、2018年に現地を訪れた際に出てきたのはスタディ・イン・ブルーの最新ヴィンテージのサンプル!

20191025235803.jpg

オーナーであるブレント氏が「日本のお客様のために特別に...」と、過去のヴィンテージにも負けない新生スタディ・イン・ブルーを造り上げてくれました!

20191025235826.jpg

その証拠に、今年行われた女性ソムリエによって審査が行われる日本でも有数のワインコンテンスト「サクラワインアワード2020」にてエントリーの中からわずか1%しか選ばれない最高賞「ダイヤモンドトロフィー」を見事受賞いたしました!

 1586758387794.jpg

グラスに顔を近づけただけでも感じ取れる華やかな香り、そして口に含むと果実味がしっかりと感じれそのまますーっと滑らかに流れ、口の中には余韻だけが残ります。
 
エレガントさとパワフルさを兼ね備えた、ナパヴァレー最高峰のワインと言っても過言ではありません!
 
是非ご自宅で有意義にお楽しみいただける1本としてお楽しみ下さい!
 
高澤

 

食いしん坊Cookブログ【免疫力アップレシピ偏】

ヴィノスの食いしん坊Cookが、おうちワインにぴったりなレシピをご紹介しているこのコーナー。
今週は、限定で入荷するモッツァレラチーズと、春の野菜と果物を使用したサラダをご案内いたします。

本日ご案内のモッツァレラチーズですが、先日ワインとチーズをセットでご案内したところ、用意数すべて即日予約完売となりました。
せっかくお電話くださったのにも関わらずご用意できなかったお客様、大変申し訳ございません。

4月17日以降着分をただ今ご予約にて承っております。
詳しくは最後までブログをご覧くださいませ。


こちらのモッツァレラは、過去に日本一に輝いた事もある、匠の造る本当に美味しいチーズです。

北海道白糠町、自然に囲まれストレスなく育った牛の、その日の搾りたてミルクだけを使用しております。

当日の気温や湿度、牛の体調、乳質を見極める事のできる匠の井ノ口さんが、一人でほとんどの工程を行っているため大量生産は出来ず、地元や一部有名レストランを中心に出回るため入手困難なモッツァレラです。
シューシーでミルキーなこのモッツァレラは、当店チーズ部門10年間のベストセラーとなっております。

EBA9042B-EFF2-4E67-AEA5-F71E57622FE4.jpg

04120329.jpg


そのモッツァレラと、現在中目黒店や広尾店などで発売をしております、ヴィノスの地元静岡の農家が造ったわさび菜や、ハチミツとナッツなど美容と健康にいい物だけでワインに合うサラダを造りました。


わさび菜にはビタミンC、ビタミンB2やβカロテンなどの美容効果のある成分が豊富に含まれています。老化やがん予防の他、ストレスに強くなる作用にも期待されています。また、わさび菜に含まれるアリルイソチオシアネートという辛味成分には、抗癌や抗菌作用があるとされています。

ハチミツは、世界一の品質と言われ日本に2%しか流通していない稀少なハンガリー産ハチミツと、華やかでフルーティーな香りが特徴の鳥取県大山産ハチミツ、そして季節の国産百花蜜のブレンド。
それを、一般的に行われる加熱処理やろ過処理を行っていない、自然のままの完熟された生ハチミツを使用。
生ハチミツは、血糖値の上がりやすさを数値化した「GI値」の中でも、「低GI食品」に分類されるお豆腐よりもさらに低いGI数値28となり、身体に負担が少ない食品です。

ナッツはアーモンド、カシューナッツ、くるみ、マカダミアナッツを焙煎職人が手作業で仕込んでいます。
ナッツに含まれる成分には、生活習慣病の予防や、アンチエイジング、ストレス軽減・快眠、便秘解消、美髪など様々な効能も。

そこにイチゴやレモンなど免疫力を高めるビタミンCが豊富な食材を加え、ワインに合うだけでなく、まさに食べるサプリメントとも言えるサラダになりました!
ぜひご覧くださいませ。



そしてこちらのセットには、しばらく店頭から姿を消し、「再入荷はいつ...?」と何度もお客様からもお声をいただき、今まで以上にパワフルになって戻ってきた「ダーム・ド・ペノティエ」の赤と白が入っております。

0412S__208699394.jpg


「ダーム・ド・ペノティエ」は、当店買付隊長種本と、25年来のパートナー的蔵元ペノティエの当主ミラン氏との共同作品です。

当店はワインの直輸入を始めて今年で26年になります。
当時の日本におけるワイン市場は、有名ワイン産地のものばかりが輸入されていた時代でしたが、無名だった南フランス・ラングドック地方のワインを直輸入し、シャトー・レゾリューやプティプロ、ドメーヌ・ラ・グラーヴなど小さな蔵が情熱を込めて造るワインは、今でも当店のヒットワインとして多くのお客様から支持を頂いております。

そして、過去には醸造コンサルタントとして故パトリック・レオン氏(オーパス・ワンやシャトー・ムートン・ロートシルトなどを手掛けた敏腕醸造家)が務めるなど、世界的コンクールにおいても数々の賞を受賞しているペノティエもラングドックを代表する蔵元です。

現在当主ミラン氏は、弛まない努力と情熱が評価されラングドックワイン委員会会長に就任するなど、地元ワイン界を代表する女性となりました。

そんなミラン氏と共に、ワインをブレンドし、味わいの選定からラベルのデザインまで手掛けたワインがこの「ダーム・ド・ペノティエ」です。
(ダーム=2人のマダムの意)

4012w3_1.pngw3_2.png 

モッツァレラチーズとワインのセットは、通販・オンラインショップで先行ご予約受付中です





オーガニック野菜とご一緒に!

▼しあわせ野菜畑 オーガニック野菜BOX


どうぞ、お気軽にご注文・お電話下さいませ▼

ヴィノスやまざき通信販売部
TEL:0120-740-790

 



岩谷

しあわせ野菜畑のオーガニック野菜!

ヴィノスやまざきの広尾や中目黒の店頭に最近入荷する静岡野菜が人気です。

S__47808552.jpg

S__80543771.jpg

「なぜ、ワイン屋さんが野菜なの?」と、思われる方もいると思います。

ヴィノスやまざきは、「ワインを通じてお客様の豊かな生活を提案する。」という想いで商売をやっています。


今のこの時、何ができるだろう・・と考えた時に、
 
自宅でゆっくりと美味しいものを食べたりワインを楽しみたい。というお客様と
 
飲食店様の自粛で行先を失ってしまったという農業生産者の方と
 
お客様と生産者を繋げて、よりお客様の生活にお役にたちたい、と、考えました。
 


そんな思いで下記のようなサービスを開始いたしました。

オーガニック野菜とご一緒に!
 
お野菜と一緒に、美味しいワインもご注文いただくこともできます。
是非、美味しいお料理と、美味しいワインをご家庭でお楽しみ下さい。
 
ちなみに、野菜を使ったお料理にあう一押しワインは
 DNAヴィンヤードのピノノワールです。

201973_190704_0078_hosakaR.jpg
 
ピノノワールは、なんか優しくて、心も体も疲れたかな?
赤にしようか白にしようか、 という時にもおすすめの品種。
そうあのロマネコンティの品種でもあります。DNAとのストーリーは、また後日お話しますね。
 
#リモートワークで、たくさん思いを伝えたい種本でした。
 
お野菜のご注文はこちらから

人気No.1赤ワインの最新ヴィンテージが到着しました!

ヴィノスやまざきは、今日まで長年に渡りお客様に蔵直ワインをお届けして参りました。

その中でも、不動の人気を誇る人気ワインあります。

それがこちらの「ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパヴァレー」


201910162014.jpg


およそ10年程前に誕生した同シリーズは、「数万円クラスの高級カルトワインにも負けないリーズナブルで本当に美味しいわワインを造る」という目的で、長年のパートナーであるストーンヘッジワイナリーと共に造り上げたワイン達です。

1976年のパリテイスティングで、フランスの有名シャトーのグランヴァンよりも高い評価を得たことをきっかけに、ナパヴァレー産ワインの注目は一気に高まりました。

以降、ナパヴァレーで採れたぶどうやワインの価格は高騰し続け、今や当時では考えられないような価格になってしまったワインもあります。

しかし、この「ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパヴァレー」は第1号が誕生して以来ずっと同じ価格で、しかも年々クオリティを高めた上で皆様のもとにお届けをしています。

IMG_0425.jpg


もちろんそれは簡単なことではなく、現地ではその年のぶどうの出来栄えからブレンドの比率など、全ての面において長い時間をかけてディスカッションを行います。時には良いものを求めるが故に無理難題を突き付けることもあります。

しかし、ストーンヘッジ・ワイナリーの醸造長を務めるドン・ベイカーさんはことごとくその全ての要望に応えてくれます。


20191023225423.jpg


それは、ナパヴァレーの地で醸造人生のほとんどを費やし、全てを知り尽くしたその匠の経験と知識があるから。

そして何より、日本にいるヴィノスやまざきのお客様のために美味しくてリーズナブルなワインを造りたいという想いを我々と同じように持ち続けてくれているからなのです。

そんなヴィノスやまざきとストーンヘッジワイナリーの想いの結晶とも言うべきこちらのワインの新ヴィンテージ「ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパヴァレー2017」がようやく日本に到着をいたしました!


20200410011635.jpg


今回はカベルネ・ソーヴィニョンを中心になんと5種類のぶどう品種をブレンド!

メインとなるぶどう産地は2011年に原産地呼称として認定された注目の産地クームスビルのものを使用。


20190827 (3).jpg


とても小さいエリアながら、ナパヴァレーの中でも冷涼な気候で収穫量が少なく、繊細さと凝縮感を兼ね備えたぶどうが収穫されます!

その他ナパヴァレーの中でも特に高級ワイン産地として知られるオークヴィルやラザフォードのぶどうを一部使用してすることで、味わいにアクセントを加えています。

その後フレンチオークで長期熟成を経て出来上がった2017年のメリタージュは、濃厚な果実味かつ柔らかく滑らかな口当たりが高級感を感じさせる、過去のメリタージュに決して引けをとらない素晴らしい味わいに仕上がりました!


20200410_01.jpg


ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパヴァレー 2017


本日より通販・オンラインショップで先行販売となり、明後日より店頭にてお買い求めいただけます!

どうぞ、お気軽にご注文・お電話下さいませ▼

ヴィノスやまざき通信販売部

TEL:0120-740-790

 

ヴィノスやまざきWEBショップ▼

https://www.v-yamazaki.com/


今週末のディナーのおともに、是非ともこのワインをご自宅でお楽しみ下さいませ。


高澤