ワインクラブお申込みは本日までです!

「蔵直®ワインクラブ」のお申し込みはお済みでしょうか!?

 

毎月稀少なワインや、蔵元新作ワイン、そして大人気ワインをモニター価格でより一層お楽しみいただけるワインクラブ。

本日4月21日(日)がいよいよお申し込み最終日となりました!まだお手続きがお済でない方はお急ぎくださいませ!!

 

 

20190421154050.png

 

 

すでにキャンセル待ちのコース(世界の銘醸赤ワインコース、スパークリング&白ワインコース、ワインのマリアージュコース、厳選チーズコース)や満席間近のコースもございます!

 

 

 

 

 

ワインクラブは複数コースのお申込み可も能です。追加をご希望の方も本日までにお申込みくださいませ!

コースお悩みの方は、ヴィノスフリーダイヤル0120-740-790、またはお近くのヴィノスやまざき店舗スタッフまでお気軽にご相談ください。

 

WEBでのお申込みはこちらより↓↓

20190421163246.png

 

また、ヴィノスやまざき各店店頭でもお申込み承っております!

蔵直®ワインクラブでワインライフを楽しみましょう!

 

澤田

 

 

 

 

 

 

初お披露目のワインをご紹介中!

現在開催中の平成最後のWINE FES!
第2弾はもうお試しいただけましたでしょうか。

20190420 (2).jpg
本日も各店で沢山のお客様にご参加いただき、ありがとうございました!

今週は、新大陸からイベント初登場のワイン含め、全4種類のワインをお楽しみいただけます。

20190420 (1).jpg

カリフォルニアのあの幻の赤ワインも気になるところですが、

「なにこれ!すごく華やかで爽やかなスパークリングは!」
と、1杯目から驚きのお声をいただいた初お披露目のスパークリングワインをご紹介いたします。

20190419174433.jpg


南アフリカ銘醸地ステレンボッシュに、
オーナーのプリチャードさんが1985年に立ち上げた小さな家族経営の蔵元です。

畑も18haと小規模で、川に近い畑でぶどうを栽培することで、
昼間はたっぷりの太陽の光を浴び、夜は涼しい風が吹き気温が下がることで寒暖差が生まれ、
果実味の旨みがありながらもフレッシュな後味に仕上がります。

20190420 (1).png

実はこのスパークリングワイン、
元々はワインの頒布会「蔵直ワインクラブ」で、
会員様限定でご用意していた秘蔵ワインのひとつだったのです。

会員の皆様から「また飲みたい!」と沢山のお声をいただき、
今年の2月に買付隊が現地を訪れ、交渉の末、店頭に並べられる量をご用意することができました。

20190420 (3).jpg

「蔵直ワインクラブ」は、私たちヴィノススタッフにとってもお客様のお声を伺う貴重な場で、
今後どのワインを定番商品として蔵元に造っていただくのか、お客様皆様のお声で決まります。

ということで、ワインクラブは、価格もとっておきのモニター価格でお楽しみいただけます!

春の新規お申込みは、4月21日(日)までですが、
すでにキャンセル待ちのコースも続々と出てきておりますのでお早めにお申込みくださいね。

0418b_hanpukai_s180921.jpg


そして、平成最後のWINE FESは、4月25日(木)まで開催しております!
是非、新しいワインとの出会いをお楽しみいただければ幸いです。

20190419174532.jpg


三浦

平成最後のワインフェス第2弾!本日より開催!

平成もいよいよ残りわずか!

先週よりご案内しております「平成最後のワインフェス」も残すところあと2回となりました。

第2弾となる今回は「発表!新大陸の初お披露目ワイン!」題しまして、ご参加いただいた皆様にいち早く新入荷ワインをお届けいたします!

 

新入荷ワインとしてご紹介するのは、先日訪れた南アフリカで造られるさわやかなスパークリングや...

20190419174433.jpg

カリフォルニアから「あの」人気ワインも登場いたします!

20190419174453.jpg

 

また、ワインと合わせてオススメのおつまみプレートもご用意しておりますので、ぜひワインとのペアリングをお楽しみくださいませ。

20190419174514.jpg

イベントの詳細・お申込はこちらから!▼

20190419174532.jpg

皆様のご来店・ご参加。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

高澤

 

不採用が一番多いコースとは??

先日、あるワイン会に参加したところお客様から「毎月のワイン倶楽部楽しみにしているよ!今期のワインコースも楽しみにしているから」と嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

現在、世界11ヵ国からワインを直輸入している中で、毎月各国のこだわりワインをセレクトし味わいをチェックしながら本当に納得のできるワインを選んでおります。


ワインの買付けに行く際に必ずワイン倶楽部用のワインを探すのですがすぐには見つからず、時にはワインカーヴの中に潜って探すこともあります・・・

 

蔵元の自家消費用のワインや国内だけの限定流通品など取材をしながら情報を引き出して交渉を行い、やっとワイン倶楽部候補のワインとなります。

そこから、社内で試飲を行い満場一致で納得できるワインのみがワイン倶楽部として選ばれるのですが、時には試飲したワインがすべて不採用になってしまうことも・・・おそらく不採用が一番多く狭き門なのです。

IMG_2230.jpg

 

だからこそ、ワイン倶楽部に選ばれたワインは自信があります。
その中でも、今人気急上昇のコースが「プレステージ赤・白コース」

 

サクラワインアワード2017で最高金賞「ダイヤモンドトロフィー」を獲得したオーストラリア銘醸地バロッサヴァレーから「スリーリングス・シラーズ2016」が待望の入荷。
ぶどう栽培の達人といわれたデイビッド・ヒッキンボッサム氏が担当し、息子のアラン氏が醸造をし、年々品質が向上し現地在庫を抑えてワイン倶楽部に登場。

DSC02592.jpg

スペイン・リオハで出会った20年熟成した赤ワインが登場。
かつて1本、5,000円で販売していたのですが、どうしてもワイン倶楽部で紹介したいと交渉を行い奇跡の赤白セットが実現。
ワインスペクテーター誌で92点を獲得し、ワインのプロも認めたリオハワイン。

 1999.jpg


最後に、ボルドー・メドック地区の手作り少量生産で地元では「ガレージワイン」としてオーナー自らが栽培から醸造まで手掛けているクロマヌーが登場。
あえて新樽を使用しないでぶどうの旨味が凝縮した味わいを引き出し、現地のワイン評価誌でも注目されています。
今回の、プレステージ最終回に最後の最後まで粘り強く交渉を行い、オンリストしました。

20190418201026.jpg


ワンランク上のコストパフォーマンスを感じていただける「プレステージ赤白コース」を是非お楽しみください。

0418b_hanpukai_s180921.jpg

福井

陰干しぶどうから造るこのワインを!

ただいま、新規会員募集中の「蔵直ワインクラブ」。


世界中には無名であっても、本当に一生懸命にワイン造りに取り組んでいる生産者はたくさん存在します。
そんな彼らの情熱溢れる美味しいワインを、当店はいつも探し求めているから、これまでに素敵な出会いがあり、輸入が実現できました。

その集大成である「蔵直ワインクラブ」で、ぜひご紹介したいワインがあります。

20181013_12.jpg

2年前に現地を訪問したカ・ボッタでは、全てのワインで陰干しぶどうを使用するアマローネスタイルでワインを造るこだわりのこだわりの造り手です。

20190417_05.jpg

カ・ボッタはイタリア・ヴェネト州のヴェローナを見下ろす標高500mの丘にぶどう畑を所有しワイン造りを行っています。

20190417_06.jpg

20190417_07.jpg

斜面に植えられたぶどうは、全て手摘みで収穫し丘の上のワイナリーに運ばれ、陰干しします。

20190417_04.jpg

全てのぶどうを陰干しするため、ワイナリーの中は陰干し中のぶどうでいっぱいになります。

ここまで手間暇かけてるくるカ・ボッタのワインは、入荷するたびに瞬く間に完売するほどの人気ワインです。

こだわり故、大量に造ることができず、通年ご用意できないカ・ボッタのワイン。

そのワインが6月のバリューコースにオンリストしています。

20190417_02.jpg

カボッタ・ヴァルポリチェッラ2017

約1か月間陰干しさせたぶどうを使用し造られたワインは、凝縮味がありながらも柔らかな味わいです。

ぜひ、バリューコースにお申込みいただき、このワインの魅力を体感してください!

お見逃しなく!



深澤

ヴィノスのワイン頒布会「蔵直®ワインクラブ」新規会員募集中!

ただいま新規会員様の募集をさせていただいております、「蔵直ワインクラブ」。
実は、25年以上に渡り続けさせていただいているワインの頒布会です。
元々は、「産地やブランドはお任せするから、毎月美味しいワインを選んでほしい」というお客様からのお声でスタートしました。

蔵直ワインクラブの魅力を動画でご紹介!


店頭にて全店でご紹介するには数量が少ない少量生産のワインをご案内させていただいたり、
蔵元の新作ワインをモニター価格でご提供させていただくこともございます。

現地買付時にも希少なワインを見つけては交渉を行い、クラブ会員の方のための特別なワインをご用意させていただいております。
20190223_190305_0036_hosakaR.jpg

おかげさまで多数のお申し込みを頂戴しております!

新規、そしてご継続でお申込み頂戴いたしましたお客様、誠にありがとうございました。
4月お引渡し開始は次週土曜日、27日からを予定しておりますので、今しばらく楽しみにお待ちいただければと思います。

まだお申込みをされていないお客様もぜひこの機会にご検討いただければ幸いです。
今週末が店頭引渡しでのお申込み締め切りとなりますので、ぜひお早めにお申し込みくださいませ!
いくつかのコースでは残り募集会員数が少なくなっておりますので、ご注意くださいませ...

お申し込みはこちらから。
wineclub0410_pc_c_hosakaR.jpg

皆様のお申込み、心よりお待ち申し上げております。
保坂

春ロゼ 満開です。

フランスでは白ワインよりロゼワインのほうが多く消費されている事をご存じでしょうか?

白ワインより酸味が少なく、赤ワインより渋みがまろやか。
そんなロゼワインは、お肉にも魚にも合うワインとしてヨーロッパをはじめとするワイン消費大国では多くの割合をしめております。


ここ日本でも、最近ではロゼワインを楽しむ方が増えております。
特にこの4月、サクラの色合いを連想されるロゼは、和食でも中華でも普段の食事と合わせる方が多いとか。
そんな中、春真っ只中に待望の再入荷をしたロゼワインがあります。

041629011.jpg

今から25年前のまだ静岡の一店舗の時、当時は注目を浴びていない南フランスの小さな村から当店はワインの直輸入を始めました。
ラングドック・コルビエール地区。ソムリエ教本にも載らないような場所でした。
しかし、そこで造り出されるワインは、当時有名高級シャトーの造るどんなワインよりも美味しく、果実味があり、半年分として輸入したワインは、口コミで約1か月で完売となりました。

そんなシャトー・レゾリュー。
実はロゼワインを造っているのですが、決して定番商品として店頭に並べれる数量はありません。

南向きの水はけと日当たりのいい斜面のぶどうを使用。
南フランスの特徴でもあるいっぱいの太陽を浴びて育ったぶどうは、ボリュームがあり濃い味わいに。

0416028A7735.jpg

041620180904_01.jpg

しかもバリューなロゼであっても、収穫は手摘みで丁寧に行うことで、痛んだ実は使用しません。

0416DSC01713.jpg

あえてまだラベルには記載されておりませんが、畑自体は認証を獲得している自然を尊重した畑。
041620170427_07.jpg


そんなこだわりぶどうで造ったロゼの新ヴィンテージ2018年も、ようやく瓶詰めが終わり、この春に入荷となりました。
2018年はフランス全土で天候が良く、ビッグヴィンテージとして名前が残るいい年です。
レゾリュー・ロゼ2018も、例年に比べ豊かな味わいに。

春の陽気に合わせ、少しだけ冷やしたロゼワインでぜひ楽しいワインライフをお楽しみください。

岩谷

お早めにお申し込みください!

「蔵直®ワインクラブ」のお申込みはお済みでしょうか。

25周年を迎えた蔵直®ワインをよりお楽しみいただけるのがワインクラブです。


蔵元まで足を運んで入手できた限定生産のレアなワインや、買付隊が一年間に試飲する数多くのワインの中から、断トツに美味しいワインを毎月お楽しみいただけます。

本日がご発送のおまとめ払いのお申込み締切となります。お手続きがまだの方は是非お急ぎください。
※店舗お引渡しや4月28日以降お届けのご配送は4月21日(日)までお承りいたします。

どのコースが良いか迷っている・・・

という方は是非「バリューワインコース」をお試しください。


例えば、4月にお届けするワイン

20190414_1.jpg

アジア最大規模の審査会「ジャパンワインチャレンジ」で最高金賞を獲得したカラブリア・ファミリーの造るワイン達。

20190414_2.jpg

ロングセラーのリッチランド・シャルドネは、果実味たっぷりですっきりした後味でバランス抜群。
先祖のルーツであるイタリアの地場品種から造るワンラン上のワインは、濃縮感あふれる味わい。

蔵直®ワイン25年間で出会ったバリューで美味しいワイン達をお届けいたします!


もっと気軽に楽しみたい・・・

という方は「ワインENJOYコース」をお試しください。

例えば、5月にお届けするワインとおつまみ

20190414_3.jpg

ヴィノスやまざきの原点南フランスで、20年以上のロングセラー蔵元ペノティエが造るまろやかな果実味の赤ワインと、青カビチーズの中でも特に食べやすいフルムダンベールをスプレッドタイプに仕上げたクリーミーなチーズ&スペインのスナック「ピコス」と合わせてお届けいたします。

届いてからすぐにワインとおつまみのマリアージュがお楽しみいただけます!


最終のお申込み締切まで後1週間となりましたが、間もなく満員となるコースもございます。
是非お早めにお申し込みください!

井山

「サクラワインアワード」最高賞受賞蔵元が手掛けるカベルネ!

現在、ヴィノスやまざき各店では、「平成最後のワイン祭り!第1弾」を開催中です。

本日も全国のヴィノスやまざきで、たくさんのお客様にご参加いただきました!

 

ED2E7DC5-F164-4E6C-BE9B-3567015F785F.jpg 

 

今週のテーマは、「ヴィノス平成史を振り返る刻(トキ)ワイン」ということで、ヴィノスやまざきと共に時を刻む蔵直ワインをご紹介しています。

本日、お楽しみいただいたワインの中でも、多くのご好評の声をいただきましたワインがこちらです。

 

ノーブルヒル・カベルネ・ソーヴィニョン2015

IMG_7293.jpg 

 

ノーブルヒルは、南アフリカの銘醸地「ステレンボッシュ地区」に隣接する、パール地区に蔵を構えるワイナリーです。

南アフリカは、実は350年以上のワイン造りの歴史を持ち、ワイン生産量も世界TOP10に入るほどのワイン大国。

その長い歴史の中でもこのノーブルヒルは、1674年設立という非常に古い歴史を持ち(※南アフリカで初めてワインが造られたのは1659年!)、まさに南アフリカのワイン史と共に時を刻んできた老舗蔵元なのです。

 

10B4777E-A507-42D6-A570-E13D26608B14.jpg

 

ノーブルヒルは、「サクラワインアワード2019」ノーブルヒル・ブラン・ド・ブラン・ブリュット・ナチューレ2016が最高賞のダイヤモンドトロフィーを獲得したばかり。

先日開催された蔵直25周年記念祝賀ワインパーティーでも、多くのお客様からご好評の声を頂きました。

 

20190316120447.jpg

 

 ノーブルヒル・カベルネソーヴィニョン2015は、単一畑の秀逸なカベルネ・ソーヴィニョンのみから造られ、生産量もごくわずか。

2015年は、ベリーの凝縮感と力強さが感じられる優良ヴィンテージで、蔵元のセラーで3年間の長期瓶内熟成を経てリリースされました。

今飲んでももちろん美味しいのですが、醸造家のクリストファー氏いわく、「2025年までは優に熟成可能」とのこと。

EF53ED6F-58E0-4B2D-9DDE-E1878FD3CFE0.jpg

 

 本日、各店の試飲イベントに参加されたお客様からも、ノーブルヒル・カベルネ・ソーヴィニョン2015への嬉しいお言葉を頂きました!

 IMG_7281.jpg

IMG_7283.jpg

 

 残念ながら、少量生産のこのノーブルヒル・カベルネ・ソーヴィニョン2015の在庫は残りわずか。

「平成最後のワイン祭り!第1弾」は、4月18日(木)まで開催しておりますので、お近くのヴィノスやまざきでお試しの上、お買い求めください!

 

ご予約お申し込みはこちらから▼

 

 

そして、現在会員募集中の「蔵直ワインクラブ」では、ノーブルヒルが造る限定の白ワイン「ノーブルヒル・ヴィオニエ」プレステージワインコースの会員様へお届け予定(8月お渡し分)です。

IMG_7291.jpg

ノーブルヒルがお好きなお客様、是非、この機会にプレステージワインコースへご加入ください!

 

お申し込みはこちらから▼

20190411 (5).jpg

蔵直ワインクラブの新規会員募集は、4月21日(日)まで!

 

皆様のご入会、スタッフ一同、お待ちしております。

 

四家

平成最後のワイン祭り開催!!

平成から新元号「令和」まで、いよいよ残すところ2週間弱。

 

ヴィノスやまざきは1994年の直輸入開始から今年で25周年を迎えます。この間、フランスから始まった直輸入の国の数も、昨年スタートしたウルグアイで11か国になりました。

 

そこで、ヴィノスやまざき各店舗、WEBでは、平成の時代とともに歩んできた蔵直ワイン達をご紹介させていただく、「平成最後のワイン祭り!」を開催致します!

 

event0413_pc.jpg

 

第1回目の今週末は、「ヴィノス平成史を振り返る「刻(トキ)」ワイン」をご紹介!

 

S__7749634.jpg

 

エクストレマリウム(ボトル写真左)

当店スパークリング部門で人気トップクラスの1本。造り手のモンマルサルは、大手生産者がシェアの大多数を占めるカバにおいては珍しく、自社ぶどうを中心にこだわりのカバを造っています。このエクストレマリウムは、単一年のぶどうから造られる、同蔵元の渾身の1本!現在ご案内中のものは2014年ヴィンテージ、5年間の熟成(刻)を楽しめる一押しのスパークリングワインです!

 

続いては、シャトー・レグラーヴ 白(ボトル写真左から2番目)

レグラーヴは直輸入開始直後にスタートした生産者であり、20年以上もの間、お客様からご支持をいただいているワインの一つ。まさに、ヴィノスの平成時代を代表するワインの一つです。

 

20190412210458.jpg

 

親子2代で丁寧に醸すワインは、この価格帯とは思えないほどの品質の高さ!素直で真面目な生産者の人柄が見事に反映されたような1本です。 最近、息子(写真左)へと引き継がれ、新旧の良さを表現した刻ワインです。

 

赤ワインは、ラベルの鍵マークがトレードマーク、南アフリカ産のノーブル・ヒル カベルネ・ソーヴィニヨン(ボトル写真右から2番目)

 

20190223_190305_0126.jpg

 

今でこそメジャーになった南アフリカワインですが、ノーブル・ヒルは今から10年以上前、まだ南アのワインが日本で出回ってなかった頃に出会った蔵元で、ヴィノスの南アワインの歴史を辿るに欠かせない1本でもあります。

 

そして、最後にはとっておきの熟成ワインをご用意しました。

サンジャン・ド・ベビアン 2006(ボトル写真右)

_DSC9792.jpg

 

ヴィノスの原点ともいえる、南フランスワイン。その中でもベビアンは直輸入初期からの生産者です。現地では「南仏の3大グランヴァン」とまで称されるほどの実力派でもあるベビアンから、特別にオールドヴィンテージを譲っていただきました。

 

事前に専用フォームからご予約いただくと、特別価格でご参加が可能です。是非お早目に!

 

今週末はヴィノス各店で皆様のご来店をお待ちしています!

 

加藤