南フランスの常識に挑んだパイオニア

ようやく再入荷したワインをご紹介させて頂きます。
当店が初めて輸入したワインが、こちらのプティプロです。


25年前からのロングセラー蔵元のプティプロが欠品しており、本当に申し訳ございませんでした。

プティプロは、白ワインの直輸入蔵元第一号です。
南フランスの家族経営の蔵元であるプティプロ。
今でこそ、この地方でも多く栽培されている有名な品種は、現オーナー・アニックさんのお父さんが植えたのが始まりだそうです。

20180205_03.jpg

このシャルドネ樽熟成は、まるでブルゴーニュ産の高級シャルドネのような力強さもありながら、南国フルーツのような凝縮感も味わえます。

_DSC9563.jpg

赤ワインのカベルネ・ソーヴィニヨンも、千円台前半でしっかりとした果実味をご堪能できます。英国の著名ワイン評論家ヒュー・ジョンソン氏によって「最高の骨格をもったミネルヴォワの赤を造る、現地で最も影響力のあるパイオニア」と、高く評価されています。

まさに高級品種のパイオニア的蔵元が造るワインは、夜中に収穫を行なうことで高品質な酸をキープさせ、南フランスらしい果実味と心地よい酸が調和したワインに仕上がっています。
ここまで拘る事が出来るのも、全てぶどうの栽培からワインの瓶詰まで自ら行っている小さな蔵元だからこそ。

20190625Line.jpg

有名ワイン誌や、食のプロの方からも支持を頂いているプティプロをお試しください。

20190625_header_webshop.jpg

矢尾

もう大人気白ワインになる兆しが!?

先週の金曜日から新しいワインフェアが始まり、

今日でまだ数日しか経っていませんが、店舗ではすでにお客様から大反響のある白ワインがございます!

 

「ペール・ギヨ・ヴィオニエ2018」

 

20190624193332.jpg

 

先日のヴィノスダイアリーでもご紹介させていただいた、

当店大人気ボジョレーの蔵元ギヨさんが南仏ローヌで高級品種ヴィオニエで造った白ワインです!

 

 20190624194202.png

 

先週末のワインイベントやバーでお飲みいただいたお客様から、

 

「香りが華やか!」

「ワインの色合いが艶やかで、黄金色のようで美しい!」

「爽やかなのにボリューミー!?飲みごたえもあって美味しいね!」etc.

 

沢山の嬉しいお声をいただきました!

 

 20190624193420.jpg

 

 

ジャスミンや紅茶の香りに、アプリコットや白桃のような果実味、そして心地よい酸味を感じられます。

 

南フランスは気候が暖かく、果実味は比較的出やすいですが、酸味は出にくく、まったりとした印象の白ワインも多くみられますが、ギヨさんの熟練の技により、絶妙なタイミングでぶどうを収穫することによって「ペール・ギヨ・ヴィオニエ2018」は、果実味がしっかりとしながらも程よい酸味があり、飲みごたえがありつつも爽やかさも楽しめるワインとなっております。

 

ジメジメ・ムシムシさを吹き飛ばして、気持ちも明るくしてくれるような華やかな白ワイン。

これからの時期にも大活躍してくれそうです。

 

テイスティングバー併設店舗では、今週の木曜日までバーメニューにもオンリストしていますので、

是非この機会にお試しくださいませ!

 

澤田

この味わい、もはやカルトワイン以上!?

本日は、昨日店頭に入荷したばかりのとあるナパ・ヴァレーのワインをご紹介します。

 

 

 

カリフォルニアの銘醸地ナパ・ヴァレーと言えば、近年価格も高騰し、数万円から数十万円を超えるようなワインが多く造られており、そのほとんどは「オーパス・ワン」などで有名な "オークヴィル" や "ラザフォード" と言った細かく指定されたナパ最上級地区のぶどうを使用しています。

 

20190622.jpg

 

 

ヴィノスやまざきのナパワイン代名詞と言えば、赤ワイン部門8年連続売上本数No.1の「ストーンヘッジ・メリタージュ・ナパヴァレー」というワインです。
このワインは、ぶどう畑や異なる品種のブレンド比率、樽熟成期間の指定など、蔵元とともに当店のお客様のために造り上げたワインです。

 

そのメリタージュ・シリーズの中でも、まさしく"オークヴィル" "ラザフォード"などの高品質な地域のぶどう畑を選び、長期樽熟成を行い、パワフルながらタンニンが溶け込んだ滑らかさもあるのが、今回新入荷したこの「メリタージュ・リザーヴ2014No.919」なのです。

 

20190622234120.jpg

まるでナパ・ヴァレーのカルトワイン(数万円)に匹敵・・・いやそれ以上の味わいを楽しめる逸品です。

樽によるロットナンバーのついたメリタージュ・リザーヴシリーズ。
同じナンバーは二度と手に入らないため、ポイント5倍でお得なこの週末に是非お買い求めください!

今週末のワインの試飲会"ワインフェスタ"にご参加頂いた方は、特別価格でお召し上がり頂けます!

▼イベント開催店舗時間はこちらから↓↓
http://corp.v-yamazaki.com/archives/seminar/20190622winefesta

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

矢尾

蔵直フランスワインの挑戦!

本日より新しいワインフェアがスタートしました。

今回のワインフェアでは、当店を代表する元祖蔵直®ワインでもある、南フランスの生産者「プティ・プロ」や「レゾリュー」はもちろんのこと、「蔵直®ワイン物語第二章」と称しまして、本当に美味しい現在人気沸騰中のカリフォルニアワインもご紹介しています!

20190622010259.jpg

でも、本日は、あえて新天地に新たな可能性を求めて、ワイン造りをしている生産者をご紹介します。

出会いは今から15年以上前。

フランスのボジョレー地方に、ワイン造りに情熱を傾ける若手生産者がいるとのことで、初めて訪問しました。

20190622010741.jpg

「美味しい!!!」


あれから約15年間、当店のボジョレー・ヌーヴォーと言えば、「ギヨさんのヌーヴォー」と呼ばれるくらい、本当にお客様の声をたくさん頂戴しました。

そんなギヨさんが、「南フランスで最高にコスパなワインを造る!」と、新天地に新たな可能性を求めたのが、このワインです。

20190622010814.jpg

新たに畑を切り開き、丁寧にぶどう栽培を行い、これまでの経験を生かして、とんでもないコスパワインを造り出しました!

当店の新たな匠の誕生です!

20190622010835.jpg

実は、本日開催しましたワインイベントでも大好評で、

「安いワインを何度もリピートして、すみません...」

20190622011327.jpg

と、お客様が恐縮してしまうほどのコスパワインなのです。

まだ、新しいワインフェアは始まったばかりなので、ぜひ、お近くのお店にお立ち寄りくださいませ!

もちろん、当店ネットショップでもご紹介しています。
20190622011456.jpg

鶴見

進化し続けること=挑戦するワイン

シャトー・ド・ペノティエと言えば、ヴィノスやまざきの歴史の中で25年の付き合いになるスタッフなら誰もが知っているおなじみの蔵元です。

出会った時の衝撃は凄まじいものでした。

 

20190620183803.jpg

1600年代から続く、元貴族の歴史あるシャトーです。

 

まだ南フランスが安酒の大量生産の地域と言われていたころに、すでにこの蔵元は力強くて複雑な味わいの、魅力的なワインを

生み出していました。そのあまりの美味しさに「どうしても日本のお客様にお届けしたい!」と輸入を決めたのでした。

 

20190620185809.jpg

南仏でありながら、標高の高い畑では上品な酸がしっかりと残るワインが出来ます

 

その後、シャトー・ド・ペノティエとは密度の高い交流が続き、ヌーヴォー(新酒)を造ってもらったり、オリジナルブレンドのワインを共同で開発したりと、私たちのお客様への熱い思いも理解してくれました。

 

20190620185513.jpg

マダム・ミランはバイタリティあるれる女性です

 

そして、当主のマダム・ミランはワインの品質向上のために情熱を注ぎ、今では素晴らしいワインの造り手として認知され、

今度は地域全体のために、ラングドックワイン委員会の会長として活躍しています。

 

20190620190010.jpg

 

今回、ペノティエの進化を楽しむためにも、輸入当時から続いている3種類のキュヴェにフォーカスしてご紹介したいと思います。

 

20190620185101.jpg

 

まずは、「マルキ・ド・ペノティエ・シャルドネ 樽熟成 2015

元々、旨みがしっかりと詰まっていたワインでしたが、2015年はさらに旨みが増し、樽熟成によるナッツのような香りと

果実味がバランスよく調和して、その味わいの芯を支えるような厚みのある、しかし上品な酸とミネラル感が、このワインの

印象を高級感のあるものにしてくれます。

フランスの他の地域、特に高級白ワインの産地であるブルゴーニュと比べてみたら、このワインのコストパフォーマンスの

恐ろしさはとてつもないものだと思います。

 

20190620185228.jpg

 

そして、「ペノティエ赤樽熟成 2013

このワインの産地である「カバルデス」は珍しい産地と言われています。

というのも、通常はその地区で使えるぶどうの品種はある程度限られているのですが、このカバルデス地区は南仏系のぶどう品種と

ボルドー系のぶどう品種、どちらも使用が認められています。

もちろん、ラングドックでも一番西側(ボルドー寄り)に位置しているので、その気候、土壌がそのぶどう品種に向いているというのが前提としてあります。

ということで、このワインに使用されているぶどうは南仏系2種類、ボルドー系2種類の合計4種類のぶどうがブレンドされています。

 

20190620185331.jpg

 

このことにより、味わいはより複雑になり、また渋みは樽熟成により、やわらかく、マイルドになります。造られてから5年以上経っていますので、香り、味わい全体がうまく調和して、飲み頃を迎えています。

 

20190620185355.jpg

 

そして、最後が「エスプル・ド・ペノティエ 2015

このワインはまさにこの蔵のエスプリを表現しているワインです。

そのコンセプトとは「その年の一番良い状態のぶどうをブレンドする」です。

つまり、味は最上級なのですが、毎年、極端に違う味わいのワインが出来上がることも意味します。またそれが楽しみでもあるのですが・・・

カバルデス地区の説明のところで申し上げましたが、南仏系のぶどう品種とボルドー系のぶどう品種の中から、

3から4種類のぶどうをブレンドすることが多いのですが、その年の良いぶどうだけあって、パワフルです。

しかし、上品でもあり、余韻も長く、この蔵のスタンダードワインの最上級キュヴェであるのも納得です。それにもかかわらず、

このコストパフォーマンスなのは驚きです。

 

20190620185656.jpg

醸造所もリニューアルされ、ますます品質が向上しています

 

今回の3種類に限らず、シャトー・ド・ペノティエのワインは常に素晴らしいワインを造ることを目指しているという気合いを感じます。

それらは彼らがその地区のリーダー的存在として、進化し続けていること、つまり挑戦し続けているからではないかと思います。

私たちも、そんな彼らの情熱そしてワインを皆様にこれからもお届けしたいと思っています。

 

明日からは店頭にこの3種類のワインが豪華に並びます。

ぜひ、その手に取って、彼らの情熱を感じてください。

また、店頭にお越しになれない方はWEBショップ詳細をチェックしてみてくださいね。

 

寺田

この季節に是非お試しください!

昨夜の山形県沖で発生した地震で被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。
今朝がたにかけて余震も続いておりましたので、被災地域の皆様におかれましては、一日も早い日常生活を心よりお祈り申し上げます。

 

そしてお待たせいたしました。
ようやく入荷したワインを本日もご紹介させて頂きます。

 

 

 

【新樽熟成、南フランスの待望の白ワインが入荷!】

かつて南フランスから直輸入をしていたある蔵元が、大量生産と価格の高騰により当社との方向性が合わず、離れていった蔵元がありました。
その蔵元の甥であったオロスケットさんが
「ヴィノスのお客様に喜んでいただけるワインを作る!」
と言って一族の反対を押し切ってワイン造りをし、今では当店を代表する南フランスのロングセラー蔵元になりました。

 

20190619-.jpg

 

日本のお客様がどんな味を楽しみにしているか、毎年現地へ訪問し伝え続けると蔵元も進化を続け、いまや地元のワインコンクールでは連続で金賞を獲得し専門誌でも大きく取り上げられました!

そんなラ・グラーヴのオロスケットさんが、自信をもっておすすめする白ワインがこちらの

「ラ・グラーヴ・プリヴィレージュ白樽熟成」です。

 

20190619-1.jpg

 

【氷を入れる新しいスタイルのスパークリングワイン】
そして、フランス・アルザス地方からロックで楽しむ甘口のスパークリングワインもようやく入荷。

有名シャンパーニュメゾンも、最近はこぞってロック・シャンパーニュをリリースしております。

地元アルザスにて、クレマン(シャンパン製法のスパークリングワイン)協会の会長をも務めるジョセフ・カタンが、注目の地場品種を使用して造る甘口スパークリング。
氷を入れて爽やかにお召し上がりください!

 

20190619-2.jpg

 

 

本日はヴィノスやまざき全店舗にてこちらのワインを振舞います!

「ブログを見たよ」とおっしゃってください。


もちろん、通販WEBショップもご注文を開始!
品切れにならないうちに、ぜひご利用ください!

▼シャトー・ラ・グラーヴ・プリヴィレージュ・白樽熟成
https://www.v-yamazaki.com/item/f55-04

▼アイス・カタン
https://www.v-yamazaki.com/item/f51-01

ヴィノスやまざき通販
TEL:0120-740-790

 

岩谷

LINE会員様のお得情報!

皆様、ヴィノスやまざきの公式LINEアカウントはもう登録いただいておりますでしょうか。

 

ヴィノスやまざきでは色々な情報を色々な媒体で、皆様にお届けしております。

LINE会員もそのうちの一つで、各店から配信するメールマガジンとはまた別の内容をお送りいたしております。

 

さて、先日から実はLINE会員様にお得な情報が配信されております。

本日配信された内容はこちら。

 

********************************************************************************************************************

当店の直輸入ワイン"シャトー・レゾリュー赤ラベル"が品切れしており本当に申し訳ございません。


ヴィノスやまざきの蔵直物語は25年前にこの赤ラベルから始まりました。
当時まったくの無名産地 南フランス・ラングドック地方。その中でも家族経営の蔵元が数人でワイン造りを行う小さな蔵元。それがこのシャトー・レゾリューです。

無名の産地でしたが、手摘みで収穫をして、手造りのこのワインはとにかく果実味、柔らかな渋み。
「まるで1万円のワインかと思った!」
と当時有名な評論家の方がコラムにも書かれたほどです。


それから25年たった今でも、当時と変わらず・・・・いやブドウ畑はより高樹齢になっているのでもっと美味しくなっております!

そして、ヴィノスの隠れたロングセラー ドイツワイン。
モーゼル地区の名門ウィル・ハッグ家のシュペトレーゼ。
遅摘みという意味の甘口ワインも久々の登場です。

こちらは何と先代から40年のロングセラー。
モーゼルの斜面の小さな畑から造られたキュっと溶けた酸と甘さがとにかく今の季節にぴったりです。

 

両方とも小さな蔵ですので、用意できる数量に限界があり、どうしても品切れになってしまうことがございます。
ようやく、フランスとドイツから入港し、本日ヴィノスやまざき全店舗にてご紹介が可能となりました!


入港を記念して、本日はヴィノスやまざき全店舗にてこの赤ラベルを振舞います!


「●●●●●●●」とおっしゃってください。
こちらのワインを、こっそりと試飲をお出しします。

20190618191744.png

**************************************************************************************************************************************

最後のキーワードは当ブログではヒミツですが、言わずとも知れた蔵直第1号ワインのシャトー・レゾリューと、ドイツのモーゼル地区の甘口ワインをLINE会員様だけに無料試飲でご提供致します。

 

特に個人的にはこのモーゼルワイン、これからの暑い時期には最高ので是非ご賞味いただきたい1本。

 

DSC02982_Rhosaka.jpg

 

 

シュペトレーゼは、普通の収穫より最低1週間以上遅く収穫された遅摘みぶどうから造られた甘口タイプ。

甘口タイプの中では糖度は低めで、かつハッグのワインはとにかく綺麗な酸味が特徴。

甘味と酸味のバランスがとにかく良く、辛口ワイン好きの方でもきっと楽しんでいただけると思います。

 

既にご登録済みの方は、是非ヴィノスやまざき各店で2種のオススメワインを味わってみてください。

 

まだ登録されてないという方は、是非これを機会にご登録ください!


▼ヴィノスやまざき公式LINEのご登録はこちらから

20190618192647.png

 

 近光

初夏のビッグイベント間もなく解禁

いよいよ今週よりビッグワインイベントが始まります。

 

この6月に新着、新ヴィンテージが入荷しますが、まず普段お店をご利用いただいているお客様へいち早くこういったのワインをご紹介したく、
ヴィノスやまざき各店舗毎に4つのテーマでそれぞれイベントを開催いたします。

●新着・新ヴィンテージワイン特集
201906176.jpg

●味に納得!自然派ワイン特集
201906171.jpg

●ヨーロッパ秘境の地ワイン特集
201906173.jpg

●ナパ・ヴァレーカルトワインを堪能!
201906174.jpg

ぜひ、お店によってテーマが異なりますので、この機会に普段は足を運ばないいつもと違うヴィノスを訪れてみるのもおすすめです。

各店のテーマとスケジュールはコチラから

そして、 6月21日静岡会場、6月27日開催の東京会場の大試飲会も、残りわずかとなっております。ぜひお早めにお申し込みください! 

corp.jpg

こちらのワインも新ヴィンテージが入荷しました!

当店直輸入第一号蔵元の南フランス"シャトー・レゾリュー"が造るロゼワイン。
イチゴやラズベリーなどフレッシュな果実味溢れるワインですが、この2018年はフランス各地で素晴らしい品質になったビッグヴィンテージです。
今か今かと待ちわびておりましたが、ようやく入荷致しました!!


こちらはさっそく、ヴィノスやまざき各店舗そしてWEBショップにてご購入頂けます。

こういった新着・新ヴィンテージワインを一挙お楽しみ頂けるワインイベントですので、ぜひご来場お待ちしております!!

高澤

ジューンブライドにベストマリアージュを見つけませんか?

毎月ヴィノスやまざき各店で開催中の「蔵直ワイン会」。

20年以上も続いている静岡会場を筆頭に、全国各地のヴィノスやまざきにて、
毎月様々なテーマで、ワインとチーズやおつまみをお楽しみいただきながら、
蔵直ワインの最新情報や買付秘話をご紹介しております。

20190616 (3).jpg
20190616 (1).jpg

6月のテーマは「初夏のワインをもっと美味しくするチーズ」

ワインと食事の相性をフランス語で「マリアージュ(結婚)」といいます。
フランスでは、「ワインの最良の友はチーズ」と言われているほど、
「マリアージュ」を語る上で、「ワインとチーズ」はかかせないものとなっています。

61300394_149753169411506_6673368968152048752_n.jpg

実は、ヴィノスやまざきのチーズもワインと同じ「蔵直チーズ」。
生産者の顔の見えるチーズを、世界各国、そして日本各地から厳選したものをご用意しております。

今回は、そんな蔵直ワイン×チーズのマリアージュワイン会を開催中。


既に開催した店舗の中で、好評いただいたマリアージュが、
ペール・ギヨ・ヴィオニエ × コンテ24か月

20190616 (2).jpg

コンテは、フランスでは生産量、消費量ともにNO.1の、フランス人に最も愛されているチーズです。
だからこそ品質に対する規定も厳しく、その規定をクリアしたものだけが「コンテチーズ」として販売できます。

9BC77E62-6754-41E4-BAAD-0A44B2607075.jpg

大きさは、なんと1個で約40kgもあります!

そんなフランスで愛されるコンテの中でも、
ヴィノスやまざきは24か月熟成という、通常の熟成よりもさらに長い、旨みたっぷりのコンテをご用意しております。


そして合わせるのは、ペール・ギヨ・ヴィオニエ

20190616.jpg

ギヨさんというと、ボジョレー・ヌーヴォーでおなじみですが、
今回はなんと、ローヌ川の河口に広がるワイン産地、
南フランス・ガール県のぶどうを使用して、新たなワイン造りを始めました!

ヴィオニエ種らしいジャスミンのような白い花の香りと、
桃やアプリコットの風味、コクのある果実味が感じられます。

今回は、ワイン会にご参加の方限定で、先行でご紹介いたしました。

コンテの24か月の熟成からくるナッツや栗のような旨みと、
ギヨさんの華やかでコクのある白ワインとの相性は、この季節にピッタリなマリアージュです。




そして何やら、ギヨさんは他にも南フランスでワインを造っているとか・・

20190616 3.jpg

この続きは・・来週以降のブログに、こうご期待!


三浦

ゴージャスなワインをお届け!

この週末は天気予報によりますと、全国的に雨模様。

明日の父の日も直前に迎え、雨の日限定ポイント5倍デーとさせていただきます!

※一部対象外商品あり

※ヴィノスやまざきオリジナルポイントカードに限る

 

そして、この週末ヴィノスやまざき各店にて、どなたでも楽しめる試飲会ワインフェスタを開催いたします!

 

 
このワインフェスタは2001年にオープンしたヴィノスやまざき西武渋谷店が発祥です。 
ワインは敷居が高い、難しい...そんなイメージを、ワインは美味しい!楽しい! と体感していただければと思い始めました。
その為、ワインフェスタは、お客様と一緒に楽しむ、参加型のイベントです。 

気になる本日のラインナップはというと...

20190615_01.jpg

乾杯は特級村のシャンパーニュ。!
 
かつて、高級シャンパーニュのクリュッグにぶどうを提供していたジャン・ミラン家が造るキリっとしたシ ャンパーニュ。 
そのほか、南フランスの英雄と呼ばれる職人の造るコクあり白ワインや、ボルドー 革命児が手掛ける格付けワイン顔負けの赤ワインをご用意いたします。 

そして、それだけではございません。
急遽スペシャルワイ ンをご用意することが決定しました! 
 
先日開催されたワインセミナーにて、ご参加された多くの方から 
「まるでハチミツみたいな濃厚なワインだね」 
「数万円するような貴腐ワインかと思ったよ・・。」 
とお声を頂いたこちらのワイン。 

20190615_02.jpg

高級ワイン産地ナパヴァレーで大変珍しいデザートワインに仕上げ、さらに10年間の熟成...。
 
こちらだけでも美味しいのですが、青カビチーズと合わせると...。本当に絶品です! 
ぜひお近くのヴィノスやまざきへお越し下さいませ!
 
イベントの申込はこちら▼
20190615143311.jpg
 
 
ワインフェスタにお越し頂けない方もオンラインショップにて、お買い求めいただけますので是非お試しください。
 
ヴィノスやまざきオンラインショップはこちら▼


高澤